映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

GODZILLA

2014年08月04日 | 洋画(14年)
 『GODZILLA ゴジラ』をTOHOシネマズ渋谷で見ました(3D日本語吹替版)。

(1)怪獣映画ファンでもないのでパスしようと思っていたものの、余りにPRが凄いものですから(注1)、それならと映画館に出かけてみた次第です。

 本作のはじめの方では、1999年、研究機関モナーク(注2)に所属するヘリコプターが、フィリピンにあるユニヴァーサル・ウェスタン鉱山に到着し、中から芹沢猪四郎博士(渡辺謙)と助手のヴィヴィアン博士(サリー・ホーキンス)が出てきます。
 現地の所長は、「ひどい有様で、谷底がその下の洞窟まで抜け落ちた」などと説明します。
 芹沢博士らが現場の穴に降り立つと、巨大生物の骨があり、天井からは繭のようなものがぶら下がっています。



 そして、そこから何ものかが海の方へ向かったような跡も。

 場面は変わって同じ時期の日本。
 原子力発電所に勤務するジョーブライアン・クランストン)は、その日が誕生日で息子のフォードが何か準備をしているようなのですが、異常な振動をキャッチしたので、妻のサンドラジュリエット・ビノシュ)らを、原子炉の確認に向かわせます。
 そのとき突然激しい揺れがきて、原子炉が大層危険な状態に陥ります。
 サンドラがまだ調査から戻っていないにもかかわらず、そのままでは近辺の町全体が危なくなるとして、早く防護扉を閉めろとの指令が飛びます。
 中にいるサンドラからは、「扉を閉めて!フォードを頼んだわよ、父親として守って!」とジョーに連絡が。
 ジョーは、防護壁の窓越しにサンドラの顔を見るものの、断腸の思いで防護壁を閉めざるを得ませんでした。
 幼いフォードも、通っていた学校の窓から原子炉が崩壊する様を見ています。

 そして、15年後のサンフランシスコ。
 海軍将校のフォードアーロン・テイラー=ジョンソン)が、14ヶ月の勤務(注3)から家に戻ってくると、領事館から、フォードの父親のジョーが日本で逮捕されたとの連絡が。
 フォードは、「いつもの陰謀説を信じて、退避区域に入り込んでしまったのかも。ほんの2,3日のことだから待っていてくれ」と妻のエルエリザベス・オルセン)に言い残して東京に向かいます。



 ジョーは、妻が亡くなった原子力発電所には何か秘密が隠されていると長年探っています。
 今回も、息子のフォードが米国からやってきて釈放されると、あの時と同じ振動が再び起こっているとして、今度はフォードを連れて立入禁止区域に入り込みます。
 彼らはまた捕まってしまいますが、連れて行かれたのはモナークの研究施設。
 そして、そこで彼らが見たものは、………?

 予告編とかその役名(芹沢)からして、渡辺謙がかなり活躍するのかなと期待していましたが、実際には事態の推移を驚きの目を持って見守るにすぎず、主役の米国海軍将校が大した働きをするわけではないにもかかわらず出ずっぱりであり、またタイトルからゴジラだけが登場すると思い込んでいたところ、他の二体の怪獣が出てきてそちらの暴れ方がすごく、総じてなんとなく肩透かしを食らった感じです(注4)。

(2)渡辺謙が扮する芹沢猪四郎の名は、本作のオリジナル版である『ゴジラ』(1954年)に登場する芹沢大助と、同作を制作した本多猪四郎監督から来ているようですが、同作において芹沢大助は、自分が作ったオキシジェン・デストロイヤーによってゴジラを倒すという活躍をしているのですから、本作でも渡辺謙による何がしかの活躍が見られるものと思っていました。
 ですが、本作における芹沢博士の役割は、ゴジラやムートー(注5)の行動を見守ることだけ。



 これだと、むしろ『ゴジラ』(1954年)における古生物学者・山根恭平博士(志村喬)に該当するように思われます(注6)。

 元々本作には、『ゴジラ』(1954年)における芹沢大助のような英雄は誰も登場しません(注7)。
 芹沢博士のみならず、人間は結局、3体の怪獣に対してなすすべがないのです。

