LET’S ENJOY YOUR DANCE

世界共通、ダンスの魅力。誰でも楽しめるダンスは最高!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

うわぁ、台風ですか。

2009-10-27 02:23:17 | Weblog
もう10月が終わるというのに、台風ですかぁ?いいかげんしてよぉ!ってMikusはなもんでHideboがくれるまで、全くもって知らなかった風強いなぁ!すげっ寒っ!とは思ったけど、台風って。来週は11月なのに。寒いのはきらいであるのわりに昔は毎週日曜日は日帰りスキーそういやぁ、若かったなぁ。Mikusの所から関越まで10分、まだ軽井沢なんて碓氷峠越えをしなくてはならない。若さは怖い。4時ころ家を出て早朝から滑り渋滞を避けるためナイターも滑る。家に着くころは2時ころ。昼ごはんとお茶タイム以外は滑るだけ滑った。寒がりのくせにね。見栄っ張り。スキーすきだったんだなぁ。今は一日中ダンスしたい。ダンスだけに集中したい。スタジオにいると、雑用が多い。レッスンの合間をぬって済ませる。休んでいる時間なんてない。体力つくよ。今日も台風の強風対策で植木鉢の移動。(きれいにを咲かせてくれるのでここは我慢)重い!そのうちのいくつかはMikusより重い。特に雨の降った後は最悪。水分含んでてこでも動かない。おかげさんでMikusはパワフルに逞しく育ちましたよ。これもトレーニングの1つかなぁ。毎日の雑用が筋力や持久力・集中力UPになるって男性スタッフより得した気分。こういうの一挙両得。仕事しながら体力つけてでも筋肉むきむきにはなりたくないのである。気がついたらなんてことには・・・・でもダンスをはじめスポーツは腹筋必要である。腹筋弱いと腰痛める。先日言ったようにお対の筋肉は大事。腹筋と背筋の強さも強ければ言い訳じゃあない、双方の筋力のバランスが大切なんである。そうっかぁ、ダンサーズ!何もしなければ背筋は腹筋より強いのである。普段の生活習慣からである。腹筋を鍛えて背筋の強さとのバランスを保とうね。ちなみに走るという行為は短距離走長距離走では強さはちがえど、腹筋力は必至。ツライ・・・・慣れればなんのその。がんばって鍛えよう腹筋。決して6パックは求めないけれどほんまかいな。次回はMikusの筋力UPメニュー初公開!
コメント

久しぶりのおしゃべり

2009-10-26 00:27:10 | Weblog
午前中はあいにくのでも家をでるころにはでも少しいえいえ、かなり寒い風邪には気をつけようね。今日は久しぶりにジョニ兄とリンに会ってきた。今日本に来ているから・・・・もうじきパーティシーズンだしね。忙しい合間にね。コンペ引退。デモを見られるのも来年8月の大阪でひらかれるJohn&Lynの引退パーティまでだそうです。さびしいなぁ。ジョニ兄のあのいぶし銀のダンスが(キャラは超3枚目なのに)好きなんだけどなぁ。いつもの小憎らしいJOKEなんだけど、ジョニ兄のHipの高さはMikusのBoobの高さって。そらジョニ兄足長いです。でもさぁ、胴も長くね?って言ってたら、そこにいたSteven兄さんとLynの登場。いすに一緒にすわり一言。僕たちと肩の位置一緒だよね。だと。んで、立ってから背の高さはこんなに違うのにってそらMikusはちっこいです。でも今日のジョニ兄の一言は効いたなぁ。真面目な話だよ。パートナーの言うこと聞くより、もっと注意深く聞かなきゃならないのは、ボディからくるリードだよ。ジョニ兄曰く、ジョニ兄のボディはRadioで彼の繰り出すリードはRadioから流れてくる音楽だそう。Lynにも言うそうだ。うぅん、上手い例えだ。すごい!やっぱりダンスはアイデア勝負だ。Hidebo企画、明日はどんなことが飛び出すか楽しみだなぁ。その後今日のジョニ兄やLynのアイデアをシャドウしにいった。骨盤やショルダーライン。ためになるなぁ。Mikusもシャドウしながらいろんな事を考えてみた。なんでみんな、そんなアイデア湧いてくるの?あしたからまた、心機一転ぞ!ジョニ兄ぃ、今度Lynちゃんと3人でお約束の仏レストランいこうね。
コメント

表裏一体。ダンスも一体!

