まじめに遊ぼう! 「旅と人と器と」

旅行記と陶芸だけだったのが、

手芸や籐工芸や多肉ちゃん

そして孫話まで・・・広がりすぎ~!

暑いけどサムイ 9

2010-11-26 | 2006 サムイ島

「ムアン・サムイ・スパ・リゾート」 でのフェイシャル 1500バーツ 

スパは海に面した所にあるけれど、このホテルは敷地が狭くて窮屈な感じ。プールも小さいし・・。 

私達のホテルとは随分差があるわ。 

フェイシャルも気持ちは良かったけど・・うん~ん、どうでしょう 今ひとつパンチがきかない感じでしょうか~。(長嶋茂雄風) 

てか、途中どうやら寝ちゃってたみたい・・ゆるゆるのことは笑えない・・。

 今回の旅行では・・エステよりマッサージのすばらしさに着目。  

益々「おやじ度」 に磨きをかけた4人でございます。 

17:00ホテルロビーでコンさんと待ち合わせ、空港まで送ってもらう。 帰るときに天気が悪いのは後ろ髪を引かれずいい? 

帰国日のエステのお誘いにも乗ってこなかった4人にコンさんは笑顔も無く 冷めた態度。 

空港でチェックインも終わり、ここでコンさんともお別れ。  

「ぜったいここからでないでください、このばしょからうごかないでください」 しつこいほどに連呼。 

「OK、OK、大丈夫!!」 子供じゃあるまいし~、何度も言うなっての! 

あっ・・・もしかしたらコンさん、毎晩営業の為に私たちの部屋に電話してたのに、いつ電話してもホテルに私達が居なかった? 

(このおばさんたちはどこにいくかわからないからくぎをさしておかないとな)  そういうこと? 

私は心のどこかで(今回はゆるゆる組を十分楽しませねば!)との勝手な使命感を抱いていた気がしている。 

(ここで食べて、お腹がPi~しないか・・とか欲しいものを買えているか・・)とか・・。 

もちろん自分も十分楽しんだけれど・・

旅行中の 【ゆるゆる達の楽しそうな笑い声・買い物をして満足そうな笑顔】 を見て幸せだった自分も居た。ありがとよ! 

きっと I も同じ思いだったと思う。 

今回の旅行をゆるゆる組はとても楽しんでくれたようで・・ 

「またすぐに行きたくなっっちゃった~、すっごく楽しかったんだもん~」 

ただしゆるゆる達よ!もし行くことがあっても、次回の旅行は今回の様にはいかないよ! 

食事はもっとジモティなお店で食べるし、ワインやエビなんて決して頼まない。しかも京成は急行乗車。 

それから・・そろそろ歯磨きの時のうがいは水道水でなさい、ミネラルウォーターじゃなく! 

それでもいいんなら・・・次はどこへ行っちゃう~?

 

=完=

コメント

暑いけどサムイ 8

2010-11-25 | 2006 サムイ島
5日目

リ~ン、リリ~ン。

枕元で電話が鳴ってるみたい・・。 「あい・・」 とびっきり寝ぼけ声の私。 

「もしもしこんさんです・・。きょうのえすてはどうしますか?」 

「いぎまぜ~ん」 なんだよこんさん、こんなに朝っぱらから、寝たのは1時過ぎなのに~ふんとにもう! 

時計を見たら8:00!

たったいへ~ん!ゆるゆる組との待ち合わせは8:00!! 

急いで着替えて部屋から飛び出る。 

ぱきぱき組、旅行中唯一の遅刻5分。頭はぼさぼさ、素ッピン。ゆるゆる組はもちろんきちんとお化粧済み。 

でも・・寝坊しなくてもぱきぱき組は毎朝ぼさぼさ素ッピンだったか・・。 

今朝は 《 おっ!これぞタイ 》 のアチチな気温。 

滞在中、天気は悪かったけど気温が高くなかった分、歩き回るのには楽させてもらったね。 

海を見ながらの優雅な朝食もこれが最後・・としんみりはすれども食欲旺盛な4人。 

昨晩部屋に戻ると「水道の工事をするので12時~は水が止まります」とのお知らせがあったので、早めにチェックアウトしちゃいましょ。 

Nの荷物の整理はまたしても4時まで掛かったそうな・・・。 

旅行前に 「リゾートに持っていったほうがいいものってある?」  

「そうだねぇご飯食べに行く時の長めのスカートとかあると楽しいかな?

