LET’S ENJOY YOUR DANCE

世界共通、ダンスの魅力。誰でも楽しめるダンスは最高!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

世界はゆれているぅ♪

2012-02-29 02:22:58 | Weblog
寒いですねぇ、もうじき3月なのに。

天気予報じゃぁと、言っているじゃぁござんせんか。

もう、勘弁してくださいよ。寒がりmikusは早く夏が来てほしいところです。


数時間前まで、この方たちの話題で持ちきりのfacebookとtwitterでしたね。



残念ながらこのカップル、今回のAsianOpenの翌日、台湾でEditaの突然の引退表明。

確かに決勝のQuickstepを踊り終わったあと、他の選手がフロアでパートナーチェンジして踊っているのに、

さっさとフロアから姿を消してしまったわ。

いつもだったらのりのりのMirkoなのにねぇ。

変だなぁとは思ったけれど、残念ですね。また素晴らしいダンサーがフロアを去っていきました。

大ゲンカしていたらしいけれど、やっぱり世界のTOPは違う!!!

カップル解消して、突然の引退表明出来るほど険悪になっていたというのが事実なら、ほんますごい!

だってそうでしょ!最高のアドレナリン爆発状態の気分で踊るのに、全く反対の状況で踊るわけでしょ。

手を取り合って踊るのに。

決勝で誰か二人の仲がそういう悪循環って感じた人いる?

あの決勝で観客の心を一手に掴んでしまった二人。

そんな事を微塵にも出さず・・・・誰よりも誰よりも心からダンス楽しんでいたよなぁ~!

mikusだったら、あんなに心が離れたら踊れないなぁ。

ボディコンタクトって、気持ちも伝わっちゃう。(それはmikusが未熟なのか)

気持ちがつながっていなかったら、ボディコンタクトは見かけ倒し。つながっていても外見だけで、リードなんて無いも同然。

それをああも見事に踊りきっちゃうんだぁ。

世界のtopは凄いなぁ。別れた、辞めたより、そんな心境下であんなに素晴らしい踊り出来ちゃう事の方に

心奪われているmikusであった。おいらにゃぁ、出来ないなぁ。

気持ちが伴わないから、結果も出ないのかぁ?


まっ、Mirkoは引退しないらしいので、早くいいパートナーめっけてBlackpoolでその素晴らしい踊りみせて!

個人的ににはSilviaPittonと踊ってほしいなぁ。彼女、PaoloBoscoと解消しちゃっているし。

もし、そうなったら最高のカップルになりそう密かに期待・・・・



日曜日は楽しめましたか?

さっすが世界のtopです。



見ましたか?Angelo!

残念ながら最終予選でしたが、踊りはファイナルもそこに!って位です。良かったぁ。

かっこよかったです。あいかわらずお茶目でした。

Alessiaも一緒に来ていて仲の良さも最高です。

ダークホースに化けますよ。絶対!

そしてこちら。

さすがOxana。めちゃくちゃ上手いです。

どうしたら、あんなにきれいに動いていくの?


まぁそれより、やはりYuriaとOxanaのボデイワーク凄いですよね。

身体の芯がぷりっと振れるので、切れのいい動きだ事!す・て・き!


スタンダードの決勝!ほんとにMirkoやってくれましたよね。

がっつりと観客の心をわしづかみ。

憎いなぁ!ほんとに捉えどころをよく心得ていらっしゃる。

あれやられたら、観る方は次を期待してしまう。見逃すまい!と無意識にMirkoを見ちゃうじゃないのさ!

上手い演出だ!準決勝までの踊りと全く違う!なんなんだぁ?

