折節の移り変わるこそ

季節の移ろいの中に、感じたままを一日一日。

すっかり春めいてきて、庭に春色の花を

2017年03月19日 20時33分31秒 | 啓蟄

◇ 明日は春分の日、三月の声を聞いても先日まで真冬のような寒さの日もありましたが、今日はポカポカと春の陽気、最高気温17度は春本番を思わせる暖かさでした。

  それなのに昨晩から急に喉がイガイガして、鼻はいきなり詰まってしまって、典型的な鼻炎の症状に悩まされては、何とも憂鬱な日曜日となってしまいました。

  さて辺りを見渡すと(もちろん見渡す程の庭の広がりなんてないのですが…)、バラとクレマチス中心の庭ですから、この時季は花色に乏しいのが少し寂しい感じです。

  そこで園芸店をのぞいては、自分なりの春の色、たとえば淡い紫というか水色というか、そんな花を見つけてはさっそく連れて帰って、庭の一角に少しだけ植えてみました。

 

□ 「クイーン・オブ・スウェーデン」(ER)の新芽が展開しています。

ウッドフェンスの上方半分に誘引しているのは、モンタナ系のクレマチスです。

 

□ 下の半分にはつるバラを誘引しています。

 

□ その「ザ・レディ・オブ・ザ・レイク」(ER)も新芽が広がって来ました。

 

□ ウッドフェンス前のヘレボルスは花のピークを過ぎたようです。

 

□ この春はこぼれ種で増えたヘレボルス「ニゲル」の開花数が増えました。

 

□ この株もこぼれ種で増えたものです。

 

□ この辺りの北側では、ハゴロモジャスミンの花芽が少しずつ色づいています。

 

□ 南側のアーチのアーマンディ系クレマチス「アップル・ブロッサム」です。

 

□ このように花芽が少しずつ「分かれて」来ました。

もうすぐ開花、ソメイヨシノと同じ頃に開花が始まります。

 

□ 日当たり良好のバラは、当然ながら新芽の展開が早いようです。

「アンブリッジ・ローズ」(ER)、挿し木苗です。

 

□ 孫娘のKちゃんが3歳の頃に鉢上げを手伝ってくれました。

これも挿し木苗、「ハーロウ・カー」(ER)です。

 

□ 中央の地植えのバラ「アブラハム・ダービー」(ER)の前に「春色」を植えてみました。

 

□ 当初植えたかったのは、こんな色のデルフィニウムでした。

 

□ 同じキンポウゲ科のラナンキュラスもこんな淡い彩りがいいかなと…。

 

□ 12月に鉢植えしたビオラの花は勢いが増して来たようです。

 

□ 凍えるような真冬の寒さの中でも素知らぬ表情でした。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

早くも3月、季節が進みます。

2017年03月05日 21時35分01秒 | 啓蟄

◇ 今日は二十四節気の啓蟄、午前中に雲が広がって来て、午後は弱い雨の降る時間帯がありましたが、庭仕事には申し分のない陽気の日曜日でした。

  毎年3月の声を聞きますと、春の訪れを名実ともに実感できるようになりますが、今年は殊の外、暦の進み方が早いような感じがしてなりません。

  ソメイヨシノの開花予報では、当地は3月26日に開花の便りが届くことになるようですが、今になって梅の花を愛でる余裕がなかったことに気がつきました。

  3月になって庭のバラの新芽の様子に目が行きますが、ヘレボルスのあとは次はクレマチスの花、早咲きの品種には花芽が見られるようになりました。

 

□ 見渡してもまだ冬色、枯れ色が中心ですが、バラの新芽が開いて来ました。

 

□ オリビア・ローズ・オースチン

(Olivia Rose Austin S 2014 D.Austin England)

ペールピンクの上品な花を楽しみにしています。

 

□ シャルロット・オースチン

(Charlotte Austin S 1993 D.Austin England)

これは昨年12月に迎えた大苗、この時季にありえない葉の展開です。

年末までにあれよあれよと新芽が開いてきて、現在このとおりです。

通常バラの芽吹きは2月下旬から3月上旬、こんなことは初めてです。

 

□ ヘレボルスは今が花の盛りではないでしょうか。

 

