断章、特に経済的なテーマ

暇つぶしに、徒然思うこと。
あと、書き癖をつけようということで。
とりあえず、日銀で公表されている資料を題材に。

Minsky’s Money Manager Capitalism and the Global Financial Crisis by L. Randall Wray - 2

2018-06-14 20:06:41 | MMT & SFC
前回の続き。誤訳・不適訳を見つけた人(あるいは
「これでもいいけどさあ、こうしたほうが
よくない?」を見つけた人)は
ご連絡ください。
お礼は差し上げられませんので
感謝だけ捧げます。


A BRIEF FINANCIAL HISTORY OF THE POSTWAR PERIOD
戦後期の金融史概説



The best accessible account of the Great Depression is J.K. Galbraith’s
The Great Crash. Very briefly, the late 19th century saw the rise of
the huge corporations—and robber barons. Modern industrial production
required increasingly expensive, complex, and long-lived capital assets. It
was no longer possible for an individual or family to raise the necessary
funding, hence, external finance was needed. This was supplied directly by
financial institutions, or by selling equity shares. As J.M. Keynes famously
described in his General Theory, separation of nominal ownership
(holders of shares) from management of enterprise meant that prices of
equities would be influenced by “whirlwinds of optimism and pessimism.” 

現在手に入る大恐慌のに関する一番良い説明は、J. K. ガルブレイスの
「大崩落1929」である。非常に簡単に言えば、19世紀後半とは巨大企業――と
泥棒男爵――の台頭の時代である。近代的工業生産は、ますます高価で、
複雑で、長寿命の資本資産が必要となった。個人や家族では必要な資金調達を
行うことはもはや不可能となったため、外部金融が要求された。これは金融機関によって
直接供給されたか、あるいは株式を売却することで得られた。J. M. ケインズの
『一般理論』における説明が有名だが、名目上の所有(株式の保有)と企業の経営とが
分離するということは、株式の価格が「楽観主義と悲観主義の旋風」に
影響されることになることを意味していた。

Worse, as Galbraith makes clear, stocks could be manipulated by insiders—Wall
Street’s financial institutions—through a variety of “pump and dump”
schemes. Indeed, the 1929 crash resulted from excesses promoted by
investment trust subsidiaries of Wall Street’s banks. Since the famous
firms like Goldman Sachs were partnerships, they did not issue stock; hence
they put together investment trusts that would purport to hold valuable
equities in other firms (often in other affiliates, which sometimes held
no stocks other than those in Wall Street trusts) and then sell shares in these
trusts to a gullible public. Effectively, trusts were an early form of mutual
fund, with the “mother” investment house investing a small amount of capital
in their offspring, highly leveraged using other people’s money. Wall Street
would then whip up a speculative fever in shares, reaping capital gains. However,
trust investments amounted to little more than pyramid schemes—there was very
little in the way of real production or income associated with all this
trading in paper. Indeed, as Galbraith shows, the “real” economy was
already long past its peak—there were no “fundamentals” to drive the
Wall Street boom. Inevitably, it collapsed and a “debt deflation” began
as everyone tried to sell out of their positions in stocks—causing prices to
collapse. Spending on the “real economy” suffered and we were off
to the Great Depression.

さらに悪いことに、Galbraithによって明瞭に説明されている通り、
株式はインサイダー――ウォールストリートの金融機関――によって、
様々な「株価操作 pump and dump 」スキームを使って操作される可能性があった。実際、
1929年の大崩落は、ウォールストリートの銀行の投資信託子会社のやりすぎに起因する。
ゴールドマン・サックスのような有名な会社はパートナーシップだったので、
株式を発行していなかった。彼らは投資信託を取りまとめた。投資信託は、
価値のある他の会社(しばしば関連会社)の株式から構成されていることになっていた
(関連会社は時には、他のウォール・ストリートの信託会社の株しか
持っていないこともあった)。そしてこうした投資信託会社の株式が騙されやすい庶民に
売却された。実質的には、信託会社は、ミューチュアル・ファンドの初期形態であった。
「母体」となる投資機関が少額の資本を子会社に投資し、他の人たちの資金を使って
高いレバレッジを掛けた。ウォール・ストリートは株式への投機的熱狂を駆り立て、
キャピタル・ゲインを得ていた。しかし信託投資はねずみ講シェーマと
ほとんど変わるところがなかった――この紙の取引全てには、結びつくべき実物の生産や
所得がほぼまったくなかった。実際、ガルブレイスが示しているように、
「実物」経済は遥か昔にそのピークを過ぎていた――そこにはウォール街のブームを起こす
「ファンダメンタルズ」はなかった。当然これは崩壊し、そして「債務デフレーション」が始まった。
誰もが株に投じられたポジションを売り切ろうとしたために価格が崩落した。
「実物経済」への支出は急減し、大恐慌に陥っていた。

To deal with the effects, the Roosevelt administration adopted
a variety of New Deal reforms, including direct job creation
in an “alphabet soup” of programs such as the WPA and CCC; it created
commodity buffer stock programs to stop the fall ofgricultural prices;
it enacted relief programs and Social Security to provide income and reduce
inequality (which had peaked in 1929, which was part of the reason that
the real economy had slowed—most people were too poor to consume much); it
supported labor unions to prevent wages from falling; it created Social
Security to provide income to the aged, thereby propping up aggregate demand;
and—important for our story here—it reformed the financial system.
These reforms included a segregation of financial institutions
by function—commercial banking, investment banking, savings and loans,
and insurance each had their own lines of business.

