LET’S ENJOY YOUR DANCE

世界共通、ダンスの魅力。誰でも楽しめるダンスは最高!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

フットワーク

2008-07-19 23:38:53 | Weblog
今日も一日ダンス三昧!この幸せを噛みしめながらフットワークについてのお話さてさてレッスンしている時に気になるのがフットワーク。女性のタンゴのリンクの右足、ヒール床にタッチしてますか?出来ている方はタンゴです。スタジオでも練習場でも結構ヒール使っていなぁい!思い当たる方は?フットワークって実はとっても繊細なんですよ。だってフロアに直接面しているのは足のうらなんですから。いわれてみれば、そりゃそうだ!の世界。で、繊細という意味は、足の裏は線ではなく、面である!なんです。Oh!my goodness!だから、ライズしても接地面積を考えたらもぉっと楽に立てて、踊れる!そうだ!で、バランスなんだけど、多くの人はヒールバランス、まぁ踵の上に立っているのだ。土踏まずの上にお尻乗せるようにする。そうすると、あら不思議、楽にライズ&ロアできちゃう。そして膝は曲げるというより、つま先より前に出す。踵の上にいると、ライズする時にボディを余計に前に出さなくてはならない。下手すりゃ、一番重い頭から突っ込んでしまう。最初から良いところに立てれば、余計な力もいらないし、頭から突っ込まなくてすむ。ワルツのカウント3のフットワークはトゥ・ヒールである。でも、ちょっと待ったぁ!この3の足の上でヒールが床をキャッチしたとき、あなたのもう片方の足はどこ?すでに3の足より前方に動き出している?それともまだ、後方にある?後方に残っていると、踊りが墜落気味になる。もっと滞空時間の長いダンスが私はしたぁい!さてさてフットワーク、足の裏が面なら、ヒール・トゥはヒールの外側、内側または中央からトゥの外側、内側、中央?それとも外側でキャッチして内側に抜ける?面ならいろんな使い方があるはず!ここで全て書くとページが足りないので、意識して踊ってみようね。ただし、ただしだよ、ヒールからトゥでもトゥからヒールでも必ず土踏まずを通過していることをお忘れなく!土踏まずはダンスにおいて、です。さて次回は音楽ね。音楽を征するものはフロアも征すひゃぁ!かっこいい!自分で言ってどうなる!
コメント