ひつじ飼いのキノコ岩との日常

家庭の事情から、トルコ国内のすったもんだまでw

アバノスでお散歩♪

2019年03月23日 06時28分00秒 | 日常生活
デニズリ県の
アジパヤンという町で
3月20日に

マグニチュード5・7の
地震が、ござんして。

幸い、死者は
出なかったものの

残念ながら
あまり

耐震性のない
トルコの家は

潰れたり、傾いたり。
住民は

命からがら
逃げ出して

表で、テント生活を
しているよな、状態だそうで。

20日以降
体で感じられる地震が

まだ、1日に
2回くらいは
あるらしく。

ただし、
体に感じない地震は

日に100回以上
あるらしい…。

大地震の
前触れじゃなきゃいいね、と

みんな、心配は
してるんですがね…。

というのは。
実は。

デニズリ県って
地震の多いトコ
なんだよね。

あっちにも
こっちにも

活断層が
通ってる。

かの、有名な
「パムッカレ」の近くにある

「ラオディキア」という
古代の町、なんかは

地震のせいで
民衆が住まなくなった町、
だったと思う…。

パムッカレのそばの
ヒエロポリス、も

地震のせいで
結構、ぶっ壊れてるし。

大体。
イスタンブール方面の
大地震から

実に、19年も
経ってて

その間、執拗に
都市改革!耐震性のある町作り!が

叫ばれてきた、にも
関わらず。

イスタンブールでも。
他の町でも。

地震に強い町作り
どころか。

地震時の
緊急避難用地にまで

いつのまにか
高層ビルが

立ち並んでいる
状態で…。

今回みたいに。
ぼちぼち、地震が起こると

またまた
都市改革が、叫ばれるんですが。

叫ばれてるだけで
また、いつの間にか、

消えてなくなる、の
繰り返し…。

そこまで、運を
天に任せる必要は

ないような
気がするんですがね…(汗)

なかなか。
トルコの人。

賢く、なりきれない
みたいっすよ…。

ともあれ。
大地震の前触れじゃない事を
祈るばかりですが…。

ところで。
本日は。

ぽかぽか陽気の中。
美樹さん

アバノスのバザールまで
遠征してきましたw

日本に住んでいらっしゃる
アバノス出身の

ダンナ様を持つ
日本人のsさんが

アバノスに
来てるんだよ~。

ってことでw
ず~ず~しくも

一緒にくっついていって
バザール、ぶらぶら

みんなで、
散歩して

その後、ご飯食べて
お茶して

いつもの如くw
怒涛のように、喋りまくって
(ってか、ほとんど、わしが喋ってるんですが 爆)

楽しい1日を
過ごしてまいりました~。

アバノスのバザールって。
うちの方の

ちっこいの、と
違って。

結構、規模が
大きいし。

食品から、洋服から
日用品から、台所用品から

とにかく。
思いつくものは
何でも売ってるしw

近隣の村、から
店だしにくる

村のおばちゃん、も
多いから。

品物を選べば。
新鮮な野菜、とか

普通は
八百屋で売ってないような

野の雑草(食べられる草)
なんかも、売ってて

かなり
おもしろいww

今日も、ちらちらと
雑草、売ってたんですけど

うちの家族が好きな
雑草は

まだ、
出てなかったな~。

まつぼっくりの
シロップ漬け?(多分)

なんかあって。
これ、何~?と聞くと

咳や、痰に効く
シロップなんだよ~と

おっちゃんは
言ってた。が。

まつぼっくりに
そんな効果があるなんて
知らなかったな~ww

しかし、
それにしても。

右を見ても
左を見ても、
高いね~(爆)

値段がね。
野菜とは思えないような。

バザールには
ありえないだろ!的なレベルの
ブッカの高さ(爆)

例えば。
去年あたりとかと
比べたら

何をとっても
値段は、ほぼ、3倍!!

昔は。
50リラもあれば

ラクラク、バザールは
こなせたのに。

今なんか。
100リラあっても
足りなかったリする!!

