高須台 渡辺 ピアノ/オカリナ教室

大人から子どもまで楽しく

わらべうた

2013年08月12日 | 日本の音楽

 最近、わらべうたの絵本をいろいろと探しています。「おはなしころころ」で、8月の勉強会は「わらべうた絵本」をテーマにしよう!ということになり、すでに10冊ほど図書館で借りました。見てみると、私の全く知らないわらべうたや、途中までは知っているけど後半は全く知らないわらべうた、私の知っているのと似ているけど、ちょっと違うわらべうたなどがたくさんありました。これはほんの氷山の一角でしょうから、なんとたくさんのわらべうたが昔から歌い継がれてきたことか・・・。私の知っているのと似ているけど、ちょっと違うわらべうたというのは、きっと地域によって少しずつ違うのでしょう。また、時代によって少しずつ変わってきてもいるでしょうから。
 わらべうたで音楽教育を始めると良いと書いている本を読んだことがあります。どんな本だったか覚えていないのですが、「わらべうたは音が少なく子どもが歌いやすい音域で、しかも楽しく遊びながら歌うものなので、音楽教育の導入に良い」というようなことが書いていたと思います。こどもは楽しいことはすごい勢いで吸収していくので、なるほど!と思ったのでした。
 今の子どもたちも、わらべうたで遊ぶのが大好きですよね。以前、小学校の軽度の知的障害を持った子どもたちのクラスで、リコーダーアンサンブルのミニコンサートをしたことがありました。プログラムの中にわらべうたのコーナーを設け、演奏にあわせて一緒に遊んだりしたのですが、それはそれは楽しそうでした。「とうりゃんせ」で、歌の最後で捕まらないように必死で駆け抜けるこどもたちの顔が忘れられません。楽しく遊びながら、基本的な音感や身体能力、先のできごとを想像する力などいろいろなことを学んでいるんですね。

コメント

日本の作曲家

2013年05月21日 | 日本の音楽

 そろそろ6月16日に開催する発表会のプログラムの準備をしなければと思い、出演者と演奏曲と作曲者を書き出してみました。毎年のことですが、とっても有名な曲なのに作曲者を知らなかった!という曲があるんですね。(私が無知なだけなのかもしれません・・・)今年は「宵待草」の作曲者をはじめて知りました。竹久夢二の作詞というのは知っていたのですが、作曲者はだれだろう?と思って見てみると、「多忠亮」とかいています。「ん?なんて読むのだろう?タ チュウリョウ 、オオイ チュウリョウ いやいや違うだろう」(なぜか彫刻家の佐藤忠良さんが浮かんできて、忠亮をチュウリョウとしか読めない私)。調べてみると、オオノタダスケと読むのだそうで、明治28年生まれで大正から昭和にかけて活躍したヴァイオリニスト・作曲家だそうです。多家は宮内省式部職楽部所属の雅楽のお家柄だそうです。
 考えてみれば、1800年代生まれの日本の西洋音楽作曲家は、山田耕筰と滝廉太郎ぐらいしか知らなかったのです。だれもが知っているうた「たなばた」の作曲者、下総皖一の名前も2年前に知ったばかり・・・。小さい頃からあたりまえのように知っていた歌については、改めて作曲者はだれだろう?と考えたことがなかったんですね。今年もまた1つ勉強になりました。 

コメント

日本歌曲

2013年03月29日 | 日本の音楽

 昨年末だったと思いますが、「金子みすゞ詩による童謡歌曲集 ほしとたんぽぽ」(中田喜直作曲)をオカリナで演奏したのをきっかけに、中田喜直さんの歌曲をはじめ、日本歌曲をオカリナで吹くことに喜びを感じている今日この頃です。高校生の時に買った日本歌曲集2冊をひっぱり出して、音域的にオカリナでも吹けそうな曲をいろいろと吹いてみています。「さくら横丁」(加藤周一 作詞、中田喜直 作曲)、「花のまち」(江間章子 作詞、団伊久磨 作曲)、「花林(まるめろ)」(杉浦伊作 作詞、畑中良輔 作曲)、「母」(竹久夢二 作詞、小松耕輔 作曲)、「ゆりかご」(平井康三郎 作詞、作曲)、「椰子の実」(島崎藤村 作詞、大中寅二 作曲)など、オカリナで吹いても素敵でした。どれも昔から私の好きな歌ばかりです。私の好きな歌は、オカリナの音色によくあうということでしょうか?きっと、オカリナのような素朴でやさしい音色がにあうような歌が、昔から好きだったのでしょうね。
 ピアノ伴奏を自分で弾いて録音し、その伴奏にあわせてオカリナを吹いているのですが、ピアノ伴奏がどの曲もすてきです。ピアノを弾いて喜びを感じ、それにあわせてオカリナをふいてまた喜びを感じる、一人で二人分楽しむことができるなんて、なんて幸せなんでしょう!日本歌曲はたくさんありますから、全く知らない曲にも挑戦していきたいですね。まずは、6月16日のミニコンサート(生徒さんの発表会)で「ほしとたんぽぽ」より2曲演奏する予定ですので、お楽しみに!