結構汗かいて何回も着替えることもあるからTシャツは多くてもいいかもよ?」 

との言葉にTシャツ10枚以上持参。 

実は・・N  いつも荷物が多めで、街を歩く時も「どこへ一泊旅行?」ってな感じのバッグ。 

荷物の少ない私の軽~く2倍?ついつい 「どれどれ中に何が入ってるの?」  

ところが旅行中、I が指のささくれを取りたくて 「ネエ N ハサミ持ってる?」  

「ありま~す!!」  やったぞ N!多めの荷物のお役立ちの時が来た!!

 何度も足を運んだアイヤラショッピングセンター。その奥のエステにフェイシャルの予約を入れに行く。  

電話で済ませたいところだが・・・電話は手ぶり顔ぶりが使えない・・・ので自分の足で行くっきゃないのだ! 

ところが、「4人同時にはエステティシャンがいないので無理」とのこと。いい雰囲気のエステだったのに泣く泣く撤退。 

 隣のホテル「ムアン・サムイ・スパ・リゾート」のスパに2:00に予約を入れる。  

そのホテル前には昨晩行ったマッサージ屋 →→ → →直行。 

さっくりとサムイ最後の足マッサージ。サムイの疲れは残しません!  

マル秘の話だけど・・ゆるゆる組はマッサージ中毎回寝てしまい・・・・・

大きい寝息をたて、最後に自らの 「っふんがっ!!」 で目が覚める。

 だいぶお疲れのようで・・・。 

ランチは2日目に行ったチャイニーズ。

一軒手前のジモティなお店にも行ってみたかったけど・・・ゆるゆる不安そうなので・・。 

飲茶のサービスがあったので、それと炒飯3種類とビール。これで十分。 

最後に来た炒飯は ハスか何かの葉っぱ で包まれ蒸してあった。それを見た4人「うわーっ」歓声を上げる。 

ボーイ苦笑、他の店員にその事を説明している様子。  

きっと・・「前にも来てたけど、あいつら可笑しくね?自分達で頼んだ物なのにびっくりして・・絶対分かって無くて注文してるぜ!!」 

その通りでございます・・。想像もしてない形態だったんだもん~。なのに美味しくてよかった~。 

  
コメント

暑いけどサムイ 7

2010-11-23 | 2006 サムイ島

4日目 

午前中はいい天気でも午後には必ずといっていいほど雨が降る。 

出来れば1日はオプションでコーラル島ツアーに行きたかったけど・・

やっぱり無理みたい、今回はあきらめましょ。 

タイの5月は雨季ではないのに・・どうやら台風が来ていたらしい。 

さあ困ったぞ、それなら今日は何をしようか? 

I が「ジムトンプソンの支店がサムイにあるらしい」  んじゃ行きまひょか~。  

サムイ島の詳しいガイドブックは無く、着いてから貰った地図も適当。 

とにかく歩いて探そう、毎度の事だ・・。 

どうやらジムトンプソンは南の方みたい。 

いろいろなお店を覗きながら歩くうちにまた雨が降り出す。 

雨も激しくなったのでスーパートップスに立ち寄る。 

サムイの「明治屋」といった感じでしょうか? 売っているお弁当がかなり美味しそう・・・ 

天気が良ければそれを買ってビーチで食べても楽しかったね。  

すでに2時過ぎ  お腹が空いたはずだわ。

横道を入っていくと ビーチに面したタイレストラン、ランチはここに決定。 

まずはシンハービールを注文。よく歩いて喉はカラカラ。 

うっうま~い!やっぱり暑い所で飲むビールは王様だ! 

注文した揚げ春巻き到着・・・ッと思ったその瞬間、Nのグラスに揚げ春巻きが1本 チャッポ~ン。 

ボーイも私達も爆笑。 

その後、注文した料理は来るんだけど・・Nのビールと揚げ春巻き1本は出てこなかった・・・。

タイってそんな感じ? 

