徳永写真美術研究所 Column


徳永写真美術研究所(TIPA)の日常コラムです。

2018年春のクレイ石けん作りのご案内&レポート

2018-04-16 | 石けんに関するお話


年に何度か開催する手作り石けん教室。

私の教室ではコールドプロセス製法による
オリーブオイルをメインとして
ココナツオイル、パームオイル、適宜オプション素材を合わせた
優しい使い心地の石けんを作ります。

先月に開催した個展では
作品と関係ないけれど・・・
会期中に石けん作りを含む内容でした。
昔、ギャラリーのオーナーに
石けんをプレゼントした事がきっかけで
個展開催中に毎回
石けんワークショップをおこなうことに(笑)。

ギャラリーでのワークショップレポート

http://blog.livedoor.jp/nekogameya/archives/9081318.html




私のホーム・徳永写真美術研究所での
今期の石けん作りは
4回に分けてクレイ石けんを作ります。



開催日
3月31日、4月21日、5月3日、5月5日

詳細案内
http://soap.tokunaga-photo.com/2018/02/14/2/


4月21日は、あと一人の参加をお受けできます。(4月16日現在)
5月は未だ空多数です。
よろしければ上記サイトよりお申込みください。



下に今期1回目のクレイ石けんレポートを記します。



シークレイ(海泥)
フレンチピンククレイ
フレンチグリーンクレイ、
イエロークレイ
レッドクレイ

5種のクレイから好みのクレイを選び石けん生地に練り込んで仕上げます。

クレイには吸着力があるため汚れ落ちが良い石けんとなります。



昨年秋の石けん作りには
小学生男子がパパ・ママと一緒に参加してくれましたが
今回は小学生女子がママと一緒に参加。



ピンクのクレイを選び
ストロベリー(だったかな?)のフレグランスオイルで香り付け。



石けんを作った日から1週間ほど経過した段階で生地をカットします。
カット後の様子を写した写真をいただきましたので下に紹介します。



生地全体にクレイを混ぜ込んだ石けんです。
表面が柔らかい時にスタンプを押すこともできます。



こちらは白生地と色生地を作ってあわせています。
全てが異なるデザインでどれから使うか迷いそう・・・。
私には抽象絵画による絵本のように見えました。



こちらの石けんについては
作者の旦那さまが「豚肉みたいー」と感想を述べられたとか・・・。
えっ?(悲)
私にはピンクと白のフリル柄に見えたのですが。



レッド・ピンク系の石けんが続きましたが
上の写真はイエロークレイでのマーブリング。
どのような切断面になったでしょうか。

徳永好恵



【 受講受付中 】
徳永写真美術研究所は開設して10年が経ちました。
11年目となる2018年度の講座カリキュラムはコチラ

http://www.tokunaga-photo.com/class-2

徳永写真美術研究所
大阪・鶴橋にて、写真・写真表現・シルクスクリーンの研究活動をおこなっています。 

 


2017年 秋の石けん作り<ラベンダー石けん>のご案内 in 大阪・鶴橋

2017-10-19 | 石けんに関するお話





徳永写真美術研究所の課外活動・徳永好恵が主宰する<手作り石けん教室>のご案内です。
今期は年末年始のギフトにも活用できるラベンダー石けんを作ります。

開催日として4日程を予定しました。
1回完結、いずれの日も同じ内容です。
11月11日(土)、15日(水)、23日(木・祝)、25日(土)
都合の良い日にご参加ください。(事前申込制)

時間 14時~17時


場所 徳永写真美術研究所の2階にて。
大阪市生野区鶴橋4-4-1
http://soap.tokunaga-photo.com/access/



詳細は下のページでご確認ください。
http://soap.tokunaga-photo.com/


 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

徳永写真美術研究所
大阪・鶴橋にて、写真・写真表現・シルクスクリーンの研究活動をおこなっています。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



 


