映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

ゼロ・グラビティ

2014年01月10日 | 洋画(14年)
 『ゼロ・グラビティ』を渋谷TOEIで見ました。

(1)いつもは躊躇する宇宙物ながら、サンドラ・ブロックジョージ・クルーニーとが初共演とのことで、映画館に行ってきました。

 映画の冒頭では、地上600㎞の高さになると、温度は+250~-100ºCで、音を伝えるものはなく、気圧も酸素もないなどと説明されます。
 そんな厳しい環境の宇宙空間で、メディカル・エンジニアのライアン・ストーン博士(サンドラ・ブロック)は、スペースシャトルから出てハッブル宇宙望遠鏡にかかわる作業をしています(注1)。また、バッテリーの交換をしている者も。



 さらにその周囲では、ベテラン宇宙飛行士のマット・コワルスキージョージ・クルーニー)が、宇宙遊泳記録をつくろうとプカプカ浮かんだり、ストーン博士を手伝ったりします(注2)。
 その時、地上のヒューストンから、「作業中止、至急地球にもどれ」との緊急連絡が。ロシアによって破壊された人工衛星の破片(スペース・デブリ)が猛烈なスピードで彼らの方に向かっているというのです。
 ですが、すでに時遅く、大量の破片が彼らに襲いかかり、ストーン博士は、スペースシャトルに取り付けられていたアームともろともに宇宙空間に放り出されてしまいます。アームとつながっていたベルトを外すと、彼女は回転運動を起こしてしまい、自分の位置が把握できません。
 そうこうするうちにコワルスキーが彼女を探し出し、急ぎスペースシャトルに戻ろうとします。
 でも、人工衛星の破片によりスペースシャトルも大破してしまったため、次の手として、国際宇宙ステーション(ISS)に行って、そこに接続されているソユーズを使おうとします。
 さあ、この帰還劇はうまくいくのでしょうか、………?

 登場人物が2人だけながら、次々に危機が彼らに襲いかかるために、最後の最後までハラハラのし通しでした。そればかりか、宇宙空間での映像が実に素晴らしく、リアリティーも迫力も十分感じられ、91分を大層堪能したところです。

(2)ですが、本作については、佐藤秀さんのブログ記事が指摘するように、様々な問題点があると思われます。
 加えて、邦題の「ゼロ・グラビティ」には少々違和感を覚えます。
というのも、重量(weight)がゼロ、すなわち無重量のことを無重力と呼ぶことがあるにせよ、重力(gravity)そのものはなくならないのですから、正確な言い方ではないわけですし(言葉の使い方の問題に過ぎませんが)、さらにストーン博士が地球に帰還するというこの映画のメインの話も、まさに重力があってこその話だからです(注3)。

 とはいえ、理系の知識の乏しいクマネズミは、本作を見ている最中は、それらの問題点はマッタク念頭に浮かばず、ただただその素晴らしい映像に見入ってしまいました(尤も、2Dによる上映を見たにすぎませんが)。

 さらにまた、本作に登場する2人の俳優の素晴らしさも言を俟たないでしょう。
 その主役はいうまでもなくストーン博士であり、それに扮するサンドラ・ブロックが熱演していてすこぶる感銘を受けました。



 でも、やはり共演のジョージ・クルーニーを忘れるわけにはいきません(注4)。
 あれだけの美男子でスタイル抜群にもかかわらず、ほとんど宇宙服を脱ぐこともなく、ヘルメットのガラス(注5)越しにしか顔を見せないで窮屈至極の演技するのですから(注6)!



 それだけでなく、彼の無駄話めいた交信内容は、ジョージ・クルーニーが話すことによって実に味があるものとなっています。
 例えば、ヒューストンの管制官に向かって、「1996年に42日間のミッションをした時、テキサスの上空を飛行するたびに、地上で妻が私のことを思って空を見上げていることが分かっていたので、6週間にわたってキスを投げ送っていた。ところが、エドワード空軍基地に降り立ったら、妻が弁護士と逃げ去っていたことがわかったんだ」と彼がしゃべると、管制官は「何度も聞いたよ」と切り返します。
 暫くして、彼が、「今回のミッションは、1987年の感謝祭の時と同じように嫌な感じがする」と言うので、管制官が「その話は初耳だ」として促すと、彼はニューオーリンズのバーボンストリートを歩いていた時のことを語り始めますが、その際中に作業中止の指令が飛び込むのです。
 その後様々な出来事があって、宇宙船ソユーズの中に一人取り残されたストーン博士は、コワルスキーを探して、「マット、どこにいるのか伝えて。ケープ・カナベラルを出発して以来、ずっとしゃべり続けてきたのに止めてしまったの?感謝祭の話の続きはどうしたの?」と無線で呼びかけますが、何の応答もありません(注7)。