やっと探し出したジムトンプソンで N&K2 お土産をたんまり買う。気がつけば外は暴風雨。 

しばし併設しているホテルのロビーで雨宿り。 

今晩の夕飯はもう一つのクーポン、≪ホテルでの夕食サービス≫を使うので夕飯の心配は無い。ならばもう一遊び! 

ホテル近くのマッサージ屋へ行き、今日はタイ・マッサージを受けよう。

ボーイにタクシーを呼んでもらう。 

行き先も言ってあるし、前回とは違いゆったりとした気持ちで乗車。 

雨が降っているのでマッサージ屋もガラガラ。お姉さん達はソファーでお寛ぎ中。 

私たち4人が入っていくとお姉さん達 一斉に動き出す。 

なぜか私達が入店する時はいつもガラガラなのに、帰る頃にはいつも満員。招き猫のお役目果たしたかしら? 

タイマッサージはマットに横になり全身をほぐす。たまに痛い所もあるけど、総じて気持ちはいい。 

しかも着衣のままなので、心の底からリラックスもし 脱力~~。 

やはりチェンマイの夜は・・・ここまで脱力は出来なかったし・・。 

煮解けたような心地よさでホテルにご帰還。一応お着替えしてレストランへ・・といっても朝食と一緒の場所、しかもバイキング。 

お味は・・・・まあサービスだしバイキングだから仕方ありません。 

この時は結構気温が下がりひんやりしていたの、でワインを注文・・値段の割りに・・だったね。 

明日は帰路に着くんだもん・・・んじゃもう一遊びしちゃう~?ホテルのバーへいざ出陣! 

我々はぁ!遊びに手抜きはいたしまっせ~~ん!! 

ちょっといい雰囲気で狙ってたんだ~このバー。 

なのに最初はレストランのほうへ通され・・「違うの違うの、あっちに行きたいの!」とバーの方向を指差す。 

ステージには女性歌手、その真横の席に陣取り、カクテルを注文。歌の合間にその歌手が「どこから来たの?」 「ジャパンよジャパン~」 

隣の老年夫婦2組はスイスからだって。ロンドンから来た男性3人組、オーストラリアもいたねぇ。後はラブラブカップルばっかり。 

途中乗りのいい曲になり、歌手が出てきて踊れと・・。 

ここでワールドカップのサムライブルーにエールを送る気持ちで(?)恥らいながらも昔の乙女達は舞ったよ。 

しかし・・アメリカンと違って行儀がいいの?  ってか乗りが悪いぞっ!ヨーロピアン!!

コメント

暑いけどサムイ 6

2010-11-22 | 2006 サムイ島

3日目

今朝はとてもいい天気。せっかく水着も持ってきたんだもの、着ましょうよ。 

 ってことで・・・今日の午前中は歩いてビーチを北上。

ビーチ沿いにホテルが建っているのでそれも見学できる。

高級なホテルはビーチベッドのマットも厚いね。

ビーチにもマッサージ屋。さすがタイ。潮風に当たりながらのマッサージも良さげ。 

 老いても太くてもビキニが普通のリゾートで、ワンピース水着のおばさん4人。

違った意味で目立つ~!!(@@)

海にいたのは1時間半位なのに皆、肩から背中にかけて焼けた~。

 ランチはホテルのビーチサイド・レストランでピザ・サラダ・シンハー。

その頃から雲行きが怪しくなり・・・バケツをひっくり返したような大雨。 

 3時からホテル内のジムで ヨガ(もちろん無料) があることを確認、それに参加しよう。

どうやら参加するのは私たち4人だけらしい。マットの上で待機。そこへインストラクター登場。

英語で 「息をいっぱい吸って~いっぱい吐いて~」 みたいなこと言ってる。

徐々に動きは激しくなり・・・

肩で支えて足を上に伸ばしたり、ブリッジさせられたりと、初心者がするレベルをすっかり超えている。

途中インストラクターも・・掛け声は掛けるけど休憩してたもん。結構きついよね。

1時間で汗まみれ。小腹も空いてきたし、シャワーを浴びて街に繰り出しましょう! 