2009-10-25 01:53:31 | Weblog
明日は日曜日って、もう今日ですかね。日曜日、コンペがないと体力つくりとシャドウを日である。独りでじっくり考える日。さてさて表裏一体って言葉通りである。じゃあ説明して!って言われると出来ない自分がいることになんである。イメージはあるのに的確な言葉で噛み砕いたように説明できない。ボキャブラリのない自分に再び上手なマッサージ行くと先生は背中側とおなか側と、右と左と必ずお対でマッサージしてくれる。ダンスも同じ。右と左、前と後ろ、身体や筋肉をお対で使う。ひゃぁ、難しい。たまに気になる。背中から後頭部まで(頭のてっぺんまで)すごぉくきれいなボディラインなのに、ポジション変わるとそのラインがゆがむ。背中から頭のてっぺんまで、相変わらずきれいなのに・・・・顔を見るとそっくり返っているように見える。実際に首から上だけ折れてそっくり返っている場合のほうが多いいけれど。ここで表裏一体なんである。サイドコーチするとき、その人の体型や筋肉のつき方もみてあげないとだめだよね。体型も筋肉も十人十色である。たとえば首に対して頭のつきかたもそれぞれだと思う。普通にしてもあごが出て見える場合。後頭部のラインだけみないで、顔のほうも相対的に見てあげないと、顔の向いている方向によっては位置的にあごが突き出て頭だけ倒れて見える。踊りのテクニックもそうだけど、ボディライン的なことは十人十色。テクニックなら欠点を直すより良いところ伸ばしてあげるほうが早く上手くなる。ボディラインその人の欠点をどうしたらよく見えるかをなおしていかなければ、良くはならない。表裏一体ということは表側と裏側を同時にそして相対的に見ていくこと。身体の使い方も同じ。女性のシェイプ。左の後背筋をある1点から上方と下方にストレッチ。このとき右の斜腹筋ある1点から上方と下方に伸びる。そうすると胸板が上をむく。ドーナツの原理である。ドーナツは内側も外側もそれぞれのある一定の伸び率できれいな円を保っている。外側の伸び率が強かったらドーナツは割れる。女性のシェイプ。ボディの前側のだけ意識していると結局はバックバランスや後ろにつぶれて見える。悪く言うと背中側がおれている。男性右手に全てがかかってきて重そう・・・・お対の身体を上手に使うことが上達の早道である。後ろ側の筋肉はなかなかつかえない。人間は前向きに創られているから。前側に意識は持っていきやすいのである。ダンスは後ろ側に意識を与える。ローテーションを起こすとき。もちろん、動きの発端はしたからである。これを無視すると手で相手をリードしたり振り回したりになる。ローテーション。右と左の後背筋を意識して前後にストレッチする。(前後!というのがみそなのだ)このときそれぞれに対する斜腹筋も前後にストレッチする。ちょうど昔の人が木の枝をつかって火をおこす動作を思い浮かべて欲しい。両方の手のひらがあなたの後背筋と斜腹筋。木の枝があなたの背骨。手のひらを前後に動かすと両手に挟まれた木の枝が回る。こうしてあなたの筋肉が前後にストレッチすることであなたのからだの心が背骨がまわるのであぁる。PPにひらくとき、男性の左の後背筋が前方にストレッチして斜腹筋が連動して女性をリードする。このとき注意するのは右手で女性を引っ張るのではなく、あくまでも背中と腕でつくるフレームと後背筋でリードしていくの。もちろん、足元から来る動きと背骨の移動との絡みも大切だけど。次はもう一度、移動とローテーションやスウィング等の動きの関係を総復習してみよう。ダンスって難しいけど楽しい。うわぁ、3時だ。こんな時間だ。時間のたつのを忘れる。
コメント

遠藤企画!?

2009-10-24 03:11:42 | Weblog
遠藤企画・・・・なんのこっちゃぁ?この頃Hideboが練習するのに、いろんなアイデアを創る。楽しいし、また的をついているのである。改めてほれぼれ。とにかくあっと驚くことだったり、なるほど、なるほどだったり。毎日がこのアイデアのおかげで楽しかったり、ふっかく考えさせられたり、動きがぜんぜん変わったり。せっかくだからMikusがこのたくさんのアイデアの宝庫に遠藤企画と命名したのだある。ちょっとよくなぁい?誰も言ってくれないから自画自賛ちょっと待ていっ!なんとなく遠藤企画って昭和の風吹いているなぁ。もっとNOWい名前がいいなぁ。EndoProduction。やっだぁ、芸能プロみたぁい。うぅーん。HideProduce。なかなかじゃん。でもどこかで聞きそうな名前。HidePlanning。やっぱり遠藤企画かなぁ。次までに考えておこう。
コメント (1)

