映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

ファミリー・ツリー

2012年05月31日 | 洋画(12年)
 『ファミリー・ツリー』をTOHOシネマズ渋谷で見てきました。

(1)本作は、『スーパー・チューズデー』で監督・出演したばかりのジョージ・クルーニーの主演作であり、かつアカデミー賞の5部門にノミネートもされましたから、期待して見に出かけたのですが、残念ながら思ったほどではありませんでした。

 原題は「The Descendants」ということで、ハワイのカメハメハ大王の血を引く弁護士の主人公マットジョージ・クルーニー)が、一方で不慮の事故で意識不明のこん睡状態に陥ってしまった妻の世話に当たらなくなるところ(注1)、他方で、先祖から引き継いだ土地の処分をどうするかという問題にも直面しています。

 マットは、妻がそんな状態に陥ってしまったために、まずこれまで仕事に集中して顧みなかった家族の問題にぶち当たります(注2)。
 オアフ島の自宅にマットと一緒に住んでいる次女スコッティは、言葉遣いが乱暴になるは学校で問題を引き起こすは、と荒んできますが(注3)、別のハワイ島の全寮制の高校にいる長女アレックスシャイリーン・ウッドリー)も、アルコール依存症気味ではあるし、またわけのわからないボーイフレンド・シドとも付き合っています。
 母親が重体に陥ったことから長女を家に連れてくると、彼女は、妻が浮気をしていたことをマットに告げてしまいます(注4)。それで、頭に来たマットは、妻の浮気相手スピアーマシュー・リラード)が出向いているというカウアイ島に向かいます。

 そのカウアイ島は、マットが先祖から引き継いでいる広大な土地キプ・ランチがある島で、近く開催される親族会議では、その土地についてマットは自分なりの判断を提示する必要があるのです(親族たちは、売却益のおこぼれに早くあずかろうとしているようです)。

 さあ、マットはスピアーと対決するのでしょうか、また祖先から引き継いでいる土地をどう処分しようとするのでしょうか、……?

 見ている間中、この作品は、御当地映画とどこが違うんだという気がしてなりませんでした。とにかくハワイの3つの島の素晴らしさを観客に見せることに重点が置かれているように思え、映画を見た人は、皆がアロハシャツを着て四六時中ハワイアンが流れているようなハワイに行ってみたくなること必定です(注5)。
 そんな中で、明日をもしれぬ重篤な妻を抱えた主人公のマットなのですが、なぜか、妻を病院に置きっ放しにして(注6)、ハワイ島に行くはカウアイ島に行くはで大活躍です(カウアイ島では、スピアーの探索で探偵まがいのことまでします:注7)。
 加えて、母親の喪失に迫られた子供たちも、確かに荒んだ行動はするものの、決して則は超えず、家族の崩壊というにはほど遠い感じ。
 それに、原題の「The Descendants」ですが、確かに、血の繋がりがなく、おまけに浮気をしてマットとは別れる気でもあった妻はあまり関係はないのかもしれません。とはいえ、余りにも一族の圏外に彼女が置かれ過ぎているのではという感じもしました。

(2)さて、上で申しあげたようにマットは、妻の浮気相手・スピアーを追ってカウアイ島に行った際に、自分が祖先から受け継いでいる広大な土地を見に行きます(注8)。



 そこには自然がそのままで残されているものの、親族の大部分が売却先として適当だと考えている開発業者のホリツァー(注9)に売却してしまえば、その素晴らしい自然は破壊されてしまうでしょう。
 でも、信託期間が7年後には切れてしまうために、いずれは処分せざるを得ないということのようなのです。

 しかしながら、ここら辺りの事柄がどうも理解しがたい感じがするので(「信託期間」?「7年後」?信託期間が終わると?)、ネットで少し調べてみましたら、大変興味深い記事が見つかりました(注10)。
 同記事では、本作の法律面につき助言をしたハワイ法科大学のランダール・ロス教授(ハワイ州の土地信託の権威)の話を伝えているところ、その概要は次のようです。
 「原作では、マットの祖父が亡くなったとき(あるいはそれに類似することが起きたとき)に終了する信託(trust)の取り決めがなされていたとされているが(注11)、それには疑問があるので、脚本では法律的な原則を付け加えた方が良いと助言した。
 すなわち、永久拘束禁止則(the rule against perpetuities)といわれるのがそれで、信託が永遠に続くのを妨げるべく、その上限を設けるものであり、多くの州で立法化されている。
 伝統的には、「lives in being plus 21 years」とされ(注12)、実際には、多くの信託で期間はおよそ100年とされ、本作ではそれが150年に切り上げられている。それで、映画では、あと7年で信託が終了するとされているのだ。
 ただ、映画では触れていないが、その原則を廃止して信託期間が永遠に続くことを認める州が出てきており(注13)、映画の完成後にハワイ州でもそのようになった。
 なお、マットがキプ・ランチの売却を拒否した際の動機については、映画では明確にされていないが、疑問がある。
 というのも、マットは、ただ一人の「受託者(trustee)」として、受益者(beneficiaries)にとって最善の利益をもたらすように行動しなくてはならない義務を負っているのであって、スピアーを窮地に立たせようとして(注14)、あるいは開発業者からの提案が魅力的であると知っていながら、売却を拒否してしまうことは、受託者に与えられている裁量の範囲を逸脱しているのではなかと考えられる。
 ただ、後者についてマットは、先祖は開発よりも保存を望んだだろうと反論するかもしれないが」。

