晴耕雨読で住まいを造ろう

都会を離れ農的暮らしをしながら、日々住まいについて考え、家造りを家族と共にDIYで実現させた日記・・その後

久々にペンキ屋さん

2017年05月21日 |  塗装、内装仕上工事
この処、夏のような日が続いている。 だから菜園や庭に水遣りの日が多くなってきている。

そこで、前から気になっていた、破風板(建物の妻側屋根端部にある幅広の板)の塗装をすることにした。
兵庫県は、北西の風が多く、どうしても西側の破風板が痛みやすい。
2013年の6月に、外壁の塗り替えを一緒に塗替えもしたのだけど、すでにペロリと剥がれてきたのが気になっていた。

参考記事:外壁塗装工事が完了!

今日はとりあえず朝から西側のみの塗装を済ませたところでお昼。
やはり暑くなってきたね~。午後からは仕事する気が無くなった。
剥げ落ちたところをスクレーパー(ケレン道具)で擦り、刷毛でゴミや埃を掃除


ケレンしたところをタッチアップ(塗重ねるために)したり、上の画像のように細かい部分や塗りにくい部分を、小さな刷毛で先に塗り終えておく。これは塗装の重要なテクニック。塗りやすい処から塗ると、仕上りが汚くなります。


最後に幅の広い刷毛に塗料を含ませ、塗料が垂れないように塗り広げる。刷毛を動かすと分るのだが、スーッと動く範囲から、引っかかる、あるいは刷毛の動きが重くなる微妙な範囲だけを、刷毛むらの出ないように塗り重ねて移動する。私は右利きなので、左から右へ移動しています。

塗装工事って、簡単そうに思う人もいるようだけど、意外と技能が必要なんですよ。(なんでもそうだけどね)


それにしても、今は外部用でも水性塗料が多くなったので、素人でも使い勝手が良くなりました。
ただし、耐候性はやや落ちるように思えるので、あまり水で薄めないのが良いようです。かといって、そのまま缶を開けた状態では塗り難いのも現実で、その辺の微妙な加減が必要ですね。

あと、周辺部の養生も大切です。絶対ペンキの滴をポトリと落とすからね。

明日は東側の塗装を済ませる予定。

目で見てわかる塗装作業 (Visual Books)
クリエーター情報なし
日刊工業新聞社
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

何事も、少しづつの積み重ねが大切

2017年05月17日 | 野良仕事や日々の生活
春になると(初夏なんだけど)、冬とは異なり草が良く伸びる。
今年になって既に二回目の草刈りを済ませた。部分的に刈り残し(樹木や井戸枠の周り)があるので、近いうちに済ませないとね。
庭の手入れもそう。今は妻が、あっちの花をこっちへとか、植え替えをしたりしている。
ほとんど妻任せだが、若木の移動などは力作業になるので私がやっている。
今朝、写真に撮ってみたら、けっこういい感じ。



ま、こう言うのを 自画自賛 と言うのだけどね。

ともかく、畑も庭も、それなりの美しさを維持しようとすると、草取りや移植、種蒔きなど、毎日の小さな作業が大事です。
花壇の縁石として使っている丸い石も、たまに行く海辺で拾ってきたもの。
小さな石でも、貫くのが意志です・・なんてね。


たまに、放置しておいて良かった例も、無きにしも非ず。例えば、


イタリアンパセリを一鉢買ったのは3年ほど前だったと思う。食べきれずに放置したら、花が咲き、種子が地面に落ちて、今年はあちこちから芽がふいた。一部を鉢植えにして、友人が来たら持って帰ってもらおうと思っている。

ナチュラルガーデニング2017 (学研インテリアムック)
クリエーター情報なし
学研プラス
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

とりあえず獣対策を

2017年05月10日 | 野良仕事や日々の生活
ということで、早速am͜a͉zonへ注文して、届くとすぐに畑に設置してみた。
画像の右上にある、短いポールの上に乗ったカメラのような黒いものがそう。


手前左は、荒らされたジャガイモの葉っぱの、生きていそうなものにだけ土寄せをしておいたら、一部は再生した様子。
もっとも、芋として実るには・・どうかな?

この獣撃退器は、ピカッと光るフラッシュライトと、通常人間には聞こえにくい周波数域の音を発生するらしい。
もちろん赤外線センサーが付いていているので、生き物にしか反応せず、草木が風で揺れたからといってピカッと光るわけではない。
ただし、音は分らない。(老化した私の耳には聞こえない)
乳幼児などには聞こえる場合もあるそうなので、扱いには注意しなさいと説明書にあった。

確かに、その後は現れていない様子だが、ただ食い物が無くなったことを知っているのかもしれないし、別な場所を彷徨しているのかもしれない。

電源は、本体の上部に付いたソーラーで供給する。
屋外灯の例からしても、3~4年くらいは作動すると思う。

モグラに効果のある撃退器もある。

【 電気代 0円 】 取付 簡単 ネズミ もぐら 対策 広範囲 音波 振動 ソーラー パネル 搭載 電池 ECO 庭 MI-NIWABAN
クリエーター情報なし
I.T outlet


コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

菜園の災難

2017年05月06日 | 野良仕事や日々の生活
追肥と土寄せも済ませたジャガイモの畝(上の畑)。だいぶ葉も茂ってきて、昨年の長雨による失敗を、ばん回できるかと思いきや、今年初めて獣の被害に会いました。




たぶん、イノブタだと思います。10年ほど前には別な場所で収穫直前のスイカを食べられたことがありますが、あれは別の場所の事件。ここへ来て、数年前から出没する話は近所の方から聞く程度で、我が菜園は山に近くないので、大丈夫と思ってました。

でも年々電気柵とかワイヤーメッシュによるフェンスなどの設置を近所の畑で多く見るようになって、被害が大きくなってきているのかな~と、ぼんやり思う程度でした。

何の対策も取らなかった私が悪いのですが、これからは、そうもいかないので・・

なにか対策を考えましょう。

奴らにも、好みの食べ物があり、イノブタは芋類やスイカの類が好きなようです。
同じ畑で育っている、アスパラ、そら豆、玉葱などには手を付けていませんでした。しかし玉ねぎは少し踏み荒らされているので、やはり問題です。

電気(ショック)柵の設置は、以前仕事に出かけていた 花さじき で経験していますし、効果はあります。でも個人が設置するには、かなりの投資が必要になり、家庭菜園者としては、ちょっと辛いものがあります。それと菜園者などの畑への出入りも面倒になります。フェンスの類も同じこと。

そこで考えたのは、次のようなもの。

【2016の最新バージョン】猫よけ AngLink 動物撃退器 猫 対策 退治 駆除 ソーラー式 防水 超音波とLED強力フラッシュ 害獣 害鳥 犬ネズミ カラス コウモリ 狐アライグマハクビシンげっ歯類などに対応
クリエーター情報なし
AngLink


実は、上の畑は溜池に隣接していて、小さいながらも毎年カモが子育てにきますし、サギがえさ場として利用しているようですので、これらを撃退したくない。
このソーラー式は指向性があるようなので、池を背にして畑側にフラッシュライトのようなものを当てれば、カモたちには迷惑にならないかも・・と考えます。価格も無理しない価格だし。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メルアドの話の続き

2017年05月04日 | パソコン & SketchUp
 迷惑メールが激減したのはありがたいことです。
そこで、少しメルアドのことを少しばかり(何のためにもならないけど)考えてみました。

結論から先に言います。

インターネットも携帯電話も利用するなら、メールアドレスは Gmail(フリーメール アドレス)が良い。
(個人の感想です)


ネット接続会社のメールアドレスを使うと、後日メルアドを変更するときに手間がかかるのを実感しました。
携帯キャリアのメルアドも同様です。(妻が苦労していたのを見ると)

ただしメールアドレスがないと、何も始まらないのも事実です。
そこでフリーメールアドレスを利用すればという話になるのですが、一部のフリーメールアドレスは、正直言って信頼度が低い(どこのフリーメールとは言いませんが)。 私が今まで使った経験から言うと、Gmail は信頼できると思います。 Gmailで迷惑メールを受信したことは、今のところありません(使用先が限定されているせいもありますが)。

携帯電話は、本体も進化しますし、料金下げ競争もますます激しくなっていくでしょうから、携帯のキャリアの変更は、使用始めて2年前後に発生する確率は大です。まあ、ミカカさんが好きだとか、白いワンチャンが好きだとか、好みが強い人には関係ありませんが、私のように少しでも低料金が良い(大部分はそうでしょう)と思えば、必ずや乗り換え、買い替えはやってきます。

その時に、またアカウントの変更が伴うのなら、ここはやはり、Gmail 一本にまとめておくとだと思います。

今どきWindowsパソコンで Outlook を使う人は限られていると思われますが、メーラー(メール用のアプリケーション)は複数のメルアドを登録できます。 プロバイダーやキャリアの都合でメルアドを新しく得たなら、Gmail も追加しておいて、こちらをメインのメルアドにして、あちこちのサイトのアカウント設定をされた方が良いように思えます。
私の例では、いつまでも遅いNTTのADSLから、地元のケールブルにネット接続を変更しました。当然、メルアドが変わりました。
それで散々苦労したわけです。 今更ですが、妻のメルアドのために別途料金を支払っています。 もし妻が Gmail のフリーメールアドレスを得たなら、その別途料金も必要なかったわけです。
(肝の小さい亭主と思われたくありませんが、年間6Kかかります)


でも、移住夫婦としては、ここでいつまでも元気に生活して居るかどうか・・(そのつもりはあるのですが)
もしも、交通サービス、医療サービスのために都会へ戻るとなったら、また同じ苦労をすることになります。
もっとも、そんな年まで、頭も体も動かすことができるかどうかわかりませんが・・ね。


はじめてのGmail入門Windows10/8/7/iOS/Android対応 (BASIC MASTER SERIES)
クリエーター情報なし
秀和システム
コメント
この記事をはてなブックマークに追加