スタミナ考

2009-10-22 03:45:46 | Weblog
寒かったぁ!今3時40分。30分ほど外にいて星空を見上げていた。よくやるよなぁ。痛めた背中まだ痛いのに。オリオン座流星群が見えるっていうからね。1時間にピーク時で50~60個ってまぁ、これは肉眼ではないんだろうけど。でもやっぱり流星群だなぁ。30分ほどで大小あわせて9個みた。一番明るいのは大犬座のシリウスより明るいということはかなりだねぇ。Mikusの住んでいるところは田舎だなぁ。たぬきはいるし、こうもり飛んでるし、夏はカブトムシやクワガタいるし。せみの脱皮?見れるし。うまくすれば雉も見れる。そうそう、前回のスタミナ話なんだけど、コンペ直前どうしてますか?スタミナ不足にはなりたくない。スタミナが不足するってどういうこと?うぅーん。疲れて身体が重く思うように動けないのかなぁ。これは乳酸ができるから。で、この乳酸が身体にたまると、復活するのに、時間がかかるわけ。これがスタミナ不足。乳酸を抑えてくれるのが、クエン酸やアミノ酸である。コンペ直前にこれらを摂っておくと乳酸が抑えられるのだ。もう1つ。汗を大量にかく場合は塩分を忘れずに。汗と一緒に塩分や運動に必要なエネルギーの素も体外へ排出されてしまうMikusはあせもかかない。(うぅーん、人間離れしちゃったかなぁ。)だからドリンクもアミノ酸、クエン酸のほかに塩化ナトリウムやその他のものが入っているものがあるから要チェックこの前、コンペで梅干をいただいた。大正解!梅干にはクエン酸と塩分が含まれている。ほかにも必要なものが入っている。それにいまや1個づつ小袋に入っているものもあるし、持って行ってもかさばらないしね。血糖値が低くなっても疲れる。まぁ、これはチョコがいいけど。すぐに必要な代替エネルギーならバナナ即効性あり。でも人それぞれなので、いろいろ試してみよう。Mikusはあまり疲れを感じるタイプではないけど、胃や腸が重くなると動けないので液体のみ。カフェイン絶対。それと今はスポーツドリンクにマキシモルという栄養補給用ジュースをいれる。以外にちょっと疲れを感じても休まないほうがすぐに復活できるのである。12時間立ちっぱなしで続けて動いているときは、以外に疲れを感じないのである。ファイト!ファイト!日ごろの練習とコンペ当日に自分にあった効率の良い栄養補給を考えておくと良いかもね。ダンサーズ、がんばろうね
コメント (1)

ダンスはスタミナ!

2009-10-19 01:44:09 | Weblog
今日はというか、もう昨日。B級戦でした。Mikusにとっては一大事前回のDN級戦とC級戦が終わってたった2週間でB級戦。カップル組んで競技会に向けて練習初めて9ヶ月半が百戦錬磨のB級に挑みにいくんである。自信なんてぜろぜろっ!なんていっているばやいじゃぁないのよ。でも自信ないんだもん。心の中はいつもとりあえずは、今のMikusに出来る中で日曜日のコンペ当日にBestConditionに持っていくか・・・・である。なのに1週間前に左肩と肩甲骨周辺を傷めた息をしても、めしを飲み込んでも痛いやばぁい状態。ダンスだってまだまだ未熟なのにConditionが最悪って。こんなの初めてである。日曜日のコンペ無理・・・・そぉんなのいやだよぉってことでHidebo通っている整体のらち先生を紹介してもらって金曜日、めちゃ早起きして行ってきた。えっ?えっ?えっ?あらよあらよという間に動かなかった左上半身が開放されて動く。それがらち先生のゴッドハンドは凄い!じゃぁない、ゴッドフットなんですね、実は。足なのよ、足。それが手のひらみたいなんだなこれが。身体が軽くなって首は回るし、ストレッチも出来る。これで痛みだけ我慢すれば日曜日はなんとか踊れるぞ!が、日曜日は痛みなんてどこ?そんなこと考えている余裕なんてなかった。準決勝踊れたらいいなぁ・・・・なんて考える前に、リラックスして力まず楽しもう!やはり1予選はあまりいい動き出来なかった。とくにQuickstep。なのに準決勝でコールひゃぁ!うそぉこれで今日の目標の結果になっから、何も考えずにゆっくり自分たちの踊り堪能しようね、というHideboのお言葉に甘えて結果を気にせず(まぁ、いつも気にしてないんだけどね。ごめんちゃい)。楽しかったよぉ。WaltzもTangoも何もかもが自由で。ただVienesseWaltzあること忘れて3曲目でSlowのStandByしていたね。このはじめて踊るVienesseWaltzがすごぉく楽しかったんだよね。先日書いたずんちゃぁちゃのリズムにのれ、楽にがんがん動いてく。すごぉい!すごぃよ!Hidebo最高。飛ばしすぎたのか、張り切りすぎたのかVienesseWaltz踊り終わった時、ぼろぼろ。もうSlowはだめかと思った位。なのにSlow始まったらさっきのスタミナ不足はどこへやら。Quickまでがんがん行きましたよ、だって今日の最後のだもん。これで、決勝はゆっくりと上手な選手のダンスをみれる!と準決勝終わってすっかり観戦モード。決勝のコールされると1組ずつ踊る。今回はQuick。へっ!5種目つづけて踊るのにプラスαの種目がQuickって。きっつぅ!しかぁしかかしやっぱり、みんな上手いのである。はぁー来年からはこのB級戦で決勝踊れるようなダンサーになろうなんて思いながら見ていた。なんと決勝にコールされていた。ずぇんずぇん決勝なんて頭になかったので自分たちの背番号が呼ばれているなんて思ってみなかった。出遅れ・・・・Quick踊って次々にコールされた選手が踊っているのをみても、決勝Waltzが始まるまで実感なかった。ほんとに踊っていいのみたいな。気楽で結果を気にする必要もなかったし、ただ、途中でスタミネ切れて無様な踊りはしたくない!それだけであとは目いっぱい楽しみましたよ。おかげさまで5位!Hidebo最高のプレゼントだったよ。ありがとう!で、今回思ったのはスタミナである。やはりどんなに上手でもスタミナ切れたら集中力もなくなるし、踊りはばたばたになる。その点今回はスタミナの勝利かな。一度エンジンかかったら、回を増す毎にパワフルになる。ただMikusの場合、胃や腸に何か入っていたら動きが鈍るので、コンペ前は朝から食べない。液体ばかり。特にコーヒーはかかせない。血糖値落とさないように気をつけるけれど、食べ物は口にしない。それでよく持つなぁとわれながら感心。人それぞれだろうけれど、スタミナはKEEPできるように日ごろから考えようね。スタミナはお友達。がんばれっ!ダンサーズ!
コメント (1)