 マットは、先祖から譲られた自然豊かな土地を守ろうとして売却話を拒絶するのですが、ちょっと考えてみると、そんなことをしても最長で7年間しか今の状態を継続できないわけで、その後は信託は精算されますから、相続人達がオーナーとして処分できることになるわけです。
 ソウなった暁には、一括して開発業者に任せる場合よりも事態が悪化してしまう可能性の方が高いのではないでしょうか(注15)?

 マットは、「受託者」として当然負うべき義務を果たさないどころか、自分の権限を振り回して物事を悪い方向に持って行こうとしているだけではないのかと思えてきます。

(3) 以上を要すれば、マットの家庭の崩壊の話それ自体はどこにでも転がっていそうなものであり、もう一つの土地売却の話も映画の中だけでは理解し難しく、その上これら二つがうまく有機的な繋がりをもって描き出されてはいないのではとも思いました(注16)。
 どうしてこの程度の作品でアカデミー賞の5部門にノミネートなのか不思議な気がしたところです。

 それでも、主演のジョージ・クルーニーの演技は素晴らしく、なかでも、妻の浮気を知ってその真相を確かめるべく友人宅に向かってカーブのある道を駆けている姿は、一見の価値があるのではと思いました。



(4)渡まち子氏は、「ジョージ・クルーニーが絶妙の演技をみせる「ファミリー・ツリー」。ほろ苦いドラマだが後味はさわやか」であり、「誰もが欠点を持ち、誰もが完全には正しくない。互いを補いあう家族だからこそ、それでいい。映画全編をそっと包み込む、柔らかなハワイアン・ミュージックがそう告げている」として80点をつけています。




(注1)担当する医師の話によれば、状態は悪化していて、余命は数日、せいぜい数週間とされています。
 さらに、妻は尊厳死を望んでおり、また臓器提供の意思も表明しているとのこと。

(注2)妻の実の父親も、「娘はよく働いていた。だけどお前は、娘に金を使わせなかった。もっと自由に金が使えていたら、そして娘をもっと幸せにしてくれていたら、娘もあんな事故に遭わなくても済んだ」などとマットに愚痴を言います。

(注3)でも、柄の悪い言葉遣いをしたり、おかしな写真を同級生に見せたり、変なメールを送ったりする程度のこと。

(注4)アレックスは、「クリスマスに、ママは男といたんだよ。それでママと喧嘩したの。パパは気が付かなかったよね、仕事ばかりしていたから」と言い放ちます。

(注5)特に、劇場用パンフレットは、マウイ島やカウアイ島の地図付きであり、その他のハワイ情報も満載です!

(注6)妻の浮気の話を知って、昏睡状態で横たわっている妻に向って、「君は大嘘つきだ。私の人生を台無しにしている」などと詰ったりしていますから、マットが病室に籠り切りにならないのも分かりますが、他方で、浮気相手のスピアーに妻のことを知らせて見舞ってもらおうともします。それは、妻が会いたいだろうと思ってのことですから、妻に対する優しい気持もいまだ十分に持ってもいるのです。

(注7)スピアーが滞在しているカウアイ島のコテージの前の生垣からのぞき見をして、スピアーが妻と子供と3人でそこにいることを知ります。

(注8)ハワイの土地制度の歴史については、このサイトの記事によれば次のようです。
 ハワイ王国のカメハメハ3世(治世は1832年~1855年)の時に制定されたマヘレ法(1848年)によって、ハワイの全ての土地は、カメハメハ王と245人の族長の間に分配され、さらに王の領地の大半はハワイ政府の所有する官有地とされ、その結果、王領23.8%、官有地37%、族長領地39.2%という割合になったようです。
 さらに、1850年には、外国人による土地私有も認められたため、法律に強く、ある程度資金もあったハオレ(白人)たちは、対外債務を抱えていたハワイ政府から、格安で王領地や官有地の売却を受け、1862年までにはなんとハワイ全土の75%がハオレの個人所有になったとのこと。

