文明のターンテーブルThe Turntable of Civilization on September 2016

日本の時間、世界の時間。
The time of Japan, the time of the world

Bruce Springsteen - Born to Run

2017-12-31 10:32:07 | 日記

Bruce Springsteen - Born to Run

以下は前章の続きである。

有本 

北朝鮮問題にも大きく関係するのが、日中関係です。

対北朝鮮では中国とも連携せざるを得ない分野がありますが、一方で、尖閣諸島に関しては、中国の公船や軍艦の領海侵入が常態化している現状があります。

中国はあたかも尖閣が自分たちのものであるかのように国際社会に喧伝しており、この5年で状況は悪化していると言わざるを得ません。

安倍 

もとより、尖閣諸島はわが国固有の領土であり、この点において議論の余地はない。

この方針のもと、国際社会においても間違った認識が広まらないよう努力していきます。

他方で、今年の夏は、数百の漁船が接続水域に入ってきた昨年のようなことはありませんでした。 

現在、日中関係は改善し、先般の首脳会談でも、習近平主席が「日中関係の新たなスタートとなる会談だ」と述べ、私もそう思っています。

有本 

安倍総理が総理でいるうちはいいと思うのですが、相手は長期的戦略で尖閣を取りに来ていますから、今後、日本がどんどん差し込まれる状況になりかねないという不安が拭えません。

もう少し日本側から、尖閣の実効支配をより確かなものにする方策を取れないものでしょうか。

安倍 

中国にとっても、安定的に経済を発展させる際に、国際社会との共存は必要不可欠です。

その点で、東シナ海において中国が力による現状変更を行うことは、日本のみならず、国際社会も認めることはできない。 

中国がより平和的に台頭するよう、我々も促していきたいと思いますし、こうした国際世論が構築されていくことを期待しています。

この稿続く。