 それどころか、芹沢博士は、共同作戦司令部の指揮官であるウィリアム提督(デヴィッド・ストラザーン)らが、核爆弾を使って3体の怪獣を一挙に爆破しようとする作戦をたてると、「やめていただけないか。ゴジラが答えではないか。自然は調和を保とうとするのだ」としてその作戦に反対します。
 要するに、宇田川幸洋氏が言うように、本作でゴジラは、「悪の破壊獣ムートーに対し、生態系のバランスをまもろうとする、地球の守護神という位置づけ」にあるようです(注8)。
 それで、提督が、「あなたの信じるゴジラは、2体のムートーに勝てるんですか?」と尋ねると、芹沢博士は「信じるほかない」と答えます(まるで人類とゴジラとは運命共同体を形成しているかのようです)。

 でも、「第二次世界大戦を皮切りに世界各地で核開発・実験が相次ぐようになったために地表の放射能濃度が上昇」(注9)というアンバランスな事態を地球にもたらした張本人はまずもって人類であり、そのことによって3体の怪獣が地表面に現れたのではないでしょうか?
 「悪の破壊獣」とされるムートーは、人類からすれば「悪」にしても、1954年のゴジラと同様に、もしかしたら「生態系のバランス」を保つために地表に出現した怪獣であり、人類の持つ核施設や核兵器を破壊しようとしているとは考えられないでしょうか(注10)?
 なにしろ、ムートーは、「放射能をエネルギー源」とし「放射能を求める」怪獣なのですから!
 それに、宇田川氏が「地球の守護神」と言うゴジラ(注11)は、「体内に放射能を充満」させているために、確かにムートーと「戦いが宿命づけられていた」のかもしれません(注12)。とはいえ、本来的には、ムートーがゴジラを襲うにしても、ゴジラの方からムートーに対して戦いを挑むというようなものではないのではないでしょうか(注13)?

 いずれにしても、人類が無制約的に核開発を続けていけば、再度ムートー(それにゴジラも)が地表に出現することは十分に考えられるところです!

 と言っても、そんなくだくだしいことはどうでもいいのであって、ゴジラと2体のムートーとの戦いぶりや、サンフランシスコの壊滅的な状況などを映像で見て愉しめばいいのではないかと思います。

(3)渡まち子氏は、「オリジナルへの敬意も十分に感じられる作りの本作では、ギャレス・エドワーズ監督がこれほどきちんとした「21世紀版ゴジラ」を作ってくれたのが、最大の嬉しい驚きだった」として85点をつけています。
 前田有一氏は、「現実が54年版ゴジラの危惧そのものとなってしまった現在、過去と同レベルの主張しかできないところに本作最大のがっかり感がある」などとして55点をつけています。
 相木悟氏は、「まさに夏休みの娯楽!色々と口を挟みたいこともあるが、ひとまず最強に面白い怪獣映画であった」と述べています。



(注1)公共放送のNHKまでも一映画作品のPRに参加している感じです!
 とはいえ、その企画の中で『ゴジラ』(1954年)を見たのですが。

(注2)この情報によれば、モナーク(Monarch)は、まずはゴジラを研究するために1946年に設立された機関であり、その後、1999年に発見されたムートー(下記「注5」)の研究も行っています。

(注3)海軍では爆弾処理の仕事に就いています。

(注4)最近では、アーロン・テイラー=ジョンソンは『キック・アス』、渡辺謙は『許されざる者』、ジュリエット・ビノシュは『陰謀の代償』、サリー・ホーキンスは『ブルージャスミン』で、それぞれ見ています。

(注5)Massive Unidentified Terrestrial Organism(未確認巨大陸生生命体)。
 といって、UFOのようにその実態がなんだかわからないわけではないように思えるのですが。

(注6)何しろ、本作における芹沢博士と同じように、「東京へ戻った山根はその巨大生物を大戸島の伝説に従って「ゴジラ」と呼称」し、さらには、「政府は特別災害対策本部を設置し、山根にゴジラ抹殺の方法を尋ねるが、博士は古生物学者の立場から、水爆の洗礼を受けなおも生命を保つゴジラの抹殺は無理とし、その生命力の研究こそ急務と主張」するのですから(Wikipediaのこの項によります)。

(注7)『ゴジラ』(1954年)の主役は南海サルベージの尾形(宝田明)ですが、そして彼は芹沢大助を説得したり、一緒に海に潜ったりするものの、あくまで仲介役にすぎません。
 ですが芹沢大助は、オキシジェン・デストロイヤーを発明しただけでなく、海にそれを持って入り作動させてゴジラを倒し、さらにはオキシジェン・デストロイヤーの悪用を阻むべく自らの命を絶つのです。
 これに対して、本作の主役のフォードは様々の現場に立ち会っていますが、3体の怪獣の排除にあたっては、他の人間と同様に、積極的な役割を果たしていません(最後に、核爆弾がサンフランシスコの中心部で爆発するのを回避するには一定の役割を果たしたとはいえ)。

 なお、本作のラストで、“King of Monsters Saved the City!”とマスコミに持ち上げられるゴジラが英雄なのかもしれませんが、ゴジラとしては、単に「宿命」の相手を打ち破っただけのことではないでしょうか?

