まじめに遊ぼう! 「旅と人と器と」

旅行記と陶芸だけだったのが、

手芸や籐工芸や多肉ちゃん

そして孫話まで・・・広がりすぎ~!

7日間のシンデレラ 19

2011-05-23 | 2008 バリ

 帰りの飛行機は2階席。

片側8列×2 の 32席。
 
 
 
                                                                                                         
美味しい朝食
 
 
  
 
 気がつけば・・・・なんだか私には不釣合いなゴージャス旅行    とはいえ相変わらずなポイントも多いけど
 
知らない世界を垣間見る「家政婦は見た」状態も楽しかったなぁ。
 
憧れのプール付きヴィラにも泊まれたし、スパで疲れも取れたし。
 
心も体もすっきり軽くなったし。
 
でも・・・でも・・・
 
7日間のシンデレラもこれで終り・・・
 
帰れば、山のような洗濯物が・・・食事もつくらなきゃ・・・
 
誰か~!私のガラスのハイヒールを探して~~22cmですぅ  
 
それを履かせて~~!
 
 
そうだ!夫にますます頑張って働いてもらい、がんがんマイルを貯めてもらおう!
 
 
ありがたや~!
 
=完=
 
コメント

7日間のシンデレラ 18

2011-05-22 | 2008 バリ

夫と私、更衣室は別々だけどお部屋は一緒。綿のガウンに着替え・・・

まずベンチに座り、塩とハーブの入ったお湯で足を洗ってもらい、マッサージ。
 
塩のザラザラ感が気持ちいいィ。
 
ベッドにうつ伏せ、オイルでマッサージ。
 
これが強弱・緩急・流れるような動きで、それはそれは気持ちがいいのです。すでにこの時点で 満点はなまる。
 
仰向けになりマッサージは続く。
 
体の上の布を動かしながらのマッサージ  チェンマイの夜 の再来を期待してるそこのあなた・・・残念でした~
 
シロダラ。
 
目の上に少し重さのあるパットを置く。なぜか、これだけでも気持ちが落ち着く。
 
ジョウロ状の容器に温めたオイルを入れて、細~く細~くおでこに垂らす。
 
時々左右にチョロ~と動かすんだけど、それがちょっとムズムズっとする。
 
瞑想状態になる・・・らしいんだけど・・・私はムズり瞑想できず
 
その後、顔、頭皮のマッサージへ。あっ書き忘れた!今回は紙パンツ着用よ、しかも黒のおパンツ。
 
顔のマッサージも皺を引っ張って引っ張って~それを頭部まで持っていく・・・と。ありがた~い。
 
最後に冷たいハーブティを飲み終了。
 
今までにいろんなエステ・スパに行ったけど、ここが私のNO.1に決定!!
 
夫も体の凝りがすべてぶっ飛んだと大・大・大満足のご様子。 よかった、よかった~。
 
 ボケボケ だけど
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スミニャクの街に出て夕食を食べた後、ちょっと早いけどプラナスパのスタッフに空港に送ってもらう。
 
ヴィラではインターネットサービスがなかったので、早めに空港へ行きたい夫。
 
 
空港でチェックインし、免税店の奥の奥の階段を昇ると・・・そこはめくるめくラウンジ
 
またしても家政婦は見た状態
 
ソファがいっぱい、お料理も飲み物もたんまりご用意。
 
さっそく夫はパソコンに向かい、私は1人で免税店に戻りゆっくり見学。
 
免税店から戻ってきたらラウンジは大入り満員  
 
中には日本人の金満両親と20代娘の組み合わせ2組
 
「親のお金であんな若い時からこんな贅沢していいのかぁ?結婚したらそうはいかないぞ!」 ひがみ根性丸出しのコメント 
 
「でもきっとあの娘達はこの先もずっとこういう生活をしていくんだよね・・・きっと」 落ち着くところに落ち着いたコメント
 
以前見た欧米人は両親はビジネスだけど、子供達(小学校高学年)はエコノミーに座らせていた。(席が無かったのかもしれないけど・・・)
 
