メランコリア

メランコリアの国にようこそ。
ここにあるのはわたしの心象スケッチです。

映画『メアリと魔女の花』(2017)

2018-09-26 15:06:59 | マンガ&アニメ
映画『メアリと魔女の花』(2017)

「借りぐらしのアリエッティ」「思い出のマーニー」の米林宏昌監督全世界待望の最新作”

原作: メアリー・スチュアート 『メアリと魔女の花』

声の出演:
杉咲花 メアリ

大竹しのぶ シャーロット おばさま
渡辺えり バンクス メイド
遠藤憲一 ゼベディ 庭師
神木隆之介 ピーター

天海祐希 マダム・マンブルチューク エンドア大学校長
小日向文世 ドクター・デイ 科学者
佐藤二朗 フラナガン 箒の管理人

満島ひかり 赤毛の魔女

ほか

主題歌:♪RAIN/SEKAI NO OWARI


最近は、アニメ映画の声優はほぼ俳優
別に悪くはないが、その聞き慣れた声に引っ張られてしまう部分もある


【内容抜粋メモ】









火に包まれた屋敷から逃げる魔女の少女 手に花の種を持ってると追いかけられ
箒に乗って逃げる 魚鳥みたいなのが追ってくる
屋敷が爆発し、下界に落ち、種が森に落ちると花火のよう光を放つ







のどかな屋敷にいるメアリ・スミスは退屈している
夏休みはあと1週間あり、父母は仕事が終わらず、メだけが先に来た
シャーロットおばさまとメイドのバンクスと過ごす

庭師ゼベディを手伝うメは花を折ってしまい
ゼ:分かっとる 子どもと犬は庭仕事には向かないんだ



箒を見つけて掃除を始めるが、籠を倒して、通りかかったピーターが笑う
ピは配達の仕事をしている



一人でピクニックをしていると黒猫が来る 目つき悪いけど可愛い
友だちもいない、何をしても失敗ばかりと愚痴る



木の陰から出ると灰色ネコに変わり、森の中に入っていくのを追いかけると
枯れ木ばかりの場所に来る あれ、2匹だったのね



威嚇している先には、美しい青い花 1本取ると逃げていく猫たち
ゼに見せる ネコの名前は黒のティブと灰色のギブ ピのネコ



ゼ:
夜間飛行という滅多にない花で、私も初めて見た
この森にしかなくて、7年に1度しか咲かない
かつては魔女たちも探した 魔女の花だ

花からまた光が出て、あたりは霧に包まれる

夜中に音がして、怖がるティブが飛び込んでくる
翌朝ティブはいない

シは小包を届けて欲しいとメに頼むと宛先はピ
メを「赤毛の小猿」と呼ぶピに渡す

テとギを昨日から見ていないというピ
2人で霧の森の中に来て、ケンカ別れして、メだけが入る

テは花びらをくわえてメを誘う
巨樹の蔦に箒があるのを見つける 文字が刻んであるが読めない





花が手につくと、青い光が飛び出し、箒が動き出す
テも乗って、空を飛び、雲の上へ
目の前には大きな雷雲 その渦の中へ



抜けると島のような別世界
その先は機械で出来たような宮殿



箒は勝手にある家に導く
箒だらけの小屋で、フシギな住民フラナガンと出会う(声が佐藤二朗さんまんまw



フ:
箒を特訓しないといかん 箒は必ずここに置くこと!
わしはここの管理人 お前は新入生だな
そんな立派な使い魔を連れているくせに
次は魔女じゃないとでも言うんじゃろ

由緒あるエンドア大学からは多くの優秀な魔法使いが巣立って行ったと話す





学則が大事
1.不法侵入者は変身の刑に処す

門が勝手に開いて、フは去る
まだ悪夢を見ていると思っているメ

中は遊園地みたい 急に門が閉まる
変な生きものがたくさんいる





噴水が校長マダム・マンブルチュークとなり、
本人が現れ、メの手のひらの模様を確認する







マ:ここは選ばれし者だけが学ぶ魔法大学です

校内を案内される
太陽の光で校内を照らしている
マ:電気も魔法の1つです

雲に乗り、授業の見学をする
1年生の教室では箒の乗り方を習っている





体を鍛える場、学食もある

(やっぱりブタを食べるのか・・・焼いてる人もブタ?!



マ:
あなたは素晴らしい才能がある 100年に1人の逸材
その手の模様、エメラルドの瞳の黒猫という完璧な使い魔を飼い慣らして
古今東西、赤い髪は優秀な魔女と決まっています 天才だけの髪の色です


(地上ではコンプレックスばかりだったのが、ここでは絶賛される

第2学年では科学の実習もある 優秀な科学者ドクター・デイを紹介される
科学と魔法の融合を長年研究している





最高学年の授業を案内されるが誰もいない
手を叩くと緑の玉を持った大勢の学生が現れる 姿を消す術





メも玉を渡され、見つめて念じ、姿を消してみろと言われる
初めて試すと、姿が消えて竜巻となり皆を引きこむ

テを助け出すと渦が消え、玉が割れて絶賛される
図に乗ってウソをついて周りはどよめく

変身魔法の研究のため、金庫室に入るデ
実験材料は動物たち/涙



そこにテが入りたそうにする 中にギブがいるの?

デ:科学と魔法の実験は、あまたの失敗の上に成り立っている 失敗もまた結果なり


入学願書を探すマダム
校長室?にも怪しげなものばかり
そこにあの花の絵があり、触ると手の模様が光る





そこから本が出てきて、読めない文字だが、女の子の声でメの頭に入って来る
いろんな呪文が書いてある 戻そうとしても戻らず、カバンに隠す

自分は魔女じゃなく、フシギな花の力だと白状すると顔色を変えるマダム
(冒頭で「追いかけろ!」と言っていたのは彼女では?

隠したものを見せろと言われて見せたのはピの住所のメモ
メ:その子の花なんです すごい才能のある子で
メモを取られる


帰りはフが箒を持ってきてくれ、帰り道は箒が知っている
テは帰るのを拒むが仕方なく箒に乗る

箒が青く光るのを見たマ
マ:あの子は花のありかを知っている
ド:あの盗まれた花か?!

メモを蝶にして後を追わせる


箒の光の色が変わり急降下して家に戻る
箒は木になり、手の模様も消える テは去る
すっかり夜で心配していたシ

たくさん褒められたことに喜んでいると
ゼが来て、ピが戻らないから村のみんなで手分けして探すという

テが威嚇して入ってくる メモの蝶も入ってきてマダムが現れる

マ:
よくも私が校を汚してくれましたね!
ピは捕らわれている 助けたいなら魔女の花を持ってらっしゃい!

マ:私のせいだ
花をビンに詰めて、テを乗せて大学まで飛ぶ

シが起きて、階段に落ちた花を見て驚くシ(知ってるの?




大学に着くとマダムとデが迎える
花を入れた瓶を取られる
デらは「この花で世界が変えられる」と大興奮



メは金庫室に閉じ込められる
中には檻に入れられた異様な怪物がいる
実験で失敗した動物たちと分かるメ



(『鋼の錬金術師』のキメラみたい/涙 現実でも同様に動物実験が行われているんだ

テの声がして、ギブも変身させられている





ピと再会して泣いて謝り事情を話す

ピ:
魔法が使えたら、ボクを大人にすれば、母さんをどんなにラクにしてあげられるか
絶対ウチに帰らなくちゃ みんなでいっしょに帰ろう!


呪文の本を持っていることを思い出す
メ:私、今夜だけは魔女なんだ

すべての魔法を解く呪文をかけると赤い渦となり、
動物たちは元の姿に戻り、門から飛び出して、元いた地へと逃げる(良かったねえ!






本がないことに気づいて、マダムらが追いかける

フが箒を持ってきてくれる
マダムのロープのようなものに捕まるピ

ピ:一人で逃げろ!
マダム:私は呪文の真髄を取り返さなくては


箒はある島にメを連れていく
箒に連れられてある家にたどり着く





「おかえりなさいませお嬢様」と灯りがともる
「随分お久しぶりのご帰宅 どうぞお入りください」と炎が喋る





海が見える部屋に入るとマダムとドクターの写真 その下の赤毛の子は?!
テは変身実験のノートを見つける



鏡から声がして、シが映り、赤毛の魔女の少女に変わる





魔女:
そこは私の昔のウチ あなた、夜間飛行の花は持ってる?
あの人たちがやろうとしているのは、とても危険なことなの

冒頭の少女はシ? 過去の映像を見せる魔女



魔女:
昔、私はマダムたちからあの花の種を盗んだの

マダムとドクターは昔は心優しい教育者で、素晴らしい科学者だった
だけど、偶然あの花を見つけた私は、2人に渡してしまった
それから2人は変わってしまい、研究に没頭した



2人は生徒たちを変身させ、あらゆる魔法が使える強大な力を持たせようとしたけど失敗
彼らに同じことを繰り返させないために花の種を盗んだ



この世界には私たちに扱いきれない力があるの
鏡に手をあてて、私はもう魔女ではない でも今のあなたなら

それが最後の1輪 それを使ってすぐ帰ってきて
でないと永遠に戻れなくなる



マ:ピと約束したから ピを助けなくちゃ


マダムが追いかけてきた

箒は急に力がなくなるが飛び上がり、ピのもとに飛ぶ
カバンと最後の1輪を取られる



魚鳥みたいなのに追われてメは森に落ち、手の模様は消える
箒は折れてしまい、涙を押しつけるとヨロヨロ飛び始める


自力で館に侵入するメ
助けた動物たちが運んで行ってくれる
こんなにいっぱい動物が! ヘヴン!!



太い蔦の下に箒を置いて、自力で登る
テがまたギブと再会し、ピのいる場所を教えてくれる





花の最終実験をしているドクター そこにピがいる
すべての魔法が使えるようにかえて、世界を変えようとするが爆発して
水色の液体が溶け出て、周りを襲う怪物となる その中に元のピがいる

(なんか笑っててかあいい



ド:あの時と同じだ
マ:もはや魔法を解くしか! 呪文を探している間に襲われ、魔力を食べられる


メは本を持ち、花のもとに走る
ピ:メ、逃げろ・・・
ド:そいつはあらゆる魔法が使える化け物だぞ!



メ:
今のピならこの本が使える いっしょに帰ろう すべての魔法よ 消えろ!
魔法なんていらない!!



すべての機械は去り、森に戻る ステキな巨樹!



メが気づくと、ピもネコも無事
ピ:カバンは見つけたが箒が見つからないんだ

またフが来て、箒を治療してくれている
マもドも助かったが動物に囲まれている

メの髪に花がついていたが、空に投げると弾けて消える




コメント

ショートアニメ「ざんねんないきもの事典」

2018-09-25 13:13:53 | マンガ&アニメ
ショートアニメ「ざんねんないきもの事典」



フクロウナギはたまにアゴが外れて死ぬ



口を大きくあけて、プランクトンなどを食べているが
たまに大きな魚が入ると死んでしまうって・・・






コウテイペンギンは、2か月間、足の上で卵を温め続ける



これは前に「あさイチ」で紹介してたね

特選!エンタ 親子で鑑賞 「皇帝ペンギン ただいま」&「ブレス しあわせの呼吸」




クシケアリはノリノリで敵を巣に持ち帰る



ゴマシジミが出す分泌液が大好物で巣に持ち帰るが
ゴマシジミはクシケアリの卵が大好物・・・








クジャクグモのオスは、ダンスが下手だとメスに食べられる



メスにアピールするため、踊ってみせるが、気に入られないと食べられてしまう



アルマジロの9割はボールになれない



みんな丸まれるイメージがあるけど、ムツオビさんらは完全に丸くはなれないのね

 



リュウグウノツカイは、体の半分を食べられてもしかたないと思っている
後輩が先輩に話すバージョン



後輩:
普段うちら深海にいるじゃないっすか
ボーっとしてたら海面近く行っちゃって
人に見つかって「リュウグウノツカイ」とか言われましたw
竜宮って言ったら、普通カメじゃないっすか

話してる途中、先輩の体下半分がないことに気づいて驚く後輩

先輩:
あ、これ? 知らなかったの?
オレら大事な機能はほぼほぼ頭のほうに集まってるから
尾のほうは食われても大丈夫なんだ トカゲが尾を切って逃げる的な?