(注8)本エントリの(3)で触れる渡まち子氏も、「聖獣ゴジラが、原爆・水爆から原発事故まで、延々と罪深い過ちを繰り返す人類を、それでもなお救おうとする姿」と述べています。

(注9)劇場用パンフレットに掲載の「ストーリー」より。
 ただ、この場合の「放射能濃度」とは何を意味するのでしょうか(放射線量が高いことなのでしょうか)?

(注10)こういうことが、本エントリの(3)で触れる前田有一氏が「日本版一作目「ゴジラ」(54年)の「そのうち行き過ぎた科学技術によりしっぺ返しを食らうぞ」とのメッセージはまぎれもなく先見性があるものであったが、それをハリウッドが二度目の実写化でようやく言及」と述べていたり、読売新聞編集委員・福永聖二氏が「自然をコントロールできると錯覚していた人間の傲慢さに警鐘を鳴らすメッセージが底流に織り込まれ、第1作が持っていた社会派的側面も引き継いでいる」と言ったりしていることの背景をなすのではないでしょうか?

 なお、「8時15分」で止まった父の遺品の時計を見せる芹沢博士は、「ゴジラを信じる」と言うのであれば、あるいは同時にムートーも信じるべきなのかもしれません。なにしろ、ムートーは核弾頭を食べてしまうのですから。

(注11)本エントリの(3)で触れる相木悟氏は、「ゴジラを、バランスをもたらす神=救世主として勝手に解釈して敬う、新しいシチュエーション」と述べています。

(注12)ここらあたりの引用は、劇場用パンフレットに掲載の「ストーリー」より。
 ただ、そこで使われている「放射能」とは何を意味しているのでしょうか(「放射性物質」のことなのでしょうか)?

(注13)ムートーの方はゴジラの体内にある放射能を欲するにしても、ゴジラはそういう欲求を持っていないでしょうから。
 なお、ゴジラはムートーを倒す際に大量の青い炎を浴びせかけましたから、体内に蓄えていた放射能をかなり消費してしまったはずです。でも、次に出現するであろうムートーと対決するには、一体どのように準備したらいいのでしょうか(再び水爆実験を繰り返さなくてはならないのでしょうか)?



★★★☆☆☆



象のロケット:GODZILLA
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (70)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 幕末高校生 | トップ | 思い出のマーニー »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ふじき78)
2014-08-05 23:42:51
「救世主」というキーワードから、「ゴジラ」を「ケンシロウ」、「ムートー」を「ラオウ」、「放射能」を「北斗神拳」などに置き換えて読んでみたりするのも面白い遊びです。
Unknown (クマネズミ)
2014-08-06 07:13:44
「ふじき78」さん、TB&コメントをありがとうございます。
それにしても、「ふじき78」さんは、よくそんな連想を思いつくものですね!つくつく感心いたします。
特に、「北斗神拳」は技ですから、「放射線」でも「放射性物質」でもなく「放射能」に対応するものと思います。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