ダンスはスタミナ!

2009-10-19 01:44:09 | Weblog
今日はというか、もう昨日。B級戦でした。Mikusにとっては一大事前回のDN級戦とC級戦が終わってたった2週間でB級戦。カップル組んで競技会に向けて練習初めて9ヶ月半が百戦錬磨のB級に挑みにいくんである。自信なんてぜろぜろっ!なんていっているばやいじゃぁないのよ。でも自信ないんだもん。心の中はいつもとりあえずは、今のMikusに出来る中で日曜日のコンペ当日にBestConditionに持っていくか・・・・である。なのに1週間前に左肩と肩甲骨周辺を傷めた息をしても、めしを飲み込んでも痛いやばぁい状態。ダンスだってまだまだ未熟なのにConditionが最悪って。こんなの初めてである。日曜日のコンペ無理・・・・そぉんなのいやだよぉってことでHidebo通っている整体のらち先生を紹介してもらって金曜日、めちゃ早起きして行ってきた。えっ?えっ?えっ?あらよあらよという間に動かなかった左上半身が開放されて動く。それがらち先生のゴッドハンドは凄い!じゃぁない、ゴッドフットなんですね、実は。足なのよ、足。それが手のひらみたいなんだなこれが。身体が軽くなって首は回るし、ストレッチも出来る。これで痛みだけ我慢すれば日曜日はなんとか踊れるぞ!が、日曜日は痛みなんてどこ?そんなこと考えている余裕なんてなかった。準決勝踊れたらいいなぁ・・・・なんて考える前に、リラックスして力まず楽しもう!やはり1予選はあまりいい動き出来なかった。とくにQuickstep。なのに準決勝でコールひゃぁ!うそぉこれで今日の目標の結果になっから、何も考えずにゆっくり自分たちの踊り堪能しようね、というHideboのお言葉に甘えて結果を気にせず(まぁ、いつも気にしてないんだけどね。ごめんちゃい)。楽しかったよぉ。WaltzもTangoも何もかもが自由で。ただVienesseWaltzあること忘れて3曲目でSlowのStandByしていたね。このはじめて踊るVienesseWaltzがすごぉく楽しかったんだよね。先日書いたずんちゃぁちゃのリズムにのれ、楽にがんがん動いてく。すごぉい!すごぃよ!Hidebo最高。飛ばしすぎたのか、張り切りすぎたのかVienesseWaltz踊り終わった時、ぼろぼろ。もうSlowはだめかと思った位。なのにSlow始まったらさっきのスタミナ不足はどこへやら。Quickまでがんがん行きましたよ、だって今日の最後のだもん。これで、決勝はゆっくりと上手な選手のダンスをみれる!と準決勝終わってすっかり観戦モード。決勝のコールされると1組ずつ踊る。今回はQuick。へっ!5種目つづけて踊るのにプラスαの種目がQuickって。きっつぅ!しかぁしかかしやっぱり、みんな上手いのである。はぁー来年からはこのB級戦で決勝踊れるようなダンサーになろうなんて思いながら見ていた。なんと決勝にコールされていた。ずぇんずぇん決勝なんて頭になかったので自分たちの背番号が呼ばれているなんて思ってみなかった。出遅れ・・・・Quick踊って次々にコールされた選手が踊っているのをみても、決勝Waltzが始まるまで実感なかった。ほんとに踊っていいのみたいな。気楽で結果を気にする必要もなかったし、ただ、途中でスタミネ切れて無様な踊りはしたくない!それだけであとは目いっぱい楽しみましたよ。おかげさまで5位!Hidebo最高のプレゼントだったよ。ありがとう!で、今回思ったのはスタミナである。やはりどんなに上手でもスタミナ切れたら集中力もなくなるし、踊りはばたばたになる。その点今回はスタミナの勝利かな。一度エンジンかかったら、回を増す毎にパワフルになる。ただMikusの場合、胃や腸に何か入っていたら動きが鈍るので、コンペ前は朝から食べない。液体ばかり。特にコーヒーはかかせない。血糖値落とさないように気をつけるけれど、食べ物は口にしない。それでよく持つなぁとわれながら感心。人それぞれだろうけれど、スタミナはKEEPできるように日ごろから考えようね。スタミナはお友達。がんばれっ!ダンサーズ!
コメント (1)

