メランコリア

メランコリアの国にようこそ。
ここにあるのはわたしの心象スケッチです。

空想大河ドラマ『小田信夫』(全4回)(ネタバレ注意

2017-02-28 11:21:08 | ドラマ
空想大河ドラマ『小田信夫』(全4回)(ネタバレ注意
作:前田司郎 音楽:上野耕路

出演:
小田信夫 - 堀内健
柴田勝夫 - 原田泰造
明智充 - 名倉潤
お毛 - 小西真奈美


プレミアムトーク ネプチューン@あさイチ

土曜の23:35~、1話15分間だけのコメディードラマ
ネプの3人が大河ドラマのスタッフとがっつり組んで時代劇を演るってだけで、もう面白い
低予算でどれだけ面白いものが作れるかっていう裏話も笑える

ただ、心配(実は一番楽しみ)なのがホリケンのどこまでも果てしない未知数さ加減
大河経験済みの泰造さんと、朝ドラに出た名倉っち、そこにホリケンがどう絡むか
観る前からいろんな意味でドキドキする


第1話 「決戦桶狭間」
OP映像からいちいち可笑しい 背景同じだしww







1560年 桶狭間
今川を討った織田信長の合戦を遠くから見つめる小田勢
クルミを手に浮かれる家臣に渇を入れる当主・小田信夫

 

柴田と明智は

「天下統一のためには見学だけではなくて
 やっぱり実際戦ったほうがいいのではないでしょうか?
 親方さまが一番はしゃいでいらして、やっべーなこいつって思いました」

小田:
お前ら“恐れながら”って言えば何ゆってもいいってもんじゃないからね
何を恐れてるの? わし!? それともなにかフシギな力?


明智:曖昧に使っていました

小田:
でしょ? ここぞって時だけにして!
そういう仲良し集団みたいなのもやめて
織田軍見たでしょ? ああいうギスギスした感じがほしいの


 

小田:お毛、織田信長って知ってる?
お毛:本物のほうの?

お毛:とにょは何をしたんですか?
小田:今、とにょってゆった?

うつけと言われた理由が「おにぎりと間違えて石を食べたり」とだいぶ酷い

お毛:信夫さまは信長さまに憧れてらっしゃるんですか?

小田:
やめてよ そう見える? 意識なんかしてないけど、名前が似てるからなんとなーく気になっちゃうだけで
拙者、「第七天魔王」を名乗ろうかな 信長は「第六天魔王」て名乗ってるから


家臣一同みんな集まったというが4人しかいない



柴田:みんなちょっと忙しいって・・・

小田:
本日からわしは「第七天魔王」を名乗ることとする!
本物より1個多いのだぞー ハーハッハハハ!


柴田らが一緒に朝食に行くというから「わしも」とついていくと迷惑がられる

柴田:戦のアレを考えたほうがいいのでは?
小田:ああ、黒田さんの?
明智:敵にさん付けするのはおやめなさい
(3人でずっと同じところ回ってない?


丘の上に城を建てたはいいが、門にお金をかけすぎて、肝心の城が平屋建てw


柴田:そういえば、黒田さんとこのお孫さん、病にかかったって
小田:お見舞いに行ったほうがいいかな

黒田勢が挙兵したとのしらせ


小田:戦じゃあ!


(ここもしゃくれてる



第2話 「武士の威信」
小田信夫は天下一のうつけ者として家臣から怖れられていた

寝床に討ち取った首があって眠れない小田 首をそうっと裏返してる

 

小田:
誰ぞおらぬかあああ! 誰ぞうさあああああああん!
なんでこれ、こんな所に置いてあるんだ

柴田:親方さまが首の前で高笑いしたかったからでしょ
小田:どっか物置とかに置けばよかろう そなたの部屋に置けばよかろう

言った、言わないでケンカになり

小田:じゃあ言ってなかったら切腹だからな
柴田:言ってたら親方さまも切腹ですよ

小田:親方死んじゃったらみんな困るであろう
柴田:ズルいじゃないですか


明智が来て「はいはい」と風呂敷を開けると変顔のおもしろ瓜


小田:じゃわしは瓜を見ながら高笑いしてたの? じゃ黒田さんのいとこの首は?
明智:とってないですよ


明智:親方さま、侍女たちをお風呂にはべらせるのは止めてもらっていいですか?
小田:みんなやってるでしょ 信長くんも、信玄くんも、謙信くんはちょっとやってないかもしれないけど

明智:
侍女8人全員から苦情が来てます 湯あみの間ずっと話を聞いてるのが嫌なんですって
話も盛り上がらないし、ジメジメしてるし

相手の身にもなってみてくださいよ
仕事で疲れた後、変なおじさんをずっと見てなきゃいけないんですよ
明日から一人で入ってくださいね

すっごい寂しそうな小田

柴田:大丈夫ですよ みんな親方さまのことが好きですよ



今度は「ほんとうるさいな」と言った言わないでもめる


翌日、柴田は切腹することになり、明智が止める



明智:柴田どのがいなくなっちゃったら、友だち一人もいなくなっちゃいますよ
小田:いい、いらない 友だちなんて、武士だから

ていうのも全部うその芝居

小田:だってヒマだから 見よ、見よ、明智のつらあああああw

 


語り:明智の胸に謀反の心が芽生えた瞬間でした



第3話 「黒田城攻め」
小田:明朝、黒田城に向け出陣する!

すごいざっくりした地図 あ、ここにメモったのか!


小田:1つ疑問がある 鼻薬って何? よい匂いがするの?
明智:鼻薬とはワイロのことでございます

小田:その匂いを嗅いでみたいのじゃ 甘い香りがすると思うのじゃが、どう思う?
柴田:草みたいなニオイじゃないですか? 漢方薬みたいな

明智:
鼻薬ってそもそも、鼻に入れるクスリなのか、花から作るクスリなのか
戦場で花の匂いを嗅ぐと癒されるよね

 


小田:オレはずっと陣の中にいて前線のことは知らないから
柴田:足軽は大変だよね 今度の戦で若い足軽たちにお花の贈り物をするってどうですか?

 

小田:
でも、なんかわし満たされてないんだよねー
上に立つ者として、これでいいのかなあ、みたいな?

黒田城なんて攻めてどーすんだろう
「天下布武」ってゆったほうがみんなが喜ぶかなあって思って
てかさ、意味分かって使ってる、天下布武?

