映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

ソルト

2010年08月29日 | 洋画(10年)
 『チェンジリング』以来のアンジェリーナ・ジョリーを見てみようと思って、『ソルト』を渋谷のシネパレスで見てみました。

(1)お話としては、アンジー扮する女スパイ・ソルトの八面六臂の働きによって、勃発寸前にまで突き進んだ世界大戦をなんとか未然に防ぐことができた、というものですが、スパイ物らしく、目まぐるしく立場が入れ替わったり破天荒な出来事が起きたりして、アレヨアレヨといううちにラストになってしまいます。

 例えば、ギリギリまで追い詰められたソルトが、高層マンションの窓をつたって逃亡するシーンが映し出されますが、無論セットでの撮影であることは分かっていても、見ている方はハラハラします。何しろ、下を見たら足がすくんで一歩たりとも動けなくなることは必定の高さなのですから!
 また、ソルトは、追手から逃れるために、トレーラーの屋根に飛び乗り、それが追手に見つかると、別の車の屋根に飛び移ります。両方の車ともスピードを出して走っているわけですから、そんなことをしたら簡単に振り落とされてしまうはずですが、類い稀なる運動神経の持ち主なのでしょう、ソルトは屋根にしがみつくことに成功してしまいます。
 さらに、手錠を嵌められて乗せられたパトカーの中で、ソルトは、警固の警察官を倒した上で、電気ショックを運転手に与えながら、ものすごいカーチェイスに挑みます。これだけ様々の車に衝突したら、中のソルト自身がお陀仏になるに相違ありませんが、スパイとしての教育の成果でしょう、ナントカ脱出に成功します。

 この映画は、元はトム・クルーズがやるはずだったところ、彼が降板したために、アンジーにお鉢が回ってきたとのこと。ただ、こうした激しいアクションも、男性俳優ならば最早見慣れたものでしょうが、アンジーだからこそ見ごたえがあるというものです。
 それに、映画は、ソルトが北朝鮮に捕えられて拷問を受けるシーンから始まり、スパイ交換で西側に連れ戻されたとき、左目がやや潰されてしまっているところ、アンジーだからこそ見られるのではないでしょうか?
 また、追手から逃げおおせると、今度は、典型的なロシアン・ファッションで船のデッキに立ったりしますが、これはトム・クルーズではまったく様にならないでしょう。

 というような具合で、アンジーを見て楽しむ分には、大変面白くできた映画だと思いました。
 ですから、上の階からシャンデリアとともに落下してきたロシア大統領は、それだけで助かるはずはないと思えるところ、さらに銃弾を撃ち込まれたにもかかわらず、しばらくしたら元気な姿がTVに映し出されるなんて(弾の中にはクモの毒が注入されていたから一時的ショックを受けただけって、ニホンザルの捕獲に使われた麻酔銃じゃあるまいし〔注〕!)などとチャチャを入れたりせずに、おおらかな気持ちで映画を楽しむべきでしょう!

 それにしても、「今度のアンジーは300万カラットの煌きだぁと大声で叫びたくなるほど、“華麗な容姿”と“アクション”を見せてくれる」と言うのは全然かまいませんが、「必見!!」とまで言うとなると、熱中症にでも罹ってしまったのかとおすぎのことが心配になりますが!

〔注〕時事通信の記事によれば、台東区内で見つかったニホンザルに対して、上野動物園の職員が「麻酔銃や薬品を塗った「吹き矢」をそれぞれ2発ずつ打ち込み」捕獲したとのこと(8月13日)。

(2)この映画は、前日の記事で取り上げた『フェアウェル/さらば、哀しみのスパイ』と対比させると面白いかもしれません。

 まず、この映画の主人公ソルトは、米国CIA職員ですが、『フェアウェル』の主人公グリゴリエフ大佐はソ連KGBの幹部です。

 次にソルトは、諜報組織の業務の一つとされる要人の暗殺に取り組みますが、グリゴリエフ大佐は、本来的業務である機密情報の略取に長けています。
 その暗殺の対象が米ロの大統領とされていますから、この映画にも、『フェアウェル』同様、トップが登場します。ただ、『フェアウェル』は30年ほど前の設定ですが、こちらは近未来の設定のためソックリさんは不要というところで、『フェアウェル』のように緊張感が途切れてしまうことはありません。

 さらにソルトは、本来的にはソ連の特務機関で教育を受け米国に送られたスパイのはずですが、最終的には米国に忠誠を尽くします。他方、グリゴリエフ大佐も、各国の組織に潜入しているスパイのリストを西側に渡すことによって、ソ連の崩壊をもたらそうと努めます。

 また、ソルトを最後まで庇う上司ウィンターが実はということになりますが、グリゴリエフ大佐の場合も、ことが発覚して彼の取り調べに当たっている元の同僚が実はということが明らかになります。

