Rain or Shine~メイおばさんの宝箱

雨が降れば虹が出る、晴れた空には光が躍る。
雨でも晴れでも歩きましょう!
世界のどこかから、あなたへ贈るメッセージ

墓地を歩く@アレキサンドリア

2017-07-31 06:56:01 | ワシントンDC
予想された暴風雨、けれども結局は来なかった暴風雨のために
予約していた便がキャンセルになって
ようやく取れた火曜日の便。

ぽこっと空いた時間が3日もできてしまいました。
考えようによればそれもまた
もう少し今いる所でのんびりしなさいよ、と言う
神様からの贈り物。

ありがとうございます、とばかりにその贈り物をいただいて
今日は二人でご近所のある所を歩きました。
それがそこにあるのは知っていましたが
こんな風にいくつもの箇所で足を止めながら
ゆっくりと歩いたのは初めてのことでした。

ここは「National Cemetery」
国の墓地です。


19世紀半ば、新しい国家の建設を胸に
南北戦争で命を落としたたくさんの兵士たちのための墓地でしたが
いまでは4千名もの一般市民たちが永眠する場にもなりました。
最近お亡くなりになった方々のものもあります。


日本のそれとはまた趣が異なります。
お花を飾る場所もありません。
もちろんお線香を置く場所もありませんから
煙が漂うこともありません。
一言で言えば、あっけらかんとしています。


墓石はほとんどが同じもので
日本のようにそれぞれの遺族の思いが伝わって来るような
ものではありません。

それでも鳥の声しか聞こえないような
人の気配さえないような場所で
突然こんな新旧の風景に出会ったりもします。


心が揺さぶられます。

どうぞ良い一日をお過ごしくださいね。
ランキングの方もどうぞよろしくお願い致します。       ↓
       ↓
ライフスタイル ブログランキングへ

海外旅行 ブログランキングへ

―――――――――――――――――――
「メイおばさんの料理帖」はこちらです。
よろしかったらどうぞ覗いてみてくださいね。
7月30日:水辺のレストランで三世代ランチ
7月29日:スモークサーモンの変身
http://blog.goo.ne.jp/mayobasan

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

桜満開ワシントンの思い出

2017-04-02 22:21:30 | ワシントンDC
「桜満開ワシントン」というタイトルでこのブログに書いたのは
一年前、昨年の3月27日のこと。

去年の春はワシントンDCにいたのです。
日本と同じように桜情報が飛び交って
人々の足取りを軽く、心も軽くして
ピンク一色の世界へと誘う季節です。

DC暮らしを始める前は
桜=日本とばかり思っていたのに
アメリカの首都ワシントンもまた桜の町でした。

ここの桜たちは
100年以上も前の1912年に
当時の東京市から寄贈された3千本もの桜たちの子孫です。


特設ステージでは日本の歌や踊りなども披露され
人々は足を止め、桜の下で写真を撮りあいます。


昨年3月最後の土曜日、26日には青空とお日様に恵まれたこともあって
なんと70万人ものワシントニアン(ワシントンっ子)たちが
お花見に繰り出しました。

そんな華やかな賑わいとは対照的に
ワシントン記念塔を取り巻く星条旗も



町なかの政府機関のいつもは旗竿のてっぺんで
威風堂々と赤と白のストライプを風になびかせている星条旗も

途中で止まっていました。

直前に起こったブリュッセルでのテロの犠牲者に弔意を表すための半旗でした。
そう、私たちもあの時ブリュッセルの空港にいたのです。
そして間一髪であのテロから免れたのです。

そんなことを思い出しながらペンシルベニア通りに出てみれば
大きな白い文字がひときわ目を引いていました。


ホワイトハウスと国会議事堂の間の
アメリカの首都140年もの歴史を持つ美しい建物
「Old Post Office」(郵便局)が
263室の優雅で豪華なホテルに変身しようとしていたのです。

新しい名称は「Trump International Hotel Washington DC」。
今や良くも悪くも話題を振りまいているトランプ大統領が所有する建物のひとつです。