この2年間を振り返ってみた

2009-10-18 01:37:58 | Weblog
Mikusがブログをはじめて今度の11月3日で2年になる。今日ぜぇんぶを読みかえてしてである。日記をつけても3日坊主どころか、3文字坊主のMikusが2年も続いているなんて感動!真夜中にパソコンに向かってつぶやいているわけだ。くっらぁ~!その日に練習したことを思い浮かべながら、その日レッスンしたことをそして明日の課題を考えながら。あっという間に時間は過ぎていく。今日はたまたま記事を一つ一つ過去に遡って読んでみたら2007年11月3日まであった。ちょっとびっくり。いえいえ、すごくびっくり。めんどくさがりのMikusがねぇ。ちょいとぉ、明日コンペでしょう?怒らない、怒らない。2年前なんてコンペすらあきらめていたのにね。ブログを始める前は結構好き勝手なことしていた。Hideboと出会う前は1年に2回くらい海外へである。お金ないのに。数年前の中東戦争とSAARSが流行ったとき、Mikusに降って湧いたようなチャンス到来!世界一周の日本丸の仕事が舞い込んできた、というより、ずうずうしいMikusが誰も行く人がいないということでしたのである。おかげさまでよい経験が出来た。楽しいこともたくさん。その代わり嫌なこともあった。全てが良い経験だった。全部で18ケ国。運がいいことにブラックプールのときにイギリスだった。中国、シンガポール、インド、エジプト、トルコ、イタリア、フランス、スペイン、オランダ、ドイツ、ロシア、フィンランド、ノルウェー、イギリス、アイルランド、カナダ、アメリカ、メキシコ。それより船の中でのダンスクラス。全くダンスは初めてという方から踏暦○十年というベテランまでが1日に午前、午後のレッスンにやってくる。一緒にレッスンするのである。上手く出来るの?ところがところが、最初のころは40人ちょっとのクラスが船旅が終わりのころには100以上のクラスになっていた。クラスに参加した方たちはみな良い人でこの方たちが全員で協力してくれたのである。今でも彼らとは手紙でのやりとりがある。このときの経験が今すごぉい役立っている。これはMikusにとって大きなプラスだったね。その後はルーマニア、ラトビア、ポーランドと普通あまり行かない国にダンスしにいったけ。多くのダンサーと練習したり。でも今のMikusが一番しあわせさっ過去を振り返り今が一番幸せといえるMikus。ここまで人生に関わってくれた方のおかげである。ありがとう!である。2年分のブログを読み返してなぁんて恵まれた人生を過ごしてきたのかなぁ!と思うと感謝の気持でいっぱいである。これを元にこれからも、良い時間をすごして生きたいと思う。これからはHidebo!よろしくね。Mikusあらためて思う。幸せ物のMikusであった。そしてい・ま・も
コメント

コンタクト!

2009-10-15 03:48:12 | Weblog
コンタクトは大切か?もちろん!といいたぁい。Mikusの場合は5箇所コンタクト。ボディのコンタクト、MENの左手とLADYの右手、MENの右手とLADYの肩甲骨、MENの上腕とLADYの左手、MENの右手首からひじまでの間の半分くらいとLADYの左上腕部の下の部分。これで5箇所。全てが面で接して欲しいのだ。あぁ、わがまま。もうひとつわがままいってもよければ骨盤も面でくっついていたぁい!これじゃぁ、6箇所じゃん。もう少しいうと、まぁ時々、ところにより(天気予報じゃぁないんだからぁ)お互いの右の膝少し上くらいがふれることもあり、男性の右の膝の外側とjp性の左の膝の内側触れることもあるか・・まぁ、それはさておいてコンタクト部分がいつもどこも面であるということかなぁ。男性の右手の手首が内側に曲がると手首が浮いて指先で女性の背中をつつく。女性の左手の手首が上がると左手で男性の上腕をつまむようなつかむような。そしてどちらも、手首から曲がるからひじから先が短く見えるしまた、かっこ悪い。手首がまっすぐしていると手が長く見えると同時に枠も広く大きくなるねぇ。もうひとつ、肘関節はローテーションするからすこしローテーションさせて手のひらが上を向くようにして女性の背中のライン合わせてね。Oh!How cool my partner is!です。やはりダンスはかっこよくてなんぼ、の部分あるよね。顔じゃぁないよ、踊る姿だよ。それ考えるとHideboはcoolである。枠がしっかりしていて動きが滑らか。HOLDがきれいということは、見栄えする。なので枠(ホールド)とコンタクトの見直して見ようね。動きも変わるよ。クールにいこうぜっ!
コメント