 といった具合に、映画から受ける印象は180度違うといってもいいものの、内容的には意外と関連する部分があるのだなと思いました。

(3)評論家のこの映画に対する見解にはばらつきがみられます。
 小梶勝男氏は、「アンジェリーナ・ジョリーが、走り、飛び、格闘し、銃を撃つ。全編、アクションが全く止まらない。この疾走感は実に見事」であり、「このスピード感を支えているのは、ジョリーを徹底的にアクションだけで見せる演出」であって、「むしろ、正体も内面も分からないまま、男女の違いなど超えて、精密機械のように行動するソルトを描くことで、サスペンスを維持しているのだと思う」が、ただ「残念だったのは、カメラが動きすぎて、せっかくのアクションがはっきりと見えないことだ」として74点を、
 佐々木貴之氏は、「本作で観られるアクションは、ド派手で迫力満点な作品に比べるとややおとなしめではあるものの、目を見張るようなシーンがそれなりに用意されていて良いと言える」し、「もう一つの魅力は、アンジー姉さんの変化ぶりだ。最初は金髪だが、逃亡開始後に黒髪のクールビューティーに変身!! そんな黒髪アンジーが魅せるアクションは実にカッコいいし、決まっていると言い切っても良いほどだ」として70点を、
 渡まち子氏は、「ヒロインの超絶タフネスぶりが際立つこの物語」だが、「つい最近でもスパイ同士の引渡し劇という、まるで映画のような事件が起こったばかり」、「こんな荒唐無稽な作品が、計らずも現実とリンクしてしまうところが、映画の面白さであり不確定要素だ」として55点を、
 前田有一氏は、「いろいろと問題点はあるが、アンジェリーナ・ジョリー主演作らしい個性がない点が一番まず」く、「リアル系スパイアクションとしては、アイデアも格闘のスピード感もボーンシリーズの足元にも及ばず、007のような色気もしゃれっ気もない。ちんちくりんな細いオンナがちょこちょこ逃げ回るだけの、悲しいほどに迫力に欠けたシーンが延々と続くのみ」で、「ストーリーは単純なわりにテンポが悪く、少々退屈するが、見ようによっては笑える部分も」などとして55点を、
 福本次郎氏は、「頬がこけるほどシェイプアップしたアンジェリーナ・ジョリーの鋭い眼光以外はバカげた印象しか残らない作品だった」として40点を、
それぞれつけています。


★★★☆☆




象のロケット:ソルト
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (101)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フェアウェル | トップ | SRサイタマノラッパー2 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
評価分かれてますね (KGR)
2010-08-29 08:24:10
アクション映画としてはなかなか良かったと思います。

評価は人それぞれ、特にこういった映画は好みが分かれて構わないと思いますが、ドキュメントじゃないんだから、現実離れしてて当然、カメラワークもそれほど動き回るって感じでもなかったと思います。

頬がこけるほどは痩せてなかったと思います。
福本さんは「マイティ・ハート」を見てないんじゃないでしょうか。
こんにちは (リバー)
2010-08-29 12:58:52
TB ありがとうございます。

たしかに トム・クルーズよりはアンジーのほうが
ミステリアスな感じもあり正解なような気がします

飽きさせないのですが 全体的にもう少し
工夫が欲しかったかなぁと
内容からしてシュガーではないね (湖畔の女)
2010-09-03 00:18:10
  ほとんど全編が娯楽もののアクション映画だという情報だったので、それで割り切って、物語の若干の前提を受け入れれば、それなりに楽しんで観ることができました。ヒロインの周りの男たちや両方の諜報組織がアホみたいに見えるところもありますが、その辺に目を瞑れば、映画が楽しくなります。内容的に、トム・クルーズよりも女性のアンジュリーナのほうが見所があるように感じます。
 でも、『ソルト』にせよ、他の映画『フェアウェル』にせよ、スパイ映画における冷戦構造というのは、昔とほとんど変わっていないのですね。そのなかで活動する米国版女忍者という感じです。「くの一」的な要素がないのは、もとが男性を想定していたからでしょうか。
くの一 (クマネズミ)
2010-09-04 08:17:42
「湖畔の女」さん、コメントをありがとうございます。
「米国版女忍者」というのは言い得て妙ですね!
この映画の続編では、ショーン・コネリーの女性版と言った雰囲気の映画が出来上がれば、それまた面白いかも知れません。
Unknown (vic)
2010-09-08 09:12:52
「アンジーだからこそ、見応えがある」
本当にその一言に尽きると思います。
ストーリーはオマケのようなものだったと。

アメリカ人の演技をしているうちに、アメリカ人としてアメリカ人男性に恋をして
演技のはずの「アメリカ人女性である」というウソのアイデンティティの方が、重要になってくる...

という、スパイ映画によくある流れ、私は好きです。
本物の自分(ロシア人孤児)は、ロシア国家に駒のように(物として)扱われていたけれど
敵国アメリカで、初めて人間として愛情を注いでくれる人に出逢えた
そしてそこから始まる苦悩!

