Rain or Shine~メイおばさんの宝箱

雨が降れば虹が出る、晴れた空には光が躍る。
雨でも晴れでも歩きましょう!
世界のどこかから、あなたへ贈るメッセージ

ストレスフリーの生活?

2013-08-27 21:46:13 | フロリダ


アメリア・アイランドで不動産の仕事をしている友人に聞いたら
まるでサンクチュアリ(保護区)のような
この島の一角「アメリア・アイランド・プランテーション」には
3つのゴルフコースと23のテニスコートがあるそうです。

フィットネスセンターとジムと
インドアプールとアウトドアプールならもっとたくさん。

ここに新しく住み始める人たちは
平均年齢68歳の
おおかたがリタイア―した人たちで
退職後の人生を
ゆったり、まったり、ストレスフリーで暮らすために
冬のないフロリダにやってくるとのこと。

2万1千人ものオーナーのおよそ3分の2は
いくつかある社交倶楽部のメンバーになって
ゴルフを楽しんだり
ブリッジを楽しんだり
勉強会を楽しんだり
ランチを楽しんだり。

「いいねえ、ストレスフリーの生活。」
「でも、あなたはいったい何をするの?」
「ゴルフかなあ。」
「それだけ?」
「バードウォッチングなんていうのもいいかもね。」
「じゃ、私はいったい何をしましょうか。」
「君もゴルフを始めればいい。」
「?????」

ゴルフなんて一度もしたことのない私なのに、、、、
それこそストレスではありませんか。
それに、心理学者の友人が言っていましたけれど

「忙しいことがストレスになる人もいれば、
退屈なことがストレスになる人もいるように
ストレスがないことが、ストレスになることもあるんだよ。

ニューヨークのど真ん中でストレスをため込む人もいれば、
南太平洋の島でストレスをため込む人もいる。

ゴルフでストレスを発散する人もいるなら
ゴルフでストレスをしょいこむ人もいる。
むずかしいもんなんだよ。」

たしかに、、、、、
じゃ、いったいどうしたらいいのでしょうねえ。

ご訪問をありがとうございました。
どちらでも一つ押してくださるととても嬉しいです。
どうぞ良い一日でありますように!


ライフスタイル ブログランキングへ


海外旅行 ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ふわりワープのアメリア・アイランド

2013-08-26 22:58:11 | フロリダ

フロリダ州北東部にある町、ジャクソンビルの空港に下り立って
舗装の行き届いた道をアメリア・アイランドへと走り始めれば
ラジオから流れてくるのは懐かしのオールディーズ

テネシーワルツ
ビーマイベイビー
オンリーユー

トライトゥーリメンバー
雨に唄えば
ケセラセラ

それがまた
ここの光と空気によく合って
アメリア・アイランドへの橋を渡る頃には
気分はすっかり50&60‘S

オールドタウンにはこんな看板と


こんな車


だから
気分はますます50&60‘S

旅暮しの面白さは
こんな風に
時々ふわりとワープしてしまうこと

そして
ふわりとワープしてしまう良さは
いっとき
現実世界を忘れられること?

ご訪問をありがとうございました。
どちらでも一つ押してくださるととても嬉しいです。
どうぞ良い一日でありますように!


ライフスタイル ブログランキングへ


海外旅行 ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ぷりぷり海老とフォレスト・ガンプ~アメリア・アイランド

2013-08-05 21:37:07 | フロリダ


アメリア・アイランドのオールドタウンに車を止めて
その昔は
ニューヨークから汽船でやってくる観光客で賑わったという町を歩けば
足はおのずと水辺へ向かいます。

この横長の島は、まっすぐ伸びた東側が広大な大西洋に接し
ぎざぎざと突き出た西側が「Intracoastal Waterway」と言う
いわゆる大西洋内陸大水路に面しています。
フロリダ半島との間の海峡と言えばいいでしょうか。
オールドタウンは海峡側にあります。
フロリダ半島をぐるりとまわれば
向こう側はメキシコ湾です。