そこにArunasが絡むかと思ったけど、彼は坦々としていた。

絡んで盛り上げたのが、Victor!さすが、ファイナル常連ですよ

Andreaが絡むかなぁと思ったけれど、以外!おとなしかった。

だけど、あの決勝!凄かったなぁ。

ArunasはしばらくはMirkoのカップル解消で、不動のチャンピオン。

Victorと三つ巴の争いが楽しみだったのにね。

Mirkoは間違いなく、スーパースター!like マイケル・ジャクソン。


すっばらしい決勝であった。見逃したみなさん、もしかしたら去年にみたいにDVDになるかも。

おおっとぉ、なったらmikus一番に買う!

買いですよ!絶対!


あの感動をもう一度!だぁ。

観てる人の心を釘づけさっ!


夢はでっかく!がんば!


コメント

Asian Openだ!

2012-02-23 00:54:55 | Weblog
おおっ!来てしまいましたぁ!

早いもいので、2月も終わりがきちゃったよ!



準備おっけぇ~ですか?

おいおい、逃げるなよ!


はい、そうです。1年に1回の日本での最大のダンスイベントっすかね。

Asian Openですね。

もう、世界中から宇宙の果てまで(????)TOPダンサーが東京武道館に集結!ですね。

楽しくないはずないじゃあ、ござんせんか。わくわく。



相方HIDEBOのおかげで、今や観るだけでなくて、

おおっ!おんなじフロアで踊れる!しあわせ噛みしめてますよぉ!

感謝、感謝っす。


お席はぴんきりです。どれがいいかは人それぞれです。

なんてたって決して安くはございやせんです。

ただこれも、価値観の問題でそれを高いか安いかは、またまたそれぞれです。

2階席3000円でも、見方によってはいいのかもしれないし。

1階席でフロア全部を見渡せて、動きを見れるのもいいかもしれない。

アリーナ席で臨場感を味わうのもいいかもしれない。

みな、それぞれの価値観で自分達にプラスになる席、気持ちで見ればOKなんである。

んでんで、mikusはずぅ~っと、アリーナ席で見てました。ぜっ贅沢!

まぁ、年に2回Asian Openと東京インターしか見に行ってませんでしたから。

どちらかというと、上から全ての動きを見るより近くで踊り自体を見たい!っていう気持ちと

やはり、あの臨場感が好きなんですな。


で、単純mikusはあの臨場感でやられちゃうのである。

じゃぁなくて、あの独特の臨場感や傍で見ることによって、得るものがたくさんあるのである。

上で見るのも勉強になります。mikusのばやいは同じ目線で見れるアリーナなんですね。


日曜日、まずはhideboとの踊りが二人でどこまで楽しめるか。

それが見ている人にも感じてもらえたか。

これが課題。それから、アリーナ席での肌で感じる方からお勉強になる。


今から楽しみである。

皆さまも、それぞれの楽しみ方、勉強のしかたを駆使して26日Asian Open

堪能してくださいまし。




HIDEBO、よろぴくね。





コメント

あっしの足のうらぁ~♪

2012-02-19 01:47:00 | Weblog


って、今ブログあけたばっかりじゃん!

今日も寒かったですねぇ。

夜、水たまりが凍り始めのシャーベット状態でした。

あぁ、明日も寒いのね

早く夏来ないかなぁ。

LAが懐かしい。

だってね、1年を通して暖かいんだよね。

夏は暑いけれど、北半球と言えど2月でも夜はセーター1枚持っていれば十分。

あぁ、天国!