べっくらこきますよ。
マジで。

高いね~、高いね~、と
呪文のように

ぶつぶつ、
言いながら

バザールを3回くらい
くるくる、回って。

その後は、
散歩しながら

ぶらぶらと。
カッパ地方、唯一の
マクドナルドへw

バーガーキングは
いっぱいあるんだけどね。

マックは、ここしか
ないのよね。

いやあ、まあ。
だからどうってほどの

問題じゃ
ないんですがww

タダ、単に
気分の問題でww

要するに
ハンバーガーなんですがねw

そうそう。
近々、スターバックスが
オープンするそうで。

その、工事現場の前も
通りましたよ~。

アバノスの川には
つり橋が、架かってるんですが。

そのたもと、にね。
なにやら、怪しげな

ミニーちゃんと
ミッキーがおりましてね~ww

何か、鼻とか
ちょっと、曲がってて

すんごく
手作り感満載の
着ぐるみでww

彼らの前には
リュックがおいてあったからw

一緒に写真を撮って
小銭を稼ごう、という

学生の仕業、と
思われましたがww

ミニーちゃん、とか。
明らかに

中身は、
男の子だろうなあ~という

見事な
仁王立ちっぷりでww

写真、一緒に
撮ればよかったなあ~。

その時は、
オシャベリに夢中で

なんとなく
スルーしてしまったんですがww

後になって。
残念。残念ww

あとは。
カモを眺めたり

猫と遊んだり
しながら
帰ってまいりました~。

やっぱり。
春のお散歩って、楽しい~!

Sさ~ん♪
いきなり、ず~ず~しくも
押しかけたのにw

気前良く、混ぜていただいて
今日は、ありがとうございました~♪

とても楽しかったです!
また、日本でお会いできると、嬉しいです~。






本日もお付き合いいただいて
ありがとうございます。

ポチッと応援
よろしくお願いします(^O^)

にほんブログ村
にほんブログ村
にほんブログ村
コメント

3月21日は、ネブルス祭り。

2019年03月22日 06時46分29秒 | 日常生活
おこんばんわ。
今日は、

朝っぱらから
いきなり断水!でしてね~。

そうそう。
何の、前触れもなく

朝の7時から
ぷつっと、断水(爆)

そのまま
夕方の5時まで
水、来ず…(涙)

それでも。
昔に比べれば

断水も、停電も
回数は減ったけどねえ~!

やっぱり、
いつまでたっても

いきなり断水は
いかん!!

人間の最低限の
生活は

保証されるべき
ですよね~…。

ただしw
さすがに、20年も
サバイバルしてると

断水にも、停電にも
耐性ができてましてねw

なんたって。
その昔、田舎村では

バケツ1杯のお湯で
お風呂?掛け湯?

してた人、
ですからね~www

まw
それは、いいとして。

3月21日。
春分の日、ですなあ~。

日本では、すでに
カレンダーの上の

休日、としてしか
意味がないですが~。

あ、天皇さんが
何か、行事やるんだよね。

トルコでは。
まさに。

春の始まりの日。
春分の日、として

「ネブルス」という
お祭りが

各地で
行われやすw

これ。
トルコだけに、
限ったことではなくて

トルコから
中央アジア方面まで

広い範囲に広がる
古来からある
お祭り、なんだって。

お祭り、では。
春の訪れを祝って

踊ったり、歌ったり。
飲んだり、食べたりw


そして。
焚き火の上を
飛びこえる行事、と。


カラフルにペイントした
生卵を持って

お互いに、
ぶつけあって

早く割れた人の方に
幸運がある、という
卵ぶつけ行事。


鉄(というか、鉄の剣)を
ハンマーで

鍛冶屋のように
叩く、鉄打ちの行事、と。

この3つは
必ず、やるんだそうで。

これらにより。
春の訪れを、

祝うと。
いうことらしい。

ニュースでも。
各地の

お祭りの様子を
紹介してましたよ~。

この辺では
あまり、見ないけど。

そういえば。
高校とかで

お祭りとして
やるところも
あったような…。

機会があったら
一度

混ざってみたい
ものですw

お祭り、は
なくても。


この辺一帯にも
ちらちらと

春の足音は
聞こえてきておりましてw


今日は、散歩しながら
花見もしましたよ~。

陽の当たる
場所では


アンズの花は
ばっちり、開花。


さくらんぼの花も
ちらほら、咲いてるし。
(何か、梅みたいにも見えるね~?間違ってるかもw)