柴田:
ちょっバカにしないでよ!
天下を布武するってことでしょ 詳細は分かりませんけど
だから武士の武でしょ 五感の問題? テンカブだと締まりが悪いから
なんか変えません もっといい感じの言葉に

小田:わし、ほんとは人とか殺したくないんですよ やっぱりみんなが幸せでいるのが一番でしょ?
明智:だから天下を整えて、争いのない世の中にしたらいいじゃないですか

小田:それわしの仕事?
明智:そこブレちゃマズいでしょ(w

柴田:そもそもなんで戦ってこんなにあるんですかね けっこうやんなくてもいい戦もたくさんあると思うなあ
明智:仕事なくなっちゃうじゃない



小田:あーヤダなあ 茶人になろうかなあ
柴田:拙者は木こりがいいな 一人で森で自然と対話するみたいのに憧れるんですよ

明智:喋ってるなら明日早いからもう寝ましょう!
小田:まだまだ 「人間五十年」とかやってないし

「そういう時間作りますから」という言葉を信じて、
戦当日の朝 結局、みんな忙しくて集まらず



明智:皆の衆、親方さまの人間五十年はじまるよー!(呼び込みみたいw

小田:みんな見たいんでしょ?
明智:そんなのおべっかに決まってるじゃないですか 忙しいんだからそんなの見てる暇ないんですよ!

語り:思えば、この時、お2人の歯車は狂い始めてしまったのかもしれません

ああ、この顔かしゃくれちゃったのww




最終話 「本能寺の辺」
明智の軍勢に取り囲まれてるとしらせが入る
逃げてくれと頼む柴田に

小田:ついてまいれ 舞うぞ わしも充分に生きたわ
柴田:納得いきません あんなに仲良しだったのに

 

お毛:お毛は親方さまのいない世の中で生きていくことなどとても出来ません、と言われてきました
小田:え? 誰に?
お毛:殿の知らない男の人に

舞うという小田に

お毛:逃げたほうがよろしいのでは?
小田:もう間に合わないし 大名が途中で捕まって死んだらカッコ悪いではないか
柴田:でも死んじゃうんだからカッコ悪いもなにもないでしょ

お毛:私、逃げよっかなあ でも明智どのなら私のことは殺さないかも
柴田:それがしも謝れば大丈夫じゃないかなあ


明智:敵は本能寺の辺りにありぃ~! あるかなしかで言えば、ありぃ~!



舞おうとするが、どうしてもお面が外れちゃうww
 

小田:これやっぱナシにしようかな これ噛んで固定するやつだから歌いづらいんだよ(爆

 

なんかラップ調になってて

柴田:これ、いつもと違いません?
小田:新しく編曲してみたんだけど、どうかな?



使いが入ってきてお毛らに耳打ちして部屋を出る
小田:どうしたの~どこ行くの~♪


明智が火矢をうってきて、もう部屋に入ってくる



明智:なんで逃げないんでござるか! 小田さんが死んだらどうなるんですか まだお世継ぎもいないのに
柴田:何がしたいの!?

明智:
まあ、謀反はしたけど、やっぱり愛着もあるし 友だちでしょ?
信夫さんのこと考えてたら、ワァーってなって、火までつけちゃって
あるでしょ、考えすぎて本末転倒になること



小田:もうよい ホラ、キレイだよ 皆で舞おうではないか
柴田:いくらお坊さんでも、寺焼かれたら怒りますって

明智:かような状況でもその豪胆なふるまい感服つかまつった
柴田:あ、そんなことゆって、自分のしたことうやむやにしようとしてるでござるか

小田:小さいことはよいではないか 世は天下人の器であるぞ




また舞うのをみんなで観る

語り:
この後、小田家がどうなったのか あまり知られていませんし、知りたくもありません


いいなあ、このゆるさ
トークでもゆってた通り、いろんな武士ver.でやってほしいな





コメント

topics~宇野昌磨、フリー1位で逆転V 冬季アジア大会 ほか

2017-02-28 11:20:08 | 日記
アパートの更新料と、火災保険料をおさめたv

郵便局のATMでも支払える用紙だったから、やってみたら
カードとかなくても、領収書の部分を切り取って、
そのまま通帳の入り口?に入れると勝手に画面が判断してくれるのね/驚
スキャンして、同意して、お金を入れれば、領収書が出てくる仕組み

ついでに、またチラシ類を見てみたら、ルパンの切手セット発見!


ほかにも、いろんなパンフがあるから、聞いてみたら、
申し込み用紙に注文番号等を書いて、窓口に出して、お金を払えば
指定日に自宅に届くそう

プレゼント用にも利用できるかとも思ったけど、
以前、利用したカタログを相手に渡して、
好きに選ばせるタイプではないからちょっと難しいか

美味しいものシリーズとか、ペット用品までいろいろあったからもらってみた

 

 





「週刊ニュース深読み」より
小野アナがいないから寂しい2週間

プレミアム・フライデー 第1回目
月末の1日だけ15時で帰るってケチケチしてるなあ
帰れる人と、帰れない人がいて、余計格差が浮き彫りになってるし
それにサービス業の人は休めないじゃん

 



インタビューのほとんどが「これから飲みに行きます」て
下戸のほうが多い日本人のアルコール依存症を増やす計画なのか?

そして、首相は、普段観るこもないだろう素人の演奏会を観て「充実しました」て
これを取材に行くメディアもヒマだなあ 放っておけばいいのに


ヤマト運輸の労働組合 宅配便引き受け抑制を求める
 

 

自分も最近よくamazonなど利用するから、宅配の方々に配慮しなきゃなあと反省
ツイートでは「午前中の配達は厳しい」みたいなことも書いてあった
午前中も、夜間も厳しいとなると、日中か? 再配達もなるべくしないよう気をつけなきゃ

でも、これから高齢者、1人暮らしが増えれば、店よりネットで買って、配送のほうが増えるのでは?

手創り市でも、個人が創ったものを、ネット&宅配を使って、お客さまに直接届けるシステムはイイと思った
間にムダな業者が入ったり、デカい倉庫は必要ないし、自由な創作、自由な働き方にもつながるし

なにか改善のアイデアはないかなあ 


あと、気になったニュースは、暗殺に使われた「VX」なんて化学兵器が、
こんなに大量に貯蔵されてる所って、ここどこだろう~???



アッサリ映して、みんな忘れちゃうんだな


宇野昌磨、フリー1位で逆転V 冬季アジア大会



「ベルギー奇想の系譜 ボスからマグリット、ヤン・ファーブルまで」展
2017年7月15日(土)~9月24日(日)にかけて、Bunkamura ザ・ミュージアムで開催
ボッシュ、ブリューゲル観たいなあ! 上野よりは混まないかも?