この気の抜けたバカっぽい会話が面白いw

以前ヴィレヴァンで流していてつい見入ってしまった「Peeping Life」の声、雰囲気に似ている

私が以前ハマった『低燃費少女ハイジ』シリーズと同じ、音声撮りした後にアニメを制作していく「プレスコ」方式なのかな


「鉄腕アトム」好きだったな

Peeping Life 修学旅行ではぐれた二人

やわらかいタッチの絵は、これまた大好きだった『しろくまカフェ』っぽい





コメント

水木しげるの妖怪えほん8、9@てれび絵本

2018-09-24 12:38:35 | マンガ&アニメ
水木しげるの妖怪えほん8@てれび絵本

水木しげるの妖怪えほん6・7@てれび絵本

語り:佐野史郎

ナレ:
皆さんは妖怪を見たことがありますか?
日本には数々の妖怪についての言い伝えが残っています

漫画家の水木しげるという人は、たくさんの妖怪の姿を絵にしてきました
そこには不思議な魅力がいっぱいです
これから一緒にその妖怪の世界をちょっと覗いてみましょう


目目連(もくもくれん)

誰も住んでいない荒れ果てた家にあがりこみ、様子を伺っていると、
障子に無数の目が現れ、びっくりすることがあるという これは目目連の仕業



その昔、江戸の材木商の男が、東北地方に材木を買いに行った際
宿屋に泊まるのはもったいないと、空き家になっている屋敷に一人で泊まりこんだ

夜、ふと破れ障子を見ると、障子のマスの一つ一つに目が浮かび上がった
目は男の周りを取り囲んだが、その男は少しも驚かず
それどころかその目を一つずつ取っては袋に入れて、江戸に持ち帰り売ったという







家中に目が現れたのは、もともとこの家に囲碁の棋士が住んでいたからではないかと言われている





煙羅煙羅(えんらえんら)



静かに上がる蚊取り線香の煙が、時として奇妙な形になることがある
じっと煙を見ていると、人の顔に見えたり、怪しい獣に見えたり



かまどでも同じことで、煙が奇妙な形になるのは「えんらえんら」という妖怪の仕業であると言われる
かまどは色々な物を燃やしていたから、色々な煙が出た



かまどや焚き火など、昔の生活は、火や煙と切り離せなかった
煙はそれぞれ特有の懐かしい香りがあり、それはまた
古い伝承の世界への橋渡しの役目も果たしていた
このえんらえんらも、そういう妖怪であり、特に悪いことをするわけでもない



今ではガスや電気の利用が進んで、火と煙はすっかり分けられているため
煙といえば公害のような悪いことしか思い浮かばない



いずれにしても、ぼんやり無心に煙でも眺めるといった
心に余裕のある人間でないと、この妖怪は見られなかっただろうと思われる
今では少なくなった障子やかまどが、こういった妖怪を生み出したのかもしれません



水木しげるの妖怪えほん9@てれび絵本

お歯黒べったり
昔は嫁入りをすると「お歯黒」と言って、自分の歯を黒く染める風習があった
お歯黒べったりは女の妖怪で、夕闇迫る町外れの人気のない神社とか寺に現れる



美しい着物を着ていて、時には花嫁姿のこともある
そこを通る人は親切心からつい声をかけてしまう

すると待ってましたとばかりに振り返り、己の顔を見せるのだが
つるりとしたのっぺらぼう!



相手が驚くと、今度は口がぱっくりと割れ、お歯黒の歯でニタニタと笑う
大抵のものは腰を抜かして気絶してしまう

このお歯黒べったりの正体については、色々と言われており
狸が化けたものだという人もいる





けらけら女
世の中には不吉な笑いがある
ある学者は「笑いは、笑われる者にとっては恐怖である」と書いている
けらけら女は、まさしくそういう笑いの恐怖の妖怪である



寂しい道を歩いていると、なんだか不安になって
何か出るのではないかと思い始める

そんな時、どこからともなく女の大きなお笑いがケラケラと聞こえてくる
びっくりして振り向くと、大きな女がこちらを見て笑っている



慌てて駆け出そうとすると、さらに大きな声でケラケラと笑うから
気の弱い人は気絶することもあるようだ

女の笑い声は、大抵その人にしか聞こえないので
家に帰って、真剣にその話をすると、今度は家の人から笑われると言う





「次回をお楽しみに」と終わったけれども、次回からは新しいシリーズが始まった
以前、SNSかどこかで見かけた『ざんねんないきもの事典』をアニメ化したもの
これももう再放送なのか



コメント

『君たちはどう生きるか』

2018-06-17 16:38:19 | マンガ&アニメ
原作:吉野源三郎
漫画:羽賀翔一


以前、ジュンクで作ったhontoカードから誕生日メールが来ていることに気づいた



「クーポンの内容」
対象の電子書籍をご購入時に、ご購入金額合計(税込)より割り引きいたします。

有効期限:2018年06月07日(木)~ 2018年06月20日(水)23:59

「クーポンのご利用方法」
(1)上記ボタンより、クーポンを取得
(2)ご希望の商品をカートに入れる
(3)お支払い方法選択ページの「クーポンの利用」で、取得したクーポンを選択
(4)ご注文内容確認ページにて、クーポンが適用されていることをご確認ください。

※その他のクーポンのご利用方法について
PCから確認する
スマートフォンから確認する

電子書籍より紙のほうが良かったが、対象は電子書籍のみなので仕方ない
クーポンを取得して、足りない分は、いつのまにかたまっていたhontoのポイント85Pを使った

それでも16円足りないから、支払いはauを選んだら、
パートナーサイトの「トゥ・ディファクト」と連携利用開始設定するとのことで「同意」
無料で読めることになったが、一度買ったら何回でも読めるのか???

電子マネーは便利だけど、こうしてどんどん連携していったら
他社にもいろんな情報がだだ漏れなんだろうか?
まあ、それも時代か

スマホじゃ画面が小さいから、PCで読むことにした やっぱり本は紙がイイなあ

読み始めてすぐに分かったけれども、サイズを調節するのがいちいち面倒臭い
本なら目を近づければ済むものを、PCだと毎ページ拡大しなきゃならない
他にやり方が分からないから、普段使わない「拡大鏡」で見ると
今度は線が粗くなる これじゃ、物語に没頭することなど出来ない



本書は「原著を漫画化した」とあるが、マンガ部分はむしろ補足、入り口のようで
おじさんのノート部分が長い
時に説教口調になるのが気になるけれども、哲学、心理学など
人間の根源を教えたいという気持ちが溢れている

これが書かれたのはもっと昔だから、日本文学の口調で
もとはもっと難しく書かれていただろうけれども
今の子どもたち、大人たちにも分かり易く要点をまとめたのかも

それにしても叔父さんの文章の中で何回「男らしく」と出てくることか
これこそが正しいと説いている人も、やはり100%正しいとは限らないということも分かる
男子生徒しか出てこないのは、男子校なのか?


宮崎駿さんが今作を読んで計り知れない感銘を受けて、
再び長編アニメを作る気になったというニュースがなければ、
どんなに上位ランキングになっても
興味を持って読むことはなかったと思う

宮崎駿監督、新作タイトルは「君たちはどう生きるか」

宮崎駿監督の新作『君たちはどう生きるか』は冒険活劇ファンタジー!
鈴木プロデューサーは「内容は、タイトルとは随分と印象が違う。大ファンタジーだ。
 内容を読んで、ぼくには宮さんが引退を撤回する理由がよくわかった。
『風立ちぬ』では終われない。宮さんの面目躍如は、やはり“冒険活劇ファンタジー”だった」
 と宮崎監督が用意した20分の絵コンテが繰り広げる世界に夢中になったと明かす。”

『風立ちぬ』も原作にいろいろな人物を混ぜたりして、作り上げたから
今作も変わるだろうと思ったけど、冒険活劇?! 一体どーなっちゃうの?
堅苦しい説教話は、宮さんが一番キライだから、子どもが一緒に楽しめるアニメになるのかな



あらすじ(ネタバレ注意
【1937年 東京】
1人の中学生男子・本田潤一と叔父(母の弟)の物語は出版されてから今もなお多くの人に読み継がれた小説で、
これはそれを初めて漫画化したもの

1、へんな経験



コは友人がいじめられているのを傍観したことで自責し高熱を出して休んでいると
叔父から1冊のノートを渡され、それほど悩んでいるということは、
君が正しい生き方を求めているからで、このノートを読めば新たな一歩を踏み出せるとある



ノートは叔父(本田? 元編集長)が近所に引っ越してきた日からの記録だと分かる
引越しの手伝いのお礼にたくさんの本の中から「分子の構造」を手に取るが戻す
この世のものがすべて分子でできていることがフシギだと思う

叔父を街中案内していると雨が降り、路面電車に乗り銀座まで来る
父が亡くなる前はよく来ていた



自分が宙に浮く気がして、自分も分子だと知る

「僕も世の中の大きな流れをつくってる一部なんだ」

叔父は少年をコペルニクスからとってコペル君と呼ぶことにすると嬉しくなる

「ものの見方について(おじさんのノート)」



コペルニクスは地動説を説いた それまではキリスト教の影響もあって、
太陽などが地球の周りを回っていると信じていた
(パニ障にとっては、地面のほうが浮いて回っているなんて言われただけで具合が悪くなるな/怖

これはニンゲンが自分中心にものを考えることにも通じて、相当根深いものだ
子どものうちは天動説、大人になると地動説に変わるが、
大人になっても、自分中心に考える人が多い
大きな真理はそういう人には見えない



2、勇ましき友 前編
級友の北見(ガッチン)、水谷からあだ名をつけられそうになり、学校でもコペルで通すことにする
山口は浦川の弁当にいつも油揚げが入ってるから、そうあだ名をつけて、周りは何も文句が言えない

叔父にもそれを話す
コ:みんなで1つの大きなかたまりになると、逆に抜け出せなくなるのでは?
叔父:それは自分で考えないと 僕のほうこそ聞きたいね

教室で11月のクラス会で浦川に演説させろとメモが回ってくる





3、勇ましき友 後編
先に弱いものいじめは止めろと言ったのはガッチンでみんなも加勢するが
浦川は「もういいんだ許してやっておくれ」と止める
理由は「みんなに一斉にヤラれる痛みが分かるから」

それを叔父にも話すと「思ったことを浦川くんに伝えたら大きな力になるのでは」と言われ
「ちゃんと伝えるよ もう二度と、みんなで間違った方向に流されないように」

自分が正しいと思ったことは誤魔化さずに行動に移す
病床の本田さんも同じ想いだったのだろうかと思い返す叔父


「真実の経験について(おじさんのノート)」
姪っ子の話に喜ぶ叔父 卑劣なことを憎み、男らしい真っ直ぐな精神で
立派な人間になってもらいたいのは、亡き父の最後の希望でもあった

父は亡くなる3日前、叔父を呼び、頼むと言った
「私はあれに、人間として立派な男になってもらいたいと思う」



ノートに書き留めているのもそうした理由から
だが、それは数学のように教えられるものではなく、大人になってもずっと自分で学びつづけるしかない
世の中にはたくさんの格言、名著、芸術があってもやっぱり自分で確かめるしかない

(どんな事も自分で体験しないかぎり、想像して寄り添うことは出来ない
 ほんとうのことは本人にしか、いや、本人すら分からないかもしれないから
 実際経験してみて“腑に落ちる”ということ それが生きている意味の1つでもあると思う

僕もお母さんも、君にただ学業が出来て、行儀がよい、欠点のない人間
または、世間的に良い人になって欲しいわけじゃない
君は学校の「修身」でたくさん学んでいるが、問題はその先だ

教えられた通りに生きていればいつまでも一人前にはなれない
世間の目より、君自身が、人の立派さが何かを魂で知ることだ


世間には他人の目に立派に見えるよう振る舞っている人が多い
そういう人は、自分が人の目にどう映るかを一番気にして
ありのままの自分がどうか知らない

心を動かされることを大切にして、その意味をよく考えてほしい



4、ニュートンの林檎と粉ミルク
浦川くんは体調を崩して学校に来ていない

友だちを家に呼び、野球をしていた時、なぜニュートンがリンゴが落ちただけで「万有引力」を発見したのか叔父に聞くコ

月が地球に落ちてこないのは、地球の重力と、月が回る勢いの力が釣り合ってるからだが
ニュートンは、地球の重力と天体の間の引力が同じ性質と考えた
「当たり前」ではなく、どこまでも考えると、物事の大事な「根っこ」にぶつかるんだ

コは浦川くん宅を訪ねると貧しい界隈の豆腐屋さんで
働き手が風邪をひいたから息子に手伝ってもらってると母親から聞く



近所のお肉屋さんが揚げ豆腐を買いに来て、お裾分けを置いてくれる
それを見て、コも母の料理を手伝い、粉ミルクの缶が落ちる瞬間、すべての見方が変わる気がした
ラクトーゲンの粉ミルクが自分の口にたどり着くまでのこと



コは初めて考えていることを叔父に手紙で書き、「人間分子の関係、網目の法則」と名づける
うちにある缶は、コが赤ん坊の時、母の乳が足りず、毎日ラクトーゲンを飲んでいた頃からのもの