もうちょっと、そのへんのストーリーを掘り下げたら感動的になりそうだけど
「アンジーのアクション」が99%見どころでしたね。
でも、楽しめました!
男スパイ、女スパイ、その次 (ふじき78)
2011-02-28 00:44:48
こんちは、遅コメ失礼します。

> こうした激しいアクションも、
> 男性俳優ならば最早見慣れた
> ものでしょうが、

という事で、これからは女性俳優でも見慣れたものになる時代が到来するのかもしれません。

すると、その次は「マツコ・デラックス系」俳優でスパイ映画っすね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

101 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ソルト (美貌録(備忘録))
 コンスタントに20億以上の興行収入を叩きだすアンジーは流石だ ソルトと聞いて塩をイメージしてしまうのは、人生に歴史が乗っかってきた証拠だろうか? 007のボンドガール役を取られたとか蹴ったとか。。。という理由から、それでは「ガールズ007」を作っ...
ソルト (とりあえず、コメントです)
アンジェリーナ・ジョリー主演のサスペンスアクションです。 最近“騙されました”というCMをよく観るなあと思っていました。 あまり騙されることはありませんでしたけど、アクション全開のアンジーの姿と全編に漂う緊張感に 最初から最後まで目が離せませんでした(^^ゞ
ソルト (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。フィリップ・ノイス監督、アンジェリーナ・ジョリー、リーヴ・シュレイバー、キウェテル・イジョフォー、ダニエル・オルブリフスキー、アンドレ・ブラウアー、アウグスト・ディール。リーヴ・シュレイバーが上司役の場合は要注意。「レポゼッション・メン」で...
『ソルト』の気が利くところは? (映画のブログ)
 本作のタイトル及び主人公の名は『ソルト』(SALT)、すなわち戦略兵器制限交渉(Strategic Arms Limitation Talks)のことである。  その名のとおり、主人...
ジャパン・プレミア試写会「ソルト」   (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2010/7/27、東京国際フォーラム、ホールA。 映画以外の様子は別記事に。 ** 割り当てられた指定席は、2階席の11列目、右手の端っこの方だった。 **   アンジェリーナ・ジョリー、リーブ・シュライバー、キウェテル・イジョホー、 ダニエル・オルブリフスキー...
ソルト (人生楽ありゃ苦もあるさ)
本日から、ささやかなお盆休み、アンジェリーナ・ジョリー主演のソルト見てきました。...
『ソルト』(2010)/アメリカ (NiceOne!!)
原題:SALT監督:フィリップ・ノイス出演:アンジェリーナ・ジョリー、リーヴ・シュレイバー、キウェテル・イジョフォー試写会場 : 東京国際フォーラム公式サイトはこちら。<S...
『ソルト』 (Matthewの映画日記?)
ジョリ姐こと、アンジェリーナ・ジョリー主演の『ソルト』、観てきました。 あらすじは、 アメリカCIA本部。優秀な分析官イブリン・ソルトは、突然現われたロシアからの亡命者・オルロフを尋問する。特殊スパイ養成機関の元教官だという彼は、アメリカに長年...
508『ソルト』 (さくらの映画スイッチ)
彼女は一体・・・ この映画は一体・・・orz
「ソルト」感想 (狂人ブログ ~旅立ち~)
 スパイ容疑をかけられたCIA特殊工作員イヴリン・ソルトの逃亡劇を描く、アンジェリーナ・ジョリー久々のサスペンスアクションムービー。 屈強な男達を徒手格闘でねじ伏せ、銃器や...
劇場鑑賞「ソルト」 (日々“是”精進!)
 「ソルト」を鑑賞してきました「ウォンテッド」「チェンジリング」のアンジェリーナ・ジョリーが二重スパイの容疑をかけられ、仲間たちから追われる身となったCIA分析官のヒロ...
『ソルト』 (R.LiFE)
『 ソルト 』といえば、アンジー、アンジーと刷り込まれていたのでアレなんですが、この映画にリーヴ・シュレイバーが出てたんですね(笑) 『 X-MEN ZERO 』でのビクター役が妙に頭にこびりついていたものだから、映画が始まってリーブ・シュレイバーが出てきた時に思わず...
ソルト/アンジェリーナ・ジョリー (カノンな日々)
ここ最近上映される作品の中ではだんとつの宣伝量を誇る『ソルト』もう街のいたるところ広告を見かけ目にしない日はありません。街中を走るたくさんのタクシーにも広告がいっぱいで、そんなにこの映画は自信がないのかなと逆に心配してしまいますけど?(笑)。スパイ容疑を...
ソルト (そーれりぽーと)
随分前から挑戦的な予告編で期待させていた『ソルト』を観てきました。 ★★★ アンジーのアクションがこれまでで最高にかっこえー! でも、どんなにカ全編通してラダを張ったアクションをしまくっていても、こないだ『アイアンマン2』でスカーレット・ヨハンソンが魅...
「ソルト」 (prisoner's BLOG)
アンジー姐さんがあんまり強いので、あれよあれよという間に見せてしまう。ちょっと「24」とかの最近のアメリカ製テレビシリーズのどんでん返しの連続のプロットに、スクリーン用にパワーアップしたアクションをブレンドしたみたいな作り。 大統領の存在が軽くなったとこ...
