LET’S ENJOY YOUR DANCE

世界共通、ダンスの魅力。誰でも楽しめるダンスは最高!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

今日も一日・・・・

2010-03-29 19:09:35 | Weblog
寒い中、桜もがんばって咲いてます。もうじきやって来るコンペシーズン。なんだろう、この気分。いかんいかん。気分転換に、ということでシャドウ!シャドウ!ダンサーがシャドウできなくてどうするっ!って思うけど、やはり練習場では怖気づくのだ。スタジオでシャドウのほうがいかったかなぁ。でも、競技選手仲間を見つけると、ぴよぴよよ寄っていってしまうMIKUSであった。だって帰りに盛り上がれるもん。て、ことでイタ飯屋で盛り上がり。大きなくまさんに囲まれ幸せなMIKUSである。もちろん、おなかもいっぱいだったから。しっかし皆、汗だくである。一緒に練習するとHIDEBOは汗だくだくである。HIDEBOなんて1日でMIKUSの一生分の汗かいているんじゃね?まったくといっても過言でない。MIKUSはほとんどDRYである。あれだけ汗だくになれば、もめちゃ、美味いわけだ。だけど、やせちゃうよぉ!体の水分そんなに出したら・・・・これ以上やせないでね。
毎日の日課。寒いとどうしてもさぼりがち。でも心を鬼にして腹筋・背筋の筋トレである。腹筋おたくのMIKUSは、あれこれと考え出した方法で、毎晩。何もないと飽きるので、GOSSIP GIRLとCSIマイアミ、グリー等を見ながら。(昔から海外ドラマ大好きっ子である。韓国や日本のドラマは見たことがない。涙うるるより、アクションやら、お笑いやらサスペンスが好きである)ながらで十分いける。ただし身体を痛めないために負荷の大きくかかることではなく、小さな負荷で回数を多くする。腹筋おたくのMIKUSは慣れてくると効いていないような被害妄想になるので、そうなると回数を増やし・・・・。いまや100回を1セットで10セットづつやったりする。このごろ振袖恐怖症になりつつあるので、腕立て伏せもいれている。これはまだ20回くらいしかできない(昨年左肩を痛めたのが効いている。ダンサーズのみなさん、怪我には要注意であります)けど。脇を開いたのと、脇をしめてやるのて両方ね。信じられないくらい、暗いやつである。ほんま、TV見ながら、どよぉぉーんとね。HIDEBOのしょうもねぇくらい暗い!って声が聞こえてくるような。そんなに回数やるなら、ストレッチやれって言われそう・・・・嫌いなんだよなぁ。いやいや、そんな事言ってられまへんね。4月からはストレッチもやろう。少しヨガに凝っているから。えへ。
今日はライン取りの話。要するにフロアに対する自分たちの動線とお互いに対する動線である。ランニングウィーブ。中央斜めにがフロアの動線。そして男性と女性の位置が変わる。男性が後退のとき、女性は前進。これはわかる。では二人のポジションは?ありり?進行方向に背中向けて後退するのは男性なんだけれどアウトサイドにリードするわけだ。となると足は中央斜めの動線上にあるけど、右半分にポジションをとっている女性は進行方向に対して男性より先行していくでしょ?上体は中央斜めに進みながらもLODに向いているか、はたまた背中が向いているかでしょう。でないとコンタクト外れませんか?たまにレッスンしていて感じるのはこの時の男性のアームやショルダーに道を塞がれて女性の居場所がなくなっている。そうしたら、次のリバース系のタンブルターンやサイドロックに無理がかかっくる。流れがが滞ってしまう。そうなると、スウィングやローテーションはおろか移動ということができなくなる。ひやぁ!リバース系のステップの1歩めの女性の後退。右足だぁね。左足の上でボディが止まったままローテーション始めると男性のトップを自分の左側に引っ張り込み男性の右だおれのまま次へ。うぅ~ん、むちゃバランス悪いし、女性の右足は思わぬところについてしまう。下手すれば男性の動線上にいっちゃう。やっぱりダンスってお互い様なんだよね。HIDEBOにはいつも感謝。いつも考えさせてくれるし、たっくさんのヒントやアイデアくれるし、MIKUSの気付かないこと指摘してくれるので一人でシャドウする時なんて、あぁ、ここだぁ!HIDEOBOが指摘してくれたことは。あぁ、出来ちゃったじゃん!なんてね。でも不器用であほなMIKUSは3分後には、すっかり忘れて勝手にその気になっている。ごめんなちゃいね。明日こそははぁ、進歩ねっ。いつもお決まりのお馴染みのMIKUSのセリフであった。
コメント

おおおおおっ!