□ この株は上向きに咲く花もいくつかあります。

 

□ ヘレボルスが咲き進むと、本格的な春もそう遠くないと感じます。

 

□ あちこちで律儀に咲いてくれて、貴重な早春の彩りです。

 

□ アーチにドサッと乗っかっている雰囲気の常緑性クレマチスです。

 

□ クレマチス アーマンディ系 アップル・ブロッサム

(Clematis armandii 'Apple Blossom')

よく見てみると、花芽がこうして膨らんで来ました。

 

□ アンジェラも新芽が展開始めていますが、その向こうには…。

 

□ ハゴロモジャスミンの花芽が、5月上旬に向かって準備中です。

 

□ 難敵は氷点下の冷え込みが数日続くこと、今年の冬は何とか無事だったようです。

  

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

バラの芽吹きが始まりました。

2017年02月26日 22時10分23秒 | 雨水

◇ 2月もあと残すところ2日間、「普通」の小の月よりもなお2日少ない今月は、いつものことながら、どこかしら中途半端に過ぎていくような気がします。

  心の内外どちらからともなく「もう3月ですよ」の声が聞こえてきますが、これまで何もしなかった訳でもないのに、何をしたのかあまり思い出せない2か月間です。

  この2日間はそんなに暖かかったということもなかったのですが、かと言って冷たい北寄りの風が吹く訳でもなく、穏やかな光の差す早春の週末となりました。

  1週間前はまだほとんど動きのなかったバラの新芽が、品種によっては小さい葉が見られるようになりまして、今年も待ち詫びたバラのシーズンが始まりました。

 

□ ヘレボルスの花やオキザリスの葉が見えますが、手前のバラを撮ったつもり(!?)です。

 

□ 急に新芽が「動き出し」まして、今年のバラのシーズンの始まりです。

 

                                              2014年5月17日

□ ヤング・リシダス

(Young Lycidas S 2008 D. Austin England)

この5月にはどんな花が見られるでしょうか。

 

□ この鉢植えの黄緑色した葉っぱ、初々しさが何ともいい感じだと思います。

 

                                   2011年7月18日

□ アンブリッジ・ローズ

(Ambridge Rose S 1990 D.Austin England)

 

□ クレマチスも旧枝(昨年伸びた枝)に新芽が見られます。

 

□ 枯れ枝に見えますが、実は花芽が静かに膨らんでいます。

これから暖かくなると緑色の葉が開いて来ます。

その時点になって初めて枝が枯れてないことが確信できて、

まあ何というか、ホッとする訳です。

 

□ ヘレボルスも濃い花がようやく開いて来ました。

 

□ 開花直後はしべもフレッシュ感に溢れています。

 

□ 日曜日は曇りがち、明るい色したビオラですが、光の乏しい写真になりました。

 

□ バラの冬作業も、鉢植えの用土替えを最後にほぼ終了しました。

いつも午後3時過ぎは休憩タイム、このあと1時間半庭で作業を続けました。

 

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

花の春に少しずつ近づいて行きます。

2017年02月19日 21時12分10秒 | 雨水

◇ 先週ニュースを見てあっと思ったのですが、ヨハン・シュトラウス2世作曲のワルツ「美しく青きドナウ」がウィーンで初演されて、今年で150年とのことです(1867年2月15日)。

  1月1日のウィーン・フィルのニューイヤーコンサートでは、必ずアンコールとして演奏されるウィンナ・ワルツの最高傑作、オーストリアでは第2の国歌と称されているそうです。

  ここ数年は、枕元での読書とクラシック音楽が日課になっていますが、お好みのウィンナ・ワルツのうちでもこの「美しく青きドナウ」は最もよく耳にしている曲かもしれません。

  さて、この1週間は数日おきに寒い日暖かい日を繰り返しながら、暦は二十四節気の雨水へと移りまして、ヘレボルスもようやく庭のあちこちで開花が始まりました。

 

□ 咲き始めたと言っても、ほとんどがまだ一、二輪の開花です。

 

□ うつむいて咲く花、カメラを向けるのが大変です。

 

                        

                        (una poesia di oggi)

                                       クリスマスローズと童女かたことで   岩井 英雄

 