コメント

日常語になった雅楽用語

2013年02月22日 | 日本の音楽

 私たちが日頃なにげなく使っている言葉で、雅楽用語からきた言葉が結構たくさんあるそうです。「ほぅ、なるほど」と思うような言葉があっておもしろかったので、少しご紹介します。いずれも「雅楽ー僕の好奇心」(東儀秀樹 著 集英社新書)より引用させていただきます。

 打ち合わせ   
 

 平安時代から江戸時代まで京都、奈良、大阪(四天王寺)には、楽人のための「楽所(がくそ)」があり、それらの総称を「三方楽所(さんぽうがくそ)」とよんだ。三方の楽人たちが宮中に召されて演奏する際に、微妙な演奏法の違いを調整するために、前もって打楽器から約束ごとを取り決めた。つまり、太鼓類などの打ち方を合わせることから「打ち合わせ」という言葉ができたという説がある。
 また、楽人たちがリハーサルを行うときに、管楽器、絃楽器の順にあわせていき、最後に打楽器(打ち物)を合わせるということからできた言葉だという説もある。この最後の全員が揃う、打ち物も加わったリハーサルのことを、「打ち合わせ」というのである。

オツ

 渋くてカッコイイことを「オツだねぇ」といったるする。雅楽では高めの音を「甲音」と呼ぶ。たとえば、朗詠の「二ノ句」の歌い出しの高い音は甲音で表記される。この甲音に対して、低めの音を「乙音」と呼んでいる。音が低い、声が低いということは「渋い」という意味にも使われていたらしく、「おっ、渋いねぇ」が、「オツだねぇ」という表現に転化したらしい。

頭取

 銀行の頭取という名称も、雅楽用語が語源となっている。管絃の演奏の各パートのリーダー(主奏者)を「音頭(おんどう)」というのだが、(リーダーとなって)音頭(おんど)を取るといういい方はそこからきたものだ。頭取は、その音頭取りからきている。

左ぎっちょ

 雅楽に「打球楽」という曲がある。平安時代に、ゴルフのように棒で球を打つ貴族の遊びがあったのだが、それが様式化されて「打球楽」という舞になったのである。本当にゴルフのドライバーのような形をしたばちを持って舞うのだが、そのばちのことをギッチョウ(毬杖、球杖などと書く)と呼ぶ。右手に持って舞う決まりになっているギッチョウを、ある日、舞人のひとりが左手に持って舞ってしまった。「おまえ、それは左手にギッチョウじゃないか」とみんなに指摘され、以来、左利きを「左ぎっちょう」ー「左ぎっちょ」と呼ぶようになったといわれている。

他のもまだまだたくさんあるようですが、興味のある方は本を読んでみてくださいね

コメント

雅楽その2

2013年01月03日 | 日本の音楽

 昨年末に読んだ東儀秀樹さんの雅楽の本がおもしろかったので、もう1冊読んでみました。「雅楽のこころ 音楽のちから」(東儀秀樹 著 大正大学出版会)という本で、前回読んだ内容と重なる部分もありましたが、やはり興味深い内容でした。 
 その中で、著者の体験としてこんなことが書かれていました。「フランスに旅に行った時に、ものすごく広い牧場があって、気持ちがいいから笙を吹いたんですよ。そしたら、地平線の向こうから何十頭もの牛がざわざわざわざわ集まってきて、食餌か何かの時間なのかなと思ったら、そうじゃない。全部の牛が僕の所まで来てぴたっと止まった。何十頭もの牛が止まって、こっちを見ている。「風の谷のナウシカ」で、あのとんでもない数の生き物が来てぴたっと止まっている感じを思い出した。牛が聴いていてくれるんだっていう感じが僕にはすごくよく分かったんですよ。動物ってのは正直だし、嫌なものだったらすぐに逃げるだろうし、ほえて追い立てて威嚇するだろう。だけど、のどの音一つ出さずにじっとこっちに顔を向けている。しばらく吹いてから、笙をやめたんです。吹き終えた途端に、今までこっちを向いてた牛が急にみんな後ろを向いて、ゆっくり帰っていったんです。」(本文より引用)
 これを読んで、モンゴルのむかしばなしに似たような話があったのを思い出しました。モンゴルのおはなしなので、楽器は馬頭琴です。草原で息子がひく馬頭琴の音色に牛たちが聞き惚れて、草を食べることを忘れてしまい、どんどんやせてしまいます。どうして牛がやせてしまうのか不思議に思ったおじいさんとおばあさんが草原へ様子を見にいったところ、おじいさんもおばあさんも日が暮れるまで聞き惚れてしまいます。家に帰っておじいさんが息子に、牛が草を食べるのを忘れてしまっては困ると話したところ、次の日から息子は、牛が草をおなかいっぱい食べてから馬頭琴をひくようにします。そうすると、牛たちは前よりももっともっと太って、めでたしめでたし。というようなおはなしでした。きっと昔から牛が楽器に耳を傾けていると思われるようなことがあったのでしょう。それが極端な内容となって、むかしばなしとして語りつがれてきたのでしょうね。日本のむかしばなしでは、このような内容のおはなしをあまり聞いたことがないのですが、どなたか知っていらっしゃったら教えてくださいね。

コメント