じゃあ、それが出来たオーストラリアの牛も自分の母さんなのかなとか
牧場、工場、土人(!)のことなどいろいろ想像した

それを船で運ぶ人、売りさばく人、宣伝する人、小僧がうちの台所まで持って来るまで
何千人、何万人が僕とつながっているのに、僕が知っているのは3人くらい
向こうも僕のことをまったく知らないのは変だと思った

家中のもののことも考えて、とうとう寝てしまった
学校に行き、先生の洋服はオーストラリアの羊から始まってる
だから、みんな知らない大勢と網のようにつながっているのだと思う


「人間の結びつきについて(おじさんのノート)」
コの発見に感心し、それは学者の言う「生産関係」だと説明する叔父
ヒトは生きるためにいろいろなものを自然界からもらっている
ヒトは未開の時代から協同して働いてきた それを「生産関係」と呼ぶ

最初は顔見知り同士だったから、着るもの、食べるものがどうできたか分かっていたが
集団が大きくなると、品物を交換したりして、ができた

協同・分業が大規模・複雑化して、作り手と消費者の顔が見えなくなった
労働も、金をもらい、必要品を買うことが目的になった


国同士となるとさらにややこしくなり、今では世界中が1つの網になった
今では日本の紡績ははじめから外国市場に売るのを目的で生産している

その代わり日本も、アメリカの石油などがなくては困るようになった
気づけば、誰もこの関係から抜け出られなくなった

大人になって必ず勉強しなければならない学問に「経済学」「社会学」がある
でも、本当に考えなければならないのは、本当に万人の役に立つ発見は何かということだ

ヒトは1人で経験することには限りがあるが「言葉」「文字」がある
(動物みたいなテレパシーがないものね

いろいろな意見の書物を比べてまとめたのが「学問」
それを受け継いで、新しい経験を積んで進歩してきた

だから僕たちはできるだけ学問を修めて、これまでの歴史から教わらなければならない
その上で何か発見したら意味をもつ

君が変だと感じた通り、人間同士のつながりはまだ未熟だ
だから、訴訟・戦争が絶えない 人間らしい関係になっていない

たとえ「赤の他人」でも人間らしい関係をつくるのがほんとうだ
これはまだヒトが進歩しても解決できない問題の1つだ

では「人間らしい関係」とは何だろう?
君の母は君のために何かしても報酬を欲しいとは思わない 尽くすのが喜びなんだ
ヒトが互いに好意を尽くし、喜びとするほど美しいことはない
そう思わないかい?



5、貧しき友
コは浦川の家に通い数学を教える 何冊もノートが買えずにびっしりと書いている浦川
父は故郷の山形に行き、叔父に金を工面してもらう相談に行っている

浦川くんが家の手伝いも勉強も逃げないことを尊敬していると叔父に話すコ
叔父はコが浦川の貧しさを知ってバカにするどころか、役に立とうとしたことに刺激を受ける
そこに父から「今夜帰る」と電報が来たと浦川が来て、自分のことのように喜ぶコ


「人間であるからには 貧乏ということについて(おじさんのノート)」
僕は君の話しぶりに、自分を浦川くんより一段高い所に置いているような思い上がりがないことに感心した
とりわけ、君が貧しさについて微塵も侮る気持ちがないことが嬉しい

そんな気持ちを起こさせなかったのは、浦川くんの優しい心根のせいでもある
貧しい人は、たいてい引け目を感じながら生きているものだ
自尊心をもった人でも引け目を感じるのは人情だ
世間には、金持ちの前でやたらにペコペコする者も多い

人は自尊心を傷つけられるほど嫌なものはない
ほんとうの値打ちは衣食住にあるわけじゃない
自分の値打ちに自信があれば、境遇に関わらず落ち着いて生きていける

たとえ貧しくても、自分をつまらない人間と考えないように 豊かでも偉いと考えないように
でも、貧しい境遇の傷つきやすい心を省みないようでは
人として肝心なことが分からない憐れむべき馬鹿者になる

今の心を大人になっても変わらず持ちつづけることが大切だ
今の世の中で、大多数を占めているのは貧しい人々で、
人間らしい暮らしが出来ないのが何より大きな問題だ


世間には浦川くんより貧しい人は驚くほどたくさんいる
彼の家は貧しくても息子を中学校にあげている

しかしその店で働く若い衆は小学校でやめなければならなかった
いつか自分の店を持ちたいと働き、自分の労力のほかに生計をたてる元手がない
ひとたび病気や怪我をすれば餓死につながる

残念なことに今の世の中は一番困っている人が体を壊しやすい境遇にある
君は去年の夏に行った房州で、大小さまざまな煙突が並んで煙を吐いていた光景を覚えているか
あの煙突の1本1本の下に何十人、何百人という労働者が汗と埃まみれで働いている
広々とした青田でも、避暑になど行けないお百姓が腰まで水に浸っていた

貧しい人は日本だけじゃない 世界中の大部分を占めている
学を修めたり、絵や音楽を楽しむこともない
輝かしい歴史は誰にでも与えられているわけじゃないんだ

そもそも、この世に貧困があるために、どれほど痛ましい出来事が生まれているか
なぜこれほど文明が進んだ世の中にそんな問題が残っているのだろう?

ただ、今の君に分かって欲しいのは、そんな世の中で君がなんの妨げもなく
自分の才能を伸ばしていけることがどんなに有り難いかということだ
滅多にあることじゃないと思えばこそ、感謝する気持ちになる

そのように恵まれた立場の者が何をしなければならないか
君が才能を伸ばして、世の中のために本当に役立つ人になってくれることを願う

おしまいに1つ君に問題を出す
網のようにつながって生きながら、全く心にかけず、ただ自分たちの幸福ばかり考えるのは間違っている
だが、ただ憐れだとか、同情しなきゃならない人と思っていたら大変な誤りだ

なるほど貧しい人には知識もなく下品な場合も多く
自分のほうが上等だと考えてもムリはないが
見方を変えれば、あの人々こそこの世の中を担いでいるんだ
君なんかとは比較にならない立派な人たちなんだ

ヒトが生きる上で必要なものは、すべてヒトの労働の産物だ
それなしには文明も、進歩もない

君自身は何を創り出しているだろう?
たくさん受け取って、消費専門家として生きている

元来、生産は消費のためだから、消費そのものは悪くない
だが生産している人と、ただ消費してる人とどっちが立派か
モノだけの話でなく、芸術、学問などを生み出すことこそ、人を人間らしくする

君は自分では気づかないうちに日々生み出している点がある
自分で答えを見つけてみたまえ 急ぐ必要はない 人に聞いてはいけないよ

答えは明日見つかるかもしれないし、大人になっても分からないままかもしれない
だが、人間であるからには、一生のうち必ずこの答えを見つけなくてはならない

(自分が何をしにこの時代、この世界に生まれてきたか
 自分がほんとうは何者か知るために生きているんだ



6、ナポレオンと4人の少年
上級生3人が誰かを探している



ガッチンは「誰かナポレオンの伝記を持ってないか」と聞く 理由は「ナポレオンに憧れているから」



叔父の本棚を探してもないが、叔父が話してくれる

ナポレオンはたった10年間で貧乏将校から皇帝になった
国内外の問題を引き受け、大戦争を次々と指揮した(それは偉人じゃなくて戦争屋では?

ガッチンはこないだ殴った山口から「謝らないなら兄貴の仲間を呼ぶ」と言われた
上級生が探しているのはガッチン

浦川くん「もし、殴られそうになったら僕らを殴れって言えば、殴ってこないのでは?」
コ「それでも止まらないなら、僕が壁になって止める
それに加勢する仲間

叔父はコの父と交わした約束について思い出す
病室で父はコのために何も遺せなかったことを悔い、
「子どもたちに向けた本を作って欲しい」と叔父に頼んだ

その後すぐ父は亡くなり、2年間著者を探したが、
自分自身どんな本を作ればいいか分からなかったせいで、見つからないまま出版社が潰れてしまった
「見つからないなら、自分で書けばいいんだ」とコを見て勇気づけられる叔父


「偉大な人間とはどんな人か(おじさんのノート)」
ナポレオンは今でも世界中で英雄視され続けている
彼の両親は落ちぶれた貴族で、家族は貧しい境遇にあった

コと同じくらいの歳にフランスの士官学校に入れられたが
周りは金持ちの子が多く、彼はいつも軽蔑されていた

卒業後、将校になっても貧乏で、コツコツ勉強していたが
24歳、「フランス革命」とともに少将となり、手柄をたてた

(兵士に憧れるなんて「男の子らしい」な

有名なアルプス越えをしてイタリーの都市を攻め落としていった
凱旋するとパリ中の人気を集め、将軍になり、人々の願いを受けて武力で政府を改め、権力を手中にし、
わずか10年間、35歳の若さで皇帝となった

ヨーロッパ諸国は同盟を組み、彼を倒そうとしたが失敗
一時、ヨーロッパ大陸はほぼ彼に服従した

しかし、わずか数年でこの絶頂から落ちる

ロシアは彼に屈せず、イギリスとの通商をやめなかった
彼はイギリスの通商を厳禁したがムリで、「ロシア大遠征」を計画し、惨憺たる失敗に終わった
極寒と飢餓に苦しみ何十万の兵が死に、帰国できたのはわずか

この機会を狙いプロシアほかが反抗し、フランスに侵攻
連合軍に捕らわれ、島流しになる
最期はセント・ヘレナの孤島で5年半過ごした後、死んだ

「ウォーターローの戦」で敗れた時、彼は46歳 落ちるまでも10年間

日本では、総理大臣を2、3年務めるとたいていは体を壊してしまうと言われるが
ナポレオンは大動乱のフランスの中、国内外の問題を一手に決裁した
戦争にかけては、彼の指揮はいまだに戦術の模範となっている

(大量殺人で褒められても尊敬できないな

彼の決断はいつも男らしく、不屈の闘志と誇りを失わなかった
人道と平和を愛したゲーテでさえ、彼の天才的な決断力を心から感嘆していたくらいだ

僕たちが感嘆するのは、その素晴らしい活動力だとけして忘れてはいけない
人間というものに頼もしささえ覚える
それは人が何かを成し遂げる力ではないか

偉人・英雄は一体何を成し遂げたのか? 何の役に立っているのか?
非凡な能力で非凡な悪事を成し遂げることもできる

人間は「技術」「機械」を発明し、自然界を人間の住みよいものに変えてきた

日本の歴史は神武天皇以来2600年、エジプト文明は6000年前に始まったと言われるが
それ以前に書物にない数万年の歴史がある

この河のような流れは、短いものに思えるではないか
一人の一生などほんの一瞬にも思われる

偉人・英雄もこの大きな流れの1つの水玉に過ぎないと気づくだろう
偉人・英雄の中にはむしろ逆行させる働きをした者も多い

ナポレオンが出世しはじめた頃、フランスは腐りきった封建制度を打ち倒し、
新しい世をつくるために血みどろで努力していた
男はみな兵役の義務を負い、外敵と戦った

当時、ヨーロッパ諸国の軍隊は「傭兵制度」という雇い兵で軍隊を組織していた
兵士は給料のために戦ったが、フランス兵士は自由、平等を旗印とした民衆だった

(戦争讃歌か?