 夕食は到着した時から気になっていた、ちょっとこじゃれたタイレストランへ。

店先にボートを置き、魚介や野菜を陳列している結構大きいレストラン。

ところがここは・・・不味くはないけど美味しくもなかったなあ。  

大きな音量でがなり立てている車、どうやら「ムエタイ」の街宣車みたい。

街の一角にオカマちゃん達が立ち並んでいるんだけど、あまりきれいとは言えないかも・・。  

デブちんのオカマちゃんと目が合う・・ニコッとされたからニッコリ返し・・。  

昨日とは違う「マッサージ屋」へ

このマッサージ屋で・・・  

アジアではありがち  トイレは下水のせいか紙の質のせいか、紙はトイレに流さず横にあるゴミ箱に捨てるお約束。  

トイレへ行ったK2。 それを忘れトイレに紙を捨ててしまったらしい。 流そうとしたのに今度はタンクが壊れ水が流れない。 

パニくり店員に身振り手振りで説明。

どうやら横の桶に貯めてある水を柄杓を使い、流すとの事。

無事終了。

K2 気を利かせて、桶に水を貯めようと水道の蛇口をひねったら今度は水が止まらない。  

K2ますますパニック~! 

 

トイレから出てきて私達に事の顛末を日本語で話すK2。

タイ語で他の店員に説明する店員。

店員の爆笑の渦に包まれ、馬鹿笑いをしながら4人陽気に退場と相成る。 

コメント

暑いけどサムイ 5

2010-11-21 | 2006 サムイ島

入り口のタクシー乗り場に行こうとすると・・そこから一人の青年が 「TAXI?」 ありゃちょうどいいわ 「YESよ~」

料金確認、しかも200バーツに値切る事は忘れない。

導かれドアを開けた車は・・・。 「あらら?」 普通の乗用車、タクシーじゃないジャン。

なんだか流れで乗っちゃったけど、これはまさしく白タク?

 その青年、私達が日本人だと聞いてから 「とよた~にっさん~ほんだ~あじのもと~・・・」 

知ってる限りの日本語を羅列、でも車内はホテルに着くまで重~い沈黙。

ホテルに向かう道かどうか分からないけれど、交通量からすると街に向かうメインロードだと思うけど・・。

なんかすっごく怖かった~。

もしかしたら、どこかの国に売られてたかも・・でも私達の場合は買い手がなくて内蔵だけの売買だったかも~。

これをいい経験とし、次回は乗車拒否するわっ!

ホテル前で降車。無事に降りてしまえばこっちのもの。踵を返し昨晩発見したアイヤラ・ショッピングセンターに行く。

 まだ出来立てのショッピングセンターで4人の血圧急上昇!

 サムイは高いとは言ってもやっぱり安い・・・。買い物は女性を幸せにするね~。

今回私はお見立て役。それぞれの個性で  似合うタイプも違って結構楽しめる。

 ゆるゆる組は見るものなんでも欲しくなる。ぱきぱき組も何年か前はそうだった。

 今じゃ (無駄に買うことはない、次回買えばいいんだから・・) 冷めたものだ。

 いろいろと買い漁り (といってもブランド品ではないので たかが知れているけど・・) 夕食は中華。

 本当なら麺、しかも中華麺系が食べたいのだけど・・タイってスープに入ってる麺ってないのかな~。

前菜・空芯菜・アスパラ炒め・おこげ(これも乾燥した米の揚げたものではなく、太~い麺(ワラビもち風)を揚げてある)

焼きそば・デザート(2つしか頼まず4人で食べていたので店員苦笑)

 「マッサージ屋」へ

一時間で200バーツ(600円強)着衣のまま、リラックス椅子に寝そべり、足・背中・肩・首とマッサージしてくれる。

それはそれは気持ちいいのだ。痛気持ちが良いのだ~。

今回はホテルでのエステはしない分、毎日マッサージ屋に通おう! と 4人意見一致。

それで一日の疲れもぶっ飛ぶ!!