(注9)開発業者ホリツァーの義弟がスピアーで、スピアーが不動産業者であることから、その開発業者に売却すれば、スピアーが土地の売却等を任せられるだろうことも判明してきます。マットは、スピアーが、土地のことから自分の妻に近づいたのではと疑います。

(注10)アメリカの雑誌「Forbes」のネット版に掲載されたDeborah L. Jacobs氏(Forbes Staff )による「George Clooney Makes Estate Planning Sexy」(2012.2.23)。

(注11)原作〔カウイ・ハート・ヘミングス著『ファミリー・ツリー』(堤朝子訳、ヴィレッジブックス)〕によれば、マットの銀行家の曽祖父が、カメハメハ大王最後の直系子孫と結婚して30万エイカーの土地を持つことになり、曽祖父は1920年にそれを信託財産にして亡くなり、それをマット達が受け継いだが、「昨年、父が亡くなり信託期間が終了しました」とのこと(同書P.61~)。

(注12)「信託の存続期間に上限がある。受益者とその相続人の生存期間にプラス21年で私的信託は終わる。その時点で信託は解消され清算されなければならない。これが私的信託の永久拘束禁止則(rule against perpetuity)である」(同志社大学法科大学院教授・藤倉皓一郎氏による「アメリカ法における私と公―公共信託の理論」から)。

(注13)このサイトの記事も、アメリカにおける同じような動きを述べています。

(注14)上記「注9 」を参照。

(注15)ここで引用した「Forbes」の記事においてロス教授は、信託期間が終わると、従兄弟達は土地の共有者(co-owners)になり〔法律用語では「tenancy in common 」〕、それぞれが財産の部分所有者になるものの、それは分割できない持ち分(an undivided interest)であり、反対者が一人でもいたら売却も何もできなくなってしまい、従兄弟達の間で喧嘩騒ぎが引き起こされる可能性がある、と述べています。

(注16)妻が事故に遭遇して昏睡状態になったという事情から親族と会ったりするうちに、マットは売却話に乗らないことを決めますから、あながち二つの話につながりがないわけでもないでしょう。ですが、土地の売却を拒否することがそれほどご大層なこととは思えないところです。




★★★☆☆





象のロケット:ファミリー・ツリー
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (11)   トラックバック (61)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ル・アーヴルの靴みがき | トップ | 私が、生きる肌 »
最近の画像もっと見る

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (yutake☆イヴ)
2012-05-31 14:00:00
こんにちは☆
ご訪問&TBありがとうございます。