ナポレオンは学芸奨励にも力を尽くした
エジプト遠征(侵略とは言わないのね)の際は大勢の学者を同行させ、
この時発見したロゼッタストーンは、エジプト文字を解くきっかけとなった

封建制度廃止後、「ナポレオン法典」を定め、他国の法律の規範になった
日本も、明治維新後、封建制度を廃して、民法を定めたが、
その時の基準となったのも「ナポレオン法典」だった/驚

そして、目覚しい商工業の発達を成し遂げた
(自然を破壊して、公害病などもばらまいて、払った代償も同等だったが

しかし、イギリスとの通商禁止は、ヨーロッパ全体を困らせた
ロシア遠征の際は、ヨーロッパ各国から集まった兵士たちで
祖国の名誉、信仰、主義のためでなく、ただナポレオンの権勢のために命を落とした

偉人・英雄として本当に尊敬できるのは、人類の進歩に役立った人だけだ
『人類の進歩につくした人々』という本を読んでみたまえ
その上で、改めてナポレオンから学ばなければならない

ナポレオンがイギリスに捕らわれた時、波止場は毎日見物人で混雑したという
ナポレオンはずっと船室に閉じこもっていたが、外の空気が吸いたくなり
甲板に現れた時、みんなは静まりかえり、帽子をとって深い敬意を表したんだ

捕らわれの身でも王者の誇りを失わず、自分の運命を引き受けて
しっかり立っていた姿に心を打たれたのだ

良い心がけを持ちながら、生かしきれない小さな善人がどんなに多いかおいおい知るだろう
世間には悪い人ではないが、弱いために、自他に不幸を招く人も多い



7、雪の日の出来事 前編
その後、2週間経っても上級生は襲ってこないため
山口のウソだろうと笑い、雪合戦に興じていると
ガッチンが倒した雪だるまは自分たちが作ったものだから謝れと迫り
「他に仲間はいないのか?」と聞かれて、コは黙ってしまう
ガッチンは上級生に殴られ、恐怖に立ち竦むコを白眼視する





そして冒頭シーンに戻る 自責の念から高熱を出し

「僕なんて・・・死んでしまったほうがいいんだ・・・」



8、雪の日の出来事 後編
叔父は、これまで書き溜めたノートを見ながら本を書き始める
コを訪ねると熱は下がったが何日も休んだままと聞く

もし叔父に事情を話したら「僕が謝ってあげる」と言ってくれるかもしれないが、コは自分の卑怯さに震える
しかし、結局、涙でくしゃくしゃになりながら事情を話す

叔父:
君は約束を破り、絶交されても仕方ないことをしてしまった
後悔ばかり押し寄せてくるなら、一度考えるのを止めてごらんよ
考えられないことを考えるのをやめれば、足をとられないで
今、自分がしなければならないことに向かっていける(心理学みたい

コ:今すぐ手紙を書いて正直に謝らなくちゃ



9、石段の思い出
友だちに宛てた手紙を母に出してもらう
母はコのそばで編み物をしながら、20年も経つのにいまだ忘れられないことがあると話し始める





女学校に通っていた頃、湯島天神下の石段で、おばあさんが荷物をもって難儀そうに階段をのぼっているのを見て
次立ち止まったら「荷物を持ちましょうか」と声をかけようと思いつつ
結局登りきってしまい、どうして行動に移せなかったのかと情けなくなった

母:
でも、そんな自分に今はお礼を言いたいくらいなの
少しでもきれいな心がわいたら、今度こそそれを生かさなきゃって背中を押してくれるから


今までとは違う涙を流しているコに叔父から頼まれたノートを渡す母

(ここで初めてノートを読み始めたのかな?


「人間の悩みと、過ちと、偉大さとについて(おじさんのノート)」

“人は自分を哀れなものだと認めることで偉大さが表れる
 「樹木は自分を憐れとは認めない」というのは真理だ”

(樹はそもそも憐れじゃないからでは? ヒトを憐れんでいるかもしれないけれども

それは王位を奪われた国王の哀れさだ
彼が悲しいのは、本来王位にあるべき身がそうでないからだ

本来、人がもともと1つしか目がなければ、片目を悲しむ者はないに違いない
むしろ2つ目を持っている者を悲しむに違いない


人間の悲しみや苦しみの意味は?
子どもは子どもなりに、大人は大人なりに、いろいろな苦しいことに出会うが
そのお蔭で本来人がどういうものか知ることができる

体が丈夫なら、僕たちは内臓が体内にあり、大事な役割をしてくれていることを忘れてしまう
体の故障に気づけるのは痛みが生じるお蔭なのだ

人が本来、調和して生きるべきでないなら、なぜ人は不調和を苦しいと感じることができよう

みんな自分の才能に応じて働いてゆけるのが本当なのに
そうでないからそれを苦しいと感じる

辛く感じる時、人間が本来そんな惨めであってはならないからなんだ

自分勝手な欲望が満たされないとか、見栄にこだわって苦労している人もいる
それはつまらない欲望や虚栄心を捨てれば、同時になくなるものなんだ

それは人間だけじゃない 犬や猫も怪我をすれば悲しそうに鳴く
痛み、餓え、渇きなど、ヒトも動物も変わりない
だから牛、馬にも、同じ地上に生まれた仲間として共感したり、愛情を感じる

同じ苦痛でも人間だけが感じる、最も辛いことは、損得でなく、道義の心から、
自分が取り返しのつかない過ちを犯してしまったという意識だ
それを認めるのは本当に辛いから、みな言い訳を考えて、認めまいとする

しかし、それを男らしく認め、苦しむことは人間だけが出来ることなんだ
人だけが何が正しいかを知り、行動を決定する力を持っているからこそ反省し、悔いる
自分の理性に従って行動するだけの力があったのにと考えるからだ

(他の動物はヒトが悔いるような戦争や無差別殺人などはしないからねえ

過ちを辛く感じることの中には立派さもある
道義に従って行動する能力を備えた者でなければ辛くはならない

人は誰でも過ちを犯す
だから、お互いに、正しい道に歩く力があるから、苦しみもあると自信を汲み出そうではないか

またゲーテの格言を出す叔父
僕たちは自分で自分を決定する力を持っている だから誤りから立ち直ることもできる



10、凱旋
コは叔父がずっと自分を見守り、ノートに書いていてくれたことを知り
このノートの中にもう一人の自分がいるような気がする



“僕、明日からまた学校行くよ”

玄関を出ると浦川くんがいて、無視するどころか
自分が休んだ時は勉強を教えてくれたのに、自分は何も出来なくて申し訳ないと謝る
手紙を読んで、返事を書こうと言ったが、ガッチンがイヤだと言ったと聞く



仲間たちに気づき、コは恐れからまた背を向けるが
ノートの力に押されて、キチンと謝る
コ:仲直りできなくても、僕はずっと待ちます

ガッチンが返事を書かないと言ったのは、文章を書くのが苦手だから
学校に来たら直接話そうと決めていたと知る

(自分が「たぶん、こうだろう」と思ったことは
 実際確かめてみると違っていることが多々ある
 世界は1種類だけど、みんな自分の色眼鏡で見ている
 自分の「思い込み」から抜け出すには「気づく」ことからなんだ

ガッチン:コのいない学校はやっぱりつまらない



11、春の朝
叔父の家を訪ねると引っ越した?
その後も何度もノートを読み返すうち、叔父が自分をコペルくんと呼んだのは
賢いという意味でなく、自分中心にならないよう、忘れさせないようにってことに気づく

“でも、だとしたらこの世の中は、何を中心に回ってるの?”

学年末試験が終わる

コはノートを開き、中の自分と話す
父と叔父の約束のこと

通りで叔父に会い、ノートを返す
コ:いつか僕みたいな奴が現れたら、その子に渡してよ

叔父は今、出版社を回っていて本を出すかもしれないという

叔父:もしそれを読んで、何かに気づいたり、行動を起こす力がわくようなことがあれば、それはコのお蔭だ

コはもう一度、銀座が見渡せる場所に行こうと誘い
叔父とここで話してからノートを書き始めたなら
僕もここからノートを書き始めると言う

コペルのノート:
世の中を回す中心なんてないのかもしれない
太陽みたいに1つの存在が回してるのではなくて
「誰かのために」という小さな意志がつながって世界は動いている





長い話もひとまず終わりです
最後にみなさんにおたずねしたいと思います
君たちは、どう生きるか

吉野源三郎




うん、スピリチュアルやら、いろんな角度から見て
そんな言葉や概念がなかった時代でもこうした本があって
世界中にも同じことを考える人がいるなら真実だ

ヒトは、自分が何者かを確かめるために、今、ここ、にいる
ただ、それだけなんだ

やっぱり、いつかもう一度紙の本で読んでみたい
画像が粗くて読めない字も多かったし
できれば原書のほうがいいだろうけど、難しそうだし



コメント

楳図かずお 『こわい本 闇のアルバム』ASスペシャル

2018-05-12 15:42:33 | マンガ&アニメ
2016年初版 朝日新聞出版



「楳図かずお」さんカテゴリーに追加

コレを買ったのはいつだったか?

コンビニで楳図さんのマンガが500円ワンコインで買って読めると喜んで買ったはいいが
そこらへんに置いておくだけで怖い
背表紙だけで怖いため、しばらく目の届かない所に置き直したほど

楳図さんを初めて読んだのは、小学校か中学校くらいの時か
ホラーマンガ、ホラー映画が好きで、夏になると書店に真っ黒に並ぶ平棚が嬉しかった

中でも今でも記憶にあるのは、美少女の眼(額だっけ?)に異物が入って
病院に入ったら、初めて来たのに看護婦や医師が恐怖で震え、手元が狂ってしまう

後で知ったが、昔、少女とうり二つの美少女が来て、手術を失敗して
顔に出来た傷を治してくれと何度も執拗に迫られ、後に自殺したとかいう話だった気がする

最近、楳図さんとファッション業界がコラボして、自分の選んだ恐怖の絵で
Tシャツなどがデザインできるってとても惹かれるけれども、怖すぎて着れません・・・





本書は短編集の『闇のアルバム』と、その他6作が収められている
短いものはほんの数ページ それでもストーリーとして、作品として完成度が高いのが凄い
中篇ものは、怖さよりも哀愁といった感が強い

怖いくらいに美しく整った顔の女性が特徴的だけれども、
醜さから生まれるストーリーには、計り知れない悲しみがあるのも独特


【内容抜粋メモ】

『闇のアルバム』 1974年『ビッグコミック』連載



洞穴の女
男が洞窟に入ると、美しい女が全裸で誘い、何日か過ぎて
男が帰ろうとすると化け物に変わり、逃げようとしているのを妻が見つける
男は開いている入り口とは逆のほうを一生懸命に手で掘っていた

電話
夫の出張中にセールスマンと過ごしていると、夫から電話があり
誤魔化すと、天井からかけていた

バー“ラララ”
つまらない男だとバカにされている浦井は、バー“ラララ”に入った途端チヤホヤされる
同僚に話しても信じないため、連れていくと、あんたなど知らないと言われる

しあわせの日々
夫が自分たちはどうしてこんなにも順風満帆に幸せなんだろうと毎日聞くため
妻はこれが夢だと気づいてしまう
目が覚めると、貧しい家で、自分も夫も親も病身


女を殺して崖から捨て、恋人を家まで送るが、いつものように手を振らないのをフシギに思う
男が運転していたクルマには、殺した女を縛ったはずの縄が絡んで、恋人が引きずられていく

空より
男はハムテレビで美女が助けを求めているのを見る
空に黒い穴が開き、毎日迫ってくるのだと言う
互いに好きになり、女はUFOに乗って脱出し、地球にやって来るが
山より大きい体だったというオチ

井戸
食べ物の中に女の長い毛が入っていたり、前に結婚を約束していた女への婚約指輪が出てきて
男は井戸の中を覗く
翌日、妻は夫は昔の女のもとへ行ったんじゃないかと言って、井戸を埋めてくれと女中に頼む
(謎が多いけど、男は井戸に女を埋めたの? それを知った妻が夫を井戸へ落としたのか?

来客
美人だがただならぬ様子の女から道を聞かれて教えてから
近道をして帰ってきた妻 隣りの家から妻を刺し殺した女が出てくる
嫌な予感がして表札を取り替えたと夫に話す
(浮気をされていたかもしれないのに、家庭を壊されたくなかったのか、すごい瞬時の判断!