(3)なお、本作を見ている時に思い浮かんだのは、本作と対極をなすような作品『アップサイドダウン』でした。
 同作の設定では、2つの惑星が逆向きにギリギリで接触する位置にあり、それぞれの住民はそれぞれの重力から逃れることが出来ないのです。主人公は、禁を破って反対側の惑星に入り込むのですが、そのままの状態では行動できないため、秘密裏に取得したその惑星の金属(「逆物質」と言われます)を体にまとって動き回ります。
 それでも最後には、実にあっけないやり方で主人公は反対側の惑星の恋人と一緒になることができるのですが。

 同作は、リアルな装いを凝らしている本作とは異なって、実際には起こりえないファンタジーの世界を取り扱っているとはいえ、本作とは正反対の方向から「重力」を描き出していて、それはそれで興味深いものがあります。

(4)渡まち子氏は、「ほとんどが宇宙服を来て素顔をさらさず、体を使っての演技も制限される中、熱演をみせたブロックとクルーニーのオスカー俳優2人の演技も絶品。存分に“遊泳する”ためにも、絶対に3Dで見てほしい作品で、映画好きなら見逃し厳禁の傑作だ」として、なんと95点をつけています。
 相木悟氏は、「ジェットコースター気分でスリルを楽しんで、帰りにはしっかりとした感動が胸に残る。これぞ映画的アトラクション・ムービーの正しい在り方といえよう」と述べています。




(注1)ヒューストンからの連絡では、データが何も送られてきていないとのこと。修理しなくてはなりませんが、それには後1時間かかるようです。ストーン博士は、この作業に時間をとられてしまってスペースシャトルに帰還するのが遅れ、ひいては大事故に結びついてしまったと悔やみます。

(注2)その際の会話で、ストーン博士は、スペースシャトルに乗船する前に半年ばかりの訓練を受けていることがわかります(但し、そのなかには休日が含まれていたようです)。

(注3)人工衛星が地球を回っているというのも、重力と遠心力とが打ち消し合っているからという説明と、重力によって人工衛星は絶えず地球に向かって落ち続けているという説明がなされているようですが、いずれにせよ重力がゼロというわけではありません。これは、宇宙船の中の状態にも当てはまるでしょう(例えば、このサイトの記事のQ8を参照)。

(注4)サンドラ・ブロックは、最近では『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』で見ましたし、ジョージ・クルーニーについては、最近では『ファミリー・ツリー』で見ました。

(注5)あるいは「バイザー」と言うのかもしれません。
 なお、劇場用パンフレット掲載の「Production Notes」によれば、本作でそれはCGを使って描かれているとのこと。

(注6)ソユーズに入り込んだストーン博士が抱く妄想の中で、コワルスキーはヘルメットを外しますが。

(注7)コワルスキーの無駄話も、ミッションが初めてのストーン博士の緊張感をほぐすのに役立ったものと思われます。
 それまでのコワルスキーとの会話の中でも、ストーン博士は、次第に自分自身のことを話しています〔例えば、4歳の娘を失ってしまったこと(学校で鬼ごっこで遊んでいる最中に、滑って頭を打って)。この話を聞き出すにあたっては、先に話したコワルスキーの妻の話が伏線として効いている感じです〕。
 なお、ソユーズに乗り込んだストーン博士がグリーンランドのイヌイット族の漁師と交信する様を、地上の漁師の側から描いた映像が、スピンオフ動画になっています(この記事で当該動画とその概要がわかります)。




★★★★★☆




象のロケット:ゼロ・グラビティ
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (80)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本インターネット映画大賞... | トップ | 麦子さんと »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (佐藤秀)
2014-01-10 22:06:43
>重力と遠心力とが打ち消し合っている

日本語的には引力と遠心力の差が重力なので、無重力=ゼロ・グラビティで差支えないと思いますよ。英語でもzero gravityと言いますし。
Unknown (クマネズミ)
2014-01-11 07:08:24
「佐藤秀」さん、TB&コメントをありがとうございます。
クマネズミとしては、エントリの「注3」で触れたサイト(JAXAのサイトの「Q&A」の「宇宙の不思議 うそ、ほんと ~さあ、宇宙へ飛び出そう!~」の第2章)の「Q8」に従ってそのように書いたのですが(「スペースシャトル本体について、重力と遠心力がつり合っているなら、船内のすべての物体についても、重力と遠心力はつり合う。すると、すべての物体について重力はうち消され、見かけ上の重力はゼロ、ということである」)。
なお、そのサイトでは、「地球が引く力(これは重力と呼ばれたり、万有引力と呼ばれたりする)」と「Q7」にありますから、「引力」=「重力」としているようです。でも、「佐藤秀」さんのように、「引力」-「遠心力」=「重力」とされるのであれば、「重力」はゼロ・になるわけだと思います。
また、同じサイトの「コラム4」でも「無重力と「無重量」のことが取り扱われています。
ある意味で、言葉遣いの問題なのではないでしょうか?
Unknown (ふじき78)
2014-01-11 07:47:02
> それだけでなく、彼の無駄話めいた交信内容は、ジョージ・クルーニーが話すことによって実に味があるものとなっています。