秋です。ダンスです。

2009-10-13 01:17:32 | Weblog
食欲の秋です。ご飯がおいしいって、Mikusの場合1年中秋だ。好き嫌い多いけど、食欲だけは人一倍!でもコーヒーとフルーツがあれば生きていける。(メロンとすいかは別。なぁんかになった気分になる。いつか日本の中で行きたいところがある。ひとつは上高地。なんとなく神々しい。もう1つは上野動物園。特に爬虫類館。Mikusは動物が大好きである。爬虫類もだぁいすきである。とかわにとかとか。1日中眺めていても飽きない。サル山も好き。ぞうももなぁんでも。アナコンダとかどちらが先に動くか我慢比べしてもいいかも。今年はポーランドに行く機会がなかった。ダンスキャンプに参加すると、たくさんの競技選手と一緒に4時間ほぼ休みなく踊り続ける。心肺機能は高まるし持久力はつくし、負けず嫌いがますますはじけるのだ。昨年は広ぉい、広い体育館でヴェニーズワルツのナチュラルターンだけでリレーをした。4チームに別れてトラックを4等分し、それぞれのコーナーからスタート。前のチームを追い越し、後部スタートのチームに抜かれてはいけない。かなりきつい。165cm以上の女の人ばかりの中で158cmのMikusははっきりいやぁ、足も短いし部が悪い。でも根性だけは人3倍。カップルで参加のキャンプにシングルで飛び込み、訳のわからないポーランド語が飛び交う中、シャドウって。単なるダンス馬鹿じゃん。と、いいつつも結構このシチュエーション楽しいのだ。だってダンス馬鹿ばかりだから、本当に4日間の最終日以外は疲れ知らずでほぼ休憩なし。ほんとにダンス好きで練習好きなんだね。こんなに毎日練習できるなんて楽しいのよぉ。最初の30分間は自分達のルーテンで4種目がんがん踊る。その間にJustyna、Christopher、Mirko、Aressia(今じゃぁあり得ない)が1組1組丁寧に教えていく。独り参加のMikusもシャドウでがんばるとちゃぁんと見てくれる。ラッキー!それからその日の課題のダンスのベーシックの練習。全員一緒に。シャドウあり、パートナー換えて、いろいろのメニュー。2時間くらい。なんていっても動きが大きく伸びていく。悔しくて(足の長さのせいかなぁ・・・・なんて自己弁護)がんばる。絶対負けたくない。でも雰囲気というものは大切である。このキャンプの雰囲気でいつも以上の実力がでる。火事場の馬鹿力ってやつかな。周りに影響される。こんな環境で練習毎日したらむちゃくちゃ上手く慣れそうである最後の30分はコンペスタイル。オリジナルのパートナーで踊る。もちろん5種目。そして別なパートナーと踊る。このときはJustynaがカップルを決める。みぃんな上手い。他人のパートナーなのにしっかりフォローしている。Hmmmmm。これがすごいところ。また参加したいなぁ。ほんとに勉強になる。で1日のキャンプが終わるとMikusは独りなのでこの世界のトップダンサーと一緒に晩御飯。し・あ・わ・せ!こんなこと日本じゃあり得ない。Aressiaってすごぉくかわいい。日本で見るときと違う違う。面白いしよく笑う。日本に来たときは忙し過ぎで余裕ないよね。で、この写真はJustynaの友達でMikusもだぁい好きなDarekとMartinである。よく4人でご飯食べてデート!?する。Martinは料理が上手である。いつもポーランドの料理を作ってくれる。Hideboも料理が上手いらしい。(作ってもMikusにくれない・・・・たべたぁい!)男性のほうが料理うまいのかなぁ?Darekもうまい。うぅ~ん。キャンプで疲れた後のご飯は最高!来年も4人でポーランド旅行したいね。いや今度はキャンプにHideboもひっぱて行くかなぁ。
コメント

小心者のMikusとずうずうしいMikus。二重人格?

2009-10-08 04:24:52 | Weblog
ダンス大好きっ!コンペ出たりデモしたり、目立ちたがり屋でもある。人前でパフォーマンスするの大好きである。でも人前で歌ったり話したりは大の苦手できることなら一生したくない。なんだかんだいっても、Mikusは結構小心者である。コンペ直前はどきどきそわそわ・・・心の中では”どうしよう、どうしよう”で埋め尽くされているのである。ドレシングルームにいたら、絶対誰かを探してあほなことたくさんしゃべっているMikusを見ると思う。コンペが始まってもこの”どうしよう、どうしよう”は続いている。どうにも止まらないどうにも止まらないやばい状態である。このままでは、なんかまずいんでない?悲しいことにどうにもならないのであるよ。フロアに入ってHideboとSetUpする。頭の中はまだ”どうないしよ”なんである。あがり症ではないからいいけど、緊張感は頂点に達して逃げ出したいような、爆発しそうな。もう、逃げられないんだよう。ところがね、音楽がなってホールドしたら、あほなんで何もかも忘れるようにINPUTされているようである。音楽とともに踊りだしたら別の意味で”どうにも止まらない”のである。ここから、ずうずうしいMikusが生まれるのである。というより、ここでじたばたしても始まらないのである。そう!今ここで出来ることってなぁに?そう前日までやってきたことのほかならないのである。なにか特別なことなんてできっこなぁい、のである。さぁ、ここでMikusの開き直りである。前日までやってきたことが100%できれば最高!でも多分緊張もしているし、今は練習の50%でもだせればいいじゃない。いま50%なら次の曲で75%、次には80%そして100%。最終的に練習してきたことが200%くらい出来ていたらいいね。あまい、あまい。でも、これが2人が調子よく最高の条件がそろえば、思った以上のダンスはできるかも。だから、無理しないでいいじゃん。開き直りである。後はダンスと音楽と動きとHideboの駆け引きを楽しむべし。自分の力以上のものができるかもしれないし、出し切れないかもしれない。でも踊ってみないことにはわからないことにうだうだしていてもしょうがない。なら、思いっきり楽しみまっせ。ということで、以外にも音楽なると楽しんでいるMikusがいるのである。そう、コンペはやっていないことは出来ないのである。なら考えても出来ないことはできない。昨日までの練習のBESTが出来れば最高。考えずに楽しみましょうね。緊張して動けなくなるより、考えすぎてからだの自由がなくなるより、開き直っていこうよ。なら最初からそう考えればいいのに、出来ない小心者のMikusがいるのよ。とほほ。でも、楽しいことにはかわらい。皆さん、目いっぱい踊る事を楽しみましょうね。楽しいかそうでないかは、顔にも踊りにもでちゃうから。
コメント