小さな出来事
誰も見向きもしない地味な事務の女は、何気なく薔薇の刺繍をスーツに入れたが誰も気づかない
その後、その刺繍に気をとられたせいで交通事故で恋人が死んだと泣き叫ぶ女が来る

火事
デパートで火事が起き、屋上に逃げた夫婦
夫だけが助かり、妻を助けられなかったと病院で泣いていると、妻が来て全部ウソだという
男の足には、おいすがった時の妻の手がしっかり残っている


共働きの夫婦 夫の母が弁当を作り、夫は妻の弁当を持ってきたことに気づいて
中を開けてみると蛾が入っている 仲良さそうなのに、2人はケンカをしているのかと心配になり、
家に戻って、弁当を換えて妻のあとを尾けると、ランチで普通に蛾入りの弁当を食べていた



背後の影
醜くなった危篤の妻が、真珠のネックレスの女性を見たと言って死ぬ
夢の通り、夫には恋人がいて、部屋に入ってくるが、夢には続きがあり
恋人の背後から死んだはずの妻が首を絞める

見知らぬ女
男は乱暴なクルマにぶつけられたせいか、家に帰ると妻が別の女になっていて
警察を呼ぶというと、女は妻なら2人で殺して壁に埋めたでしょ、と見せる

首飾り
美しくもの寂しげな美女に惹かれて、なんとか交際を求めても拒んでいたが
とうとう愛してしまったが、愛した男は首飾りにして永遠に自分のものにしたいのだと
首にさげた小さくミイラ化した男たちの首を見せる その男も首飾りにされてしまう


夫婦でボートで漂流して、やっと陸が見えると、妻を海に突き落とす夫
妻はその後、船で助けられるが、ショックで「私には海しか見えない」と言う
その頃、夫は見えたはずの陸が見えず、まだ漂流している

墜落
墜落する夢ばかり見て、いつか現実になるのを恐れて、高い所を避け
地震のない外国に引っ越した男を周りは笑うが、
同じ頃に銀河は謎の黒い空間に落ちつつあった

見知らぬ男
電車で知らない女性から見つめられ、そのままホテルに誘うと
自分と結婚してくれないと困るとナイフで脅される
婚約者がいるから困るというと、股に男の顔にソックリな大きなアザがあり
これのせいで結婚を断られ続けたから、あなたのほかにいないと言われる

再会
ロケットに乗った恋人の男女は、別々に緊急脱出しなければならず
何億年かかってもまた再会しようと誓う

男はまだ何もない星(たぶん地球)に自分のたんぱく質を流して
それが様々な生物に進化していく

女が来た星は文明の誤りで滅びつつあり、前から恋人に似た男が
ボロボロになって這って来るが、あまりに空腹だったため、男を殺して食べてしまう

(こうしたSFものも時々描いてたのね 『14歳』もそうか


貴族の屋敷に幸運をもたらすという白い蛇が現れて喜ぶが
民は飢饉、疫病などが重なり、貴族の生活は贅沢なまま
部下が蛇のせいだと刺し殺すと黒く変わる
黒い蛇が白く化けていたのか、世を救うために現れたのに殺してしまったのかは分からない

隣の人
マンションの隣りに美人だが影のある女が引っ越して来る
妻は夫に話すが興味のない様子
彼女が独り身と分かり、どちらが幸せか比べるようになる

ある日、急に遊びに来て、楽しく喋るうちに夕方になり
公園で遊んでいた息子が貯水池で死んでいるのを見つける妻
(これも謎が多い 夫の浮気相手かも

発作
ホームにいる女を発作的に突き落とした妻
夫が大阪で飛び込み自殺があったという話をしてから
実は別れて他の女性と結婚したいと打ち明ける
「それは大阪の人でしょう?」




再婚し、妻の娘が自分に馴染まず悩む男
娘は亡くなった父親の鞄をいつも持ち歩いていて
中には再婚相手の心臓が入っているという
気になって、転んだ隙に見てみると、自分の心臓がドクドクと動いている

予告
これから結婚する2人が科学者に未来を見たいと頼む
見た後、記憶は消えてしまうと言う科学者 気づくと時間が過ぎていて、もう見たのだという
その後、2人は結婚し、幸せに過ごすが、ある日、夫は妻を驚かせようと早く帰る
でも、ドアノブを開けるのをなぜかためらう

終末
地味で顔もよくないが、女は男を愛していて、2人の平凡な日常が最上の幸せだった
ある日、「愛しています」と言うと、男は「薔薇が喋った!」と恐怖で鉢を壊してしまい
植物の生まれたばかりの意志は終わる


本 1968年『プレイコミック』掲載
平凡な男は、上司から紹介された可愛い女性と見合い結婚し、毎日幸せだったが
妻の指に赤いアザができ、医師から悪性腫瘍で全身に広がり助からないと言われる

絶望した夫は、可愛い妻が痩せて醜くなる前に楽にしたいと絞殺する
死体を布に包んで運ぶのを、同じマンションの男が見てしまい気になる



その後、夫はひきこもり、毎日同じ本ばかり読んでいることに気づき
気になって部屋に侵入して読むと、とんでもなく面白いとひきこまれる
そこに夫が来て、岩で殴り殺される

その後、本にまでアザが広まり、夫は絶望する その本は妻の皮膚で作ったものだった
夫は本に火をつけ、自分も一緒に火事で自殺する


ダリの男 1969年『プレイコミック』掲載



醜く、内気な男は、憧れの少女から「醜い」と言われたことがショックで
さらに陰気になり、人目を避けるように暮らしてきた



ある日美人に想いを寄せ、ある計画を思いつき、フシギな家を建てる
彼女は結婚したが、夫は工事現場から落ちて亡くなり
男は多額の借金を肩代わりして、家に入れると、中はとてもグロテスクでショックで倒れる女





その家に閉じ込めてしばらくすると、女は慣れてきて、外に出ると倒れてしまうため家にひきこもる
ようやく、醜い男に愛情を注ぐが、彼女の趣味がすべて歪んでいることに恐怖する男

その家は、男の醜さに慣れるよう、少しずつ歪めて造った家だったが
それに馴染んだ女は、自らの顔や体も歪み始めて、それが美しいと思うようになった

実は、男は平凡な顔立ちで、自身を醜いと思いこんでいただけだった


凍原(ツンドラ)(この殴り書いたようなタイトル文字もステキ
いつものように出勤した夫を見送り、いつも通りのベルの鳴らし方で
夫だと思ってドアを開けると、覆面男が入ってきて、ナイフで脅され、レイプされそうになり
指を齧り取って、男は痛みで逃げ出す



妻は夫が帰る前に血の跡などをすべて片付ける
帰ってきた夫は顔色が悪く、ポケットから片手を出さず部屋に行ってしまう
夜も唸る声が聞こえ、もしやさっきの暴漢は夫だったのでは?でもなぜ?と疑う妻

翌朝、やはり病院へ行くという夫を尾けると、電車に手を出して、
すべての指を切断する夫 助けを呼ぶ妻

(ワケが分からない 夫の異常愛か? 助けてあげる妻も複雑だ・・・


残酷の一夜 1969年『少年キング』掲載



子どもがなかなか出来なかった夫婦に第一子が産まれて喜んでいると
謎の男が現れ、その子はヒトラーのように世界を破滅させるから今すぐ殺したほうがいいという

その証拠に未来が見えるこの箱の中を見ろという
半信半疑で見ると何も見えず、男を追い返す



その後、すくすくと育つ男の子だが、次第に残虐性を表す
カエルを八つ裂きにしたり、猫が腕を噛んだとバラバラにしたり

青年になると、付き合ってた女性が自分を怖がって避け始めたという理由で
髪を引きちぎり、そのまま行方知れずになる

その後、あちこちで殺人事件などが頻発し、あの謎の男のことを思い出す両親
夜中に息子はすっかり変貌して戻ってきて、父母を殺す



気づくと箱の中を覗いていた夫婦 男は「これで分かったでしょう」と
幼子の息の根を止め、部屋から出て行く


首 1979年『プレイコミック』掲載
男は娘婿として結婚したシホ子が高慢で、自分に冷たく当たるが、それでも心底愛してしまう



シホ子は隠しもせずに浮気を重ね、ある夜、男はシホ子を轢き殺す
タイヤは首を切り落としていて、あたりを探しても見当たらなかった

その後、平凡な直子と結婚するが、首がどこに消えたのか気がかりで仕方ない
ちょっとした膨らみや、容れ物の中身まで気になるようになる

直子が妊娠して喜ぶが、お腹が大きくなるにつれて疑惑が大きくなる
家で助産婦に出産させると、案の定産まれたのは、シホ子の首

シホ子の白骨死体が見つかり、参考人として行くと、ちゃんと首があるのがおかしいという男
直子は気が狂い、産婆はショック死する
あの首は男の観念が作り出したものか、誰も分からない


谷間のユリ 1972年『女性セブン』掲載



地味で、目立たない女は、会社に入っても誰からも気づかれないほどだが
同じようにカッコよくなくて、地味だが優しい社員を好きになり、毎日見つめるようになる



彼がずっと独り身なことを望むが、美人で性格も良いイズミと付き合いだして絶望し
彼女の顔に硫酸をかけてしまう



2人は結婚する予定だったが、自分の醜くなった顔を見たイズミはショックで号泣する



その後、女は退職し、自分の顔にも硫酸をかけて、イズミと偽り、男に会う
男は避けると思いきや、優しく受け止めたため、別れを告げて去る
男のもとにイズミが自殺したと聞き、さっきの女は誰だったのかといぶかる

女は一生醜い顔のまま、罪を背負って生きていこうと決心する



コメント

『ニャ夢ウェイ4』

2018-02-27 14:22:55 | マンガ&アニメ
『ニャ夢ウェイ4』
松尾スズキ+河井克夫 as チーム紅卍/著

『ニャ夢ウェイ』

『ニャ夢ウェイ3』

「マンガ感想メモリスト1」カテゴリー参照

『ROCKIN'ON JAPAN』の連載をまとめた1冊 もう4巻目なんだ/驚

今回の主役は、オロチさんがいなくなり「猫いなさ感」に堪えられず、
思わずペットショップで買ったチースくん・・・

のはずだけれども
いろいろクセの強い元外猫オロチさんに比べると、
育ちのせいか、性格の違いか、とっても大人しいコなのね



ネタが少ないせいではないと思うけれども、途中から脱線して
けっこう下ネタが多いのが苦手なんだよな

読むほうにも「ネコ感」ください!と思っていたら、
だいぶ以前に、元同居していた女性にあげてしまった、という衝撃のオチだった/驚

可愛い写真を見てで癒されよう








【内容抜粋メモ】

ペットショップで買ったチースくん オロチさん似がポイント



あまりに元気がないから医者に診せたら「栄養失調」と言われた
(だからペットショップって・・・ それは罪に問われないの?

その後、無事に元気になり、お風呂場にもトイレにもついてくる
すぐに成長して「猫の一番いいとき超短い!!」
(私は、大人猫のほうが好きだけどな


ペットショップvs譲渡・里親探し

飼い猫の平均寿命は15年 外猫は5年

オロチさんも元は外猫だった
近所の動物病院の前に「飼い主を探しています」という貼り紙があり
そのURLをPCで見たら、可愛い「猫市場」状態で、そこでひと目惚れしたのがオロチさん




「捨て猫ボランティア」からもらう時には厳しい審査がある
猫を飼える環境かどうか、家に来て、年収まで根掘り葉掘り聞かれ
マンガ家の河井さんは諦めて、外猫の餌付けに走った


11ヶ月で去勢手術
その後、甘え癖がついて寝不足になった部長




オロチさんとの違いポイント
人みしりの激しかったオロチさんと違って、カメラ撮影、ルンバ、掃除機も全然へーき
だからって、背中にガムテはちょっと・・・

「自動トイレ」って初めて知って、けっこう衝撃/驚
猫が入るとその重みでセンサーが反応して、5分後に砂をかき出し、フンが収納されるって!


されるがままタイプのチースくん
主に1日の大半を窓から外を見て過ごしているチースくん

かなり「されるがままタイプ」だけれども、1つだけ譲れないものは「爪とぎポール」
部長が近づくと、研がれるのでは?とガリガリが増すww




マチース誕生
オロチさんと部長が合体した「マツオロチ」が好評だったため
その芸を学びたいと頼むチースくん
「マチース」に変身するが、集中力が低下すると猫に戻ってきてしまうw




チースは存在しているか?(もう早々、この辺から雲行きが怪しいような?w
「カルミン」てなんだろう? 固いラムネみたいな?
河合さんは、オロチさんには会っていたが、チースくんのマンガは主に写真を見て描いている模様


大きな子どもがベビーカーに乗ってる違和感は私も時々感じることがある
今の子は発育がいいから大きく見えるのか、なにか事情があるのか
本人が「母親に言うタイミングを逃したから」って可笑しい


サブカル鬱
吉田豪さんの本で「サブカル鬱」のインタビューを受けた部長(この言葉も初耳
ほんとにキツかった時期だが『ウルルン滞在記』のナレのお蔭で元気になれた

猫もとくにオス猫は、ストレスがたまると血尿が出たり、膀胱炎になる

そこでチースくんにも「ストレスチェックシート」に記入してもらったら、すべてにチェックが入ってる
その質問項目が可笑しい

クドカンのドラマが始まるとすぐチャンネルを変えるのは大人気ない

逆に宮崎吐夢さんが端役で出ているとゲラゲラ笑う

グル魂のライヴに呼ばれなかったことを意外と根にもっている



河合さんが初の脚本映画『ゾンビデオ』
一方、『クワイエットルームにようこそ』以来、芝居ばかり演っていて映画に出ていなかった部長
(この映画の主演が内田有紀さんだったんだね かなりブッ飛んだ役だったような?


しゃくれ美人
牧瀬里穂、キーラ・ナイトレイの中に綾瀬はるかちゃんまでいて、んん?てなった


本誌リニューアルのせいか、4ページに縮小


『にゃまちゃん』
『あまちゃん』に出演した時の裏話



大河『八重の桜』の隣りのスタジオだったため、綾瀬はるかちゃんにも会ったとか

(似てないなあw


大人計画のメンバーもたくさん出ているから、スタジオで良々やバイトくんに会った時は気まずいとか/爆



プロデューサーは石田ひかりさんの旦那さんだとか/驚


猫の手線 乗ってみたい!!
駅員がみんな猫で、遅延が多く、みんなメンタルが弱いから、
ちょっとした残念顔にも失神して運ばれていくスタッフww






「乗せ返し」(これって動画で観たことある!