ソルト (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3,5点】 金髪ロン毛=グッド!、黒髪ロン毛=なかなか!、黒髪ショート=あらら!
『ソルト』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「ソルト」□監督 フィリップ・ノイス □脚本 カート・ウィマー、ブライアン・ヘルゲランド□キャスト アンジェリーナ・ジョリー、リーヴ・シュレイバー、キウェテル・イジョフォー■鑑賞日 8月1日(日)■劇場 チネチッタ■c...
「ソルト」 アンジェリーナ・ジョリーの起用が成功の要因 (はらやんの映画徒然草)
この作品、もともとはトム・クルーズ主演での企画としてスタートしたということです。
ソルト (Akira's VOICE)
アンジー姐さんカッコよすぎます!  
ソルト / Salt (勝手に映画評)
アンジーの出産後初のアクション作品。キレは衰えていません。 あらすじは色んな所に描いてあるので、それはそちらにお任せ。この作品で興味深いのは、物語の冒頭の舞台が、北朝鮮ということ。これが冷戦華やかなりき20世紀の頃であれば、間違いなく旧ソ連や東欧が舞台で...
2010-23『ソルト』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
映画を鑑賞しました。秊 2010-23『ソルト』(更新:2010/08/01) 評価:★★★☆☆(★★★★☆との間) ソルト(アンジョリーナ・ジョリー)はCIA諜報員でロシアのスパイ。 最初から仕組まれているけど、何があるんだろ...
『ソルト』 ('10初鑑賞105・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆★-- (10段階評価で 5) 7月31日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター6にて 12:00の回を鑑賞。
ソルト (だめ男のだめ日記)
「ソルト」監督フィリップ・ノイス出演*アンジェリーナ・ジョリー(イヴリン・ソルト)*リーヴ・シュレイバー(ウィンター)*キウェテル・イジョフォー(ピーボディ)*ダニエル・オ...
映画『ソルト』(映画館) アンジェリーナ... (私的映画生活)
こんばんわぁ毎日、暑いですねぇ~~~眠い…ちゃんと起きてられるうちにぃ~さっそくいきます!!今日はコレ『ソルト』Salt2010年度作品(アメリカ)監督:フィリップ・ノイス公式サ...
ソルト (Spice Cafe -映画・本・美術の日記-)
「ソルト」の試写会へ行ってきました。 アンジェリーナ・ジョリーの舞台挨拶がありました。 やっぱり、すっごいスタイルがいいです。 プロモーションのため、各国を飛びまわって
ソルト (あーうぃ だにぇっと)
7月27日(火)@東京国際フォーラム ホールAで鑑賞。 ジャパンプレミア。 アンジーは、ロシアからやって来て、この舞台挨拶のあと韓国へ。 本人が語ったとおりのショートステイ。
ソルト (心のままに映画の風景)
CIAエージェントのイヴリン・ソルト(アンジェリーナ・ジョリー)は、何者かの陰謀によってロシアスパイの嫌疑をかけられてしまう。 自らの...
「ソルト」みた。 (たいむのひとりごと)
最強の女スパイ誕生!? さすがはアンジー、ナリキリ度はぴか一だなぁ。最初からアンジーが真っ黒な役のハズがないとどこかで思っているから、中盤のまさか?には少しばかり動揺してしまった。果たしてイヴリン・ソ
アンジェリーナ・ジョリーの『ソルト』 (RATTLE YOUR GODDAMN HEAD!)
都合よく(?)公開前には実際にロシア人の女スパイが米当局に拘束される事件もありましたが、この映画を観てきました。 ロシア人の女スパイ「ソルト」の行動の真意を派手な演出によって明らかにしていく手法はさすがハリウッド映画の御家芸といったトコロでしょうか。...
スパイなアンジー (笑う学生の生活)
27日のことだが、映画「ソルト」を試写にて鑑賞しました。 CIA工作員ソルトがロシアのスパイに疑われ 逃げることに ソルトはいったい何者なのか・・・ アンジェリーナ・ジョリーの作品といった感じで アクションも激しく 頑張っています
女性版ジェイソン・ボーン誕生?!『ソルト』 (水曜日のシネマ日記)
二重スパイの容疑をかけられたCIAエージェントの物語です。
映画「ソルト」@チネチッタ (masalaの辛口映画館)
 お盆休みのチネ4には40~50名位の客入りだ。アンジェリーナ・ジョリー主演作にしてはかなり寂しい客入りだ。客層は大人しか見に来ていない、若者たちはアンジーに興味が無い...
ソルト (映画道)
アメリカCIA本部。優秀な分析官イブリン・ソルトは、突然現われたロシアからの亡命者・オルロフを尋問する。特殊スパイ養成機関の元教官だという彼は、アメリカに長年潜伏してきたロシアのスパイが、訪米中のロシア大統領を暗殺すると予告する。そして、そのスパイの名は...
映画を観た~ソルト~ (垂直落下式どうでもいい話)
本文はこちら→
『ソルト』 (めでぃあみっくす)
ソルトなのに、甘い! 二重スパイの映画で二転三転するはずのストーリーなのに、穴だらけの脚本のため容易に先読みできてしまう情けなさ。正直この映画はアンジェリーナ・ジョリーのアクション以外、何も見るべきものがありませんが、そのアンジーのアクションもちょっと...
