徳永写真美術研究所 Column


徳永写真美術研究所(TIPA)の日常コラムです。

2018年春のクレイ石けん作りのご案内&レポート

2018-04-16 | 石けんに関するお話


年に何度か開催する手作り石けん教室。

私の教室ではコールドプロセス製法による
オリーブオイルをメインとして
ココナツオイル、パームオイル、適宜オプション素材を合わせた
優しい使い心地の石けんを作ります。

先月に開催した個展では
作品と関係ないけれど・・・
会期中に石けん作りを含む内容でした。
昔、ギャラリーのオーナーに
石けんをプレゼントした事がきっかけで
個展開催中に毎回
石けんワークショップをおこなうことに(笑)。

ギャラリーでのワークショップレポート

http://blog.livedoor.jp/nekogameya/archives/9081318.html




私のホーム・徳永写真美術研究所での
今期の石けん作りは
4回に分けてクレイ石けんを作ります。



開催日
3月31日、4月21日、5月3日、5月5日

詳細案内
http://soap.tokunaga-photo.com/2018/02/14/2/


4月21日は、あと一人の参加をお受けできます。(4月16日現在)
5月は未だ空多数です。
よろしければ上記サイトよりお申込みください。



下に今期1回目のクレイ石けんレポートを記します。



シークレイ(海泥)
フレンチピンククレイ
フレンチグリーンクレイ、
イエロークレイ
レッドクレイ

5種のクレイから好みのクレイを選び石けん生地に練り込んで仕上げます。

クレイには吸着力があるため汚れ落ちが良い石けんとなります。



昨年秋の石けん作りには
小学生男子がパパ・ママと一緒に参加してくれましたが
今回は小学生女子がママと一緒に参加。



ピンクのクレイを選び
ストロベリー(だったかな?)のフレグランスオイルで香り付け。



石けんを作った日から1週間ほど経過した段階で生地をカットします。
カット後の様子を写した写真をいただきましたので下に紹介します。



生地全体にクレイを混ぜ込んだ石けんです。
表面が柔らかい時にスタンプを押すこともできます。



こちらは白生地と色生地を作ってあわせています。
全てが異なるデザインでどれから使うか迷いそう・・・。
私には抽象絵画による絵本のように見えました。



こちらの石けんについては
作者の旦那さまが「豚肉みたいー」と感想を述べられたとか・・・。
えっ?(悲)
私にはピンクと白のフリル柄に見えたのですが。



レッド・ピンク系の石けんが続きましたが
上の写真はイエロークレイでのマーブリング。
どのような切断面になったでしょうか。

徳永好恵



【 受講受付中 】
徳永写真美術研究所は開設して10年が経ちました。
11年目となる2018年度の講座カリキュラムはコチラ

http://www.tokunaga-photo.com/class-2

徳永写真美術研究所
大阪・鶴橋にて、写真・写真表現・シルクスクリーンの研究活動をおこなっています。 

 


この記事をはてなブックマークに追加

備忘録:2018年春の東京滞在メモ

2018-03-23 | 美術に関するお話


今月上旬、東京に5日間滞在していました。
諸々の用事を兼ねた1年半ぶりの東京です。

滞在中は時間のある限り美術鑑賞に励みました。
今回はいつも訪れる美術館やギャラリーではなく
初めての場所となる展示を主に廻りました。

今回の美術鑑賞で最も収穫があったのはコチラ



「版画の景色」展。

1974年に設立された現代版画センターの
10年にわたる活動の軌跡をたどる内容です。
作品展示だけでなく
関係資料展示が充実していました。
資料から読み取れる昭和50年代のこの活動は
今現在も同様の問題を含み
いろいろと考えさせられました。
(恩師の若き姿が映っている記録映像にも感動。)



ちなみに会場は埼玉県立近代美術館。
初めての訪問です。
日本中の美術館を巡りつくそうとする生涯目標を1つクリアできました。



もう一つ、クリアできた美術館がコチラ
三菱一号館美術館



建築好きとしては
2010年の開館時から建物をじっくり見たいと思っていました。

東京庭園美術館や原美術館と同様に
歴史ある建築物の中で
どのような展示がなされるのか
場と作品の関係作りに興味津々。

しかし
会場は順路がしっかり決まっており
後戻りしにくい会場構成のため
よくわからないうちに出口を出てしまいました。
ザンネン



三菱一号館美術館へ行く際
30年ぶりくらい?に
東京駅の丸の内南口を経由しました。
そこで海外からの観光客に交じって天井を撮影。



大阪駅にはない風格に圧倒されました。
その際、
昨年に旅した極東ロシア・ハバロフスクの駅と
同質の風格であることを思い出しました。

ハバロフスク駅です。




その他、初めての場所としては・・・
写真関係者には有名な
写真集食堂「めぐたま」へ行きました。



既に口コミで知ってはいたものの
写真集に囲まれた食堂で、レアな写真集も多く
楽しすぎる場所だと興奮。



3時頃に到着したためランチメニューはなく
唯一のご飯ものとして
お勧めいただいたのが猫まんま。
美味しかったです。



お店を出る際
店主のときたまさんに
「ご協力ありがとうございました。」

お声掛けいただだいた言葉が印象に残りました。



今回の東京行は車で移動しました。
帰りの道中、サービスエリアにて富士山を撮影。



薄っすらと山頂を見る事が出来ました。
どのような姿でも
日本一の山という貫禄と美しさを感じます。

*



最後の美術鑑賞として豊田市立美術館に寄りました。
この美術館は5回目くらいの訪問かな?