コメント

谷川俊太郎 「あなたに」

2017-02-28 11:19:08 | lyrics
谷川俊太郎 「あなたに」

九月


人生ハ美シカツタンダツケ
ドウダツタツケ
ボクハモウ忘レチヤツタンダ

人生ハ生キナキヤイケナインダツケ
ドウダツタツケ
ボウハモウ忘レチヤツタンダ

河ノソバデボクハ捨テタンダ
イロンナモノヲ


足ノトレタ犬ノ玩具ヤ
白イオオイノカカツタ夏ノ帽子ヤ

不発ノ焼夷弾ヤ初恋ヲ
河ノソバデ

イヤナニオイノスル河ノソバデ
捨テタンダ

ソレカラ
歌ヲ歌ツテ帰ツタンダ

夕陽ヲ背中ニ
河ノ堤ヲ
歌ヲ歌ツテ大キナ声デ


ソレカラ何ヲシナキヤイケナインダツケ
ボクハ捨テタンダカラ
ソノ次ニ何ヲ

ボクハ忘レツチヤツタンダ
モウ一ペン捨テルンダツケ
ドウダツタツケ

今度ハ河デ泳グンダツケ
臭イ河デ
秋ノ陽浴ビテ素裸デ

ソレトモ
マダ歌ヲ歌ウンダツケ
ドウダツタツケ



コメント

『シートン動物記 1』(集英社)

2017-02-28 11:18:08 | 
『シートン動物記 1』(集英社)
アーネスト・T・シートン/著 藤原英司/訳 木村しゅうじ/絵 増井光子/動物解説
初版1987年(19刷) 980円

※1997.10~のノートよりメモを抜粋しました。
「読書感想メモリスト1」カテゴリーに追加しました。

アーネスト・T・シートン
1860年イギリス生まれ
6歳の時に家族でカナダに移住し、開拓生活
「近代動物文学の父」と言われる動物学者


あらすじ(ネタバレ注意

オオカミ王ロボ
家畜を襲い、毒や罠には絶対にかからない群れのリーダー、ロボを仕留めるのに
村の人々は悪戦苦闘する

シートンは、ロボの妻ブランカを捕えて殺し、おびき寄せ、理性を失ったロボをついに捕えた
数日後、ロボは息絶え、今ではその毛皮がシートン博物館にある

(動物学者って・・・酷いことするなあ/涙 2017


ぎざ耳坊やの冒険
ウサギの周りは危険がいっぱい
母ウサギは、子どもに野バラの中は安全、
危険を知らせるトントンと足を地面に叩く信号や
足跡でだます逆足、泳ぎ方を教えて、坊やも立派な大人に成長

ある日、別の雄ウサギに縄張りを追われるが、犬にけしかける知恵で取り戻す
母ウサギは老齢で死んでしまう

「母親の知恵は、子どもに受け継がれる 動物の母親は、みんな子どもを大事に育てて死んでゆく」


スプリングフィールドのキツネ
近所の鶏が捕られる犯人は、子育て中のキツネの仕業
罠も犬も知恵でかわす母ギツネは、ついにニンゲンに巣の中の子どもを見つけられ
1匹は捕らわれて、あとは全滅

毎日エサを運びに命の危険をおかして訪ねる母親が、最後にとった手段は
子どもに毒のエサを与え、長い苦しみから解放してあげることだった

その後、母の姿は見えなくなった
1巻の中でもっとも悲しい話

母キツネのとった意外な行動に野生動物の心のフシギな奥深さを感じ驚いた


アカエリウズラの物語
ウズラの周りも敵ばかり(一番の敵はヒトだよ 2017
傷ついたフリをしたり、砂場で寄生虫を落としたり、どんどん死んでいく子どもの中で
母鳥の言うことを聞いたアカエリが成長し、

11月の「いてもたってもいられない日」
それぞれの縄張りを求めて巣立ちの時を迎える

妻と子どもをもち、猟期を守らない密猟者に妻を撃たれ
普通、父は面倒をみないのに、子どもの世話をするアカエリ

子どもは成人して再び漁師の罠にかかったアカエリの死の苦しみを終わらせたのはミミズク

この章のタイトルが「ミミズクの親切」となっているところが
自然の厳しさを物語っている

(いやいや、密猟者が悪いでしょう 2017


名犬ビンゴ
BINGOの歌にちなんで名づけたビンゴの仕事は、牛追いの放牧犬
でも追いすぎて怒られる

毒を舐めて死にかけたり、シートンの不幸を予感して遠吠えをしたり

ワナを仕掛ける仕事をしていたシートンが自分でかかってしまい
「今までオオカミたちに惨めな思いをさせた償いだ」と
コヨーテに襲われて観念していたら助けに来たビンゴ!

野生の生活を好み、また毒のウマを食べて、
最期に行き着いた所は、小さい頃に育ったシートンの小屋の前だった

(毒のウマって? これは動物虐待の話なのか? こんなヒトが讃えられてることがフシギになってきた 2017


白いトナカイの伝説
トナカイ狩りで、最も強そうなトナカイ、ストルバックを飼い慣らし
数多くのソリレース、馬との競争でも勝ったスベッガムじいさんとトナカイは有名になる

国会議員ボルグは首相になるためにノルウェーとスウェーデンの戦争賛成の署名を集めて
裏切り者として訴える計画を進めていたが、スベッガムじいさんにみつかり
次の町に早く行くためにトナカイを借りて飛ばすが、
ムチで叩き、怒ったトナカイはソリをつけたまま故郷の森へ帰った

その後、頭に小人を乗せて、白い男を引っ張っている白い幽霊を見たという話が残った





それぞれの巻頭にシートンの略歴、巻末には動物に関するQ&Aが載っている

「自然保護」という言葉がやっと叫ばれるようになった現代にピッタリの
このシリーズが、約100年前のものだから驚く

シートン自身もワナを仕掛ける仕事をしていた時期もあり、
いかに動物が無情に殺されていたか、物語の端々からうかがえる

絵もリアルで、6話以外は、本当にあった実話を基にしていることで説得力のある描写で
もっとそれぞれいろんな動物たちの日々の暮らし、ヒトとの戦いの歴史が知りたい


(一応、「自然保護」がテーマなのね でも、これ以降、読んだ記録はない


コメント

『トム・ソーヤーの冒険』(偕成社文庫)

2017-02-28 11:17:08 | 
『トム・ソーヤーの冒険』(偕成社文庫)
 

原題 The Adventures of Tom Sawyer by Mark Twain
マーク・トウェイン/著(1876) 吉田甲子太郎/訳

※1993.11~のノートよりメモを抜粋しました。
「読書感想メモリスト1」カテゴリーに追加しました。


マーク・トウェイン
サミュエル・ラングホーン・クレメンズ(1835~1910)
ミズーリ州 フロリダ生まれ

ペンネームはミシシッピ川の水先案内人をしていた時
「三尋のところへ印をつけろ!」という号令を意味しているなんて知ってビックリ
二葉亭四迷(明治時代の小説家)が「くたばってしめえ」からとったなんて話も知らなかった

アメリカを代表する作家の一人の代表作を初めて読む機会をもてて本当に幸運だった

いたずら小僧で、いつも元気いっぱい 次から次へと楽しい思いつきにあふれ、
周りをグイグイひきずりこんでしまうトム

それに負けない親友のジョー・ハーパー
トムと同じ孤児で浮浪児、冒険好きのハック

トムの親代わりのポーリーおばさん
トムの心を一瞬で奪った可愛い女の子ベッキー・サッチャー

大犯罪人のインジャン・ジョーら

それぞれミシシッピ川のほとりにある小さな村で、
1830年代頃を舞台に繰り広げられる、ドキドキする冒険の数々

それに日曜学校やらで起きる日常的な話が楽しく描かれて
読者の心を惹きつけてやまない



作者がはじめにことわっているとおり、これらは実在した人物とお話の混ざり合いらしいけど
一人の少年の体験にしては、なんて起伏に富んだ面白い少年期だろう

まさに若さと、その力を思う存分発揮して、1分1秒も惜しむように満喫している様子は
読んでいて胸がスカッとする

現代の規則でがんじらめにされている子どもたちとどれほど違っていることか!