メキシコ湾と言えば
3年前に原油流出事件が起きる前は
全米の69%もの捕獲高を誇っていたほどの海老の漁獲地です。

この島、アメリア・アイランドも
20世紀になって大々的な海老産業が起こり
1929年に起きた大恐慌の時代まで発展を続けました。

海峡に面したレストランの外デッキでは
いっとき暑さを忘れさせてくれる日影に
優しい風が吹き抜けます。

さしだされたメニューを見ながら

「何にしようかしら。お勧めのものはあります?」

と、たずねたら
フロリダのお日様のような笑顔のおねえさんが答えました。

「海老はいかが?ほら、あの船が獲ってきたばかりの新鮮な海老ですよ。」

指さす先には、波に揺れる小さな漁船。
というわけで、ランチメニューが決まりました。

まずはお水

次にビール
ただし運転者はノンアルコールビールです。


そして、
海老のビスクと


ぷりぷりの大盛り海老フライ


お勧め通りのおいしさを味わいながら
ふとよぎるのは「フォレスト・ガンプ」

「戦争が終わったら俺と海老商売を始めないか。
稼ぎはきっちり分けるから。」
「いいよ。」

という、海老の事なんか何にも知らない
走るだけのフォレストが
除隊したら海老漁師になるんだという夢を持つバッバと交わした約束。

バッバは夢を果たせぬままに戦死して
残ったフォレストが「バッバ・ガンプ・シュリンプ」という会社を作り
海老漁で大成功をするのです。

あれはたぶんフロリダではなく、アラバマの話だったと思うのですが
美味しい海老を食べるたびに
目の前をフォレスト・ガンプが走っていきます。

「人生はチョコレートボックスのようなもの。
開けてみるまでは何が入っているかわかりゃしない。」
という、フォレストのお母さんの言葉と一緒に。

こちらは3月、南太平洋のラロトンガ島でいつも食べていた海老カクテルです。


ここでも
ぷりぷりの海老の向こうで
フォレスト・ガンプが珊瑚礁の砂浜を走って行きました。

ご訪問をありがとうございました。
どちらでも一つ押してくださるととても嬉しいです。
どうぞ良い一日でありますように!


ライフスタイル ブログランキングへ


海外旅行 ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

8つの旗とアメリア・アイランドの歴史

2013-08-04 21:20:35 | フロリダ


さて、前回に続いて、もう少しだけ「アメリア・アイランド」についての話をしましょうね。
「400 Years Under 8 Flags」(8つの旗の下での400年)ですって。
どれどれ、読んでみましょうか。

「アメリア・アイランドはフロリダの黄金の島である。フランス人が最初の訪問をし、スペイン人が開発し、イギリス人が名前をつけ、アメリカ人が統治した。8つの異なる旗の歴史を持つ、アメリカでただひとつの土地である。」

8つの旗って?

その1 フランスの旗の下で (1562-1565)
この島への最初のヨーロッパ人の訪問は、フランスのJean Ribaultだった。1562年3月のことである。彼はこの島を「Isle de Mai」(5月の島)と名付けた。

その2 スペインの旗の下で (1565-1763)
Pedro Menendez率いるスペイン軍がフランスに勝利し、スペインによる長い統治が始まった。スペインは原住民の教育と布教に力を注ぎ、この島の名前を「Santa Maria」(聖母マリア)と名付けた。

その3 イギリスの旗の下で (1763-1783)
スペインを滅ぼしたイギリス人が、この島を彼らの国王ジョージ2世の娘の名にちなんで「Amelia」(アメリア)と名付けた。同時に、大きな藍のプランテーションが島に作られる。

(この間、1783年から1821年までは再びスペイン時代)

その4 愛国者の旗の下で (1812年3月17日)
アメリカの密かな後押しのもと、「アメリア・アイランドの愛国者たち」という組織がスペイン側を転覆させ、1812年3月17日、彼らの旗を揚げるものの、翌日にはアメリカの国旗に代わり、4年後、1816年には、再びスペインが島の一部(Fort San Carlos)を統治するようになる。


その5 フロリダの旗の下で (1817年6月)
フロリダをスペインの統治から解放するために、Sir George MacGregorが1817年6月、この地を奪取し、緑十字の旗を揚げる。MacGregorが退出した後、スペインが再び統治権を得ようと試みるものの失敗に終わる。


その6 メキシコ反乱軍の旗の下で (1817年12月)
海賊の力を借りて統治権を手に入れたJared Irwin とRugglesHubbard が、いっときメキシコ反乱軍の旗を揚げるが、すぐにアメリカ軍に占領される。アメリカはここをスペインの信託統治とする。

