団地夫婦の日々

常盤平団地の53年、団地内散歩で気付いた事を時々に

常盤平団地の53年145 仲直りの代償がパンク?

2018-07-18 18:46:02 | 夫婦

昨日の事、朝から気温も高く、妻「定期健診の日で午後二時半から・・」交通手段を考えてか朝から二度も同じセリフを・・

昼を食べながら、車で行くか?・・「行ってくれる?そう・・・」こっちも暑さで外出の予定も無いので10分程の距離にある三和病院まで車を走らせる、病院前で妻を降ろして、近くの病院駐車場へ、可成り広いこの駐車場、初め止めた位置で1分もして気が付いたら体に暑い日差しを直に受けて「これはまずいな~・・」一旦バックして、左にハンドルを切って前進・・・「ウっ何か踏んずけた?」・そのまま直進して5m程・・ガタガタ・・いったん止めてから目指す駐車場の位置へ車を停めた。

降りてからタイヤの異常を確かめると・・唖然、右前輪タイヤがペシャンコ・・呆然、何もしてないのに・・いや僅かに移動した時に・・

今年4月に出先で走行中突如ガタガタして1kmも走ってパンクに気付いて、何十年振りかに路上でタイヤの取り換えをしたのだが・・

前のタイヤは新品同様です。

そんな経験も有って今回は広い駐車場内のパンクでタイヤ交換なので比較的に冷静と本人は思っていたのだが・・

スペアタイヤを取り出して、前輪パンクタイヤのやや後部のそれらしい場所にセットして車体を上げに掛かるがモタモタして・・暑い暑い・・車内に置いて有った帽子を被り・・「そうだ軍手があったな~・・」有った有った軍手二つ、慌てて真っ黒い手に古い軍手を嵌めて作業再開・・時々ペットボトルの水を飲みながら10数分・・やっとスペアタイヤに交換して、ヤレ一息・・・

何故パンクしたのか今回の現場を改めて見ると、私の止めた場所の右隣りは軽自動車の場所で後輪用コンクリートブロックが1m程手前にセットされていたのだ。車を後輪用のブロックに前進で止めた上、今度は左へハンドルを切ったから堪らない、現在のタイヤは側面の強度は極端に弱いようだと改めて悟った次第です。

タイヤの横は脆いのです、車を止める場合も注意が必要です。修理屋さんは偶々間が悪かったと言って呉れますが・・タイヤには保証期間、保険は有りませんようで・・・

ともあれ原因が分かって今回は私の不注意、2か月の間にパンクが2回、ブリヂストンタイヤが高価だけに些か恨めしい・・

さて病院内の妻からは中々電話が入らない・・

どうせ今日直ぐ新しいタイヤが入る訳でもないし車内の私は覚悟を決めてクーラーを掛けて待機する事1時間余り・・

面白い事に気が付いた、この駐車場出入り口が2か所あり無料だから少し離れた住宅から家族連れらしき五六人止めてあったワゴン車に送って来た家族が乗り込んだお客?を送ってから遠くの自宅の方?へと帰って行った・・

別のグループ、一台の車に数人の女友達が乗って駐車場に入って来たと思ったら、場内に駐車していた3台の車に、夫々が乗り込み「じゃ~ね~!」と車内からお互い手を振って分かれて行きました・・チャッカリ無断駐車にご利用されていたのです。「家の近所にもこんな駐車場ないかな~」と羨ましくも有ったのです。

やっと妻から電話が来ました「今終わった・・」「ウン直ぐ行く・・」

帰り道の車内で、「又パンクしちゃったよ、時間が有ったのでユックリ取り替えたが・・暑いな~」妻「それは大変だったね・・・]

「先生に毎朝ドリンク1本飲んでいるけど大丈夫ですか?って訊いたら、何たら?が入って無きゃ大丈夫なんじゃ無い?」妻の係りの先生は確か若い女の先生です。

毎日暑い日が続いています。私は余り歩かない時はコレ1本を栓を開けずにグッと堪えるのですが、明日の朝は飲まないと、とても体が持たないような気もします。

 昨日も今日も明日も暑い暑い日が続きます。命に関わるような酷暑とは・・

これは異常?いやこれが正常、現状なのです。オツカレサマ

 

 

 

 

コメント