まじめに遊ぼう! 「旅と人と器と」

旅行記と陶芸だけだったのが、

手芸や籐工芸や多肉ちゃん

そして孫話まで・・・広がりすぎ~!

Hola!11

2013-02-28 | 2013 スペイン
 アルハンブラ宮殿
 
 
 
 
 
 
ライオンの宮殿 
 
男性は立ち入り禁止の王様のハーレムだって
 
噴水を支えているのは12頭のライオン  なんだけど・・・ちょっとお間抜け顔 
 
 
 
細かい漆喰細工
 
ライトアップされ模様が見やすい
 
 
 
 
この天井 満天の星空みた~い
 
 
 
 
色使いも素敵
 
 
 
 
せっかくの世界的遺産・アルハンブラ宮殿なのに・・・
 
記憶薄~~雨で心が折れた~残念~
 
 
 
グラナダで昼食後、ラマンチャ地方を経由しながらマドリッドへ
 
グラナダ→ラマンチャ地方  約300km/約4時間30分
 
 
 
ご覧のとおりの どんよりお空
 
ラマンチャ地方の風景
 
 
『ドン・キホーテ』の舞台となった場所
 
ドン・キホーテは騎士道物語にのめりこんだ主人公が巻き起こす波乱万丈、荒唐無稽な冒険物語
 
 
 
 丘の上に並ぶ白い風車
 
ドン・キホーテが巨人と間違え戦いを挑んだ風車
 
って・・・荒唐無稽すぎる~
 
強風で飛ばされそうになりながら、 パチリ
 
 
 
 
 
 
 今日一日   に やられたぜぃ 
 
 
 
 
 
 
コメント (2)

熊ちゃん 完結

2013-02-27 | 多肉ちゃん  ・  植物

 

2012年11月25日

なんだこりゃ?

 

12月12日

 

 

赤くなってきた~

 

 

2013年1月13日

ひとつ咲き出した~

1月25日

2月12日

周りも準備着々

 

2月23日 

ご一緒に~

 

 

 完結~ 

3ヶ月間たっぷり楽しみました ありがとう 

 

て・・・咲いた後はどうなるんだろうか

コメント (4)

Hola!10

2013-02-23 | 2013 スペイン

 

=5日目=
 
朝からしとしと雨
 
8:15 ホテル出発 アルハンブラ宮殿へ
 
バスに乗る頃から風雨強まり・・・  あっという間にガイドも驚く暴風雨
 
ヘネラリーフェ庭園
 
 
 
 
 
撮った写真はこの ↑ ↓ 2枚だけ  
 
 傘を差し、石畳を滑らないように歩くだけで精一杯だったね 
 
だから記憶も薄~い
 
 
 
 
 
 
カルロス5世宮殿
 
 
 
 
 
 
アルハンブラ宮殿を一望
 
 
 
 
 
早くお家に入りた~~い
 
 
 
コメント (6)

Hola!9

2013-02-20 | 2013 スペイン
セビリア→ミハス 約240km/約3時間30分
 
ミハスはこんな山の上
 
 
 
人気のこの街もシーズン外だし、4時近くと言うことでガラガラ
 
 
青空ならもっときれいだったよね
 
 
 
 
 
1時間のフリータイム
 
さあ歩くぜ!
 
ガラガラ・・・
 
 
 
(ん?)
 
(何時集合って言ってたっけ?)すっかり忘れてる・・・
 
( 4時40分? 20分? 30分? 大丈夫、4時は合ってる 
 
 
 
この旅最大のショック!今までこんな事なかったのにぃ・・・
 
 
 
日が当たるとこんなに白がきれい
 
 
 
 
 
 
ミハス→グラナダ (約170km/ 約2時間30分)
 
今日は盛りだくさん
 
ホテルにチェックインをしたらすぐ夕食  フラメンコショー観賞へ
 
体力持つかしら~。なんかホテルでゆっくりしたいわ・・・
 
なんて期待もせずに行ったフラメンコショー
 
 
 
 
やられた~ 感動した~ 
 
 
 
 
 
 
椅子から立ち上がり、こちらを向いた時のダンサーの集中した表情 ぞくぞく~
 
フラメンコって妖艶な踊りだと思っていた
 
ところが
 
体の底から湧き立つ感情を指の先からつま先まで使って表現する
 
力強く、泥臭いダンスなんだ
 
涙が止まらなかったよ~
 
 
 