それにせっかく海に来たんだよ水着だって着なくっちゃ!明日はちょいと海に繰り出そう!
コメント

暑いけどサムイ 4

2010-11-20 | 2006 サムイ島

ランチはタイカレーとシンハービール。辛さも程よく美味しかった。

2時にホテルロビーでコンさんと待ち合わせ。そのころから雨が降り出す
 
まずはサムイ島に来たご挨拶を兼ねて『ビッグ・ブッダ』へ。全長15mもある黄金の仏陀。
 
でも・・高田純二似でちと笑え、その分ありがたみ薄れる。
 
 
車中でコンさん「みやげものやにいきましょう」と言う。

ゆるゆる組 慌てて「えっ!いいです行きません!だって雨が降ってるから~いいですぅ」 「ん?」

コンさん「だいじょうぶです あめふってても やねはありますから・・」 「・・・・・」

後ろの席で聞いていたぱきぱき組、苦笑。その後、お願いしていない「モンキーセンター」にも寄ると言う。 

「ぞうさんもいます、のれますよ」

ここでもゆるゆる組 「えっ!乗りません、見るだけです、見るだけでいいです~」 

 「しんぱいないです~」 ホントに乗ってこないおばさん達である。

生後2ヶ月の小象が一生懸命鼻を振ってお出迎え。傍により触らせてもらう。小象さん案外剛毛。

横にいた欧米人が「キスしてくれるから腕を出してみて」と・・。

腕を出すと・・・・鼻先で腕を「チュッパッ!!」誰が出しても「チュッパッ!!」可愛いね~。
 
ご褒美にバナナをあげるとあっという間に完食~。
 
おじいさん岩・おばあさん岩と名付けられた男女のシンボルの形凸凹の岩があるヒンター・ヒンヤイへ。
 
自然の産物とはいえ上手い事できてるもんだ。

眺めもよく、天気がよければどれだけ海がきれいだったか。惜しまれます。

森の奥にあるナ・ムアン滝へ。

その後、海に面した高台のビュウポイントで写真撮影。

その真上にあるレストランでのディナーをやたら勧めるコンさん。「へえ~そうなんだ~」 全然食いつかない4人。

これで時間はあるけど観光終了。

ここでコンさん 「ろーたすにいきますか?」 

「 はい行きます!!行きます!ホテルには自分達でタクシーで帰りますう!!」 速攻食いつく!!

行きにロータス前を通った時に、ぱきぱき組 「ホテルからロータスまでタクシーで行ったらいくらぐらいですか?」 と質問。

それをコンさん覚えていたらしく・・お手柄です!  「コンさんえらいでしょ?」 て自画自賛っ!

テスコロータスは日用品から電化製品、映画館まであるというサムイ一の大型スーパー。 スーパーは覗いとかなくっちゃね。

 フードコートも充実していて、「ショッピングの後はここで夕食を食べよう」 と意気揚々の4人。

ところが・・・品物の内容がほんとにスーパーすぎてつまらない・・4人撃沈。

つまんな~い、タクシーでホテルに帰ろう 

コメント

暑いけどサムイ 3

2010-11-19 | 2006 サムイ島

2日目 

 

昨日、ガイドのコンさんに 「あした あさ れすとらんにいくとき わたし きます。だいじょぶ しんぱいないです」 と言われ待ち合わせを8時にした。

別に 朝食のレストランくらい自分達で行けるのに・・。

8時 部屋前。ゆるゆる組はまだ来ない・・・。 

ノックすると・・・「待って待って~もうちょっとだから~」

しっかりお化粧済み。パキパキはもちろんスッピン。 

コンさんが親切なのは もちろん島巡りやエステのオプションの営業込み。 

午後2時からの2時間車チャーターを頼む。

それからゆるゆる組とぱきぱき組の部屋の大きさが違っていたので、大きい方の部屋に統一してもらうよう ホテル側への交渉をお願いする。

この日はさわやかな気温・・・・ところがコンさんったら・・それってセーターじゃないの? 「きょうはさむいですね」だって!