あの桜の季節から10か月後の今年の1月20日
自身の所有する建物が建つペンシルベニア通りを
国会議事堂からホワイトハウスまで
新大統領の就任パレードが行われました。

つくづく人生はドラマだと思います。
ただし、粗筋も脚本も書けない
あるいは書けたとしてもその通りに演じられる保証などひとつもない
ドラマです。

今年もまた桜を仰ぎ見られることを嬉しく思いながら
そんなことを考えているメイおばさんです。

    
読んでくださってありがとうございます。
どうぞ良い一日をお過ごしくださいね。
ランキングの方もどうぞよろしくお願い致します。       ↓
       ↓
ライフスタイル ブログランキングへ

海外旅行 ブログランキングへ
―――――――――――――――――――
「メイおばさんの料理帖」はこちらです。
よろしかったらどうぞ覗いてみてくださいね。
4月 1日:春です、苺の季節です。
3月30日:優しさの首飾り
http://blog.goo.ne.jp/mayobasan
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トランプ時代の幕開け

2017-01-21 17:14:05 | ワシントンDC
まだ外は真っ暗な6時15分に起きて
6時半にテレビの前に座りました。

しばらくして東の空が染まり始めました。


以来、夕飯の支度でキッチンに立つまでずっとそのまま。
お昼御飯もこんな風にテレビの前で。


ついこの間までいたアメリカの首都ワシントンDCと
ここシアトルでは、同じアメリカでも3時間の時差がありますから
6時半に始まったこの生放送は
ワシントンDCではすでに9時半なのです。

ふだんはテレビをほとんど見ませんから
こんな風に早朝から夜までまるでほとんど動かずに
12時間もテレビの前に陣取っていたなんて
もしかしたらわが人生初めてのこと!

オバマとミッシェルから
トランプとメラニアヘ
私たちのアメリカの新しい歴史が始まりました。



と無意識のうちに書いてから気づきました。
いつの間にかこのアメリカと言う国が
「私たちの」と口をついて出るほどに
私の中で大きな位置を占めていることに。

トランプ新大統領へのすっきりしない思いは
とりわけ女性たちの間ではいまだにくすぶっています。
もちろん私の中でも。

ワシントンDCと同じくここシアトルでも
明日、「Women’s March」と言う形で女性たちの抗議行進が行われます。
私の友人たちもたくさん参加します。

ところでワシントン時間11時20分の時点で
新大統領就任に対する妨害で逮捕された人はすでに95人にもなりました。


読んでくださってありがとうございました。
どうぞ良い一日をお過ごしくださいね。
ランキングの方もどうぞよろしくお願い致します。       ↓
       ↓
ライフスタイル ブログランキングへ

海外旅行 ブログランキングへ
―――――――――――――――――――
「メイおばさんの料理帖」はこちらです。
よろしかったらどうぞ覗いてみてくださいね。
1月15日:ビーツと蜂蜜は相性がいいみたい
1月13日:ありがとう、バインミー
http://blog.goo.ne.jp/mayobasan

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

すでにTRAMPだったお花見の季節

2016-11-28 20:00:14 | ワシントンDC
3月最後の土曜日の、あの光景を思い出しています。
あの日、ワシントンDCは青空とお日様に恵まれて
70万人もの人たちがお花見に繰り出したと翌日の新聞で報道されました。

私たちもタイダルベイスンと呼ばれる池のまわりを
そしてダウンタウンを歩きました。


華やかな桜が咲き誇る中、そこここで
華やかさは全く不釣り合いの光景が見られました。

いつもは旗竿のてっぺんで
威風堂々と赤と白のストライプを風になびかせている旗が
どこもかしこも途中で止まっているのです。



弔意を表す半旗です。
ブリュッセルでのテロの犠牲者を悼むためでした。

かたやペンシルベニア通りでは
遠くからでもこんな大きな文字が目を引きます。


選挙キャンペーンではありません。
ホワイトハウスと国会議事堂の間の
アメリカの首都140年もの歴史を持つ美しい建物
『Old Post Office』(郵便局)が
19世紀の美しい装飾を保存しながら
263室の優雅で豪華なホテルに変身しようとしていたのです。


その工事現場の看板です。

新しい名称は「Trump International Hotel Washington DC」
トランプ・インターナショナルホテル・ワシントンDCです。

アメリカ政府がトランプ氏率いる会社に所有権を委託したのが2013年。
トランプ氏が大統領選に出馬表明をしたのが2015年6月。
どこまでが計画のうちかは素人には図る余地もありませんが
この大きな字幕は、とりわけ選挙戦を控えたあの時期には
大きなインパクトをもって目に焼き付きました。

良くも悪くもさすがトランプ、いえ失礼、トランプ大統領(to be)!

