映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

アナと雪の女王

2014年03月28日 | 洋画(14年)
 『アナと雪の女王』を吉祥寺プラザで見てきました。

(1)本作(注1)が今度のアカデミー賞の長編アニメ映画賞(注2)を獲得したというので映画館に行ってみたのですが、上映されているのが吹替版ということもあり、館内は小さな子供連れが目立ちました。でも、歌が多く挿入され、また雪だるま(オラフ)とか、トナカイ(スヴェン)、氷の怪物(マシュマロウ)などが登場することもあるのでしょう(注3)、子供たちも概しておとなしく画面に見入っていました。

 本作の冒頭では、空にオーロラがかかる中、男たちが川で氷を切り出してソリに積み込んで運ぶ様子が描かれます(注4)。
 そして場面が変わり、アレンデール王国の国王一家が暮らす城の中。
 長女のエルサと次女のアナの姉妹がふざけあって遊んでいます。
 エルサは、触れるものを凍らせたり雪を降らせたりする魔法の力を持っているので、床を凍らせたり、雪だるまや滑り台を作ったりしています。
 でも、ある時、その魔法の力を誤ってアナの頭に向けてしまい、アナは空中から落ちて意識を失ってしまいます。
 さあ、この事態にエルサはどう対処するでしょうか、アナは助かるのでしょうか、そして王国は、………?

 本作は、他愛のないラブストーリー物ながら(注5)、中で歌われる歌がどれも素晴らしく、また冒頭の雪の結晶が空を舞うシーンとか、氷の城や様々の雪景色など、どの映像を取ってもファンタジックで見応えがあります。

(2)それにしても、エルサが歌う主題歌「Let It Go」はいつまでも耳に残ります。



 クマネズミが見たのは吹替版で、そこでは松たか子が歌いますが(注6)、素人判断ながら、決して字幕版のイディナ・メンゼルに劣るものではないように感じたところです。

 ただ、松たか子が歌う日本語歌詞は、英語歌詞(取り敢えずここでは、PV動画に掲載の訳詞を記載します)と比べると、かなりソフトになっているのではと思いました。
 例えば、英語歌詞の「風がうなる 心の嵐のように/私の苦しみを 天だけが知っている」が、日本語歌詞では「風が心にささやくの/このままじゃだめなんだと」となっています。
 また、英語歌詞ではエルサが雪山にやってきた理由に触れていますが(注7)、日本語歌詞では略されています。
 総じて言えば、英語歌詞の方がよりドラマチックな感じがします(注8)。

 ここには、英語歌詞を日本語歌詞に移すことの難しさが現れているのでしょう(注9)。
 本作の全曲の訳詞を担当した高橋知伽江氏は、この記事によれば、「とりわけ難しいのは、英語をそのまま日本語に訳してしまうと文字数が多くなり、歌に入りきらない点」とし、さらには「映画の吹き替えでは役者(キャラクター)の口の動きに訳詞を合わせるという作業も加わる」ので難しさが増すようです。

 もっといえば、日本的なものの捉え方と西欧的なそれとの違いといったようなことにまで話を発展させることができるかもしれません(注10)。でも、風呂敷をあまり広げすぎない方が身のためでしょう!

(3)渡まち子氏は、「主題歌賞、長編アニメーション賞のオスカー2冠も納得のドラマチックな秀作ファンタジーだ」として75点をつけています。
 渡辺祥子氏は、「それが普通、という女性監督らしい率直な心情が出る話の展開は、白馬の王子の夢の代わりに誠実な若者と全8曲の歌が補い、ミュージカル形式の魅力が十分に発揮される」と述べて★4つ(「見逃せない」)をつけています。
 読売新聞編集委員の福永聖二氏は、「メンゼルらブロードウェイの実力者を集めた、ディズニーのミュージカル・アニメの金字塔だ」と述べています。



(注1)原題は『Frozen』。
 なお、同時上映されるアニメ『ミッキーのミニー救出大作戦』は、わずか6分間の短編ながら、製作者の才気がビンビン伝わってきて大層楽しめました。

(注2)合わせてアカデミー賞の主題歌賞も獲得しています。

(注3)雪だるまの「オラフ」が登場するところから、本作の原案作品としてアンデルセンの「雪だるま」をも挙げる向きがあるようです。



 なお、クリストフが普段から仲良しにしているのが「トロール」だということで、クマネズミは『トロールハンター』を思い出してしまいましたが、同作のトロールと本作のそれとは似ても似つきません!