70 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
タイトルデザイン_44. PROLOGUE FILMS(Kyle Cooper)『GODZILLA ゴジラ』ギャレス・エドワーズ監督 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、ラストに触れています。『GODZILLA ゴジラ』監督 : ギャレス・エドワーズアーロン・テイラー=ジョンソン、渡辺謙エリザベス・オルセンブライアン・クランストン、ジュリエット・ビノシュ、他
「GODZILLA ゴジラ(2014)」 ゴジラっていうよりガメラな感じ (はらやんの映画徒然草)
海外で「ゴジラ」が映画化されるのは、ローランド・エメリヒッヒが監督した1998年
『GODZILLA ゴジラ』 渡辺謙しか口にできないこと (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  「ゴジラはアンチヒーローなんだ。善玉じゃないけれど、悪の化身でもない。」  ゴジラとは何か?  ゴジラ映画を撮る際に作り手が最初に悩むであろうこの質問に、『GODZILLA ゴジラ』のギャレス・エドワーズ監督は上のように答えている。 ...
GODZILLA ゴジラ(2014) (佐藤秀の徒然幻視録)
これは詐欺、もうハリウッドはゴジラ作らんでいい 公式サイト。原題:Godzilla。ギャレス・エドワーズ監督。アーロン・テイラー=ジョンソン、渡辺謙、エリザベス・オルセン、ジュリ ...
GODZILLA ゴジラ (あーうぃ だにぇっと)
GODZILLA ゴジラ@東京国際フォーラム
GODZILLA ゴジラ(2014) IMAX-3D/アーロン・テイラー=ジョンソン (カノンな日々)
日本が世界に誇る怪獣映画『ゴジラ』のハリウッドによる再リメイク作品です。ローランド・エメリッヒ監督が手がけた1998年の『GODZILLA』があまりに酷い出来で失望させらましたが、今 ...
『ゴジラ/GODZILLA』 2014年7月10日 東京国際フォーラムAホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ゴジラ/GODZILLA』 をジャパンプレミアで観賞しました。 東京国際フォーラムの試写会は気持ちが高ぶるのもあるけど 落ち着かない...途中退出者や途中携帯見たりするのがいるから。 人数が多いからそういうのが居る可能性が高くなるよね 本日の登壇は、渡辺謙、波留、...
GODZILLA ゴジラ (花ごよみ)
  日本が作り出した怪獣『ゴジラ』を、 ハリウッドで映画化。 監督はギャレス・エドワーズ。 出演はアーロン・テイラー=ジョンソン、 ブライアン・クランストン、 渡辺謙も参加。 渡辺謙はゴジラ』の魂を知る 科学者を演じます。 今から15年前、 日本の原子力発電...
映画『GODZILLAゴジラ』★vs●●!?核々シカジカ (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
作品について http://cinema.pia.co.jp/title/161570/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。     水爆実験の申し子のようなゴジラを、最初は、人の手で葬っていたものが やはり、大きな者は大きな者に任せよう、というスタ...
GODZILLA ゴジラ・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
王の帰還。 日本映画が生んだ銀幕のスーパースター、怪獣王ゴジラの10年ぶりの復活にして二度目のハリウッド映画化。 突如として出現したゴジラと謎の怪獣ムトーの戦い、人知を超えた巨大生物の脅威に直面し、彼らを倒そうとする人類の葛藤が描かれる。 監督は低予算...
GODZILLA / GODZILLA (勝手に映画評)
1954年の日本映画『ゴジラ』のリメイク。 う~ん、これは何とも・・・。間違いなく、ゴジラ映画です。かつて、1998年に、マシュー・ブロデリックとジャン・レノの出演により作成された『GODZILLA ゴジラ』は、“ゴジラ”と言うよりも、巨大なトカゲと言って良いような姿...
GODZILLA ゴジラ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(11)(14) 字幕版は前半の数箇所で、変な日本語に思いっきり白けた^^;
GODZILLA ゴジラ/GODZILLA(2D字幕) (我想一個人映画美的女人blog)
1954年。日本の「ゴジラ」誕生からちょうど60年。 そのキャラクターに基づいた2014年版アメリカ制作のSF怪獣映画であり、「ゴジラシリーズ」のリブート。 アメリカ資本で『ゴジラ』が製作されるのは「GODZILLA」(1998年)以来2作目。 このローランド・エメリッヒ....
「GODZILLA ゴジラ」:かっけー! でっけー! (大江戸時夫の東京温度)