部長の「人見知り」
漂流10日目の設定で、運よく船が通りかかるのに、
乗っている人を見て、ムリだと思い、思わず「大丈夫です!」と言ってしまうってw

最後に来たのは三谷幸喜さんで「無理ーーーーー!」爆
たしかにいつもタキシード着てる気がする




部長が再婚 河合さんからネタを求められるがない
元ツマコさんがキョーレツなキャラ過ぎたのでは?w

「よく犬に噛まれるのを自慢する」とか
「自転車にはねられて、血だらけのまま居酒屋に現れた」とか

再婚した方はごくフツーの方で、目立つのが嫌いなためマンガには登場せず


8年ぶりの新作映画『ジヌよさらば』
撮影で行った福島の猫事情

映画にも猫が出るから福島で調達しようとしていたら
役場の方の飼い猫がいるというので連れてきてもらったらオロチさんソックリ

でも、フツーの猫なので演技が出来ず、イライラして「猫だめだチェンジ!!」と叫んだら
たまたま取材に来ていた地元のテレビのニュースに「松尾監督、猫にキレる」と流れた

その後、ペットショップに行き、店にいた子猫が昔のーチースくんソックリ

そんな中「ラーメンを食べる猫がいる」という衝撃のネタをつかむ
地元の人に勧められた喜多方ラーメン屋に行ったらフツーに美味しかった話になる



で、肝心の「ラーメンを食べる猫」画像はこちら
河合「これ中身ラーメンなんすよね?」




サブカルコーナーに置かれる『ニャ夢ウェイ』
10年以上連載していてキャラビジネスに結びつかないのはおかしいと
流行りの「LINEスタンプ」を部長自身で描いてみた



河合「汎用性がない ぜんぶ一過性じゃないですか」


「春のギョウジナジウム(寄宿制の行司養成学校)」
えっと・・・まさかとは思うけれども『風と木の詩』的なかほりが




サンゴ礁を見に来たのに・・・
ウミガメさん可愛い



海中で以前、短期間勤めていた同僚に25年ぶりに会って、まったく思い出せないのに
相手は一方的に自分のその後の波乱万丈人生を長々と話し出してしまう


チースが出てこない
そこそこ前に別れた昔の恋人に愛猫チースをあげてしまったととうとう告白
代わりに家にある猫の置き物で描いて欲しいという難題(たしかに可愛いけど




部長が猫に
「新・ニャ夢ウェイ」として、猫になりきった部長を見て描く河合さん
「正直、猫をかわいく描くの得意じゃなかったんで」て今さら!



そこにフェス方面に異動した編集担当者・小松女史が現れて
「ニャ夢ウェイ、今回で終了です」と告げる

「皆様、13年間ありがとうございました」て去る姿が寂しい・・・




【総括座談会】
なるほど、河合さんてこんな方だったのね マンガと似てないなあ



坂本美雨さんて、伊藤大地くんがツイッタで時々ライヴ告知してた人か?
父親は坂本龍一さん、母親は矢野顕子さんって、そんなスゴイ人だったのか/驚←今ごろ

『ネコの吸い方』(幻冬舎)
猫の体中を吸うほど好きって・・・元ツマコさんも吸っていたそう

河合さんが、千葉の「猫(にゃん)だ!PARK」ていう
猫100匹放し飼いしているところに昔取材に行った話をして
なんだその施設は!?今は潰れていそうなかほりがすると思っていたらやっぱり閉店してた

最初からムリがあるって気づかなかったのかなあ・・・
にこたまの「いぬたま・ねこたま」ですら、バブリーな時代とともに消え去ったし

「ねこたま」「ナムコワンダーエッグ」@二子玉川(1997.9.14)

ぶくろの「ナンジャタウン」がラーメンやスイーツやら餃子とかでなんとかつないでるのが奇跡

ナンジャタウン@池袋(2002.3.1)


ペットの親権問題は、裁判ですごい泥沼化するらしい(!
最初に契約を交わしたほうがいい


多頭飼いの注意
坂本さんの家には2、3匹いて、実家には4匹いて隔離して飼っていた


『ニャ夢ウェイ』制作秘話

河合:
松尾さんから原作が文字で送られてくることが多いが
気がむくと全部絵を描いてきて起こすだけの時もある
いろんな他人の絵のタッチを描いたけど、頑張っても描けないと分かった

陸奥A子さんも初耳

河合:3巻はパロディが多い 今だから言うと、結構猫がいない時期が長いw


看取りについて
部長:今、オレ52歳なんだけど、0歳のやつを飼ったとしてどっちが先だとか思うと・・・

坂本さんは大人猫の魅力も勧める

「いろんなとこでボランティアとかしてると、被災猫は、ほんとにサバイバルして大変な目に遭っているが
 里親が見つかると、顔が変わって、ごろっごろになる子もたくさんいますよ」


部長:看取るのもなんかねえ・・・

河合:環境は整ってるわけですもんね 世話する人(奥さん)いるわけですから

(新妻さんも猫好き? ならいいけど、なんか、子どもが拾ってきて
 結局、ゴハンやったり、散歩させたり、フンの始末やるのはお母さんみたいなよくある構図が思い浮かんだ

坂本:
実家の猫は母が看取って、いろんな人たちが看取ってきた例をそばで見て
自分ならどうしようとか、猫ネットワークの中で亡くなる子たちもいて、他人の子の気がしない

部長:
なんか・・・猫になりたい
結論としては、オレは猫を飼いたいんじゃなく、猫になりたかったんだな
女の人に渡してきたのも、自分が看取る覚悟ができてないのもあったかも

***


ペットロスは想像出来ないほど辛そうだ・・・
だからといって昔の恋人にあげるって、新妻さまの心境が気になる

河合さんは、マンガ家デビューより、『愛の罰』などの大人計画作品に役者として参加して
映画『恋の門』にも出演! 知らなかった

4巻を読み終えた流れで、3巻も読んでしまった
連載は猫がいなくなったから終わったのかなあ?

やけに1コマが大きいのは、連載のサイズを単行本サイズに引き伸ばしたからか?
それともネタの問題?

ウミガメの絵の緻密さと普段の絵のギャップもスゴイ
マンガ家さんて、いろんな引き出しがないとダメなのね

看取るのが怖いなら、一軒家に住んで、外猫さんのお世話をするとかは?!
遊びたい時に遊べて、1人ずつ去勢手術をしてあげたり
去勢手術自体、ヒトのエゴだってこともあるけど

部長がツイッターで「このコの里親探しています」て書けば、すぐにでも見つかりそう


今のペットは長生きするから、今から0歳のコを飼っても全然へーきじゃないかな
なにも考えずに飼う人よりは、そこまでちゃんと考えているのは、さすが猫好きさん

今は「猫いなさ感」に苦しんではいないのかな?
新妻さんがいて幸せそうだから寂しくはないのか






コメント

トトロの森を守る@ナショナル・トラスト

2018-01-19 14:56:51 | マンガ&アニメ
ナショナル・トラストで美しい日本をとりもどす

さかなクン「第35回ナショナル・トラスト全国大会」@池袋ビズ(2017.12.16)

東京オリンピックに便乗した中野サンプラザ解体・大規模再開発のもとで破壊される「平和の森公園」

これだけツイッターで拡散されているのに、ネット検索してもトップに出てこないし
テレビでの報道もまったく見かけないことに恐怖を感じる どこの圧力か

これまでも、たった今も、どこでも自然破壊は行われている



トトロの森を守り、後世に伝えたい 狭山丘陵は緑の孤島




●狭山丘陵全体図




●クロスケの家




●ご支援ください




公益財団法人 トトロのふるさと基金

会員になる

寄付をする
会費や寄付金は所得税の控除の対象となります

トトロファンドグッズを購入することが森の保全につながります

ボランティアに参加する
下草刈り、倒木整理などの森の手入れ作業、クロスケの家での事務作業などがあります


詳細はお問い合わせください
〒359-1164 埼玉県所沢市三ヶ島三丁目 1169-1
電話:04-2947-6047
FAX:04-2947-6057
E-MAIL:office@totoro.or.jp


コメント

『恐怖新聞』9(少年チャンピオン・コミックス 全9巻)

2017-10-15 12:41:59 | マンガ&アニメ
『恐怖新聞』9(少年チャンピオン・コミックス 全9巻)
つのだじろう/作(昭和50年初版 昭和60年37版)

「マンガ感想メモリスト2」カテゴリーに追加しました。


あらすじ(ネタバレ注意

「他人の顔」(8巻のつづき 最終話
礼が行方不明になり、両親は捜索願を出す
警察は小泉霊媒に事情聴取しても話を信じない

紫光山でM6.8の局地的地震があったというニュースが入る
小泉は香具耶らが行った場所ではと疑うが、警官らは丸一日かかる場所であり得ないと否定する

クラスメートの浜田は礼の姿を見かけるが消えて、血痕が残っている



紫光山霊場近くで、倒木の下敷きになった香具耶が発見されるが、
礼は見つからず、大量の血が滝のところで消えている

その夜、浜田に新聞が届く



ポルターガイスト:オレは今夜の配達を最後に心おきなく霊界に行けるんだ!

翌日の授業に礼が現れる
浜田「新聞は絶対ウソはつかないと言っていた」と後を尾けると、目の前で消える

礼は悪霊に連れられて滝に戻り、死神と話し、自分の死体を見る



死神は魂の緒を切る役目だが、霊洞の中は冷蔵庫のようで、死体が腐らないうちに
礼にとり憑いた悪霊と約束して、生き返らせてもいいと言う

礼:助けて! できることならなんでもするから!

霊団のかしら



命を助ける代わり、クラスメート全員を殺して、「牛頭馬頭」らにくれると約束を迫り、現界に戻される

「牛頭馬頭」体はヒト、頭は牛、馬の姿をした地獄の獄卒のこと

礼は自分の部屋に戻るが、体の酷い傷はそのまま
約束を破れば、死んで霊になっても永遠の苦しみを味わうと脅される

再び登校してきて、様子がおかしいと疑う浜田を殺そうとする礼
クラスメートに話すと、戦争に行った父から聞いた似た実話をする男子学生

中国に戦争で行った時、同じ兵舎にいた隣りの部隊が南方に出陣して見送った
その夜、兵舎に帰る部隊を窓からみんなで見たが、部屋に入ると消えていく
その頃、部隊の乗った輸送船は、敵の爆撃をうけて撃沈し、全員戦死していた




男子学生が「礼の捜索隊を作ろう」と言い出す
夜遅くに外に出た礼の後を追うと、墓場で霊と話す礼
生徒には人魂しか見えない

礼:僕にはできない!

霊:
今の世の中は自分勝手で、自分さえよければ、人を押しのけてもいいと考える奴が多い
クラスの友だちが死んでも、お前が不幸になるわけじゃない 証拠はオレたちが消してやる
今度、学校のレクリエーションでバス旅行があるだろう そのバスを谷底へ転落させよう

霊と話しているところを見た生徒5人は、金縛りにあい、墓石の下敷きになって死んでしまう
礼は事情聴取を受け、正直に話してしまおうとするが、口が勝手にウソをつく
重い墓石を子ども一人の力ではムリだと帰される

霊は礼のエクトプラズムを利用して殺したと話す
霊:早くやらないと、お前の体は腐り始めているぞ! 明日、実行しなければ、お前は死ぬ

礼は腐った体を隠してバス旅行に参加する



九十九坂は、片側は山、片側は断崖絶壁なので気をつけるよう言うガイド

霊:
ちょうど先日の豪雨で崖の路肩が緩んでいる そこにバスのタイヤがのめりこんだら、
バスは真っ逆さまに転落し、クラスメートは全員が即死し、お前だけが助かる


車内で腐った臭いがして耐えられないとバスをいったん停める
その間に亀裂まで走る礼 死にたくはないものの、バスに「来るな!」と叫び
寸前でバスは停まり、礼は崩れた崖下に落ちる



女子:鬼形くんが自分を犠牲にして私たちを助けてくれたのよ

礼の死体は崖下から発見されなかった



バスの事故は礼の美談として書かれる
生徒は礼が落ちる途中で消えたと言う


香具耶:鬼形くんは死んだわ 崖ではなく、紫光山地震でよ



「もう一度姿を見せる 世にも奇怪な形で」


死神は礼の魂の緒を切る
礼:なにも悪いことをしていないのに、なぜ地獄へ行かなきゃならないんだあ!