(注4)後で本作において重要な働きをするクリストフがこの男たちの一員というところから、この場面に意味が与えられます。

(注5)劇場用パンフレットに掲載の「Production Notes」には、「本作の原案は、ハンス・クリスチャン・アンデルセンが1845年に発表した「雪の女王」」と述べられています。
 ただ、Wikipediaのあらすじや青空文庫の翻訳を読んでも、あまりピンときません。
 そんなこともあり、ネットでは、本作は『聖闘士星矢 アスガルド編』のパクリではないかとの意見が言われているようです。
 とはいえ、クマネズミは『聖闘士星矢』を見たことがないので深入りできませんが、この「1+1=2」さんの見解(「上っ面のストーリー、設定に共通点はありますが、出来上がった作品は全くの別物」)が妥当なところではないかと思っています。

(注6)エンドソングとしてはMay J.が歌っています。

(注7)英語歌詞では「秘密を 悟られないで/いつも 素直な娘で/感情を抑えて 隠さなければ/でも 知られてしまった(Well, now they know)」となっているところが、日本語歌詞では「戸惑い傷つき/誰にも打ち明けずに/それももう やめよう」とされています。すなわち、英語歌詞では、「これまで皆から隠し通してきた魔法を使うという秘密を、最早皆に知られてしまった」となっていますが、日本語歌詞では単に「秘密を隠すのはやめよう」とされています。

(注8)さらには、これから「氷の城」で暮らしていこうとするエルサについて、英語歌詞では「隔絶された王国 私はその女王」(A kingdom of isolation And it looks like I’m the Queen)とか「自分の道を行く ここは私の王国 嵐よ吹き荒れるがいい」(Here I stand And here I’ll stay Let the storm rage on)と歌われますが、日本語歌詞では、それぞれ「真っ白な世界に一人の私」、「ありのままで飛び出してみるわ」とされています。

(注9)クマネズミは、翻訳の適否を問題にするつもりはありません。

(注10)例えば、英語歌詞では「善悪やルールに縛られずに 私は自由よ」(No right, no wrong,/no rules for me/I’m free)とされているところが、日本語歌詞では「そうよ変わるのよ私」とされていますが、こんなところに西欧と日本の物事の捉え方の違いをみることができるのかもしれません。



★★★★☆☆



象のロケット:アナと雪の女王
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (51)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 銀の匙 | トップ | あなたを抱きしめる日まで »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ふじき78)
2014-03-28 22:04:43
> ただ、松たか子が歌う日本語歌詞は、英語歌詞と比べると、かなりソフトになっているのではと思いました。

難しいですね。あまり恣意的に「こういう風にしてやろう」という気持ちはなくても、翻訳者の色も付いてしまうでしょうし。歌詞の場合は何より字幕以上に日本語の文字数と合わせなければならないという制約があるから意味の上でベターにはなってもベストにする事が必ずできるとは言えないのかもしれません。
Unknown (クマネズミ)
2014-03-29 21:06:58
「ふじき78」さん、TB&コメントをありがとうございます。
おっしゃるとおり、外国語歌詞の翻訳は、「意味の上でベターにはなってもベストにする事が必ずできるとは言えない」ために、ほんとうに難しい作業だと思います。
トラックバック失敗 (映画好きパパ)
2014-03-30 06:54:54
こんにちは。トラックバックありがとうございます。
打ち返したところ、通信状態がよくなく、リターンを
繰り返したところ、複数回トラックバックされてしまいました。
まだ、ブログの使い方になれず、申し訳ありません。

