戦国魔神のひとりボケ?

貧乏ヒマあり!?(^^;)
お金は無いけど
精神的余裕は人一倍?w

922SH インプレッション その13

2011年06月28日 | 生活家電とか
先日行ったバッテリー交換のおかげで、「WMAファイル再生+イヤホン」という環境でフル充電で15時間強の再生が可能になりました(^_^)

これで後2年は戦えそうですw

【小説】ビブリア古書堂の事件手帖

2011年06月28日 | 映画・書籍・アニメなど
古書店って何か趣があるというか妙に妖しげな雰囲気があって良いですよね。
そして見目麗しい女性が古書店を経営し、その女性がビブリオマニアと来れば万々歳です。
現実はそんなに甘くありませんが、せめて小説の中くらいは夢を見させてもらいましょう(^^;)

小説の仕立ては「ロッキングチェア・ディテクティブ」ものです。
(安楽椅子探偵という言葉からすると「アームチェア」と言う方が正しいのかもしれませんが、私は「「ロッキングチェア」と呼ぶ方が好きなので敢えてこっちでw)




この小説を読んでいて、栞子さんの描写を読む度に思い出したのが「読子・リードマン」でした。
だって、黒髪ロングで眼鏡をかけてて巨乳さんで本の虫と来れば、R.O.Dを読んだ事のある人なら読子とダブっても仕方ないですよね(^^;)
読子が紙使いでなく普通の人だったら・・・、違う人生を歩んでいたら・・・、あるいは栞子さんのような感じになっていたかもしれません。


【小説】俺の妹がこんなに可愛いわけがない 8

2011年06月24日 | 映画・書籍・アニメなど
註:ネタバレあります。


「黒猫カワユス~!」って言ってる人が多いのが判りました(^^;)
でも、私的には正直ウザい。ここに来てガンガン女度を上げてきた麻奈実、スパートかけて来たなぁw
ということは1巻読んでた頃から麻奈実萌えだった私は勝ち組?
あやせに取って付けた様な妙なデレをさせてるのも何だかなぁw

まぁ、桐乃は今回でブラコンを白状させられたし実妹だから、いろんな意味でこれ以上の進展はないっぽいし、著者がどの娘エンドを持ってくるかが楽しみです。

でも、あとがき読んでると、まだまだ書く気満々っぽいなぁ。
このお話って、あと何冊で完結するのかしら(^^;)




今年の40冊目です。

【小説】檻の中の少女

2011年06月23日 | 映画・書籍・アニメなど
第3回ばらのまち福山ミステリー文学新人賞受賞作。

読み始めた初期段階で、ある人物の行動に違和感があったのですが、その人が犯人でした(^^;)
伏線の張り方は割りと単純で、嫌な感じの迷彩もかかってないので読みやすかったです。
ハードボイルド小説なのか推理小説なのか、ジャンルがちょっと中途半端な感じがしました。

ネット犯罪が絡んでいるストーリーなので、PCやインターネットなどに疎い方には難解な部分があるかもしれません。

922SH インプレッション その12

2011年06月22日 | 生活家電とか
バッテリーが本格的にへばってきました(^^;)

新品の時は「WMAファイル再生+イヤホン」という環境でフル充電で15時間弱の再生が可能でしたが、2年4ヶ月使用した現在はフル充電で9時間くらいしか再生できなくなっています。

やはり携帯のバッテリーは2年くらいが寿命なんですね。前に使っていた705SHも2年くらいで急激に能力が低下して買い換えたのを思い出しましたw

922SHはそれを想定して予備のバッテリーを購入しておいたので、そろそろバトンタッチの時期ですかね~w

ヘタってきたバッテリーは月イチで使用して延命しようと思います(^^;)

【小説】偉大なる、しゅららぼん

2011年06月21日 | 映画・書籍・アニメなど
本の見た目だと300ページくらいに見えるんですが、紙が薄いので実際は540ページくらいある大作でした(^^;)
「プリンセス・トヨトミ」より更に長い(^_^;)

でも内容は、万城目さんらしい奇想天外なお話で面白かったです。

雰囲気的には「プリンセス・トヨトミ」より「鴨川ホルモー」に近いのかな?

