徳永写真美術研究所 Column


徳永写真美術研究所(TIPA)の日常コラムです。

2018年 春夏園芸レポート その2  藍栽培&藍染

2018-10-24 | 日常生活のお話


藍栽培&藍染の報告を記します。



藍栽培は3月に種まきして苗を育てることからスタートします。



パンパンに膨れ上がった苗トレイ。
4月半ばに植え付けました。



植えた直後は水が足らず枯れることもあるそうですが
今年は雨天が続いたので大丈夫。



例年よりも早く葉が繁りました。
今年は桜も早く開花しましたが、藍は1ケ月くらい早い感じ。





藍のお世話をする時期は
カマキリの赤ちゃんと至るところで出会います。



みかんの木にいたカマキリです。
蟻に背後から追い抜かれビビっている様子。



藍染めができる頃には私の作業を見守ってくれます。



たぶん
蟻に驚いていたカマキリ君でしょう。
きっと



反り上がったおしりがカワイイ。
私を見守る視線が気になり作業が進まない・・・。



今年は自宅で藍染会を3回おこないました。
いずれの日も天候に恵まれました。
・・・いえ、恵まれ過ぎました。

藍の生葉染体験は巷でよく開催されますが
葉の摘み取りからの体験は多くはないはず。
藍がどのように育つのか観察する事も大切と考えています。
しかし
今年のような猛暑の中での作業では
簡略化しても良かったかも?と頭をよぎりました。



昨年も参加くださった皆さんを交えての作業だったので
摘み取った葉の選定、水洗、染液作り・・・と
一連の作業を手早く進めることができました。



下に染色中の様子を紹介します。



葉をミキサーで砕いた染液はもちろん緑色。



布を染液に漬け・・・空気に触れ・・・を繰り返すなかで
緑から青へと変化していきます。



布全体を染めるだけでなく
後半は図柄を考えて染めることにも取り組みました。





水に漂う藍の様子は作業工程の中で最も美しい瞬間です。



私には水中で揺らめく藍は神聖な事象のように思えます。



藍染会の後はBBQタイムに移り
終日のイベントとして楽しい時間を過ごしました。



それから・・・



皆さんと一緒に作業をする以外にも
個人的に秋口まで藍染実験を繰り返しました。



今年は正絹に染める実験を幾度となく繰り返し
染める回数や手順を変えながら
いろんな藍の色をコレクションしました。



来年も藍栽培と藍染めに取り組む予定です。
だんだんとスキルアップさせていきたいと思っています。



次のレポート3では
夏野菜の収穫についてを予定しています。

Yoshie


私のホームグラウンド

徳永写真美術研究所
大阪・鶴橋にて、写真・写真表現・シルクスクリーンの研究活動をおこなっています。 

 


2018年 春夏園芸レポート その1 春野菜の収穫

2018-09-22 | 日常生活のお話



季節は移り秋らしい気候となりました。
そこで
3月から8月の園芸活動についてを
記しておこうと思います。



春の園芸活動は桜の時期から大忙し。
今年は最速の3月28日に満開を迎えました。



ジャガイモの植え付けが遅れたため
花見をしながらの植え付けとなり
不思議な感じでした・・・。



話が前後しますが
2月よりポツポツとフキノトウが顔を出し
週1回のペースでフキノトウ味噌を作り
ごはんのお供として楽しみました。



玄関前のミニ菜園では細々と葉物野菜を栽培し
豊かな野菜生活を送りました。



家で作るほうれん草は味が濃く
ポパイのように力が湧き出ます。
(謎)



庭に降りる斜面にはアスパラが時おり出現。
その頻度が低いので
この1本をどのように活用すべきか常に悩みます。
また
同じ場所に生えるドクダミは
花を咲かせる頃に摘み取り
ホワイトリカーに浸け込んでドクダミ化粧水を作ります。



フキノトウの季節が過ぎると
4月下旬から1か月くらいはフキを摘み取り佃煮作り。



園芸活動を始めた頃は
ホームセンターで苗を購入していましたが
2年前からは小さなビニールハウスを設置して
苗を作るところから始めるようになりました。



今年の初の取り組みとして
大・中・小のトマトを種から作りました。
その結果は大豊作!

ハウスの中にはトマト3種の他に
カボチャ3種、ナス、キュウリ、ピーマン、ししとう、ゴーヤ、ズッキーニー、バジルの苗たち。
下にある3皿は藍の苗です。



新緑の季節の楽しみはお豆の収穫。
昨年はサヤエンドウとソラマメを栽培しましたが
今期はスナップエンドウ。



この季節の朝食はコレ。
採れたてはとても美味しい!



