LET’S ENJOY YOUR DANCE

世界共通、ダンスの魅力。誰でも楽しめるダンスは最高!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

エネルギーはどこへ行く?エコダンス?

2010-08-28 08:48:34 | Weblog

どうして?どうして?
いつも変な題材なの?
今日は無駄な力を使わず、らくらくに踊ろうかい、
なんて思いからこぉんな題材になりやした。

つくづく変なやつだなぁ・・・・

運動エネルギーはどこへ行く
行く場所無くしたり、違う方へ行ったりしたら?
むちゃ、効率わるっ!
またまたイメージなんだけど、
夏といえば、そう!

海!
ビーチへGO!じゃあないのよ。
あの浜に寄せてはかえる波。


あぁ、またアホ言ってます。
波はビーチの場合、波ってざざぁ~って行ける所まで行く。
そして静かに帰ってくるでしょ。
そうそう、寄せては帰る波ですね。
エネルギーも進行方向にすぅっとね。
フロアを通して、進行方向を考えてボディを送り出すでしょ?
じゃあ、断崖絶壁だったら?

波はいく場所を失くして、砕け散っちゃう。
せっかくのいいタイミングで繰り出されたエネルギ-、上手に使いましょ。

例えば、MIKUSが後退のステップするときに、ボディの動きが止まったり、
パートナーより少なかったら、My partnerのエネルギーはこの断崖の波のように
行く場所を失くして、失速したり上に上がっちゃたり。合えなく撃沈。

エネルギーの無駄使いを失くそう!
すごいいじゃん。
フロアに対して生み出されるエネルギーの反対方向にボディは進む。
だから、ロアする方向、真下ではなく、次のステップの方向にね。ライズも同じ。


なぁんか、うまく表現できないなぁ。
日本語はむずかしい!

自分の書きたいように書いたわけじゃぁないんだけど、
考えながら、でもでも、難しい!

ということで、ダンサーズの皆様、
好き勝手に解釈して、なんとなぁく試してみでね。


コメント

タイミングって、たっくさんあるある

2010-08-27 10:48:11 | Weblog

今日の課題はタイミング。
以前書いたとおり、カウントはイーブンにとって
踊ったら音楽からずれる。
指揮者のタクト。例えばワルツ3拍子。
指揮者はそれぞれのカウントを、
自分のワルツの音楽に対するフィールで振るでしょ。

1を長くとるか、2を長くとるか、はたまた3を長くとるかは
指揮者それぞれであるが、
カウントに対する長さは同じではない!
ちゃあんと、理解しているのにはずれる。
音楽に対するタイミングはとれている。

なんでぇ?
動作に対するタイミングが関係する。
動作は、ボディの移動と共におこる
ローテーションや、スウィンクやライズ&フォールだったり。

えっ?
動作を起こすタイミングって、大事よぉ~。
例えば、リバース系の左足前進のステップ。
リーディングフットの右足の上でローテーション
おこす。
早過ぎても、おそすぎて

だめなんである。
右足の上で移動より先にローテーションを起こしたら?
前進する踊り手の上体は相手方の左にきてしまう。
後退する方は、倒れそうになるため後退する右足が
早く着地!
わおっ!
ついでに、
リバース系で上体が先にまわったら、
ボディはずれやすくなる。
だから、タイミングって大切。
前進におけるスウィングだって、早すぎれば下からすくい上げるような
感じになる。後退する方は大げさに言えば、
上から覆いかぶさるような感じ。
これじゃぁ、旨く踊れない

いろんな動作に対するタイミング
考えながら踊ってみようね。

よく、音楽に合わない。音を外す。
音がとれないって聞く。
じゃあ、この音楽に合わせてカウントしてみて
ください、というと音楽に合わせてカウントしている。

えっ?音とれているじゃない。
ステップのカウントも理解しているし。

踊ってもらってみると、

うん?
確かに音楽から外れていく。


一つの原因は、カウントを全てイーブンにとった場合。
以前、書いたとおり音楽の拍子は
シンプルではない!
全てのカウントが、同じ長さでは音楽に合わせて
踊れない。
また、いろいろな動作におけるタイミングを確実に理解する。
動作のはじまるタイミングのずれも
音楽をはずす。

はぁっ
またまた、課題がいっぱい。頭もいっぱい。
パンク寸前のMIKUSである。




コメント

う~ん、がっくし .....

