LET’S ENJOY YOUR DANCE

世界共通、ダンスの魅力。誰でも楽しめるダンスは最高!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ダンスってどんな学問?

2010-01-29 03:14:10 | Weblog
おひさしぶりです。ダンスは哲学であり、科学であり、音楽であり、物理学でそして空間力学で、天文学で・・・・それからそれから解剖学(むかし勉強させられたなぁ)・・・・で、今日は物理はてこの原理とアナトミー(解剖学)。むかし習ったあのてこの原理。まぁ、一番身近なものでいえば、そう、はさみである。そうそう!あの紙を切るはさみ。2枚の刃を留めている中央部分が支点。手で持っているほうが力点。切る刃のほうが作用点である。なぜこんな話かって前々からのフットワークの話になるのだえぇーフットワークってよくいう、ヒール、トゥ?トゥ、ヒール?ボール、ホールフット?甘い、甘い。世の中そんなに甘くない。鳩さんだって歌っている。ぽっぽっぽ、鳩ぽっぽ。豆が欲しいか、でもやらない。世の中そんなに甘くないなんである。ライズしなくたって前進のフットワークはアップでなけりゃ、かならず最後にはヒールは上がる。そうじゃん。そうじゃん。そうでなければ体は進まない。後退だって然り。最後につま先はフロアから離れるんだもの。ヒール、トゥ、ヒールアップなんです!えへん。と、ヒール、トゥアップ。そこにインサイドやアウトサイドのおまけがついてくる。もっともっと詳しくいえば、大切な土踏まずをしっかり意識すること。さてっ、ここでてこの原理。足、LEGではなくて、FOOTの部分。ここで支点、力点、作用点はどこ?えぇーっとぉ・・・・わからなぁっ蟻にだって足の裏はあるのかなぁ?けっ!ばかにするなよぉ。どんなにちっこくたって、足の裏はあるんじゃい!まず、支点は足の指の付け根。力点はかかと。そして作用点は足首。支点に一番力が集中してかけやすい。かかとの力点が上がったり下がったり。それで足首がうごく。で、この力点のかかとを上げ下げするのに重要なのが土踏まず。ここにある筋肉を使ってかかとを上げ下げするんだね。てっことは、よく、レッスンで云われる足首とひざはという関節は関係が深いよ。嘘ではないけれど、ちょっとぉ違う足首と膝と股関節プラス足指の関節、下半身のこれらすべての関節は連動しているのだわぁおっ!ついでに各関節がうごく方向も考えよう!連動させればそして足の裏を面としてとらえたら、可能性はどんどん高まるよ。さてさて次はボディの回転を女性のヒールターンを軸にかんがえてみよう!    解剖学、10年暗い前に徹底的に本よんだけど、こんなんところで役にたつなんて。天文学や空間力学、物理ねぁ。やっといてよかったなぁ。
コメント

新たなる発見!