 朝食後、まずはホテル内散策。

それほど敷地は広くなさそうだけど、木々が生い茂り南国の花々が咲きリゾート感を盛り立てる。

ビーチは左手に小島があり、それに沿うように人工のリーフがあるので、遠浅で穏やか。

このパッケージには30分のエステサービスのクーポンが付いていた。ラッキー。

朝食後、予約を入れにスパへ。

寝る前に受けたいところだが、サービスなのでそんな良い時間にはやって貰えないみたい。

ならば・・・ちょうど空いているので30分後に予約。

サービスのエステ、しかも30分だし、大して期待もせず望んだ。しかっ~し!これが中々良かったのだ。 

裏半面だけなんだけど、とても丁寧尚且つ本格的。ありがたや~。

サムイ島の物価は、リゾートだし島なので、チェンマイよりも少々お高めな感じ。

ホテルのエステなら1万円以上はする。

ぱきぱき組 「なんかさあ、エステももうこれで十分満足だよね~」 

旅行前に 「エステした~い、毎日したい~、エステ三昧~」 と言っていたゆるゆる組。

ところが・・エステ初体験のK2が 「気持ちよかったけどなんだか緊張した~私もこれでもう満足」

K2は途中 「リラックスして~」 と何度も言われていたそうな・・。

ちなみに・・・皆様の懸案事項を解決いたしましょう。・・・おパ○ツは着用のままよ。
 
コメント

暑いけどサムイ 2

2010-11-18 | 2006 サムイ島

5月19日 5:50に駅集合

生憎の雨・・・しかし、4人元気に集合。

Nは昨晩荷物の整理に時間が掛かり、(寝ると起きられないかも?)・・・と一睡もしてないとか・・。

上野からは K2 のたっての希望、スカイライナーで空港へ

「うんうんいいよ。久しぶりの海外だもんね。向かい合わせの電車で行きたいんでしょ、いいよいいよ」

・・・・急行で行けば1000円も安く行けるけど・・・バーツなら3000バーツ・・ってことは3食は食べられるのにィ・・。

ぱきぱき組早速そろばん勘定。

成田発10:35 JAL-717便

途中何度も揺れた~。今までで一番揺れた!

バンコク着 15:05  

 バンコク発 16:50 バンコク・エアウェイズ PG-179便

WEB で 「バンコクエア・ウェイズはお客様を空腹で現地に到着させません・・」 みたいな記事を見たんだけど・・。

乗っているのは1時間だけど・・機内食が出るって。

「 ホントにそんな事書いてあったの?いつの記事?1時間しか乗らないのに?箱に入ったセットじゃない?」

「・・・でも写真も載ってたんだよね・・トレーに乗ったちゃんとした機内食」

バンコク・エアウェイズの搭乗口横に な・なんと セルフサービスのコーヒー・サンドウィッチ・ケーキがあるじゃないか!

もちろん無料。

やっぱりあの記事は本当だった!!

離陸する前におしぼりを手渡され、機体がまだ上昇中の斜めっている時にジュースとトレーに乗ったちゃんとした機内食!

乗務員だけでなく乗客も忙しい。

サムイ着 17:50

あまり天気は良くないねえ、雨が降った気配も・・。

飛行機からの移動は可愛いペイント柄の車。まるで遊園地の飛行機乗り場って感じ。

しかも、かやぶき屋根に吹き抜けのロビー、開放感いっぱいでほんとにここは空港?

サムイ島はバンコクから南に470Km、lタイで3番目に面積が大きい島。

ヤシの木が多く、別名「ココナツアイランド」 ヤシの木よりも高い建物は建てちゃいけないんだって!

現地ガイドのコンさんとホテルへ

位置的にいうと・・・

島の東側に広がる約7キロのビーチが島内で最も活気のあるチャウエンビーチ。

ビーチと平行して走る道路とビーチの間にホテルが林立。ホテルの敷地は間口よりも奥行きが長い鰻の寝床状なのでホテル内はとても静かだ。

道路には店が連なり、そこがサムイ一の繁華街・・といった感じ。

 

 ホテルはチャウエン リージェント ビーチ リゾート

ホテル内には木々が生い茂り、通路もウッドデッキ。

部屋で一息つく間もなく、街へ繰り出す。

だって小腹が空いたんだもん・・・って機内食は食べたけど・・。

 お店の感じも「アジア」な感じ。

まずはタイ料理から行ってみましょう。

着席した途端 「暑い~!クーラー無いの~?」 とK2 

「ハア?何言ってんの?ドアも無ければ壁もないのにクーラーなんてあるわけがないです!」

「あ~ホントだ~」 「ほんとだ~」

 「・・・・・」 先が思いやられる・・。 

 

メニュー選びの苦労は毎度のこと。おなじみのメニューとシンハービールを注文。ところがここからがいつもと違う

「せっかくだからエビの焼いたの頼んじゃう?」

ついついゆるゆる組にサービス。すると大喜び!いつもはこんな贅沢はしないのに・・。

お会計1600バーツ(約4800円 内2400円はエビ代)

ほろ酔い気分でショッピングを楽しみ深夜にご帰還。

「明日は8時に部屋前に集合ね」とぱきぱき組。 

「え~っ早い~10時は?」とゆるゆる組 

「おふざけじゃありません!!」 

そんな感じで初日終了・・。

コメント

暑いけどサムイ 1

2010-11-17 | 2006 サムイ島

2006年 

今年こそメンバー5人全員で海外に行ける!しかも積立金で行くんだもん~。自腹は切らなくていいんだもん~!(?)

