まじめに遊ぼう! 「旅と人と器と」

旅行記と陶芸だけだったのが、

手芸や籐工芸や多肉ちゃん

そして孫話まで・・・広がりすぎ~!

旅はじめ? 3

2019-01-31 | 旅行 その他
初めての淡水

今から海鮮の昼食
コメント

旅はじめ?2

2019-01-30 | 旅行 その他


朝から博物館

もう、足が棒のよう…

美味しい物食べなくちゃ元気が出ない💦
コメント

旅はじめ?

2019-01-29 | 旅行 その他
やっと日が明け、やっと離陸

ん?ピンクの飛行機?





美味しい物沢山沢山食べま~す

コメント

'19 黒法師

2019-01-28 | 多肉ちゃん  ・  植物

すっかりご無沙汰、黒法師くん

2017/8/29

 

昨年12月には、こんな格好になり始め・・・

 

どうなっちゃうの~ と思ってるうちに

 

ついに全長73cm

 

でも可憐な花だわ~

 

 

 

コメント (4)

今年も ど根性

2019-01-26 | 多肉ちゃん  ・  植物

 

昨年もUPした、ゴルフ場の『ばあちゃん梅』(私の勝手な命名

 

 

それでも、今年も咲いてます

 

いい香り~

 

「ばあちゃん」同士

私も、負けないように頑張るよ

 

 

コメント (4)

母のところへ 6

2019-01-22 | 母のこと

用事があったり、夫が使ったりで日程が取れず

母のところへ日帰りで  

往復3時間半、滞在4時間

 

さて、何を食べようかね

写真だとシャッキリしてそう

 

「杖を使うと歩きにくいわ」

帰り道で気が付いた

杖が前後逆・・・

 

次から気を付けなくっちゃ

 

今日はお蕎麦

これは私のかき揚げ

母は海老天

 

かき揚げが大きくて、その後私は油で胃もたれ(夕飯抜き。こんな事は珍しい)

 

「あ~今日は楽しかったわ~ お蕎麦も美味しかったし」

「次は2月初めに来るね・・・その時は泊まるからね」

 

「あ~いいわ、泊まらなくて!泊まると寒いから!泊まらないでこんな感じで来て頂戴」

 

前回怒ったから、嫌われた

コメント (8)

'18リヴィエラとトスカーナの旅 11

2019-01-19 | 2018 イタリア

 

きれいな青空

 

 

 

 影がじゃまだけど

 

  これぞフィレンツェ

 

 隣国の人々が占拠していて、全体像が写せず上部だけ

「天国の門」

 

 

 

本当はどこかのブログで見つけた

「ドゥオモが近くに見えるデパートの屋上のカフェ」で一休み・・・の予定が

デパートまでは行ったのに、改修中で

 

サン・ジョバンニ洗礼堂の前で

 

よく歩きました~さすがに疲れたね~

 

 

最後に訪れるのは

サンタ・マリア・ノヴェッラ教会

昨日行った「世界最古の薬局」の商品を作っているのが、ここの修道士よ

 

 

 入口は横っちょから

 

 

 広場にはたくさんの人が居たのに・・・

中は・・・見学者少な!

でも、静かでいいわ

 

  

 

ガイドを聞きながら回るのも楽しいけど

 

 ゆっくり自分たちのペースで行動するのは、やっぱ楽しいねぇ

 

 

さぁ 今日の夕飯は、昨晩と同じメンバーで

 

 地元の人でにぎわうお店で

 

あと二種類くらい頼んだのに  忘れてる

「お風呂で洗髪中に寝た事ありますか?」

「ホテルで荷物の整理中に、トランクに顔を突っ込んで寝てた時はびっくりしました」

ガリガリで頭ぼさぼさのYさん

不思議ちゃんだけど、きめ細かい気づかいの、実に愛すべき人でした

またどこかへ旅した時にお会いしたいな

 

そういえば

おひとり様は前回の旅の添乗員さんもYさんだったんだって

ふたりとも、こんな事初めてだって言ってた

 

日中はこんなに味気ない塔も

 

はい、きれい~

 

 

あ~~ん、もう明日帰るんだよ~

帰りたくないねぇ

 

今日の Iねえさんの万歩計はというと24000歩

私もIねえさんの年になっても、こんなに元気に歩けるかなぁ

 

 

「あっそうだ!買ったチーズとチョコをベランダに置いたの、明日忘れないようにしてよ」

 

「何言ってんですか!あなたの方が若いんだから、それはあなたが覚えておきなさい」

 

「ムリムリ~

 

 

 おはよう

 

「チーズと チョコ

「忘れないで良かったねぇ~」

 

2人とも齢は確実にとり(あたりまえ)

忘れることも、探し物をすることも増えたけど

どうにか2人で補いながら、笑いながら

 

リュック夫妻、くま夫妻も、おひとり様も

また世界のどこかでお会いしましょう

 

お土産は、前列以外は食品のみ

 

「次どこ行く~~?」 

 

二人旅はまだまだ続くのかぁ?