たんぽぽとか。


野の花とか(名前がわからないw)

逞しくも
かわいいお花たちが

ちらちらと
顔を出し始めましたね~。


この。
地べたの野草、の花が
咲き始めると

春が来たな~って
実感できますだ。


この辺の春、は
ホント、みじかくて。

6月には、すっかり
夏、になるんですけどねw

しばらくは。
短い花の季節が

目を楽しませて
くれますだ~ww

いい季節に
なってきました♪




本日もお付き合いいただいて
ありがとうございます。

ポチッと応援
よろしくお願いします(^O^)

にほんブログ村
にほんブログ村
にほんブログ村
コメント

たまには、家庭内のどたばた話w

2019年03月21日 07時26分43秒 | 日常生活
こんばんわ~。
今日は、ホントに

上着ナシでも
汗ばむほど

良いお天気の
カッパ地方でした!

いよいよ
気温が、あがってきてる~

春ですよ~って。
体感できる季節に
なってきましたなw

いつものように。
せっせと、歩いていて

風にも。
太陽にも

春を感じて
大満足の、ひつじ飼いどしたw

でもね~。
今日は、

大忙しの日、で
ございましてね~。

機嫌よく、
散歩ばっかりも
していらんなかったんすよ。

というのも。
義兄3号の嫁さんが

椎間板ヘルニアの
疑いがある、とかで。

これから、約2週間。
リハビリ?に

通わなきゃ
いけない~とかで(爆)

ってか。
わし、個人的に
思うんですけど。

トルコ人って、
ほんと

椎間板ヘルニア
多いよね~。

なんか。
知り合いでは、

軒並みって
感じですか?

まあ。
義母とかの
世代なら、わかる。

話によれば。
50キロとか
60キロとか

くっそ重たい
布団担いだり

小麦担いだり。
要するに

昔の、田舎では
力仕事が、多かったから

背骨に
無理な力がかかって

ヘルニアに
なったんでしょう~。

だが、しかし。
例えば

この、義兄3号の
嫁さん、とか。

結婚してから、
コノカタ

そんな重労働したの
見た事ないぞ?

ってか。
普通に、町で
暮らしていて

専業主婦
やっててさ~。

そんな
ヘルニアになるほど

一体
何をしたんですか???
っていうw

ホント、謎ですが。
医者は、

そういう診断を
下したそうで(爆)

いやw
あっしに言わせれば

運動不足なんじゃ
ないかな~とww

子供が、小さい時
背負ったりしたのだって

大して
見た事なかったのに???

てか。
トルコの女性って。

日本のか~ちゃん
みたいに

子供、背中とか
お腹とかに

コアラスタイルで
くっつけて

歩いている人
少ないような、気がする~。

ってか。
ほとんど、見ないような???

大抵は、
ベビーカー。

もっと小さい子は
バスケット、みたいのに入れて

お弁当みたいに
持ち運んでる~?

ってか。
あの、イスラム式の

ずらずら長い
洋服では

あかんぼ、おんぶする
たって

容易では、なかんべ
って気は
しますけどね~。

まあ。
話が、逸れまくったんですが。

とにかく。
義兄3号嫁が

病院に、子供は
一緒に連れて行けないからって

うちに置いて
いくわけよ。


そうですよ。
わし、「ザ・子守り」で
ござんすよ~(爆)

まあ。
子供と遊ぶのは

嫌いじゃないから
いいんだけど。

なんせね。
時間の割り振りが
狂うんだわなw

他に使うはずの
時間の中に

急に、
そういう用事が

何の前触れもなく
どん!と

降って湧いて
くれるわけでww

それに間に合わせようと。
今日は、朝から

風呂入って
家事やって

買い物行って
ウォーキングしてw

どたばた帰ってきて。
義兄3号んとこの

娘ちゃんと
遊んで

彼女が帰った後は
トイレ掃除して

夕飯作って。
足りないもの、買い足しに行って…。

なんだか、今日は
普段の

3倍仕事したような
気分になりましたぜww

これが、2週間
続くのか~…(汗)