それを考えると、周囲に自由に遊べる山や川、森や洞窟などの自然がないこと
そこから生まれるたあいもない迷信、純粋な心、自由な発想
豊富な生きた体験が失われてしまっていることが残念でならない


実際、これほど多種多様な迷信がいくつも出てくる話も珍しい
金曜という曜日は不吉だとか、とにかく数えきれないほどあって
そのどれも子どもたちは本気で信じて、現実に存在すると思い込んでいるところが面白い
それも考えようによって、良くも悪くもとれるのだから


子どもたちがそれぞれ持っている宝物の素朴さも興味深い

ビー玉とかは分かるけど、抜けたトムの歯や、リンゴのかじりかけ
ハックの死んだ猫やダニは、とても宝物とは思えないが

子どもたちにとってはとても貴重らしく、
いかにも交換したそうにしている場面はなんともいじらしい

今でも、子ども時代に大切にしていたものを思い出せば
どれもクダラナイものだったことを思い出す

迷信も形は随分変わっても、やっぱり時代に合わせて今でも口から口へと流され
それとなく信じられているところがあるし、
今作中に出てくるものも、簡単に笑い飛ばすことは出来ないだろう

その背景には、神さまへの信仰もあるわけだし
正しい道に導く道標のようなものだったんだ


『ピーター・パン』の子どもたちがした冒険などと比べると
トムらのした海賊ごっこなどはとてもリアルだ

夜中に家を出ることなど朝飯前で、近くの無人島へいかだに乗って出かけ
魚を釣ったり、自分たちだけでキャンプをしたり

突然「宝探し」を思いついたおかげで、インジャン・ジョーらの殺人現場を目撃しちゃったけど

本当にお化け屋敷に埋まっている600ドルもの大金が見つかって
トムはピクニックで洞窟に入った際、ベッキーと迷って、三日三晩彷徨った挙句
秘密の出口と一緒に、最後にはハックと大金の隠し場所を見つけて
本当に大金持ちになって、村の英雄になってしまう

想像上のおとぎ話というより、子どもだって本気になればなんだってできるんだ
という夢を与えてくれる 時代や環境もあるだろうけど


しかし、彼らの親にしてみれば心配だろうね
少年少女たちはいつだって目先の楽しさを追って、
家族の心配や、その先の成りゆきなんて考えていないから


作者が結びで言っている通り、これはあっという間に過ぎていってしまう子ども時代
とくに少年の姿を描いた作品で、本書でトムやその仲間は
『ピーター・パン』のように決して年をとらない

いつでも冒険、海賊、山賊などの話に夢中になっている少年のまま
生き生きと動き回っている

少年期で時間が止まっているからこそ、大人が読んでもいつまでも新鮮な感動を
呼び覚ます作品なのだろう


海賊ごっこから帰って、自分の葬式に生きて参列するという奇跡を行った後、
ポリーおばさんに夢の話をして、その嘘を見破られる

でも、眠っているおばさんにキスしたことは本当だと知って
「すべての罪を今こそ許してあげよう」という
“愛情の値打ち”を、電車に座って読みながら、涙をこらえるのに苦労してしまった

せっかく大金持ちになったフィンが窮屈な生活を強いられて
ステキな里親から家出してしまい、彼の無欲さには脱帽してしまう

「カンタンに手に入るものは有り難くないんだ」

そんなハックをサン族にしてやる代わりに家に戻るんだよ、と
自分でも知らずに、友をまっとうな道に導くトム
やっぱり彼も根はいい子なんだ


この物語の同系列にある『ハックルベリー・フィンの冒険』も早速読んでみたい



コメント

『ハックルベリー・フィンの冒険』(偕成社)

2017-02-28 11:16:08 | 
『ハックルベリー・フィンの冒険』(偕成社)
原題 Adventures of Huckleberry Finn by Mark Twain
マーク・トウェイン/著(1884) E.W.ケンブル/絵

※1995.7~のノートよりメモを抜粋しました。
「読書感想メモリスト1」カテゴリーに追加しました。

これを読み終わったら、誰でも「はてしない物語」のバスチアンみたいに
何週間もかけてハックとジムと一緒に
いかだの旅と冒険の数々をたっぷり楽しんだ気になることだろう

いろいろ書く前にマーク・トウェインが丁寧にも最初に警告をしているから、それをここに記そう

“告示
 この物語のうちに作意を発見せんと企てる者は告発せらるべく
 教訓を発見せんと企てる者は追放せらるべく
 筋だてを発見せんと企てる者は射殺せらるべし”


これを踏まえてもなお、私は私のやり方で記録をとろう


あらすじ(ネタバレ注意

ハックは、前のトムとの冒険で得た6000ドルもの大金を嗅ぎつけてやって来た
浮浪者の酔っ払いの父に監禁され、逃れて、しかも追われない手段として
盗賊に殺されたと見せかけてジャクソン島に渡り、
そこで売り渡される噂を聞いて逃げてきた黒人奴隷ジムに会う

ヒマに飽きて、女の子に変装し、さぐりを入れに町に戻ったハックは
皆、殺人犯はジムと思い、島も危ないと知り、いかだで自由州に向けての旅が始まる

ミシシッピ川を下り、自由州だと思ってあがり、別れ別れになってしまう2人
ハックはそこで出会う家族によくしてもらう

(信じがたいほどのホスピタリティ主義にたびたび出くわして
 さすがに今じゃここまでアメリカでも有り難くはないだろうに
 18Cにはこんな時代もあったのだろう

宿敵との理由も分からない殺し合いの事件に巻き込まれて
2人は再びいかだで川に出る


老人と30男の2人組を乗せるが、それぞれ王さまと公爵だと告白し
ウソだと分かっていてもハックは黙っている

キリンの悲劇を演じて町民を騙し、ついには死んで遺産を残した男の兄弟を演じて
大金をネコババしようとする2人組

たまりかねて、金は棺の中に隠す
もう1組の兄弟だというイカサマ師が加わって裁判となるが
どさくさまぎれに4人は逃げ出す

一文無しのまま王さまはジムをフェルプス家に売るが
2人組は悪事がバレて町民らに捕まる

ジムを盗みにハックが行くと、なんと彼らはトムと間違えた親類だった
そしてトムとの再会

(ハックは実用主義だけど、このトムときたら、やたらと“正式なやり方”
 つまり自分が読んだ冒険ものの本の通りやってみるのにこだわる
 妙な策略家の冒険好きなんだな