fb始めたのが、2010年夏。昨年の夏にはこのLA時代の友人とパソコン上で再会。

LAを後にしたときは、今ほど携帯もパソコンも発達してなかった。ネットなんて無かったもん。

ほんとになみだもんにうれしかった。

昨年秋、大切な家族を2人一挙に失った。ショックだった。が、もっとショックなこともあった。

偽りというものを見てしまった。人ってこんなもんなんだなぁと。を味わった。

fbで再開した友達の元へ行こう!と思った。彼とはダンス仲間である。

きっと癒されると思ったしダンス談義で嫌なこと忘れられると思ったけど、行かなかった。

弱気・・・・・でも、fbはやっていて良かった!それは、それである。

fb上で、やりとりして結構、楽しいし。

いままだ、ここに日本にいるmikusであるぞよ。

行かなかった代わりに何をしたか?ダンスを、独りもんもんと考えた。

ダンスの事だけ考えたいたら、悲しいことも嫌なことも忘れられるだろうと。

で、LA時代の自分のしていたことを1から復習。


初めてLAでSTANDARDのレッスン受けた時。最初のSTANDARDのパートナーTREVORと一緒。

元USAチャンピオンのVICTOR&HEATHERが先生である。

彼らのQUICKSTEPを見て、素晴らしい強さとしなやかさにあこがれちゃったんである。

日本にいるときはずっと足が強すぎる、強すぎる、とだめ出しさえていたからSTANDARDなんてやる気無かった。

この時初めて、強いいい足持っているねと言われた。ひゃぁ、ほめられちゃったよ!

またLAで学校に通っていたとき、貧乏だったのでちゃりんこで通っていたのである。

片道1時間半、長くて急な坂を2つ登り、長い下りを一つ毎日クリアして。昼間と夜間と1日、2回通った。

まるで、トレーニング。(卒論提出のため、片道4時間ちゃりで走ったことも。)

おいおい、真夜中にちゃりでですか?夜中の2時ころ、大声で歌いながらちゃり、漕いでましたっけ。

全く怖い物知らず、世間知らず、無謀ですな。お陰で強い足、ますます強靭ですな。

だめ出しされた物をほめられたんだもの、あほで軽いmikusは有頂天でSTANDARDにはまりますわな。



その足の話ですわ。(前置き長いわなさっさとせんかい!)

土踏まず、めちゃ強いです。足の裏の前方部分、ボールですかね?強いです。

この強い部分使わなくちゃ、損損!VICTOR&HEATHERはあえてこの部分を使えるように

良いアドバイスたくさんくれました。

お陰で今があるんだなぁ~と感謝です。

いつもこの足の土踏まずと前半分に意識おいてます。この部分で時間を有効に使える。

この部分って、フロアに立った時、一番自分のバランスやウェイトなど大切なものをフロアを通して感じれる。

確かな部分でしょう。

今日はふと思った事を書いたから、準備不足。

この次はちょこっと図解してみようかなぁ、と思ってます。

以前にも書いたとおり、足の裏は面である。この足の裏を面で捉えて縦横無尽に使うのである。

でも、やっぱり足は強いにこしたことはないんである。はい!

強くなけりゃぁ、身体を使いこなせない。














コメント

HIDEBOのお城、最新版!

2012-02-18 02:12:50 | Weblog
ひゃぁ~!

またまた降ってきましたねぇ。

今年はほんとに、ほんとにさぶいっす。

無謀なmikus、’相方hideboもっと無謀説’に

本人自ら、待ったぁ!がかかりました。

本人曰く、’おれは無謀じゃぁない!’ええっ!そうなのぉ?

無謀同志、気が合うのかと・・・・・

さびしいじゃぁないのさぁっ!

無謀な思い出はまた、この次として。


先日HIDEBOのお城の写真をupしたが、なんせオープン前の質素な(物が無いだけさぁっ

ものなので、今現在を公表!

えっへん!自慢!

なんでmikusが自慢してんだ?

だって、だって、自慢なんだもん。

エントランス入ると(玄関とか入口っていうより、かっこええっ!



ちっこ過ぎる!



うわっ!でっか過ぎた!うまく、写真がupできん・・・・・

まっ、いいか。(まるで他人事!)

で、反対側からインフォメーションを見るとこんな感じ。



ねっ!おされでしょ?

ドアですよぉ!これをね、からんからんて(ほんとは音なんてしやせんでぇ)開けますんで。



昨年2011年は、ここで練習に励む毎日れした。

うぅん、語るも涙、青春の毎日でした。



今年はね、HIDEBO念願のオープン記念パーティーすることになりやした。

おめれとう!