 
コメント (8)

Hola!8

2013-02-16 | 2013 スペイン

=4日目= 

なんだか 雨が降りそうな朝
 
 
8:50ホテル出発
 
 
スペイン広場
 
 
 
 
 
 
イタリアと同じく、スペインも現地ガイドを雇わなくちゃいけないシステムだそうで・・・
 
今日は日本語を話せない現地ガイド。
 
添乗員が通訳しつつの説明なので あまり記憶に残らないなぁ 
 
ユダヤ人街を通りながら
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
カテドラルへ
 
世界ではローマのサン・ピエトロ寺院、ロンドンのセント・ポール寺院に次ぐ3番目の規模の寺院
 
 
 
スペインの4つの王国を象徴する巨人像の担がれている柩には
 
コロンブスの遺灰が納められている 
 
 
でも・・・ちょっとだけ・・・らしい  
 
 
 
 
 
ヒラルダの塔の展望台からの眺め
 
昇るのは 階段ではなくスロープなので少し楽・・・かな?
 
 
 
 
 
 
 
お天気が良ければ、もっと眺めが良かろうに
 
 
 
 オレンジの街路樹
 
酸っぱくて苦いので誰も取らないらしい
 
かわいいね
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
昼食は70歳台の女性ペアとご一緒 
 
テニス仲間だそうで・・・高齢で元気な方はこちらも嬉しくなる
 
いつもは甘すぎて完食できないデザートだったが、ここで出たアイスクリームは美味しかった完食~。
 
 
さあ ミハスへ移動
 
 
コメント (6)

Hola!7

2013-02-15 | 2013 スペイン

 

今日のホテルは閑散としている大型ホテル  
 
部屋は綺麗だし広いから
 
 
 
 
 
夕食はホテルのレストランでバイキング
 
奥の席に行こうとすると  「waiwaiさんこっちにしましょ」  と Kさん
 
あっ  Kさん また茶道ペアの席へ
 
なんとなく私達嫌がられてる気がするんだけどなぁ・・・
 
 
 
ほら~大の「恭子さん」の方 ひと言も話さないし・・・会話も続かないし・・・
 
いやだなぁこの雰囲気 会話も楽しみたいのに・・・
 
しかし 一向に気にならない様子のKさんは黙々パクパク 
 
 
まだ旅の序盤 意を決し おかわりの料理を取りながら、感じのいい小さんにお伺い
 
すいません、ご同行の方、何か私達で気分害されてませんか?次から席を替えますね・・・」
 
「ごめんね、ちょっと具合が悪いみたいなんだけど・・・」
 
 
その後、小さんの気遣いも有り、雰囲気は和らぐ
 
それでも K さん もくもくぱくぱく
 
 
「変な気使わせてごめんね」 と 小さん
 
小さん、こちらこそぶしつけな事言ってごめんなさい。でもせっかくの旅、楽しくした~い。
 
 
この茶道ペアとはその後も話す機会が多く、楽しくお話をしました。
 
大さんも人見知りだったのかな・・・。
 
 
就寝前のおしゃべりタ~~イム
 
「私、人見知りで人と話す時緊張しちゃうんです・・・それに男性が苦手なんです、」とKさん
 
「へ~~そうなんですかぁ」
 
 
だから食事の時に同じ(慣れた)人の所に行っちゃうのね・・・。
 
でも、部屋では普通に会話してるのは・・・私には緊張してないってことね・・・良かった~。
 
へんな言い方だけど・・・
 
Kさんが楽しんでくれないと、私も楽しくなれないんです。2人で楽しい旅にしましょ! 
 
て・・・
 
フリータイムの時は1人でさっさと単独行動しますが・・・何か?
 
