セレンディピティ ダイアリー

映画・アート・本の感想、おいしいもの、おでかけなど。お探しの記事はカテゴリーの各INDEXをご参照ください。

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ

2017年08月13日 | 映画

アメリカで生まれた世界最大のハンバーガーチェーン、マクドナルドの創業物語を、マイケル・キートン主演で描きます。監督は「幸せの隠れ場所」(The Blind Side・2009)のジョン・リー・ハンコック。

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ (The Founder)

1954年。レイ・クロックは、シェイク・ミキサーのセールスマンとして、アメリカ中西部をまわっていました。ある日、カルフォルニア、サンバーナーディーノのドライブインから8台もの注文が入り、どんな店かとルート66をひたすら走って見に行った先は、マクドナルド兄弟が経営するハンバーガーショップでした。

合理的なサービス、コスト削減、高品質という革新的コンセプトに目をつけたクロックは、マクドナルド兄弟を説得して契約を交わし、全米へのフランチャイズ化を進めていきますが...。

ビジネス系映画が好きなので、楽しみにしていた本作ですが、意外に小規模上映で驚きました。映画サイトでは、見て不愉快になるというレビューも散見しましたが、知られざる創業物語は興味深く、私はとっても楽しめました。モラルなく突っ走る、ギラギラしたごり押し経営者を、マイケル・キートンが好演しています。

クロックがマクドナルド兄弟に出会ったシーンで、私も生まれて初めてマクドナルドを食べた時のことを思い出しました。成形した薄いパティ、ポテトの独特なシーズニング、なかなか吸い込めないシェイク、当初は椅子がなかったことなど、すべてが新しく衝撃的でした。

それからアメリカでは、特にドライヴ旅行でマクドナルドのお世話になりました。高速道路を移動のためにひたすら走ってて、食事にかける時間がない、でも休憩したい、土地勘がない場所でレストランを探してうろうろしたくない。そんな時にマクドナルドのサインを見ると、灯台を見つけた船乗りのようにほっとしたものでした。

以前、東理夫さんの「アメリカは食べる。」で、アメリカの広い国土で、誰もが安心してありつける食べ物として、チェーンレストランが発展したとありました。マクドナルド兄弟の生み出した合理的で無駄のないシステム、ばらつきのない品質。それをクロックが標準化、マニュアル化したことが、アメリカという国土のニーズにマッチしていたのだと思います。

とはいえ、クロックがやったことはあくどい乗っ取り。もしもマクドナルド兄弟がクロックに出会わなかったら、彼らはファミリービジネスで成功し、地元で愛される経営者として幸せな人生を送ることができたはずだと思うのです。

マクドナルド兄がストレスがもとで入院し、クロックが見舞いに来た時、一瞬ですが病室に飾られた小さな宗教画が大写しになった場面が心に残りました。マクドナルド兄弟は、クロックが拡大路線を進めるあまりに、品質を軽視する姿勢を受け入れられなかった。たとえ損をしても神に背く生き方はしたくなかったのだと理解しました。

マクドナルド兄弟はクロックに、商売のノウハウをすべて教えました。マクドナルド弟が、クロックに「自分の店を持てばよかったのに、なぜそうしなかったのか」と尋ねた時のクロックの答えは深い...と考えさせられました。マクドナルド兄弟は、クロックが羨むあるものを持っていた。アメリカの移民社会の一面に気づかされた思いがしました。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ピカチュウ大量発生チュウ! | トップ | リストランテ フィオレンツァ »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
名前 (kossy)
2017-08-13 15:40:18
こんにちは!

なぜだか「名前がいい」という言葉が頭から離れません。
日本人だと全く発音・アクセントが全く違うため、
この語感の良さがよくわかりませんでした。
マックという言葉だと、
ヨーロッパの方はアップル社を思い出すとか。

名前さえ変えていれば問題なかったのに・・・
実は美味しい (ノルウェーまだ~む)
2017-08-13 23:02:06
セレンさん☆
この映画注目していました!
アメリカは判らないですがきっと本土なので同じと思いますが、イギリスでは日本のマックと全く違って、パティも本格的なビーフでとっても美味しかった記憶があります。
地域によってマックの品質が違うってビックリでしたが、本来マクドナルドはこのように良い品質のものだったのでしょうね。
今朝朝マックしました。 (ごみつ)
2017-08-13 23:39:48
こんばんは!