さてさてこれが3月末の話なら、以下は後日談です。

トランプ・インターナショナル・ホテル
2016年9月に、ホワイトハウスと連邦議会議事堂を結ぶ首都ワシントンのペンシルベニア通り沿いにオープンした。ペンシルベニア通りでは来年1月、新大統領がお披露目のパレードを行う。ホテルは1899年に完成した歴史的建造物「オールド・ポスト・オフィス」を改築したもので、派手好きなトランプ氏らしく、新大統領のパレード当日は1泊10万ドル(約1000万円)の部屋もある。ホテル前では、トランプ氏に対する抗議デモが行われた。写真【EPA=時事】(2016年09月12日)


どうぞ良い一日をお過ごしくださいね。
ランキングの方もどうぞよろしくお願い致します。       ↓
       ↓
ライフスタイル ブログランキングへ

海外旅行 ブログランキングへ
―――――――――――――――――――
「メイおばさんの料理帖」はこちらです。
よろしかったらどうぞ覗いてみてくださいね。
11月26日:ヒラリー・クリントンのチョコクッキー
11月25日:1章から9章までの七面鳥
http://blog.goo.ne.jp/mayobasan
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ワンコが泳いで夏が終わり

2016-09-20 21:47:17 | ワシントンDC
時には夏のような日が混じったりはしても
やっぱり秋の空気です。

素敵な空に惹かれて
朝の散歩に出かけました。

道にころがっている赤い実を拾ってみたら
小ぶりのリンゴでした。


街路樹のようにリンゴの木が道に面して伸びています。


よく見ればたくさんの赤い実をつけています。


秋です。

4階デッキにあるプールの扉も閉まりました。


毎年、5月最終月曜日のメモリアルデイ(戦没者追悼の日)に開かれて
毎年、9月最初の月曜日のレイバーデイ(労働者の日)に閉まります。

とはいえ、ワシントンDCの暑さは日本のように
9月5日のレイバーデイを過ぎたってまだまだ続きますから
実はちょっとおまけがあります。

夏の間毎日開いていたプールを
いちおうはケジメをつけてレイバーデイの月曜日に閉めますけれど
その週末の土日と、次の週末の土日
つまり10日―11日、17日―18日は特別開放されるのです。

その後のお開きがまた面白くて、、、、、、

見てくださいな、こんなお知らせがロビーの掲示板に貼られます。


「PUPPIES IN THE POOL」

つまり、最後の最後、水を抜いちゃう前に
ワンコたちに開放しちゃおう!という太っ腹(笑)!

時は9月19日の月曜日、5:30PM~7:30PM
1日の最後の明るさの中で始まって

西の空を夕焼けが美しく染め
空に白いお月様が見え始めるまでの2時間が
ワンコたちのプールになるのです。

このコンドミニアムは
大きなドッグラン(英語ではドッグパーク)も付いている
「ワンコに優しい住まい」です。

「ワンコの日」にエントリーするためには
事前の申し込みが必要です。

一番泳ぎが上手だったワンコには
賞品が与えられます。

いいなあ、ワンコデー!
せめてプールサイドで観戦したい!