味があるからと言って、タランティーノをキャスティングして、無駄話を延々とさせると全然別の映画になってしまうんだろうなあ(このコメントがまたとっても無駄話だ)。
Unknown (クマネズミ)
2014-01-11 08:16:41
「ふじき78」さん、TB&コメントをありがとうございます。
ジョージ・クルーニーの話は、表面的には無駄話に見えても実はよく考えられている内容と思われますが、タランティーノをキャスティングしたりしたら、彼のことですから、シナリオを無視して本当に無駄話をしかねませんね!
無重力 (KGR)
2014-01-11 10:38:07
「無重力」が話題になっているようですが、最近メディアなどでは「無重力状態」と呼ぶことが多いようです。

厳密に言えば宇宙のどこにいても全く他からの引力の影響を受けない場所はないので、完全な無重力はありませんが、釣り合って見かけ上の重力がないのかほんとにないのかは確かめようがないはずです。

ところでこの映画、主演二人も見事ですが、演出、撮影が傑出していたようにも思います。
アカデミー賞の何かの部門賞を取るかもしれないと思っています。
Unknown (クマネズミ)
2014-01-11 21:51:47
「KGR」さん、TB&コメントをありがとうございます。
「無重力」に関する貴重な情報を感謝申し上げます。
なお、ネットを調べてみたら、Wikipediaには「無重量状態」という項目が設けられています。
また、「アカデミー賞の何かの部門賞を取るかもしれない」との点については、サンドラ・ブロックは主演女優賞を、ジョージ・クルーニーは助演男優賞を既に獲得しているので難しいかもしれないものの、美術賞とか撮影賞あたりならあるいは獲れそうですね