ほら。
自分のところに

小さい子供が
いなくなって、久しいからww

チビさんと
遊ぶの、あまりにも
久しぶりでw

果たして。
2週間。

わしの体力が続くのか。
不安になりましたぜww


最近、
表に出るとね~。

ほら、もう
地方選挙まで、

10日かそこいら
でしょ~。

いや、もう。
街宣車が

白熱しちゃって
そらもう、大変でござんすよw

日本だったら
そら!右翼か!!
って勢いでww

自分のとこの党の
テーマソングを

じゃんじゃか、
流しながら

町を、疾走して
くれてますよ~。


トルコの選挙公報車ってさ。
候補者の顔写真は

べったり、車体に
くっついてるけど。

候補者自体は
車に乗ってないんだよね。

車は、ただ
顔写真をくっつけたまま

党のテーマソングを
流しつつ

街中を
走り回る、っていう。

それが、彼らの
選挙活動なの。

一応、パンフレットとかも
配ったりしてるけど。

候補者自体を
ナマで見た事は、ないなあ~。

日本人からすると。
ちょっと、不思議な選挙活動ッすよね。


そうそう、そういえば。
昨日出した、宅急便が

今日、無事に
長男の手に届いた、と。

写真と、
でっかいハートマークの

メッセージが
届きました。
←それにしても、汚い部屋だなw

10キロ弱の荷物で
29リラ。

郵便局の、宅急便サービスで
出したのだ。

昔は。
トルコの郵便局ってのは。

それは、もう
働きが悪くて(爆)

トルコ国内でも
郵便が届くのに

1週間とか
ザラ、だったのに(爆)

最近は、民間の
宅急便会社とか。

競合相手が
多いので。

本当に、サービスも
良くなったし

届くのも
早くなった。

早速、友達と皆で
ハイエナ(!)のように
がっついて

あっという間に
なくなったみたいだけど~ww

とりあえず。
食品が、腐らずに

届く、ってのだけでも。
なんだか、すごく感じるww

そんなこんなで
ひつじ飼いの毎日は
過ぎて行きます~ww




本日もお付き合いいただいて
ありがとうございます。

ポチッと応援
よろしくお願いします(^O^)

にほんブログ村
にほんブログ村
にほんブログ村
コメント

3月18日は、チャナッカレ海戦 戦勝記念日でした。

2019年03月20日 07時36分40秒 | 事件・事故・宗教・政治
おこんばんわ。
実は。

長男から、先日。
SOS電話、が
入りまして。

金がないから
ご飯がまともに、食えん~。
(てか、仕送りは、どこに消えてるんかね?ちゅう話ですがw)

お願いだから
何か、食料を送って~。

ちゅう、ことだったので。
しゃあないので、おっかさん。

2日がかり、で
いろいろと

食料を
用意しまして。

本日、やっと
宅急便で、

食料を発送した
次第でござんす。
あ~。疲れた。

チャナッカレの記事も
昨日、18日当日に

書こう~と
思ってたのですがw

あ~た。
それどころじゃ
なかったでございまして~(爆)

粉まみれになって。
パン作っておりやした(爆)

で。
3月18日
チャナッカレ海戦 戦勝記念日。

チャナッカレ、とは。
今は、

トロイ遺跡なんかで
有名な

エーゲ海側の
町、ですが。

ダーダネルス海峡中の
もっとも

対岸との距離が
狭くなってる場所に
位置する町、で。

ダーダネルス海峡は
トルコ語で、チャナッカレ海峡(チャナッカレ・ボアズという)