紫陽花が咲く季節に “ よもぎ石けん ” を作りました。

2016-06-24 | 石けんに関するお話


紫陽花が美しい季節、皆さまいかがお過ごしですか。

今回は石けん作りの報告です。

その前に・・・

参加者の方が
持参くださったロールケーキが美しかったことを
まずはご報告します。



このような構図で紹介すると
まるでソープケーキのように見えますね。



以下、石けん作りの報告です。



よもぎ粉を一ヶ月間オリーブオイルに漬け込んだ
抽出油(インフューズドオイル)をメインとして
レシピを組み立てました。



私のレシピではオリーブオイルの他
ココナツオイル、パームオイルを合わせます。

両オイルは常温で固形であるので
ハードオイルと呼ばれますが
この日は室温が25度を上回る蒸し暑さ
冬場はカチカチなココナツオイルも
サラサラに溶解していました。



しかし
暑いと言っても
コールドプロセスでの石けん作りでは
ブレンドしたオイルを約40度にする必要があり
温度を確認しながらヒーターで温めました。



その後、苛性ソーダ水を併せて
グルグルとかき混ぜる作業に励み・・・



カメラのシリコン型を持参された方は
若干柔らかめの石けん生地の状態で型に流し込み



残りの生地に白・黄色の石けんブロックを混ぜ
牛乳パックの石けん型に流し込み作業終了。
(上の写真はオレンジジュースのパックですね。)



そして
タオルに包んでお持ち帰り。
一ヶ月後に完成となります。

写真右下の包みはカメラ型石けん。
緑のカメラ石けんが仕上がります。
もしかしたら抹茶菓子のように見えるかもしれません。

私はあまり型(モールド)を使う石けんは作らないのですが
この日の作業に刺激を受け・・・



昨日、モールドを購入しました!
後日
グリーンベア―石けんを作ろうと思います。



あと、数名分の
よもぎ石けんを作る材料があります。
ご興味がありましたら、ご一緒しませんか。
教室の場所は大阪・鶴橋です。

詳細はコチラでご確認ください。

記:徳永好恵


・・・・・・・・・・・・・・ ご案内 ・・・・・・・・・・・・・・

シルク4色刷講座 2016年7月3日スタート



写真を4色分解して、刷り重ねる実験をおこないます。
現在、受講受付中

詳細はコチラ




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

徳永写真美術研究所
大阪・鶴橋にて、写真・写真表現・シルクスクリーンの研究活動をおこなっています。

2016年度講座、受講受付中

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

にほんブログ村 写真ブログへ 人気ブログランキングへ

 


参加者募集:よもぎ石けん作り&教室報告

2016-06-08 | 石けんに関するお話


石けん作りのリクエストを受けて、よもぎ石けんを作る事になりました。

写真は以前に作ったよもぎ石けんです。



そこで
先日、オリーブオイルによもぎパウダーを漬け込みました。




必要分量よりも多く仕込みましたので、ご関心がありましたらご一報ください。

石けん作りは下の日程で対応できます。

6月29日(水)、7月2日(土)、7月6日(水)、7月13日(水)

時間は14時~17時、費用は3800円です。
おおよそ700~800gの石けんが仕上がります。(上の写真の石けん6、7個)

開催場所は
大阪・鶴橋駅、徒歩12分の徳永写真美術研究所です。 
http://soap.tokunaga-photo.com/access/ 

お申し込みは
http://soap.tokunaga-photo.com/contact/

ご都合の良い日をお申し出ください。


***


続けて
最近の石けん作りの報告を2件記します。


<1件目>

大人数での石けん教室を開催しました。

参加者14名の石けん教室を出張開催しました。
開催場所は大阪の個人宅。 ↓



徳永写真美術研究所でおこなう場合は
スペースの関係で受講人数を最大6名としているため
私にとっては初の大人数での開催。
皆さんの作業に目配りできるか心配でしたが・・・