2010-01-25 01:42:37 | Weblog
ちょっとぉ!あんなタイトル付けると、なんかすごそうに感じちゃう今日は、ほんとにひさしぶりにスタジオという箱から抜け出して広い練習場に行ったというよりは、ぽかぁ~んって感じ。でもでも心に決めていた密かな目標は、周りに左右されない。自分の世界に籠る。もちろんたくさんのダンサーズが練習に来ているのだから、ルールは守る。というのは、去年はいろんなことがあって、周囲の目が気になってしかたなかったから。でも今日は自分のことに集中、集中!ってことで、何か少しでもプラスになることをGETして帰ろう!と決めていた。トップラインとフットワークの実践!しっかりしたトップラインで頭の位置がぶれないとびびらない!余計な力もはいらない。でも苦手はWALTZのスローアウェイオーヴァースウェイ。なぜかきまらん。不満自分のラインが妙にださいくさい明日はここが勝負だ!フットワークはきまると気持ちいい。やはりフットワークがきちんとすると、ウェイトの進む方向や、ボデイワークにはっきりと違いがでる。やはり、このコンペまでに時間がある今、もう一度じっくり、悪いところを見ておこう。よくレッスンをしていて云うんだけれど、スタジオは狭い。だからスタジオのフロアはそのままの広さと思わず、今目に入るのは1/4なんだと想像する。スタジオを一つのフロアと思わない。フロアの1部分でしかないんだよ。ダンスは想像力の勝負である。目に入るものは現実だけれど、人間にはイマジンという他の動物にはない力を神様にいただいている。それを使わないではもったいない。だから、教室を狭いスタジオは広いフロアの1部だと思いっ込め!箱に合わせて踊るな!今日Hideboがいいこと言った。いえ、いつも注意して聞いていると、おやぁ!なるほどね!って、自分を楽にしてくれる考え方を教えてくれる。広いフロアにいくと、なんだかフロアに自分の踊りを合わせてしまう。でも、よく考えたら、いつも狭いスタジオで練習していいる時もそのフロアサイズに合わせないで、ぶつ切りに練習している、ということは結構日頃か大きくうごいているんだよね、って。だから、この箱に自分たちの踊りを合わせる必要ないよ!確かに。広いフロアにいくと無意識気にその広さに合わせようと無理して動こうとする。今までの練習通りでいいんだよね。ずうずうしく言えば、フロアが自分たちの踊りに会ってくるんだよねよく、コンペの後に聞くあのジャッジはいつも絶対くれない!って言う言葉。Hideboからすれば、あのジャッジが一生くれなくたって結果が良ければ、強みだよという。そのジャッジがくれなくたって、勝てればいいんだから、そんなの気にしない大きな人間になれればね。フットワークの話がいつも違う話題になってしまう。まっおいおいね。とりあえず、コンペでもフロアが広いからってビビルな!フロアにあわせて大きく動こうとして、自分をがんじがらめにしないでね。狭いスタジオで十分な動きはしているのだから。気は大きくあぁ、今日は楽しかった。気分も
もうひとつ。レッスンのときは耳だけではなく、目にも頼ろうね。観察力は鋭く!先生って言葉では言い表せない部分、体で表現していることが多いからね。がんばっ!
コメント

パートナー考

2010-01-15 03:11:11 | Weblog
パートナーっていろいろある。生涯の伴侶、恋人、ビジネスパートナー、そして忘れてはいけないダンスのぱーとなー。ふむふむ。さて、あなたは自分のパートナーのこと好き?あまり傍にいすぎて考えないんじゃぁないかなぁ。MikusはHidebo好きだよ。驚くことはなぁい。ほんとだもん。一人の人間として好きである。しているけど、訊かれたら首を縦に振れる。さて、あなたはどう?好きでしょうほらほらね。ではお題。パートナーのいいところを箇条書きにしてみよう。やさしい。人生や人間関係をよく知っている。鋭い眼力。ダンスうめっす。丁寧。こまめ。まだまだあるね。じゃぁ、欠点は?shortTemper?さてさて、人間誰でも欠点はある。ない人のほうが少ないよね。欠点ってその人の欠けている点(マイナス)ではなくて、欠かせない点なんだって。なぜ欠かせない点なんだ?それは簡単この欠点があるから、その人の良さが引き立つ。欠点なくて良い点ばかりだったら?インド洋である。波一つなく、静かで・・・・良いも悪いもわからない。苦あれば楽あり。楽ばかりだと楽しいを楽しいに感じない。平平凡凡。だから、その人の良さを改めて知るための欠かせない点なんである。だから、この欠かせない欠点を含めて人を好きになれるか、である。そう、Mikusはそういう意味でHidebo好きだよ。で、Mikusもそういう意味で好かれたいね、人から。3人か4人に嫌われても、まだ地球上にはあなたを理解してくれる可能性をもっているひとは60億人以上いる。今目の前のあなたのパートナーがその一番身近な人。そんな大切な人が一人いるだけで幸せである。はいMikusはしあわせざんす。ありがとう!ということで、今年もますよ。やっとカップルとして1歳。生まれたてじゃん。今年はいっぱぁい練習して
Hidebo&Mikusのオリジナル見つけていきたいね。Victorに言われた言葉思い出して。VictorにならってVictorに追いついて同じことができても、絶対にVictorを超えることはできないもし、超えたかったらコピーでなく与えられたテクニックや知識を駆使してオリジナルになれと。目標持って、StepByStep!まずは、2月21日の武道館。1年目で武道館にチャレンジYeah!FingerCross!(これ日本でやると、小学生のころ流行ったえんがちょ!っていう指のサイン)英語圏だとGoodLuck!なんだよ。次回はフットワークとタイミング!ひゃぁ、燃えるMikusでしたぁ!
コメント

