情報技術の四方山話

AI、IoT、ヤマハルータ、VPN、無線LAN、Linux、クラウド、仮想サーバと情報セキュリティのよもやま話

ヤマハRTX810のVRRPで回線を冗長化

2022-10-11 17:55:26 | ヤマハ通信機器
ヤマハRTX810を二台使い、インターネット回線を二重化しました。VRRP機能機能は、代表IPを提供し、その配下に複数の異なるIPと連携することができます。

代表IP:192.168.100.1
主系統:192.168.100.2
副系統:192.168.100.3

のように。主系統の異常を検知したら、代表IPは副系統につながります。
こうすることで、通信しているPCはルーターが切り替わったことを、ほとんど知ることなく通信を継続することができます。

今回の実装は、主系の電源を突然落としても、配下のPC上からネットへのPingのパケットロスが一回のみと、極めて良好です。

主系統ルーターの電源を投入し、起動後に主系へ自動復帰しますが、配下のPCからネットへのPingは、欠落がないほど迅速に回復します。

ひかりネクストのマンション型と、設備として備わっている、マンション・インターネットの二系統の回線を使っています。

いつもアクセスありがとうございます。VRRPでの回線冗長化の様子を共有します。引き続きよろしくお願いします。

コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« LAN/WAN/VPN/Wi-Fiの通信速度... | トップ | 古いデスクトップのRAM増設と... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ヤマハ通信機器」カテゴリの最新記事