その7 アメリカ合衆国の旗の下で (1821年~現在)
1821年、スペインはフロリダをアメリカ合衆国に割譲する。

その8 アメリカ連合国(南軍)の旗の下で (1861年~1862年)
南北戦争のさなか、南軍旗が掲げられる。


という具合に1、2、3,4、、、と8つの旗です。

その後の様子をかいつまんでお話しすれば、オールドタウンと呼ばれる歴史地区は19世紀終わりには繁栄をきわめ、ニューヨークからの旅行客たちが汽船に乗って次々とやってきては、町の2軒の瀟洒なホテルに滞在したとのこと。

20世紀に入ると大々的な海老産業が起こり、大恐慌の時代まで発展を続けます。

そして現在は、「Omni Amelia Island PlantationとRitz-Carltonによって国民的なリゾート地となりました。」とのことですが、、、、

メイが居るのも「Omni Amelia Island Plantation」という広い敷地の中です。
良くも悪くもこれがどんなものかについては、またいずれ書いてみたいと思います。


ご訪問をありがとうございました。
どちらでも一つ押してくださるととても嬉しいです。
どうぞ良い一日でありますように!


ライフスタイル ブログランキングへ


海外旅行 ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アメリア・アイランド8つの情報

2013-08-03 01:35:18 | フロリダ


さてさて今日は
自分の勉強も兼ねて
Amerila Island(アメリア・アイランド)という
ちっとも島にいる気がしない島について
少しばかりおさらいをしたいと思います。
実は、いったいここがどんなところかも
たいして知らずに、ただくっついて来てしまったのです(笑)。

1.名前の由来
イギリス国王ジョージ2世(1683~1760)の娘、アメリア王女に敬意を表して名付けられました。

2.位置
フロリダの最北東部、Jacksoville(ジャクソンビル)の北東約50キロ、東側が大西洋に面している島ですが、本土とは高速道路で繋がっています。

3.幅
南北に約22キロ、東西は場所によって約0.4キロから3.2キロです。 

4.面積
47平方キロメートル、ということは東京のおよそ4分の1?
そんなに大きいとは全く感じませんけれど、東京が思っていたより小さいのかしら。

5.人口
約7万5千人、ということは東京の176分の1ではないですか!

6.年間平均気温
20.5度 (ちなみに東京は16.3度です。)
なるほど、「ここはフロリダ、季節は3つ。春と夏と秋だよ。」と、島の友人が豪語するわけです。

けれども、この季節はかなり暑いですし、かなり湿気もあります。
毎日、泳いだ後の水着や、その日に使ったハンカチなどを手洗いして浴室のバーにかけておくのですが、ワシントンではまず翌日の同じ時刻には乾いているのが、ここではまだ半乾きです。

7.観光ポイント
ビーチ、ゴルフ、フィッシング、ネイチャートレイル、セイリング、町の歴史保存地区、歴史博物館
はっきり言って観光と言う点ではさして見るべきものもありません。忙しく動き回るタイプの観光にはまったく不向きですが、ゴルフコースはやたらありますし、設備も整っています。

8.主な産業
不動産、ホテル、ゴルフ、釣り等のマリンアクティビティぐらいでしょうか。
とにかく目につくのは不動産の広告です。退職後にここでゆったり余生を過ごしたい、毎日ゴルフをしたい、避暑地ならぬ避寒地の別荘を持ちたい、というアメリカ人たちがいかに多いかということです。実際、「Ocean Club」等のソシアルクラブがいくつかあって、退屈をしないように折々のイベントを企画してくれています。私たちがメンバーの友人と行った時も、ご婦人方が4人で静かにブリッジをしていました。


9.歴史
これがまあ、あまりにややこしいものですから、次回に譲ります。なにしろ、「8つの旗の下に統治されたアメリカでただ一つの場所」などと謳われているぐらいですので。

                       アメリカ合衆国 フロリダ州 ナッソー郡 アメリア・アイランドにて

ご訪問をありがとうございました。
どちらでも一つ押してくださるととても嬉しいです。
どうぞ良い一日でありますように!