礼は友だちを助けたため、守護神の力で金色の光に吸い寄せられ、幽界(人が死ぬと初めて行く所)に戻される
その後、礼の白骨死体が紫光山で見つかる 捜索した時はなかった

礼の死後、石堂中学には奇怪な事件は起きなくなったが
隣り町の坂元中学の高見光子のもとに新聞が届く



光子:配達している子を見た 中学生くらいの男の子だったわ!



“事故死した霊が、この世の未練が強い場合「地爆霊」になると言われる
 今夜あたり、君のところへ鬼形が新聞を運んできはしないでしょうか?”


<完>



『恐怖新聞 心霊事典』(これまでの復習・まとめのような事典

「霊魂」=幽体(Asttral Body)

幽体の離れ方は、自然死、病死、事故死、自殺、殺人等で違う
死神と呼ばれるものは、自然死でない場合、魂の緒を切る霊のこと


人が死んだら霊魂はどこへ行く?(映画『大霊界』みたい




用語解説

「背後霊」
善霊、悪霊などがいて、その人の一生に影響を及ぼす
もっとも影響を及ぼすのは2つ「主護霊」(心、精神面に影響)、「支配霊」(モノに影響)

「主護霊」=守護霊
大抵、300~600年ほど前に死んだ、その人の夫祖の霊
普通、男には男、女には女の霊がつき、一生を守る

筆者の主護霊を実際見た時のもの 中心は滋賀県の武士



「支配霊」=指導霊(Guide Spirit)
「主護霊」と協力して、趣味・職業を助ける 1人に数人がつく
生前に同じ趣味・職業だったことが多く、祖先・国籍は関係ない
酒飲み、あわてんぼうなどのいろんなクセを持つ(w

これらの霊に操られるのではなく、一番大切なのは本人の意志・考え方
背後霊は良いほうへ導こうとするが影響力は1/3
怠けていると低級な支配霊がつき、努力すれば高級霊がつく

「自然霊」
竜、白狐、天狗など、肉体をもたない霊界の生物 竜の絵は世界で同じ形

「動物霊」
動物の霊 人の背後霊に加わったり、因縁霊として害を及ぼすこともある

「因縁霊」
なにかの理由でとり憑き、害を及ぼす 祟りなど
人の幸・不幸を左右するほど影響力は大きい

「浮遊霊」
幽界にいけず、彷徨う霊
この世に未練があったり、死んだのに自覚がない、恨みがある場合になりやすい
生きている人が亡くなった人を惜しむ念が強すぎると引き戻されることもある

中には悪霊になるものもいて、霊波の似ている人にとり憑き害を及ぼすことがある

(もとはヒトだからねぇ・・・いろんなヒトがいるだろう いい人も、執念深い人も

「自縛霊」(ページによって「地縛霊」になってない? 同じ意味?
幽界にいけず、彷徨う霊の中で、特定の場所に縛りつけられている霊
事故死、自殺した霊がなりやすく、生きている人をおびき寄せる性質があると言われる

「憑依現象(obsession)」
一時的に霊にとり憑かれる現象
狐つき、精神病(?!)、突然の自殺、原因不明の災害などは憑依霊の仕業と言われる

「ポルターガイスト(Polter geists)」=騒がしい霊
モノが壊されたり、人を襲ったり実力行使に訴える霊
希望を知ってほしい、悪意の2種類ある
近くに霊的能力の高い人がいて、そのエネルギーを借りて物理現象を起こしていると言われる

「除霊」
霊と話せる霊能者で、徳を積んだ霊媒と霊との力関係で決まる
二度ととり憑かれないようにするのが目的
霊を説得し、幽界に帰るようしむける
動物霊の場合は呪文を唱えたりして無理やり引き離す

「霊媒」
死者の霊を呼び対話することのできる霊能力者
のりうつってその人の特徴を示すことを「霊言現象」という
「審神人(さにわ)」という助手を使って、死者の家族と対話させることもある

「交霊」
霊と意思疎通すること いろんな方法がある
交霊会は宗教団体などで行われ、部外者は入れてもらえない
ウィジャ盤、プランセットを使う自動書記など
「狐狗狸さん」は、ほとんど動物霊などの低級霊がきて危険





<心霊現象>

「心霊科学」では2つに分けて考える

1.精神的心霊現象(主観的心霊現象)
霊能がある人だけが感じる
霊視、霊聴、霊感、精神感応、自動書記など

「霊視」
霊やオーラ、霊界の景色を見たり、感じたり、予知する現象 「透視」「千里眼」なども含む

「オーラ(Aura)」
ヒトや動物の体から出ている光 色、形、強さはさまざま

「霊聴」
霊の声を直接聞くこと

「霊言」
霊能者に死んだ霊がのりうつって喋ること
恐山のイタコは霊言専門の霊媒といえる

「霊感(Inspiration)」
ふと心に浮かんだり、感知する現象 第六感
大政治家、芸術家、発明家などには霊能者が多く、本人は知らずに事を成しているといわれる

「精神感応(Telepathy)」
2人以上の人が言葉を使わず意志を伝える現象 距離は関係ない

「自動書記(automatic writing)」
霊魂が霊能者や器具を使って、字、文を綴らせる現象
「狐狗狸さん」もこの一種 動物霊、低級霊が多く
簡単な質問は答えても、高級な問題はムリ ウソも多いので注意


2.物理的心霊現象(客観的心霊現象)
第三者にも見え、聞こえるもの
叩音(ラップ)、エクトプラズム、物質化現象、物品浮揚、瞬間移動、念力、念写など

「叩音(raps)」
霊のたてる音 ピチッ、床のきしむ音、蹴飛ばすような音いろいろある
霊が現れる予告、合図という説もある

「エクトプラズム(Ectoplasm)」
人体から出る繊維状の白い綿のような物質
霊媒の鼻、口、皮膚の薄い部分から瞬間的に出て、形、色はそのつど変化する
「霊質」「疳の虫」とも呼ばれる
光に弱く、強い光を当てるとしぼんで、霊媒は苦しみ、数ヶ月、虚脱状態になるという

「物質化現象(materialization)」
霊媒の体から出るエクトプラズムを使い、人と変わらない幽霊を出現させる現象
足や手だけの「部分物質化現象」もある

「物品浮揚」(物品移動)
何の力も借りずにモノが宙に浮き上がったりする現象
アメリカのクロフォード博士はエクトプラズムの仕業と発表し、写真に撮った

「瞬間移動(テレポート、空中浮遊、人体引き寄せ)」
一瞬で空間を越える現象 時間、距離は関係ない

「念力(Psycho Kinesis)」
心で念じるだけでモノを動かしたりする力
外国の超能力研究者の間では、かなり前からP・Kの存在が認められている

アメリカ、ソ連では超能力の研究・開発に莫大な予算を組み
オランダでは、警察の犯罪捜査に超能力者を加え、かなりの実績をあげている
先進国の中で超能力を認めず、国の研究を行っていないのは日本だけ
一部の大学などで始めているが、正式な学問とは認められていない


(ドラマ『ミディアム』も実話を基にしてるしね ※「ドラマのマイベスト」参照

「念写」
光を使わず、超能力者の念で写真を写す現象

世界で初めて発見したのは、当時、東大心理学部教授・福来友吉博士(貞子!
明治43年、四国の長尾郁子が透視能力の実験中に偶然発見された

この発表は、反対派学者の猛攻撃に遭い、翌年、公開実験が行われ
1回目は成功したが、2回目は助手のミスで中止となり
新聞にはトリックだと発表され、それ以来、日本では心霊科学はインチキと決めつけられた

(その他の何気ない迷信は簡単に信じるのにね
 「風邪は人に感染すと治る」とか言うほうがバカげてる

日本の迷信 50 +1 【一覧】

足立区のK少年(12)が離れた所から写した遠隔念写真 ポラロイドSX70を使用



K少年が念写した京王プラザホテルの写真 ポラロイドSX70を使用



「心霊写真(Psychic Photograph)」
写真に、写された人、場所に関係のある故人が写る現象
撮影者に霊感が高い人が多いといわれる


以上 参考文献『心霊科学入門』『ローム太霊講話集』




「地獄村」(まったく別の短篇
残雪の残る赤目ダムにハイキングに行った早津と由紀は、他のメンバとはぐれてしまい山中で迷う
野宿する場所を探すと村を見つける



古い家ばかりで、人気がなく、廃村と分かる
手にそっくりの植物を見て驚くが、椿に発生する「餅病」だと言う早津



ほんとだ手みたい/驚


夜中に得体の知れない者が来て、人のニオイを嗅ぎつけ、早津らを食べようとする



床下には人骨がたくさんある
もうダメだと思った時、朝日で消える

全速力で逃げると村人に会う

「地獄村だ 朝になると忽然と消える 言い伝えでは地獄の死者が舞い戻ると言われる
 登山者らを迷い込ませて、殺し、腐らせて食うのじゃ
 やつらは一度誘い込んだ人間は必ず殺す」

早津:僕らは運が強かったんだ 急いで山をおりよう!

村人に教わった方向には村落はなく、また道に迷う2人


コメント

『恐怖新聞』8(少年チャンピオン・コミックス 全9巻)

2017-10-14 14:40:32 | マンガ&アニメ
『恐怖新聞』8(少年チャンピオン・コミックス 全9巻)
つのだじろう/作(昭和50年初版 昭和58年28版)

「マンガ感想メモリスト2」カテゴリーに追加しました。


あらすじ(ネタバレ注意

「自転車」
クラスメートの山崎が自転車に乗っていてクルマに轢かれて入院した
日曜に一緒にサイクリングに行く約束をしていて、代わりに礼が行くことになる

「気が晴れる」と言いつつ、すごい呪われた顔して大丈夫ですか?



山崎は新品の自転車に乗っていたのに事故ったと聞いて嫌な予感は的中
いきなりトラックが出てきて、礼も入院 自転車はハンドルが曲がっただけ

気になって自転車を見に行くと、タイヤのあとに血痕を見る
あとで知ったが、あの自転車を気に入ったある少女がいて、
お小遣いを貯めて、やっと買おうとした時にクルマに轢かれて死んだ

“モノに死者の念が残り事故を呼ぶことはよくあるようです
 君の自転車には誰かの念がとり憑いてはいないでしょうね?!”

と、また警告型の終わり方



「交霊会」
中神洋介が家で交霊会があるから来ないかと礼を誘う



霊は光に弱いため、真っ暗な中に小さな赤いランプを1、2個つけて行う
「キャビネット」と呼ばれる中に霊媒が入り、エクトプラズム(ネバネバした白い物質
 ヒトの唾液や、爪の成分に似ているという)でいろんなモノを動かす
写真撮影は禁止 エクトプラズムが衝撃を受けて、霊媒が苦しむ

霊媒・木原は体を縛ってもらい、口にテープを貼ってもらい、トランス状態に入る
エクトプラズムが出て、モノを動かすのを見る礼ら

ブリキの筒から霊が声帯を作って声を出す
出てきた霊は、礼のポルターガイスト

ポルターガイスト:
交霊会なんてものは、大抵その霊媒の守護霊が説教などするものだが
今日はオレの仲間で参加者に因縁を持っている奴がいるんでね!





3人の後ろに霊がついて来て、その夜の新聞はその老人が届けに来る
そこには老人は中神家の「因縁霊」と書いてある

その時、緑子は老人の霊に苦しめられて気絶していた
洋介は早速、老人について調べに走るが、彼にも老人がついてきて、新幹線を急停止させる

緑子は耐えられないからすぐに除霊をお願いしようとすると、警官に化けた老人が出る
2人は木原霊媒を訪ね、額に手をあて、オーラ(霊光)を出し、自らに霊を乗り移させて除霊しようとする



洋介は、祖父から先祖の話を聞き、2人に話す



「竹之市再生」
中神家の先祖は、江戸時代は武士だったが、主家取り潰しで浪人となった
そこに按摩の竹の市(例の老人)が、去年貸したお金をどうしても返してくれと刀をタカにもらおうとして怒りを買い、
斬られ「七代先まで祟ってやる!」と言って死んだ
当時、武士に無礼をはたらいた町人は斬られても仕方ないとされていた

「七代」とは、子孫全部という意味
子どもの代の血筋は1/2、孫は1/4、七代は1/64で、8代目ともなるとほぼ他人となるため

中神家の4代目(曽祖父)は明治維新で警官になった
「金を返してくれ」とアンマが来て、署の留置場に入れたはずが家に来ることが続いて
曽祖父はノイローゼになり、警官を辞め、その後もひどく苦労した

緑子と洋介は、ちょうど七代目にあたると分かると知って脅える
木原宅に行くと、血を吐いて倒れ、怨念に負けて除霊は失敗

帰り道にもアンマに会い、緑子は道路に飛び出してクルマに轢かれる
激怒した洋介は、礼がアンマに見えてボコボコに殴り倒し、警官に現行犯で捕まってから我に返る

礼は今夜が生死の境と言われて、寝ていると新聞が来て
ポルターガイスト「オレについてくるんだ」

礼の体が急変している中、霊のほうは、死者の行列についていこうとしている
そこには緑子もいて、実際に病院でも臨終を告げられる



家族が名前を呼ぶ声に、礼は意識を取り戻す
(瀕死の人の名前を呼ぶといいと、映画とかで観たことがあるけど、本当なのね



「交霊会」(つづき
東京在住の21歳女性・友田さん(仮名)の実話を紹介

友田さんは、小さい頃からすべての病気にかかり、会社勤めを始めるとますます悪化し、
病院に行っても原因が分からず、霊能者に相談すると、背後には武士の霊が憑いていた

武士:
この方は武州水野家の鶴姫の生まれ変わりだ
わしは許婚の旗本・大森源太衛門

鶴姫はわしを裏切り、新藤又兵衛と恋仲になり、果し合いとなった
わしはめった斬りにされて死んだ 姫は新藤と幸福に暮らした

わしは姫にとり憑き、幽界にひきずりこんだが、姫はわしより早くこの世に生まれ変わってしまった
「自動書記」で友田さんに二度と結婚できないよう綴った

その後、霊能者が大森の霊を諭して去り、友田さんは健康になり、幸福な結婚をした

参考文献『霊障と人生』(書いた黒田みのるさんて同じ恐怖漫画家さん?



