戦国魔神のひとりボケ?

貧乏ヒマあり!?(^^;)
お金は無いけど
精神的余裕は人一倍?w

部屋なのか?ゴミ箱なのか?・・・

2006年05月31日 | 雑記・その他の出来事
長期にわたる座椅子の使用のせいで、腰痛になってしまいました。
そこで、打開策として高さ70cmの普通のデスクを置き、ガスダンパーチェアを導入する事にしました。
明日から、パソコン周りのお片づけをしてテーブルを据えなくてはならないんですが、改めて冷静に見てみるとなんと汚い事か・・・。部屋なのか、倉庫なのか、はたまたゴミ箱の中なのか? 
これは2、3日かかりそうだなぁ(T_T)

「小洒落た」という言葉

2006年05月30日 | 雑記・その他の出来事
私はこの言葉を関東にいるときに初めて耳にしましたが、「こじゃれた」という音の響きに大きな違和感を感じたのを覚えています。それは癇に障ったと言ってもいいくらいの感覚でした。
理由を突き詰めてみると、「じゃ」という音、というか濁音でした。
「おしゃれ」「しゃれもの」「しゃれのきいた」など、「しゃれ」という音感に「洗練された」「粋な」といったとても良いイメージを持っているので、「こじゃれた」という音の響きには粋を感じないのです。「駄洒落」と音が似ているからかもしれませんが、泥臭いイメージをその音感から感じ取ってしまうのです。
折角の美しい日本語を冒涜しているようにさえ思えて、この言葉に良いイメージはありません。

「あそこに小洒落た感じのお店があってね」とか言われた瞬間、行く気が失せます。「ちょっとお洒落なお店が・・・」って言う方がよほど興味をそそられますし、耳朶に心地よい響きがあります。

雑多な人が集まる関東だから、こういったおかしな言葉を耳にしたんでしょうか?
それとも、こんな言葉を操る人たちは、そういう事でしか自分が流行の先の方を行っていると思い込めないんでしょうか?

なんか嫌だなぁ・・・(T_T)

今週の名言

2006年05月29日 | 雑記・その他の出来事
「世の中の役をのがれてまたもとに還るは天と土の人形(滝沢馬琴)」

と書いてと読ませるあたりが素敵ですね。この方、「南総里見八犬伝」の作者「曲亭馬琴」として有名です。
そういえば最近、八犬伝の八つの珠に浮かぶ文字を言えないヒトが増えているとか・・・。「仁・義・礼・智・忠・信・孝・悌」ですよね。


「曲亭馬琴」というのは「くるわでまこと」という意味で、本来みんなお遊びのはずの廓(くるわ=遊郭=女郎屋)で、まじめに遊女に尽くしてしまう野暮な男という自嘲的な筆名だそうです。

電動マッサージチェア

2006年05月28日 | 雑記・その他の出来事
今日、出かけたときに大型スーパーでブラブラしていると、マッサージチェアのコーナーがありました。ちょうどここ最近腰が痛かったし、20万も30万もするマッサージチェアとは如何程のものか?という興味も手伝ってちょいとチャレンジ(^_^;)
靴を脱いで足まではめ込んでチェアに座る。動いてないチェアは背中のあちこちに突起が当たってなんか変な感じ。
リモコンでコースを選ぶんですが、よくわからないので「全身-疲労回復」というヤツを選んでスタート。
それから約15分くらい足を圧迫されたり緩められたり、背中を揉まれたり叩かれたり、うにょうにょといじくり回されました。
「果たしてこんな事で疲労回復できるのかな?」
と終わったあとも半信半疑・・・。
しかし、それなりに効いているらしく、帰宅のためクルマに乗って運転中にまだ背中を揉まれているような感じが残ってて、「私の車には按摩器がついてるの?」と思うくらい(^_^;)

海外には存在しない「電動マッサージチェア」
アメリカに市場を開拓してるというニュースを半年くらい前に聞いたような覚えがありましたが、その後どうなっているのかなぁ?