ライフスタイル ブログランキングへ


海外旅行 ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ビーチコーマ―たちの7時半~アメリア・アイランド

2013-08-02 06:53:46 | フロリダ
6時にはまだ暗かった砂浜が
7時をまわる頃にはだいぶ明るくなりました。
そろそろビーチコーマ―たちが動き始めます。

朝一番のサーファーも


並んで歩く友人たちも


ダッドとマムと3人の子供たちも


ひとり歩きの人だっています。


デッキチェアーを並べるのも


ビーチに続いたゴルフコースの芝を整えるのも


日が高く昇り始める前に、すませてしまわねばなりません。

早起き鳥のビーチコーマ―たちは
今朝はいったい何を見つけたのでしょう。

ビーチコーマ―
あまり聞きなれない言葉かもしれませんが
Beach(海岸)とComber(櫛で髪を梳くように、何かを梳く人)が合わさった言葉です。

つまり
ビーチを歩きながら、いろいろな物を見つける人たちのこと。

どこか遠くから流れ着いた物や
誰かの落し物
貝殻や、海藻や、コインや
ずっと昔に失くしてしまった大切な物

探していた思い出
だってあるかもしれません。

メイも
かなり年季の入ったビーチコーマ―です。
いくら歩いても
めったに本当の宝物は見つかりませんけれど
歩かなければもっと見つかりませんから。


ご訪問をありがとうございました。
どちらでも一つ押してくださるととても嬉しいです。
どうぞ良い一日でありますように!


ライフスタイル ブログランキングへ


海外旅行 ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アメリア・アイランド 最初の夜と最初の朝

2013-08-01 07:27:44 | フロリダ


東海岸を飛行機で2時間ちょっと南下しただけだから
時差なんて全くないのだけれど
あまりに静かなので
夜中に目覚めてしまった

静かだから目が覚めるなんて
随分おかしなことだし
自分が勝手に思っていることぐらい
わかってはいるけれど

カーテンをひかずに眠った大きなガラス窓の向こうは真っ暗で
見えるのはただ
陸と海がまじわる場所で
繰り返し砕ける白い波だけ

それなのに無声映画のように音がしないものだから
目が覚めたにちがいない
と、勝手に思って
バルコニーへ繋がるガラス窓を開け放ったら
真夜中の空気が
熱気と一緒に波音を運んできた

それがあまりに大きくて規則的なものだから
ふらふらと誘われてバルコニーに出てみたら
欠けた月が漆黒の海に光の道を作っていた

そうか、そういうことだったのか
この瞬間を見せるために
月と海が結託して私を起こしたのか、と思ったら
なんだか嬉しくなって
窓を開けたまま横になって
波音を聞きながら暗い空を見ていたら
知らないうちに眠っていた
いい眠りだった

目が覚めたら
今度は太陽が光の道を作っていた

そんな
アメリア・アイランド
最初の夜と最初の朝


ご訪問をありがとうございました。
どちらでも一つ押してくださるととても嬉しいです。
どうぞ良い一日でありますように!

ライフスタイル ブログランキングへ

海外旅行 ブログランキングへ



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フロリダ、アメリア・アイランドにて

2013-07-31 10:49:04 | フロリダ


午前9時20分、定刻通りにワシントン・ナショナル・レーガン空港を発ったUS Air 3261便は、ポトマック川沿いに進路を取り、ワシントンのシンボル、ワシントン・モニュメント(記念塔)を眼下にとらえた後で、大きく旋回して機首を南へと向けました。

午前11時10分、右肩を上にしてひねりをきかせた機体が、次第に高度を下げて、広大な樹林の上を低く飛んでJaksonville(ジャクソンビル)空港に近づきます。水をたたえた池が、人工のプールになり、

午前11時50分、着陸しました。

ここはフロリダ、ジャクソンビルから車で40分、橋を渡ったAmelia Island(アメリア・アイランド)です。目の前は広大な大西洋です。窓の向こうから波の打ち寄せる音が聞こえます。これからしばらくここに滞在します。

今日はこれで時間切れ。
See you tomorrow!!


ご訪問をありがとうございました。
どちらでも一つ押してくださるととても嬉しいです。
どうぞ良い一日でありますように!


ライフスタイル ブログランキングへ


海外旅行 ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加