2012年10月28日(日)2:00pm~

リーガロイヤルホテル東京3F「ロイヤルホール」です。


みなさま、どうぞHIDEBOの血と涙と汗の結晶、あれ?

スタジオのことじゃぁないんだっけ。

ダンサーとして復帰して3年の努力。がんばったね、HIDEBO!

そして、それもこれも皆さまの暖かい応援あったからこそです。

ありがとうです!



超美味しい、豪華フルコースディナーに

元全日本スタンダードチャンピオン 橘 正幸・弘子組

元全日本ラテンアメリカンチャンピオン 大村 淳毅・和田 恵組

元10ダンスチャンピオン 成竹 俊治・延本 沙祐里組

上記3組のチャンピオンをスペシャルゲストにお迎えして

素晴らしいひとときを演出いたします。

ぜひぜひぜひ、いらしてください。

¥30,000-です。

HIDEBOのいっぱいこもったパーティーです。

”よろしくお願いしまぁす!”











コメント

ダンスの思い出2 あいも変わらず無謀なmikus

2012-02-06 00:46:04 | Weblog


晴れていいお天気。でもやっぱり空気は刺すように痛い

さてさて、やはり思い返すと本当に無謀である。

この1回目のFly to USAは、まだゆるい。

LAは自動車社会である。みな自家用

この時はスタジオまでバス異動。

安いのよ。Santa Monica Blue Bus(公営バス) に乗ると、どこまで行っても当時50セント。

LTDバスというLA市内(めちゃでかい!半端なく広い)を縦横無尽に走る公営バスは

どこまで行っても、1$。1回だけ乗り換えるときは+25セント。

ところがである。日本みたいに車内アナウンスがないので、降りることに関しては全くの自己責任。

窓の外をにらめっこである。

でもいいところは、碁盤の目に近い街づくりで、全ての通りに必ず名前があり一目瞭然になっている。

バス停の名前は全て通りの名前!最高!

ついでに全ての建物、ビルからshop、一般の人の家までNo.がでかでかとついている!

見易い!ありがとう!右側全て奇数。左が偶数もお約束。

で、運転手さんもえらく気さく。

乗る時も、降りる時も挨拶!はぁい!いや英語なのでHi!だ。

わからない時や乗り換えしなくてはならない時も、隣に座るように指示、降りるときは教えてくれる。

次のバスの事も教えてくれる。

バスも行き先の頭に3桁の数字があって、数字で行き先と各駅か、急行かわかる。(頭に3が付くと急行である)

1日だけレッスンがなかった時に、独りツアーを敢行した。

地図とバスだけが頼り。(注意!ここでは日曜には運航していないバスもある)失敗した。

まず、ビバリーヒルズに行きたかった。これは有名人うんぬんより、素晴らしい家と庭を見たかったから。

第一ね、そんな有名人が通りから丸見えの家になんて住まないしね。

そんな街を人が歩くはずなんてない。みな高級車です。

で、迷子。道を尋ねたくても誰もいなかったんである。

何時間彷徨い歩いたか。あほです

なんとか地図を頼りに大通りにでていざハリウッドへ!のはずが...

そこは????

今思うと、よく映画やドラマに出てくるLAの素敵な夜景を見下ろせるレストランだった。

そこの方に道を訊いてハリウッドへGO!目指すはTOWER RECORDS!