一度積立金を使い切るために今回は全額を下ろすことにしたので、お小遣いもついちゃうんだから!すっすばらしい! 

メンバー5人で国内旅行は何度も行っているけど、海外旅行はなかなか全員揃わない。 

前回5人で行った海外旅行は4年前の香港。あの年は日韓共催のワールドカップの年だった。 

そう あれから4年が経過。早いね~光陰矢のごとし~。 

とりあえず日程だけは決まった!5月19~24日 

今回は N&K2 が旅を企画。  なぜなら、いつもなら私が率先して企画するのだが・・。 

旅行回数の少ない N&K2 が企画することによって自分達の旅をしてもらい、

なおかつ企画する楽しみも味わってもらいたいとの思いがあったからだ。 

(決して私が面倒くさいからでは無い) 

「バリに行きた~い、海バリ~!海バリ~。のんびりしてエステした~い!!!」 

これは、自分達が参加してない旅行の話を 毎回聞かされていた彼女達の 心の叫び なのだ。(妄想大量に含む) 

「あんた達のんびりするってのは大変なんだよ、欧米人みたいに 日がな一日プールサイドで本読んだりゴロゴロしてられる?」 

「何にもしなくたっていいの~、のんびりしたいの~」 

「んじゃ買い物はしなくていいのね?」

「するする~買いたい買いたい~いろんなもの買いたい~」 

「んんん・・。」 

私的には(久しぶりの海外なのに テロのあったばかりのバリに行くのでは ご主人達心配しないかな?) との思いがあった。 

ただしここでの『ご主人達』 の中に K ・ I ・ 私 の夫は含まれず。 

「それなら、ホテルから一歩も出なければ大丈夫だもん」 

「ホテルから出ないなんてありっこしないよ」 

バリ行きに対して水を差すような私達の言葉にも「でも~海バリでリゾートしたい~のんびりしたい~」と言っていた二人も、 

周囲からの 「わざわざ危ないところに行くなんて・・」 との冷静なアドバイスに一挙撃沈。 

目的地は振り出しに戻る~。ところがその頃の私の頭はすでに「バリ」一色。 

どうしてくれるんだ~!それを消し去るのに苦労したぞ。  

N&K2は二人で何度も会議を開いていたようだが なかなか目的地が決まらない。

  ☆ N&K2の御希望 ☆  

 @リゾートでのんびりした~い @美味しい物を食べた~い @安価でショッピングをした~い @エステ三昧をした~い 

@ただし予算は無~い。

ってえことは結局アジアしか無い訳で・・。 

なかなか決まらないので、私と I が以前から行きたかったサムイ島を推薦 4月13日 行き先はタイ・サムイ島に決定!!

 ところが!この時点で K が家庭の事情でリタイヤ。本当に5人で海外に行くって事は大変なことだわ・・・。

旅行会社も近所のJTBに決定。その後N&K2 は何度もJTBに足を運び、担当者に細々と質問攻めにしたみたい。

担当の方、ご苦労様でした。

燃油サーチャージ金額→14800円  原油急騰を肌で感じるね。

今回の4人。敢えて言うなら・・・のんびり・ゆっくりの N&K2 (以後ゆるゆる組) と  しゃきしゃき・てきぱき(以後ぱきぱき組)の  I &私 

 両極のペアである。ただし共通点は・・自己主張はいたします・・かな?

GW中に I  のお義母様ご逝去。

本当に私達の旅行前にはいろいろな事が起こる。

最悪 旅慣れぬ、しかもゆるゆるの N&K2 と私の3人旅になるところで・・・・その事を想像するだけで目眩がしていた・・・。

若干不謹慎ではあるが・・・4人で行かれることに相成り良かったですぅ~。

コメント