その激戦、は
この海峡の名前をとって

「チャナッカレ戦争」と
言われておりやす。

チャナッカレより、上に
三国協商軍(英・仏・露)の船は

行けなかった、って
わけなんですよ。

まあ。
ここを

地中海方面から
やってきた船が
通過してしまうと

そのまま、
ストレートに

イスタンブールまで
行き着いてしまう。

その先には、
黒海がある。

ここは、
トルコ軍にとっては

死守しなければならない
ポイントだった、んですな。
簡単に言えば。


オットーマントルコ帝国の
最後の方。

もう、帝国が
倒れるかも~

って頃の
寸前に。

第一次世界大戦が
起こりまして。

オットーマントルコ軍も
よろよろしながら
ドイツ側に、参戦するんですが。

軍備も弱いし。
お金もないし。

三国協商軍側から
いいように、やりこめられて
しまうわけで。

当然。
ここ、ダーダネル海峡も

ラクラク
通過できるだろう~と

三国協商軍側は
踏んだわけ、ですよ。

ところが、どっこい。
ありえないくらい

トルコ軍は、これに
抵抗するわけ、でござんす。

す~んごく、
長くなるので

詳細は、割愛
いたしやすが。

この、3月18日。
以前から、

沈めておいた
地雷が功を奏し

三国協商軍側は
大型船3隻を失う
大痛手、を受け。

更に。
両岸からの

激しい大砲による
爆撃にあい

結果としては。
退却せざるをえない状況に

追い込まれたので
ありました。

これにより
海路により

この海峡を通過するのは
不可能、と判断した
三国協商軍側は

陸戦を開始。
これが、延々と

この後、約1年ほど
続くわけであります。

でも。
この海戦は

戦争の運命を
大きく転換させる

勝機、となった
ものでして。

今でも、毎年
沢山のトルコ人が

チャナッカレに
集まってきて

記念式典、を
やるわけでござんす。

で、この後、続く
陸戦、っていうのも

それは、まあ
悲惨な限り、だったのですが。

それでも、
トルコ軍は

死に物狂い、で
このエリアを
守るわけで

ここが、あまりにも
激戦だったため

近隣の若者は、みんな
ここで、戦死してしまい

西側の、有名な
高校や大学では

この年、
卒業生がゼロだった、学校が
たくさん出た

なんて。
すごい話も、残されておりやす。

この後。
オスマントルコ帝国は

事実上、
有名無実状態になり

三国協商軍側は
トルコを

分割占拠しよう、と
企てるのですが。

ここで、噂の
アタチュルクが、反旗を翻し

国民を率いて
独立戦争を開始。

あわや、ばらばらに
なるかも…の

瀬戸際だった、
トルコは

不死鳥の如く
息をふきかえし

そして、
オスマントルコ帝国領よりは

ずいぶん、領土も
狭くなっちゃったけど

でも。
アナトリア地方を

ぶんどるわけで
ございます。

こんな、ごたごたを
やってたのが

今から、わずか
100年そこいら前、ですから。

この一連の戦争が
国民の胸に

深く刻み込まれて
そして

今でも、まるで
昨日の事のように

語り継がれているのも。
納得するわけで。

彼らにとっては、
自分の

おじーちゃんとか
おばーちゃんとか、から

直接聞いた
ナマ体験、ってことで。

そりゃ。
迫力違うよね。多分。

実際。
記憶が新しいだけあって

この戦争の描写は
それはもう、リアルで。

外国人の、
わしでさえ。

話を聞いてるだけで。
目の前に風景が

浮かんでくるような
錯覚にとらわれますだ。

トルコ、と言えば。
ローマ時代の遺跡とか。

そういうものが
前面に出てくるけど。

ところが、どっこい。
この

独立戦争前後の話、も
調べてみると

かなり
おもしろいもの、が多いです。

皆さんも、
トルコを訪れる際には

ぜひ、こういう一面にも
目をむけられたら
いかがでしょうか~。


当時の、映像。
解説は、トルコ語だけど

当時の雰囲気が
よく伝わってくると、
思います~








本日もお付き合いいただいて
ありがとうございます。

ポチッと応援
よろしくお願いします(^O^)

にほんブログ村
にほんブログ村
にほんブログ村
コメント

キプロス旅行 最終日

2019年03月17日 07時00分24秒 | 旅行
おこんばんわ~。
忘れないうちに

キプロスを
終わらせよう~と
思った、わしw

3泊4日で
行った、とはいえ。

今回、行ったのは
ギルネだけだし。

最終日は、また
移動だけで

潰れてしまって
いるから

事実上は、
今回、3日目の回で

書くことは
終わりですね~。

ちゅうわけで。
キプロス島、3日目。

新鮮な、
エビ、イカを
たらふく、食って

幸せいっぱいで
終わった、2日目。

本当はさ~。
夜に、ちょっと

バーにでも
繰り出そうか、とか

思っていたんですが。
ね~。

疲れちまって。
それどこじゃねえ、って言う(爆)

なんか。
やっぱ、ばばあ?的な(汗)

ちゅうのも。
結構、歩くのよ。

町全体が狭い、っちゅう
こともあって。

自分んとこの車が
あるわけじゃないからw

タクシー探してるよりも。
歩いた方が、早いっていうねww

だもんで。
夜になると

どっと、疲れが…www
運動不足、ぶりぶり…(汗)

てなわけで。
3日目。

またまた
9時頃に

とろとろ
起きてきて

またまた、朝食を取りに
表のレストランへ。

でっも~!
この日、行ったとこは

はっきり言って
全然、気に入らなかった!!