私も、TBよろしくお願いします。
Unknown (KLY)
2012-06-01 02:44:17
確かに売却に賛成した親族からしたらマットの行為は裏切り行為で悪い方向に持って行こうとしているように映るでしょうね。ただ土地売却に関しては、私は最初のうちこそ確かに売却そのものの悩みだったのが、妻の浮気相手のボスが売却相手だと解った時点から変わってきていると思うんです。
一つには妻を奪った相手の会社に売りたくないという気持ち。そしてもう一つは妻と同じで一度失ってしまったら二度と元には戻らないものがあるということに遅まきながら気付いたということではないかと。そういう意味で本作は元妻の浮気と死と土地の売却を上手くリンクさせた背景に、父娘の絆の再生を走らせた物語と言えると思います。
お礼 (クマネズミ)
2012-06-01 06:06:32
「yutake☆イヴ」さん、こちらこそよろしくお願いします。
なお、YAHOOの「作品ユーザーレビュー」掲載のレビューを読みましたが、コメントの仕方が分かりません。あるいはできないのでしょうか?
Unknown (クマネズミ)
2012-06-01 06:17:43
KLYさん、TB&コメントをありがとうございます。
おっしゃるように、クマネズミも、「本作は元妻の浮気と死と土地の売却を上手くリンクさせた背景に、父娘の絆の再生を走らせた物語と言える」と思います。
ただ、マットが「妻を奪った相手の会社に売りたくないという気持ち」から売却話を反故にしたとしたら、それはエントリ本文で申し上げましたように(ハワイ法科大学教授のロス教授の見解ですが)、マットの「受託者」としての義務を逸脱する行為ではないか、と思われます。
また、問題の土地の自然は、確かに「一度失ってしまったら二度と元には戻らない」ものであるにせよ、わずか7年後には信託期間が終了するのであり、そうなったら従兄弟達がそれを処分するのは止められないのでは、と思われるところです。
映画の中でも (sakurai)
2012-06-01 08:59:57
とりあえず、今は自分の手においておく。
7年後にはまた同じようなことになるかもしれないけど、この間になんとか、この大地を守る方法を見つけ出す!と。
とにかく、今はこの大地を【とりあえず】守りたい!という思いを貫いた・・と言うことだったように思いました。
当然、先のこと考えたら、付け焼刃なのかもしれませんが、今までの生き方から、なんとかしたい!という気持ちにスライドしたい、と言う表れではなかったかと。
私はそんな風に感じました。
個人の思いは貫けるか (クマネズミ)
2012-06-01 21:38:44
sakuraiさん、TB&コメントをありがとうございます。
確かにおっしゃるように、マットは、「とりあえず、今は自分の手においておく」ということで、売却話を反故にしてしまいました。
そして、信託期間が終了する7年後までに、「なんとか、この大地を守る方法を見つけ出す!」ということなのかもしれません。
ただ、これもエントリ本文で申し上げましたように(同じくハワイ法科大学教授のロス教授の見解ですが)、それはマットの「受託者」としての義務を逸脱するものではないかと思われるところです。
マットは、従兄弟たち受益者が利益を最大限受けることができるようにしか行動できないわけで、原野の自然を守るといったことは、彼に与えられている義務の範囲を超えているのではないのか、と考えられるのですが(そして、その個人の思いを貫こうとしたら、彼の受託者としての地位が危うくなってしまうのではないでしょうか)?
Unknown (映画頭巾)
2012-06-01 21:48:10
お久しぶりです。個人的にはあまりしっくりこないところが多くありましたが、それは別にちゃんと「温度」のある映画で、家族が並んで歩くところは家族という切れない縁を象徴するかのようで素晴らしかったと思います。
かなり好き嫌いが分かれる映画ではありましたが、「アバウト・シュミット」的な自分のきた道を静かに振り返り、希望を浮かび上がらせる姿は観ているこちらも励まされました。
嫌いな映画なのですが (クマネズミ)
2012-06-03 07:13:39
「映画頭巾」さん、コメントをありがとうございます。
ただ、クマネズミとしては、エントリ本文の(3)で申し上げていますが、ジョージ・クルーニーの演技は目を瞠るものの、どうしてこの程度の作品でアカデミー賞の5部門にノミネートなのか不思議な気がしたところです。
特に、「家族が並んで歩くところは家族という切れない縁を象徴するかのよう」とありますが、離婚しようとしていたとはいえ、そして死んでしまったとはいえ、マットの妻がそこから殊更めいて排除されている感じを受けて、あまり好きになれませんでした。
Unknown (映画頭巾)
2012-06-05 18:36:09
マットの妻がそこから殊更めいて排除されている感じ、というのは観ている途中も僕は感じました。
しかし、あとから気がついたのですが、ラストの印象的な長回しのシーンで、3人が足にかけている「ハワイアンキルト」という布は、ハワイでは先祖代々受け継いでいっているもので、
マットの妻も、病院でかけていました。
そういった点では、マットの妻の存在を感じるような気がします。
Unknown (ふじき78)
2012-09-23 05:46:24
♪私のベッドの前で泣かないでください。そこには私はいません。眠ってなんかいません

という訳で、ずっと一緒にいようとしないのはそんな気にはならなかったんですが、妻の為に浮気相手を呼んであげようと言う優しさが、別の相手を呼んでしまって、それはそこにいないとは言え、妻の立場としてどうなの、とは思いました。

全体、私は全然楽しめました。

アカデミー賞は映画製作者組合の人気投票みたいなもんだから、選ばれる映画は割と怪しいと思ってます。
怪しいアカデミー賞 (クマネズミ)
2012-09-24 04:57:09
「ふじき78」さん、TB&コメントをありがとうございます。
本作については、「信託期間が7年後には切れてしまう」
ことの意味がよく理解できなかったことと、妻の排除に疑
問を感じたことのため、余り楽しめませんでした。
なお、こうした御当地映画のような作品でも、アカデミー賞
にノミネートされるのですから、おっしゃるように、同賞はと
ても「怪しい」のでしょう!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