外は大雨。台風接近中!だからWienesse Waltz考

2009-10-08 03:11:02 | Weblog
外は大雨。聞こえてくるのは雨の音と時折雷今日はこんなそんなで、練習はお休み明日いやいやもう今日である。を期待しているのだ。雨の音を聞いていてまたまた何かを考えるMikusである。けっしてニートでもないし暗くもないんだけど、人見知りの小心者である。まっそれさておいて、音楽とタイミング。音楽にはbarというのがある。1小節のことである。音には強さと長さがあるよね。勿論強さはすぐわかる。on1である。WALTZであれば123123だよね。SLOWFOXTROTであればSQQでる。最初の音に強さがある。またよく聞いていると最初の音にも強い弱いがある。WALTZを123456と数えよう。1と4が強いわけなんだけどさぁ、1と4では1のほうが強いんである。SLOWFOXTROTも然り。SQQSQQで最初のSと2番目のSでは最初のSのほうが強い。これはEASY。じゃぁ、音の長さは?これこそ自由、個性の発揮しどころ。先ほど出て来た1小説のなかにWALTZなら3拍子、SLOWFOXTROTなら4拍子を守ってきちんと収まれば自由。まぁ、SとQの長さが逆になっちゃったら問題だけど、最低限のルールさえ守ればね。例えばSLOWFOXTROT。こう習った。SecondQを長く取ってね。うぅーん、これってSTEPによって違うと思う。Qが6個あったら?でしょう。簡単にいえばFether StepのSQQとThree StepのSQQ。音の長さはどう違うの?Fether StepではSecondQがFirstQより長い。Three StepはSecondQよりFirstQが長い。こういうふうにも踊れるんだよね。MikusはこういうSTEPによってどんどんかえるの好き。これってフットワークにも関係すると思う。だって、Fether StepのFirstQはToeであるが、Three StepのFirstQはHeelからToeである。長さをkeepできたらしっかりとウェイトが乗り越えられるのであるある。女性のReverse Weaveもそうである。ボディも使えるしいろいろな意味で音の長さやタイミングは考えれば考えるほど面白い。で、今日のお題はWienesse Waltz。音の強さはon1である。ずんちゃちゃずんちゃちゃである。ここに音の長さを加えたら?2が長い。そう2が長いのぉ。ずんちゃぁちゃずんちゃぁちゃ。動きとマッチするはずである。音楽と動きが一体になるんである。こんなこと考えていろいろMikus originalに挑戦!
コメント

やったぁ!1等賞!!

2009-10-05 19:06:52 | Weblog
この1週間、すごぉく充実してました。ほんとはいつでもこうでなくちゃぁいけないんだよねでもずうずうしいMikusはまた密やかに思っているのである。この1ケ月で踊り変わってね?。うまくなったと思い込んでいるのである。これって秘密の日記じゃぁないんだった。でも以前にくらべてばたつかなくなったし、ワンピースになってきたし。えっまじ?確かに、前は人とぶつかったりして方向変わるとばたばたになるMikusがいたけど、先週今週と以外に落ち着いている自分がいるなぁ・・・・と思いました。わかってます!これもHideboのリードがしっかり確実に伝わってくるからなんである。ほんとにおまかせしてます。でも寝ているわけじゃぁないのよ、念のため。今は自分のトップラインとフォローするための全ての動きにおけるタイミングだけに集中しているのでそれ以外のことはHideboにおまかせです。やっぱりダンスって独りでやるもんじゃぁないんだよね。自分ではわからないものはPARTNERのHideboが感じて、指摘してくれるのである。んで、自分に足りないものがわかる。そしたら今度は同じことがあっちでもこっちでもがんばりますよんだってせっかくHideboが言ってくれたこと無駄にしたくないですぅで、このコンペ前の1週間、自分なりに賭けでした。DN級戦とC級戦しかなったんだけど(いつもはこれにA級戦がついてくる)終わったら、今まで一番精神的に疲れてた。まじですよぉ。だって今回のDN級戦でD級卒業したかったんだもん。もっとずうずうしいMikusはHideboとオナーダンス踊ってみたかったんだもん広いフロアにさぁ、Hideboと二人だけ。STUDIOのパーティと違う。だって、自分たちのダンスが評価されたってことだよね。MUSICもFLOORも観客もぜぇんぶ独り占め!気分はさいこーで、今回はほんとにオナーダンスしてきたんだよ最高の気分でした。だって、10月5日から堂々とC級です!っていえるんだもん。満足、満足。のはず・・・・でも欲張りMikusは思ったのであぁる。来年はC級戦でオナーダンスしたいよぉ~お願いである。Hidebo、来年もオナーダンス踊りたいよぉ!今年は11月に九州へ遠征に行く!わぁい!初めて海を渡るのである。ハワイじゃなくて九州!地方のコンペは楽しい!ご馳走が待っている!とんこつラーメンにめんたいこに・・・・おいおいダンスしにいくんだからねHideboよろぴくね。
コメント

