LET’S ENJOY YOUR DANCE

世界共通、ダンスの魅力。誰でも楽しめるダンスは最高!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

今日は、なぁんか燃えちゃいました!

2010-09-27 16:45:02 | Weblog

秋はどこへ?一挙に寒くなりました。
ダンサーズの皆様、風邪引かないようにね。

朝はて、とっても気持ちよく。
午後はちょっと暑いくらい。でも風が冷たく心地良かった日曜日。
夜は夜で、朝の予報にはなかったのに

そんな日曜日に、コンペでした。
新高輪プリンスの飛天。
この飛天とか武道館って苦手?
というより、結果につながらない。

この空間に勝つことができないんである。
音の取り方は凄くほめていただく。

このの取り方を大事に、空間に負けないような、
ダンスをしたいものだ。

さて自分たちの結果は、情けなかったけど
MIKUS。オープンでは、切れました。
何がって?
こういう切れるではなく、
今まで引っかかっていたものが、ぶちっ!
ありっこれも違う。

ってな具合

ワルツの途中で、CHRISと目が合ってしまった。
そのとたん、はじけました。

HIDEBOに悪いなぁ、と思いながらも自分を止めることが出来なかった。
がっつり行きました。
なぁんかね、やりたい放題やらせてもらっちゃったよ。
HIDEBO、ごめんね。
驚いたでしょ?




HIDEBO、ありがとう。好き勝手やらせてくれて。

でも、ちょっと反省。
でもちょっとだけだよぉん。うふっ、悪魔だね。

すこぉしだけ見えてきました。何がって?
自分たちのダンス、オリジナルのダンスするため、
しなきゃぁいけないこと。やりたいこと。

HIDEBOと踊れる時間って、どれだけ?
半年?1年?引退まで?
わずかである。引退したら踊りたくても、踊ることはないんだろうし。


共有できる大切な時間はわずかなんだよね。
他のカップルと違い、今しかないんである。
現役である今だけなんである。

今を大切に今週末、もう一度チャレンジ!

昨日のコンペ。

にしおっちとあいちゃん、外人選手や昨年までのファイナリストを
抑えて、見事決勝!

嬉しいね。
それに続けるように、

ガラのフォーメーションで仲良くなった
TEAMにっしぃ!
みんなぁ、がんばろうね!

賞金ためて、年末豪華温泉!
いいね、いいね。







コメント

秋はどこぉ~?

2010-09-23 03:53:44 | Weblog

雨降っちゃいましたねぇ。

でも
月のつもり。
だって月マークないんだもん。

早い時間はていたから、
15夜の月見えました。

今日もむちゃくちゃ暑かったですね。

明日から
ってことで、スタジオの植木を植え替えました。
重いっ!サンスベリアなんだが、
高さが1メートルは軽く超えている。

それと胡蝶蘭8鉢、シンビジウム2鉢。
大変だけど、これで来年花をつけてくれる。

楽しみである。
残りはアマリリスとみかん、デンマークカクタス。

日曜日、コンペの後である先生と
久しぶりにお話しする機会にめぐまれた。


穏和な優しい先生である。

最後に一言。
B級で1等賞とって、周りに敵(ライバル)増えたね。


えっ?敵は一人ですって答えたら、
愛情持って踊ってるんじゃあないの⁉

えっ?そっ、そうなんだぁ。


うぅん....

みんな、そうなんだぁ。


感情なんてないなぁ。

やばいです。はっきり言ってやばいです。


笑う心も忘れているかも。
いや、失くしているかも。

そういえば、今回のコンペ心から
笑ってない。とってつけたような
人工笑いだった気がする。


なっさけねっ!