Unknown (クマネズミ)
2014-03-30 08:57:55
「映画好きパパ」さん、わざわざご連絡をありがとうございます。いただきましたTBは一つだけ残して、後は削除しておきますので、ご安心下さい。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

51 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
劇場鑑賞「アナと雪の女王」 (日々“是”精進! ver.F)
愛が、氷を溶かす… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201403150000/ 【送料無料】アナと雪の女王 オリジナル・サウンドトラック [ (オリジナル・サウンドトラック) ]価格:2,625円(税5%込、送料込) 【送料無料】...
映画:アナと雪の女王 Frozen  王道路線と思わせつつ「現代」な味を加え、新しく魅せる。 (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
アンデルセン「雪の女王」をベースにした、ディズニー最新作。 このため、王国・プリンセス・魔法・幽閉 etc.. とオーソドックスな展開が前半にずらっと(笑) あっそういうことね、王道路線になっていくんだと思っていると… 製作途中で監督:クリス・バック/ジェニ...
アナと雪の女王 (うろうろ日記)
映画館で見ました。 【私の感覚あらすじ】人に悟られないように魔法を隠していた姉な
アナと雪の女王 (Akira's VOICE)
先が読めて感動は薄い。  
アナと雪の女王 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
アナと雪の女王 オリジナル・サウンドトラック [CD]アンデルセンの童話「雪の女王」をヒントに、プリンセス姉妹がたどる真実の愛を描く「アナと雪の女王」。劇中で高らかに歌う「Let ...
映画「アナと雪の女王(2D・日本語吹替版)」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画『アナと雪の女王(2D・日本語吹替版)』(公式)を先日、劇場鑑賞。採点は、★★★★☆(5点満点で4点)。100点満点なら85点にします。 ざっくりストーリー 王家の美しい姉妹・エルサとアナは幼少期から大の仲良し。しかし、触れるものをすべて...
『アナと雪の女王』 2014年3月3日 よみうりホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『アナと雪の女王』 を試写会で鑑賞しました。 上映前のアナウンサーの喋りが長い サラっとアカデミー賞受賞しました!で終わってもいいんじゃね。 【ストーリー】  エルサとアナは美しき王家のプリンセス。しかし、触ったものをカチカチに凍らせてしまう秘められた力...
アナと雪の女王(吹替)〜引き籠り物語 (佐藤秀の徒然幻視録)
May J.とMat T.の“Let It Go”歌い分けの秘密 公式サイト。原題:Frozen。クリス・バック、ジェニファー・リー監督、音楽:クリストフ・ベック。 (声)神田沙也加、松たか子、原慎一郎、ピエー ...
アナと雪の女王(字幕2D) (LIFE ‘O’ THE PARTY)
「♪れでぃごーー  れでぃごーーーー♪」 「・・・あのさ」
製作総指揮ジョン・ラセター、監督クリス・バック、ジェニファー・リー『アナと雪の女王(FROZEN)』"Let It Go" (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容に触れています。アンデルセン「雪の女王」にインスパイア(エンドクレジットに表記されていますが原作ではなくSTORY INSPIRED BY THE SNOW QUEEN)され製作された『アナと
むき出しの自己犠牲。『アナと雪の女王』 (水曜日のシネマ日記)
アンデルセンの童話「雪の女王」をヒントに王家の姉妹が繰り広げる真実の愛を描いたディズニーのミュージカル映画です。