そして両親は時々子供達の様子を見に来ていたっけ。
 
 
ラウンジでは・・・皆様よく飲みよく食べる。お金持ちでも無料  は好きなのね。
 
私も本当はお腹が一杯なんだけど・・・せっかくだからワインでカナッペ食べちゃおっと。
 
そういえば・・・前回バリに来た時は空港で時間を潰すのに一苦労したんだよなぁ・・。硬いベンチで・・・。
コメント

7日間のシンデレラ 17

2011-05-21 | 2008 バリ

スパには、最終日プランと称して4~5時間コースもある。

以前ホーチミンで5時間コースを受けたことがあるが、時間も潰せるし良かったんだよなぁ。
 
一番行きたいスパは 料金リーズナブルな4時間コース   ところが予約がいっぱいで×・・・
 
その次に気になっていたのが 《 プラナスパ 》
 
他のスパの4時間コースとプラナスパの2時間コースは同じ位の料金。
 
どうしようかな~。どうせ同じ料金なら4時間の方がお得だけどぉ・・・。
 
 
えええ~い!でもやっぱりプラナスパにしよう!気になる~~!
 
  アーユルヴェーダ シンプル・ブリス  2時間 
         
天然素材アロマセラピー・マッサージ・オイルを使い、ストレスと緊張を取り除くマッサージを施します。
 
そして、真正なシロダラによって精神的に深くリラックスし落ち着いた状態に導きます。
 
アーユルヴェーダとは、インドで5000年もの歴史を持つ自然療法。身体のバランスを取り、自然治癒力を高める効果がある。
 
 
ほう・・・なるほど・・・ やっぱりいいねぇ。
 
 
シロダラとは・・・
 
オイルを額のチャクラに垂らし不眠や頭痛を取り除き、記憶力と集中力を高め、心と身体のバランスを整える治療です。

 
そうそう、テレビで見たこと無いかしら?おでこに細~くオイルをたらすやつ。
 
医薬用としても使用されている本場インドから取り寄せた温かい黄金のオイルがあなたの「第3の目」に注がれます。
 
無心のままリラックスしてください。
 
は~い リラックスするする~
 
ストレスや不眠症に効きます。
 
ストレスも少ししか無いし不眠症じゃ無いけど・・・・一度やってみた~い。おでこにオイル~。
 
 
ってことで 《 プラナスパ
 
 
 
 
 
 
まずレセプションで、温かいジンジャーティーを飲み、体がほんわり温かくなってくる。
 
この時に簡単だけど体調を問診表に記入。これは初めて。
                                                                                                              
 
 
 
 
 
更衣室に行く廊下   
 
 ここはインド?モロッコ?どこ?
 
 
コメント

7日間のシンデレラ 16

2011-05-20 | 2008 バリ

これがバビグリン。

テーブルクロスを敷き、氷の入った水も持って来てくれたけど。
 
容器から皿に出すと
 
 
 
 吉野家の牛丼をナイフ・フォークで おすましして食べる感じだけど美味しかった
 
 
 
 
 
 
2時にホテルをチェックアウト
内から見た玄関扉
 
 
タラさんは別の仕事に行ってるという事で、送迎ガイドはタマさん。
  
サーフィンをやっていて日本人の友達も沢山いるらしく、日本語もぼちぼち上手。
 
お約束の 「バリは何回目?ホテルは?」 攻勢が一段落し、話は若い日本女性がバリの男性に騙される話で盛り上がる。
 
早い話がバリに来て日本語を話すバリ人にナンパされ優しくされ、気がつけばお金とかその他モロモロも取られると。
  
南国に来て気が緩むのかね~。情けないぞ大和撫子!
 
思わず言ってしまった一言「若くないから、そんな心配無くて全然楽チン」・・・・もの寂しい
 
 
タラさん、DFSでは1時間の予定を組んでくれてたけど・・・我らは40分でギブアップ。どんだけ買い物下手?
 
スパまで送ってもらい、ここでタマさんとはお別れ。 ありがとね。
 
帰国便は深夜なので時間を潰す為にスパに行く。そうすると飛行機でぐっすりと眠れる。バッチリ!
 
そのスパを決めるために出発前にWebで検索しまくり~。
 
バリはエステ&スパ天国。料金もピンキリ、メニューも様々。
 
どのお店にするか、どのメニューにするか悩む。あれもこれも受けてみたいんだもん。
 
そこで素朴な疑問 : エステとスパ  何が違うの?
 