大した味でも
ないし、量少ないしw

値段ばっかり
アホみたいに、高い~!!!

ちゅうわけで。
写真もなにも、撮らず。


最初に訪れたのは。
キプロス島の

南北紛争の
記念碑。

1974年に
トルコ軍が出兵し

キプロス、トルコ系住民を
助けて

1983年には
正式に

北キプロス共和国、として
独立したことに
なってるけども。

この国を
認めてるのは

何と言っても
ご本家の、トルコだけ。

今でも、いろいろと
交渉は続いているけれども。

なかなか。
まとまらんもんです。

ってか。
利害もばりばりに
絡んでくるからね~。

簡単には
いかんよね~…。

ギリシャ系住民による
トルコ系住民の虐殺、とか。

まあ。
ご他聞にもれず

いろいろと
ブラックな歴史のある
この、キプロス紛争。

その、すべてを
無言で体現している
記念碑。

そこを、ちょろり、と
訪れてから。

次は、タクシーで
山の中腹にある
「ペラパイス修道院」へ。


ペラパイスから見た、ギルネ市街

ぺラパイス、とは
「ペラ=美しい、パイス=平和」で

美しい平和?(まんまw)という
名前だとか。

1187年に
エルサレムから逃れてきた

修道士によって
1206年に建てられた、そうだ。


が。
現在の建物は、

13世紀に、
当時のキプロスの王様によって
再建されたもの、らしい。

最初、カトリックだった
教会は

16世紀に、
ギリシャ正教に変わったそうで

ギリシャ正教風に
イコノスタシス(聖障)があった。


イコノスタシス、とは
聖所と至聖所を
仕切る、イコンで覆われた壁で

中央に聖職者だけが通行できる
扉があるんだって。


修道院の方は
ほぼ、崩壊して


遺跡状態、ですけども。
食堂の跡、やら


宗教学校の教室やら
職員室?やら


修道士達の
宿舎の跡、などが残っている。

でさ。
2階部分、があってね。


昔ながら、の
石の階段を登って

そこに出る、ん
ですが。

何気なく
その階段昇って

ほぼ、昇りきるか、
ってとこで

ふいに、後を
振り向いてみた。

何かしらんが。
振り向きたくなったのだw

そしたらね。
ちょうど、階段の
真ん中辺りを

真っ白な、修道服を着た
尼僧さんがね

のぼってくる
んですよ。

上から
見下ろしてるんで。

顔とかは
わからんのですが。

で。
あれ?ここ、
今でも尼僧さんとか
いるのかな?

なんて。
ふと、思って

はて?と思い直し
もう一回、振り返ったら

誰も居なかった(爆)
その階段。

途中に
分かれ道とか
なかったのに~…。

下に降りたのか?
と思って

下まで、降りて
左右を見たけれども

やっぱり、
それらしき人は、おらず…(汗)

いや。
1秒で、どこかに

走り去る、とか
ありえないだろうし~。

尼さんダッシュ!!
みたいな?!
ありえね~よな~…。

結果として。
多分。

その昔に、そこに
いらっしゃった方に

幸運にも
お会いできたのかな~??なんて。

こういう事は
がつがつ

突き詰めない方が
良いと思われるのでw

軽くスルーしてw
お次は、聖ヒラリオン城へ。


ここ、ホントに
お山のてっぺん、なんだよね。

なので。
お天気が悪い時は

やめといた方がいい~と
と~ちゃん、

自分で
言っていたにも、関わらずw

降りそうだけど
降らなそうだし?