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

80 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
サンドラ・ブロック、ジョージ・クルーニー主演、アルフォンソ・キュアロン監督『ゼロ・グラビティ(Gravity)』"LIFE IN SPACE IS IMPO... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞について触れています。事故によって宇宙空間に放り出された宇宙飛行士と科学者。映画冒頭に出てくる字幕LIFE IN SPACE IS IMPOSSIBLE(宇宙で生存することは不可能)。は
ゼロ・グラビティ IMAX-3D/サンドラ・ブロック (カノンな日々)
サンドラ・ブロックとジョージ・クルーニーのオスカー俳優同士の主演で描くSF・サバイバル・サスペンス・ムービーです。ここ最近では『47RONIN』と並んで劇場予告編を目にする機会の ...
映画『ゼロ・グラビティ』3D吹替版観てきたよ~(*´∀`*) (よくばりアンテナ)
久しぶりに3Dの作品を観てきました。 予告編見てても、面白そうに感じてなかったし、 全然期待してなかったし、情報も得ないままで劇場に向かったのですが、 それが良かったのかも(*´∀`*) 予想外に面白かった~~~ヽ(≧∇≦)ノ 正直言って、ストーリー的な...
ゼロ・グラビティ3D ★★★★ (パピとママ映画のblog)
「トゥモロー・ワールド」「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」のアルフォンソ・キュアロン監督が、宇宙空間に投げ出されてしまった宇宙飛行士たちの極限的状況を最新VFXと3D技術を駆使して描いたSFドラマ。 スペースシャトルのメディカル・エンジニア、ストーン博士と...
ゼロ・グラビティ~脱力速度早過ぎ (佐藤秀の徒然幻視録)
映像美のためなら何でもアリなのか 公式サイト。原題:Gravity。アルフォンソ・キュアロン監督、サンドラ・ブロック、ジョージ・クルーニー、(声)エド・ハリス。地上600キロの空間は一 ...
ゼロ・グラビティ 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
2013年最後の映画鑑賞はサンドラ・ブロックと ジョージ・クルーニーが共演した映画「ゼロ・ グラビティ」、3Dバージョンをアイマックスシアター まで観に行ってきました。 ゼロ・グラビティ 原題:GRAVITY 製作:2013アメリカ 作品紹介 『しあわせの隠れ場所』などのサン...
映画「ゼロ・グラビティ」@ワーナーブラザース映画試写室 (新・辛口映画館)
 今回私はYahoo!映画ユーザーレビュアー試写会に招かれた。客入りは85%位だ。映画は3D版が上映された。             映画の話    メディカル・エンジニアのライアン・ストーン博士とベテラン宇宙飛行士マット・コワルスキーは地球から600キロ上空で周回...
ゼロ・グラビティ (心のままに映画の風景)
地上600kmの上空で地球を周回するスペースシャトル。 初めてのミッションとなるメディカルエンジニアのライアン・ストーン博士(サンドラ・ブロック)は、ベテラン宇宙飛行士マット・コワルスキー(ジョージ・クルーニー)のサポートを受けながら、船外での修理作業に...
映画 「ゼロ・グラビティ」 (ようこそMr.G)
映画 「ゼロ・グラビティ」
ゼロ・グラビティ(3D字幕) / Gravity (勝手に映画評)
今年(2013年)最後の映画鑑賞。一本目め。実は今日は、二本鑑賞する予定です。 画面への出演が、サンドラ・ブロックとジョージ・クルーニーだけという、非常に斬新な作品。先週末公開だったが、時間の都合で、一周遅れで鑑賞してきました。 なるほど、そうきますか。最...
ゼロ・グラビティ (あーうぃ だにぇっと)
ゼロ・グラビティ@よみうりホール
ゼロ・グラヴィティ 3D (そーれりぽーと)
宇宙空間で遭難だなんて息が詰まりそうで観たくない気持ちも有りながら『ゼロ・グラヴィティ』をIMAX3Dで観てきました。 ★★★★★ 見たこともない、あり得ないスケールの映像で宇宙空間を感じさせてくれる映画。 そして過酷な運命と立ち向かうヒロインを描いた映画とし...
「ゼロ・グラビティ」 Gravity (2013 WB) (事務職員へのこの1冊)
わたしは高所恐怖症だ。いやむかしはそうでもなかったのに、どんどん症状が悪化し、も
映画『ゼロ・グラビティ』★今を生きることの“重み”(重力?^^;) (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
    映画レビュー(ネタバレ表示です) http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id346608/rid68/p1/s0/c1/ (ネタバレですが、“奇想天外“はボカしてます。)   作品について http://cinema.pia.co.jp/title/1630...