ソルト (Yuhiの読書日記+α)
アンジェリーナ・ジョリー主演の、本格スパイアクション。監督はフィリップ・ノイス、その他のキャストはリーヴ・シュレイバー、キウェテル・イジョフォー、ダニエル・オルブリフスキー他。 <あらすじ> アメリカCIA本部。優秀な分析官イブリン・ソルトは、突然現われた...
ソルト (ケントのたそがれ劇場)
★★★★  ウォンテッド以来、久々にアンジーのアクションを観た。6人の子育てをして、かなりやつれたアンジー。もう年令的にもアクションは無理かと思っていたのだが、なかなか大した女性ですな。往年のキレとセクシーさはやや薄れたものの、頭を使ったアクションを披...
ソルト (voy's room)
何者かの陰謀によって、ロシアのスパイ容疑をかけられたCIAエージェント、イヴリン・ソルト(アンジェリーナ・ジョリー)。彼女は自分の容疑を晴らすため、ひとりでエージェントとしての技術を駆使し、CIAの追跡をかわしながら、陰謀の真相を突き止めようと奮闘する。ソル...
『ソルト』 (ラムの大通り)
(原題:Salt) 「これは、少なくとも観ている間はオモシロい。 まあ、そういう映画だったね」 ----えっ、“観ている間は…”。 後で考えるとそうでもないってこと? 「いや、そこまではいかないけど…。 いまこうしてフォーンに喋るために 改めて予告を観て映画を思い出...
ソルト/SALT (いい加減社長の日記)
アンジーの新作、予告編もなかなか面白そうな雰囲気で。 UCのポイントが溜まっていたので、土曜日の午前中に「ソルト 」を鑑賞。 「UCとしまえん
「ソルト」 (元・副会長のCinema Days)
 (原題:Salt)つまらない。そもそも、アンジェリーナ・ジョリーにはアクション映画の主演は務まらない。スクリーン上で見る限り、彼女は運動神経がそれほど良くないように思える。「トゥームレイダー」シリーズでもそのことが大いに気になったものだが、本作も同様。...
ソルト (スペース・モンキーズの映画メイヘム計画)
★★★★ ロシアより塩をこめて 観客を主人公に感情移入させるのは一般的なやり方だが、この作品はヒネリが効いている。 最初の内...
「ソルト」 SALT (俺の明日はどっちだ)
・ これは何だ、ジェイソン・ボーンだ、ジェームス・ボンドだ、いやアンジェリーナ・ジョリーだ。うへっ! 二重スパイ容疑をかけられたアンジェリーナ・ジョリー扮するCIAエージェントのイヴリン・ソルトが、身の潔白を証明するためにCIAやFBIの追跡をかわしな...
映画「ソルト」感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog)
映画『ソルト』を、本日、TOHOシネマズ八千代緑が丘にて先行上映で鑑賞。観客は120名程で、何故か客層の平均年齢は、55才位か?予想以上の高齢にビックリ。 採点は、★★★★☆(5点満点で4点)。100点満点なら70点。 ざっくりストーリー CIA分析官のソルト...
ソルト (キノ2)
★ネタバレ注意★  『北北西に進路を取れ』を観たときに、冷戦時代というのは、スパイ映画を撮るには夢の時代だったんだなぁ、と思いました。なんでもかんでも「東側」のせいにしちゃえば、動機づけすらいらないのだから、そりゃもう簡単。どんな危機でもやりたい放...
ソルト (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
アンジェリーナ・ジョリー主演のハードボイルドアクション映画だ。多少サービスシーンがあると思ったけど、とことんストイックな物語だった。ほとんどのスタントを自分でやった女優魂に敬服する。すばらしいチャレンジ精神だ。
「ソルト」 (みんなシネマいいのに!)
 CIA本部でロシアから逃亡してきた謎の密告者を尋問していたイヴリン・ソルトだが
[映画『ソルト』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆私は、明るい色の髪のアンジェリーナ・ジョリーが、『グッド・シェパード』以来、大好きなので、物語後半の黒髪姿ではなく、前半の金髪写真をタイトルにしました^^  ・・・こりゃ、メチャ面白い映画であったが、同時に、解せなさ感も非常につのる作品であった。  ...
ソルト (小部屋日記)
Salt(2010/アメリカ)【劇場公開】 監督:フィリップ・ノイス 出演:アンジェリーナ・ジョリー/リーヴ・シュレイバー/キウェテル・イジョフォー/ダニエル・オルブリフスキー/アウグスト・ディール 彼女は、何者なのか? 2007年に『エドウィン・A・ソルト』のタイ...
『ソルト』・・・アンジーの魅力は堪能したけど (SOARのパストラーレ♪)
既存のスパイ・アクション映画に比べると重くて切なくて、その中を駆け回るアンジーはやっぱり美人でカッコよくて・・・。 でもどこか乗り切れない、そんな作品だった。作風や世界観は気に入ったのだが。
ブラッディ・アンジー~『ソルト』 (真紅のthinkingdays)
 SALT  優秀なCIA分析官のイヴリン・ソルト(アンジェリーナ・ジョリー)は、夫のマイ ク(アウグスト・ディール)と幸せな結婚...
『ソルト』 (Cinema + Sweets = ∞)
東京国際フォーラムであったジャパンプレミアでアンジェリーナ・ジョリー主演の『ソルト』を観賞してきましたー。 きわどいスリットの入った黒のロングドレスで、エスカレーターを颯爽と降りながら登場したアンジーは、めちゃくちゃセクシーでかっこいい。 背中が大きく...