着いたときは感動!CD安いので買いまくった。

唯一買ったDAMAGEのジージャン、とCDでスーツケースがぱんぱん。

うろうろ歩きまわり、帰りのバスを見つけてご帰還。

INFOのお兄さんとコーヒー飲みながら、お話タイム。

ほんま、ずうずうしいのぉ。英語力まるで’ゼロ’なのに。

で、翌日からまたレッスンですよ。

今日はやっとルンバの足の出し方だけ。

もう、身振り手振り紙と鉛筆が頼り。

今日はBERNARDのPARTNERのレッスン。

Marylyn Benietez。のちにイギリスの名ダンサーPeter Siddalと組んで

Blackpoolのライジングでファイナルに。その後彼は病気で二度と帰らぬ人と・・・

素晴らしいダンサーでRickの後、Billとアメリカのラテンを引っ張っていくと期待されてたなぁ。

もの凄く丁寧に教えてくれた。レッスンのあとDINNERもご一緒。

で、この時にスタジオを提供してくれた(レッスン前後の練習を含め)のが、FRED & MASSYという日系の

おじいちゃん、おばぁちゃんである。ありがとう!彼らも今や95歳を軽く越えてます。

初対面なのに、毎晩、夕飯に招いてくれて、朝もご飯一緒に。

スタジオのカギまで預けてくれて。今でも電話する。

この方のお陰で、この2週間のダンス留学も楽しさ倍増。この後日本に帰ってもんもんと3日間過ごし、

無謀に火が付き、再度渡米!ほんとに無計画です。

で、この後1998年まで居座る。

でね、このFRED & MASSYとBERNARDの繋がりが日本でも’えっ!!’となる

繋がりが・・・日本でアメリカに行くちょっと前に佐藤明彦先生と川田巳夏先生にルンバウォーク習った。

踊ったことないラテンでD級のコンペ出る羽目になった時、ドレス貸してもらった。

FREDとMASSYと佐藤先生カップルはお知り合いであった。

偶然である。佐藤先生がMIKUSがアメリカ行ったなんてびっくりだったと思う。

そこから、桑原先生、岩橋先生、松浦先生、二ツ森先生と繋がりが。

無謀なわりにめちゃラッキーなアメリカ生活です。

この後の無謀な生活はますますパワーアップ!

でも、不思議にDANGEROUSな経験はないなぁ。

地震も暴動もそして山火事もあったのに。

いい人たちに恵まれてます。

それはまた少しづつね。

免許とったり、口座開いたり学校通ったり。無謀な日々は続く。










コメント

無謀なmikusより無謀な男の物語

2012-02-06 00:09:42 | Weblog
眠りに着く前のSTORY

mikusより無謀な男の物語。

ある日、やはり自分にはダンスしかない!と悟った彼は、心に決めた。

ここは競技選手とし復帰しよう。GOOD IDEA!

まずはパートナー探しである。

んんん?いや、その前にすることがある。

ジムに通い、身体をしぼった。

走る!腹筋背筋!ストレッチ!バランス!

ダンサーの身体というものを彼はたぶん誰より知っていると思う。

しなやかな筋肉と強靭な筋肉との調和。そして稼働域の広い関節。

そしてフロアに立つ!という基本動作。

どんどん目覚めてくる。身体がそれを欲していることを強く感じた。

そしてしぼった身体に、床屋に行って準備OK!

お約束のとある11月の水曜日。

相手は93年の選手名鑑の写真から20年後の彼の姿を想像しているため、

せっかく鍛錬して床屋にいってかっこ良くなった彼の姿に、まったくもって気付かなかった。

すっ、すまん・・

彼は相当だったにちがいない。

それに、一念発起していったTRY OUTに出てきたのは・・・・・

まさか、この????

誰だろう?この人本当にダンサー?

オーナーの’よろしくね。無理しなくていいから、いやだったら正直に嫌と言っていいから’の一言に

安心していただけたら、というよりきょとん状態かと。

のわりに、ワルツのナチュラルターンを3歩、1・2・3踊っただけで、

’一緒にコンペやりましょう!’と言った彼は、mikus以上に無謀だと思う。

最強の無謀な彼である。

ふつうは、他にも何人かTRY OUTしてその中から選ぶかなぁと思うが。

だってどんなチャンスがあるかわからない。

そのチャンスを捨てた彼はほんまにあほがつくほどの無謀な男である。

おかげさんで、Mega Luckyなmikusがいるんである。彼の無謀に感謝!

