まじめに遊ぼう! 「旅と人と器と」

旅行記と陶芸だけだったのが、

手芸や籐工芸や多肉ちゃん

そして孫話まで・・・広がりすぎ~!

You're welcome 6

2010-10-26 |     カナダ

バンクーバー発13:45 AC003便

雲ひとつ無い快晴。

I は職人技と呼びたいほど目が速い。

それはお店をみつけたりパンフレットを発見したりと、旅行中はとても重宝している技なのだ。

空港搭乗口前にて

 これでバンクーバーともお別れ、しょんぼりする二人。「ああぁつまんないの・・・」

 と・・・私達の前の席に一人の男性着席。ビジネスマンにしてはラフだし・・ちょっとうける『とっちゃん坊や系。』

 トイレから戻った私の耳元に Ⅰが言った「よしざわさん、30歳」 

(えっ!知り合いなの?)と思った瞬間「よしざわのさわは難しい澤、パスポートが見えた」

 「アホかいな!」ちびっと元気出る。

 搭乗後。吉澤さんの席はトイレの近く。

 私達はトイレに行くたびに「吉澤さん寝てた」「毛布肩まで掛けてた?」「大丈夫、掛けてた」

 「吉澤さん呆けた顔してた」「口は閉じてた?」「開いてた」

 退屈な機内での吉澤さんは私達のアイドルだった。どこかの吉澤さん・・・スンマソン。

 閑話休題

 右窓側の席に着席。北回りの飛行経路(正しくはどう言うのかしら?)

 カナダ・アラスカと沿岸沿いに飛行している模様。

アラスカ辺りから流氷、氷河も見える。なんともいえない青が印象的。

山々が純白なフジツボのように隆起している、人間の進入を許さない領域。

 空気が澄んでいるからあんなに鮮明に見えるんだよね。感動の連続。

 この地球、大切にしなきゃ。

 もうひとつ機内での初体験「ドクターはいませんか?」コール。

 最後尾で誰か倒れたらしい。意識も無く酸素マスクをしている模様。( I の観察より)

なんだかバタバタ。

私達の前の席、老年女性すっくと立つ。

 もうひとり、斜め前の男性も向かう。

 日本語の話せる男性医師が診る事に。

 どうやら日本人の女性添乗員で過労で倒れたんだって。しかも倒れたのは初めてじゃないらしい。(I 観察)

 添乗員も大変な仕事、いろんなお客がいて気疲れするのよね。お気の毒。

一息ついた後もスッチー(日本人)は先生の所へ何度も行き状況説明。指示を仰いでた。

それに女性医師のところにも、乗務員が皆お礼を言いに来るのよ。

 機内で退屈する間もなく・・・。

 北海道を越え、本州上空

とたんに空気が淀み、列島全体にうす白く膜が張っているようなんだけど・・・これが日本か・・。

そんなこんなでヴィクトリア・バンクーバーの旅も終了。

帰国後一週間ほど『プチ鬱』入る。

夫は「楽しい思いをしてきたのに贅沢な・・・」と言うけど・・。

新築一戸建て豪華友人宅にお呼ばれした後、家に戻り我が家の薄汚れた壁紙を見て「ふうぅぅ」とため息つく図に似たり。
     

=完=
コメント

You're welcome 5

2010-10-25 |     カナダ

バンクーバーへ移動

宿泊はフェアモント・ホテル・バンクーバー

 今回の旅行は、ホテルのグレードをアップしたので、まずまず。

お部屋も由緒ある英国風な感じ(どんな感じなんだか・・そんな感じ)

チェックインには早いし、市内観光は2時からなので、そのまま街に繰り出しまずは腹ごしらえ。

見慣れた赤に白抜き「ラーメン」ののれんが・・。つい入る。

 向かい合わせのカウンター(吉野家風?)地元サラリーマン御用達?