と思うメイおばさんですが
ああ、、、、今年もこの日は別の場所。

来年こそは、、、、、と思いながら
友からの報告が届くのを待っています。

ワンコデーの後にはプールの水が抜かれ
きれいに掃除をされて
青い覆いがかぶせられて夏の名残りが秋へと変わります。

どうぞ良い一日をお過ごしくださいね。
ランキングの方もどうぞよろしくお願い致します。       ↓
       ↓
ライフスタイル ブログランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

どうぞさわってください。

2016-09-10 07:31:18 | ワシントンDC
メイおばさんの家の窓の向こう、左に小さく見える
空に向かってそびえ立つ白いオベリスク(先のとがった柱)は
アメリカ建国の父、初代大統領のジョージ・ワシントンを称える「ワシントン記念塔」。

そのまま目をずっと右に移していけば
今度は丸屋根の「国会議事堂」が見えます。

その間には両側にずらりとさまざまな博物館や美術館が並びます。


嬉しいのはどこも入場無料なことです。
ですから、ちょこちょこと気楽に出入りをしたくなります。

その中で比較的小ぶりな「Arthur M. Sackler Gallery」は
古代から現代まで6千年にわたる東洋と中近東美術のコレクションで知られています。
裏庭の美しさも含めて、メイおばさんが心落ち着く場所のひとつです。


先日ふらりと足を踏み入れてみたら
3月19日から9月18日までの期間で
「Symbolic Cities」という特別展をやっていました。


1979年生まれの医師であり写真家であるAhmed Mater氏が
故国サウジアラビアの都市の変遷と発展についてを
映像と模型等で、視覚を通じて伝えるものです。


淡々と見て回っていたらこんな表示に目が留まりました。


ふつうなら「PLEASE DO NOT TOUCH」(さわらないでください)ですのに
わざわざ「DO NOT」の部分を赤線で消して「PLEASE TOUCH」
つまり「どうぞさわってください」ですって。

単に「PLEASE TOUCH」と書かれているよりずっと迫力がありますよね(笑)。
はい、もちろん仰せの通りに存分にさわらせていただきました。


視覚からはわからなかった部分が
触覚からなんとなく伝わって来て、、、、、、

面白い引き込み方です

どうぞ良い一日をお過ごしくださいね。
ランキングの方もどうぞよろしくお願い致します。       ↓
       ↓
ライフスタイル ブログランキングへ

海外旅行 ブログランキングへ
―――――――――――――――――――
「メイおばさんの料理帖」はこちらです。
よろしかったらどうぞ覗いてみてくださいね。
9月9日:「Green」tomatoは「青い」トマト
9月8日:ワインデーのズッキーニとトマト焼き
http://blog.goo.ne.jp/mayobasan
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アメリカはやっぱり広い!

2016-08-31 09:30:46 | ワシントンDC
ふ~っ、アメリカはやっぱり広い!

今朝4時に起きて、家のあちこちをもう一度チェックして
荷造りの最後を終えて
6時、お迎えのタクシーに乗って空港に向かいました。
成田まで行くのとはちがって、ものの20分です。

8時発のアラスカ航空ワシントンDC行きは
東に向かって飛び続けます。

同じ国なのに5時間も飛んで
着いてみたら時間が3時間もプラスされていました。
つまり西海岸と東海岸では3時間の時差があるのです。

さて、明日からは
シアトルへの思いを引きずりながらのDC暮らしです。

メイおばさんの頭の中には
相変わらずこんな3つの時間が流れています。


ところで帰ってみたらまたまた
インターネットが繋がらなくなっていました。
COMCASTの人が明日直しに来てくれるそうですが
諸々の連絡などそれまでは待てませんから
買い出しついでに「Whole Foods」というスーパーマーケットのテーブルで
書いています。

買い物額にかかわらず
連続2時間まで無料WiFiを使えるのです。

シアトル時間ではまだ夕方の5時半のはずなのに
なんだかずいぶん疲れました。

窓の向こうの国会議事堂です。

これを見ると、ああアメリカだなあ、ワシントンだなあ、、、
と思う単純なメイおばさんです。

どうぞ良い一日をお過ごしくださいね。
ランキングの方もどうぞよろしくお願い致します。       ↓
       ↓
ライフスタイル ブログランキングへ

海外旅行 ブログランキングへ
―――――――――――――――――――
「メイおばさんの料理帖」はこちらです。
よろしかったらどうぞ覗いてみてくださいね。
8月30日:たった5ドルの贅沢ランチ@バインミー
8月29日:真夏のハワイ冷え冷えコーンスープ
http://blog.goo.ne.jp/mayobasan