その問題に対処すべく、ルーズベルト政権はさまざまなニューディール改革を採用した。
たとえば、WPAやCCCなどの「アルファベットスープ[※多数の略語という意味]」プログラムによって、
直接雇用創出を行うなどである。また、農産物価格崩落を食い止めるための
商品緩衝在庫プログラムも創った。所得を与え格差を減らすための事業プログラムや
社会保障を法制化した(格差がピークに達するのは1929年のことである。これが原因の一つとなって
実体経済が減速した――多くの人々があまりにも貧困になったため、あまり
消費できなくなってしまったからである)。賃金下落を避けるため労働組合を
支援した。社会保障システムを創設し、高齢者に所得を与えるなど、集計的需要を
下支えした。そして――我々の論点にとって重要なのはここだが――金融システムを
改革した。これらの改革には、金融機関を機能ごとに分離することも含まれていた――
商業銀行業務、投資銀行業務、貯蓄貸付業務、保険業務など、それぞれ主要業務ごとに分離した。

In truth, none of this was enough to end the Great Depression—it took
the spending of World War II to get us out—but it set the stage for the
stable economy we had after the war. This was a high-consumption economy (high
and growing wages created demand), with countercyclical government deficits,
a central bank standing ready to intervene as necessary, low interest rates,
and a heavily regulated financial sector. The “golden age” of capitalism began—what
Minsky called “paternalistic capitalism,” or the “managerial-welfare state”
form of capitalism. J.K. Galbraith called it the “new industrial state.”
Recessions were mild, there were no financial crisis until 1966, and when
they began, crises were easily resolved through prompt government response.

実際にはこうしたことどれもが大恐慌を終わらせるには十分ではなかった――不況から
抜け出るためには第二次世界大戦による支出が必要だった――が、これによって
戦後の経済安定の舞台が設定された。高度消費経済(賃金が高水準勝成長し続けたことが
需要を生出した)に反循環的な政府赤字が随伴し、必要な場合にはいつでも中央銀行が
介入する姿勢で低金利を維持し、そして、金融部門には大幅な規制が敷かれていた。資本制経済の
「黄金時代」が始まった――ミンスキーが「家父長的資本制経済」あるいは資本制経済の
「管理福祉国家」形態と呼んだものである。J. K. ガルブレイスはそれを
「新しい産業国家」と呼んだ。景気後退は軽度で、1966年まで金融危機はなく、
危機が始まった時も、迅速な政府の対応によって容易に解決された。

This changed around the mid-1970s, with a long series of crises that became
increasingly severe and ever more frequent: real estate investment trusts
in the early 1970s; developing-country debt in the early 1980s; commercial
real estate, junk bonds, and the thrift crisis in the United States (with
banking crises in many other nations) in the 1980s; stock market crashes in 1987 and
again in 2000 with the dot-com bust; the Japanese meltdown from the
late 1980s; Long Term Capital Management, the Russian default, and Asian
debt crises in the late 1990s; and so on. Until the current crisis, each of
these was resolved (some more painfully than others—impacts were
particularly severe and long-lasting in the developing world) with some
combination of central bank or international institution (IMF, World Bank)
intervention plus a fiscal rescue (often taking the form of US Treasury
spending of last resort to prop up the US economy, and to maintain
imports that helped to generate rest of world growth).

これが変化したのは1970年代半ばのことで、危機が次から次へと発生し徐々に
深刻さを増し数も増えていった。1970年代初頭の不動産投資信託危機、1980年代初頭の
発展途上国債務危機、1980年代全体にわたって、ジャンク・ボンド危機、
貸付組合危機が合衆国で続いた(他の国々では銀行危機)。株式市場危機が1987年、
2000年にはドットコム・バブル危機、1980年代後半以降の日本のメルト・ダウン、
1990年代後半にはロング・ターム・キャピタルマネジメントとロシアのデフォルト、
そしてアジア債務危機、等々。今次危機にいたるまで、これらの危機はそれぞれ解決した
(幾つかのものは特に悲惨であった――その影響は発展途上国で特に深刻で長く続いた)が、
それは中央銀行または国際機関(IMF、世界銀行)の介入プラス財政対応(合衆国財務省による
ラスト・リゾート支出という形態がしばしばとられ、それが合衆国の輸入需要を下支えし、
それによって合衆国以外の国々の成長が手助けされた)。

RECENT DEVELOPMENTS THAT LED TO THIS CRISIS
今次危機につながる近年の展開

(以下次回移行)

ジャンル:
経済
コメント   この記事についてブログを書く
« Minsky’s Money Manager Capi... | トップ | Minsky’s Money Manager Capi... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

MMT & SFC」カテゴリの最新記事