【小説】変態王子と笑わない猫。

2011年06月18日 | 映画・書籍・アニメなど
変態って、自分に正直すぎる思春期の男の子のことなのね(^^;)

カントクさんの挿絵がメチャ可愛かったです。

【小説】葉桜が来た夏 1

2011年06月16日 | 映画・書籍・アニメなど
「なれる!SE」の作家さんのデビュー作(第14回電撃小説大賞 選考委員奨励賞 受賞)です。

異星人が人間と同じ外見をしているという設定は「ライトノベルだなぁ」って思ってしまいます。
私の中では、種の起源が全く違うものが同じ姿に進化する確率は限りなく0に近いと思っているからです。

でも、それを言ってしまうと物語は成り立ちませんから、ここでは脇に置くとしましょう(^^;)


【小説】大正二十九年の乙女たち

2011年06月13日 | 映画・書籍・アニメなど
メディアワークス文庫ですが、この本は新書で出しても良いくらいの内容ですね~。

どっちかって言うとラノベ感覚ではなく、普通の小説っぽいです。



今年の35冊目です。

上野千鶴子って馬鹿なの?w

2011年06月10日 | 雑記・その他の出来事
昨日の「爆笑問題のニッポンの教養」の録画を今日見ました。

今回のゲストは「おひとりさまの老後」などの著者で元大学教授(女性学)の上野千鶴子さん。

上野さんの自分の作った世界観のみで進める話に、太田さんは頑張って話をしていましたが、番組の途中から田中さんがあからさまに嫌な顔をしているのが印象的でした。
今まで、爆門学問をずっと見てきましたけど、田中さんがここまで嫌な顔をするのは初めてじゃないでしょうか。まぁ、あんな持論を振り回されたら殆んどの男性はあまりの馬鹿馬鹿しさに閉口するしかありません。
田中さんの顔にも「この人では話にならない」って書いてありましたものねぇ(^^;)


彼女に言わせると「女は変わったのに男は何も変わっていない」とか「男は女の変化について来れていない」らしいです。
どうやら彼女の中では「男が諸悪の根源」みたいですね。なかなか御自分の側からだけしか世界を見ていない方らしい素晴らしい物言いですね(^^;)

60歳を過ぎて、東大で教授まで勤めて、それなりの経験を積んできた筈の人間がこんな視野の狭い論理を振り回すということは、随分と偏った人生を歩んで来られたんでしょうね。ニュートラルな位置から物を眺め考える事が出来ていないわけですから・・・。
こういう方が大学で教鞭を振っていた時期に、この方の講義を受けて単位を取らなければならなかった学生は本当に不幸だったと思います。

【小説】小説家の作り方

2011年06月08日 | 映画・書籍・アニメなど
今回の作品は随分ラノベ寄りのストーリーでした。

内容は野崎さんらしい「どんでん返し」付きで楽しく読めました。

そろそろ再開すっかぁ!(^^;)

2011年06月07日 | HOBBY
10月にトレフェス神戸が行われる事が決まり、参加申し込みもしましたので、そろそろ原型製作を再開しなきゃいけない時期になりました。

夏フェスに参加するんだったら、今月は原型の仕上げに入ってないといけなかったんですが、目標を失ってモチベーションがだだ下がりだったんですよね(^^;)暫くな~んにもしてませんでした。

再度スケジュールを設定し直して神戸に向けて頑張ろう!

7月半ばには1体だけでも表面処理を済ませて、粘土埋めをしてシリコンがどの程度必要かを見定めておかないといけないんだなぁ。
8月には2体目のシリコン型も作って、レジン注型をして、完成品も8月中に終わらせたいところです。
イベントは10月に入ってからだけど、9月からは冬フェス向けの原型製作に入ってしまいたいから、スケジュールはこんな感じでOKだなw

問題は冬フェス用の新作に何を持ってくるかですね~(^_^;) やっぱり2体は作りたいですからね~。
ひとつはアタリを付けてるんですけど、もうひとつ何を作るか思いつかない・・・、悩むわ~w




型抜き材料の方は、シリコンは現状でストックが6kg位あるけど、型の作り方次第では2体目の分が足りなくなるかもしれないし・・・、レジンはあと2kgもないので、どうでも買わなきゃいけませんw

WAVEの「夏の材料フェア」が開催されてるうちに、足りない型取り材料を発注しなくっちゃ!
送料の事もあるし、買うんならシリコンとレジンを出来るだけ同時に発注しておきたいというのが正直なところです。







【エッセイ】心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣

2011年06月06日 | 映画・書籍・アニメなど
長谷部誠という人がどうやって自分を律しているのかが判る一冊でした。

27歳でここまで考えているというのは立派だと思います。


私が27歳の時って、2度目の転職をしようともがいていた時期で、ここまでの成功も地位も責任も無かったものなぁ(^^;)

【小説】長い廊下がある家

2011年06月05日 | 映画・書籍・アニメなど
火村英生シリーズです。
中編1編と短編3編が入ってました。
短編中の2編は、有栖川有栖オンリーと火村英生オンリーという、いつものホームズ&ワトソンタイプではありませんでした。

長編の火村&有栖川ものが読みたいですね~、いつ書いてくれるのかしら?w