日頃、ある活動を共におこなうグループの皆さんなので
互いに協力しあい手際よく進みました。

作業中は大阪的会話が飛び交う楽しい雰囲気でした。

後日、作った石けんを見せていただくと・・・



上品な色合いのモザイク石けんが仕上がっていました。
オリーブオイルをメインとした優しい使用感の石けんです。


***


<2件目>

ケーキソープ作りに取り組みました。

ケーキソープは共同制作となります。
まずは、皆で石けんのデザインを考え、完成予想図を描きます。



その後、各自、分担する石けん生地の作り方を確認。
生地を作るタイミングも重要、早くできても遅くできてもダメ。
皆で速度を調整しながら作業を進めます。



ケーキの土台は3層構造とし、先に作ります。
最後に絞り袋でポイップクリームのごとくデコレーション。
香り付けはチョコレートとココナツのフレグランスオイルをブレンドしました。

仕上がった石けんはコチラ ↓




見た目も香りも、まさに、ケーキ!という出来栄えです。

ケーキソープは初心者の方には少し難易度が高く
経験者を含むグループであれば対応できます。
よろしければ、お誘いあわせの上、リクエストください。
http://soap.tokunaga-photo.com/class/

***

以上、報告でした。

私の石けん作りのウェブサイトはコチラです。

 

記:徳永好恵


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


徳永写真美術研究所
大阪・鶴橋にて、写真・写真表現・シルクスクリーンの研究活動をおこなっています。

2016年度講座、受講受付中

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

にほんブログ村 写真ブログへ 人気ブログランキングへ


2015年上半期の石けん作りのご報告

2015-08-20 | 石けんに関するお話


2009年より手作り石けん教室を開催するなかで
飾って楽しみ、贈り物にも活用できる、身体にやさしい石けん作り
をモットーとして作ってきました。



石けんのデザインを決めるにあたっては私より提案することが多いですが
参加者の皆さんと共にデザインを考える場合もあります。
5月にお菓子作りが上手な方が参加された際には
彼女の指導のもと、ケーキ作りの要領で作りました。
その時、仕上がった石けんがコチラ ↓


3人で色を変えて石けん生地を作り
混ぜ合って仕上げたコラボ石けんです。

お皿に盛りつけた石けんはアイスケーキにしか見えない出来栄え。
美味しそう!


私が作ったモノは・・・ココアパウダーの茶色をベースにしたデザイン。



その後、同じ要領で作った石けんがコチラ。 ↓


ピンクをベースに、エレガントな印象に仕上がりました。


コチラは参加者の方から送っていただいた仕上がり写真です。

“ HAND MADE  ”とハンコが押され、ステキさ倍増。

3人集まれば、このようなデザインの石けんを作ることができます。
おふたりの参加の場合は、私が加わって作ることもできます。
このデザインを<アイスケーキソープ>と名付けました。

このような石けんを希望される場合は、お申し込みの際に
「アイスケーキソープの要領で作りたい」と、お伝えください。

お申し込みはコチラ
http://soap.tokunaga-photo.com/contact/ 


記:徳永好恵

 

<徳永写真美術研究所の活動>


現在、受講受付中の講座一覧

<8×10&4×5カメラでの撮影・現像ワークショップ>
9月20日、21日 全2回

<サイアノ&ジアゾ感光法での青写真ワークショップ>
9月13日、23日 全2回

<作品制作研究講座:表現活動の土台を作る>
10月10日スタート 隔週土曜日 全10回


< 銀塩写真講座:銀塩写真作品の制作>
10月4日スタート 隔週日曜日 全11回


<シルクスクリーンプリント講座:写真作品として制作>
10月11日スタート 隔週日曜日 全10回 

ご関心のあります方は下のフォームよりご連絡ください。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


徳永写真美術研究所
大阪・鶴橋にて、写真・写真表現・シルクスクリーンの研究活動をおこなっています。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

にほんブログ村 写真ブログへ 人気ブログランキングへ