ソルト (Diarydiary! )
《ソルト》 2010年 アメリカ映画 - 原題 - SALT CIA分析官のイヴ
ソルト (LOVE Cinemas 調布)
『ウォンテッド』、『チェンジリング』のアンジェリーナ・ジョリー最新作。二重スパイの嫌疑をかけられた主人公ソルトが身の潔白を証明しようとする過程で様々な真実が浮き彫りになってくるスパイアクションムービーだ。共演には『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』のリ...
★ソルト(2010)★ (CinemaCollection)
SALTあなたは見抜けますか?彼女は、いったい何者なのか?上映時間100分製作国アメリカ公開情報劇場公開(ソニー・ピクチャーズエンタテインメント)初公開年月2010/07/31ジャンルアクショ...
「ソルト」あ~悔しい!騙された~!! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[アンジェリーナ・ジョリー] ブログ村キーワード  アンジー姐さん久々の主演作、「ソルト」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。姐さんお得意のアクション大作。いやあ相変わらず、カッコええですわ~(^^;!  イヴリン・ソルト(アンジェリーナ・...
「ソルト」板橋ワーナーマイカル・レイトシ... (流れ流れて八丈島)
休養十分の休日のレイトショーという万全の体調で「ソルト」を観てきましたとにかく、アンジェリーナ・ジョリーが文句なくカッコイイ映画でした「チェンジリング」のような演技派な...
ソルト(2010) (銅版画制作の日々)
 原題:SALT 東宝シネマズ二条にて鑑賞。8月に入り初めて観た作品です。私は彼女がアクション得意な女優さんだということは全く知らず、、、、。そういえばウォンテッドでも彼女は凄かったことを思いだしました。 ラストからすると、これは続編があるようですね。 何...
ソルト☆独り言 (黒猫のうたた寝)
アンジー姐さんのアクションもの・・・これは楽しみ♪『トゥーム・レイダー』『Mr.&Mrs.スミス』『ウォンテッド』そして『ソルト』ときてアンジーのアクションの切れ具合はどんどん上昇している気がします。ララ・クロフトの頃は、今から思えばまだまだ動きにキレがない...
ソルト (だらだら無気力ブログ)
二重スパイの疑いを懸けられたCIAのエージェントが、仲間からの追跡を かわしつつ、逃亡を図る様を描いたアクションサスペンス。 主演は『トゥームレイダー』シリーズ、『ウォンテッド』のアンジェリーナ・ ジョリー。共演には『レポゼッション・メン』のリーヴ・シュレ...
映画レビュー「ソルト」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
公式サイト◆プチレビュー◆アンジーの七変化が楽しめるスパイ・アクション。リアリティーはないがタフなヒロインの活躍は嬉しい。 【55点】 CIAの敏腕分析官イヴリン・ソルトは、何者かの企てによってロシアの二重スパイの嫌疑をかけられる。自分の無実をはらすた...
ソルト (★YUKAの気ままな有閑日記★)
多忙なので、感想を簡単に―【story】CIAのイヴリン・ソルト(アンジェリーナ・ジョリー)は、ロシアスパイの嫌疑をかけられてしまう。逃走を図ったソルトはCIAの追跡をかわしながら、自らの容疑を晴らすべく、たった独りで真相究明に乗り出すが―     監督 : フ...
★「ソルト」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みはTOHOシネマズららぽーと横浜で2本。 アンジェリーナ・ジョリーはアクションものも得意ですからねーー。 先日、リアルに美人過ぎるロシアンスパイが発覚したばかりだし。
タイトルデザイン_19・ソルト・NINA SAXON DESIGN (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容に触れています。『ボーン・コレクター』から10年、再びフィリップ・ノイス監督とコンビを組んだアンジェリーナ・ジョリー主演作『ソルト』。脚本はカート・ウィマー、ブライアン・ヘルゲランド(最初トム
ソルト (映画鑑賞★日記・・・)
【SALT】 2010/07/31公開 アメリカ 100分監督:フィリップ・ノイス出演:アンジェリーナ・ジョリー、リーヴ・シュレイバー、キウェテル・イジョフォー、ダニエル・オルブリフスキー、アンドレ・ブラウアー彼女は、何者なのか?CIAエージェント・イヴリン・ソルトは、ロシ...
【ソルト】 (日々のつぶやき)
監督:フィリップ・ノイス 出演:アンジェリーナ・ジョリー、リーヴ・シュレイバー、キウェテル・イジョフォー   誰が、ソルトなのか? 「CIAのエージェントのソルトは結婚記念日にロシアからの亡命者オルロフを尋問する。彼の口から出たのは訪米中のロシア大
『ソルト』 (kuemama's_webryblog)
【SALT】 2010年/ソニー・ピクチャーズ/100分 【オフィシャルサイト】 監督:フィリップ・ノイス 出演:アンジェリーナ・ジョリー、リーヴ・シュレイバー、キウェテル・イジョフォー、ダニエル・オルブリフスキー、アンドレ・ブラウアー
映画「ソルト」感想 【ちょいネタばれ】 (メディノービス)
