情報技術の四方山話

AI、IoT、ヤマハルータ、VPN、無線LAN、Linux、クラウド、仮想サーバと情報セキュリティのよもやま話

汎用LinuxクラウドサーバーとヤマハルーターをVPN接続する

2014-10-14 07:53:25 | 通信ネットワーク
汎用LinuxクラウドサーバーとヤマハルーターをVPN接続する


いつもアクセスありがとうございます。匠技術研究所の谷山 亮治です。
今回は「汎用LinuxクラウドサーバーとヤマハルーターをVPN接続する」です。

汎用のクラウドサービスを使って、社内のサーバーを物理的に安全な場所に置きたいことは、よくあります。プライベートクラウドと呼ばれ、特定利用者、一般には社内にいる方のみアクセスする形です。クラウドにあるサーバーには、社外からはアクセスできないように、ネットワーク的に社内に閉じ込めてしまいます。

匠技術研究所では、このようなクラウドサーバーの構築と運用を2010年以降、積極的に行ってきました。VPNを構成する方法は、適材適所で選択しています。一つの方法だけでなく、システムの目指すことに合わせて、接続方法を選択し、安定したシステムの運用を目指しています。

その一環として、とても沢山使われているヤマハルーターと汎用のLinuxクラウドサーバーのVPN接続サービスの提供を11月より開始します。さらに、汎用のLinuxクラウドサーバーの中で仮想Linuxサーバーを稼働させ、複数のLinuxアプリケーションを、簡明な仮想Linuxサーバー毎に提供する形をとります。もちろんクラウドサーバーが複数ある形も、作ることができます。

引き続き、紹介していきます。
コメント   この記事についてブログを書く
« Linux/UbuntuでIPを自動取得... | トップ | 10月14日(火)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

通信ネットワーク」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事