情報技術の四方山話

AI、IoT、ヤマハルータ、VPN、無線LAN、Linux、クラウド、仮想サーバと情報セキュリティのよもやま話

RHEL 7クローン/CentOS 7の配布が始まりました

2014-07-15 20:43:55 | Linux
匠技術研究所
RHEL 7クローン/CentOS 7の配布が始まりました


こんにちは。匠技術研究所の谷山 亮治です。
今日は「RedHat Enterprise Linux(RHEL) 7クローンのCentOS 7の配布が始まった」ことを紹介します。

企業向けLinuxサポートベンダーとして著名なRedhatはRedHat Enterprise Linux 7を2014年6月10日にリリースしました。CentOSはそのソースコードからRedHatが再配布の対象としていない部分を取り除いて再配布しているLinux OSで、2014年7月7日UTC付けでリリースされています。

CentOSとしては、開発の支援をRedHatから受けるようになり、初めてのメジャーアップデートです。この6から7へのアップデートに要した期間は一ヶ月弱で、5から6へのアップデートに要した240日程と比較すると、1/8程度の日数でリリースされています。今後も、この程度の日数でアップデートが行われれば、5から6へのアップデートの際に感じた「リリース遅延への不安」は解消します。

CentOS 6 Kernel 2.6.32
CentOS 7 Kernel 3.10.0

となり、カーネルは2005年にリリースのCentOS 4が採用した2.6系統を離れました。CentOS 7は10年ぶりの大きな変化点で、前例にならうと、今後10年ほどは同系列のカーネルが使い続けることになります。

CentOS 7から、標準のDBMSはMariaDBに変更になりMySQLではなくなりました。

CentOS 4,5,6,7各リリースの比較はこちら(英語)


CentOSプロジェクトはこちら(英語)


コメント   この記事についてブログを書く
« 7月14日(月)のつぶやき | トップ | 7月15日(火)のつぶやき »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Linux」カテゴリの最新記事