 箸の持つところがちょっと下だけど、上手に箸を使い食べるネエ。

 このお店、安っぽい「ラーメンのれん」とは違い、本格的中華麺でおいしかった~。

 一番にぎやかな通り、ロブソンストリートを下見。

 なんだか楽しそうなお店がいっぱ~い。明日のショッピングが楽しみだ。

 2時。市内観光の集合場所に

私達の他は、3組の夫婦(定年を迎えたお年頃)と一人参加の若い女性

チャイナタウン、ギャスタウンを通りながら、白いマストが印象的なカナダプレイスへ。
 
 
 

 続いて、海に半島のように突き出しているスタンレーパークへ。

405haの広大な公園。っていうか森だよ、ありゃ。

 車で公園を一周。停車した各所でまるで違った景色を楽しめる

 まずトーテムポール前広場。ここからは海を挟みバンクーバーの近代的なビル街。夜景もきれいだろうな。





次はプロスペクトポイント。

トーテムポール前広場の真裏に当たり、右手にライオンズ・ゲート・ブリッジ、バラード入り江の向こうにウェストバンクーバーの山々を見渡せる。

 ここでまたガイドお得意の一節 「向こうに見える斜面がバンクーバーで一番の高級住宅地です」

 「南斜面でバンクーバーを一望できる場所です。

 それにあんなに遠いのに一軒一軒はっきり見えるでしょ!どんだけ大きいかってことですよねぇ」

うぇ~ん、わかったようぅゥ  だから・・もう勘弁してください!

 スタンレー・パークを後にしてクィーンエリザベス公園とバンデューセン植物園に行く。

そりゃどっちもお花が一杯咲いていてきれいだったけど・・・ブッチャードガーデンを観てしまった私達に言わせれば・・

 「どっちもまだまだじゃのぅ!!」

 

 ツアーも終了

ロブソンストリート散策。

スポーツウェアーと靴屋が目に付く。自分が興味があるからかな?

 バンクーバーの環境にスポーツは切り離せないものね。

 夕食は回転すし「TUNAMI」 回転すしは日本でもあまり馴染みではないんだけど、名前に惹かれて・・。

日本人はいないみたい?・・でも大賑わい。

 日本のようにベルトコンベアー式ではなくおすしを乗せた船が連なり、水の上を流れてくる。

回ってきたもので、最初に目に付いたのは枝豆。・・こっちではやってるのかしら?

 巻物もいろんな種類があり楽しい。

何品か食べていると、右隣に会社帰りのOL風二人組登場。

椅子に座る前に枝豆ゲット!しかもその後お替りしてた。・・やっぱり枝豆は人気商品なんだ・・。

 次に小皿におしょうゆをジャバジャバ!そこにたっぷりわさびを溶かし、おすしにジャブっと付けてお召し上がり。

 でも一番??なのは・・・割り箸を割り、両手で一本づつ持って「シャッシャッ」ってやるの。わかる?「シャッシャ」って。

 昭和の時代のがさがさな割り箸じゃなくて、きれいな丸い竹箸よ!

 その後、左隣に来たカップルも箸を割り「シャッシャッ」って!もちろん最初に枝豆もゲット。

 誰か!英会話の出来る人~!枝豆は食べてもいい。

 でも割り箸を 「シャッシャッ」 ってしなくていいって教えてやってくれ~!  寿司屋のマナーにそんなものないって~!!

 

コメント

You're welcome 4

2010-10-24 |     カナダ
3日目

 インナーハーバーに面して建つ州議事堂。前庭の芝生の緑が鮮やかだ。

 内部を無料で見学させてくれる。説明を受けてる団体の横をすり抜ける。だって英語じゃ聞いても分かんないんだも~ん。

 ロイヤル・ブリティッシュ・コロンビア博物館。

 BC州の100年に渡る歴史が見られる。様々な言語のパンフがあったのに、日本語だけは品切れ。残念~。

 先住民の歴史も面白かったが、なかにチベット文化の展示あり。

 「ダンスウィズウルブス」と「セブンイヤーズインチベット」を思いだしつつ時間をかけ鑑賞。

 先住民の使っていた籠も織物も編み方がアジアと同じ。  地球はひとつ、人間の知恵のすばらしさを感じる。

 ツアーではないので、自由に時間を使える。いろんな困難は降りかかるがやっぱりフリー旅行は楽しい。

 宿泊しているフェアモントエンプレスホテルのアフタヌーンティを2時に予約。

 まだ時間があるので水族館を見る・・・ここはいただけない・・金返せって感じ!