「他人の顔」
クラスメートがポラロイドカメラを買ったからと写真を撮ると、礼の代わりに見知らぬ老人が写っている



その後、鏡を見た時、旅行に行った時の写真にも老人が現れる
新聞には何も書かれてなくてフシギに思う礼
思いきって話しかけると、自分は礼自身だと言う



周りから見ると、礼が一人で話しているように見え、礼は道端で倒れる

老人:
私はお前の守護霊 鬼形庄左エ門勝豊
お前についている霊が強くて見ているしか出来なかった 自力で抜け出せ!
鬼形礼はみかけは少年だが、実際は新聞を読んでこのように歳をとっていて、やがて死ぬのだ!


老人は礼の体内に戻る

霊媒に聞くと「複体」を見たと言われる

「私の遠い親戚にあたる女の子を紹介しよう
 小泉香具耶といって、その子も、祖母も代々霊能者で、君を助けられるかもしれない
 いくら霊能者が力を貸しても、君自身の心構えが大切だ」

(この人、けっこう最初に出てきた霊媒者だよね 最初から教えてくれればいいのに



ポルターガイストは除霊を恐れてか、新聞で警告してくる



早速、香具耶に会うと、
「これはすぐ除霊しないと あなたは死ぬわよ!」

白装束に着替え、目を閉じて、手をつなぎテレポートして、遠い山奥の修行場へ飛ぶ

「テレポート(瞬間移動・空中浮遊・人体引き寄せ)」
筆者の知る、現在(発刊当時)日本で一番強力なテレポート能力を持つのは、千葉県銚子出身のIくん(18歳)
人を乗せた船を空中に浮かべたり、アメリカに移動して、アメリカの友人に市内電話をしたりした
東京足立区のK少年は、自宅から筆者のプロダクションまでクルマで1時間かかるところを、10分たらずで来た


香具耶:
ここは霊場(高級霊になるための修行をする場)よ 日本にもたくさんの霊場があるの

13大霊場


2人は滝に打たれて「禊」を始めるが、礼は雑念が多く水の圧に負けてしまう



滝の底には霊がいて、礼を引きずり込む
「とうとうお前の死ぬ時がやって来たのだよ!」

香具耶は守護霊に頼み、礼を連れ戻し、悪霊の入れない「霊洞」に連れ込む

香具耶:
ここで座禅を組み、断食するのです 24時間、水以外は何も口に入れてはならない
ここから一歩も外へ出てはならない 守護霊様に祈るのです
私は霊場で除霊のお祈りをしますから



ポルターガイストは霊洞に入れず、香具耶の「真言」に苦しみもだえる
礼は座禅を組んでいても雑念が払えない

そこに香具耶が悪霊にやられたとボロボロになって来る
おぶっているところを本物の香具耶が見て

「まだ君の体を清める修業をしていて、除霊にとりかかってもいないのよ!
 こうなってはムダになってしまった 多少の危険覚悟で除霊を試みなくては!」

ポルターガイストは、礼のエクトプラズムを自分の力に利用する



香具耶:このままでは鬼形くんが先に死んでしまう テレポートで霊洞へ!

悪霊は離れたが、その時に礼の体に瀕死の傷を負わせ、地震を起こして霊洞を崩す

礼:僕はもうだめだ
香具耶:勝負はまだついていない こっちが苦しい時は、向こうも苦しいのよ!

香具耶の体に大木が倒れ、礼は大岩に潰される




コメント

『恐怖新聞』7(少年チャンピオン・コミックス 全9巻)

2017-10-13 11:36:43 | マンガ&アニメ
『恐怖新聞』7(少年チャンピオン・コミックス 全9巻)
つのだじろう/作(昭和50年初版 平成11年41版)

「マンガ感想メモリスト2」カテゴリーに追加しました。


あらすじ(ネタバレ注意

「背中がこわい」(6巻つづき
大仙寺の和尚におフサの名を教えると、昔から伝わる噂を話してくれる

礼の通う中学の校門のあたりに昔1軒のアバラ屋があり、
そこに住む百姓夫婦に子どもが産まれたが、可愛い盛りに強盗に殺されてしまった

母親は気が狂い、大仙寺で捨て子を見つけ、自分の娘と思いこんで育てようとしたが
その子もまもなく亡くなり、腐敗しかけた赤ん坊を抱いていたのを見かねた村人が
大仙寺に葬ると、「私の娘が死にそうじゃ!」と女は叫び、
通る人々におぶって連れて行ってくれと頼むようになった

その夜の新聞に中神が真相を突き止めたと書いてあり、安心した礼はトイレで老婆の霊を見る
供養のことでお礼に来たらしい(お礼なら、もうちょっと普通の姿で現れて欲しいな

このような「因縁話」はたくさんあり、作者も池袋から雑司が谷までタクシーに乗って帰る因縁霊の実話を
運転手から聞いたことがある(!



「円盤着陸」
(ついに資料提供に矢追純一さんの名前が登場 『空飛ぶ円盤を追って』(平安書房刊)

現在(発刊当時)アメリカで円盤の目撃者は2200万人もいる/驚
「UFOは存在するか?」という質問に「存在する」51%、「錯覚・幻想」28%、「分からない」21%


1973年 アメリカ・ミシシッピー州で夜釣りに出た2人が体験した話をもとにした

クラスメートが円盤が着陸し、人間がおりたのを見たと話し、
理科の授業でみんなで見に行くと、奇妙に草が丸く倒れている

礼はエリナ松岡と再会後、大きなUFOを見て、中から宇宙人がおりてくる



礼はUFO内に連れていかれ、目玉のようなものに調べられてから地上に戻される
中神から同じ例があると話を聞く



2人が見た宇宙人の姿(宇宙服かもしれないしね 耳?が可愛い



中神が再び礼を訪ねると、UFOの記憶はすっかり消されている

中神:
超常現象の存在は、世界でもっとも権威ある科学誌『ネーチャー』でも認められ
大勢の否定派が実験研究を重ねたが、存在するという結果しか出ない


教師:
いろんな説があるが、国連と似たような宇宙連合があり
宇宙の平和を守るために、水爆など使わないよう地球を見張っている説

「地球侵略説」
宇宙人の住む星の環境が悪くなって、地球を乗っ取ろうというもの
しかし、円盤事件で人に危害を加えた話はあまりない

「科学調査隊説」
宇宙人が生物、地質などを調べる目的で来ている

他にも、資源だけ盗んでいる説、観光旅行説、地球空洞説、地球のどこかの国が飛ばしている秘密兵器説などがある


エリナ:
宇宙人が友好的でも、奇怪な姿を初めて見る人は驚き恐れるでしょう
でも、なにも危害を加えるつもりはなかったはずよ

中神もUFOを目撃し、そこには記憶を失った礼がいた


12年前(発刊当時から)、アメリカのバーニー夫妻の有名な事件
カナダの国道4号線をクルマで走っていると、円盤が着陸し、捕まり
長い針のようなものを体に刺されて調べられた
記憶を消されたが、催眠術で思い出し、アメリカ中が大騒ぎとなった

(その時の質問がおバカっぽくて可笑しいww
 宇宙人なら言葉でいちいち聞かなくてもテレパシーで分かるのでは?



この時、夫人が見せられた地図は、円盤の航路だったが、
地球のものとズレていて、6年後に地図の事実が証明され、
8年後には、地図に描かれた3つ目の星も発見された
“レティクリ座 グリースナンバー86.1 95 97”



「ドラフトの星」

(礼に激似だが、別人の野球選手の話


甲子園で大活躍の山岡投手は、ドラフト会議で1位指名するチームが多いが
小さい頃からギャランツに入るのが夢

山岡:
入れるのはギャランツがくじ運がよく、自分を指名した場合のみ
僕は有名になりたいんじゃない!
周りが勝手に騒いで、僕の一生の夢を壊して、将来を縛りつけたんだ!
まるで奴隷市場だ

ギャランツは山岡を第三候補としている記事を見る 1位は強打の沢本、2位は長坂
そこに謎の老人が来る



「ギャランツに入れるようにしてあげようか?
 その代わり、契約金1000万円のうち、900万円は私がもらう」

礼は、老人がギャランツに1番くじが引けるようにしたと新聞で読む
その時「透視能力」を見せ、1番を引いたら山岡を指名するよう約束させ
マスコミは一気に記事を書き、野球ファンは沸く

父は大リーガーが何億も稼ぐことを知って欲が出る



ギャランツにふっかけると
「アメリカの現役大リーガーですら9万ドル(約2700万円)
 働けるかどうか分からない新人にそれ以上払うなんて無茶だ」と言われる

父に老人の話をすると激怒する
老人は、少しでもおこぼれにあずかろうと集まった欲張りの親戚らが連れてきた
たくさんの「金(欲)の亡者」の姿を見せる

老人:
スポーツは努力と汗の結晶が結果を生む美しい世界
プロの世界は実力があれば、金は後からついてくる
わしゃ金が欲しいわけじゃない
坊やが本当にスポーツを愛しているか確かめたかっただけじゃ

山岡は父の背後に悪霊が見える



父:
長坂は2500万円、沢本はおそらく3000万円
指名1位のお前は絶対に3000万以上をとってやるだあ!

父は3000万で契約させ、新聞も書きたてる

ポルターガイスト:
お金ばかり欲しがり、自分だけ得をしようとする奴はいるものだ
そういう奴が死ぬと、この世の金に未練を持ち、霊界に行けず
「浮遊霊」というさまよう霊になり、欲張り人間にとり憑いて、なお欲張りにさせる


入団初日
コーチは山岡に今日は軽くランニングで済ませようとさせるが
周りの騒ぎと、チームメイトの妬みを感じて、カッとなっていきなり投げて肩を痛めてしまう
その時、山岡の体内にも「金の亡者」が入り込む

痛みに苦しんで起きると、肩に亡者ソックリの顔が浮かび上がっている
悩んだ末、自殺を考えると老人が現れる
「つまらん意地や欲を捨てて、心から努力すれば金の亡者は追い払えるだろう」

父は、大金を手にして競馬、競輪、バクチ、投資詐欺で失敗し
挽回しようと株に手を出してまた失敗 家は抵当に入り自殺した

沢本、長坂がもう一軍で起用され、活躍するのを見て
山岡は練習に励むが、まだ亡者がついている



「ふとん」
学生の西条は、夜中に布団が急に重くなり、痩せた老人が苦しいとうめく夢を見たと話すと
他の生徒も同じ夢を見たという
確かめるために、同時に老人の絵を描くと同一人物だと分かる



布団を干しても湿っぽく、それからも悪夢を見る西条

ある日、近所で葬式があり、身寄りのない一人暮らしの老人が1年前から病気で寝込み、
1ヶ月ぶりに福祉の人が巡回に来て亡くなっているのを見つけた
それを聞いて、祭壇の写真を見ると、あの老人だった



「風呂」
転校生・藤森くん一家は古い家を安く買い引っ越したところ
夜中に風呂場から音がして、行くと誰もいない

藤森くんがお風呂に入ると勝手に蛇口から水が出て飛び出す
礼は調べてくれと頼まれ、夜中に風呂に入るとただならぬ気配を感じる



そこに新聞が来て、霊は消えた
この風呂で20年前、お風呂好きな女性が自殺したと書いてある


コメント