TB有難うございます!

この映画、私が見に行った時、男女のグループが見にきてて、もしかして日本マクドナルドの社員達?って思っちゃいましたが、この創業物語をどう見るんでしょうね。

確かに、あくどい乗っ取りなので、腹が立つし、マクドナルド兄弟が気の毒なのですが、これほどメジャーになって、これほど有名になり、多くの雇用も生みだしている事を考えると、判断に迷いますよね。

マクドナルド兄弟としては、自分達が目指した事業を実現出来なかったのは本当に可愛そうです。
せめて収益の1パーセントでも(紳士協定してた)彼らにわたってれば納得出来るんですけど、ビジネスってそんなに甘くないんでしょうね。

私もこの映画、とても楽しめました。
☆ kossyさま ☆ (セレンディピティ)
2017-08-14 00:26:11
kossyさん、こんばんは。
クロックは「マクドナルドはアメリカらしい名前だから」と言ってましたよね。
マクドナルド兄弟は、おそらくアイルランド系かイギリス系だと思いますが
もともとアメリカという国を作った人たちなので
(後から移住してきた)スラブ系のクロックからすると
うらやましい名前だったんだと思います。
でもそうした彼のハングリー精神が
アメリカンドリームを実現させたのでしょうね。
☆ ノルウェーまだ~むさま ☆ (セレンディピティ)
2017-08-14 00:33:20
まだ~むさん、こんばんは。
マクドナルドは、たぶんパティとポテトは冷凍で世界共通ですが
パンや野菜は、その土地で調達していると思います。
だからアメリカより日本のマクドナルドの方がおいしいと感じましたよ。^^

映画に出てきた、マクドナルド兄弟が初期の頃に作ってたハンバーガーは
パティも厚かったし、すごくおいしそう~に見えました☆
☆ ごみつさま ☆ (セレンディピティ)
2017-08-14 00:50:59
ごみつさん、こんばんは。
この映画、おもしろかったですよね!

クロックのやってきたことはたしかにひどいけれど
彼の才覚があったからこそ、世界に発展、貢献できた部分もありますよね...

マクドナルド兄弟はほんとうに気の毒でしたが
この映画でスポットが当てられてよかったです。
ごみつさんもおっしゃってましたが、名前は残ったのですしね。^^

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

6 トラックバック

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ (ネタバレ映画館)
関東のマックか?関西のマクドか?金にモノ言わせるなら“アクド”だな・・・
ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ★★★★ (パピとママ映画のblog)
「バードマン」のマイケル・キートンが世界最大級のファストフード・チェーン“マクドナルド”の“創業者”レイ・クロックを演じる伝記ドラマ。マクドナルド兄弟が始めた片田舎の......
ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ  監督/ジョン・リー・ハンコック (西京極 紫の館)
【出演】  マイケル・キートン  ニック・オファーマン  ジョン・キャロル・リンチ  ローラ・ダーン 【ストーリー】 1954年、アメリカ。シェイクミキサーのセールスマンである52......
[映画『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・作品としては面白かった。 角川シネマは満席で、私、最前列に滑り込み、帰りには、次回上映の「SOLD OUT」が告知されているほどだった。 マクドナルドの誕生にまつわる「......
映画:ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ The Founder きれいごとだけでは済まない、...... (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
当ブログにとり今、マックの何に関心があるかと即答で、オリンピック・スポンサー。 つい2ヶ月前、41年という長期にわたったスポンサードを中止。 ひとつの時代が終わっ......
ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ 英語学習の教材にもオススメ (マチルダベイビー!)
8月1日の映画の日に見たもう1本の作品は『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』でした。 (新宿角川シネマにて)