「ソルト」(2010年07月31日公開 監督:フィリップ・ノイス) 俺:29歳 観てきました <ストーリー> イヴリン・ソルト(アンジー)は夫...
ソルト (迷宮映画館)
ここは一番!!アンジー姐さんの独壇場ということで。
ソルト (Recommend Movies)
彼女は、いったい何者なのか? 【感想】 暑さしのぎに劇場へ、アンジーの新作アクションを鑑賞♪ イヴリン・ソルトは優秀なCIA分析...
ソルト (りらの感想日記♪)
【ソルト】 ★★★★ 映画(43)ストーリー イヴリン・ソルト(アンジェリーナ・ジョリー)は、相手のどんな嘘でも見破る優秀なCIA分析官。と
ソルト・・・・・評価額1500円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
本物の美しすぎる女スパイがアメリカのマスコミを席巻した今年、何とも微妙なタイミングで公開されたスパイアクション。 元々トム・クルーズ...
ソルト (こんな映画見ました~)
『ソルト』 ---SALT--- 2010年(アメリカ) 監督:フィリップ・ノイス 出演:アンジェリーナ・ジョリー、リーヴ・シュレイバー、キウェテル・イジョフォー、ダニエル・オルブリフスキー アンジェリーナ・ジョリーが二重スパイの容疑をかけられ、仲間たちから追われる...
ソルト レビュー(ネタバレあり) (無限回廊幻想記譚 別宅)
 【ストーリー】 アメリカのイヴリン・ソルト(アンジェリーナ・ジョリー)は北朝鮮
《 ソルト 》 (映画 - K'z films -)
おすすめ度:3.5 『今そこにある危機』のフィリップ・ノイス監督作品。主演はアンジェリーナ・ジョリー。監督とのコンビは、デンゼル・ワシントンとの共演作『ボーン・コレクター』以来で、本作ではCIA工作員"ソルト"を演じます。凄まじいアクションシーンにも関...
アンジェリーナ・ジョリー主演の映画 「ソルト」の感想です。 (MOVIE レビュー)
映画「ソルト」を観てきました。私はこの映画は期待しないで観たんですけど、思っていたより見応えが有りました。軽い娯楽作品として観たら面白かったと思います。ただし、ツッコミどころ満載でしたけどね!その一つが、アンジェリーナ・ジョリーの超人的と言うか、スパイ...
「ソルト」女スパイはイヴリン・ソルト (ノルウェー暮らし・イン・London)
もともと『正体を暴け』みたいなつもりもなく、ボンヤリと見始めたスパイ映画は、『そういえば、スパイ映画は普通正体を隠しているからややこしいんだったっけ?』と気が付いた時には既に遅く、すっかり話しに置いていかれた私。 とはいえ、スタイル抜群を強調しないアン...
ソルト アンジー姉さん ちょ~かっちょいい~ (労組書記長社労士のブログ)
【{/m_0167/}=37 -11-】 高齢者の皆さん、どこに行っちゃったのでしょうか? 長寿国日本ってのは大きなまやかしやったのだろうか?老齢年金の行方は?年金の不正受給で、詐欺罪で捕まる人、大量生産の畏れも!  アメリカCIA本部。優秀な分析官イブリン・ソルトは、突然...
ソルト (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
二重スパイに疑われたCIA諜報員ソルトの、危機また危機の逃走劇。その正体は核兵器を狙うテロリスト?一瞬たりとも目が離せない展開!物語:アメリカCIA本部。優秀な分析官イブリン・ソルトは、突然現われたロシアからの亡命者・オルロフを尋問する。特殊スパイ養成機...
【ソルト】★アンジェリーナ・ジョリー (猫とHidamariで)
誰が、ソルトなのか?名前、ソルト。容疑、スパイ。ソルト HPソルト シネマトゥデイ英題:SALT製作年:2010年製作国:アメリカ日本公開:2010年7月31日スタッフ監督:フィリップ・...
ソルト (犬・ときどき映画)
ソルト[SALT] <Story> イヴリン・ソルトはCIAの諜報員、2年前北朝鮮で捕まり、捕虜の交換で救出された。 結婚記念日のその日、帰宅しようとすると、ロシアの諜報員が投降してくる。 そしてソルトが尋問を終えようとすると「ロシアからの二重スパイがいる、名前はイヴリ...
ソルト (ダイターンクラッシュ!!)
2010年8月1日(日) 19:00~ TOHOシネマズ川崎5 料金:1000円(映画サービスデー) パンフレット:未確認 『ソルト』公式サイト ミステリー仕立てのスパイ・アクション。 当初は、トム・クルーズが主演予定だったそうだが、アンジェリーナ・ジョリーに変わった。 ...
「ソルト」 (古今東西座)
強い!強い!!強すぎる!!!ってくらいに超・超人的な大暴れする旧ソ連KGB残党のスパイ、イヴリン・ソルト(アンジェリーナ・ジョリー)。たったひとりでアメリカ国中を震撼させるような大事件をやってのけるのだが、その凄さたるやCIAがいくら束になってかかっても敵わない...
ソルト (5125年映画の旅)
CIAに亡命してきたロシアのスパイ。敏腕女性スパイ・ソルトが彼を尋問し、アメリカにロシアのスパイが侵入している事、そのスパイが訪米するロシア大統領を暗殺しようとしていることが判明する。さらにロシアのスパイは、衝撃の事実を口にする。尋問を行っているソルト...
映画『ソルト』 (たまさんのHR/HM シネマカフェ)
最近、米司法省が訴追したという11人のロシアスパイ団の話が各ニュース欄を飾ってい
映画 ■■ソルト■■ (Playing the Piano is ME.)