=完=

 

   

 

コメント (6)

'18リヴィエラとトスカーナの旅 10

2019-01-14 | 2018 イタリア

= 6日目 =

終日自由行動

中央市場でチーズを買いたいと話すと

Yさん「私も一緒に行っていいですか?」

またまた「喜んで~」

 

今回も「阪神航空フレンドツア-

小人数で、添乗員さんのきめ細かいサービスに感激し

前回のスペイン・バスクの旅からお世話になっている

 

食事もフリーが何食かあり、その時の自分の体調に合わせられるし

今回のように、添乗員さんがお店をチョイスしてくれるので、会話のできない私達でも心配無用なのだ

 

だから昔みたいに、何を頼めばいいか分からず  メニューとにらめっこなんてしなくていい

 

中央市場へ

 

 

Yさんが以前も購入したことがあるというチーズ屋さん

素敵なおじさま( 年下かも )

 

 

試食してお薦めを聞き

新年会用に4種類のチーズを購入し、真空パックにしてもらう

《 みな喜んでくれた~ 》

 

買いたかった「トリュフ塩」もチョコレートも買い、荷物を置きにホテルへ

《 トリュフ塩は、ソテーしたお肉にかけるだけで深い味に

 

いつまでもYさんに甘えてばかりはいられない

ここからは2人で

まずは

サン・マルコ美術館

残念ながら、この日は休館日

 

 アカデミア美術館(休館日)の裏の・・・

サンティッシマ・アヌンツィアータ教会(左)

捨て子養育園(正面)

だいぶ疲れも溜まり・・・広場で一息

 

 

裏道をくねくねしながら

 一番のお目当て

イタリアの偉人たちが眠る教会

サンタ・クローチェ教会へ

 

立派です

 

 足元には・・・

 

たくさんのお墓 

踏まないように・・・

 

ミケランジェロのお墓

 

見ごたえあるフレスコ画

 

 

 

でも、 一歩外に出れば

 何か食べる?

でもお腹空いてないね

 

 

教会前のクリスマスマーケットで軽く食べるつもりが

油ギッシュか超甘そうなものばかり

 

 

中心部へ

 

前回は、存在も場所も知らずにご対面~だったけど

今回は

会いたくて来たわよイノシシくん お変わりないわね

 

「喉乾いた~」

 

「ドゥオモが目の前に見える、デパートの屋上のカフェがあるんだって」 (毎度のうろ覚え)

「行こう行こう」

 

ところが

デパートに到着するも、カフェは工事中・・・らしく

 

「もう!もう ったらもう!

 

 

 

コメント

'18 リヴィエラとトスカーナの旅 9

2019-01-11 | 2018 イタリア

12:00  フィレンツェのホテル到着

 

ここから明日いっぱいはフリータイムです

まだチェックインが出来ないので、トランクを預け、みなで中央市場に行くことに・・・

ところが

ひゃあ~ 大混雑

お昼を食べるどころじゃない

 

 

こりゃだめだ  流れ解散~~

 

Yさん「ちょっとオシャレな食料品店に行きますけど・・・いかがですか?」

「行く行~~く」

3人で

 

 

まずは腹ごしらえ

今晩は『肉』を食べることになっているので、お昼は軽く・・・

3分割でちょうどいい

 

今後の私達の予定を言うと

Yさん「私も一緒に行ってもいいですか?」

「喜んで~」

 

(この 婆さん達 お2人、大丈夫かぁ? 心配だわぁ)

Yさんは内心で、思ってくれてたのかしら?

 

ベッキオ橋を渡り

 

ピッティ宮殿へ

 

 五つの美術館と博物館が入っているんだって

 

その中のパラティーナ美術館へ

宮殿がそのまま美術館になっているので

とにかく豪華絢爛

 

美術館は、いつもガイドさんの解説を聞きながらの鑑賞だったので

気が付いたら、初めてのフリー鑑賞

 

有名どころ()は、額をちょっと出っ張らせているので分かりやすい

 

 

詳しくなくても、それなりに楽しめるわね 

 

美術館で結構時間を使い 

ボーボリー庭園は時間が無くて・・・次回

 

やっぱりまた来なくちゃダメか~ フィレンツェ~

 

 

サンタ・トリニータ橋を渡り、ホテルへ戻りましょう

 

あら!きれい!

この通りは高級ブティック街

ブランド品にはまったくご縁が無いけど~

 

点灯したらきれいなんじゃな~い

 

そうそうホテルに戻る前にもう一か所

 

サンタ・マリア・ノヴェッラ教会の前を通り

 

とあるビルの一階

 

サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局

1612年に創立、別名「世界最古の薬局」

 

ここでローズウォーター×3とレモンのハンドクリーム購入

ローズウォーターは嫁たちへのお土産に

ハンドクリームは香りが良くて癒されます~

 

石鹸だって何十種類

箱に穴が開いていて、『香り』嗅ぎ放題

もうね・・・鼻が・・・分けわからなくなる~

 

 

さあ ホテル

 

 

サンタ・マリア・ノヴェッラ駅の目の前

え~うるさくない?