61 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ファミリー・ツリー (あーうぃ だにぇっと)
ファミリー・ツリー@有楽町朝日ホール
劇場鑑賞「ファミリー・ツリー」 (日々“是”精進! ver.F)
家族の大切さを、知る… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201205180003/ ファミリー・ツリー オリジナル・サウンドトラックケオラ・ビーマー サントラ ギ...
ファミリー・ツリー (映画感想メモ)
ハワイに住んだって、どこに住んだって悩みはあるものです。 いい加減あらすじ 主人
『ファミリー・ツリー』 ささいな違いが大違い (映画のブログ)
 『マイレージ、マイライフ』と同様なことが、またしても起きている。  『マイレージ、マイライフ』の公開に際して興味深いと思ったのは、日米のポスターの違いだった。  日本のポスターは、主要な登場...
守るべきもの~『ファミリー・ツリー』 (真紅のthinkingdays)
 THE DESCENDANTS  ハワイ・オアフ島に住む弁護士のマット・キング(ジョージ・クルーニー)は、カメ ハメハ大王の末裔。祖先の残したカウアイ島の広大な土地を、売却するか否か の決断を...
映画レビュー「ファミリー・ツリー」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
ファミリー・ツリー オリジナル・サウンドトラッククチコミを見る◆プチレビュー◆ジョージ・クルーニーが絶妙の演技をみせる「ファミリー・ツリー」。ほろ苦いドラマだが後味はさ ...
『ファミリー・ツリー』 2012年5月8日 朝日ホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ファミリー・ツリー』 を試写会で鑑賞しました。 かなり我が家と近いんだけど、なんだろう共感することがないな 何が違うんだろうか 会場が悪いのかも(笑) 椅子は座り心地悪いし、スクリーン遠くて小さいし・・・ (試写会なんで贅沢は言えない) 【ストーリー】 ...
ファミリー・ツリー/The Descendants (LOVE Cinemas 調布)
ジョージ・クルーニーが悩める父親を演じ、第84回アカデミー賞主演男優賞にノミネートされたヒューマンドラマ。妻が植物状態になり、残された娘2人との接し方に悩みつつも家族の絆を取り戻してゆく姿をユーモアたっぷりに描く。2人の娘をシャイリーン・ウッドリー、...
知らぬが仏。『ファミリー・ツリー』 (水曜日のシネマ日記)
ハワイを舞台に家族崩壊の危機に直面したある一家の再生を描いた作品です。
『ファミリー・ツリー』 (こねたみっくす)
男の強さは「守ること」にあり。 楽園と謳われるハワイで事故により植物状態になった妻、反抗的な態度ばかり取る娘たち、一族の土地を売却する問題、そして妻が浮気をしていたと ...
ファミリー・ツリー/ジョージ・クルーニー (カノンな日々)
『サイドウェイ』のアレクサンダー・ペイン監督がハリウッドの名優ジョージ・クルーニーとタッグを組んだ7年ぶりとなる作品です。第84回アカデミー賞ではジョージ・クルーニーがオ ...
ファミリー・ツリー (風に吹かれて)
アロハダメオヤジのクルーニー公式サイト http://www.foxmovies.jp/familytree原作: ファミリー・ツリー (カウイ・ハート・ヘミングス著/ヴイレッジブックス)監督: アレ
「ファミリー・ツリー」辛い時のハワイアン (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
妻が危篤、おまけに浮気をしていたと娘の口から聞かされる。 こんな辛い話なのに、全編に流れる呑気なハワイアンが、なぜか心を和ませる。
ファミリー・ツリー /THE DESCENDANTS (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click ゴールデン・グローブ賞作品賞&主演男優賞受賞 アカデミー賞作品賞ノミネート9作のうちの1本 (公開が最後となる、あと1本は来月公開のアレンの「ミッドナイト・イン・パリ」) 主演はジョージ・ク...
ファミリー・ツリー/THE DESCENDANTS (いい加減社長の映画日記)
アカデミー賞にノミネートされてたし、ジョージ・クルーニーは、好きな俳優だから・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 ハワイ・オアフ島で生まれ育った弁護士のマットは、妻と二人の娘たちと何不自由なく暮らしていた。 カメハメハ大王の血を引く彼は、祖先か...
『ファミリー・ツリー』 (ラムの大通り)
(英題:Descendants) ----この映画も、今年のアカデミー賞を賑わせた一本だよね。 なんとなく地味なドラマのイメージがあったけど。 「本命と言われた2本、 『アーティスト』や『ヒューゴの不思議な発明』 がユニークな作品だったからね。 そんな中にあって、 この映画...
ファミリー・ツリー (佐藤秀の徒然幻視録)
永遠より地上に 公式サイト。原題:The Descendants(末裔たち)。アレクサンダー・ペイン監督、ジョージ・クルーニー、シャイリーン・ウッドリー、アマラ・ミラー、ボー・ブリッジス、ロ ...