ゼロ・グラビティ (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
ゼロ・グラビティ [Soundtrack]国内盤 [CD]無重力空間でサバイバルする男女の運命を描く秀作SFサスペンス「ゼロ・グラビティ」。絶対に3Dで見るべき作品だ。メディカル・エンジニア ...
ゼロ・グラビティ(3D字幕) (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★☆【4,5点】(13)(03) ムダなものを一切排除しその一点に集中せよ!だね。
『ゼロ・グラビティ』 (2013) (相木悟の映画評)
驚天動地、宇宙漂流をスクリーンで体験せよ! これまで数多あったアトラクション・ムービーが吹っ飛ぶ体感映画の登場である。 本作は、メキシコの奇才アルフォンソ・キュアロンが息子ジョナスと共同執筆した脚本を映像化したニュータイプのSF大作。キュアロンといえば....
彼女が宇宙服に着替えたら アルフォンソ・キュアロン 『ゼロ・グラビティ』 (SGA屋物語紹介所)
おととしでしたか、「はやぶさ」ブームの影響でその関連の映画が立て続けに三本くらい
映画「ゼロ・グラビティ」 (FREE TIME)
元日のファーストデーに映画「ゼロ・グラビティ」を鑑賞しました。
『ゼロ・グラビティ』 (時間の無駄と言わないで)
初のIMAX3Dで観賞。 凄いねIMAX3D。 こうも違うものかと感動した。 普通の映画館に行けなくなっちゃうよ。 イイ設備で観た甲斐あって、映像は凄かった。 こんなに飛び出てこんなに ...
「ゼロ・グラビティ」 (NAOのピアノレッスン日記)
~宇宙の 暗闇を 生き抜け~ 2013年  アメリカ映画   (2013.12.13公開)配給:ワーナー・ブラザース映画   上映時間:1時間31分監督:アルフォンソ・キュアロン脚本:アルフォンソ・キュアロン/ホナス・キュアロンプロダクションデザイン:アンディ・ニ...
ゼロ・グラビティ /GRAVITY (我想一個人映画美的女人blog)
無重力、 真空状態 衝突によって大破した機器が宇宙空間に拡散してく、緊張感 観てる方も苦しくなってくるこの臨場感 重力=グラビティ で原題。 監督は、「大いなる遺産」や、ガエルとディエゴの「天国の口、終わりの楽園。」 「トゥモロー・ワールド」...
『ゼロ・グラビティ』 2013年11月25日 ワーナー試写室 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ゼロ・グラビティ』 を試写会で鑑賞しました。 文句なしの映像美と緊張感 【ストーリー】  地表から600キロメートルも離れた宇宙で、ミッションを遂行していたメディカルエンジニアのライアン・ストーン博士(サンドラ・ブロック)とベテラン宇宙飛行士マット・コワ...
ゼロ・グラビティ (映画三昧、活字中毒)
■ 試写会にて鑑賞ゼロ・グラビティ/GRAVITY 2013年/91分/アメリカ 監督: アルフォンソ・キュアロン 出演: サンドラ・ブロック/ジョージ・クルーニー 公開: 2013年12月13日 公式サイト スペースシャトル“エクスプローラー”で船外活動をしていたライアン・...
ゼロ・グラビティ (本と映画、ときどき日常)
監督 アルフォンソ・キュアロン 出演 ジョージ・クルーニー     サンドラ・ブロック     エド・ハリス 宇宙でシャトル外部の故障を直していると、宇宙ゴミが流れてきてシャトルが破壊される。 そして暗黒の宇宙に投げ出されてしまう男女。 どうしよ~。 ....
映画『ゼロ・グラビティ』 (健康への長い道)
 12月8日(日)20:30から23:00過ぎまで、新宿ピカデリーで行われた『宇宙戦艦ヤマト2199 帰還式』に行ってきました。第七章のBD・DVDバージョン(23話~26話完全版)の上映と総監督の出渕裕さん、当初のイベント上映では未完成短縮バージョンの上映となった曰くつき(...
[映画『ゼロ・グラビティ』を観た(二観目・寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆面白かった作品は、何度か見て、その面白さを追求します^^  二日連続で観に行きました。  うん、やはり面白い! 傑作!!  どうやら、ネット上の他の人の感想を読んでいると、この作品は、宇宙の美しくも残酷な描写がキモだったらしい。  私は、それは当然の...
映画:ゼロ・グラビティ gravity 地球周回軌道での大アクシデント。後半にネタバレ?あり 注 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
<Movie City News恒例のオスカー予想 Gurus o' Gold が発表され <作品賞候補を眺めたら、ショック! <このうち、まだ一作もみちょらん... というわけで、ドバイでさっそく公開中の今作に駆け付けた(笑) サンドラ・ブロック演じる技師は、初めて宇宙での船....
『ゼロ・グラビティ』の3つの魅力 (映画のブログ)
 1968年公開のSF映画と云われたら、多くの人が『2001年宇宙の旅』を挙げるに違いない。  しかし、同年公開の『バーバレラ』だって捨てがたい。  無重力状態でフワフワ浮いてる人物が、ごつい宇宙服のパーツを外すと、スラリとした脚がニョッキリ飛び出す。パーツを外...