骨盤はダンスのお友たち。仲良くしよう!

2009-10-03 03:42:37 | Weblog
さてさて、もう1つ骨盤がフロアにたいしてまっすぐ、垂直ということはあらゆる動きに対処できるということと、パートナーと平行をkeepできるということ。ボディコンタクトって必要?じっくり考えてみよう。Mikusにとってボディコナタクトは絶対的なのである。これがないと迷子。踊れないのである。少なくともHIDEBOとの間に5箇所のコンタクトがないとだめ。むちゃ、わがままなんである。とくにボディコンタクトがないと。ボディの間に10cmとか15cmとか空間があっても踊っていける女性は凄いと思う。だって自分で立って、カウントもタイミングもローテション等の全ての動きをフォローしていってしまうわけでしょ。Mikusには絶対不可能話は元に戻して。さてもう1つ大事なお約束。骨盤の高さをパートナーとあわせる。身長差のあるカップルは大変だ、ということをよく聞く。まぁ、HideboとMikusはそういう意味ではナイスである。まぁ、2人の話は後にして、骨盤の高さをあわせると踊りやすいのである。背の高いパートナーが骨盤をあわせる。もちろん低いほうもあわせるようにする。そうすると意外なことに動きがスムーズになる。元世界チャンピオンのTIMとJOEも身長差がある。JOEの身体能力の高さが凄く評価(注目)されている。もちろん、彼女の身体能力は人一倍凄い。でも、これは彼女だけではない。TIMが骨盤の彼女の高さにあわせているからである。以前TIMは’僕は足が短くて胴が長いんだ。首から上は長いけど’って笑っていたけど、違う、違う。彼が骨盤をJOEの高さにあわせているからこそ、あの凄い動きになるんだよね。ChrisとJustynaもしかり。身長なんて関係ない。骨盤の高さを調節できるか!でダンスも変わる!それでさぁHideboとMikusの場合身長はちょうどいい!(と思っているのは本人だけだったりして・・・)’わたしゃも少し背が欲しい’なんて歌っていたんだけど、も少し背が高かったらHideboと踊ることなかったかもしれない。だから今ではちっこいことに密かに感謝、である。ありやとう!で、骨盤の高さをあわせることは多分身長に差がある人より楽だよなぁ。のはず。でもさぁ、Hideboったら昭和なのに足長いんだよね。というより、お尻の位置が高い。顔ちっさいし、足長いし。まぁいいやね。ちっこい同士、これからもよろしくね。
コメント (1)

東京ってあっついのだ

2009-10-03 03:12:56 | Weblog
これ何だかわかる?STUDIOでMikusが育てたパイナップルであぁる。マジもマジ、おお真面目ですぞ。それも2年前の正月に近所の八百屋で買ったパイナップルの葉っぱの部分を何気なく土の上においておいたら、根が張って2年目の今年の夏に濃紺のかわいい花がパイナップルの形した実にたくさん咲き、25cmくらいのパイナプルになりました。お見事!みんなで食べたらこれが結構甘くて旨い!感動!ってさぁ、ここ東京じゃんなんでパイナップルがなるんだぁ?ついでにこの写真は食した後の母体から次の新芽が2個出てそれがここまで2ケ月で育っちゃった。STUDIOには今このパイナップルのほか、巨大ハイビスカス、ブーゲンビリア、アマリリス(球根がかぼちゃサイズ)、パパイヤ、ガーベラ、花桃(なぜか実が出来ちゃう花桃)みかん、ぐみ、梅(これも盆栽なのに実が・・)ポンセチア、トラの尾、銭のなる木などなど、全てが巨大である。観葉植物を含めて67鉢ほどある。殆どがほんとにでかいのだ。中にMikusが道で拾ってきた胡蝶蘭が10鉢。拾ってきたんです。道路に捨てられていたので。だって胡蝶蘭、買ったら1つ1万円、鉢に3本入っていたら3万(普通は金に換算しないっしょ!?)拾ってきたからただ。今年全ての胡蝶蘭がそえぞれ巨大な花をつけてくれました。いったいここは橘熱帯植物園?Mikusの仕事は園芸?もう少し真面目にダンスしなくちゃあかん・・・・
コメント