 アフタヌーンティ。昼食は食べていないのでお腹ペコペコ。

 まずは、イチゴの生クリーム添え。傍らに熟したほおずき(初めて食べた!)

 写真でしか見たことの無いサンドウィッチ・クッキー・スコーン・プチケーキの3段重ね。食べきれるかな~。

 前の席の巨体の男女。

 なにも話さず、つまんなそうに黙々と食べる。こりゃ夫婦だな、分かる!しかも二人とも完食。

 隣の席は母と娘のよう(娘さんと言っても年の頃は私に近いかな)

 ピアノの生演奏が急に「ハッピバースデーツーユー」になる。・・・・ん?

隣のお母さんの前にロウソクの立った小さなケーキが!

 うれしそうなお母さん。

 周りからはさりげなく拍手。いい雰囲気でした。

 斜め前の席は5人家族。家族揃ってよそ行き姿。

 小学生くらいの3人のお嬢さんはとってもお行儀がよろしい。

 私はつい・・・(お茶だけで・・40$×5!?)と思ってしまったけど、子供の時からきちんとしたことを経験させてるのね。

 夕飯までに満腹を解消せねば・・

 テクテク大作戦再開

 インナーハーバー沿いを歩き、VIA鉄道の始発駅ヴィクトリア駅を見に行く。

 港にかかる跳ね橋が上がり船が通る。気笛が鳴り、ちょうど列車が来たようだ。

 VIAの始発だよ!どんな汽車が来るか胸踊る!

 ・・・・・一両かよ!しかも駅も・・・地方の公衆トイレのほうが大きいぞ!

 せっかくだから、跳ね橋渡って向こう岸にもいってみよう。 

 

今まで自分達がいた場所をインナーハーバー越しに見る、また違った景色。

 ここまできたんだから・・せっかくだから傍のホテルのトイレ借りちゃおっと!!

英語なんて喋れなくたってトイレのイラストは分かるもんね~だ。怖いもの無し!

 お腹も空いてきました

 ついつい「アジア系に行っちゃう~?」ってことで、ベトナム料理。

でも・・やっぱり本場で食べる方が断然美味しい。

 ヴィクトリア最後の夜

 風呂にも入ったあと、外に夜空を見に行く。

 ところが、星よりも州議事堂やホテルのイルミネーションがきれい!!

車も通らないホテル前の道を馬車が通る。一瞬空気が1908年になった気がした。

コメント

You're welcome 3

2010-10-23 |     カナダ

「いいセンス」の店主に美味しいシーフードの店を聞く

「○○はJTBが良く使うレストラン」

 「○○は近ツリが使うレストラン、日本語のメニューもあるんじゃない?」

 わざわざフリーで来ているのにツアーで使う店になんて行きたくない!

 「・・・ほかには?」   「じゃあここ3年地元で №1 になったお店があるけど・・」

「そっそこに行きます!!」

 何度も言うようだが、私達は英語が分からな~い!

 ってなことで人気№1の店「THE KEG」に行く。

 店先のメニューを睨みつけ・・・「やっぱ無理だよ・・」2歩後ずさる・・   「え~い入っちゃえ!!」3歩前進!

んとに厚かましい。

席に着き、ペネロペクルス似のウェイトレスが話す顔を呆けた顔で見つめる二人。だって早口でまるで聞き取れないんだもの~。

ガイドは「カナダ英語は聞き取りやすいですよ」って言ってたけど・・・。ムリムリ・・。

しかしペネちゃんはとても親切で、なおのこと一生懸命説明してくれるんだけどそれがまたわかんないっつうの。

キングクラブを一品料理で頼もうと思ったら

 「奥さん達それは量が多いわよ、それよりもこっちの方がお得よ」  てなこと言ってるみたい。

 結局、その一品(キングクラブ半身とステーキとポテトの盛り合わせ)とチキン料理とサラダとビールをオーダー。

 「サラダはひとつでいいの?」  って言ってるみたい

「シェアーなの!シェアー」

ペネちゃんはサラダを2皿に盛ってきてくれる。あっありがとうゥゥ、優しいィ。

 オーダーするだけでグッタリ、失神寸前。

それにしても、周りのお客さん達は良く食べる、男女ともあの巨体を維持するにはあのくらい食べないと?