アナと雪の女王 (日本語吹替版) (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【FROZEN】 2014/03/14公開 アメリカ 102分監督:クリス・バック声の出演(日本語吹替版):神田沙也加、松たか子、原慎一郎、ピエール瀧、津田英佑、多田野曜平、安崎求 凍った世界を救うのは――真実の愛。 [Story]エルサとアナは美しき王家の姉妹。しかし、触ったも...
アナと雪の女王 ★★★.5 (パピとママ映画のblog)
アンデルセンの童話「雪の女王」をヒントに、王家の姉妹が繰り広げる真実の愛を描いたディズニーミュージカル。触れた途端にそのものを凍結させてしまう秘密の力を持つ姉エルサが、真夏の王国を冬の世界に変えてしまったことから、姉と王国を救うべく妹アナが雪山の奥深く...
『アナと雪の女王』('14初鑑賞25・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 3月15日(土) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン8にて 13:40の回を鑑賞。(字幕) 3月21日(金・祝) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 16:35の回を鑑賞。(吹替え)
『アナと雪の女王2D吹替』をトーホーシネマズ府中2で観て歌と映画の争いふじき★★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★★歌にやられる】    物語的にはアラもあると思うのだが、それは歌の素晴らしさに塗りつぶされる。 アナがやたらめったら可愛い。 多彩な表情。それと肌 ...
アナと雪の女王 2D吹替 (はるみのひとり言)
一足早く試写会で鑑賞させていただきました。映画館で観れる、しかもMay J.さんのライブ付きということで喜んでいたのですが、東宝梅田のシアター8の狭いとこだったのでちょっとがっかりだったかな。 もっと大きな画面で観れると思ってたのに・・・。ストーリーはアンデ...
アナと雪の女王 (心のままに映画の風景)
アレンデール王国の王女、エルサとアナ姉妹は、幼い頃から大の仲良し。 触れたものを凍らせる力がある姉エルサは、ある時、アナを危険にさらしたことで、魔法を封印し、部屋に閉じこもる。 月日が経ち、国王夫妻が不慮の事故でこの世を去ると、王位を継ぐエルサは、...
アナと雪の女王(吹替え) (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★☆【3,5点】(AF) 時間の都合で吹替えになってしまったが特に不満はない(笑)
「アナと雪の女王」(1回目) (或る日の出来事)
あーもー、好きだ! 完璧に好きだ!
『アナと雪の女王』 (beatitude)
姉のエルサ(声:イディナ・メンゼル)と妹のアナ(声:クリステン・ベル)は、王家の美しい姉妹。しかし、触れるものを凍らせる“禁断の力”を持つエルサは、自分の意志に反して真夏の王国を冬に変えてしまう。“雪の女王”となり、...
アナと雪の女王 (悠雅的生活)
にんじん。Happy Snowman。真実の愛。
アナと雪の女王 (そーれりぽーと)
親会社のディズニーのCGアニメが遂に興行収入的にピクサーを超えてかつての輝きを取り戻したと噂の『アナと雪の女王』を観てきました。 ★★★★ 今回は耳に残る強力な主題歌が人気を引っ張ってるように感じ、どの曲も楽しかった『塔の上のラプンツェル』の方が全編ノっ...
アナと雪の女王 (映画好きパパの鑑賞日記)
 今年のアカデミー長編アニメ映画賞を受賞したディズニーアニメ。圧巻の映像美、夢を見るようなストーリーと映画の楽しさとはこういうものかと堪能できるミュージカル仕立てになっており、至福の時を過ごせました。  作品情報 2013年アメリカ映画 監督:クリス・...
アナと雪の女王・2D吹き替え版 (ペパーミントの魔術師)
松たか子バージョンでお送りしました。 とにかく何が見たかったかってこのシーンとこの歌を スクリーンで見たかった!で、初日くずは〜〜へふたたび行ってきたと。(*^^)v 最初はね、英語できいてなんぼやろって内心思ってたんだけど このシーンは鳥肌もん! ・・・確...
『アナと雪の女王』 (こねたみっくす)
これぞコンパクト・トゥルーラブストーリー。 ディズニーらしい王道作品なのに、ムダのない展開と素晴らしき楽曲、そしてロマンスに拘らない「真実の愛」に、どこか新しささえも ...