 そしてハックはそんなトムを尊敬している
 ことあるごとに「これがトムなら、もっと体裁よく、面白くするんだがなあ」
 そんな2人が見事に再会して、私たちもホッとする

ジムの逃亡に快く協力するトムだけど、完璧な囚人の、完璧な逃亡にするため
トムのたてた計画ときたら

デカい石に紋章や詩を書かせるし、ヘビやネズミを集めて音楽を聴かせるし・・・
しまいには刺客団の仕業に見せて逃げるつもりが
町民の銃弾に当たって喜んでるっていうんだもの!!

でも、大丈夫 ジムはとっくに自由の身で、すべてはトムの冒険熱が起こした騒動だったってワケ



なんといっても面白いのは、ジムとのなんとも間の抜けたようでいて素朴極まりない会話!
可笑しいやら、その透き通った心に泣けてくるやら

ジムが気をつけているジンクスの多さは、きっと普通の生活もしていられなくなるほどだ
例えば、ヘビの抜け殻に触ると災いが起きるとか、胸に毛が生えると金持ちになれるとか
そのほとんどが全部当たっていくから不思議

ハックは、いつも自分の教養のなさを蔑んでいるけど
ここまで自然を知り尽くして、すぐその場で最高に都合のいいでっち上げが言えて
加えて、誰より冷静に判断できる少年はなかなかいない

これも信心からきてるのだけど、確かに教養があれば、
自分が正しいことをしているかそうでないかの区別がつくし、
2つあるうち正しい道がどちらか分かるだろうけど
学があるのと良心は別物だ



マーク・トウェインは、必要ないというかもしれないが、やはり本書は黒人問題に深く根ざしていると言える
最後にトムがいきなり真面目になって

「彼らは地上を歩く生き物と同じくらいに自由なんだ」

と叫ぶシーンがある

ジムが自分を蔑んで「白人になら何が一番いい方法か分かってる」と言うシーンもある

大体は使用人として家族同様に大切にされていたようだが
売り買いされる奴隷には違いない

そして「解説」にもあるとおり、19C末の今でさえ、
基本的にはほとんど変わっちゃいないのはやりきれないことだ



さて、静かな夏休みの代わりに楽しめたハック・フィンの冒険を読み終えてしまって
また数日もしないうちに、この本がどれほど面白かったかは全部忘れてしまうだろうと思う
実際、トムの冒険もどんなだったかすっかり思い出せないのだから

もう一度読みたい気もするけど、次から次に読みたい本がまだまだたくさんあるんだよね
この上下巻は自分で買ったんだし、またこんな冒険がしたくなった時に読み返そう


ほぼ自伝的作品らしいけど、マーク・トウェインの少年時代もわんぱくで
冒険と人情にあふれた、きっと素晴らしいものだったんだろうね
下巻に載っている晩年の白髪のおじいさんから想像するのは少し難しいけど


また、躍動感あふれる線画の挿絵を描いたE.W.ケンブルも素晴らしい
それぞれのシーンを思い描くのに助けになるし、
同じ1884年のサインがしてあるってことは、同時代をそのまま現代版でも使ってるってことかしら?
偕成社さんも偉い


世界中の子どもたちが何度も同じ冒険に胸躍らせることだろう
この続編をもっともっと続けて書いてくれたらよかったのに
とても名残惜しいことだけど、読後の記録はこのへんにしておこう




コメント

『LIFE!~人生に捧げるコント #31~#32』+『春のドキドキ オモまつり』

2017-02-27 10:38:30 | テレビ
『LIFE!~人生に捧げるコント #31~#32』+『春のドキドキ オモまつり』
出演:内村光良、田中直樹、西田尚美、星野源、石橋杏奈、臼田あさ美、ムロツヨシ、吉田羊、塚地武雅


『LIFE~人生に捧げるコント』まとめもあります



[LIFE #31]

田中「あの人気コーナーがついに完結します 何だと思います?」
「オモえもん」「やだ~(羊)」

「ノープライダーZ?」
ウ「あれ、終わったよ 自分の中で終わったよ 他局で堤真一さんが演ってるから」→『スーパーサラリーマン左江内氏』

 

ム「あれ、ノープライダーじゃない ムロ鍋JAPANです」
ウ「やっと最終回かあ!」
ム「そんなに喜ばない」


カメラ写り
 

マユカだけ目をつぶって写ってしまい「厳重注意~」

タピオカ入りのドリンクを飲むマユカ その後に戸倉にもすすめるが「タピオカ苦手だから」と逃げる

みんなは気をきかせて2人きりになる 「私、ぜっちょー(絶叫)系は苦手なんで」
わざと離れた席に座る戸倉 「戸倉さんて私のこと嫌いですよね ずっと避けてるし」
プリクラで2ショット写真を撮りたいとお願いする

 

「いろんな機能があっても現実と違うからイヤだった」と話すマユカは可愛く見える

 

「写真では笑ってくださいね 戸倉さんと一緒にいる時間がとっても幸せで
 ほんとは私のことなんて大嫌いかもしれないけど」と泣き出す(舌足らずは同じなのね

「マユカちゃん、よかったら付き合おうか」と言った瞬間に戻っちゃって
「ワ゛ァ!!」て帰っちゃう できた写真の加工がコワイ!


「戸倉たんと私が付き合う? オーマイガッ


恩返し(これはセットの楽屋?
「内村さんにお礼を言いたいって方がいらしてるんですけど」
「いや、いいや」

エビ? ウ「ちょっと身に覚えがないんですけど」
ザリガニだったw 「面識がない」「覚えてらっしゃらない?」

 

「去年の夏、荒川で」

「(思い出して)こんな大きくなった!?
 2016.7.28熊本・大分応援メッセージを撮りに行った時、荒川の土手の道端にいたあなた!」

「命の恩人ですから トミ(マネージャー)、この子危ないよね、と
 近くの水たまりに放してくださったんですよー!」

お礼の品は、近所にあるゴルフ場から川のほうに飛んできたロストボール(野球のも混ざってるww


「ゴルフやんない!」
「フシギな縁で仕事頂きまして 来週、出川さまの鼻を挟むんです」

去ろうとして、シッポみたいのが落ちて「要らないですか?」てさすが芸人さん


これから宇宙人総理を撮ると聞いて「総理が宇宙人て、、、面白いですよね」w
ウ「誰がチクった?!」


<ニュームロ鍋ついにお披露目試食コーナー>
全国を1年かけて食べ歩いて完成させた

NHKの別の場所でこれから仕込み?
具材はサフォーク羊肉、タマネギ、葉ねぎとシンプル
スープは豚骨&鶏がら+オリジナルのあごだし(トビウオのだし)



(過程はだいぶ編集されてるけど、料理番組みたいになってる こっちのほうが向いてる?w
 どんだけ手馴れてるのかと思いきや「形バラバラやで」とツッコまれてる また緊張してる?



