LET’S ENJOY YOUR DANCE

世界共通、ダンスの魅力。誰でも楽しめるダンスは最高!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

関節、関節、関節・・・・

2009-04-30 19:20:35 | Weblog
でもここでは考えてみよう。肘を伸ばすのに上腕側の筋肉を伸ばしてみよう!あれれっ?いつもよりリーチが長い!そうなのだ。筋肉を意識して使ってみると、いろいろ今までできなかったことができたりする。昔はじめてアメリカにいった頃、ラテンの先生に体中の筋肉を自分の意識で自由に動かせる様になるまではルンバウォークさえ教えてもらえなかった。特におなか周りの筋肉。2週間の滞在でこれはやばいっと思い、ホテルの部屋に戻ってもTVをつけながら、そればかり何時間やったことだろう。でもお蔭様で、自由に筋肉を自分の意思どおりの動かすというすばらしい発想と実際にその通りに動かせるようになったということは、今思えば最高の!その筋肉を駆使すれば、関節も?例えば足首、膝、股関節はそれぞれ離れているけれど、周囲の筋肉や神経組織を介今思えばしてつながっているのだ。すると動きも下から上までつながる。ってことは・・・頭の先まで動きはSWINGやROTATION、移動などなど一連なんだよね。床から足の裏を通して、足の裏を駆使した良いフットワークが足首をやわらかく使わせ、筋肉を介し膝を柔軟にそして筋肉を介し、股関節を動かして。こぉんなに考えているから、少しはうまくなったかなぁ。Mikasは背が低い。普通の選手と同じにしていたら勝てない。だから、土踏まずは誰より強いと思う。体中を使い誰よりも誰よりも大きく動きたい。フットワークはすごく気を使う。つま先や膝の向き、どうやってフロアを捉えるか足の裏をウェイトがどう通っていくか今楽しいのはHOW TO USE THE SOLE OF MY FEET!(両足だよ)それがどう、BODY WORKにつながるか毎日が誰よりしあわせ!!!この次はANKLEね。
コメント

集中力・・気力・・楽しさ・・の関係

2009-04-15 17:01:13 | Weblog
コンペ楽しみました。だって踊れることって楽しいし、幸せです。ましてや尊敬しているパートナー君とですもん!あれっ?これってのろけ?好きなダンスを踊っているわけだから、楽しくないはずがない!そこで思うに気力。勿論、出るからには勝ちたい、決勝まで残りたいと思うのが競技選手。でも結果なんて素晴らしい踊りが出来ればおのづと付いてくる。どんなに素晴らしいダンサーでも、フロアサイドでけんかして怖い顔していたら、フロアにいざ立っても心から楽しい踊りは出来ない。見ている方にはそれはそれはよく判る。自分たちはどんなに注意していても、何故か見破られてしまう。絶対に見ている人たちに、なんだぁ、あのカップルって言われるより、いいなぁ、あのカップル見たいに競技も踊れたらいいなぁ、と感じて欲しい。幸いにも、Mikusはパートナー君が人間できているので、喧嘩もせず自分たちの踊りに集中できる。イコール楽しい!常々思う。見ている人を感動させる踊りがしたい、見ている人と一緒に楽しめる踊りがしたい。だから、それにはまずパートナーシップ!いつも感謝の気持ち忘れないし、尊敬しているし。そんな風に考えさせてくれるパートナー君に感謝、感謝。ということで、コンペの中での1曲、楽しく自分たちのベストをつくし、見ている人たちともともに楽しむためには、およそ1分半の集中力はものすごいものである。だから、踊り終わりフロアサイドにはけたら、次のダンスまで、怖い顔していられないのである。いつもHAPPYでいたいのである。いろんな意味でたくさん勉強になったコンペであった。いつも大切にしてくれて、パートナーの遠藤先生、ありがとう!応援してくれる方にもMikusは感謝の気持ちを忘れないように頑張りますよ!これからもよろしくね。
コメント

久しぶりのコンペ

2009-04-15 15:29:25 | Weblog
昨年末に新しくパートナーシップを組み、今年よりコンペに向けて練習を始め。2009年は心新たに!!なんてね。とてもリーダー君には感謝しています。場の空気を読めるし、気遣いの上手さや、本当にダンスの上手さだけでなく人間的にもすごく尊敬できます。それにくらべ、わが人間の小ささが・・・僅か3ヶ月の間に彼からはダンスだけでなく、たくさんのことを教えられました。本当に素晴らしい人とめぐり合えたなぁと。何がってパートナーシップって信頼、尊敬できることが大切でしょう。練習も楽しいけれど、何が楽しいかって、彼の動きをいち早く察知、彼のしたいこと、方向、タイミング、などなど全ての体の動きや心の中味を感じて踊るって、フォローすることがこんなに楽しいとは思わなかった。パートナーの遠藤先生、ありがとう!一生懸命するから、これからもよろしくね
コメント