アンジェリーナ・ジョリーのアクション映画好き! 最近、アクション以外のジャンルにも 出演していますが 彼女はアクション映画が一番似合うと思ってしまいます。
10-180「ソルト」(アメリカ) (CINECHANの映画感想)
誰かが私を嵌めたのよ!  イヴリン・ソルトは、相手のどんな嘘でも見破る優秀なCIA分析官。  ところがある日、CIA本部でロシアから逃亡してきた謎の密告者を尋問していた彼女は、突如、窮地に陥ることに。密告者が、大統領暗殺の命を受けたロシアのスパイがニュ...
「フェアウェル さらば,哀しみのスパイ」 と 「ソルト」 (映画の話でコーヒーブレイク)
8月1日映画の日、ショッピングを兼ね川崎まで足を運びアンジェリーナ・ジョリー主演「ソルト」を鑑賞。 公開2日目なのに・・・150名しか収容できない小さな劇場ってどういうこと? でも、やっぱりCMとアンジー主演は強い!満席でした。            暑い...
ソルト (シネマDVD・映画情報館)
アンジェリーナ・ジョリーがCIAエージェントに扮するアクション・サスペンス ストーリー:CIAエージェントのイヴリン・ソルト(アンジェリーナ・ジョリー)は、何者かの陰謀によってロシアスパイの嫌疑をかけられてしまう。逃走を図ったソルトはCIAの追跡をかわしながら...
ソルト (愛猫レオンとシネマな毎日)
CIAの優秀な分析官イヴリン・ソルトは、ロシアからの潜伏スパイ”ソルト”と 同名であったために、CIAから追われる身となります。 彼女は、本当に女スパイ”ソルト”なのか? なかなか面白かったです! ソルト役のアンジェリーナ・ジョリーの生身アクションの凄さ...
アンジェリーナ・ジョリーの『ソルト』を観てきました。 (よーじっくのここちいい空間)
 かなり寡黙な作品です。小気味いいくらいに、説明は一切無し。そこが気に入った最大の理由です。私は、この作品のような、削ぎ落としかたが好きです。
ソルト (まさとの素人映画レビュー)
アンジェリーナ・ジョリー主演のスパイ・アクション、ソルト。 本当はトム・クルーズが主演の予定だったけれど、降板してしまったらしいですね。 そして、主人公を性別まで変えて変更した、と。 CIAでスパイをやっている女性が主人公です。 その主人公が尋問した相...
ソルト (『映画評価”お前、僕に釣られてみる?”』七海見理オフィシャルブログ Powered by Ameba)
彼女は、何者なのか? この夏、最高に刺激的なトラップ・エンタテインメント! 二重スパイの容疑をかけられた女性CIAエージェントが追跡をかわしながら真犯人を追うサスペンスアクション。 ロシアからの謎の亡命...
映画『ソルト』を観て (KINTYRE’SDIARY)
10-44.ソルト■原題:Salt■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:100分■鑑賞日:8月7日、シネパレス(渋谷)スタッフ・キャスト(役名)□監督:フィリップ・ノイス□...
ソルト (HEAVEN INSITE's Blog)
 「面白い度☆ 好き度☆」  次々に明かされる(聞いてない)新設定・・・!  アンジェリーナ・ジョリー演じる「イヴリン・ソルト」っていうロシア女スパイの話なんだけど・・
ソルト (Salt) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 フィリップ・ノイス 主演 アンジェリーナ・ジョリー 2010年 アメリカ映画 100分 アクション 採点★★ 秘密を持ち続けるのも内緒話を聞くのも、イマイチ苦手な私。普段はお喋りな割に口は堅いんで言いふらすことはないんですが、秘密を持っちゃった事自体がプ...
『ソルト』『ナイト&デイ』を新橋文化で観て、緩いけど割といい2本立てじゃんふじき☆☆☆,☆☆☆ (ふじき78の死屍累々映画日記)
◆『ソルト』 五つ星評価で【☆☆☆東西冷戦はまだしゃぶりつくせる題材だったのか、という点にビックリした】 アンジェリーナ・ジョリーかっくいっすね。 そこは評価。 お ...
『ソルト』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 ソルト 』 (2010)  監  督 :フィリップ・ノイスキャスト :アンジェリーナ・ジョリー、リーヴ・シュレイバー、ダニエル・オルブリフスキ、 キウェテル・イジョフォー、ダニエル・ピアース、アウ...
【映画】ソルト…結局2010年の残務整理になっちゃいました(1) (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
元日中に映画記事を一つアップしようと思っていたのですが、ゲーム(タクティクスオウガ 運命の輪)で遊んでいるうちに日付が変わってしまいました え~っと、まずは年末年始の近況報告から… 「プレデターズ」の記事で書いたように、2010年12月28日(火曜日)は私の仕事...
「ソルト」 アンジェリーナ・ジョリーの起用が成功の要因 (はらやんの映画徒然草)
この作品、もともとはトム・クルーズ主演での企画としてスタートしたということです。
ソルト (A Day In The Life)
DVDにて観賞 解説 二重スパイの容疑をかけられたCIAエージェントをアンジェリーナ・ ジョリーが熱演するアクション・サスペンス。 潔白を証明したいヒロインが、CIAの追跡をかわしながら真犯人を探 し出すまでをスリリングに描く。 メガホンを取るのは、アン...