ム「みなさんご存知のように、今年のムロツヨシのテーマは“変化”ですよね?」(つねにフルネームを挟みこむ
源「知らない」

ム「変化を見つけるために最後の旅に出ました、どうぞ!」
 

東京のちゃんこ鍋店
 

千代の富士さんも絶賛のちゃんこ鍋に「うまいムロ」連続


ここにさらに「力士味噌」を加えると「変化ムロ」「半歩変える、半歩ムロ」
 

「サスペンダー王子」「女マン」の映像が流れて「もう失敗は許されない」
ウ「卒業かな、コレ」

Q:自信は?


すごいあります まあ、この程度だろうという思いがあると思う
それをはるかに超える驚きの後、実はちょっと笑ってると思います
美味しいものを食べる時って、絶対笑ってるんですよ
自信が確信に変わることを確信している
(なんかダブっちゃってるけどw 「おかしいですか?」

 


<試食タイム>

なんと料理研究家・服部幸應さんまで登場!
みんな「美味しい~」 嬉しそうなムロさん
西田「タマネギに全部の味が染み込んでる」(さすが麺紀行で鍛えた食レポ!

 

服部さんはさすがにひと言
 

「味をもう少し抑えたほうがいいと思う (スープ)濃すぎません?
 お湯で割ってもいいくらい “過ぎたるは猶及ばざるが如し”でね 薄めりゃ食べられる」


<変化後>

塚地「変化してる!」

服部:
これ今度足さなくていいですよ、お湯 これを入れたら甘さが落ち着いた
ちょうど、具合いいんじゃない? 変化がいいね

この空気の中で全食して「うまいムロ!」という源くんの優しさに泣きそうになった


ウ「ニンニクとショウガが効いてるので、風邪ひいてる人にはいいかもしれませんね」

<最終ジャッジ> 「うまいムロ」か「微妙ムロ」の札をあげる
あんなに美味しいってゆってた塚地くん「微妙ムロ」て

 



ギリで「うまいムロ」勝利!
ム「逆に驚いております!」
塚地「僕的には具が少ないですよ やっぱちゃんこ鍋が好きですね」(肉にすごい食いついて見てたもんね

服部:
変化にうまいこと騙された 最初ええ?と思うけど、最後落ち着くっていうのは
なかなかムロさんて面白いこと考えてるね

プロに言われるんだから相当じゃない?
料理にもその人の個性が出そうだから、ムロさんの個性の強さが出たのかも?


今シリーズ残り3回!? まだ続シリーズ観られるよね???



[LIFE #32]

柄本佑さんは3回目の出演 準レギュラーみたい


田中「春と言えば、塚っちゃんの一発ギャグ」
塚地「めちゃめちゃ初耳!」

『崖の上のポニョ』の歌 お仕事ver.
♪農業 工業 林業 サカナ漁業~

この歌シリーズは、すぐ出てくるのね 誰でも笑えてイイww


囲み取材
グラビアアイドルから女優に転身したサホは今回初の映画に出演
月刊『映画ライフ』の源くん サユリは母役

 

ゲス:


先が見えないビアグラからうまいことユージョになれて、内心しめしめって思ってるんでしょ?
サユリさんは、すげー怒ってんでしょ? グラドル畑がなに勝手にこっちに入り込んでんの

みなさんご一緒に、いいいい仕事だなあああ!
グラビアからステップアップって、女優より下って思ってはることやん うーそーだーねー!
なにゆうてまんねんなっ!

 
(どーした京都訛り? ゲスさんの目的は、ほかの記者を笑わせることでは?

ゲス:
太ったあなたも主演になっちゃう? どことなく目元がブラッド・ショーンに似てるもんね
誰だよブラッド・ショーンて/爆×500

ゲスになって、ゲスいことやんない?

(ラストだからってすごい気合いで汗だく!


幸せな苦情1
ウッチャンのサラリーマン姿も新鮮「いらっしゃいませ」の声も爽やか
不審な客が来て「文句が言いたくて来たんだけど」 苦情窓口かあ・・・

 

「おたくの羽毛布団を買ったけど、とんでもねーな! 快適すぎて眠れすぎるんだよ!
 疲れだってよくとれるよ 毎朝起きれなくて、とうとう会社クビになっちゃったんだぞ、コノヤロウ!
 オレの人生が極上の布団のせいで台無しだよ!」

お詫びの品として極上枕をあげると投げ捨てる
「こんなの使ったら余計眠っちゃうじゃないのよ 心地よさにも程があるよ!」

カタログを渡すと「二度と買うかっ!」


今シリーズあと2回 ついに「オモえもん」最終回!?

宇宙人総理は帰ってくる!


【LIFE! ANSWER 源くん編】
Q:あなたの人生を、漢字1文字で表して下さい


源:
ほんとにいろんな人に助けてもらったなという思いがありまして
普段の生活のことでも、お仕事のことでも、人に会って自分が変わったりとか
自分が成長したりとか、耐えることが出来たとか

 

自分が倒れた時に、ある人が命を助けてくれた
ほんとにいろんな人との出会いで、自分の人生の道みたいのがワァーっとこう選択肢が増えて
進んだ先である人に会って、またそこでワァー広がっての繰り返しだったなという

もちろんそれが例えば、すごく悲しい思い出だったりする出会いでも
それによって会う人がいて、そこから今の仕事につながる出会いだったり
とにかく人生のターニングポイントみたいなとろこにはいろんな人がいた

(毎回、真剣に答えてる 今回はさらにすごい熱く語ってた
 後ろには有働さんも好きな♪くだらないの中に が流れてるし
 ♪人は笑うように生きる~


幸せな苦情2
また来た同じ人 「覚えてるか? 布団買った男だよ」
こないだもらったカタログで「幸せを呼ぶペンダント」を買ったという

 

「オレはまた仕事を見つけて普通の暮らしがしたいと願ってこれ買ったんだよ
 でも、こんなものに頼ってちゃいけないって買ってすぐ捨てたら、どーなったと思う?
 それをわざわざ拾ってくれた女性がいてよ それをキッカケに付き合うことになっちゃったんだよ、コノヤロウ!
 オレは仕事を探してたんで、カノジョを探してたんじゃないだよ!」
(喋り方が寅さんみたい すぐ掴みかかるしw

「お陰さまで運命の人に巡り合うことができました

お詫びにテーマパークのチケットを渡すと「デートが楽しくなって就活どころじゃなくなっちまうよ!」


実録? 敏腕Pとある芸人
 
小金原聡子さん・・・じゃないのね

P:


1点だけ気になってて 最後の客の女性は、タクシーの運転手と結ばれて欲しかった
恋が生まれそうで生まれないって寂しすぎるよねぇ・・・
笑えるとか、笑えないとかじゃないと思うんだよね、こういうのは 私はあんまし好きじゃないな

君たちはコントとかもういいんじゃない?(まだ“ソソンヌ”になってるw
例えば、ラジオとかどう? おぎはぎ、ああいうのが好きなんだよねーw

(毎回、分からないPさんが大好きな芸人さん お土産もおぎはぎさんのDVD 自分用?