早速Web検索してみました。
 
エステとは痩身や脱毛、美肌やメイク・ネイルケアなど、トータルビューティを目的とするところ、つまり美しくなるための場所ということ。
 
一方スパはジャグジーやプール等のスポーツ施設やヒーリングサロンなどを併設したリラクゼーションを目的としたところ、つまり癒しです。
 
目に見える美しさを求めるのがエステで、心身共に癒してくれる所がスパと言えると思います。
 
分かったような分からないような・・・
コメント

7日間のシンデレラ 15

2011-05-19 | 2008 バリ

 「ジェラティック」は前回気になりつつも行けなかった街スパ。

 ホワイトニングフェイシャル 1時間  Rp 100,000 
  
クリーム・トリートメント   1時間  Rp  90,000  両方受けても2600円弱
 
クリームトリートメントとは髪の毛のエステ。
  
髪の毛だけじゃなく頭皮のマッサージ。これも気持ちがいい~。
 
雰囲気こそお洒落ではないけれど、安価でもテクニックはなかなかのものです。
 
ちなみに・・・・受けなかったけど
4時間コースだってRp 330,000 (3564円)だよ! 
 
 ここはお薦め~!
 
夕飯は昨日のお店で。
 
サラダ、生春巻き、ミーゴレン、カレー・アヤム、ビールで2500円程。 やっぱり街で食べるご飯は美味しいなぁ。
 
18:30のシャトルで帰宅。
 
 
唯一の  ベッドは大きい方がいい
 
 
 
 
 
 
満天の星の下、リクライニングチェアでする歯ブラシと歯間ブラシ。最高っす!!
 
 
 
 
今日の予定 ホテルをチェックアウト → DFS → スパ →空港 
 
午前中はいつもどおり。景色見てプール見て・・・ ボヨーン。
 
 
ロビー横には書籍やDVDが置いてあるライブラリーがある。  日本語の書籍は少しだけどある。
 
DVDはいっぱいあるのに、日本語字幕スーパーのDVDはない。  HPで見てちょっと楽しみにしていたのに・・・残念~。
 
                                                                                                     
 
 昨晩のイブオカのバビグリンの話。
 
一度食べてみたかったイブオカ(店名)のバビグリン(子豚の丸焼きの皮が乗っているご飯)
 
最終日は出掛けたくないので、テイクアウトのお願いをしたというわけ。
 
昨晩「$10でしゅ」と言われ、高いけど(まあしょうがないか)・・・とOKを出していた。
 
バビグリンは店に行って食べたら・・・たぶん一人前 $1位 でしょう。
 
それを考えると $10 はめちゃめちゃぼったくり。
 
でも10時の送迎で行ってもお店は開いてないかもしれないし、結構混んでるみたいだし。
 
街に行くのにタクシーを頼むか1時間カーチャーターしても・・・合計すれば$10は掛かるか・・・。
 
ってことでバトラーにお願いしたのだ。
 
チェックアウト後請求書を見たら・・・「$10でしゅ」だったバビグリン は 20%のTax 10%のサービス料が付き Total 222,640Rp(約2700円)
 
あいたた~っ!!  バリ旅行は奥が深い 
                    
コメント

7日間のシンデレラ 14

2011-05-18 | 2008 バリ

午前中はゴロゴロ読書。  

気がつくとプールの水面と正面の森を、ただただぼんやりと眺めている。
 
 
小鳥が水浴びにくる。 聞こえるのは鳥の鳴き声と、森から聞こえる  「コケコッコー」
 
 
今までこんな時間の使い方、したことなかったなぁ。
 
いつもいつもバタバタ動いて・・・
 
まさに豊潤な時間の流れ・・・。
 
プールの水は縁から惜しげもなく流れ落ちる。止まっているのは夜だけ。
 
もったいないな~
 
朝晩は涼しいので水が冷たいけど、 午後になると・・・いい気持ち。
 
 
 