 
 
コメント (6)

Hola! 6

2013-02-13 | 2013 スペイン

=3日目=

スペイン新幹線AVEに乗り、コルドバへ
 
改札前にトイレタイム  私を含む数人でトランク見張り番
 
すると 子供を抱いた女性が  ジロジロ見てる気がするんですけど・・・
 
現地ガイドとアイコンタクト
 
「ですよね・・・」 「ですよ~子供を抱いてるからって油断大敵。妊婦だっていますよ~」
 
おお~危ない危ない
 
 
 
AVEの席順はくじ引きで決定。
 
ご一緒は70歳台の一人参加の男性(一人参加の男性はもう一人いるが後ほど登場)
 
気難しそうな印象だったこの男性。ところが話してみたら元・新聞社勤務だったそうで、とても楽しいお方
 
 
バルセロナ~コルドバ  約878km / 約4時間40分
 
新幹線・・・ていうけど昔の東北本線みたいな・・・
 
やっぱり日本の新幹線はすばらしい
 
バルセロナで積み込んだお弁当を食べ、もうひと話したらコルドバへ到着
 
 
ユダヤ人街を通りながら 
 
 
 
 
 
 
 
『 メスキータ 』
 
(スペイン語でモスク・イスラム教寺院の意味)へ
 
 
 
歴史の流れでイスラム文化とキリスト文化の様式が混ざり合う不思議な建築物
 
厳粛 かつ 幻想的な雰囲気
 
 
 
 
同じ建物の内部とは思えないでしょ ↑ ↓
 
何百年もの間にその時代の宗教色で拡張をしたというのがよく分かる
 
 
 
違うツアーの方達も写しちゃった 
 
 
 
『 花の小路 』
 
ここを観光名所にしたコルドバの観光局?日本の旅行会社? に
 
 
ただの横路地ぢゃん 
 
 
 
 
 
ローマ橋を渡り、メスキータの全景
 
 
セビリアへ移動
 
コメント (4)

Hola! 5

2013-02-10 | 2013 スペイン

 いかんいか~ん!

ノープランは毎度のこと、とにかく街を歩こう  

添乗員に貰ったA4判の地図に書いてある名所を巡ってみよう
 
 
 
この地図、後日検索してみたら有料(200円)だそうだけど、とてもお役立ち
 
 
次回の旅にはダウンロードして持って行こうっと!
 
 
ピカソの壁画をみながら
 
 
カテドラルへ 
 
13~15世紀に建築された
 
中央祭壇の下に地下聖堂がありバルセロナの守護聖女サンタ・エウラリアの石棺が安置されている
 
 
 
 
 
 
この辺りはゴシック地区(旧市街)と呼ばれ13~15世紀の建物が建ち並ぶ
 
石畳と細い路地でいい雰囲気
 
横路地に入りたいけど路地の先が見通せず、ちょっと怖いので太めの路地を選んで歩く
 
 
 
 
 
 
サンジャウマ広場を通りつつランブランス通りでUターン
 
サンタ・カタリーナ市場
 
カタルーニャ音楽堂
 
 
 
 
 サンタマリアデルマル教会
 
 
 
あっ!ピカソ美術館!と思ったときにはもう5時過ぎもう閉館だ・・・(後で調べたら20時まで開館 ますます残念~)
 
と太めの道を歩いていたら、あれ?
 
凱旋門
 
 
 
ちょっと斜めに移動していたみたい
 
この辺りだとホテルまでは500mくらいかな?  ならばタクシーに乗らず歩いちゃえ!
 
シウタデリャ公園でベンチに座り一息     と思ったら怪しげな女性接近
 
ガイドブックにも載っていた 「アンケートに答えてください」系だなぁ
 
「 NONONO~よぉ!! 」  こちとら1人作戦会議中なんだよ、ふんとにい
 
 
そういえば、カタルーニャ音楽堂に行った後、とっても上品なおばあちゃんに道を聞かれたけど
 
ん? コテッコテのアジア人に道なんて聞く?
 
 
もう!暗くならないうちにホテルに帰ろっと
 
 
              
 
 
私の前を歩いている、パーカーをフードまでかぶりリュックを背負った長身の男の子
 
ん?なんで?私の後ろに回りこむ?
 