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

チューリップの花力

2016-04-05 04:13:26 | ワシントンDC
東京の桜はいかがでしょうか。
はらはら、ひらひらと薄桃色の花弁の雨を降らし始めた頃でしょうか。

日本からの桜で知られる
アメリカの首都ワシントンDCで桜の下を歩きながら
来し方行く末を思い巡らしていたと思えば
ここシアトルでもまた家の前の桜が満開です。


桜より一足早く春を告げる花々が数ある中で
桜の心惑わす「美しさ」とはまたちがう「可愛らしさ」で
つい微笑んでしまうのはこの花でしょうか。


ワシントンの真ん中、桜の名所「Tidal Basin」の入り口です。


桜を見に訪れた人たちが足を止めて
茶目っ気を出しては寝転びながら写真を撮り合ったりしています。


桜は上を見上げなければなりませんが
チューリップは下を見なければなりません。

写真を撮るにも、撮ってもらうにも
しゃがんだり寝そべったりしなければなりません。


それをまた子供たちばかりか
メイおばさんのようにいい年をした大人たちがやっているのですから
これがまたこの花の魅力なのでしょう。
あるいは「花力」なのでしょう。

いい季節がやってきました。
夏の暑さが来る前の極上時間です。
しかめっ面は似合いません。

どうぞ良い一日をお過ごしくださいね。
ランキングの方もどうぞよろしくお願い致します。       ↓
       ↓
ライフスタイル ブログランキングへ

海外旅行 ブログランキングへ
―――――――――――――――――――
「メイおばさんの料理帖」はこちらです。
よろしかったらどうぞ覗いてみてくださいね。
4月3日:ワインデイの後に待っていたこと
4月2日:ホールフーズのワインデイもまた「市場文化」?
http://blog.goo.ne.jp/mayobasan
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

ワシントンの桜についての5つの質問

2016-04-03 01:18:35 | ワシントンDC
今晩の飛行機でシアトルに移ります。
メイおばさん、相も変らぬ移動暮らしです。

朝から掃除をしたり、冷蔵庫の中を片付けたり
洗濯機と乾燥機を何度も何度もまわしたりの
かたわらでパッキング。

と言ったって
シアトルにはシアトルの暮らしがありますから
いちおうは靴も洋服も、おおよそのものはあちらにあります。

移動暮らしの大先輩のエミリーは三カ国の間を
定期的にまわって暮らしていますが
「大変よね。」と同意を求めようとすると
いつもこう言われます。

「ちっとも大変じゃないわよ。
向こうに行けば向こうの物があるからそれで暮らすだけ。
メモリースティックさえ持っていけば
行った先の家のPCですぐに仕事も続けられるし。」

メイおばさんはエミリーの前ではまだまだ初心者で
なかなかそんな風に颯爽と移動はできません。
あげく、わかってはいても何となくスーツケースに詰め込んでしまいます。

ところで
読もうと思いながらも読まずにいた新聞を整理していたら
3月21日の「The Washingon Post」紙にこんな面白い記事を見つけました。


桜の開花予想と、お花見の混雑時を避ける方法と、そして最後に

「Be sure to study up on cherry blossom history before you go, too.」
(お花見に出かける前に桜の歴史も勉強してくださいね。)

と言う切り出しで5つの質問が。
さあさあ、いくつ答えられますか?

1. 桜がワシントンに贈られたのは1912年のことでした。さて桜はどこの国から贈られたのでしょう。
A. カナダ
B. 日本
C. イタリア
D. 中国

2. 最初に届いた2千本は害虫にやられていたので、タフト大統領はそれら全てを焼却するよう命じました。これは本当ですか、嘘ですか?
A. 本当
B. 嘘

3. 今年の満開予想は例年より早く3月23日です。それではこれまで最も早く桜が満開を迎えたのはいつだったでしょうか?
A. 3月1日
B. 3月20日
C. 3月15日
D. 3月23日

