☆yukarinの映画鑑賞日記α☆

映画とLIVEのミーハー感想とたまにお出かけ日記♪
最近はゆる~く更新。

ピンクとグレー

2016年08月29日 | ★★★

2016/01/09公開 日本 119分
監督:行定勲
出演:中島裕翔、菅田将暉、夏帆、小林涼子、岸井ゆきの、千葉哲也、マキタスポーツ、入江甚儀、橋本じゅん、篠原ゆき子、矢柴俊博、宮崎美子、柳楽優弥

夢のような現実と、
現実のような夢のはざまで
君は突然、逝ってしまった――。

STORY:関西から埼玉に引っ越してきた小学生の河田大貴は、同級生の真吾とサリーと出会い友情を育んでいく。高校生となった大貴と真吾は芸能界の道へと進み、やがて真吾は新進俳優の白木蓮吾としてスター街道を突き進む。蓮吾との格差を痛感し、苛立ちを募らせる大貴。そんな中、蓮吾は突然、自殺してしまう。第一発見者となった大貴のもとには6通の遺書が残されていた。これを境に、大貴の運命も大きく変わっていくのだったが... (シネマトゥデイより)


NEWSのメンバー・加藤シゲアキの小説デビュー作を映画化。芸能界を舞台に繰り広げられる友情と別れ、葛藤と成長を描く。監督は『世界の中心で、愛をさけぶ』『パレード』『クローズド・ノート』などの行定勲。

なんとなーく観てみました。主演の中島裕翔(Hey! Say! JUMP)くんと誕生日が同じと知りちょっぴり親近感が!とはいえ下の名前はなんと読むのか知らないくらい最近のジャニーズくんにはうといワタクシです。

はじめは普通にカラーで衝撃的なシーンからはじまり、途中からグレーパートに変わるとガラッと雰囲気が変わりました。これが62分後の衝撃ってやつですか?そんなに衝撃ではなかったけれども、心を奪われることもなかったけれども、、、。

うーん....実際の小説はどんな感じに描かれているのか気になりました。実はイッキ観をしていなくて2回にわけて観ていたので、グレーパートの部分で?マークが! え? どっちが誰?みたいな感じになって混乱してしまいましたわ。確かにピンクとグレーなんですねー

やはり菅田くんはうまいですねー。中島くんも良かったんだけど途中からの菅田くんの演技には引き込まれます。わりと清純派なイメージの夏帆ちゃんの真逆の演技もなかなかでした。ま、DVDで良かったかな。

★★★
鑑賞日:2016/08/28

 

ピンクとグレー (角川文庫)
加藤 シゲアキ
KADOKAWA/角川書店

 

ピンクとグレー DVD スペシャル・エディション
中島裕翔,菅田将暉,夏帆,岸井ゆきの,宮崎美子
KADOKAWA / 角川書店

 

ピンクとグレー Blu-ray スペシャル・エディション
中島裕翔,菅田将暉,夏帆,岸井ゆきの,宮崎美子
KADOKAWA / 角川書店

コメント (2)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« 土竜(モグラ)の唄 潜入捜... | トップ | グランド・イリュージョン ... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ふじき78)
2016-08-30 23:23:48
男子的には夏帆ちゃんと「あのお店」。人のお金で行って見たいものよのお。
ふじき78さんへ (yukarin)
2016-09-01 23:03:20
なるほどー
自分じゃ出さないんだ 笑

コメントを投稿

★★★」カテゴリの最新記事

2 トラックバック

『ピンクとグレー』をトーホーシネマズ渋谷3(4F右)で観て、すげえな夏帆ちゃんふ...... (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★ピンクからグレーに世界が変わる仕掛けはよく出来ている】 原作がどうなっているのか分からないが、チラシに書いてある通り、「幕開けから62分後の衝撃」の......
ピンクとグレー ★★★ (パピとママ映画のblog)
ジャニーズの人気グループ「NEWS」の加藤シゲアキが2012年に発表した処女小説を、「世界の中心で、愛をさけぶ」「北の零年」の行定勲監督が映画化。脚本を担当する若手劇作家・蓬莱......