映画 「ファミリー・ツリー」 (ようこそMr.G)
映画 「ファミリー・ツリー」
ファミリー・ツリー   THE DESCENDANTS (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
仕事中毒だった夫が今まで放置していた子育てと向き合う。何よりもいいのが、ハワイの自然とふりそそぐ太陽だ。住んでみれば都会も田舎も同じになってしまうけど、物語が進むに連れて恵まれた自然の中で暮らしていることに気がつく。ハワイに行きたくなる映画だ。
映画『ファミリー・ツリー』★やっと「楽園」で成長できた男の樹 (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
    作品について http://cinema.pia.co.jp/title/157552/ ↑あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。       映画レビューです。(ネタバレ表示) http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tye...
アレクサンダー・ペイン監督『ファミリー・ツリー』(The Descendants) (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞、ラストに触れています。「サイドウェイ」以来7年ぶりとなるアレクサンダー・ペイン監督作品『ファミリー・ツリー』主演は本作で第84回アカデミー賞主演男優賞にノミネートされたジョージ・クルー
ファミリー・ツリー (新・映画鑑賞★日記・・・)
【THE DESCENDANTS】 2012/05/18公開 アメリカ 115分監督:アレクサンダー・ペイン出演:ジョージ・クルーニー、シャイリーン・ウッドリー、アマラ・ミラー、ニック・クラウス、ボー・ブリッジス、ロバート・フォスター、ジュディ・グリア、マシュー・リラード、メアリ....
『ファミリー・ツリー』 ここほど過酷な世界はない・・・ (コナのシネマ・ホリデー)
“末裔たち”という名の原題通り、カメハメハ大王の末裔を演じたG・クルーニー。人生最大の過酷な事態にダサ男ぶりを発揮。笑って泣ける感動の物語。A・ペイン監督は、今年のカンヌ国際映画祭の審査員。
ファミリー・ツリー・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
人生の楽園は、どこにある? 常夏の島、ハワイを舞台に「サイドウェイズ」のアレクサンダー・ペイン監督が、ジョージ・クルーニーを主演に迎えて描く悲喜交々の人生劇場。 突然の妻の事故を切っ掛けに自ら...
「ファミリー・ツリー」 (元・副会長のCinema Days)
 (原題:THE DESCENDANTS )舞台設定というものが映画にとっていかに大事か、改めて思い知らされた作品である。本作の物語が展開する場所はハワイだ。風光明媚で気候は温暖。老いも若きもアロハシャツとショートパンツに身を包み、ゆっくりと流れる時間をマイペースに....
「ファミリー・ツリー」 雨降って地固まる (はらやんの映画徒然草)
主人公マット(ジョージ・クルーニー)はハワイ在住の不動産専門の弁護士です。 妻、
ファミリー・ツリー  (♪HAVE A NICE DAY♪)
いや~良かったわぁ~ 重い内容だけど・・・ 前半・・・・。ゆったりとした音楽と疲れのせいか・・・ 久々、睡魔との戦い!をして少し負けた! ネタバレしてます マット(ジョージ・クルーニー)はボートの事故で妻が昏睡状態になってしまう・・・。 妻の希望も...
ファミリー・ツリ―(2011)*THE DESCENDANTS (銅版画制作の日々)
 ハワイに暮らしていても人生は<楽>じゃない! 好き度:+8点=68点 久しぶりに東宝シネマズ二条へ、、、。 ジョージ・クル―ニ―、2度目のオスカーノミネートでしたが、残念ながら今回も叶わず。 ジョージ、51歳。そうかそれでいくと現実的に父親であっても...
『ファミリー・ツリー』 ('12・初鑑賞57・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 5月19日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター5にて 13:35の回を鑑賞。
ファミリー・ツリー (そーれりぽーと)
ジョージ・クルーニー兄貴が父親役を演じる『ファミリー・ツリー』を観てきました。 ★★★★★ 命の尊厳と、残される家族と、家族の話。 家庭は当然愛するけれど、むしゃらに働く事しか出来ない不器用さで家族との絆が逆に薄れてしまいがちになってしまっていた男が主...
ファミリー・ツリー / The Descendants (勝手に映画評)
第69回ゴールデングローブ賞で作品賞 (ドラマ部門)と主演男優賞 (ドラマ部門)を受賞。第84回アカデミー賞では、作品賞・主演男優賞・監督賞・編集賞にノミネート、脚色賞を受賞。 何か、物凄くドラマがあって、急転直下と言う物語では無いですが、バラバラになっていた一...
映画:ファミリー・ツリーThe Descendants ハワイの偉大な「癒しパワー」にひたすらひれ伏す。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