映画『GODZILLA ゴジラ』を3D字幕版で観ました。3Dを意識した絵作りをし
「GODZILLA」人類破壊兵器の脅威の前に現れた人類が作り上げたゴジラという怪獣 (オールマイティにコメンテート)
「GODZILLA」は日本版ゴジラをハリウッド版として制作された作品で、放射能を持つゴジラと放射能を餌とする怪獣が人類を巻き込んで戦いストーリーである。人類はこういう怪獣に対し ...
GODZILLA ゴジラ (ダイターンクラッシュ!!)
2014年7月25日(金) 20:10~ TOHOシネマズ日本橋5 料金:1400円(ムビチケ) パンフレット:未確認 地球の守護神。お前はガメラか。そしてガメラのほうが面白い。 『GODZILLA ゴジラ』公式サイト ゴジラが単独で暴れて、やっとこ人間が退治するのかと思いきや、...
「GODZILLA」ハリウッドリメイクでも東宝映画 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
往年のゴジラの血が脈々と受け継がれている、ハリウッド版でもしっかり東宝映画なのが嬉しい見事な作品。 3Dとしては、トランスフォーマーが凄かったこともあって、川崎IMAXで観てもさほど3Dを感じなかったけど、そんなことどうでもいいの。 3Dが凄くても私は...
GODZILLA ゴジラ (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
GODZILLA ゴジラ オリジナル・サウンドトラック [CD]傑作怪獣映画をリブートしたハリウッド大作「GODZILLA ゴジラ」。聖獣ゴジラの文字の中にGOD(神)が!日本で起こった原子力発電所の事 ...
「GODZILLA ゴジラ」 (2014) (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2014年・米/レジェンダリー・ピクチャーズ=ワーナー 配給:東宝 原題:Godzilla 監督:ギャレス・エドワーズ原案:デビッド・キャラハム脚本:マックス・ボレンスタイン撮影:シーマス・マッガーベ
GODZILLA ゴジラ  監督/ギャレス・エドワーズ (西京極 紫の館)
【出演】  アーロン・テイラー=ジョンソン  渡辺 謙  エリザベス・オルセン  ブライアン・クランストン 【ストーリー】 1999年、日本。原子力発電所で働くジョーは、突如として発生した異様な振動に危険を感じて運転停止を決意。だが、振動は激しさを増して発電所は....
『GODZILLA』 (時間の無駄と言わないで)
話が最高に盛り上がったところで、焦らしに焦らしてゴジラの全身初登場からの咆哮。 この流れは余りに最高過ぎて目頭が熱くなった。 そこまでだけでもチケット代の元は取れた気が ...
『GODZILLA ゴジラ』 (2014) (相木悟の映画評)
神々しき新生ゴジラの咆哮を見届けよ! まさに夏休みの娯楽!色々と口を挟みたいこともあるが、ひとまず最強に面白い怪獣映画であった。 日本が世界に誇るスーパースター、ゴジラ。誕生から60年、シリーズ28作という長い歴史を紡ぎ、核兵器、戦争、自然災害、はた....
GODZILLA ゴジラ (生まれてから今まで観てきた映画全部)
厳しい暑さの中、いかがお過ごしでしょうか。私は先日「GODZILLA ゴジラ」を観てきましたので、適当に感想を書いていきたいと思います。例によってネタバレ全開ですので未見の方は気をつけてくださいね。 ローランド・エメリッヒ監督が過去にもハリウッドで「ゴジラ」...
劇場鑑賞「GODZILLA ゴジラ」 (日々“是”精進! ver.F)
神の名を持つ存在… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201407250001/ 映画 海外 GODZILLAゴジラ エアポート ポスター(FP-3343)【代引手数料無料!送料全国一律】【...価格:1,166円(税込、送料別) 【楽天ブック...
映画「GODZILLA ゴジラ(2D・字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『GODZILLA ゴジラ(2D・字幕版)』 (公式)を本日、公開初日に劇場鑑賞。採点は、 ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら75点にします。 ざっくりストーリー 1999年、科学者・芹沢博士(渡辺謙)らはフィリピンの鉱山で謎...
『GODZILLA』(2014) (【徒然なるままに・・・】)
日米合作で「ゴジラ」の3D映画の企画が持ち上がってると聞いたのはいつ頃だっただろうか。『ゴジラ対ヘドラ』をベースにした一種のリメイク・ストーリーということもあって期待度は低く、そもそも実現性も高くないだろうと静観を決め込んでいたが、その企画が廻りまわっ...
GODZILLA ゴジラ (いやいやえん)