13:00のシャトルに乗る為に12:40頃にロビーに行く。
 
新聞でも読んで時間をつぶしましょ。
 
そこに昨晩の「ましゅ」登場。
 
12:50にシャトルを出すと言う。
 
「途中でネカ美術館で降ろしてもらえる?」  「OK」
 
(あら、やさしい。それに時間より早いのになんて親切なんでしょう)・・・と思った途端。
 
 
「1時間のカーチャーターになりましゅ」 $18
 
そう来たか・・・ やれやれここはバリだった・・・忘れてたよ。
 
「OKいいよ、じゃあ美術館の後にジェラティック(エステ)まで連れて行ってね。」
 
「それから行く途中にある ピタマハ 見学させてもらえるかしら?」
 
まさに  と  の化かしあい
 
 
バリのホテルは 「次ぎ来た時の為に」 とかいうと空いていれば部屋まで見学させてもらえる。
 
最初に泊まるつもりだったピタマハ
 
満室なのでプール付きヴィラは見られず・・・見せてくれた部屋は こじんまりした部屋だった。
 
やっぱりプリ・ウランダリにしてよかった~~。
 
もう一つ、「ましゅ」にお願い。
 
「明日のお昼にイブオカのバビグリン買ってきて貰える?」
 
「たぶんOK。でもバトラーに相談してからね」
 
 
美術館に行くというと「絵が好き?いい絵を売ってるとこ知ってるけど行く?」 
 
 行かないよ!もうったらもう!!うるざ~い!
 
ネカ美術館を見学した後「ジェラティック」へ。
 
「道で降ろして」と言ってるのに、なぜかジェラティックのフロントまで付いて来た「ましゅ」
 
バックマージンでも貰ったな?
 
自分で探したんだ、君に紹介してもらったわけじゃないぞ!ったくぅ!
コメント

7日間のシンデレラ 13

2011-05-15 | 2008 バリ

 前回行った足つぼKENKO” まだ健在だったので一枚パチリ。

 
 
  
夕食を食べるレストランを探しつつジャランジャラン。
 
偶然見つけた、写真付きメニューのレストラン。おっ!日本語でも書いてある~。
 
このお店はとても美味しく、翌日も通う。どうやらオーナーの奥様が日本人だとか。
 
パパイヤのサラダ、ナシゴレン、ソト・アヤム 
  
ソト・アヤムは、はるさめの入ったチキンスープ。一番のお気に入り。
  
しかも料理についてくるパンがとても美味しい。
 
 
18:30のシャトルでご帰還。
 
バギーの運転をしてくれたスタッフ。
 
珍しく日本語を少し話せる。これはちょうどいい 「蛍はどこで見られるんですか?」 「蛍見たいでしゅか?連れて行ってあげましゅ」
 
このスタッフ「ましゅ」と命名
 
蛍はゲート近くのライステラスで見られる。想像よりは少ないけど、チラホラっと飛んでいて綺麗

 

 

バギーを呼ばず、こんな急階段を登り朝食を食べに行く

    朝食前のひと運動
 
 
 
美味しい朝食
 
 
 
 今朝もバトラーにスケジュールを聞かれる。
 
今日は午後から美術館→街に行く→エステ→夕飯を食べ帰宅の予定だけど・・・。
 
「13:00のシャトルで街に行きます」
 
「エステは?買い物は?アユン川のラフティングは?」
 
尋ねもしないのに聞いてくる、これってうるさくない?
 
エステに行くと言うと「エステは○○エステ?」と自分が紹介したいエステを言う。
 
「そこは行った事があるの」 と言うと・・・(実は嘘っぱち)
 
「その新しいお店が出来たよ 」 うるざ~い!
 
初日にガイドの「タラさん」にされた質問  「バリは何回目?」 「その時は何ホテル?」
 
実はこの質問をバトラーが変るたび、バギーに乗る度にされる。
 
「 前回 行った~・見た~・買った~ 」 
 
たった一回だけの経験が本当に、本当にお役立ち!                        
 
バリはセールス熱心・・・。実にうっとうしいけど・・・・でもそれがバリ。再認識です。
                     
でも・・・こんなにいいホテルなのに・・・それは残念だな~。  
 
何とかならんのかな~バリのスタッフ教育 
 
コメント

7日間のシンデレラ 12

2011-05-15 | 2008 バリ

滞在中『やつ』には2度とお目にかかれなかったが  『 やつ 』の子分(小柄)の後姿は通路で2度目撃

 
でもなぜか会うのは私だけ。
 
 部屋の前の道
 
 
 13:00から2時間のスパを受ける。もちろん2人一緒。
  
これはサービスで付いているので無料。  てか宿泊費はこれ込みの値段か。
 
15分 足マッサージ
15分 腕・肩マッサージ
20分 サウナ
60分 マッサージ
10分 バス
 
の2時間コース。
 
ウェルカムドリンクを飲み、着衣のまま椅子に座って足、腕、肩のマッサージが終り、バスタオルを巻きサウナへ。
  
20分もサウナに入ってられるかな~と思ったけど、温度が低めだったのでOK。汗もドッカンと出た。
 
後は毎度のオイルマッサージ。
 
サウナに入るスパは初めてだったけど、後は特記する事なし・・・か? サービスだから文句ありません
 
 
 