心から楽しめなきゃなぁ。





コメント

こうして闘いの日は続く

2010-09-20 21:59:00 | Weblog

やぁっと長ぁい長ぁい夏も終わったけど、ダンサーズはシーズン真っ最中!
いかがですかぁ。
MIKUSにとって、最高の夏が過ぎて行ってしまった・・・・
これから寒くなる、考えただけで寒くなってくるね。
昔は日曜日のたびに、日帰りスキー。寒さなんて怖くなかったのに。
それも早朝からナイターまでがっつり12時間。
その方が、川越インターに近いので渋滞にはまらず軽井沢まで早い、早い。
若かったのね。

さてさて、昨日は久しぶりのコンペでしたぁ。
持ちクラスのB級戦。




ありがとーございます。
皆さまの熱い応援のおかげで1等賞とりました。

会場では、日頃からの知り合いやスタジオのお客さんが応援してくれた。
とぉってもうれしかったです。
そして、この日何年ぶりかの再開で声をかけてくださった方。
更衣室というより。着替えるスペースで偶然隣になったかた、等
本当にいろいろな方が声をかけてくれて
なぁんて幸せなの!と、一人幸せ満喫。
コンペのたびに、幸せ度UPである。

よく皆さまに言われる。
HIDEBOと踊れていいわねぇ。
えへへっ!もちろん、最高の幸せである。
こんなに最高なことはない。

なんか幸せだらけであるな。

でもね、辛いことも乗り越えなきゃなないことも、
それなりにたっくさんあるんです。
HIDEBOの昔を知るまでは、毎日踊れることが楽しかった。
もちろん、今でも楽しし毎日努力することも楽しい。
多くの方からHIDEBOの素晴らしさを教えていただいた。
毎日会っているんだから、十重彼の良さはわかります。
でもダンスについては知らなかったよぉ。
ただ、すごぉく柔らかくてうまいなぁ、こんな人もいるんだぁ、位にしか
思わなかったから、改めてすごさを知った。
そうなるとHIDEBOを知っている方たちは
HIDEBO復活に喜び期待をしている。
こんなに多くのj方に愛されているHIDEBOと踊れるなんて
最高の幸せじゃん。しあわせっつ!

でもね、そこにはHIDEBOのパートナーってどんな人?
興味の目がたっくさんある。それなりに踊れなけりゃ。
言葉にはならないけれど、気持ちは伝わる。

ここから本当に孤独を感じましたよ。
それは孤独な闘いです。耐えながら、いつかは認めてもらうんだと。
そりゃぁ、そうだ。HIDEBOが踊るのであるからには、
皆期待します。パートナーも同等レベルであってほしいと思う
気持ちもわかります。きっとじぶんが逆の立場だったらそうだと思う。
この1年半、前の踊りより少しでも上手になってやる!
でも、結果が出ない苦しさから抜け出せない。まだまだ未熟もんです。
この状況を乗り越えるには、もっともっと練習して、HIDEBOを超えるレベルで
踊れるようにならなくちゃ。
本当に周りの方からいい意味で刺激たっくさんもらいました。

これからもまだまだ、孤独な闘いは続きます。

きっと誰でも、幸せの裏側に辛さを持っていると思います。
がんばろうね。

いつかは誰からもHIDEBOのパートナーとして
見てもらえて、一緒にダンスを楽しめるようになりたぁい!

だから今の状況、いい意味で勉強の時間です。
たまに孤独に負けそうになるけれどね。
そういう意味でも、HIDEBOと踊れる幸せと、
それに付随してくる辛いことも、MIKUSのとってはダブルのラッキーだと思う。

これからも一時一時を無駄にしないで最高の時間を作っていきたいね。


辛いことも苦しい事もあるから、
幸せは大きくなる。
だから、明日も




コメント (2)

楽しいなぁ、人生。やっぱダンスやっていて大正解!!!