無謀な男。彼の名はHIDEBOである。



間違えた。



最高に無謀でいい男だよ。というより、最高のダンサーだよ!HIDEBO!

これからもよろしくね。
コメント

ダンスの思い出1

2012-02-01 01:47:33 | Weblog


いやぁ、寒い日が続きますねぇ。寒さに弱いmikusはほぼ引き込もり状態。

おおっ!



mikusがラテンを!って、いったいいつの写真だよ!

たぶん1994年くらい。



だってこっちが、ダンス始めて1年後くらい。っ若い!

本格的にラテン踊りたくなって単独アメリカへ!

アメリカのコンペのビデオ見て、この先生Bernard Ceballos(アメリカでは有名!)に習いたい!と思った。

思った翌週には航空券買ってたなぁ。

めちゃ無謀だったんである。思い出すとなつかしい。

思い立ったが吉日!ではないけれど、何も考えもせずに行動していた。

ひぇぇぇ~!恐ろしやぁ。

今ほど入国も厳しくなかったので、宿泊先も決めず、英語もまったくもってしゃべれない!の状態であった。

そう!女は度胸一発なのよ!

LAに着いてBernにしてだめなら、SanDiegoのBill Sparks、だめでも当時

San DiegoにラテンのTOPダンサーはたくさんいたんである。

LAに着いた。さぁ入国!英語だ!

ところがね、LAの入国管理官、陽気な方だったので良かった、良かった。

だいたい訊かれる内容を飛行機の中で( ..)φメモメモしたんである。

旅行の目的・・・Sightseeing

滞在日数・・・Two Weeks

宿泊先なんて問題じゃなかった。だって決めて無かったんだもんね

まぁ、このメモと意味ない笑顔で無事パス!

ここから、公衆でBernにcall。

えっ?ガイドブック通りにかけているのに、かからない!

パァニーック!NO!NO!

ずうずうしいmikusは傍にいた青い目のおにいさんをちらちら!

助けてくれやした。身振り手振りの会話で。無事レッスンの予約もとり、彼のいるスタジオの傍のモーテルをみつけ移動!

INFOのお兄さんにまた、ずうずうしい身振り手振りと( ..)φメモメモ攻勢で2週間連泊するからと

Discountのおねだり成功!

そんなこんなで2週間充実したラテンのレッスンであった。というより、必死である。

だって、最初なんてラテンのラの字も教えてもらえない。

身体の筋肉を自分の指令ひとつで自由に動かすこと。自分の身体を支配することからは始まったんである。

ホテルの部屋へ帰るとTVをつける。

なんせ、字幕スーパーなんてないので、耳で聞いて慣れるしかないのである。

んで、見ながら身体の運動である。これが出来なきゃ、ラテンのレッスン無で日本へ帰るようである。

いやだ。ずぇーったいやだ!

これ以外にしたこと。独りでファーストフード行って(Jack in the boxやらTaco bellや

Poyoloco Chicken)英語でチャレンジ!

食べたいものが来なかったりしたけど、かなりENJOY LIFEだった。

そのうち、LAから車で4時間くらい離れたオンタリオという街に住んでいる

Buddy Schwimmer(Donny Burnsのジャイブの先生。

1度DonnyとGainerと3人で武道館で踊ったかなり太めのダンサー)にレッスンをもらえるチャンスができた。

なんてLUCKYだったんでしょうね。この無謀で最高の2週間がmikusの人生を大きく変えてくれた。



彼、David MoutreyとVictor & Heatherとの出会いである。

彼らに会わなかったらスタンダードやってなかったなぁ。

Davidが最初のスタンダードのパートナーだなぁ。でも今までにカップル組んで踊ったのは3人だけ。

HIDEBOは4人目である。(日本では最初で最後かな)

また多くの世界のダンサーと知り合うこともなかった。

無謀もいいもんだ。おかけでどこでも海外独りで行った。

思い出話はつきないので、こうやって時々思い出そう。
コメント