原爆と核実験の象徴から、善悪を超越した存在として描かれている、ゴジラ。ただの大怪獣でもない。 前情報がでてから、ゴジラのビジュアルと設定がとかく気にかかっていました。前作・ハリウッド版の「GODZILLA」は、単なる怪獣映画と化してしまっていたので。日本人...
GODZILLA ゴジラ (2014) 123分 (極私的映画論+α)
   やはり「GOD」ZILLAでした(笑)
「GODZILLA ゴジラ」(1回目) (或る日の出来事)
あまりのカッコよさに泣いた!
「Godzilla ゴジラ」、ゴジラと怪獣の対決です。 (ひろの映画日誌)
おススメ度 ☆☆☆ 1954年に東宝が製作・公開した日本の特撮怪獣映画の金字塔「ゴジラ」を、ハリウッドで新たにリメイク。 さすがアメリカ、その特撮シーンは、見るべきもの満載。やはり「パシフィックリム」といい、3Dシーンの迫力は、最近のCGにならされていても...
『GODZILLA』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「GODZILLA」 □監督 ギャレス・エドワーズ□脚本 マックス・ボレンスタイン□キャスト アーロン・テイラー=ジョンソン、渡辺 謙、エリザベス・オルセン、       ジュリエット・ビノシュ、サリー・ホーキンス、デビッド...
GODZILLA ゴジラ (Akira's VOICE)
ガメラ好きとして満足です!(え?  
ゴジラ(2014) (うりぼうのシネ煉獄)
視聴環境:映画館、2D、吹き替え  時間の都合で吹き替えで観てきました。  98年のハリウッド版「GODZILLA」通称エメリッヒ版とは違い、今回のゴジラは恐竜の亜種ではありません。重大なネタバレですが言います。  今回のゴジラ、  アザラシです!!!...
『GODZILLA (2014)』(3D)ネタバレ注意 (まっきいのつれづれあれこれ)
あの水爆実験は、実は彼を倒すためだった… 日本では彼を「GODZILLA」と呼ぶ
GODZILLA ゴジラ ★★★★★ (パピとママ映画のblog)
怪獣映画の傑作として映画史に名を残す『ゴジラ』を、ハリウッドが再リメイクした超大作。突如として出現した怪獣ゴジラが引き起こすパニックと、ゴジラの討伐に挑む人類の姿を壮大なスケールで活写する。メガホンを取るのは、『モンスターズ/地球外生命体』のギャレス・....
GODZILLA (映画と本の『たんぽぽ館』)
今だからできる味付けのリメイク * * * * * * * * * * 1954年に第一作で誕生したゴジラ。 60年を経てハリウッドでリメイク。 近頃このようなCGたっぷりのSFアクション作品が苦手になってきている私ですが、 こればかりはやはり期待して見てしまい....
GODZILLA ゴジラ (ぶっちゃけ…独り言?)
4.5点(10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) まぁ、説明不要、怪獣映画の最高峰・・の2度目のハリウッド版で御座います。 ぶっちゃけ・・いや、ぶっちゃけなくても、前の『GODZILLA』が酷い・・いやまぁ、残念な出来だったので、今回はどーかなぁ~と...
GODZILLA ゴジラ (キノ2)
★ネタバレ注意★  今年はゴジラ生誕60周年にあたるそうです。  そして本作は、日米あわせたゴジラ映画のちょうど30作目なんだそうです。  これはもはやお祭りなのであります。  とは言え、わたし自身のことを言えば、ゴジラ映画を観るのはこれでようやく3...
『GODZILLA ゴジラ (2014)』はゴジラシリーズの集合体。 (デタうま)
皆様、いかがお過ごしでしょうか。 宝塚記念後、ブログ更新をお休みしていましたが、 僕は(マズマズ)元気です。 夏の間は、本当に自信のあるレースに厳選して競馬をしているので、 ハンデ戦の多い重賞レースは、あまり買う気がしないので、 連れてブログ更新もお休み....
GODZILLA/ゴジラ 3D (そーれりぽーと)
『ゴジラ』60周年にハリウッドによる二度目の映画化。 今度はマトモなのを作ってくれたの?『GODZILLA ゴジラ』をIMAX3Dで観てきました。 ★★★★★ ★5つ振り切る勢いの、大・満・足! いかにもオリジナルを理解した人が作った、オリジナルの精神をバンバン感じるモ...
GODZILLA ゴジラ (だらだら無気力ブログ!)
見応えあって面白かった。
「GODZILLA ゴジラ」 (セレンディピティ ダイアリー)
この週末に公開された怪獣映画、「GODZILLA ゴジラ」(Godzilla)を
『GODZILLA ゴジラ』をトーホーシネマス六本木6で観てあれあれピンと来ないよふじき★★(ネタバレあり) (ふじき78の死屍累々映画日記)
こんなんネタバレなしではよう語れん。 という事でこの後、バリバリネタバレします。 五つ星評価で【★★特撮は良い。話は適当】   だが、この特撮は割と見る所があるのに話 ...
『GODZILLA ゴジラ』もう一言(ネタバレ) (ふじき78の死屍累々映画日記)