【LIFE! ANSWER ウッチャン編】
Q:あなたの人生を、漢字1文字で表して下さい


ウ:
光良の光 世の中で光り輝きますように名づけられたみたいなので、そうありたい
照明さんに当てられているのも仕事 光をあててもらってなんぼなんでね
マジメだな今! なんも考えてないっす チャランポランなニンゲンっすから!

光の世界~ by 桑田佳祐


女子刑事(デカ)
新人女性行員 2億円横領失踪事件(え、知世ちゃん?

源「吉川が逃走に関して有力な情報をつかみました」


吉川は配属されて3ヶ月で、足取りの写真が自撮りになってるw
美容室から先は分からず、悩みに悩んだ

 
犯人の友だちとカラオケにも行ったが情報は掴めず「私からは以上です」

ウ「イチから洗い直しだ チッキショー可愛いな」




[オモえもん 春のドキドキ オモまつり]
 

テーマ曲も使っちゃってて大丈夫?w
新しく撮ったのかと思ったら総集編だった

 

オモ「どうしてこんなことになったかというと、サトシくんお願いします」
サ「え、僕? なんで?」

オモ「もちろん、僕たちが出会ってから427日目の記念日を祝しての企画に決まってんでしょ!」
サ「なんだよ、その記念日 重いな」

(おへそバッテンなんだねw

オモ「3回分を一気にどうぞっ」

元通りクロス

オモえもんの夏セーター

お帰りください ゆめかちゃん

「隅っこいかないでえ」って好きw


ゆめかちゃんが来てくれて、サトシに手作りのバレンタインチョコを持ってきてくれる
オモえもんは本気の嫉妬顔w



ゆめかちゃんに対抗して手作りチョコレートを出して
思いっきりゆめかちゃんのチョコの上にのっけるww

 

「愛情たっぷりの友チョコだよ~ Happy Valentine!」


ゆめかちゃんには「Get out of here!!」となぜか英語で怒号 すごい発音がイイね/爆


嘘つきさとしの日記帳

さとしの願いは オモえもんの願い


結局、オモえもんのチョコを食べてお腹が痛くなったサトシ
「へえ、これ、お腹痛くなるんだ」




コメント

甘く見ないで!おたふくかぜ@あさイチ

2017-02-27 10:19:18 | テレビ
甘く見ないで!おたふくかぜ@あさイチ

おたふくかぜによる重度の難聴リスク


ワクチンの副反応「無菌性髄膜炎」のリスク



人口内耳
 

事例:
予防接種を受けていなかった女の子が「おたふくかぜ」にかかり、
その後、数日間聞き取りにくい状態になり、すぐに両耳が難聴になってしまった
今では「人口内耳」をつけているが、授業も聞き取りにくく、家庭教師をつけて勉強している

母親:
「おたふくかぜ」でまさか難聴になるとは思わなかった
予防接種は任意で、通知も来なかったため、受けずにいたことを後悔している


予防接種


専門家:
以前は「おたふくかぜ」も定期接種に入っていたが、
任意となると通知も来ないため受ける人は3割ほどしかいない

任意となった理由は、ワクチンによる副反応で高熱が出た事例があったため
高熱による後遺症はないので、それよりも難聴リスクのほうを注意すべきではないか
(ちなみにこの「無菌性髄膜炎」になった場合も、「おたふくかぜ」の抗体はできる

「おたふくかぜ」が流行るのは春~夏にかけて
大体、4年周期で流行していたが、
ここ数年、時期に関係なく流行するようになった 理由は不明

医師らは、「おたふくかぜ」を再び定期接種にするよう呼びかけることにしている


予防接種を受ける時期は?

専門家:
本来なら1歳で1回受け、数年経ってから2回目を受けるのが理想的
1回受けるだけでも9割以上の免疫が獲得できる

もしまだ受けていない子は、学校に上がる前など集団生活が始まる前に1回受けるのがよい

大人になっても、まだ「おたふくかぜ」にかかっていない人も受けたほうがよい
頬が腫れずに症状が出ない人もいて、かかったことに気づかない場合もあるので
病院でかかったかどうか血液検査で抗体を調べることも出来る


予防接種の自己負担額
1回4000~8000円 自治体によって差がある
1~3歳までなら助成金が出る自治体もあるので問い合わせてみる


自然感染でも免疫ができるから予防接種は必要ないという噂

専門家:
こういった難聴のリスクもあるので、ぜひ予防接種を受けていただきたい
受ける年齢、時期はいつでもよい


***********


もしかしてメーク更年期?
私は、化粧は外に出るためのカバー程度にしか考えてないから
ドラッグストアで買った安いもので済ませている
最近はアイシャドーもやめたし、アイラインやつけまなど使ったことがない
そもそも、女性雑誌を見ないし
ちょっとしたポイントで印象が明るくなるならと一応メモ


40代からのメーク術のポイント

(1)下地はカバー力より“ツヤ感”


(2)ファンデーションはリキッドタイプ

(リキッドは、もっと若い頃に使ってて、いろいろ試した結果、今は違うタイプにしてるんだけどな

(3)シミにはコンシーラー。肌に対して平行に
 

(4)アイシャドーは濃い目のブラウンを指で軽く左右にのばす
 

ポイント:追いシャドー&目頭にハイライトの白を入れて立体感を出す
 

(5)アイラインはリキッドタイプを使って目尻を太めに描いたあと綿棒でぼかすと自然なグラデに
 

(6)チークは濃い目のピンク いったん粉を落としてから薄づけする
 
黒目と小鼻の交わる低めの位置に入れる

(7)眉を描く時の黄金率


仕上がり


メイク法も、流行もどんどん変わるしね



コメント

『ピノッキオ』(1881)

2017-02-27 10:18:18 | 
『ピノッキオ』(1881)
原題 Le Avventure di Pinocchio, Storia di Un Buratting by C.Collodi
ピノッキオの冒険 あやつり人形のお話 コローディ/著

