LET’S ENJOY YOUR DANCE

世界共通、ダンスの魅力。誰でも楽しめるダンスは最高!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

東京インターをみて・・・・

2008-04-05 13:00:39 | Weblog
久しぶりの投稿となりました。桜満開の今日この頃。暖かくなりダンスも全開!先月、東京インターを見てきました。ラテンもスタンダードも現チャンピオンを欠くコンペとなりました。でも、その分チャンピオンの座を賭けての別の意味で素晴らしい踊りをみました。その中でとっても残念なものをみてしまいました。ダンス愛好家の皆さん、どう感じますか?ダンスを愛する人間として、礼儀正しい日本人としてこんなマナー知らず、いかがなものかと思います。
話はこうです。オナーダンスをチャンピオンに輝いたイタリアのアンドレアとサラが踊った直後に起こりました。踊りは終わってもまだ、彼らはフロア上にいました。音もまだ残っていました。しかし心無い一部の観客はさっさと席を立ち帰途についていきました。彼らはまだフロア上にいて今日この会場にいて最後まで見ていてくれた観客に感謝の意を表するため、それぞれの観客席に向かいお礼の挨拶をしていました。もちろん喜びもひとしおだった思います。でも、この心無い一部の観客の姿が彼らの目にどう映ったことでしょう。考えることもないと思います。答えはその会場の中ですでに出されていました。彼らはこの席をたっていた人たちの側には寄ってはきませんでした。明らかに無視でした。そんなに終電が気になるでしょうか?まだ8時を少しだけまわたっところです。改札が込み合うからでしょうか?以前に比べスイカになり、改札なんて込みません。切符を買うため?来た時に先に買っておけば?それより、遠い国からはるばる来た選手に惜しみない拍手のひとつ贈れないのでしょうか?朝から何時間も踊り続けた彼らに激励の拍手をおくれないのでしょうか?司会の方はそのとき、一言何か言えなかったのでしょうか?JDSFの役員の方も何か出来なかったのでしょうか?それとも会場に来ていたこの心無い人たちはダンスを知らない人ばかりだったのでしょうか?例えその場にいた方全てがダンス愛好家でなかったとしても、せめてアンドレアとサラがフロアから出るまで待っても良かったのではないでしょうか?たとえそれが無理だとしても、彼らが背を向けてからでも良かったのではないでしょうか?まだ、彼らのパf-マンスは続いていたのです。踊り終わったから、これで全部が終わったのではないと思います。最後にアンドレアとサラ、これに懲りずにまた日本に来てその素晴らしいダンスを見せてください。
コメント