4. 桜の名所「Tidal Basin」の周りには面白い名前の桜の種類もあります。下記のうちで実際にないものはどれでしょう。
A. Weeping cherry
B. Afterglow cherry
C. Kwanzan cherry
D. Sunshine cherry

5.「Tidal Basin」はかつては水泳を楽しむ場所でした。正しいですか、間違っていますか?
A. 正しい
B. 間違い

答えは、、、、、
1. B (日本)
2. A (本当)
3. C (3月15日)
4. D(Sunshine cherry)
5. A(正しい)

メイおばさんは、3問、4問、5問には迷いましたけれど
勘が当たって全問正解でした!
やったぁ、、、、(笑)

さあ、仕事の続きに戻らねばと
ふと荷造り途中の我がスーツケースに目をやれば
左半分をすでに膨大な量の、、、、、


フォアグラです。
いくらサルラ(南西フランスのフォアグラの産地)にいたからといい
いくらフォアグラ好きの友人たちがたくさんいるからといい
ちょっとやりすぎじゃありませんかねえ(笑)。


どうぞ良い一日をお過ごしくださいね。
ランキングの方もどうぞよろしくお願い致します。       ↓
       ↓
ライフスタイル ブログランキングへ

海外旅行 ブログランキングへ
―――――――――――――――――――
「メイおばさんの料理帖」はこちらです。
よろしかったらどうぞ覗いてみてくださいね。
4月2日:いいですねえ、市場文化@ボルドー
4月1日:ボルドーの市場2はお魚篇
http://blog.goo.ne.jp/mayobasan
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やっぱりこの町が好きなことに@ワシントン

2016-03-30 22:15:29 | ワシントンDC
昨日は特別な日でした。

だって
風は冷たいものの
とびっきりのお日様ととびっきりの青空で。

こんな日にどうして家の中にばかりいられましょう。
読みかけの本をパタンと閉じて
PCもシャットダウンして
日焼け止めをぬり
サングラスをかけて
メトロに乗ってスミソニアンまで行きました。

スミソニアンは
国会議事堂とワシントン記念塔の間に
ずらりと美術館や博物館が並ぶ最もワシントンらしいところ
アメリカの首都らしいところです。
そして桜の名所「Tidal Basin」を背後に擁したところです。

もう一度桜を見たくなったんです。
金曜日の小雨まじりの曇天ではなく
今度は澄みきった青空の下の桜を。

この花は、薄暗かろうが明るかろうが
雨だろうが晴れだろうが
どんな場面にもよく似合う花です。
4日前にはまだベルギーテロの犠牲者を悼んで半旗だった
記念塔を囲む旗も本来の位置に戻りました。


どうかこれが日常であるように
どうかもう半旗を仰ぎ見る日がこないように
と、叶うこともない願いを唱えたいほどに
桜はなにごともなかったように美しく、ひたすら美しく
咲き誇っています。


こうして
誰に言われるでもなく
毎年その時期がやってくると足並みをそろえて花開かせるなんて
私たち人間にはできることではありません。

桜の下をずいぶん歩きました。
中にはもうところどころに緑の葉をのぞかせている木もあります。


気持ちよさそうにカモメが飛び交い


小さな少女がステージの上のギタリストが奏でる音楽に合わせて
踊り始めます。


美しい日でした。
特別な日でした。


歩きながら気づきました。
1年のうちの限られた日々にしかいられなくても
やっぱり自分はこの町を好きなことに。

この町を離れて、この町を思う時には
昨日、桜の下を歩いた自分と
昨日そんな風に思った自分を
きっと思い出すことでしょう。

どうぞ良い一日をお過ごしくださいね。
ランキングの方もどうぞよろしくお願い致します。       ↓
       ↓
ライフスタイル ブログランキングへ

海外旅行 ブログランキングへ
―――――――――――――――――――
「メイおばさんの料理帖」はこちらです。
よろしかったらどうぞ覗いてみてくださいね。
3月29日:ハーブの山を前に@ボルドーの市場その1
3月27日:おしゃれで簡単フランス料理「ネギのビネグレット」
http://blog.goo.ne.jp/mayobasan
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加