Haruの庭の花日記 Haru's Garden Diary

日々咲く花達に庭で出会い、その優しさに心癒される日々です
花を眺めながらおしゃべりしています

小さな白い花、そして、懐かしい布で今日も・・・

2010-09-29 | 宿根草


今日は貴重な晴れ間になって暑いぐらいの日でしたが
また雨になるようです


雨の前に撮っておいた小さな白い花達がかわいいです♪




ゼフィランサス


実家の玄関で毎年咲いていたこの花
母がこちらに引っ越してくるときに持ってきたのですが
今年も秋を忘れずに咲いています





真っ白な花びらに黄色のしべが鮮やかですね
緑のコーナーに白い色が映えています



そして枯れた花や茎を切り戻したら






ノコギリソウのこんなかわいい花がまだ残っていました








ね、かわいいですよね~?
たくさん咲いていた時には1つ1つの花を見ていなかったなって
今になって気付きました
まだしばらくこのまま咲いてくれそうですね



近くで咲いているのは




フロックス


この猛暑の夏に休まずに咲き続けて今もずっと咲いています
元気さにびっくりしています~!
来年はもっと植えてみようかしら?




こちらの斑入り葉のフロックスはサルビアの陰でいじけていました・・・
来年は良い場所を探してあげなくてはね!



そして庭のあちこちに出てきているのは




オキザリス‘レグネリ’


ホントに良く増えて元気なオキザリスです♪



~~☆~~~~☆~~~~☆~~~~☆~~~~☆~~



今日はもう1つ完成した手作りのものを見てくださいね





母のベッドカバー


長い間置いてあった布を見て一瞬のひらめきで
急に仕上げたくなって一気に縫いあげてしまいました

着物の絹布をそのままの幅で縫っただけの簡単仕様ですが
着物地というだけでまとまりました




黄色い布はやはり母が昔自分で書いたろうけつ染め
これも帯にしないままにタンスにしまってありました
それに羽織を解いた白地の布とこの間のコートを解いた地味な小豆色の布

何だかすっとなじんでくれたこの色合い
母が懐かしがってとっても喜んでくれました





この夏8月から体調を崩した母
9月初めにはかなり心配しました
私の忙し過ぎる生活を反省して9月は母の気持ちに寄り添うことにして
思い出話しを聞きながら
母の思い出の布を生き返らそうと決めました





ある時は母がミシンの前で私の作業を見ながら
またある時は私が母の部屋で
布を広げて楽しみました





思い出話とともに
母の漢字や仮名の字が書かれたこの布が生き返りました!

そして母の体調もかなり戻ってきて
やっと安心できるところまで来てホッとしています

と同時にあまりにも忙しくしていた私の生活の見直しにもなりました
のんびりしようと決めていたら
庭仕事がまったくできなくて水遣りだけになっていた夏でした

コメント (27)

サルビア・コクシネア、 そして手作りの袋物

2010-09-24 | 一年草


最後の暑さだった(そのはずです…)一昨日から一変して
大雨の昨日、小雨の今日と
肌寒いほどになりました

気温の変化にびっくりしているのは庭の花たちもでしょうね
でもこれで秋のバラがぐっと色濃く咲くようになるのではと
10月の開花に向けて大きな期待を寄せています



今日は庭に夏からずっと咲いているサルビアです




サルビア・コクシネア ‘コーラルニンフ’


このサルビアが私がなぜかとっても好きで毎年苗を買って植えていました

ところがこの株は軒下だったせいか初めて冬越しして
そのまま大きな株に成長しています

優しいこの色に癒されて気持ちも優しくなりそうです


おまけにあちこちにこぼれ種から株を増やしているんですよ





すごく大きく育っています
こんなに大きくなったこぼれ種からの株も初めてだし





こんなに庭のあちこちから出てきたのも初めてです

大好きなサルビアがふんわりといっぱい咲いて幸せ気分です♪


秋遅くまで咲くのですが
その頃の野趣を帯びた株の様子はナチュラルガーデンには
これまた素敵なんですよね~


しかも・・・




サルビア・コクシネア ‘レッド’


こんな色のも出てきています・・・
昨年この辺りに植えたのは白(スノーニンフ)だったはずなのに・・・

私の記憶違いなのかな?といぶかしく思いながら
かわいい花ににんまりしている私です!