2010-03-24 11:13:49 | Weblog
先週、スタジオの会員の皆様からいただいたばら!見事にずぇ~んぶ、開花!とぉってもおされな色です。ラベンダー色。おとなの色じゃございませんか。えっっへん。この色をMIKUSに選んでくださった会員のみなさまぁ、ありがとうでごじゃいます。MIKUSが大人ってことですよね。えへへ。
さてさて来週は待望のNEWドレスが出来上がってくる。楽しみ。色や生地やデザインなどわぁおっ!です。
コメント

わいわい、リッチなごはん

2010-03-22 00:41:53 | Weblog
先週、HIDEBOが仕事で京都へ行った。MIKUSも京都行きたいよぉMIKUSはおとなしく東京でお留守番よいこにして待ってまぁす!おみやげ、おみやげってことで、HIDEBOからおみやげみもらった。これこれ、京都、老舗のはにわじゃぁなかった、はれまのちりめんじゃこ。それも山椒入り最高にしあわせっ!これがあったら白いおまんまだけで、ほかはいりましぇ~ん!ってことで、ご覧のとおりしあわせのてんこ盛りっ!決しておなごのすることではごじゃりませんがぁ、HIDEBOのお土産ちりめんじゃこにめんじてお許しぃくだされっ!MIKUSお気に入りのくろねこやまとの宅急便のどんぶりにごはんをいれて、大切なちりめんじゃこのてんこ盛りっ。めちゃ贅沢である。はぁ~っ、極楽、極楽。うわっ、若者っぽくないセリフ。今週末も仕事でHIDEBOは地方である。まだ、どこに行くのか聞いてなかった。どこでもいいけど、うふふっ。よいこにしてるからねぇ。
さてさて、スタジオにも春がやってまいりました。赤、白の梅と、オレンジのボケ(決してMIKUSの事ではない!・・・・と思うが)の花が終わり、ももとジャコバサボテンと胡蝶蘭につぼみがつき、今はご覧の通り巨大アマリリスが咲いている。この子はたぶん12歳くらいで、6代目の孫もいる。球根はかぼちゃ大である。1回に3つの花芽をもって、それぞれが大輪の八重咲きを4個咲かせてくれる。そのアマリリスが5鉢もあるのだ。これからスタジオの窓際はにぎやかになる。ダンススクールというより、熱帯植物園である。パパイヤ、パイナップル、みかん、グミ、胡蝶蘭にアマリリス、シンビジウムにデンドロビウム、梅にももに銭のなる木、パキラに葉から芽・・・・いったい何鉢あるのやら。今度数えてみよう。
コメント

DANCE!DANCE!LET’S DANCE!