□ 先に開花の始まった株は、茎が伸びて来ました。

 

□ こちらは開花までにあと数日はかかりそうです。

 

□ イングリッシュ・ヘリテージ(ER)の株元、こちらもまだまだです。

バラが遅咲きですから、ヘレボルスと花がコラボすることはありません。

 

□ それでも未開花の株も、開花は時間の問題のようです。

 

□ オリビア・ローズ・オースチン

(Olivia Rose Austin S 2014 D.Austin England)

新芽が動き出すのももうすぐ、バラのシーズンへの序奏の始まりです。

 

□ ラティスに誘引しているのは、つるバラの安曇野です。

 

□ いち早く新芽が展開して来ました。

 

□ 日曜日、雲一つない好いお天気に恵まれました。

 

□ ヘレボルスには西日が差して、花びらが明るく輝いていました。

 

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

早春の花、少しずつ開花が続いています。

2017年02月16日 22時33分06秒 | 立春

◇ まだ2月中旬ですから、仕事のあるウィークデーは日の出前に家を出て日没後に帰宅するという、そんな毎日が続いています。

  今日は珍しく明るいうちに帰って来ることができたものですから、暗くなるまでヘレボルスの開花の様子を見て回りました。

 

□ 蕾状態のままでずっとじらされていましたが、左端の方で開花が始まりました。

 

□ 午後6時前、次第に暗くなってきた頃、この花の色がお気に入りです。

 

□ 4、5年前の小さな小さなポット苗、年々順調に育っています。

 

□ その隣でも、アプリコット色の花が咲き始めたようです。

 

□ 開花しても「お顔」が地面を向いてしまっている花も…。

 

□ 真っ先に咲き始めたこの株は、こんな風に「お顔」を上げて来ました。

 

□ こちらは白牡丹の花芽、先日の日曜日の様子です。

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

遅れ気味の早春の花、ようやく開花です。

2017年02月12日 22時00分10秒 | 立春

◇ 立春を過ぎてから約1週間になりますが、この週末にかけては再度の寒波到来、そんな中でようやく庭に早春の花が見られるようになりました。

 

□ 日だまりの中で、ヘレボルスが少しずつ咲き始めました。

 

□ 明るい日の光を受けた姿がお似合いの花です。

 

□ こぼれ種で増えた原種系のニゲルもようやくの開花です。

 

□ あとはいずこもこんな感じ、もう一息です。

 

□ そのうちに開花することでしょう。

 

□ 地植えのハゴロモジャスミンの花芽の様子です。

氷点下の冷え込みも何度かありましたが、今のところ耐え抜いているようです。

 

□ バラの新芽の展開も、ウッドフェンスのクレマチスの芽吹きも、

もう少し先になるのではないかと思います。

  

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

寒さが少し緩んで ~ 引き続き、バラの冬作業を ~

2017年01月29日 17時56分15秒 | 大寒

◇ さしもの真冬の寒波も週末にかけて少しは緩んで、それまであまりの寒さに身構えて過ごしていたのが、どこか気持ちに余裕が出て来たように思います。

  二十四節気の大寒が一年で最も寒い頃だと経験的にも思っていましたが、来週末はもう立春を迎えますし、いよいよ春の訪れが実感できる頃になることでしょう。

  今日は先週に引き続いて庭のバラの冬作業、もっぱら冬剪定と鉢植えの用土替えに終始しましたが、土の入れ替えはどうしても2月にずれ込んでしまいます。

  一週間後は孫娘の発表会の「応援」に上京することにしていますが、今年の節分は温厚な(!?)じいじが鬼役になっての豆撒きになることに、少し前に気がつきました。

 

□ ヘレボルス アーグチフォリウス (Helleborus argutifolius)

ヘレボルスの開花を待っていましたら、原種系のこの花にふと気がつきました。

 

□ 庭のヘレボルスはまだまだ、いつものように開花は2月になるでしょう。

 

□ さて、今回もバラの剪定の様子です。

昨シーズン、ピュアな黄色い花を咲かせてくれました。

 

□ まずは、半分くらいのところで鋏を入れました。

 

□ 良さそうな新芽が見えています。

 