 どういう胃袋なのかしら?私達は半分強食べてお手上げよ。

 ペネちゃんは「美味しくなかったの?」「デザート食べる?」

 「美味しいんだけど量が多いから食べきれないの。それにお腹一杯でデザートは食べられないわ」・・・  という内容を表情とジェスチャーのみで表現。

そういえば、エアカナダの座席。あの巨体サイズなのね、私達にはゆったりでラッキー。

9時、外はまだ明るい。9時といってもサマータイムだからホンとは10時。

 午後の時間を有効に使えるね。

 今日もよく歩きました。爆睡。

 

コメント

You're welcome 2

2010-10-18 |     カナダ

2日目

 今日の予定は、お得意の『街の散策。』

 しかし今回はいつもの私達ではな~い!バスでクレイグダロック城へ行くのだ!バスで!

 バスに乗る時のためにホテルでコインに両替してもらい、バス停に行く途中

日本語の土産物屋 「いいセンス」 の看板発見!名前はちっともいいセンスではないと思うけど・・。

 ここなら日本語が通じるはず!バス停を確認しよう、日本語で!

「こんなにいいお天気なんだから、歩いてお行きなさいよ」と店主 「・・・・・」

 「この先にマーケットがあって、お惣菜も売っているわよ。ホテルで食べると高いでしょ?」と、どこまでもチープに見られる私達。

・・・いつもの私達に逆戻り。わかったよ 歩きましょ!

アンティーク・ロウは何軒もの骨董品屋が並ぶ通りだ。

 私達は・・アンティークがあまり分からないので歩く速度を落としつつショーウィンドーをチラ見。

 「ねえ、住宅地にあるクレイダグロック城の近くにレストランがあるとおもう?

万が一の為になんか買って行った方がよくない?コンビニなんかないし・・」

 サブウェイで万が一の為のサンドウィッチを買い込み出発~!

 こじゃれたレストランがあったらサンドウィチは持って帰ればいいんだから。

 緩やかな坂道を歩く。きれいで静かな街だ。

 そういえば・・コンビニ、看板、自販機。一切無い。品があり、すっきりしてる~。

日本って・・便利だけどなんかお品が無いんだよな~。

 クレイダグロック城は5階建て。 お城というにはこじんまり、しかし超大邸宅。

 石炭で財を成した方の邸宅で1890年に建てられたそうで。

ヴィクトリアの街並みが一望できる場所なのよ、贅沢。

 英語が分かれば案内人が付いてくれるんだけど・・・

日本
語の説明書があったので助かった。

 当時の大富豪の豊かな生活を垣間見る。

それにしても・・室内が暗いよね~。ホテルもそうだけど・・。

クレイダグロック城を満喫し、次に向かうは副総督公邸

エリザベス女王の代理としての副総督の公邸だって!公式行事や英国皇室の宿舎にもなるんだって!

それなのに、そのお花のきれいな庭園を一般公開してくれてるのよ~。しかも無料。うれしいじゃあ~りませんか!

地図を頼りに高級住宅地を歩く。 とにかくお庭も芝生もお手入れ完璧。

 「ちょっと小じんまりだわね、このお宅」

「もう少しお花の種類ふやしたほうがいいんじゃない?」

 この頃には私達は豪邸評論家と化す。

 人っ子一人いない庭園の端。遠く海を見渡せるベンチに座る。

 海の向こうに見える、雪を頂いた山々はアメリカのオリンピック山脈

 すばらしくきれい!

 ・・・ここでホテルから持参した水と・サブウェイのサンドウィッチ登場。

 途中、予想通りレストランも自販機もなしだもの。

 でも、清々しくおいしかったよ。

 

コメント

You're welcome 1

2010-10-18 |     カナダ

2005年4月1824日カナダ、ヴィクトリア・バンクーバーの旅。

ゴールデンウィークの前後は旅行代金が安い.

せっかく時間を自由に使える身なんだから、そのチャンスを見逃すわけにはいくまい!

観光のベストシーズンは私達には高嶺の花。旅行代金AまたはBランクの旅。

寒暖は体を張ってクリア!

