メランコリア

メランコリアの国にようこそ。
ここにあるのはわたしの心象スケッチです。

赤い屋根

2017-07-12 12:00:06 | lyrics
遠いどこかに 私の家がある

霧にかすんだ空き地には ベンチがひとつだけ待っている

巨きな月を観ながら ぼんやりと魂を飛ばす

大洋を優雅に泳ぐウミガメのように



くり返す毎日、毎日、毎日

ここに私がいてもいいスペースがあるだろうか


傍観、傍観

まっ蒼なサンゴの中を ぼんやりとした蒼い目で


そうだ 幼い頃も ここを泳いだ
どこへ行くのかは分からずとも
なにかの運(さだ)めに導かれて



どこかに 私のいていい家はないか

澄みわたる空が見える ベンチはないか

そこにゆったり腰かけて

期待するような口笛をふいて



またくり返し、くり返し、同じ夢を見るんだ


遠いサバンナの夢

横たわるスフィンクスの夢


あたたかい動物のまなざし

つめたい宇宙の呼吸


ひとつ目の宇宙人が 迎えに来てくれるまで

すべてから逃れて



桟橋でハモニカを吹いて

樹の下の芝に寝ころんで


星図をひろげて

悪戯なほほえみを浮かべて



今日もまた

くり返す

くり返す


息を吸って はいて

息を吸って はいて


時には見つめあい

見栄を張り



疲れたら ベンチに戻ろう

家へ帰ろう


波しぶきのかかる

あの赤い屋根の家へ








記 2017.7.11



コメント

黒の美

2017-05-16 13:14:02 | lyrics
烏が一羽 飛んでゆく
風をぬいながら
巧みに空を渡ってゆく

人は縁起が悪いとか
勝手に遠ざける
黒の美


真っ青な秋晴れに
黒いつばさは美しくはばたいてゆく

こんな こんなに
おまえは綺麗なのにね


風の噂もおかまいなし
烏は悠々として
空を舞う






1987.10.23記


コメント

そのひと

2017-04-01 13:51:49 | lyrics
そのひとの眼は
暗く深い色をしていた

いつも見るものの奥を見ていた
いつも誰かを求め
いつも誰かを想いながら

この世に求めるものは存在し得ず
ひとりにしておいてくださいと

その眼を隠しながら
シャツの袖を握りしめたひと

季節はもう
さみしすぎた




1987.10.24記



コメント

谷川俊太郎 「あなたに」

2017-02-28 11:19:08 | lyrics
谷川俊太郎 「あなたに」

九月


人生ハ美シカツタンダツケ
ドウダツタツケ
ボクハモウ忘レチヤツタンダ

人生ハ生キナキヤイケナインダツケ
ドウダツタツケ
ボウハモウ忘レチヤツタンダ

河ノソバデボクハ捨テタンダ
イロンナモノヲ


足ノトレタ犬ノ玩具ヤ
白イオオイノカカツタ夏ノ帽子ヤ

不発ノ焼夷弾ヤ初恋ヲ
河ノソバデ

イヤナニオイノスル河ノソバデ
捨テタンダ

ソレカラ
歌ヲ歌ツテ帰ツタンダ

夕陽ヲ背中ニ
河ノ堤ヲ
歌ヲ歌ツテ大キナ声デ


ソレカラ何ヲシナキヤイケナインダツケ
ボクハ捨テタンダカラ
ソノ次ニ何ヲ

ボクハ忘レツチヤツタンダ
モウ一ペン捨テルンダツケ
ドウダツタツケ

今度ハ河デ泳グンダツケ
臭イ河デ
秋ノ陽浴ビテ素裸デ

ソレトモ
マダ歌ヲ歌ウンダツケ
ドウダツタツケ



コメント

空に小鳥がいなくなった日 谷川俊太郎

2017-02-25 13:51:33 | lyrics
谷川俊太郎 私が歌う理由

空に小鳥がいなくなった日



森にけものがいなくなった日
森はひっそり息をこらした

森にけものがいなくなった日
ヒトは道路をつくりつづけた


海に魚がいなくなった日
海はうつろにうねりうめいた

海に魚がいなくなった日
ヒトは港をつくりつづけた


街に子どもがいなくなった日
街はなおさらにぎやかだった

街に子どもがいなくなった日