書き忘れです。 ・今回のゴジラの脚はサリーちゃん足だ。 ・そう言えば前回のゴジラは脚長だった。  脚長だと逃げ脚も速いからダメなのか。 ・じゃあ、次はもっと足がない蛇み ...
【映画】 GODZILLAゴジラ(2014) (シネマ・クレシェンド)
ハリウッド版『GODZILLA』観てきました。 GODZILLAゴジラ(2014)アメリカ原題:GODZILLA 監督:ギャレス・エドワーズ 出演:アーロン・テイラー・ジョンソン/ブライアン・クランストン/渡 ...
「GODZILLA」みた。 (たいむのひとりごと)
日本が誇る特撮怪獣映画の金字塔『ゴジラ』をハリウッドで新たにリメイク。1998年のハリウッド版『Godzilla』は、”怪獣”というより”恐竜”っぽい造形でファンから随分とダメ出しを食らっていたように
映画:ゴジラ Godzilla ホノルル、ラスベガス他を破壊し尽くす原子力パワー... (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
日本から輸出企画の最新版。 ちなみにITC(NYの渋い映画専門館)では、オリジナル版1954 を上映中だった。 言うまでもない、原子力生まれの怪獣ゴジラ。 そして過去にないデカいサイズ。ハンパない。 海に背ビレだけが出し、周りの駆逐艦をビビらせながら進むサマが....
GODZILLA ゴジラ (とりあえず、コメントです)
初代『ゴジラ』をリスペクトしてハリウッドで製作されたディザスター怪獣映画です。 昨日『ゴジラ』予習したので、早速、チャレンジして来ました。 原発の事故から始まる物語は、圧倒的な存在感に目を丸くしてスクリーンを見上げてしまうような作品でした。
映画:ゴジラ Godzilla ホノルル、ラスベガス他を破壊し尽くす原子力パワー... (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
日本から輸出企画の最新版。 ちなみにITC(NYの渋い映画専門館)では、オリジナル版1954 を上映中だった。 言うまでもない、原子力生まれの怪獣ゴジラ。 そして過去にないデカいサイズ。ハンパない。 海に背ビレだけが出し、周りの駆逐艦をビビらせながら進むサマが....
ゴジラ(3D 日本語吹替え版 2014 US版) (タケヤと愉快な仲間達)
監督:ギャレズ・エドワーズ 出演:アーロン・テイラー=ジョンソン、渡辺謙、エリザベス・オルセン、ジュリエット・ビノシュ、デヴィッド・ストラザーン 【解説】 怪獣映画の傑作として映画史に名を残す『ゴジラ』を、ハリウッドが再リメイクした超大作。突如として出....
GODZILLA ゴジラ  (ケントのたそがれ劇場)
★★★☆ 製作:2014年 米国 上映時間:123分 監督:ギャレス・エドワーズ  ハリウッドでゴジラ映画を創ったのは初めてではない。1998年にローランド・エメリッヒ監督によって製作されているのだが、その造形が大トカゲのようで、日本のゴジラファンからは「
ゴジラへの熱き思い (ケントのたそがれ劇場)
 ネットを通じて映画のレビューを書いている人達は、概ね50歳代以下であろうか・・・。従って1954年に製作された「ゴジラ第一作」を映画館で、生で観た人は余りいないはずである。映画と言うものはゴジラ映画に限らず、製作された時代にその時代を背中に感じながら、映
GOZILLA (はるみのひとり言)
試写会にお誘いいただいてたんですが、行けなくて・・・。知人はレッドカーペットイベントに参加出来たらしく、謙さんのインタビューを見たそうです。ゴジラの口に見立てたフェスティバルホールの階段の写真を送ってくれました。ゴジラってほぼ馴染みがないんですが・・・...
「GODZILLA ゴジラ」(2014 WB) (事務職員へのこの1冊)
「ファイナル・ウォーズ」の号で予想していたように、ゴジラ復活。当然です。これほど
GODZILLA ゴジラ (ひびレビ)
「GODZILLA ゴジラ」(2D、字幕版)を観賞してきました。 2014年、軍で爆発物処理担当に当たっていたフォード・ブロディは、父であるジョーが日本で捕まったとの連絡を受ける。1999年、ジョーが日本の原子力発電所で働いていた時、謎の揺れと崩壊事故により妻を亡くして...
GODZILLA ゴジラ (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】ギャレス・エドワーズ 【出演】 アーロン・テイラー=ジョンソン/渡辺謙/エリザベス・オルセン/ブライアン・クランストン/ジュリエット・ビノシュ/サリー・ホーキンス/デヴィッド・ストラザーン 【公開日】2014年 7月25日 【製作】アメリカ 【ストーリ...
GODZILLA ゴジラ (心のままに映画の風景)
1999年、フィリピン。 採掘現場の調査にやって来た芹沢博士(渡辺謙)とグレアム博士(サリー・ホーキンス)は、謎の巨大生物の痕跡を発見。 同じ頃、日本の原子力発電所が謎の大振動に見舞われ、科学者のジョー(ブライアン・クランストン)は、放射能事故で妻サン...