毎日が楽しいぃっ!です。

2010-01-08 02:49:10 | Weblog
やってきましたねぇ。2010年ダンスシーズン!小心もんで、ぶきっちょなんで、3日もフロアに立たないとなんで、年末31日だけ休んで1日からこそこそと踊ってました。以外に暗いんだなぁ。2009年休んだ日は何日あったんだろう?4日だ・・・もう少しライフすればいいのにね。じゃぁ、今年はペースダウン?きっとできないっ!まっ、ダンス大好きっつてことで。
これ、昨年B級戦で4位になったときのご褒美である。明治製菓さんのアミノコラーゲン。それもゴールド缶であるすごいすごい。毎晩飲むといいらしい。で、ここで問題である。ずぼらなMikusには続けることが可能か?だいたいにおいて、毎日続ける事が苦手である。すぐに手抜きしたくなるんである。飲んでいる友人に聞いたら、翌日の朝化粧ののりが飲んだ日と飲まない日では違う。膝の関節痛をもっている友人は、膝が楽になった。ってことは、Mikusも毎日飲めばOh!美人になって女が上がるってことで、がんばって続けて飲んでみようと思う。でも誰も違いに気づいてくれなかったりして・・・ということで、Before and After乞うご期待!唯一続いているのがこれ。マキシモルである。なぜか?コンペのときにしか飲まないから。でも効くんだこれが。Hideboはこれの飲むと足がつらないそうである。やはり、がさつなMikusは効いているのかいないのかである。でもHidebo曰く、効くそうである。でもおいしいから、いいか。そういう問題でないだろう!でもほんと!おいしいよ!
さてさて、そろそろ練習もしっかりと!といくことで今年の目標も定まり。えへへ・・・・
まず一つはトップライン。そしてフットワーク誰よりもきれいなフットワークが目標である。だってフットワークって最高に大切で絶対に手抜きしてはいけないカテゴリーだ・か・ら
次回はこのフットワークとパートナーシップ考。気分は晴れ晴れ、Mikusでしたぁ。
コメント

Welcome 2010年!

2010-01-03 01:40:36 | Weblog
1年の初めからメールのチェック!便利なようで不便。新年のGreetingをメール。あっちこっちへと送りまくる。ところが誰でも考えることは同じなんである。一斉に世界中でメールするから、あなたのメールは送信が遅れてますと!海外だと時差があるからとたかをくくっていたら、でも、今帰ってきたら、メール届いていた。Mikusの大好きなEspen兄貴である。今はバリ島に住んでいるから、正月は寒くない快適な1年のはじまりらしい。うらやましい。寒い!寒い!Espen兄貴を思い出すと、ラテンがしたくなる。あぁ、あんなに兄貴みたいに恰好良く踊れたら最高なんだけど。ちょっとぉ待ったぁ!今はスタンダードに集中!10ダンスする選手はすごいと思う。Mikusは不器用なんで、10ダンスなんてでも、コンペは出なくてもBasicはまた勉強したいと思う。いつかね。さてさてスタンダードであるが、ブルドーザーをイメージしてみよう。あのシャベル?といっていいのか、アームの部分は絶対にブルドーザーのボディ位置からすると絶対!の位置にある。アームが引けてシャベルの部分が自分のボディに寄ってくることはない。それがダンスにおける自分の手から肘を通り、ショルダーから背骨を通過し反対側の手までいく自分のトップラインである。ここがつぶれるケースが多い。肘が引けてボディが前に入り込む。苦しいぃ!はたまた、ベテランのウェイターである。右肘を右わき腹につけて右手のひらを上に向ける。そう、お盆をのせているように。上手なウェイターはこのお盆の上に乗せたシャンパングラスはひっくり返さない。ボディのスウィングやローテーションに呼応している。その手のひらが女性の位置。ボディが右に回れば、一緒に回る。ボディがスウィングすれば、一緒にスウィング。絶対においてきぼりになることはなぁい!ボディだけまわして、女性が位置する右腕が残っていたり、右腕だけが回ってボディが残っていたり。左腕にも同じ事が言える。ボディの横一線は一緒に動く。ボディを頭の天辺からから足の先まで横に薄くスライスする。そのスライスされた一枚一枚はそれぞれに動く。一枚一枚はまったく同じスウィングやローテーションにはならない。TV番組に笑天(こんな漢字でよかったっけ?)いい答えを出すと座布団が増えていった。あの感じである。それがダンスの場合いはフロアに近い足元からいろいろな動きが始まって、上へと伝達されていく。そう一枚一枚がそれぞれの回転量やスウィングの大きさが違うやっぱり言葉は難しい。今年の目標は正しい日本語だなぁ。誰かぁ、正しい日本語教室開いてよぉ!
コメント

あけましておめとうです!手書き直筆は踊る!踊る!