ヒトは公園をつくりつづけた


ヒトに自分がいなくなった日
ヒトはたがいにとても似ていた

ヒトに自分がいなくなった日
ヒトは未来を信じつづけた



空に小鳥がいなくなった日
空は静かに涙ながした

空に小鳥がいなくなった日
ヒトは知らずに歌いつづけた




コメント

機会 宮沢賢治

2017-02-20 14:40:11 | lyrics
恋のはじめのおとないは

かの青春に来りけり

おなじき第二神来は

蒼き上着にありにけり

その第三は諸人の

栄誉のなかに来りけり

いまおおその四愛憐は

何たるぼろの中に来しぞも




『文語詩篇 未定稿』より


コメント

夜中に台所でぼくはきみに話しかけたかった 谷川俊太郎

2017-02-19 18:55:48 | lyrics
葉書を書くよ

葉書には元気ですなどと書いてあるが

正確に言うとちょっと違うんだな

元気じゃないと書くのも不正確で

真相はつまりその中間

言いかえれば普通なんだがそれが曲者さ

普通ってのは真綿みたいな絶望の大量と

鉛みたいな希望の微量とが釣合ってる状態で

たとえば日曜日の動物園に似てるんだ

猿と人間でいっぱいの


とにかく葉書を書くよ

葉書には元気ですと書くよ

コーラを飲んでから

きみとぼくとどっちが旅に出てるのか

それもよく分らなくなってるけど




草々



(谷川俊太郎『夜中に台所でぼくはきみに話しかけたかった』より)


コメント

「春と修羅・序」 宮澤賢治/著

2017-02-17 16:19:47 | lyrics
「春と修羅・序」 宮澤賢治/著


わたくしといふ現象は

假定された有機交流電燈の

ひとつの青い照明です

(あらゆる透明な幽霊の複合体)

風景やみんなといっしょに

せはしくせはしく明滅しながら

いかにもたしかにともりつづける

因果交流電燈の

ひとつの青い照明です

(ひかりはたもち、その電燈は失はれ)


これらは二十二箇月の

過去とかんずる方角から

紙と鑛質インクをつらね

(すべてわたくしと明滅し
 みんなが同時に感ずるもの)

ここまでたもちつゞけられた

かげとひかりのひとくさりづつ

そのとほりの心象スケッチです






コメント

長い夢を見ていた

2017-02-07 11:39:38 | lyrics
長い夢を見ていた
まるでホンモノのようだった

そこでは みんな喋るコトバが違うから

まるでボッシュのようだね
まるでボッシュのようだね

それで わたしは しづかに 笑っていることにした
長く 長く



怖れるな

怖れるな

わたしは まるで何十年も おなじことを言い続けていたのに
とにかく 誰も意味がわからないものだから

右往左往の繰り返し 繰り返し
右往左往の繰り返し 繰り返し


それで わたしは しづかに 笑っていることにした
長く 長く



春のはじまり
1日の終わりに


まあ どうぞ そこにお掛けなさい
わたしの夢の中では
なにも急ぐ必要がない

これまであった たくさんのことを
話そうじゃありませんか
わたしは それを手帳に書きますから

いや、そうだったねえ
ほら、こうだったねえ


わたしの夢と現実は ときどきいれかわる
こんな ほがらかな1日の終わりには

どうぞ そこに ゆったりお掛けになって


コトバが通じないのなら
たがいに ほほえみあって

それだけで










2017.2.2作


コメント

lyricsまとめ vol.1

2014-01-05 10:25:36 | lyrics
[あいうえお順]

あいうえおのうた
愛しています
蒼い魚
青緑色の橋の欄干
赤い屋根
明日が晴れなら
あなたの腕のなかはこんなにいい気持ち
あなたはわたしに何も望まない
あの子
あめ
雨のにおいが好きだ
嵐のなかのベビー
アレサ・フランクリンを聴きながら