4月下旬から5月半ばにかけては
玉ねぎの収穫が待っています。



今期は
サラダ玉ねぎ300個、貯蔵玉ねぎ600個を栽培。
しかし
何故か貯蔵玉ねぎの半分は大きくならず・・・。



玉ねぎの出来が悪く凹みましたが
同時期の収穫だったズッキーニーは
生命力みなぎる成長ぶり。



お店で売られているものと比較すると
2倍以上の大きさになりましたが
大きくても味が落ちず美味でした。



5月に入り気温が上昇するにつれて
ジャガイモもスクスク成長。
道の左側は赤色のノーザンルピー。
右側は貯蔵型のシンシア。



6月18日に赤色のジャガイモ・ノーザンルピーを収穫しました。



7月2日には来年の1月くらいまでは貯蔵できるはずのシンシアを収穫。



ノーザンルピーは中も赤いです。



このジャガイモでピンクのポテトチップスを作ったり・・・



ピンクのポタージュスープを作ったり・・・



ピンクのポテトサラダを作ったりできます。

上のポテチとスープは料理家の友人が作ったお品です。


レポートその1の最後に・・・



成長しなかった小ぶりの玉ねぎを
8月末に植えなおし、再度、大きく育てることに挑戦中。
この栽培方法をホーム玉ねぎ栽培と言うそうです。
12月くらいに2Lサイズに仕上がるはず!
うまくいくかな?



次のレポート2では
藍栽培についてを予定しています。

Yoshie


私のホームグラウンド

徳永写真美術研究所
大阪・鶴橋にて、写真・写真表現・シルクスクリーンの研究活動をおこなっています。 

 


2018年夏の特別企画「正絹で、藍の生葉染ワークショップ」のご案内

2018-07-04 | 日常生活のお話


7月に入りました。
夏到来!

2018年夏の特別企画「正絹で、藍の生葉染ワークショップ」のご案内を記します。


信貴山麓(大阪側)に位置する自宅にて藍の生葉染ワークショップを開催します。
本ワークショップは藍の葉を摘み採ることから始めます。
緑の葉液に浸すことで青色(水色)に変化する様は神秘的光景です。
ぜひ、この機会にご体験ください。

なお、今期は絹の反物を染める準備を致しました。
青の無地に染めるもよし、絞り染め、グラデーションに染めるもよし。
(´v`)★∴∵

◎開催日は下の3日程です。
すべて1日完結、同じ内容、雨天決行。
7月15日(日)
7月28日(土)*
8月  1日(水)
*7月28日は作業後にBBQ開催(希望者のみ・2000円)

◎時間 13時~17時

◎参加費 3000円
*参加費には約35×35センチの絹地2枚を含みます。
柄生地やストールの長さをご希望の場合は、随時お分けいたします。(別途費用)

◎開催場所
近鉄大阪線河内山本駅から信貴線に乗り換え1つ目の服部川駅より徒歩15分
大阪府八尾市大窪

◎お申込み
手作り石けんサイトのフォームよりお願いします。
メッセージ欄にて希望日と同伴者がいらっしゃる場合は皆さんのお名前をご記入ください。
就学前のお子様との親子参加は大人1名とします。
各日、先着順に8名までお受けします。
お申込み後にアクセスマップなど詳細のご案内をお届けします。

◎持参物
エプロン・帽子・ゴム手袋・タオル(汗ふき&手拭き用)・虫よけスプレー等
服装は長袖・長ズボン・運動靴でお越しください。











昨年のワークショップの様子
https://blog.goo.ne.jp/tipa-y/e/b24d04f12a285c033a0d09e84973a650




徳永写真美術研究所
大阪・鶴橋にて、写真・写真表現・シルクスクリーンの研究活動をおこなっています。 

 


2018年春のクレイ石けん作りのご案内&レポート

2018-04-16 | 石けんに関するお話


年に何度か開催する手作り石けん教室。

私の教室ではコールドプロセス製法による
オリーブオイルをメインとして
ココナツオイル、パームオイル、適宜オプション素材を合わせた
優しい使い心地の石けんを作ります。

先月に開催した個展では
作品と関係ないけれど・・・
会期中に石けん作りを含む内容でした。
昔、ギャラリーのオーナーに
石けんをプレゼントした事がきっかけで
個展開催中に毎回
石けんワークショップをおこなうことに(笑)。