クルーニー演じる主人公が冒頭でぼやく。 「ハワイ暮らしはパラダイスだろうって、皆言うけど」と。 確かに展開されるプロットは、「死」「相続」「不倫」「家族不和」etc...憂鬱なものばかり。 「人生そういうもんだよね」と自分を納得させつつ、物語が進んでいく。 ...
映画「ファミリー・ツリー」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「ファミリー・ツリー」観に行ってきました。ハワイ諸島を舞台に繰り広げられる、ジョージ・クルーニー主演の人間ドラマ作品。今作で主演を演じていたジョージ・クルーニーは、...
『ファミリー・ツリー』・・・つまり妻の浮気に決着をつける復讐劇? (SOARのパストラーレ♪)
青い海、白砂のビーチ、緑豊かな大自然。笑顔で暮らす人々の優しさや寛大さ、アロハスピリット。ゆったりと流れるハワイアンミュージック・・・。 そうした要素それぞれが持つ高いヒーリング効果。ハワイという地には傷ついた心を癒し、あるいは壊れかけた人間関係をも修...
ファミリー・ツリー (とりあえず、コメントです)
ハワイを舞台に家族の再生を描いたジョージ・クルーニー主演のヒューマンドラマです。 アカデミー賞でも話題になっていたので、公開を楽しみにしていました。 家族に振り回されるジョージ・クルーニーに共感しながら、行く末を見つめていました。
ファミリー・ツリー (心のままに映画の風景)
オアフ島に暮らす弁護士のマット・キング(ジョージ・クルーニー)は、カメハメハ大王の末裔で、カウアイ島に先祖から受け継いだ広大な原野を所有していた。 土地の売却問題で、一族のまとめ役を努めてい...
ファミリー・ツリー (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(10) こんなにシンプルで観やすい映画とは思わなかった。
ファミリー・ツリー (映画三昧、活字中毒)
■ 試写会にて鑑賞ファミリー・ツリー/THE DESCENDANTS 2011年/アメリカ/115分 監督: アレクサンダー・ペイン 出演: ジョージ・クルーニー/シェイリーン・ウッドリー/アマラ・ミラー/ニック・クラ...
ファミリー・ツリー 家族の絆の脆さと強さ (労組書記長社労士のブログ)
【=21 -1-】 金環日食、雨にならなくて良かったね~見れたね~すごかったね~俺たちってもう次がないもんね~!(泣) しかしスマフォでは上手く撮影は出来ないよ~。 で、この映画、試写会当たったのに仕事で行けなくて、妻と次女が行ってきたが感想がちょっと微妙やっ...
ファミリー・ツリー (迷宮映画館)
ハワイの陽光は燦々とではなかった・・
そして、続いていく『ファミリー・ツリー』 (Healing )
ファミリー・ツリー ★★★★★ ハワイそのものが悲しみをいやす大きな存在 アカデミー賞関連では、遅めの公開ですが、いよいよ登場。待ってました! 今年、最大級のいやしとカタルシスに出会えました。 ハワイの大自然。海や砂浜、山々、緑茂った木々、小川の清流… そし...
★ファミリー・ツリー(2011)★ (Cinema Collection 2)
THE DESCENDANTS <原題のTHE DESCENDANTSは、子孫、末裔> ハワイに暮らしていても 人生は<楽>じゃない! 上映時間 115分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(FOX) 初公開年月 2012/05/18 ジャンル ドラマ/コメディ 映倫 G 【解説】 ジョージ・クルー....
ハワイも日常 (笑う社会人の生活)
20日のことですが、映画「ファミリー・ツリー」を鑑賞しました。 妻、娘2人と何不自由なく暮らしている弁護士のマット しかし 妻がボート事故で昏睡状態に陥ってしまう さらに、祖先からの土地売却問題、そして 妻の浮気が発覚して… マットの成長ドラマともいえ 娘との...
ファミリー・ツリー  The Descendants (映画の話でコーヒーブレイク)
原題の「The Descendants」は「子孫、末裔」の意味。 ジョージ・クルーニー演じる一家はハワイ王家の末裔という設定です。 カメハメハ大王の末裔って・・・本当にいらっしゃるの?        *********************             ...
[映画『ファミリー・ツリー』を観た(短信)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆これまた面白い。  私、今年はジョージ・クルーニーに魅かれっぱなしになっちゃうのかな?    ◇  仕事一筋に生きてきた弁護士のマットが、妻のボート事故による脳死状態を前にし、家族について真摯に考えなくてはならなくなる。  目の前には、反抗期の長女、...
『ファミリー・ツリー』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ファミリー・ツリー」 □監督・脚本 アレクサンダー・ペイン □脚本 ナット・ファクソン、ジム・ラッシュ □原作 カウイ・ハート・ヘミングス □キャスト ジョージ・クルーニー、シャイリーン・ウッドリー、アマラ・ミラー、    ...
■ファミリー・ツリー (しんちゃんの徒然なる映画日記)
第265回「なんだろう・・・この心地よい感じは?」 それにしても、ここのところ私好みの映画が無いなぁ・・・と思っていました。そして今週も決して私好みの映画ではありません。ただ好きな俳優さんが主演し、ゴールデングローブで主演男優賞を獲った作品だった。その...