ゼロ・グラビティー  GRAVITY (映画の話でコーヒーブレイク)
非常に評価の高い本作。 早速、3Dで鑑賞しました。映像が非常に美しいです。 自分が望む映像を作りだすために、コンピューターグラフィックなどの技術が開発されるのを 待ったために、製作に4年半かかったという監督こだわりの映像です。 やはり大スクリーンで、3Dで...
劇場鑑賞「ゼロ・グラビティ」 (日々“是”精進! ver.F)
絶対に、生きて還る… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201312130002/ ★枚数限定ポスター★■サンドラ・ブロックVer■ [映画ポスター] ゼロ・グラビティ (GRAVITY) [...価格:6,800円(税込、送料別)  DVD&...
ゼロ・グラビティ (Break Time)
今日は、天候も良く・・・
『ゼロ・グラビティ』をトーホーシネマズ六本木7で観て、立派だなふじき★★★★(ネタバレ) (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★★この手口は上手い】 書きづらいので最初からネタバレで行きます。 読み直したらLINK後のPS以降しかネタバレしてないや。 予告と一緒の不安定な状 ...
ゼロ・グラビティ(3D 日本語吹替え版) (タケヤと愉快な仲間達)
監督:アルフォンソ・キュアロン 出演:サンドラ・ブロック、ジョージ・クルーニー 【解説】 『しあわせの隠れ場所』などのサンドラ・ブロックと『ファミリー・ツリー』などのジョージ・クルーニーという、オスカー俳優が共演を果たしたSFサスペンス。事故によって宇宙....
『ゼロ・グラビティ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ゼロ・グラビティ」□監督 アルフォンソ・キュアロン□脚本 アルフォンソ・キュアロン、ホナス・キュアロン□キャスト サンドラ・ブロック、ジョージ・クルーニー        (声)エド・ハリス ■鑑賞日 12月14日(土)■...
ゼロ・グラビティ (とつぜんブログ)
監督 アルフォンソ・キュアロン 出演 サンドラ・ブロック、ジョージ・クルーニー  この映画、映画を「観る」ではなく「体験」させてくれる映画である。いやあ、実にすごい体験をさせてもらった。今までいくつかの3D映画があったが、いまのところ最も3Dを使いこなして...
「ゼログラビティ」、宇宙で投げ出された宇宙士の奮闘物語ですが!実に壮大! (ひろの映画日誌)
おススメ度 ☆☆☆☆☆ いつもの伝で、2D字幕で見たのは、今回は失敗でした。 やはりぜひ3Dで、宇宙を堪能してください。もちろん、2Dでも十分楽しめますが? 出演者は二人、でも途中で男性はいなくなります。 演ずるは、サンドラブロック。かなりを肉体を使い...
ゼロ・グラビティ (Akira's VOICE)
求めよさらば与えられん。  
映画「ゼロ・グラビティ」IMAX、3D、字幕版 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2013/12/19、109シネマズ木場。 昨日見たかったが、いい席が全部埋まっていたので、いい席がうまく空いている回を予約。 * ジョージ・クルーニー、サンドラ・ブロック * 地上600km、スペース・シャトル。 船外活動中のミッション・スペシャリスト...
『ゼロ・グラビティ』 新しい体験 (Days of Books, Films )
Gravity(film review) 『ゼロ・グラビティ(原題:Gravit
「ゼロ・グラビティ」 無重力空間への没入感 (はらやんの映画徒然草)
2014年の最初の映画はこちら!「ゼロ・グラビティ」です。 昨年末の映画ブロガー
「ゼロ・グラビティ」普通だった・・・ (ポコアポコヤ 映画倉庫)
普通の2D版を見ました。3つ★半
ゼロ・グラビティ (とりあえず、コメントです)
宇宙でのミッション中に事故にまきこまれてしまった宇宙飛行士と科学者のサバイバルを描いたSFです。 予告編を観て、これは凄そうな映画だなあと気になっていました。 予想以上にリアルな宇宙の様子に、自分にこんなことが起きたら…と想像してしまうような作品でした。
ゼロ・グラビティ (映画と本の『たんぽぽ館』)
宇宙空間での孤独と寂寥が胸に迫る * * * * * * * * * * 前評判も高いこの作品、奮発してIMAXの3Dでみましたが、 これがドンピシャリ! こういう作品のためにIMAXと3Dはある。 そう確信しました。 美しく青く輝く地球を見渡しながら、 宇宙空....
ゼロ・グラビティ3D (近未来二番館)
12月30日、家族と一緒に観てきました。 なんとなく年末に映画に行くのが好きです。慌しい時間の中で、ホッと息のつける時間を持つことは私にとっては大切な習慣です。 それでもこの映画の事は、行く候補としてあまり意識の中に食い込んではいませんでしたが...
「ゼログラビティ」 (Con Gas, Sin Hielo)
宇宙ではあなたの叫び声は誰にも聞こえない。 初めて目にするものに勝るものはなかなかない。 宇宙空間そのものの恐怖を真正面から見据えて作った作品。新鮮な驚きに満ち溢れている。 タイトルバックの轟音から突然無音へと変わる場面に象徴されるように、とにかくそ....