そして





ランタナもポツンポツンと咲いています



~~☆~~☆~~☆~~☆~~☆~~☆~~



久しぶりに手作りの作品を載せてみますね





今年88歳の母がずっと昔に帯にしようかと思って
ろうけつ染めで字を書いた紺の絹の反物
そして
やはり母の和服のコートを解いた渋い小豆色の絹の布

両方を合わせてせっかくだから袋物にしたらどうかなと提案!



作品は島崎藤村の詩‘小諸なる古城のほとり’
全文がちらし書きになっています





母は昔の字で大して上手じゃない頃の作品だし・・・
なんて言っていたのですが
何かを作ったおいたら良い思い出になるわよと勧めて
母とどの字をどこにとあれこれと話しながら
形も大きさも母の好みに合わせて
ミシンを出して縫ってみました



簡単なのでその日のうちに完成
母は思いもかけないバッグにとっても喜んでくれました



コメント (18)

オリーブ、そして 9月のバラ、

2010-09-20 | バラ


久しぶりに玄関のオリーブを眺めていたら
実が大きくなっているのに気付きました!





楕円形のふっくらした実がなっています
昨年にオリーブの実の新漬けをしたのを懐かしく思い出しながら
見ていたのですが





できている実は10個もないようです・・・

今年は花の後の実が育つ時期に水遣りが十分にできなくて
木を乾燥させてしまったからでしょう
たくさんの実が小さいうちに落ちてしまいました


残念ですが仕方ありません
来年に期待しながら
今年はこれらの数少ない実が熟していくのを楽しむことにします



では庭の入口に回ってみましょう






しっかりと水遣りを暑い夏に頑張ったので
左の棕櫚竹も右のシンビジュームも青々として
元気いっぱいに葉を伸ばしています


シンビジュームは来年には両方とも花が咲いてほしいですね!



では庭に入って行くと
今朝はいくつかのバラが咲いているのが目に留まりました





チュチュモーヴ


これは剪定し忘れの蕾があったのでしょう
これだけ1個が開花しています

初夏よりも淡い色でモーヴ色を帯びて咲いています
秋バラとしてどんな花が咲くのか
新入りなので期待しています



そしてもう1つのバラは




バターカップ



これはしっかり剪定したはずなのに
急に咲いてびっくりしました


蕾もたくさんできています





同じ花ですが写す角度で色合いがまったく違っています
小さめの花ですがうれしい色です!

本来こんな感じで次々と昨年は咲いていたので
この春が特によくなかったんでしょうね



そしてアーチには





真っ白に咲いたザ・ジェネラス・ガーデナー


剪定をしなかったので自由に咲いて行きそうですが
これはまだ省エネ咲きですね


秋の透き通るようなソフトピンクの花色が楽しみです♪



そして


ツルが伸びるばかりでちっとも咲かなかったクレマチスなんですが




プリンセス・ダイアナ


やっと1個だけ咲きました♪





こんなに存在感のあるクレマチスなのに咲かないのは寂しいですね
多花性とあるのにどうも現実は違っています・・・


他の方の庭のようにこの花がいっぱい咲いてもらうには
どうしたらいいのかしら?



さてさて、明日はまた真夏日だとか・・・
もうお彼岸なのに季節感がなくなってしまいそうです!




コメント (10)

ヤブランの花穂

2010-09-16 | 宿根草


今日は朝から雨が降っています
一日中よく降って気温もようやく秋本来

こんなに涼しい日があったんだと妙な感想を持ってしまうほど
今年の夏は異常な猛暑でしたね



昨日の画像から・・・






しばらく忙しくって花を眺める余裕もなくて
昨日初めて気付いたのです

庭ではヤブランの花穂が上がってきていました
今年はちっとも出ない・・・って思っていたのに
涼しくなってきたからでしょうか、やっと季節が追いついたのでしょうか?


素敵ですよね、この花色は・・・


そうだ、玄関にも植えているんだったと
見に行ってみると





ありましたよ、こちらも花穂がきれいに上がっています


何だかうれしくなってしまって・・・





ね、優しい色の花穂・・・
小さい粒がかわいいでしょう?

でもね、これは実じゃなくて蕾なんですよね





ほら、こんなに開いて黄色いしべも見えてきています~♪





う~ん、かわいいなぁ~


今年ほどこの花を待っていたことはないですね・・・
夏の暑さのお終いを告げているようですもの。


しばらくはこのヤブランの花を楽しんで
家の中にも明日は飾ってみましょう!



ついでに玄関の様子を・・・





すごいでしょう?このダイゴンドラ!