ファミリー・ツリー (Memoirs_of_dai)
キスでの仕返し 【Story】 マット(ジョージ・クルーニー)は、妻と2人の娘と共にハワイで暮らしていた。ところがある日、妻がボート事故に遭い、そのまま昏睡状態に。それを機に、妻が彼と離婚するつ...
ファミリー・ツリー (ハリウッド映画 LOVE)
原題:The Descendants監督:アレクサンダー・ペイン出演:ジョージ・クルーニー、シャイリーン・ウッドリー、アマラ・ミラー、ニック・クラウス、ボー・ブリッジス、ジュディ・グリアたわいもない父親役のジョージ・クルーニーが魅力!
ファミリー・ツリー (こんな映画見ました~)
『ファミリー・ツリー』---THE DESCENDANTS---2011年(アメリカ)監督:アレクサンダー・ペイン 出演:ジョージ・クルーニー、シャイリーン・ウッドリー、アマラ・ミラー 、ニック・クラウス 、ボー・ブリッジス 、ロバート・フォスター 、ジュディ・グリア 、マ...
「ファミリー・ツリー」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「The Descendants」 2011 USA マット・キングに「ラスト・ターゲット/2010」のジョージ・クルーニー。 長女アレクサンドラにシャイリーン・ウッドリー。 次女スコッテイにアマラ・ミラー。 アレクサンドラのボーイ・フレンド、シドにニック・クラウス。 妻エリザ...
『ファミリー・ツリー』(試写会) (・*・ etoile ・*・)
'12.05.08 『ファミリー・ツリー』試写会@朝日ホール rose_chocolatさんからのお誘い。気になっていたので、よろこんで行ってきたー♪ *ネタバレありです! 「ハワイで弁護士をしているマット。カメハメハ大王に繋がる先祖から引き継いだ広大な土地の信託管理も任され...
ファミリー・ツリー      評価★★★★85点 (パピとママ映画のblog)
アレクサンダー・ペイン監督が「サイドウェイ」以来7年ぶりにメガホンを取り、第84回アカデミー賞脚色賞を受賞した人間ドラマ。妻が意識不明の状態になった男が、初めて知る家族の絆の意味を描く感動編。 あらすじ:この世の楽園といわれるハワイのオアフ島に住む弁護...
ファミリー・ツリー (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
ファミリー・ツリー '11:米 ◆原題:THE DESCENDANTS ◆監督:アレクサンダー・ペイン「サイドウェイ」「パリ、ジュテーム」 ◆出演:ジョージ・クルーニー、シャイリーン・ウッドリー、アマラ・ミラー、ボー・ブリッジス、ロバート・フォスター、ジュディー・グリア、...
『ファミリーツリー』『ヘルプ』を早稲田松竹で観て、ええ組み合わせやね、ふじき。★★★★,★★★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
◆『ファミリーツリー』 五つ星評価で【★★★★ええ話やった】 妻にまかせっきりにしてた家族を妻の事故により 夫ジョージ・クルーニが否応なしに取り返していく映画。 な ...
「ファミリー・ツリー」お父さんだって頑張れる (風貴(カサキ)の映画大好き!)
今年の鑑賞履歴は順調だけど、投稿の方は手抜き加減で、ここのところ放置状態だというのに 何故か来場者は一生懸命投稿していた時より多い。 こまめにアップ回数を増やすという定石とはかけ離れ 不思議なものだ。 ジョージ・クルーニー主演の映画も定石とは違い、 ...
映画『ファミリー・ツリー』 を観て (kintyre's Diary 新館)
12-44.ファミリー・ツリー■原題:The Dedcendants■製作年・国:2011年、アメリカ■上映時間:115分■字幕:林完治■観賞日:5月27日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷)□監督・脚本・製作:アレクサンダー・ペイン□脚本:ナット・ファクソン、ジム・ラッシュ◆ジョー...
映画「ファミリー・ツリー」 感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog@FC2)
映画『ファミリー・ツリー』(公式)を本日のTOHOシネマズデーに劇場鑑賞。 採点は、★★★★☆(5点満点で4点)。100点満点なら70点にします。 ざっくりストーリー 弁護士の仕事に明け暮れ...
ファミリー・ツリー (いやいやえん)
現実1:妻がこん睡状態、浮気をしていて離婚を考えてもいたらしい 現実2:先祖から受け継いだ広大な土地の売却問題 現実3:娘たちの取り扱い 家族ドラマでありながらも、先祖代々受け継いだ(カメハメハ大王の子孫らしい)土地の売却問題から、そのルーツさえ辿...
ファミリー・ツリー (タケヤと愉快な仲間達)
【あらすじ】 マット(ジョージ・クルーニー)は、妻と2人の娘と共にハワイで暮らしていた。ところがある日、妻がボートの事故に遭い、そのまま昏睡状態となってしまう。それをきっかけに、妻が彼と離婚するつもりだったことや、そのことを長女(シャイリーン・ウッドリー...
ファミリーツリー (Akira's VOICE)
舞台がハワイだからこそ成立している映画。