映画『アナと雪の女王』2D吹替版 観たよ〜 (よくばりアンテナ)
やっと観に行ってきました。 音楽と映像の美しさにうっとり。 ストーリーもシンプルでありながら、 エルサとアナの心情がとても細やかに描かれていて、 大人が観ても物足りなさは感じにくいのではないかな。 そして、わざわざ吹替版を選んで鑑賞したの...
アナと雪の女王・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
Let It Go! 伝統のディズニープリンセスの最新作は、アンデルセンの「雪の女王」をモチーフに、雪と氷の世界を舞台とした壮麗なミュージカルファンタジーだ。 今回は、全てのものを凍らせる秘密の力を持ったエルサと、天真爛漫なアナの姉妹を主人公とした史上初のダブ...
映画『アナと雪の女王』★姉妹間の氷は解けるも男女間はクール?^^; (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
      作品について http://cinema.pia.co.jp/title/161214/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。     帰 省中の娘の希望で、鑑賞しました。     凍らせる力を持つ姉 エルサ は...
アナと雪の女王 (とりあえず、コメントです)
アカデミー賞でも話題になったディズニーアニメ最新作です。 「Let It Go」の歌にすっかり魅せられていたので、字幕版でチャレンジしてみました。 美しい映像と歌に彩られた作品は、真実の愛に満ちあふれていました〜♪
アナと雪の女王  FROZEN (映画の話でコーヒーブレイク)
テレビのCMで何度も耳にした「Let it go」。映画を見る前に、この歌に魅了されました 3Dの字幕版が少なくて…字幕版を見るか?3D吹き替え版にするか?迷ったのですが、 字幕2Dを選びました。 原題は「FROZEN」。 アカデミー主題歌賞と長編アニメーション賞受賞で...
アナと雪の女王 (2D日本語吹替版) 監督/クリス・バック&ジェニファー・リー (西京極 紫の館)
【声の出演】  神田 沙也加 (アナ)  松 たか子  (エルサ)  ピエール瀧 (オラフ)  原 慎一郎  (クリストフ) 【ストーリー】 エルサとアナは美しき王家の姉妹。しかし、触ったものを凍らせてしまう秘められた力を持つ姉エルサが、真夏の王国を冬の世界に変....
『アナと雪の女王(吹替版』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「アナと雪の女王」□監督 クリス・バック、ジェニファー・リー□脚本 ジェニファー・リー□原案 アンデルセン「雪の女王」 □キャスト(声の出演) 神田沙也加、松 たか子、原 慎一郎、ピエール瀧、               津...
アナと雪の女王 (だらだら無気力ブログ!)
いやぁ、吹替えで観たけど面白かったなぁ。
2014年の016「アナと雪の女王」 (Doing-on-the-fly)
 元になったカイとゲルダの話は絵本で読んだ記憶しかないけど、その童話をディズニー
「アナと雪の女王」 真実の愛 (はらやんの映画徒然草)
予告編で主題曲「Let It Go」が流れる前半のクライマックスシーンを見せてい
「アナと雪の女王」 (ここなつ映画レビュー)
良い作品過ぎて、鑑賞中思わぬ所で涙が。一度弛んだ涙腺は止まらず、一緒に行った息子が引く位泣いてしまった。息子曰く、「意味わからない所で泣いてる」。本当は字幕3Dで豪華に観たかったんだけど、どうしても吹き替えがいいと譲らない次男を優先しての吹き替え版鑑賞...
アナと雪の女王 (C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜)
アナと雪の女王 '13:米 ◆原題:Frozen ◆監督:クリス・バック、ジェニファー・リー ◆主演:クリステン・ベルアナ、イディナ・メンゼル、ジョナサン・グロフ、サンティノ・フォンタナ、ジョシュ・ギャッド、アラン・テュディック、クリス・ウィリアムズ ◆STORY...
アナと雪の女王(2D 日本語吹替え版) (タケヤと愉快な仲間達)