□ そのすぐ上(5~10mmくらい)で剪定しますが、それはご承知のとおりです。

 

□ これは、カミキリムシ(成虫)の食害の痕です。

無残な感じで見栄えもよくないので、すぐ下で剪定しました。

 

□ 最終的にはバランスの取れた剪定になったと思います。

用土替えも終了して、あとは5月の一番花を待ちます。

 

                                                   2016年5月8日

□ ザ・ポエッツ・ ワイフ

(The Poet's Wife S 2014 D.Austin England)

昨年が初咲きでしたが、5月の一番花が待たれます。

 

□ ブルボン系のオールドローズ「ラ・レーヌ・ヴィクトリア」(La Reine Victoria)

昨年迎えた春苗、今シーズンが初咲きになりますが、楽しみにしています。

 

□ このバラは10年近いお付き合い、ずっと鉢植え継続です。

 

□ 孫娘のKちゃん(5歳)が、3歳の頃に挿し木苗の鉢上げを手伝ってくれたものです。

 

                            2010年5月7日

□ ハーロウ・カー

(Harlow Carr S 2004 D. Austin England)

庭で一、二を争うピュアなピンク色した花です。

 

□ 午後3時頃は、コーヒータイムになります。

チョコレートをつまみながら、ホッと一息でした。

 

□ エキゾチックな絵柄は、お気に入りの一客です。

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

冷たい北西の風が吹いていても

2017年01月22日 20時21分18秒 | 大寒

◇ 1月20日の大寒以降、こちらは最高気温が10度に届かない日が続いていて、庭に出ていても北西の風が強く冷たいですし、体感的にもかなり身に応える寒さでした。

  週明けの月曜日はまたまた寒波の襲来となるようですが、暦の上でも今が最も寒い季節ですから、ここ九州でも少しくらいの寒さは仕方ないと諦めているところです。

  そんな中で引き続き真冬特有の庭のバラの作業をやったのですが、ウッドフェンスへのモンタナ系のクレマチス(旧枝咲き)のつるの誘引でも奮闘することになりました。

  枯れ枝同然の折れやすいクレマチスのつるですから、もつれたつるをほどいて再度誘引する作業はかなり肩の凝る作業、結局フェンスの左半分のみで日が暮れました。

 

□ もともとつるバラの誘引用に組み立てたウッドフェンスでしたが、

つるバラがうまく育てられなくて、モンタナ系のクレマチス「専用」になりました。

今シーズンは下の方に、つるバラを2品種ですが、誘引し始めています。

 

                                                           2016年4月24日

□ 昨年は「スノーフレーク」という名の真白い花のクレマチスが中心でした。

 

□ そのウッドフェンスの前では、春色のピンクの花びらが風に揺れていました。

 

□ ラナンキュラスは、クレマチスと同じキンポウゲ科に属します。

 

□ そのそばでは、スノードロップもいつの間にか咲き始めています。

 

□ ヘレボルスもようやくですが、花芽が見え始めたようです。

 

□ うちの庭では春を呼ぶ花の代表になります。

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

この冬一番の冷え込み ~ バラの冬剪定 ~

2017年01月15日 22時18分51秒 | 小寒

◇ 今日は最高気温6.6度、最低気温0.7度と、雪のちらつくことまではなかったのですが、この冬一番の冷え込みに北風も随分冷たくて、寒の内らしい一日となりました。

  明日も結構冷たい一日になるのでしょうが、週明け月曜日の出勤の朝があまりに凍えるようだと何となく気が重いなんて、そう思うだけで憂鬱になりそうです。

  それでもどんなに寒くて戸外の作業が辛そうでも、バラは今が冬剪定や寒肥遣りの適期、この時期を逃すと今シーズンの花が見劣りすることにもなりかねません。

  今日は午前10時頃から午後6時前の日暮れの頃まで、剪定に鉢植えの用土替えなどなど…とにかく黙々とただひたすらに手を動かしていました(あ~しんど!)。

 

□ 庭でも最も大きいシュラブ、お正月(!?)の花が一輪残っていました。

剪定後はもちろん切り花、一輪挿しになりました。

 

□ 少しわかりにくいですが、これまでの樹高の2分の1以下に剪定しています。

 

