まじめに遊ぼう! 「旅と人と器と」

旅行記と陶芸だけだったのが、

手芸や籐工芸や多肉ちゃん

そして孫話まで・・・広がりすぎ~!

大皿16

2011-05-31 | 陶芸作品 皿

 

形はきれいに出来てたねぇ

忘れてたけど さっ

2007年作陶

コメント (4)

シンチャオ 5

2011-05-30 |      ベトナム

= 2日目=

ハノイの建物は間口が狭く、2階建てでも6階建てでもエンピツみたい。
 
 
  
  上からから見るとこんな感じ 
 
    
 
 
 
レストランで朝食。 この後何度かフォーを食べたが、ここのフォーがNO1
 
 
 ロビーに集合。
 
ホテル前は 朝から活気
 
 
15人乗りの・・・一応ベンツのワゴン車にドライバーとガイドと我ら3人、なんて贅沢。
 
ガイドは中年のおじ様・・・なんだけど・・・気になる1-9分けの髪型。 せめて2-8にしてほしい・・・
 
 
ハロン湾まではひたすらブーブービービーを聞きながらの3時間半のドライブ  
 
いくつもの街を通過しながら気が付いた
 
1つの街に必ずと言って良いほどある小さな「ウェディングドレス屋」。
 
きっとベトナムの少女達はあのドレスを見て結婚に憧れを持つんだろうなぁ 
 
 
ハロン湾では3時間のクルーズしながらのシーフードランチ。
 
日本の屋形船な感じ。
 
 
  
それにしてもスゴイ数の船。
 
乗船すると・・・テーブルのセットからすると一艘に私達とあと一組だけらしい。  
 
 
少し経つと・・・ひゃ~にぎやかに来た来た~。
 
(どこの国の人?)男性3人と女性1人のグループ。一組はカップルの模様。30代かな?
 
それにしても1人は格闘家みた~い。ビールも持ち込み・・・てかすでに飲んでそう
 
途端に 我ら1-9さんの表情は 険しくなり・・・
 
コメント (4)

シンチャオ 4

2011-05-28 |      ベトナム

荷物を置き早速街へ繰り出す3人。 
 
 
旧市街は

 
11世紀の李朝が宮廷への貢物を作らせる為に各地から職人を召集したのが始まりだそうだ。
  
36の通りが交差していて別名36通りともよばれ、各通りごとに同じジャンルの店が並ぶ。
 
だから・・・
 
「じゃとりあえず、シルク屋街を通りながらホアンキエム湖に行ってみよう」 は・・・ 
 
                 
  
 
 
ブリキ屋街を通って
 
 
 
楽器屋街 を 通ればいいんだ~
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
となる。
 
地図どおりに店構えが変わりおもしろい
 
工具街や洋裁小物街 カード屋街もあった。
 
シルク屋街でバッグやお土産を買おうと勇んでいったのに・・・
  
「なんだか燃えないわ・・・ホーチミンの時みたいに血が騒がない・・・。」
 
そうなんです。なんだか、商品を見ても以前のガッツイた感が出ず・・・買いたいものも見つけられない
 
ハノイの商品はホーチミンに比べると、いい意味シック、でも反面華やかさに欠けるのです。
  
それでもフラッと立ち寄った店で私は綿のシャツをゲット
  
以前ホーチミンで買ったシャツと同様このシャツも大活躍の予感
 
 
気が付くと右手に教会。あら?ビミョウに道がずれてた?だいじょぶ、だいじょぶどうにかなるさ。
  
横にいるおじさんに「この通りは○○通り?」地図を指差し質問。「そうそう」「ありがとね」
  
いつもながらの切ない指差し会話・・・
 
 
なんだかお腹も空いてきたぞ~。
 
ベトナム料理を食べたいのに、ホアンキエム湖近くで上手い事見つけられず・・・。
 
通った道はおもちゃ・洋服街→洋裁小物街 ますます見つけられない。
 
以前のようにリサーチもせず行き当たりバッタリなので・・・こんな事ばかり。
 
 
やっと見つけたレストランで毎度のメニューとにらめっこ。
 
ビール、春巻き、空芯菜、トーフ料理、イカフライ、で最後にフォー これで420000ドン。 
 
細い通路の奥に中庭があるレストランでコーヒーを飲みホテル へ。
  
 
今回もKに会計係をお願いする
いつもどおり 《みんなの財布》 を作ったけど ドル と ドン と 円 これが結構厄介。   前回もそうだった、ありがとね K。
100円 は13800ドンだから  00を取って ×0.7強
 