GODZILLA ゴジラ(2014) (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【GODZILLA】 2014/07/25公開 アメリカ 123分監督:ギャレス・エドワーズ出演:アーロン・テイラー=ジョンソン、渡辺謙、エリザベス・オルセン、ジュリエット・ビノシュ、サリー・ホーキンス、CJ・アダムズ、カーソン・ボルデ、デヴィッド・ストラザーン、ブライアン・...
GODZILLA 2014 (映画の話でコーヒーブレイク)
「GODZILLA」最新作を3Dで見てきました。 先週金曜日から公開。NHKではゴジラ特集を組み、渡辺謙さんがプロモーション活動で各局に登場、 夏休み中だしこりゃきっと混んでるんだろうっと、用事を済ませて1時間前にネット予約をしたところ… あれっ、かなり空いている。ま...
■GODZILLA ゴジラ (しんちゃんの徒然なる映画日記)
第353回「原点回帰・・・という意味では良かったけど。」 更新が滞ってしまっています。たまに訪れる「倦怠期」とでもいいましょうか。これといって観たい映画がなかったのもあるのですが、ブログに対する意欲が減退していました。で、久しぶりに観た映画だったので、....
GODZILLA ゴジラ (ハリウッド映画 LOVE)
原題:Godzilla監督:ギャレス・エドワーズ出演:アーロン・テイラー=ジョンソン、渡辺謙、エリザベス・オルセン、ジュリエット・ビノシュ、サリー・ホーキンス
GODZILLA ゴジラ (2014) 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
日本の怪獣王ゴジラをハリウッドが2度目の リメイクを果たした'14版『GODZILLA』が 公開されましたので観に行ってきました。 3D字幕版を観たかったのでそちらを上映して いる劇場まで遠征することに、向かったのはTOHO シネマズ日劇、上映していたのはスクリーン1で 久々...
GODZILLA ゴジラ (ハリウッド映画 LOVE)
原題:Godzilla監督:ギャレス・エドワーズ出演:アーロン・テイラー=ジョンソン、渡辺謙、エリザベス・オルセン、ジュリエット・ビノシュ、サリー・ホーキンス
[『ゴジラ(2014)』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・これは王道のゴジラです!  面白いです。  全くのけれん味なく、気負いもなく、堂々と世界ナンバー1のモンスターを撮りあげております。  まさか、ゴジラの「敵怪獣」が出てくるとは、本当に考えもしなかった。  この作品の、まさに特筆は、つがいでゴジ...
[映画『ゴジラ(2014)』二観目] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・我慢できなくて、また観た。  うん、やっぱ、面白い^^v  批判している方もいるが、「うは、そんな観点で見たら、物語と言うもの自体を否定していることになるじゃん。なんで、リアルな物語の致命的な矛盾については許して、エンターテイメントの荒唐無稽さ...
映画『ゴジラ』を観て (kintyre's Diary 新館)
14-64.ゴジラ■原題:Godzilla■製作年、国:2014年、アメリカ■上映時間:123分■料金:1,100円■鑑賞日:8月1日、新宿ピカデリー(新宿) □監督:ギャレス・エドワーズ◆アーロン・テイラー=ジョンソン◆渡辺謙◆ジュリエット・ビノシュ◆サリー・ホー...
GODZILLA (2014 USA) (エンタメ ウェブロッジ SunHero)
またまたアメリカ版「ゴジラ」の登場だ。日本で第一作目が公開されてから、丁度60年ということもあって、公開前から「原点回帰」を謳って期待を煽っていた。おまけに、記念すべき一作目がデジタル・ニュープリントで再上映されて、期待度は増すばかりだった。だが、ゴジラ...
またも米でゴジラが! (笑う社会人の生活)
25日のことですが、映画「GODZILLA ゴジラ」を鑑賞しました。 アメリカ爆発物処理班の隊員であるフォードは日本にいる父ジョーを元を訪ねる ジョーは19年前の原発崩壊事故の原因を調べようと躍起になっており 2人は侵入禁止区域に足を踏み入れ そこで思いも寄らぬ光景を...
GODZILLA ゴジラ(2014) (銀幕大帝α)
GODZILLA 2014年 アメリカ 123分 アクション/アドベンチャー/SF 劇場公開(2014/07/25) 監督: ギャレス・エドワーズ 『モンスターズ/地球外生命体』 出演: アーロン・テイラー=ジョンソン:フォード・ブロディ 渡辺謙:芹沢猪四郎博士 エリザベス・オ....
GODZILLA ゴジラ (Godzilla) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ギャレス・エドワーズ 主演 アーロン・テイラー=ジョンソン 2014年 アメリカ/日本映画 123分 アクション 採点★★★★ ゴジラが原爆や空襲の恐怖を具象化した存在だってことは、今更言うまででもないことですよねぇ。そう考えると、人がどう足掻こうと太刀...