断章、特に経済的なテーマ

暇つぶしに、徒然思うこと。
あと、書き癖をつけようということで。
とりあえず、日銀で公表されている資料を題材に。

機能的財政論 ミンスキーとラーナーの変化の比較検討 Part 3

2019-09-15 10:53:57 | MMT & SFC
んまあ、ラーナーとミンスキーの比較の第三回目である。今回は ラーナーは全く出てこない。ミンスキーが、スダグフレーションに対して、 そしてその後、ボルガーの実験を経て続くレーガン・サッチャー時代の政策について どのようなスタンスをとっていたかを説明するものである。 ミンスキーもまた、70年代の高インフレーションに対して財政引き締めを 要請しているかのような発言がみられる。つまり、ミンスキーも 増税を . . . 本文を読む
コメント

機能的財政論 ミンスキーとラーナーの変化の比較検討 Part 2

2019-09-07 22:59:39 | MMT & SFC
ラーナーの「機能的財政論」を、まるで昔からずっとあった思想であるかのように 考えている人がいるようである。しかしそうした人に尋ねてみたいのは、 あなた自身は、こうしてMMTに接する前に、どこかでそんな言葉、 聴いたことがありますか?ということである。 この思想自体は、確かに目新しいものではない。レイがしばしば言及する サミュエルソンのビデオで、サミュエルソンでさえ、政府は国債の発行しすぎによっ . . . 本文を読む
コメント

ラーナーとミンスキーを比較する Part 1

2019-09-01 12:06:14 | MMT & SFC
Functional Finance: A Comparison of the Evolution of the Positions of Hyman Minsky and Abba Lerner 機能的財政論: ハイマン・ミンスキーとアバ・ラーナーのスタンスの変化を比較する これから数回のエントリーで、去年、レイが公表したミンスキーとラーナーの比較についてのWPを 粗訳したものを載せる。あく . . . 本文を読む
コメント (2)

The rise and fall of money manager capitalism: a Minskian approach 2009 の話(4)

2019-08-10 21:53:32 | MMT & SFC
引き続き最後の部分。第7章と結論の第8章。これだけ残しておいてもショーもないので、 まとめてやってしまうことにして。。。。(雑なのは勘弁、、、って、 いつものことだから誰も気にしないか。。。) 本稿はこの後14年の'The rise and fall of Money Manager Capitalism: Minsky's half century from World War Two t . . . 本文を読む
コメント (1)

The rise and fall of money manager capitalism: a Minskian approach 2009 の話(3)

2019-08-10 16:53:29 | MMT & SFC
続き。確か4章まで終わったと思ったから、今日は5章と6章。 夏祭りに駆り出されたり、 Mitchell, Wray & Watts の教科書を読んだりしていたもんで、 なかなか進まなかった。 今日から盆休暇だが、明日から親元へ行って、親を旅行に連れて行かなければならないので ツイッターもよう見れん。。。。 つか、親元に帰ると、何十年かにわたり放置されているおいらの部屋で 寝ることになるのだが(普段 . . . 本文を読む
コメント

コメント入力できない

2019-07-20 15:15:52 | MMT & SFC
コメント欄にお返事を書き込もうとしても書き込めない状態になってしまっています。 なんか知らないけれど、数字を入力する欄があるのだけれど、 そこに入力できる数字が限られてしまい、入力すべき数字を入力できなくなってしまってる。。。。 ので、しょうがない、ここでできることだけ回答。 MMTには数式モデルがないので、経済理論としては採用できないのではないか? (Amane)  2019-05-11 . . . 本文を読む
コメント

The rise and fall of money manager capitalism: a Minskian approach 2009 の話(2)

2019-07-20 10:54:02 | MMT & SFC
ケルトンさんが来日した。おいらはあいにく参加できなかったのだが (あと1週間後だったら、余裕で1泊ぐらいしながら参加できたのだが、 間が悪いものである。。。。)。でもネット(ツイッターや三橋さんのところの動画)の情報を見るにつけ、 様子を知ることができた。 まあ、おいらも成り行きとはいえこうしてMMTに関わり続けてきたので うれしいのはひとしおだけれど、ただ、まあ、なんちゅうか、YouTubeあ . . . 本文を読む
コメント

The rise and fall of money manager capitalism: a Minskian approach 2009 の話(1)

2019-07-14 10:34:47 | MMT & SFC
MMTが日本で認知されるようになってきたのはいいが、 どうもあんまり思わしくない方向に進んでいるような気がしてしょうがない。 本当なら、レイの後期ラーナー批判とかグリーンニューディールについての ワーキング・ペーパーを先にやった方が時宜を得ているのかもしれないが、 まあ、とりあえず、これまでの流れもあるので、世界金融危機の続きをやる。同名の書物がティモワーニュとの共著で 出版されているが、焦点には . . . 本文を読む
コメント

MMTは日本で流行るべきではない。またはMoney in Motion の紹介(全然関係ない)

2019-06-16 12:01:51 | MMT & SFC
おいらにあんまりMMTを日本で積極的に普及させようという姿勢のないことが 何やら問題なのだそうだ。 いや、最初このブログを始めた時、MMTに興味を示してくれる日本人なんか ほとんどいなかったわけで、そうした中でも数人の方が 好意的に評価してくださって、そのおかげて、まあ、おいらとしても 断続的にではあるものの、こうやって書きたいことを書き続けてこれたわけなんで、 それを今になって、おいらが積極的 . . . 本文を読む
コメント

米国は次なるミンスキーモメントに直面しているのか?

2019-03-19 22:04:11 | MMT & SFC
またやたら間隔があいてしまった。。。。 今回のは18年1月のWrayの疎訳。 「米国は次なるミンスキーモメントに直面しているのか」 で、あ、訳文では「新しいミンスキー・モメント」になっているんだけれど、 今ふと、「次なる」の方がかっこいいかな、と思ったので、ブログエントリーの タイトルと訳文のタイトルが違う。まあ、愛嬌と思ってください。 今回からリンクの張り方がわかったので これまでよりちょっと . . . 本文を読む
コメント (1)