「あれ~? なら1ドルはなにドン? 1000ドンはなんドン?」 もう3人の頭はグルグル~
 
 
明朝は8:30にロビーに集合  ハロン湾観光だ。
 
 
コメント

シンチャオ 3

2011-05-27 |      ベトナム

 

バイクの後ろに積み、運搬中。
 
前後、左右に積むバイクもいて、見ているこっちがヒヤヒヤ。
   
この鉢はまだまだ小さい
 
 
 
 
  ここで疑問・・・これって使い捨てかしら?
 
正月が終わると「不用品回収」みたいに業者が買いに来るんだって!
 
へぇ~~!そりゃそうだ。毎年買ってたら大きくなって邪魔よね~。 すばらしい~リサイクル
 
 
 
 
 
 
 
ハノイの街はホアンキエン湖を中心に3つのエリアに分けられる。
  
1:湖の南側 高級ブティックやおしゃれなホテルが立ち並ぶ
 
2:旧市街  下町ね。
  
3:湖の北側 今回は行けなかったがホーチミン廟など観光スポットが集中している。
 
私達が泊まるクォック ホア ホテルはその中の 2:旧市街のエリア。
 
申し込みをした時に旅行代理店から
 
「今回のツアーでご紹介させていただいておりますホテルは、学生用のエコノミーホテルとなっております。
  
よりご快適な旅のため、ホテルランクアップをご提案させていただいております。
  
特にハノイのホテルに関しましては、学生以外のお客様はランクアップをすることをおすすめさせていただいております。 
 
K2がキャンセルした時、ホテルを3人部屋に変更するよう交渉してくれていた。
 
ハノイのホテルは部屋が狭くエキストラベッドが置けないので2部屋のまま。
ただし追加料金無しとのこと、ありがたや~。
では日々一目置いているお姉様方2人に敬意を表し、若輩者の私が1人部屋になりましょう。
どうぞお2人はご一緒に~。
(ったく、よく言うよ!一目なんて置いてないくせに!口だけなんだから by I&K)
コメント

大皿 15

2011-05-27 | 陶芸作品 皿

何気なく 

シンプルに

それもまたよし 

2007年作陶

 

コメント (2)

シンチャオ 2

2011-05-26 |      ベトナム

ベトナムは南北に長い国。

この時期は乾季で、四季らしいものがある北部は冬。   冬~
 
ガイドブックには・・・
                 ハノイ      ホーチミン
 1月の平均気温 平均最高 20℃       32℃
           平均最低 14℃       21℃
 
ひゃ~~ホントだ~~
 
4年前の同じ時期に訪れたホーチミンは暑かったけどハノイは違うんだ~。へぇ~。  
 
 天気予報だと・・・最低気温3℃
  
なんじゃそりゃ~~!日本と変らんじゃないか! どうすりゃ良いんだ服装計画。ダウン持参かぁ?
 
いつもみたいに半袖Tシャツをトランクにポイポイっじゃダメかも・・・
 
 
1月20日
 
  6:15 駅集合。
      ↓
      ↓ 
 ベトナム航空 0955  11:00 成田発
      ↓
      ↓         
 ハノイ ノイバイ空港 15:10 着  (時差2時間)
 
機内は空席もあり、3人とも横になり就寝 疲れなし。
 
ハノイはベトナムの首都、ノイバイ空港は国際空港・・・なのにジミ~で暗~い。このご時世にはピッタリの省エネ?
  