 
 
ヴィラから街までは結構離れていて、歩いて行くのはチョット無理。
 
そこで不便だったのがウブドの街までのシャトルバス(無料)
 
From Hotel   10:00  13:00 16:00
From Ubud   13:30 16:30 18:30
 
スケジュール外は片道 US$8 だからね。ついこの時間に合わせて行動しちゃう貧乏性。
 
こちらはハネムーンさん
 
 
夕飯を食べる為に16:00のシャトルで街に繰り出す。
 
街は4年前とあまり変らず、「タクシー タクシー」攻撃も相変わらずのウブドです。
 
でも野良犬の数は激減だね。
 
夫同伴の時は買い物は楽しめない。
 
「いいよ、どうぞ」 とは言ってくれるけど、所在無さげにしているのを見ていると、こちらが落ち着ついて見られないもの。
 
4年前はあんなに血眼になって買い物をしたけど・・・それも今は昔、大して欲しい物も無く・・・そんな情熱も無くなったのかな。
 
あの頃は若かった~。
 
結局この日買ったのは、明日の昼食用カップめんと飲み物だけ。
 
これで明日の午前中ものんびりだ
 
コメント

7日間のシンデレラ 11

2011-05-14 | 2008 バリ

部屋での私のお気に入りの場所

リクライニングチェア からの眺め

                                                                                      

夫はソファーが好きみたい。
 
 
 
 
部屋が広いので、 相手の気配をあまり感じず・・・
 
 
 
 
 
本を読んでたはずが・・・寝てた・・・
 
 が当たりはじめ暑いので東屋に移動。涼しいところに移動する”ねこの気持ち。
 
 
東屋(右のマット)で寝転んで読書中・・・右目の端に何やら物体が?
 
ん?・・・・
 
 
見ると私の先 2メートル!
 
《 ↑の写真:左のリクライニングチェアのちょうど真後ろ 》
 
フンギャ~~!!!
 
そこには茶色地に黄色い模様の4本足・・・
 
腹回りは40cm全長1・5メートルくらいのトカゲが!!! しかも口から舌がピロピロ~  
 
たぶんこれを読んでる実の姉〇子、パソコンを押しのけ 「だからアジアはイヤだ!!」と絶叫  してるね?
 
汚いのと爬虫類は苦手な〇子です。
 
 
声を出して飛びつかれたらイヤだし・・・でも夫にも見せたいし・・・ソファーにはいないから洗面所かな?
 
私がそ~っと動いた瞬間・・・ものすごい勢いで 『 やつ 』 は回れ右をして逃げて行った。
 
その慌てぶりといったらない!
 
誰もいないとおもったのに 『人間』 がいたのだ、そりゃ 『 やつ 』 だって驚くか。
 
コメント (2)

7日間のシンデレラ 10

2011-05-13 | 2008 バリ

朝起きたら 外に出る。

はふぅ

          

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 素敵なのでため息一つ。
 
お風呂 
 
 
 
洗面台は2台
 
 
外にもシャワー
 
 
 
プールに面したレゴンテラスで朝食。
 
 
 
朝食のルームサービスは夜のうちに用紙に記入して扉に吊るして置けば、部屋まで持ってきてくれる。
 
ただし$5のチャージが掛かる ( 細かいけれど それにも20%Tax と10%のサービス料よ  )
 
言うまでもない、私達はレストランに出向きます
 
 
メニュー(日本語なので助かった)から注文。
 
ジュース6種類・ヨーグルト2種類・卵料理4種類・シリアル4種類。
 
3泊しても毎朝違う物は食べられるね。
 
                                                                            
 
 
                  
 
 
 
 朝食中、バトラーが来て朝のご挨拶。
  
 その日のスケジュール、その際のバギーの要・不要を聞かれる                
 
 担当のバトラーは毎日変りました。
コメント