2010-01-02 00:10:30 | Weblog
あけましておめでとうです。あいかわらずのMIKUSでまたまた、大みそかにドラマ一挙大放送!をみながらの年賀状書きに追われてます。いつもいつも反省である。の歩みのようにのろい!これじゃぁ、年賀状はいつ着くのやら。古今東西、パソコンの発達で印刷が多い年賀状。1年に1回、会いに行けない人や、お世話になった人に送るのにやっぱり印刷だけじゃぁねぇ。かといって昔みたいに全手書きっつうわけにもいかず、ある程度印刷。でも一人ひとりへの一言と表書きはなんと、このおおざっぱなMIKUSが手書きなんである。Oh! Surprise!である。この努力の賜物。自分で感動!なんである。だいたい、3文字以上になると、字が踊り始める。10文字以上になると殴り書き!最後には、30分経つと書いた本人さえ解読不能な難解文字、いやいや文字といってはいけないものになる。それが年末31日から1日にかけては、なんとか年賀状を読める範囲内の文字でだけど、やっぱり踊っていることには変わりない。年賀状受け取った方、ごめんなさいよ!一生懸命、丁寧に書いたつもりである。でも、あくまでもつもりなんである。困ったもんだ。毎年ペンを持つと決心するんである。今年こそは!あぁっ、また2010年も同じ始まりで迎えてしまった。文字が増える度に字はワルツから、タンゴ、そして最後にははちゃめちゃなジャイブになっているまてまて、なして怒っとるんじゃい。HIDEBO助かります。いつも大切な書類を書いてくれるのである。ありがとう今年もよろぴくね。かわいくお願い!
年度末に発表があったわけではないんだけど。裏の情報から。お陰さまで2010年からはB級になります。道は険しくなるわけで、でもやっぱりA級になりたいよぉ(でもただのA級じゃぁやだっ!って、すげぇ我儘です、はいっ!)ってことで、年末も密かに特訓。あぁだの、こうだのしてましたって、ここでしゃべったら秘密じゃぁなくなるじゃん。まっ、ここはひとつ自慢したかったってことで・・・えへへ。まだまだですから、勉強しなくちゃぁいけない事もたっくさんあります。2009年以上に見ている人に、と感動したり、楽しんでもらえたり、ダンス好きになってもらえるダンスをしたい。もっともっと、ダンスしたいなぁって、上手くなりたいなぁて思ってもらえるようになりたい。でもそのためにはまず、自分が上手になって、結果を出さなくちゃね。えっで、2010年のしょっぱなのコンペが武道館って・・・・ひゃぁっ!練習始まる前から勝手に一人で興奮してます。けっしてユンケル飲みすぎたわけじゃぁない。でもAsianOpenっていえば、世界的なコンペである。せめて、せめて、2予選まで行って海外のシード選手(といえば世界のトップクラスでしょう。)と同じフロアでなくて、同じヒート(ここがみそ!)で踊りたぁい!んである。例え結果につながらなくても、自分の何かが変わる。自分の踊りに対する何らかのヒントを得たり、目標が新たに見えてきたり・・・2009年のJapanOpenがそうだった。世界のシード選手が出るところまでいかなかったけれど、世界から来た選手の中で踊ったときに自分のなにかが変われたような気がした。気がしただけ?そうでない事を願うが・・・・自己満足だいっ!てうことで、2010年最初のコンペがこの1年のための最高の1歩に(結果でなくて、自分の踊りのために)なるんなら、そりゃぁ、興奮するでしょう。ということで、なにかを掴みたいコンペである。今日は1日おやすみした。明日から、練習スタート!HIDEBO、よろしくね。4日に会う時には、おっ!変わったじゃん!と言わせたぁい!という、またまた、ずうずうしいMIKUSが首をもたげてきた。えへへっ!
また、今年もよろしくお願いします!今年もあぁだのこうだの、ブログしちゃうし、できるようにお勉強しまぁす!では、では
コメント (1)