みたいな
微妙なお天気を
ぶっちぎって

修道院から、
一挙に

タクシーで
駆け上がりましたよ。
山の上までw

お天気が悪いし。
まだ、1月末、とあって

さすがに、少し
肌寒い。

でもね~。
下から見上げると

垂直に登っていく!
という感じ


かなり、急な
観光ルート、がありまして(爆)

実はね~。
ディズニーの

白雪姫のお城、の
イメージってね~。

この、ヒラリオン城を
下から見たところ、から

できてるんですって~。
アニメなら、ありだけどね。


建物じゃなくて、立地ってことだよねw

実際に、
登るとなったら

結構、決死の
覚悟ですぜ(爆)

登ってたら。
そのうち、汗だくになってw

寒さ、なんか
吹っ飛んだわ(爆)

下の方から。
下ッぱの兵隊が

駐屯した部屋の跡、だの。
調練場のあと、だの。

登っていくと。
エライ上官様の

指令室、だとか。
台所、だとか
(キッチン、には、怖いおばちゃんの人形が
包丁持って、立ってる(爆)


山の上の
見張りの城で

鉄の鎧、着た
見張りの兵士が

がちゃがちゃと
詰めていたんだろうなあ~。

なんて。
いろいろ、想像しながら

ぼちぼち、めぐると
おもしろいのでしょう。
があ~!!!

うちの場合。
今にも、降りそうな

空模様と
追いかけっこしながら

早く!早く!
と、と~ちゃんに

後から
追っかけまわされながら、の
見学(爆)

風情もくそも
あったもんじゃ、ありゃ~せんよ!

しかも。
長男が

もうちょっと、あっちも見たい
こっちも見たい、と

もたもた
写真なんかを
撮ってる間に

残念ながら。
雨が降ってきたー!

それがさ。
すんごい。

スコールみたいな
雨でしてね。

叩きつけるような、ってか。
しかも、カミナリ付きだし~ww

すると、と~ちゃんが
怒りだした!!

だから、早くしろって
言っただろ~!

キプロスは、最近
豪雨が多いんだよ!!

しかも。
ついコノ間

雨の最中に
観光していた客が

カミナリにうたれて
崖から、落ちたとか
なんとかで。

危ないから、
早くしろって、

言ってるのが
わからないのかーーー!!!と

あろうことか。
長男と、あわや、ケンカに(爆)

だ~か~ら~。
せっかく、旅行に来たんだから~!

こんなところまで来て
ケンカするな!と
仲裁したけども

雰囲気は、すでに
最悪ですよ…(汗)

その後。
タクシーで、
麓まで降りて

そこから、長男は
町を散策する、と称して

ぷい、と
別行動(爆)

まあ。
いつものことですけど。
ホント、しょーもない、親子だよ

その後は、
スーパーで、
買い物とかして

というのは。
キプロスは、

独立前はイギリス領
でして

今も、リタイアした
イギリス人なんかが

結構住んでたりも
するので。

ブタのベーコン、とかね。
トルコには、ないものが

いろいろと
売っておるのですよ。

ちなみに、わし。
リッツクラッカーと
乾燥ウドン、を買いました~。

夜ご飯は。
と~ちゃんおススメの、
ステーキハウスへ。

アイスなんたら方式、とかで。
一ヶ月だったかな?

一定の温度を保つ
冷蔵庫、で保管するんだそうだ。


でも、お肉。
やわらかくて、おいしかったよ~。

350グラム。
ぺろり、と
食べてしまったww

トルコに来て初めて
こんなおいしいお肉を
食べましたわい。

てなわけで。
キプロス旅行は、
ここで、終わりです~w

次の日は、また
アダナ経由で

ネブシェヒールに
1日がかり、で
帰りましたよ~。


帰路は、念願の
アダナケバブも
食べました~。

次はさ。
ぜひ、夏に
行ってみたいね~。

南部キプロス、には。
名物ワイン、とかも
あるらしいから~。

何でも。
2021年以降は

日本人も、
EU諸国観光のために

ビザが必要に
なるんだってさ~。

そしたら、南キプロスも
ビザが必要になるなあ~。

それまでには、
何とか…とか。

いろいろ、
思ったりしてますw

てか。
来期もと~ちゃん、

ココで仕事あるかな?!
ってほーが。

差し迫った
問題かもw





本日もお付き合いいただいて
ありがとうございます。

ポチッと応援
よろしくお願いします(^O^)

にほんブログ村
にほんブログ村
にほんブログ村
コメント