以上です。
自分のための備忘録として記しました。


記:徳永好恵




【 受講受付中 】
徳永写真美術研究所は開設して10年が経ちました。
11年目となる2018年度の講座カリキュラムはコチラ

http://www.tokunaga-photo.com/class-2

徳永写真美術研究所
大阪・鶴橋にて、写真・写真表現・シルクスクリーンの研究活動をおこなっています。 

 


この記事をはてなブックマークに追加

個展開催のご案内 - Borrowed Scenery -

2018-03-08 | 制作活動のお話


個展開催のご案内




徳永好恵写真展
 - Borrowed Scenery -

2018年3月17日(土)ー25日(日)
10:00-17:00
火・水休廊
会場:ギャラリー猫亀屋

場所は大阪府泉南郡岬町
みさき公園近所です。
土日在廊予定
会期中の祝日・21日は定休日のため休廊
ご注意ください。

24日は会場奥のスペースで
オリーブ石けん作りも開催します。(要予約)

詳細は下のページでご確認ください。
http://www.nekogameya.com/cn22/pg312.html


下に展示内容について記します。



借景の意味で展覧会名を
- Borrowed Scenery -としました。
今回は4つの要素を借景とした展示をおこないます。

江戸時代からの借景がふたつ
1900年代前半、戦中からの借景
私が生まれ育った時代・街からの借景

4つを借景として新たな景を提示します。



制作にあたっては

ライティングを施した物撮りで
ガラスの写り込みの対処に悩むことも・・・。



デジカメでの撮影だけでなく
シートフィルムでの撮影や
暗室でのフォトグラム制作もあります。



更には油絵も・・・



写真展としながらも
適宜、様々な技法を織り交ぜた作品を発表します。

以上、ご案内まで。

記:徳永好恵




【 受講受付中 】
徳永写真美術研究所は開設して10年が経ちました。
11年目となる2018年度の講座カリキュラムはコチラ

http://www.tokunaga-photo.com/class-2

徳永写真美術研究所
大阪・鶴橋にて、写真・写真表現・シルクスクリーンの研究活動をおこなっています。 

 


この記事をはてなブックマークに追加

極東ロシアの旅2 幸せの時間

2017-12-28 | 日常生活のお話



2017年を振り返って印象に残る出来事は
極東ロシアを旅したこと。

拠点はハバロフスクでしたが
最も心に沁みた光景は
ユダヤ自治州の州都・ビロビジャンを訪れた時に出会いました。

今年最後のブログでは、そのことについて記します。




ビロビジャンはハバロフスクから西に150kmほど。
同じホテルに宿泊していたアレクセイという
片言の日本語を話す男性が移動を助けてくれました。

赤白のグラデーションシャツを着た男性がアレクセイ。



最初は電車で向かおうとしましたがチケットがとれず
乗り合いバスで向かうことに。

道中は思いのほか変化に富む風景でした。
車窓動画です。



3時間ほどの移動で着いた場所は静かな街。



この地に住む人たちの日常に入り込む状態でした。

特に何を観るわけでもなく、ゆっくり、街をさまようなかで
とても心地よい時間が流れている事に気付きました。

3種の映像をまとめた1分間動画です。


何気ない日常が輝いているように感じました。
これこそ “幸せの時間” ではないでしょうか。

この時間を心にとめておきたく
備忘録としてこのページに画像を置きました。



穏やかな気持ちで2018年を過ごせますように。

みなさま
よいお年をお迎えください。

Yoshie

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

徳永写真美術研究所
大阪・鶴橋にて、写真・写真表現・シルクスクリーンの研究活動をおこなっています。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



 





この記事をはてなブックマークに追加

2017年 秋の石けん作り<ラベンダー石けん>のご案内 in 大阪・鶴橋

2017-10-19 | 石けんに関するお話





徳永写真美術研究所の課外活動・徳永好恵が主宰する<手作り石けん教室>のご案内です。
今期は年末年始のギフトにも活用できるラベンダー石けんを作ります。

開催日として4日程を予定しました。
1回完結、いずれの日も同じ内容です。
11月11日(土)、15日(水)、23日(木・祝)、25日(土)
都合の良い日にご参加ください。(事前申込制)

時間 14時~17時


場所 徳永写真美術研究所の2階にて。
大阪市生野区鶴橋4-4-1
http://soap.tokunaga-photo.com/access/



詳細は下のページでご確認ください。
http://soap.tokunaga-photo.com/


 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

徳永写真美術研究所
大阪・鶴橋にて、写真・写真表現・シルクスクリーンの研究活動をおこなっています。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



 


この記事をはてなブックマークに追加