2010-08-27 02:22:55 | Weblog

う~ん、がっくしである。

昨日は絶好調だったのに、今日は地獄。
何かがちゃうね。どこが?何が??
昨日あんなに簡単にできた事が、今日は?
わからへんのか?
一体、何年ダンスやってまんのか?
ホンマに阿呆です。
天才になりたぁい。
いつになったら、 HIDEBOにとって1番になれるんだろ?
HIDEBOにとってNUMBER1、ONLY ONEになれるんだろうか。

コメント

おおっ!衝撃の告白!?

2010-08-27 01:15:58 | Weblog
ほんとに熱々の日が続きますなぁ。
ダンサーズの皆さんは熱中症だいじょうぶですか?
えっ?いつもダンスに熱中しているから、年中熱中症ですか。
お見それしました

ただいま、DANCE GALAのFORMATIONの練習中。
MIKUSにとっては、頑張りのときである。
以外に人見知りなのよ
でも、やはぁりみんなで一丸となってなにかやるって
結構楽しいのだ
で、昨年と同様、Quickstepなんだね、これが。
多分、一番楽しいと思う。

さてさて。今日は天文学。
我々ダンサーズが住む地球は(ダンサーズだけじゃないでしょう!
HIDENBOに言われそうだ・・・・)
太陽の周りを回っいる。
そう、公転てやつ。
で、地球は働きもんなんで、公転する最中も休まず、自分が回っている。
自転ってやつだ。
ほんま、働きもんでっせ。
ダンスも同じ。ダンサーズは働きもんなんである。
の周りの地球が公転する軌道、これがルーティンである。
そして働きもんの地球が自転、ダンサーズはナチュラルやリヴァースに回転運動しながら
踊っているわけである。
で、太陽の周りの軌道上の公転はそれぞれ、踊りながら男性内回り、女性外回りとかある、それである。
自転は二人の中央に軸があり、それを中心に自分たちの背中が一緒に回っているのである。
二人の背中でナチュラル系やリヴァース系の円を描きながら、踊っているわけ。
ほんとにダンスはイメージ大切。
どれだけ想像力が使えるかで、ダンスも変わってくる。
色々なものに置き換えながらやってみるのも手である。


さて、これ知っている人は知っている。
昔、発行されていた(今は?であるが)選手名鑑なる本である。
何を隠そう、HIDEBOとの始めての出会いは
実はこれだったんである。
だいたい、MIKUSはHIDEBOを全くもって知らなかったんである。
迷ダンサーであった史的事実さえ知らなかった。



ある日、スタジオで1993年発行の選手名鑑を見つけた。
1993年当時、ぺぇぺぇ(始めたばかりの全くの初心者)のMIKUSに
親切にしてくださった先生方が、載っているではないか!
見ていて楽しかったし、懐かしかった。
その中で、全く知らないダンサーだし、興味あったわけでないのに、
すんません。
なぜか、HIDEBOの名前だけは記憶に残っていたんである。
他にもたっくさんのダンサーが載っているのにね。




こういう形で1ページに4カップル。約145ページ。莫大な人数である。
なんでHIDEBOの名前だけ記憶に残っていたんだかね。
今思うと不思議なんだよね。五万といる(そらちと大げさだが)ダンサーの
中で、全く知らないダンサーが(まぁ知らなかったのはMIKUSだけなんだが)
記憶に残っていて、
それが、出会うなんて思わなかったし、
見るからに雲の上の方にいそうだし、こんな形で一緒に踊るなんて、
その時は考えもしなかった。
だから、紹介された時はへっ?だった。
不思議なもんだ。

でも、今は思う
めちゃ、らっきー!


かみさま、ありがとぉー!!!!
コメント

ばぁんざい!!!

2010-08-14 22:28:22 | Weblog


パーティが終わったです。
これで、久しぶりにブログに集中できるぞう!

I-Phoneからだと難しい。
でテーマを考えながら・・・・
って寝ちまいそうだ。
がんば

お楽しみ!
コメント