2010-09-14 19:01:38 | Weblog


うーん。
踊るという行為が、今はとても怖い。
なにをやっても、裏目にでる。
たまにはゾロ目になって、相乗効果で
ダンス100倍うまくなったとか。
ありえないっす。

やっぱり才能の問題?
ほんま、情けないでっせ。なんせ、立つことさえできない。

立てなきゃ、おどれるわきゃあねっ。
分かっているだけに
むちゃ、辛い。誰かダンス上手なる薬ちょーだぁい。
まじ、やばいです。



ちょいとダンス忘れて息抜き。



おやおや、いい男といい女がそろってます。

この写真、ガラの打ち上げです。
西尾先生はこの写真を別れた後に、すぐ送ってくれた。ほっんとうにまめな方です。ありがとう。
ずぼらなMIKUSとは違う。
ガラのフォーメーションもあい先生(MIKUSの中ではIちゃんなんだけど)と、全てからだはってくれました。
ほんとうにありがとうです。
ガラで残念だったのが、西尾先生と日高先生とHIDEBOのトリオでHIPHOPの本番を見ることが出来なかった。

なぜって?カーテン裏を必死で移動していたのである。もう一回、3人で踊ってくれたらいいのになぁ。(超わがままっ!)

久しぶりに何もかも忘れてENJOY!
本番も楽しかったし、練習も楽しかった。
でも、これだよね。YEAH!

コンペのときとは皆、キャラがっ・・・・
個性たっぷり、てんこもりです。
もうっ!こんなみんながだぁい好きです。
またみんなでしたぁい。

このあと、HIDEBOが別のお店に連れっていってくれた。
ありがとうです。
毎日が何も出来なくて、煮詰まってたから
気持ちがほどけた。
そこのオーナーのTSUKASAさん。
めちゃ楽しい!大好きだよぉ!なんせ笑いの絶えない店である。
あんまり女の子らしい会話できない(流行のTV番組やら、芸能人やら・・・・)MIKUSであるが、
TSUKASAさんのバイクや車の話は面白い。これならぁ、
また、連れて行ってね。

明日から何も忘れて、ダンスを楽しむ事に徹しよう!

また明日から、よろしくね。HIDEBO!

HIDEBO、そういやぁニックネームである。
ニックネームね、なんなんだろう?
MIKUSにとっては、大好きな人や仲間や、親しい人の呼び方?
そう、思ってます。大切の証。

だから、このブログの中では、HIDEBOだったり、たまにジョークで
HIDEBOOとしてみたり。
やっぱり、人間として尊敬出来て好きだから、ニックネームなんである。えへへ。
まぁ、実際面と向かってHIDEBOとは呼ばない。
いろいろである。おにいさん。えんどうくん(なぜかひらがな)しんちゃん。

(HIDEBOにはそう思ってもらってなかったりして・・・・
そうでありませんように。


ニックネームの思い出。
小学校のころ、クラスの友達をニックネームで呼ぶことは当たり前のことだった。
名前、ちゃんやくんなんかつけないで呼び捨てもした。
呼びやすい、親しみやすいニックネームで呼んでいた。
だから、今MIKUSを’上司’と呼ぶ人がいる。もの凄く抵抗感がある。
’上司’というのはMIKUSの名前ではないし、MIKUSはその人の上司でもないし、部下なんてもっていない。
一番の理由。MIKUSの名前は’上司’ではないから。
名前は大切だと思う。

さて話は小学校にもどそう。
5年生の時の担任。人生で一番MIKUSが抵抗したひとである。
えっ!?今だって誰にだって抵抗じゃなくて反抗しているって?まっさかぁ。
でも・・・・・ないっないっ!
この先生は同級生をニックネームや呼び捨て(親しみこめた)は絶対に認めない。必ず○○さん、○○くんと呼びなさい。
それもご丁寧に、ファミリーネームでだと。ファーストネームは使用禁止って。
その人個人を表すのはファミリーネームではなくてファーズトネームだろう!
先生の目の前で、思いっきりニックネームで友を呼んだ。
もちろん、職員室で正座させられた。それも校長先生の机の前。
でも今でも、ファミリーネームより、ファーストネーム。そして親しみと尊敬こめてニックネームである。
TPOは考えてまっせ。

なんか、ダンスからかけ離れちゃったけど。

MIKUSはMIKUSである。



コメント