※1993.11~のノートよりメモを抜粋しました。
「読書感想メモリスト1」カテゴリーに追加しました。


コローディ
イタリアの作家 本名カルロ・ロレンツィーニ フィレンツェ 1826~1890 晩年の作品

今作も幼児向けに簡単にした絵本は多分読んだだろうけど、
ほとんど覚えていなかったし、これだけ名の知れた身近なキャラクターなのに
今回初めて手にした児童文学

でも、最初にことわっておきたいのは、この読みやすい400Pの物語を
その気になれば数時間で読めるものを、ぶつぎりになって
とうとう2週間もかけて、それも数日前に読み終えて
読む1行ごとに心を動かされて、笑って、泣ける話だったのに
もう今となってはハッキリ覚えていることがほとんどないってこと

今、こうして感想を書き留めるにも、あまり書くことがなくって
(私の貧相な記憶力のせいで)できれば、今さら書きたくないけど
読んだという記録、感動したしたという記録はやっぱり残しておくべし
っていう訳で、長ったらしい言い訳の後で、できるだけのことはしてみようってワケ



とにかく、文章がイタリア人特有の明るさ、奔放さ、大胆さ、エネルギーに満ち溢れてる

1つの物語の中に、なんとまあ、いくつも、いくつも楽しい冒険が盛り込まれていて、
結局はどの本よりも教訓の色が濃くて
どれも、悪い行いをする子どもはろくな目に遭わないぞってこと

自由奔放で、子どもらしい子ども「ピノキオ」がいろんな目に遭って初めて
人間らしい、これから身につけなきゃならない「行儀」や思いやりを覚えてゆく話



最初の大工のサクランボ親方とジェペットのカツラについての口ゲンカなんか
読んだ時に、私は電車の席に座って笑い転げそうになるのを必死にこらえるのに苦労したくらい

登場人物の感情表現が、まるでアニメーションのドタバタコメディを観ているみたいに大げさで、
ストレートで、自由なのがとっても面白かった

すごく怒っていたと思うと、すぐに涙もろくなって同情したり、
とにかくその様子はイタリア人そのもののイメージにつながって、他の本にない味がある



目次と小見出しがとっても長くて、その後に起きることがまとめて書いてあるアイデアも分かりやすくてイイ

ピノキオはあやつり人形なのに、出来上がる前からイタズラばかりして、
せっかく自分のためを真剣に想ってくれる父さんを裏切って
ABCの本を売って芝居を観に行き、
そこの親方に危うく焚き木にされそうになったのを許してもらって

5枚の金貨をせっかく父さんにあげられたのに
ずるいキツネとネコに騙されて、カシの枝に吊るされて
死にかけていたところを青い髪の美しい仙女さまに助けられて

せっかく母さんになってもらったのも忘れて、金貨を奇跡の原へもっていって
もの言うコオロギの忠告も聞かなかったため、全部盗まれてしまい
それを裁判官に言ったら、なんとピノキオが捕まってしまって

そこから出してもらうと、お腹が空いたあまり、畑に入ったところを見つかって
お百姓さんの番犬にされるんだけど、そこの泥棒イタチを捕まえて許してもらう



ふたたび仙女さまに会えて、しばらくはすごく勉強するいい子になっていたのに
悪い友だちに誘われて、大サメを見に行き、ケンカになり
お巡りさんから逃げて、海に入ると、漁師に捕まり、
フライにされそうなところを犬に助けられ

仙女さまに再会し、人間の子どもになれるという夜
勉強嫌いでなまけものの友だちランプ・ウィックと一緒に
「オモチャの国」へ行ってしまう


遊びほうけていると、すっかり小ロバに変身してしまい
サーカスに売られてしまうけど、足をくじいて
とうとう皮を剥がされ太鼓にされてしまうところを逃げ出すと

大サメに飲まれて、そこでお父さんと再会し、すっかり改心したピノキオは
仙女さまの魔法で本当の人間の子どもになり
家や服までもらって、お父さんと一緒に幸せになった





まあ、なんていろんな冒険が次から次へと
でも、本当の魅力は、やっぱり1行1行に感じられる表現、語り口の面白さ

すぐ忘れてしまうピノキオは子どもそのものだけれども
彼をいつも救ってくれる青い仙女さまや、もの言うコオロギは一体誰なのかしら?

私たちの人生でも、周りの誰かが正しい忠告や助言をしてくれているのに
気づかずに、耳に入らないってこともあるってことを暗示しているのかも

父母っていうのは、子どもがどんなに恩知らずでも、やっぱり心配して
愛さずにはいられないものなんだっていうメッセージも伝わってくる

このピノキオもディズニーアニメになってるから、ぜひその自由に動き回る姿を字幕スーパーで観てみたい



コメント

『エルマーのぼうけん』(福音館書店)

2017-02-27 10:17:18 | 
『エルマーのぼうけん』(福音館書店)
原題 MY FATHER'S DRAGON by Ruth S. Gannett
ルース・スタイルス・ガネット/作(1948 N.Y.) ルース・クリスマン・ガネット/絵 渡辺茂男/訳
初版1965年(1995年72刷) 1000円

※1997.10~のノートよりメモを抜粋しました。
「読書感想メモリスト1」カテゴリーに追加しました。

ルース・スタイルス・ガネット
化学者として研究所で働いていたが、のちに児童図書協議会職員となり、今作を書いて評価される

ルース・クリスマン・ガネット
著者の母 現代アメリカ挿絵画家の有名な1人
1947年ニューベリー賞、America Graphic Art協会優秀作品受賞 1979年没


長野の友だちオススメ 小さい頃、大好きだったらしい

児童文学として有名だから試しに読んでみた
3冊で一連のシリーズなのか
図書館にはこれ1冊しかなくて続きが気になる

こういう冒険ものに今年ハマった、その締めくくり

母親の描く挿絵がなんとも愛らしい
とくにリボンを結んだライオン



あらすじ(ネタバレ注意

エルマーは、著者(主人公、話し手)の父という設定

拾った野良猫から「どうぶつ島」の川渡しに使われている
空から落ちたかわいそうな子りゅうの話を聞いて
エルマーは助けに行く

みかん島でとったみかんだけ食べて、恐ろしい「どうぶつ島」に渡り、
トラに会い、チューインガムをあげて逃げ

角が汚くて泣いているサイには、歯ブラシとチューブをあげ、
たてがみがグシャグシャなライオンには、ブラシとリボン、
ノミが痒いゴリラには虫眼鏡

やっと川にたどり着き、ペロペロキャンデーでワニを釣って橋をかけ
りゅうの網を切ってあげる

どうぶつたちは怒って追いかけてくる
皆エルマーのおかげで有り難く思わなきゃいけないのに侵入者扱いなのね

このつづきは『エルマーとりゅう』『エルマーと16ぴきのりゅう』でお楽しみ


(『エルマーと16ぴきのりゅう』をまだ読んでいないんだな 2017


コメント