いくつもの残骸をとび越えて
一枚の絵
1週間
いつでも旅を
いつまでも明けることのない夜が更ける
いのちのひ
意味のないこと






王国
おかえりなさい
おとな

おぼれている
想い人
表と裏
思わぬ瞬間



回転
鏡ガラスで
鏡の向こうで
欠け月
肩にもたれてきた魂を
彼女しか与えられないものは
空っぽの箱
ガラスの華
軽やかに

完成した世界に
完全無欠の完璧主義者



季節
樹と虫
昨日 わたしは忘れる
狂人
今日という日に
綺麗な貝ばかりを集めて
金色の恋人
金鳳花


くじら
クジラ
黒くて長い髪のコが
黒の美


下水道のしたでは
元気ですか
限界
喧騒


高層ビルのてっぺんの少年
Cokeは覚醒して
肯定の愛
虚空を見ているから
ここはどこだろう
ここは郵便も届かない西も東もない島
混沌の中に


桜と黒い雲



しあわせ ~ある晩冬の一日
幸せの珠
子宮
自由な時間
10月17日土曜日
証明
鍾乳洞
序曲「変身」・間奏
白い馬
神出鬼没の鬼たち
新世界交響楽


スーパースター
捨テテイル
スパンコール


世界のどこかに
蝉 ~better world で
一九九九年はもう終わろうとしていて
選択


創造
騒々しい独り言
そのひと
そら



対岸のきみ
戦って何が得られるのか
たったひとつのもの
タンポポ
タンポポの


ちいさな遠い祈り
地下
乳の潮
ちょっと咳き込んだような


手の中の大都市
天国から


24 hours smile
東京の嵐
どこかで
どこまで待てば
翔ぶ女
ともだち
トンネルは長方形


永い旅

夏の終わり
なにかすきとおるもの
なにも後悔することがなかったら
何をすべきか?


白焔


はじめよう
発車
初雪
花のみち
羽根
春一番の雨
春の嵐
晴れている日曜日は




挽きたてのコーヒーの香りと午下がりの時
ひとり


フェア
不完全な時間
冬山は夜 行動する
古い記憶のよみがえる時はいつでも


返事


僕らは一体いつになったら
ほし
ほんとうに安心して暮らせる家を求めて


マアレヤ マアレヤ
まち

待つ女
祭り
窓の外のモンスターを
まま
まろやかな
満月の夜
満月は走る


湖の底

未知なる私へ
南向きの窓にて


無言の世界
胸を貸してね
紫の雨が降る町


メディア


もう少し先へ進んで
文字は
物語はここから始まる


優しい人たち
やめろ


ユートピア
夕闇の迷路




予感

夜や雨の午後に


レールに乗って


路面電車


私の中の天使
私は
私はなりたい
私たちは失くしてしまった
わらおう





**************************


以前も書いたけれども、gooブログを始めたのが2006-05-18からで、
lyricsは、それより前にまとめようと思いついて、
新しいものは、書いた日時の前後にアップしていったけど、
古いものは2006-04にまとめていたら、思っていたより数が多くて、
そのまま遡っていったら、2006-03、2006-02も埋まってしまった。

しかも、その後思いついた「ライヴレポのまとめ」は、2006-01から始めて、遡っていったら、
これまたいっぱいあって、2005-12、2005-11、2005-10-20までいってしまったから、
その後のlyrics(過去作)のつづきは、2005-09-01から、またまとめることにした。

バラバラすぎる・・・と反省して、一応、分かりやすくまとめてみようと思った、せっかくだし。
これまでアップしたものを、まず「あいうえお順」にして、リンクを貼って、
「lyrics」カテゴリーの最初に来るようにしてみた。

興味のある方がいらっしゃったら、覗いてみてください/礼
なお、誤字脱字等はご了承ください/謝

(この説明文すら分かりづらい・・・


コメント