ギャラリーでのワークショップレポート

http://blog.livedoor.jp/nekogameya/archives/9081318.html




私のホーム・徳永写真美術研究所での
今期の石けん作りは
4回に分けてクレイ石けんを作ります。



開催日
3月31日、4月21日、5月3日、5月5日

詳細案内
http://soap.tokunaga-photo.com/2018/02/14/2/


4月21日は、あと一人の参加をお受けできます。(4月16日現在)
5月は未だ空多数です。
よろしければ上記サイトよりお申込みください。



下に今期1回目のクレイ石けんレポートを記します。



シークレイ(海泥)
フレンチピンククレイ
フレンチグリーンクレイ、
イエロークレイ
レッドクレイ

5種のクレイから好みのクレイを選び石けん生地に練り込んで仕上げます。

クレイには吸着力があるため汚れ落ちが良い石けんとなります。



昨年秋の石けん作りには
小学生男子がパパ・ママと一緒に参加してくれましたが
今回は小学生女子がママと一緒に参加。



ピンクのクレイを選び
ストロベリー(だったかな?)のフレグランスオイルで香り付け。



石けんを作った日から1週間ほど経過した段階で生地をカットします。
カット後の様子を写した写真をいただきましたので下に紹介します。



生地全体にクレイを混ぜ込んだ石けんです。
表面が柔らかい時にスタンプを押すこともできます。



こちらは白生地と色生地を作ってあわせています。
全てが異なるデザインでどれから使うか迷いそう・・・。
私には抽象絵画による絵本のように見えました。



こちらの石けんについては
作者の旦那さまが「豚肉みたいー」と感想を述べられたとか・・・。
えっ?(悲)
私にはピンクと白のフリル柄に見えたのですが。



レッド・ピンク系の石けんが続きましたが
上の写真はイエロークレイでのマーブリング。
どのような切断面になったでしょうか。

徳永好恵



【 受講受付中 】
徳永写真美術研究所は開設して10年が経ちました。
11年目となる2018年度の講座カリキュラムはコチラ

http://www.tokunaga-photo.com/class-2

徳永写真美術研究所
大阪・鶴橋にて、写真・写真表現・シルクスクリーンの研究活動をおこなっています。 

 


備忘録:2018年春の東京滞在メモ

2018-03-23 | 美術に関するお話


今月上旬、東京に5日間滞在していました。
諸々の用事を兼ねた1年半ぶりの東京です。

滞在中は時間のある限り美術鑑賞に励みました。
今回はいつも訪れる美術館やギャラリーではなく
初めての場所となる展示を主に廻りました。

今回の美術鑑賞で最も収穫があったのはコチラ



「版画の景色」展。

1974年に設立された現代版画センターの
10年にわたる活動の軌跡をたどる内容です。
作品展示だけでなく
関係資料展示が充実していました。
資料から読み取れる昭和50年代のこの活動は
今現在も同様の問題を含み
いろいろと考えさせられました。
(恩師の若き姿が映っている記録映像にも感動。)



ちなみに会場は埼玉県立近代美術館。
初めての訪問です。
日本中の美術館を巡りつくそうとする生涯目標を1つクリアできました。



もう一つ、クリアできた美術館がコチラ
三菱一号館美術館



建築好きとしては
2010年の開館時から建物をじっくり見たいと思っていました。

東京庭園美術館や原美術館と同様に
歴史ある建築物の中で
どのような展示がなされるのか
場と作品の関係作りに興味津々。

しかし
会場は順路がしっかり決まっており
後戻りしにくい会場構成のため
よくわからないうちに出口を出てしまいました。
ザンネン



三菱一号館美術館へ行く際
30年ぶりくらい?に
東京駅の丸の内南口を経由しました。
そこで海外からの観光客に交じって天井を撮影。



大阪駅にはない風格に圧倒されました。
その際、
昨年に旅した極東ロシア・ハバロフスクの駅と
同質の風格であることを思い出しました。

ハバロフスク駅です。




その他、初めての場所としては・・・
写真関係者には有名な
写真集食堂「めぐたま」へ行きました。



既に口コミで知ってはいたものの
写真集に囲まれた食堂で、レアな写真集も多く
楽しすぎる場所だと興奮。



3時頃に到着したためランチメニューはなく
唯一のご飯ものとして
お勧めいただいたのが猫まんま。
美味しかったです。



お店を出る際
店主のときたまさんに
「ご協力ありがとうございました。」

お声掛けいただだいた言葉が印象に残りました。



今回の東京行は車で移動しました。
帰りの道中、サービスエリアにて富士山を撮影。



薄っすらと山頂を見る事が出来ました。
どのような姿でも
日本一の山という貫禄と美しさを感じます。

*



最後の美術鑑賞として豊田市立美術館に寄りました。
この美術館は5回目くらいの訪問かな?



以上です。
自分のための備忘録として記しました。


記:徳永好恵




【 受講受付中 】
徳永写真美術研究所は開設して10年が経ちました。
11年目となる2018年度の講座カリキュラムはコチラ

http://www.tokunaga-photo.com/class-2

徳永写真美術研究所
大阪・鶴橋にて、写真・写真表現・シルクスクリーンの研究活動をおこなっています。