現地係員と合流、ホテルへ40分。
 
道路はバイクの洪水
 
 
 
 
ホーチミン以上のバイク量。
 
しかも車がバイクを追い越す時・・・必ずブッブッブーーとクラクション。それがうるさい。いちいち鳴らすな~! 
 
どこもかしこもブッブッブー。なんか・・・インドに似てる  
今年(2008年)のベトナムの旧正月(テト)は1月26日
 
テトになると、ホテル、航空券は取りにくくなりし、それよりも店はほとんど閉まっちゃうそうで・・・ 
 
なので、テトにはぶつからず、しかもテトの雰囲気を楽しもうと当初の予定より2日早い出発にした。   
                                       
街は すでに騒々しい 
 
道路脇には金柑の木との花を売る店がいっぱい。 
 
ベトナムの正月には欠かせないそうだ。
日本なら松飾り
 
コメント (2)

シンチャオ 1

2011-05-25 |      ベトナム

 『 2009年ベトナムの旅 』

 
なかなかメンバー5人揃って行けない海外旅行
 
昨年秋 「来年の1月に全員で海外に行こう!」「そうだそうだ!」意気上がりまくりの5人
 
作年末  夫が出張でいないある晩・・・我が家に集合 忘年会開催。
 
Nは先約があり欠席。それも仕方なし・・・だって思いついてのお誘いは当日の朝。
 
しかもNは1月も多忙らしい・・・
 
「え~~~!そんなこと言ってたら私達いつになったら行けるの?死んじゃうかもしれない・・・」 飛び出すいつもの台詞
 
「・・・んじゃ当初の計画通り1月にハノイに行く?」「行ぐ~~!
 
可哀想だけど今回 Nはお留守番の4人旅。
 
そうだな~ハノイだけではつまらないし・・・どうしようかな・・・。
 
おっ~~~!!良いツアー発見!
 
「4つの世界遺産を探訪! コンパクトベトナム6日間 ハロン湾・古都フエ・ミーソン遺跡・ホイアン 日本語ガイドがご案内」 
STワールド
 
1月20日~26日
 
全部行ってみたかった所だし、何回か食事も付いてる・・・これでいこう!
 
よおっし!!本編スタート!
 
・・・に、ならないのがお約束
 
16日 : 会社から帰宅した夫、高熱の模様。
 
(まっまさかインフルエンザじゃないでしょうね・・・ったく・・・こんな時にぃ)
 
その晩から私はリビングで就寝、夫にはマスク着用義務付け。
 
しかし愛する夫を思う妻の祈りが通じ、翌日には夫の熱下がる・・・愛はあるが寝室別は継続
 
17日  K から電話 「なんか今、 K2 に電話したらインフルエンザで高熱だって・・・どうすんだぁ?」
 
「え~?!だって K2 去年インフルエンザの注射したって言ってたじゃない!?」
 
 
・・・インフルエンザの型が違ってたらしく・・・ K2 らしいっちゃあ・・・らしい  
 
 
すでにキャンセル料は50%・・・ならばギリギリまで様子をみたら?
 
しかし、熱は下がったがお腹のご機嫌も悪くなり、結局前日にキャンセル。完全降伏 
 
無理して行って、旅先で体調が悪いのも辛い・・・。やっぱり旅に無理は禁物です。
 
K2よ、キャンセル料は本当にお気の毒。だけど心配ご無用!次はある、必ずある!お任せあれ~~~!
 
 
てことで・・・ Ⅰ・K・私 チェンマイ以来の3人旅スタート!!
 
コメント

7日間のシンデレラ 19

2011-05-23 | 2008 バリ

 帰りの飛行機は2階席。

片側8列×2 の 32席。
 
 
 
                                                                                                         
美味しい朝食
 
 
  
 
 気がつけば・・・・なんだか私には不釣合いなゴージャス旅行    とはいえ相変わらずなポイントも多いけど
 
知らない世界を垣間見る「家政婦は見た」状態も楽しかったなぁ。
 
憧れのプール付きヴィラにも泊まれたし、スパで疲れも取れたし。
 
心も体もすっきり軽くなったし。
 
でも・・・でも・・・
 
7日間のシンデレラもこれで終り・・・
 
帰れば、山のような洗濯物が・・・食事もつくらなきゃ・・・
 
誰か~!私のガラスのハイヒールを探して~~22cmですぅ  
 
それを履かせて~~!
 