 
え~~い回り込み返しだぁ!  それだけじゃだめだ!  道路の向こう側へ移動だぁ
 
 
 
もう もう なんだか怪しいことだらけ
 
 
心配しすぎかもしれないけど、わが身は自分で守らねば~なにせこちとら日本語しか話せないんだぞ
 
 
途中で立ち話中の奥様にホテルまでの道を確認  無事ホテル到着
 
500mなんてもんじゃない、軽く1kmはあったね
 
疲れた~ でもやっぱり1人プラプラ歩きは楽しい 
 
これだから1人参加はやめられない
 
 
 
今日の夕食は20時からホテルのレストランで 
 
お風呂も入りさっぱり   え~~いすっぴんで行っちゃえ~
 
 
あ・・・・・  Kさんその席を取らないで、もっと奥の席に行って・・・
 
 
 
元・町会長の向かいの席だけはやめて・・・
 
 
 
疲れた体は元・町会長の楽しい話 自慢話 で癒されました ぐったり
 
 
コメント (4)

Hola!4

2013-02-08 | 2013 スペイン

朝の親子連れの風景

現地ガイドの話だと
 
バルセロナでは小学生までは親が学校まで送迎しなくてはならず、そのうえ 昼食を家で食べる子達もいるそうで
 
その場合は朝 ⇔  昼 ⇔  夕方⇔ 一日3回の送迎ってことになる  子供の安全の為とは言え大仕事~
 
 
スペインの昼食・夕食の時間は日本よりも遅いので、ツアーでも昼食14時・夕食20時に設定
 
今回こそは食事の  を撮ろうと思ってたのに・・・
 
朝食は7時なので、お昼はお腹ぺっこぺこ  ついつい がっつき  結局今回もお料理の  忘れたぁ
 
 
昼食はマリーナ近くの地元で人気のレストランへ
 
14時に到着時はガラガラで(地元で人気だなんてホント~?・・)
 
な~んて思ってたら みるみるうちに   ホンとに食事時間が遅し、ホンとに人気のレストランなのね~
 
 
ご一緒は「茶道仲間の60歳台の背丈大・小の女性ペア」
 
小は話しやすいが、大は話し方が つんつん 叶恭子似?
 
静かに 話も盛り上がらないまま 食事終了
 
 
隣の席には「60歳台の3人組 (姉夫婦と妹)」
 
その黒一点(元・町会長)は大きな声でず~~っと喋りっぱなしで楽しそう 五月蝿~い!
 
 
てか K さん食事中ひとっ言も発しないんですけど?なぜ?
 
 
 
街の中心部カタルーニャ広場で一旦解散 フリータイムに
 
1時間半後 バスに戻ればホテルに連れ帰ってくれるし、夕食時間までに各自でホテルに戻ってもいいとの事
 
 
朝、 Kさんに 「一人じゃ怖いのでフリータイムにご一緒していいですか?」 と言われていた
 
「いいですよ、じゃあガンガン歩きましょう。ただ私は日本語しか話せませんけど!」
 
 
な~んて話してたのにバスを降りたとたん
 
「他にもバスで帰る方がいるようなのでやっぱり私・・・バスでホテルに戻ります・・・」
 
「あっはい 分かりました」 なんだ?
 
 
はじめから1人のつもりだったのに・・・なぜか急に1人ぼっちの気分・・・
 
 
 
 
コメント (6)

Hola! 3

2013-02-06 | 2013 スペイン
 
 
皆様ご存知の未完の教会 『 聖家族教会 ( サグラダ・ファミリア ) 』
 
やっぱりスゴイ迫力だぁ
 
 
 
 
入り口上部 生誕のファサード
 
 
 
 
 
 
 
 
内部は、外観の荒々しさからは想像しなかったモダンですっきりした感じ 
 
 
子供の頃から自然を敬愛していたガウディは、教会の厳格な雰囲気を和らげるために、聖堂部分を森のようにイメージした。
 
 
 
 
そうかぁ森のイメージかぁ
 
荘厳だけど、自然光が入り優しい雰囲気
 
 
 
 
 
 
 
『カサ・ミラ』 (ミラ邸)
 
 
 
ガウディがミラ夫妻の依頼で設計した邸宅
 
山をモチーフにしたといわれる独特の曲線を用いた建築は「ラ・ペドレラ(石切り場の意味)」の別名を持つ
 
2階部分と屋根裏部屋、屋上が一般公開されていているが、あとは現役の住居
 
 
どっちもこっちも うねうね くねくね
 
 
 
 
 
 
 
 
 『カサ・バトリョ』(バトリョ邸)
 
ガウディ後期の代表作の1つ
 
こちらは  だけ
 
 
 
 
 
パソコンも3Dも無い時代にこんな建物を考え出したガウディさん 
 
あんたはエライ!!
 
 
 
コメント (2)