                                             2014年5月27日

□ イングリッシュ・ヘリテージ

(English Heritage S 1984 D.Austin)

遅咲きの品種、紫陽花の季節に似合います。

 

□ 間断なく花が咲く品種なのですが、なぜか昨年は不調でした。

 

□ 2分の1の剪定ですと、こんな感じになります。

右上の葉っぱは、この撮影のあとにちぎってしまいました。

(葉を残すと病気の巣になりかねませんし…)

 

                                                 2011年5月31日

□ ドミニク・ロワゾー

(Dominique Loiseau S 2003 Delbard France)

5、6年前の様子、最も好調だった頃のシーズンです。

 

□ 少し早いのですが、冬剪定後の枝で挿し芽にします。

暖地ですから、冬でも活着することがよくあります。

 

□ 鉢植え、割り箸から爪楊枝大の細めの枝が伸びています。

 

□ 枝が細めの品種は、3分の2剪定、やや長めに残します。

用土もそっくり替えましたが、もちろん寒肥(元肥)も混ぜています。

 

                                                  2011年7月4日

□ スカボロ・フェア

(Scarborough Fair S 2004 D.Austin England)

これくらい咲いてくれたら言うことないのですが…。

 

※ 先日気がついたのですが、1月8日でブログ開設から11年が経過したことになりました。

ですから今はもう12年目、同時にバラ栽培も12年目のシーズンに入る訳です。

ここ2年程は夏場の猛暑に振り回された感がありますし、いくつか株を枯らしてしまいました。

それもすべて過去のお話、真冬にやるだけのことをやりながら、やがて来るバラの春を夢見ることにしています。

 

コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

今年もバラの冬剪定から

2017年01月10日 21時28分55秒 | 小寒

◇ 三連休最終日の昨日にようやく庭に出て、バラの剪定やクレマチスの誘引の一部くらいしかやれなかったのですが、実質今年初めての庭仕事となりました。

  ただ最近庭仕事で身体を動かすことが少なかったせいか、筋肉の使い方に無理があったのか、ただの寄る年波か、首や肩がコチコチに固まって具合悪くなりそうでした。

  その様子は昨夜(9日夕刻)のうちにブログ記事の更新といきたかったところですが、ほぼ完了したところで'goo blog'にトラブル発生、結局台無しになってしまいました。

  せっかくのコメントが送信前になくなってしまったとか、トラブルの被害を受けた方も少なからずいらっしゃるのではないでしょうか、何ともがっくりして力も抜けますね。

 

□ 青々と瑞々しい葉が茂っていますが、正月明けとは思えません。

 

□ それでも剪定は必要、その向こう側がスカスカに見えるようになりました。

 

□ 赤い新芽が見えてますが、立春過ぎには動き出すことでしょう。

 

                                                  2014年5月18日

□ エグランタイン

(Eglantyne S 1994 D.Austin England)

3シーズン前の様子で恐縮ですが、剪定中にこんな一番花を夢見ています。

 

□ 鉢植えですが、ベーサルシュートがビュンと伸びました。

 

□ 全体的に枝の半分辺りで剪定しました。

来週は用土を一新(元肥を混ぜて)する予定です。

 

                                                2015年5月10日

□ オリビア・ローズ・オースチン

(Olivia Rose Austin S 2014 D.Austin England)

 

□ つるバラも伸び放題になってシーズンを終えました。

 

□ 剪定の途中、もっと刈り込んだ部分もありますが、だいたいこんな感じです。

 

                                                  2016年5月31日

□ 安曇野

 

□ アーチに誘引している常緑性のクレマチスです。

 

□ 今年も花芽が見え始めました。

 

                                                     2014年3月30日

□ クレマチス アーマンディ系 アップル・ブロッサム

 (Clematis armandii 'Apple Blossom')

 

□ そして、早くも無数の花芽が準備されています。

 

□ 地植えのハゴロモジャスミン、開花は5月上旬頃になります。

昨年は霜の被害でほとんど全滅、それがないことを祈るしかありません。

 

                                                       2015年5月2日

□ ハゴロモジャスミン

 

※ 開花の様子はすべて数年前、4月~5月頃の写真です。

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加