 
そうだ!夫にますます頑張って働いてもらい、がんがんマイルを貯めてもらおう!
 
 
ありがたや~!
 
=完=
 
コメント

7日間のシンデレラ 18

2011-05-22 | 2008 バリ

夫と私、更衣室は別々だけどお部屋は一緒。綿のガウンに着替え・・・

まずベンチに座り、塩とハーブの入ったお湯で足を洗ってもらい、マッサージ。
 
塩のザラザラ感が気持ちいいィ。
 
ベッドにうつ伏せ、オイルでマッサージ。
 
これが強弱・緩急・流れるような動きで、それはそれは気持ちがいいのです。すでにこの時点で 満点はなまる。
 
仰向けになりマッサージは続く。
 
体の上の布を動かしながらのマッサージ  チェンマイの夜 の再来を期待してるそこのあなた・・・残念でした~
 
シロダラ。
 
目の上に少し重さのあるパットを置く。なぜか、これだけでも気持ちが落ち着く。
 
ジョウロ状の容器に温めたオイルを入れて、細~く細~くおでこに垂らす。
 
時々左右にチョロ~と動かすんだけど、それがちょっとムズムズっとする。
 
瞑想状態になる・・・らしいんだけど・・・私はムズり瞑想できず
 
その後、顔、頭皮のマッサージへ。あっ書き忘れた!今回は紙パンツ着用よ、しかも黒のおパンツ。
 
顔のマッサージも皺を引っ張って引っ張って~それを頭部まで持っていく・・・と。ありがた~い。
 
最後に冷たいハーブティを飲み終了。
 
今までにいろんなエステ・スパに行ったけど、ここが私のNO.1に決定!!
 
夫も体の凝りがすべてぶっ飛んだと大・大・大満足のご様子。 よかった、よかった~。
 
 ボケボケ だけど
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スミニャクの街に出て夕食を食べた後、ちょっと早いけどプラナスパのスタッフに空港に送ってもらう。
 
ヴィラではインターネットサービスがなかったので、早めに空港へ行きたい夫。
 
 
空港でチェックインし、免税店の奥の奥の階段を昇ると・・・そこはめくるめくラウンジ
 
またしても家政婦は見た状態
 
ソファがいっぱい、お料理も飲み物もたんまりご用意。
 
さっそく夫はパソコンに向かい、私は1人で免税店に戻りゆっくり見学。
 
免税店から戻ってきたらラウンジは大入り満員  
 
中には日本人の金満両親と20代娘の組み合わせ2組
 
「親のお金であんな若い時からこんな贅沢していいのかぁ?結婚したらそうはいかないぞ!」 ひがみ根性丸出しのコメント 
 
「でもきっとあの娘達はこの先もずっとこういう生活をしていくんだよね・・・きっと」 落ち着くところに落ち着いたコメント
 
以前見た欧米人は両親はビジネスだけど、子供達(小学校高学年)はエコノミーに座らせていた。(席が無かったのかもしれないけど・・・)
 
そして両親は時々子供達の様子を見に来ていたっけ。
 
 
ラウンジでは・・・皆様よく飲みよく食べる。お金持ちでも無料  は好きなのね。
 
私も本当はお腹が一杯なんだけど・・・せっかくだからワインでカナッペ食べちゃおっと。
 
そういえば・・・前回バリに来た時は空港で時間を潰すのに一苦労したんだよなぁ・・。硬いベンチで・・・。
コメント

中皿 15

2011-05-21 | 陶芸作品 皿

形も模様もいいけど・・・

釉薬の垂れ加減が

だらしなくない?

2004年作陶

コメント