2010-03-21 03:25:23 | Weblog
春ですねぇ。昨日からの突風凄かったけど、朝一番でお出かけは大変、大変。でも本当に暖かくて、ついこの間までの寒さってなにっそうそう、春の穏やかな光に溢れた窓の外、暖かな光に包まれてちょっとお出かけってな感じで外へ出たら、以外に寒いっ!ってことあるよねぇ。これを光の春っていうんだそうです。ちょっと、おされでないの。桜のつぼみもぽわぽわしてきて、足元みるとちっこい花(MIKUSみたいっ)いっぱい咲いていて、ほんま春ですわ。
MIKUSがブログを始めて2年と4ヶ月と18日になりました。うっそだろ?いえいえ本当によくぞここまで続いたと思います。日記さえ、3行で終わる(3日坊主よりひどいでないの!)3文字以降は字が躍りだすMIKUSがねぇ。感心、感心。
で、ずいぶん前にダンスのボディや動きのことを書いた。フロアが土地で、FOOTが土台で背骨が大黒柱、アームからアームまでの梁、広い壁の背中と・・・・動きに関しては次の方向へ移動することが大黒柱、ロアやライズ、ローテーションやスィングが梁や壁や屋根やらドアやら。いまいち抽象的?でも大事な土台と大黒柱と梁がなければ家は建たない。ダンスも一緒。じゃぁ今、駒込にいるとする。横浜で待ち合わせしておいしい中華を食べたいので、JR山手線に乗って東京駅で乗り換えるそしていざ横浜へGO!。なのに、南北線に乗りました。えっ!?横浜どこよ?なんである。みんなはすでに横浜中華街でおいしい飯の最中である。MIKUSは行きそびれの食べそびれ。では、食べ損なわないためには、きちんと駒込でJR山手線に乗るためにスタジオでて、まっすぐ歩かなあかんのに、スタジオでて、すぐ回れ右して地下鉄乗りました、ではだめなんである。路線図知らなくちゃね、まず。そう、自分のルーティンはカウント、タイミング含めて知っていなくては・・・・(MIKUSの一番できないところ!自慢している場やいじゃないでない?)そして東京駅で乗り換えるためには、間違いなく東京駅に行かなくてはならない。駒込で違う線に乗ってはあかんのね。といくことで、ダンスもまずは移動が重要。移動無くしてスウィングやライズ、ロア、ローテーションは特別なアクションでない限り起こしてはまずいようは、次に自分が行く方向へ運動をおこすのだ。右足にウェイトをおいて左足が1歩目の場合。右足から左足に背骨が動いていきながら、ロアやライズ、ローテーションが伴う。逆になったら大変、大変。リバース系のステップの1歩目。ローテーションが右足の上で先におこったら、自分の体は右方向へ倒れるよん。ということで、運動は次に行きたい方向へおこせ!では音は?1小節の中に収まれば、どんな取り方でも構わない。スローが全て同じ長さではないし、クィックだって、同じじゃぁない。ファーストクィックでもセカンドクィックでもラストクィックでも自分たちの感性を大切にすればいいと思う。ただ、次の小節へのつなぎを大切に音を膨らませて。ワルツであれば3から1の、スローフォックストロットだったら、セカンドクィックからスローへのつなぎとか。それぞれのCaseByCaceであるけど。とにかく次の小節へのつなぎを大切にすることを忘れずにね。
もうひとつ、後悔先に立たず。後で後悔したくないのでMIKUSは今しか出来ないことは今やることにしている。先延ばしにはしない。だから毎日が精一杯、一杯一杯である。パンクにもなる。でもダンス大好きだから、練習は欠かさない。一人で出来ることは一人でも練習できるし、音楽を聴くことも練習のひとつ。体かたくて上手く出来ないけれど、ヨガを少し習ったのでそれを応用してストレッチしている。映画雑誌や、PEOPLE誌やSTARなんかの雑誌もみる。ドレスやメイクのヒントをみつける。周りにはヒントになることがごろごろ。それを自分なりにいろいろ工夫してみることも、えらく楽しい。はぁ~っしあわせなMIKUSであった。
コメント

タイガー・ウッズは迷ダンサー!?

2010-03-11 18:49:09 | Weblog
スキーに水泳。どのスポーツをとっても、ダンスに通じるところはいっぱいある。MIKUSはレッスンするとき時々尋ねます。ゴルフやったことありますかぁ?とか水泳好き?とかね。このごろ夜中に家かえるとゴルフネットワークチャンネル見ます。例えばスローアウェイオーヴァースウェイ。ゴルフティーショットに例えたりする。まず、スタンスとってまっすぐに立つでしょ。それからゆっくりテイクバックしてゴルフのクラブを振り上げる。ゴルフクラブのヘッドが女性の頭の位置。このときの男性の左の後背筋と右胸を通して右手へつながる。見事なカウンターバランスをつくろうね。スウィング。身体の中央でボールを捕らえるインパクトの瞬間を感じたら、ボールを運ぶようにしてフォロースルー。身体の中心はローテ-ションが続くけれど、トップボディトアームはその名のとおりフォロースルーなのだ。そして目はボールの行く先をしっかり捉えている。これをダンスのボディに当てはめてみる。背骨はまっすぐ。テイクバックしたときの左足と右足の体重のかかり具合は?中間にいながらもこの瞬間は左足にもウェイトしっかり感じてます。膝とつま先の向きは?フォロースルーしたときの両足に感じる重心は?
タイガー・ウッズとスローアウェイオバースウェイしたら伸び伸びぃ重心とセンターがしっかりしてると思う。ゴルフやテニスはボールを打つのではなく、クラブのヘッドやラケットの面で捕らえたらら運ぶんである。それがコントロール。またテイクバックして円を描くようにスウィングしたらインパクトした瞬間から円を描くようにスウィングアップである。インパクトまでに円を描かなかったら・・・・そう!野球やスフォトボールで俗に言う、あの’だいこん切り’である。女性は大変だぁ!いろいろなスポーツをイマジネーションすることによって、ダンスをかえてみませんか?
コメント

武道館はやっぱり気持ちいいっ!