活字読みに拍車が掛かる(^_^;)

2006年05月27日 | 映画・書籍・アニメなど
久しぶりに活字に触れたら、なんかイキオイついちゃった(^^;)

で、「予告探偵 西郷家の謎」太田忠司と「ひだまりゼリー」浅野真澄を読むことにしました。
見事にジャンルが違うあたり、自分でも「それってどうよ?」と突っ込みを入れたくなるんですが、あのますみんが真面目にエッセイに取り組んだらしいので読んでおかないといけないのではないかと思いチョイス。
太田さんの小説は狩野俊介シリーズから読んでるから、もうお馴染みさんかな。NIFTYのチャットでお話した事も有るしなぁ。やっぱり贔屓にしちゃいますよね、そういうのって。

太田さんの小説は推理小説なんだけど、すごくウェットでメンタルなところに話が入っていくので、精神的にダウン気味なときに読むと結構落ち込んでしまうから、自分自身のモチベーションを有る程度上げてから読むようにしてます。

さぁ、テンションあげるぞ~(^_^;)
コメント (1)

まじぽかのOP、好きかも(^^;)

2006年05月27日 | HOBBY
錬金3級まじかる?ぽか~んのOPアニメのお話ですが、なんかめちゃめちゃセンスが良くてカッコイイなぁ。

本編の内容的にはすごくおバカでコレはコレで好きですが、OPの雰囲気だと結構重い話になるような感じさえします。
まぁ、絶対そうはならないだろうけど(^_^;)

声優さんは、桃ちゃん、生さん、綾ちゃんの3人は流石に判ります。みなさん、ネットラジオで暴走しまくってますからね。
鉄子役の明坂聡美さんだけ良くわからない・・・。
で、ググッてみると、恋風のメガネの娘の声を当ててるのかぁ。脇役だったからか、声質のせいか、印象薄いんだよなぁ・・・(T_T)
まじぽかで、ユニットながら主役のひとりになったんですね。これから頑張ってください(^_^)ということで・・・

ハードディスク移設

2006年05月26日 | 雑記・その他の出来事
今のPCに換える前に使っていたPCからHDDを抜き出しました。

最近、現行PCのHDD容量が半分を切っていてなんとなく嫌な感じだったので、前の機械からHDDを外してフォーマットしてデータディスクにしました。
40GBだけどデータ領域としては充分です。私は動画をHDDに貯め込む趣味が無いんで(^^;)

ヨコハマ買い出し紀行 完結(T_T)

2006年05月24日 | 映画・書籍・アニメなど
12年間お疲れ様でした。

この作品は私に「癒し」を与えてくれたとても大事な作品です。
「神戸在住」もそうですが、独特の世界観を持っている作品というのはとても素敵です。「女神さま」も最初の頃はすごく良い空気があったんですが、ヘンに売れてしまったせいで引き際が見えなくなってしまったかわいそうな作品でした。

ヨコハマ買い出しは、ずっと一定の固定ファンを持っていたんじゃないかなぁ・・・。
あのセピア色の雰囲気は他の漫画家さんではなかなか出せないトコだし。

また新しく癒し系を探さなくっちゃなぁ。
「ARIA」でも読んでみようかしら(^_^;)
コメント (1)

虹果て村の秘密/有栖川有栖

2006年05月23日 | 映画・書籍・アニメなど
最近読んでなかったので、有栖川有栖の本を発掘してきました。
新刊ではないけど「読み落とし」てたやつの1冊ということで(^_^;)

活字を追うのは久しぶりです。
読むの遅くなってるだろうなぁ・・・orz

レヴューはコメントでそのうち付け加えます(^_^;)
コメント (1)

庭の隅っこで見つけたもの・・・

2006年05月22日 | 雑記・その他の出来事
たぶん蛇苺じゃないかと思うんだけど・・・。
英語名称では何ベリーなんかなぁ?

庭の隅っこでも草萌えるシーズンになりました。
また、草むしりのシーズンがきた・・・orz

もうすぐ蚊が大量に押し寄せてくると思うと
結構かも・・・。



今週の名言

2006年05月22日 | 雑記・その他の出来事
「あら楽し思いは晴るる身は捨つる浮世の月にかかる雲なし(大石内蔵介)」


ブログを立ち上げるにあたって、毎週なんかやらないと
更新しないなんていう恐ろしい事になるといけないので
毎週、名言をUPしてみよう!(^_^)

大石内蔵介が討ち入りの後に読んだ句とされています。
なんと男らしい文面である事か・・・(T_T)