 

二重サッシで、全然うるさくな~い

ドゥオモも見えるよ

 

今日の夕食は

残念ながら、くま夫妻を除く6名で

地元ガイドさんお薦めのビステッカ(キアナ牛のTボーンステーキ)

 

なぜ、くま夫妻は別行動かというと

 

美食家のくま夫妻は、フリータイムの食事はすべて日本で検索・予約してきていたから

 

ってことで、ホテルの3軒先のお店に出発~~

「トラットリア・ダル・オステ」

 

6人掛けの円卓~~

 

 

 

コースだとTボーンステーキ450gとブルスケッタ3種類とサラダとワイン・水

「私達は大丈夫」とリュック夫妻はコースでペロリ

 

私達4人は「1人でそんな量は食べられない 」と

↓ (1kgだったかな?)とサラダを2品頼んだ

部位によって味も食感も変わり、本当に美味しかった~

量的にも十分

 

 

 

車中の「マルコ主題歌」話が再燃したり、添乗員の日常の切ない話や

添乗員の仕事がどれだけ身体を酷使しているか問題

Iねえさん・Yさん・おひとり様がいつも「あっちっ~」の発表

そして、なぜリュック夫がイタリア語を話せるか問題の追及 と

話が尽きず、大・大盛り上がりの一夜となりました

 

「ちょっとちょっと~せっかくなんだから、あのブランド通り見に行こうよ~」

ってことで

 

 

 

あっ寝る前に?

リュック夫の? イタリア語話? 聞きたいの?

しょうがないなぁ

 

 

30年前に数年間、ミラノ大学に留学していたんだって

かっちょいい~~

 

今回の男性お2人、女性陣に囲まれても楽しく会話してくださり、旅を盛り上げてくれました

 

 

 

コメント (2)

母のところへ 5

2019-01-09 | 母のこと

我が家に一泊した母を送り届け、私がホームに一泊

疲れた~

 

我が家には何度も来ている母だが、泊るのは初めて

「ちょっとトイレに・・・」と必ず洗面所の扉を開ける

「そこは洗面所」とその都度 訂正

なんで?と思ったら

ホームのトイレの場所と混同している模様

 

 

我が家からホームまでは一時間半

「色々なところを周って、見せてくれてありがとう、楽しかったわ~」

「いやいや遠回りしたんじゃないんだけど・・・

「毎回こんなに遠くから来てるんだっつうの」

「あら~知らなかったわ~ご苦労様~」

 

 

寝る間際

「寒くない?」 「大丈夫」

「布団もう一枚かけた方がいいんじゃない?」 「大丈夫よ」

その会話が何回も続き

私も疲れていたこともあり

「大丈夫だってば!うるさいなあ!もう」

 

 

10分後

「ほら、あの・・あの子も今日は泊まるんじゃなかった?その子に掛けたら?」とタオルケットを持って来た

 

 怖い怖い!だれあの子って

「大丈夫だから・・・

あとになり、使わなくてもタオルケットを受け取ってあげればよかったと反省

 

 

(ん?動き出しているけどもう朝かな?)

 

1:30

 

しばし様子をうかがっていると

ブツブツ何か言いながら・・・その後電気を付けたり消したり・・・

こりゃダメだ

「ねえ、夜中に何やってるの?」 と部屋を覗くと

ベッドに座り、何か説明書らしき物を見ている

本人的には、室内灯のリモコン操作方法の確認らしいが・・・

「もうね、気になってしょうがないから、確認してるのよ!おおごとなのよ!」

「でも夜中にしなくても」

「全然眠たくないの!」

「いや私が眠れないの」

しかも私の事を妹の名前で呼んでるし・・・

 

「とにかく今は寝なさい」

と布団に入れたらすぐ

その代わり、こっちは明け方まで寝られない

 

 

「お母さん夜中の事覚えてる?」

「覚えてるわよ~、なにかが気になってね~」

「家に帰って、笑い話にしていいわよ~(笑)」

 

 

 

大正生まれで、艱難辛苦を乗り越えてきた人は、ちょっとのことではへこたれません

 

 

 

今回の事は私が怒った事で、精神的に不安になり、頭がショートしたんだろうな・・・

 

 

 

 

自分が飲み間違えているはずの薬の数も

「薬局が間違えたんじゃないの?」

姉が言う「どこから出てくるんだかあの自信

 

私の歯ブラシが無くなったのも

「知らない、私は何もしてない」

と言うけれど

掃除用に使ってたし

 

 

 

会うたびにぼんやり加速は明らか

ホームは介護2までが入居可の条件

介護3になったら、系列の介護付きホームに移動出来るけど

 

この一年、どうか今のホームで生活できますように

娘たちは祈ります

 

あっそれから お母さん

 

今回の事は、笑い話にするんじゃなくて、忘備録で残しておきますから~

 

 

 

 

コメント (2)