「ゼロ・グラビティ」 (セレンディピティ ダイアリー)
ずっと楽しみにしていたSF大作の「ゼロ・グラビティ」(Gravity)をようやく
『ゼロ・グラビティ』(試写会) (・*・ etoile ・*・)
'13.11.29 『ゼロ・グラビティ』(試写会)@よみうりホール CheRishで当選! いつもありがとうございます! 見たかったコレー!! 話すと長いので割愛しますが、総勢4名で見てきたー ネタバレありです! 結末にも触れています!! 「宇宙空間で作業中、ロシアが爆破作業...
ゼロ・グラビティ (萬歳楽の酒飲み日記)
公式サイト  http://wwws.warnerbros.co.jp/gravity/#/home 予告編を観て楽しみにしていた作品。 何より、サンドラ・ブロックが主演している作品を見逃す手はない。 今回は、2D・字幕版での鑑賞。 地表から600キロメートルも離れた宇宙で、ミッションを遂行し...
ゼロ・グラビティ(3D日本語吹替版)  監督/アルフォンソ・キュアロン (西京極 紫の館)
【出演】  サンドラ・ブロック (声:深見梨加)  ジョージ・クルーニー(声:小山力也) 【ストーリー】 地表から600キロメートルも離れた宇宙で、ミッションを遂行していたメディカルエンジニアのライアン・ストーン博士とベテラン宇宙飛行士マット・コワルスキー。...
ゼロ・グラビティ (悠雅的生活)
衛星の破片。絶体絶命。神の舟。 
ゼロ・グラビティ (♪HAVE A NICE DAY♪)
宇宙を体験出来そうなので、これは勿論3Dですよね 綺麗だった~~~自分達も宇宙にいるみたい もう~~~、この作品こそ、映画館で!!ですね! でも、綺麗だけど怖いし、サンドラ・ブロックと共に 息苦しい~ そしてまたしても、ドキドキでした。 宇宙飛行士の方...
「ゼロ・グラビティ」(1回目) (或る日の出来事)
この撮影、いったい、どうやっているんだろう!?
ゼロ・グラビティ (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】アルフォンソ・キュアロン 【出演】サンドラ・ブロック/ジョージ・クルーニー 【公開日】2013年 12月13日 【製作】アメリカ 【ストーリー】 地表から60万メートル上空のすべてが完璧な世界。そこで誰もが予測しなかった突発事故が発生。スペー...
映画 『ゼロ・グラビティ』 (向う岸)
allcinema 『ゼロ・グラビティ』 3D字幕版で鑑賞。 スペースシャトルで船外活動中、ロシアが衛星を爆破するが、 その際に発生したデブリが連鎖的に他の衛星を破壊し、 主人公たちにも襲いかかる。 酸素も残り少ない中宇宙空間に放り出され、ISSを目指したり 地球へ....
ゼロ・グラビティ (だらだら無気力ブログ!)
宇宙から見た地球の映像とかは見応えあるなぁ。
ゼロ・グラビティ (シネマ・クレシェンド)
もしも無重力空間に取り残されたら・・・漆黒の宇宙空間を舞台に、地球生還にかけるクルーの壮絶な闘いを描く『ゼロ・グラビティ』監督は『トゥモロー・ワールド』のアルフォンソ ...
ゼロ・グラビティ (2013) GRAVITY 91分 (極私的映画論+α)
 完全なる密室(笑)
「ゼロ・グラビティ」(2D字幕)みた。 (たいむのひとりごと)
当初はIMAX(3D字幕)で鑑賞するつもりでいたけれど、諸事情により2Dで鑑賞。結果として、三半規管の弱い私だけに2Dで良かったと思った。ただでさえ息苦しくなる作品なのに、視覚からも映像に巻き込まれて
生きねば!その2。『ゼロ・グラビティ』 (水曜日のシネマ日記)
事故によって宇宙空間に放り出された科学者の物語です。
『ゼロ・グラビティ』 (こねたみっくす)
宇宙なんて大嫌い。でも私は諦めない! 怖い、とにかく怖い。でも凄い、この溢れんばかりの生きるという勇気が凄い。そして素晴らしい、カメラワーク、演出、キャスティング、音 ...
「ゼロ・グラビティ」:宇宙映画&3D映画の金字塔 (大江戸時夫の東京温度)
映画『ゼロ・グラビティ』は、聞きしに勝る驚異的傑作! 「宇宙映画の最高峰」などと
「ゼロ・グラビティ」☆息苦しさで宇宙体験 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
まさに自分までもが宇宙遊泳しているかのような錯覚に陥る、見事な映像とその臨場感。 息が苦しくて、くるしくて、くるしくて・・・ 宇宙服をはやく脱ぎ捨てたいっ!手に汗握る緊迫したシーンの連続に息も絶え絶え、ホッとする瞬間を期待するラストにはまさかの・・・・
最高の旅~『ゼロ・グラビティ』 【3D・字幕版】 (真紅のthinkingdays)
 GRAVITY  半年間の訓練を経て、スペースシャトルに初搭乗したライアン・ストーン(サ ンドラ・ブロック)は、ベテランの宇宙飛行士で今回が最後の任務となるマット ・コワルスキー(ジョージ・クルーニー)とともに、宇宙船外活動を行っていた。 ...
ゼロ・グラビテイ (はるみのひとり言)