カナダは以前から行ってみたいと思っていた国。

しかし実際行く気になると、当然の事ながら国内の移動距離が半端無い。

横断するのもいいけど・・移動時間がなあ・・・。時差もあるし・・。

それに団体で行くのも、まだちと気が重い。

この時期ロッキーはまだ雪まみれだろうし・・

そうだ!カナダは何回かに分けて行けばいいじゃん!(お気楽始まる)

んじゃ、この時期に行くにはまずはお花がきれいなウ゛ィクトリア!

ってなことで・・

成田17:25 エアカナダ004便

座席は中央トイレの真横。満席の為移動もならず。

バッタン・・ッシャー・・バッタン。トホホな感じ・・。でも案外慣れて睡眠もOK。

8時間でバンクーバー到着。プロペラ機に乗り換えてウ゛ィクトリアへ。

乗るまでに待つこと小1時間。 乗込んでから飛び立つまで30分・・なのに飛行時間はたった15分。

待ち時間の割りにあっけないほどの飛行時間!

12:30 こじんまりしたヴィクトリア空港無事到着。ドッカン晴れ。空の青さと空気に感激。

ガイドは日本人のおばさま。

 ではでは市内観光に出発。

今回はヴィクトリアもバンクーバーも半日市内観光をオプションで付けた。

これは大正解でした。とにかく移動距離が長いからね~。いつものように徒歩だけって訳にゃ~いかぬ。

 まずは一番のお目当て『ブッチャードガーデン』

夫の経営するセメント会社の採掘跡地にブッチャード夫人が造園を始めたそうで。

 それはそれはすばらしい庭園。広さ20ha。

 とにっかくお手入れが行き届いている。常時庭師が60人とか?

 四季によって様々な花が咲き、どの季節でもいつもきれいだと ガイドさんが言っていた。

色とりどりの花と同時に香りも存分に楽しめ、実に幸せな気分に浸る。

日本庭園もあったが・・・微妙~。

 日本の庭師のツアーが見学に来たときに「こんなに刈り込んじゃクビだよ」と言ってたとか・・。

 観光も私達二人だけなのでお気楽。

ヴィクトリア市内に行く途中、ヴィクトリア大学の敷地を通りながら市内が一望に見渡せる丘に行く。

 高い建物がなく、緑豊かな環境。出るのはため息ばかり・・。

次はオーク・ベイ。まさに高級住宅地

ヴィクトリアでも選りすぐりのお金持ちが住んでるんだって。

 家が大きいのはもちろんのこと、お庭のお手入れがすっばらしいの。お手入れは住人に義務化されてるんだって。

もう・・ため息もでない・・青息吐息・・。

 その後、ビーコンヒルパーク、マイルゼロポイントを経てホテルへ。 

お宿はフェアモントエンプレス。

ヴィクトリアハーバーに面している1908年創業のホテル。まさに威風堂々といった感じ

 内部も重厚で歴史を感じさせる。

 廊下に創業当時の写真が飾られていて、結構楽しめる。

お部屋に入り、ベッドにゴロン・・・「寝ちゃいけません!!!」と I

 「だって~疲れちゃったんだもん。ちょっとだけ~」 私は時差初体験、すでに頭はぼよ~ん。

 「ダメ!ご飯食べに行くのに、私達寝ちゃったら起きられないよ」

 「そうだけど・・なんか寒いからベッドに足の先っぽだけ入れよっかな~」

 「今寝たでしょ!」     「ううん、ちょっとだけ目つぶっただけだよう」

 相変わらず I は元気だ。時差をもろともせず。

 奮起して夕飯を食べに行く。

 ブッチャドガーデンで食べた昼食が美味しくなかったので、ここはひとつアジアなご飯で元気を出さねば!

 ってな訳で、いざチャイナタウンの「ドン・ミー」へ。

 時間は7時頃。街中でも飲食店以外は6時に閉店するので、歩いている人も少ない。みんなどこ行っちゃったの~。

 野菜中心のお料理2品とチャーハンとビール。

半分も食べ切れないよ~。量が多いんだもん。

お店を出ても、まだ明るい。9時頃まで明るいんだって。

日中は暖かかったのに気温がぐっと下がり寒いくらい。

でも、街の人々は半袖のまま・・なんちゅう体してんのかしら!

お腹も満腹。時差もあり、今日は長~い一日でした。

コメント