初夏に鉢に寄せ植えをして
どこまで伸びるのかなと思いながらそのままに・・・
吊り鉢に入れ直した方が良いかなとも思っています

流れるようなシルバーの葉の輝き
ヤブランとの結構良いコラボになっている気もしますが・・・?


階段を下りたところの
玄関の門灯の足元の花壇には






大好きなユーフォルビア・ダイアモンドフロストがあふれるように咲いて




こんな小さい白い花がかわいいのです





横のピンクの花は日々草

こぼれ種から勝手に出てきて
こんなに優しいピンクの花を咲かせています


いつの間にか昨年と同じ花壇の姿になっているんですよ~♪

コメント (14)

ルリマツリとルリマツリモドキ!?

2010-09-12 | 宿根草


先日は久しぶりの大雨に庭も十分に潤って恵みの雨でしたが
それ以後の晴天にもう干上がっていますね・・・

早く秋になってほしい、もう12日です!



10日ぶりの更新になってしまいました
今日は庭全体から離れてルリマツリとモドキを見比べてみますね






水場の近くに植えてあるルリマツリ
アジサイに覆いかぶされてかなりかわいそうな姿ですが
それでも花は咲き続けています


この色の花が咲くだけで涼しそうで爽やかです



近寄ってみると





この花色が素敵ですね




蕾も咲きかけの花もかわいいのです!


ほら、こちらは?




こんなにアジサイの中に埋もれて咲いています
健気ですね~



そして
西側のルドベキアの足元に植えているのが






ルリマツリモドキ・・・
だけど、どうしてモドキなのでしょう?


確かに似ているところもありますが





花色はまったく違いますよね

モドキなんて名がついてしまってかわいそう・・・





真ん中が薄いピンクなのがおちょぼ口にさした紅のようで
かわいいでしょう?

冬には完全に消えて春に芽が出て
毎年良かったぁ~ってホッとするのです






ルリマツリは完全に木ですが
こちらのモドキはこうして地面をはいながら立ち上がる宿根草です!


せっかくかわいい花なのに
モドキはないですよね~?って
今日はモドキに代わってぼやいてみましたよ(笑)




コメント (14)

9月になって

2010-09-02 | 宿根草


9月になっても夏の真っ盛りのような日々ですね
朝晩にかすかに夏もそう長くはないかなと思えるようにはなったのですが
日中には裏切られてしまいます・・・






株立ちのエゴノキの下にはいろんな宿根草の緑があって
上を見上げると葉が広がっているのですが
この細い幹の足元が好きなんですよ

株立ちの木って雰囲気があってしかも落葉樹なので四季の変化もあり
庭が単調にならずに良いものです



後ろの塀に絡むのはバラ‘バフビューティ’
そして足元にはクリスマスローズやシラン、ホトトギスの緑が見えています



もっと足元に目をやると






フウチソウ(風知草)が風にそよいで涼しげでしょう?
まさに名前通りの葉ですね

斑入りのホスタや濃い緑のクリスマスローズ、幅広の長い葉のシラン
それ以外にも半日陰の好きなものがいろいろと植えてあって
緑だけでも十分に楽しめる場所!

お気に入りの緑の場所です♪



もう少し小道を後ずさりしてカメラを構えると





ベンチの周りにはバラ‘オールドブラッシュ’と‘アイスバーグ‘が大きくなって
この場所に植えている草花も大きく育っていますね

ちょっとベンチが埋もれていて何とかしなくては・・・



今度は反対にエゴノキの向こうに見える方に近づいていくと






テラスの上には元気になったバラ‘バターカップ’

遠くのメド―セージの濃い紫、ブッドレアのブルーがかった薄紫
そして足元に広がるユーバトリウムの薄紫

いろんな変化ある色合いの緑に映えてグラデーションのようで
とっても良い雰囲気になってきています


ちょっと足元のこの花を・・・





ね、以前に載せたユーバトリウムがこんなにいっぱい咲いてきて
この花色がきれいなんですよ
いいでしょう?




ちょっと変わった花ですがなかなか可愛いんです♪


もう一度さっきのコーナーに近づいてみて





うん、水場の周りの雰囲気に自己満足です

ただ手前のアジサイ‘墨田の花火‘に隠れてルリマツリが半日陰になって
花が今は咲いていないのが残念です

この場所にあの水色の花が咲いていたらもっといいですよね~~♪

コメント (16)