2010-03-08 16:33:13 | Weblog
マークの武道館。やぁっと振り返って見る余裕が出来た。いったい・・・・まぁだまだ、勉強不足、練習不足、不足だらけだったけど、良いところ、悪いところが自分自身見えてきたので、これからの課題がてんこもり。でも、気持ちよっかったぁなぁ。結果はどうであれ、というより結果というのはMIKUSにとっては次への1歩なので、これから補っていくべき足りないところや、これはGOODなところとか、いろいろ勉強の時間。それをポジティブに捕らえるか、ネガティブに捕らえるかで次が大きく違ってくるよね。で、今回はMさんが試合の写真をたっくさん撮ってくれました。ありがとうぉっです。よい勉強になります。毎日見てはここは、もっとこうだ!とか、もっとこうできる!なんてね。このとき着たドレス、売りまぁす。結構軽くて裾は踊ります。ふわかるっ!です。クリスアン製。昨年の後半から着用。15万位。ミントグリーンからロイヤルブルーへのグラデーションになっています。ドレープが少し変わっていて、背中をカバーもできます。デザイン、色ともにMIKUS一番のお気に入り。大切に着て下さる方なら誰でも歓迎!です。
コメント (2)

ドレス考

2010-03-01 21:02:34 | Weblog
今日もなぁんかすっきりしないなぁ。ダンス雑誌の新しい号が本屋に並ぶ。UKやらアワードの写真。やっぱり女としてひっかかるのはドレス。流行がかなりある。一時期はフェザーの復活か?なんてあったけれど、まだまだ昔のようなフェザー使いは少ないよう。それは作る側からみたら、ほっと胸をなでおろすところでもある。(だってフェザーのついた昔のドレスって高いんだもんそんな簡単に新しいドレスなんてねぇ。)まぁ、それはさておいて。もちろん自分の身体にぴたっとフィットのドレスに越した事はない。でも、例えば世界チャンピオンの着たドレスがすごぉく気に入ったから買いました。とか、経験あるよね。MIKUSもそうやってGETしたこといっぱいある。(かなりミーちゃんハーちゃんである。その言葉って古臭くない?)でも1点もので、ドレス屋さんも気合入ってます。Loraine、JoanneやJaustynaからGETである。ラァッキィ!(ほんとにミーハー!)LoraineとJustynaのは裾を上手にお直しし、スカートのラインが死なないようにしてもらいました。ボディはお直し不要。Joanneはお手つきなし。でもとっても着るときに気を使うのはボディ部分。良いドレスは着られるためにつくられてあるので、ドレスに着られてはいけないんである。自分がそのドレスを着こなすんである。正しいポイズで立って着れば自然とドレスが身体に合ってくる。合わないときは自分のボディが落ちていたりよれていたり。ということで新しいドレスを作るときは凄い気にするぴたっとフィット。誰かのドレスを譲ってもらったとき、どれだけドレスが踊るか?だけでなく、自分の身体になじむかである。ドレスは着こなせ!ドレスに着られるな!である。新しい自分のドレス欲しい・・・・でもセンスないからデザイン考えようとか色どうしようとか、一抹の不安ここでも、のろのろの」歩みのMIKUSであった。
コメント

今日の課題?

2010-03-01 02:18:55 | Weblog
今日はなぁんて寒い日曜日・・・・教えると云うことはいい事だ。自分自身の確認と勉強になる。教えているのに、自分の練習しているときには忘れていたり、できていなかったり。落ち込んでばかりはいられない。本当に教えているときは、自分のいい練習になる。今日は午前中一人でこつこつやっていた。あれやこれや、たっくさん出てくる、出てくる。課題がいっぱい!こんなにできないのか?みたいに。で、今日はひとつ考えてみた。ボディタイミング。ルーテイン組んでもらったりすると、必ず付きものがカウントである。ワルツで言えば1・2・3とか1.2.3.&とか。例えばサイドロック。カウントは1・2・3&である。これを1小節の中に収められればいいのだから、1・2・さあぁんでもいいわけ。この3をひらがな表記したのは意味がある。さあぁんで3・&を踊れば良いっじゃない。女性で言えば右足の上にいる時間が長く左足をかけるのではなく、引き寄せた結果前にかかる。あっけ!上体は左の後背筋から右前の斜腹筋へ抜けてく。トップボディは肩甲骨から肩の部分は左斜め前に引き上げる。内側が絞られるような感覚。背骨の動きも、止まらない。すべてが同じタイミングじゃぁないし、同じローテーションじゃぁない。男性に対してこのショルダーラインを平行にkeep!骨盤もkeep!で、TRYしてみようっと。頭の位置も考えながら・・・・あぁ!脳みそがいくつあっても足りなぁいい!あいかわらず、日本語むずかしい。
コメント