試写会で観せていただきました。(3D 字幕)ロシアが爆発させた衛星の残骸が原因で、宇宙ゴミが大発生。アメリカのスペースシャトルを襲い大破させ、船外で作業中だったストーン博士とマット飛行士が宇宙空間に放り出され、無事帰還出来るかというシンプルなお話です。予告....
ゼロ・グラビティ (ルナのシネマ缶)
2013年の見納めは、この作品! ストーリーは、単純ですが 宇宙空間を漂う感覚を感じられます。 上下左右がなく、なかなか思うように 動きがとれない恐怖が すごく感じられます。 なんちゃって3Dが多い中 久々に3D感が堪能できる作品でした。 地表から600キロ...
ゼロ・グラビティ (ごみつ通信)
Gravity2013年/アメリカ (監)アルフォンソ・キュアロン(演)サンドラ
映画「ゼロ・グラビティ(3D・字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画『ゼロ・グラビティ(3D・字幕版)』(公式)を先日、劇場鑑賞。採点は、★★★★☆(5点満点で4点)。100点満点なら85点にします。 【私の評価基準】(映画用) ・★★★★★  傑作!これを待っていた。Blu-rayで永久保存確定。 ・★★★★☆  秀作!私が...
ゼロ・グラビティ (迷宮映画館)
映画の世界の進歩は、すごい。
ゼロ・グラビティ (ダイターンクラッシュ!!)
2013年12月16日(月) 20:15~ TOHOシネマズ川崎5 料金:1500円(レイトショー+3D料金メガネ持参) パンフレット:未確認 単なる宇宙版「オープン・ウォーター」では無い。 『ゼロ・グラビティ』公式サイト サンドラ・ブロックが何かに激突して、宇宙空間に弾き...
ゼロ・グラビティ (3D字幕版) (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【GRAVITY】 2013/12/13公開 アメリカ 91分監督:アルフォンソ・キュアロン出演:サンドラ・ブロック、ジョージ・クルーニー声の出演:エド・ハリス 宇宙の暗闇を生き抜け [Story]地表から600キロメートルも離れた宇宙で、ミッションを遂行していたメディカルエンジニア...
「ゼロ・グラビティ」 (ここなつ映画レビュー)
映画館で観るべし!大画面でこそ!3Dなら尚良し!との評判だったので、そそられててくてくと映画館へ。時間の関係で2Dだったけど、2Dで充分だった私。3Dなら酔ってたよ、多分。乗り物に酔った事ないからわからないんだけど。ところで酔うと言えば小笠原諸島行き...
『ゼロ・グラビティ』('13初鑑賞108・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 12月22日(日) OSシネマズ ミント神戸 スクリーン5にて 15:50の回を鑑賞。
ゼロ・グラビティ・・・・・評価額1800円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
生きろ。大地を踏みしめるまで。 メキシコの鬼才、アルフォンソ・キュアロン監督の、「トゥモロー・ワールド」以来となる最新作は、地上600キロの宇宙を舞台としたサバイバルサスペンス。 無限に広がる空間に、たった一人取り残される恐怖。 手を伸ばせば届きそうな...
ゼロ・グラビティ (secret boots)
評価点:87点/2013年/アメリカ・イギリス/90分 監督:アルフォンソ・キュアロン 私たちは「重力」なしでは生きられない。 宇宙飛行士たちは船外活動で新たな研究を重ねようとしていた。 計画は順調に進んでいるはずだった。 しかし、そこへ初めて宇宙飛行士...
ゼロ・グラビティ(試写会) GRAVITY (まてぃの徒然映画+雑記)
『127時間』や『リミット』といったワンシチュエーションドラマの発展形で、迫真の宇宙空間が見もの。出演はサンドラ・ブロックとジョージ・クルーニーのほぼ2人だけ。 スペースシャトルで宇宙に行き船外活動をしているときに、ロシアが破壊した人工衛星の破片に襲われ....
ゼロ・グラビティ 3D版 [Gravity] (2013 USA) (エンタメ ウェブロッジ SunHero)
サンドラ・ブロック        ジョージ・クルーニー この冬最大の話題作というフレコミの洋画が「ゼロ・グラビティ」だ。実質アカデミー賞俳優2人(サンドラ・ブロックとジョージ・クルーニー)だけというキャストも確かに特徴的だが、この作品の本当の凄さは無重...
ゼロ・グラビティ (いやいやえん)
君は生きて帰れ。“必ず生還する"と誓うんだ―。 無限の宇宙に取り残された宇宙飛行士が、酸素・重力・生存率《ゼロ》の極限状態に立ち向かうSFサスペンスドラマ。 まずはやはり圧巻の映像!私はDVD鑑賞なので2Dですけれども、それでも宇宙空間の無限の広がり...
映画「ゼロ・グラビティ」レビュー(無重力からの帰還) (翼のインサイト競馬予想)
映画「ゼロ・グラビティ」のブルーレイを見たのでレビュー記事(感想)を書いてみたいと思います
ゼロ・グラビティ (銀幕大帝α)
GRAVITY 2013年 アメリカ 91分 サスペンス/SF 劇場公開(2013/12/13) 監督: アルフォンソ・キュアロン 製作: アルフォンソ・キュアロン 脚本: アルフォンソ・キュアロン 編集: アルフォンソ・キュアロン 出演: サンドラ・ブロック:ライアン・ストーン ...