監督:クリス・バック、ジェニファー・リー 声の出演:【洋画版】クリステン・ベル、イディナ・メンゼル、ジョナサン・グロフ、ジョシュ・ギャッド、【日本語版】 神田沙也加、松たか子、原慎一郎、ピエール瀧、津田英佑 【解説】 アンデルセンの童話「雪の女王」をヒン...
映画「アナと雪の女王」 (FREE TIME)
映画「アナと雪の女王」を鑑賞しました。
「アナと雪の女王」:モンスターの孤独と哀しみ (大江戸時夫の東京温度)
大ヒット中の映画『アナと雪の女王』(2D・字幕版)を今さらながら観ました。うーん
映画 アナと雪の女王 (こみち)
JUGEMテーマ:映画館で観た映画    ◆  原題 「Frozen」    字幕版で見ましたが、アニメ版ミュージカルといった感じで    字幕で見たほうが役者の歌がそのまま聞けて良かったと思います。 ...
映画 アナと雪の女王 (こみち)
JUGEMテーマ:映画館で観た映画    ◆  原題 「Frozen」    字幕版で見ましたが、アニメ版ミュージカルといった感じで    字幕で見たほうが役者の歌がそのまま聞けて良かったと思います。 ...
『アナと雪の女王』 (仲間が増えるといいなぁ・・・)
3月から上映されていたのになかなか観に行かれなかった映画でした。 子どもころディズニーを見ていた私には、最近のキャラクターたちの絵があまり好きでは なかったのです。 だから観なくてもいいかなぁと思っていたのです。 観てから決めてもいいのです。好きか嫌いか。 ...
「アナと雪の女王」 (Con Gas, Sin Hielo)
夢と魔法と氷の世界。 今回、おや?と思ったのは、3D形式があるのに近所の映画館は2Dでの上映しかなかったこと。更に、字幕版の上映回が日に2〜3回設けられていたこと。 アニメといえば子供・家族向け。故に3D+吹き替え版で番組固定となることが多かったのに....
『アナと雪の女王』を観てきました (windy's note)
『アナと雪の女王』を娘と二人で観てきました。『アナと雪の女王』はミュージカル作品。歌と物語の両方を、たっぷりと楽しめました。感動しました[E:shine] [E:clip] 『アナと雪の女王』公式サイ
アナと雪の女王 日本語吹き替え版 (単館系)
アナと雪の女王 日本語吹き替え版 MOVIXさいたま 3/14公開 エルサとアナは美しき王家の姉妹。しかし、触ったものを凍らせてしまう秘められた力を持つ姉エルサが、 真夏の王国を冬の世界に変化させてしまった。 行方不明になったエルサと王国を何とかすべく、妹のアナ...
アナと雪の女王 (いやいやえん)
キャッチーな曲(ありの〜ままの〜♪とか、ゆきだるま、つくろう♪とか)がとても良いです。松たか子さんの歌声が素敵。 王家の姉妹エルサとアナ。この2人の愛と真の自由の物語。 姉エルサは幼い頃より触れたものを凍らせてしまう魔法の力をもっていた。しかし事故...
アナと雪の女王 (銀幕大帝α)
FROZEN 2013年 アメリカ 102分 ファンタジー/アドベンチャー/ミュージカル 劇場公開(2014/03/14) 監督: クリス・バック ジェニファー・リー 製作総指揮: ジョン・ラセター 原案: アンデルセン『雪の女王』 主題歌: イディナ・メンゼル『Let It Go』 ....
アナと雪の女王 (映画大好きだった^^まとめ)
785 : 名無シネマ@上映中[sage] 投稿日:2014/03/15(土) 17:38:29.87 ID:9D1GgSlr見てきたけどよかった やっぱディズニーは歌がいいね氷の城でのアナとエルザが一緒に歌ってるところもっかい聞き ...
アナと雪の女王 (映画大好きだった^^まとめ)
785 : 名無シネマ@上映中[sage] 投稿日:2014/03/15(土) 17:38:29.87 ID:9D1GgSlr見てきたけどよかった やっぱディズニーは歌がいいね氷の城でのアナとエルザが一緒に歌ってるところもっかい聞き ...
アナと雪の女王 (pure's movie review?)
2013年 アメリカ作品 102分 ディズニー配給 原題:FROZEN STAFF 監督:クリス・バック ジェニファー・リー 脚本:ジェニファー・リー 原案:アンデルセン『雪の女王』 CAST【声の出演:吹き替え版】 神田沙也加 松たか子 原慎一郎 ピエール瀧 津田英佑...