団地夫婦の日々

常盤平団地の53年、団地内散歩で気付いた事を時々に

常盤平団地の53年134 今年はトウモロコシが美味しい

2018-06-28 21:18:38 | 食いしん坊の買い物

「今日は暑くて蒸し暑い」表現まで暑苦しくて申し訳けありません。

道の駅境で昼飯を食べてから自宅へ電話する私です。

「今、道の駅境だけど・・何か野菜で必要なものはある?・・」「今朝生協で来たから皆有るよ・・」とは素気無い妻の返事でした。

前回大きなキャベツを買って帰ったら叱られた私「生協で来たばかりなのに・・・」と一喝!

お蔭で次の日から我が家の食卓はキャベツオンパレードと相成る始末・・

食事の度に妻の一言が出て来る「キャベツが有るから・・」

今回もキャベツは豊作が続いているのか、売り場面積の多くがキャベツで占められていたのですが・・・

そこで私「トウモロコシが旨そうだから・・じゃ~ねっ」

夕方帰ったら妻が珍しく「このトウモロコシ幾らした?」「130円位かな~・・」

妻が値段を訊くのには訳がある、先日近くの西友スーパーで珍しく自分でトウモロコシを買って来たのです。

我が家の初物はいつもの様に仏壇(仮)に供えてから夕食で二人して食したのだがこれが大変旨かった

「お母さん、このトウモロコシ甘味が有って美味しいね~」褒めたので気を良くしたかチャンと憶えているようです。

 少しピンボケのこの写真ですが、ワザと意地悪した訳では有りません。

  生でも食べられるとシールが貼って有ったのですが、気が付いた時は既に遅しに失して、台所に座って皮を剥き、正にブツリ3等分に・・・

アッと言う間に茹で上って「ハイっ出来たよ」旨そうです。

枝豆は生協で今日来たばかりの千葉産湯上り娘だそうです。

近頃何でもブランド物です、兎も角今は虫食いが有りません、農薬?いや作り方が上手になったと思いたいのです。

我が家ではトウモロコシは焼いた方が好みなのですが、今年に限っては茹でて正解のようですね。

特に今年はトウモロコシ、枝豆とも出来が良さそうです・・

生産者の皆さんありがとうございました。ゴチソウサマ

 

 

 

 

コメント

常盤平団地の53年133 団地うちそと日々変わります 

2018-06-27 21:40:19 | 夫婦

他人様が育てて他人様が収穫するのを見ているのが私です。ハイ只で見られて良い気分なのです。

いいえ、決して負け惜しみなどでは有りませんですよ・・ハイ

 松戸市役所に申し込めばOKらしい、観光農園の幟も立てて、もう新鮮な枝豆がお口に入った方もいらっしゃいます。

椋鳥も鳩も麦の落穂を拾う姿はもう有りません。麦畑の里芋、出来は如何でしょうか?

  妻がそれ見て「アレっ?・・花が・・」

一日中強風が吹き荒れていたので、早々に切り花にされたのだと思います。

何方かにプレゼントしたのかも・・とても気前が良い奥様なのですよ。

一階のYさんの奥様はお花を育てるがとても上手なのです。今年のアジサイもお化け?みたいに大きくて(@_@)していたのですが・・

今回は百合の花の蕾が馬鹿でかくて、何か特別の飼料をお使いになっているのかも・・あ~それなのに、それなのに♪

我が家のハイビスカスは今日は大きな花が3つも咲いて、強風で残り少ない葉っぱが御覧の通りの有様です。

こちら切り取って髪飾りにしてフラ踊るなんて夢想だにしない80代夫婦です。

嫁いだ娘が置いて行ったハイビスカスの鉢植えも年月と共に衰えているらしく、今年は妻が「土を入れ替えないと・・」鉢が大きくて重くて取り敢えず飼料を与えて、お茶濁しているようですが・・

 

コメント

常盤平団地の53年132 見送り芝刈り

2018-06-26 10:55:12 | 散歩がてら

先日私達の団地前の芝生が綺麗に刈られて、頭で言えば5分刈り?で現在スッキリしています。

暫らくして500m程離れたE地区へ散歩に出掛けて気が付いたのは、E地区は全然芝生に手が加えられて無い状態です。

雑草とは言え美しい花園の様でした、若しかするとこの景色がこの団地の芝刈り見送りになったのかも知れませんね。

私がパチリとやっていたら、若い女性が一人同じ風景をスマホに納めていましたが、辺りにいたお婆さんお二人、お互いに「綺麗ね~・・」と言い合って笑顔です。

 

 

 

 

コメント (2)

常盤平団地の53年131 古本屋さん閉店 

2018-06-25 13:20:58 | 日記

常盤平駅に近い所に有った古本屋さんの正面に、ひっそりと閉店の張り紙にが出されていました。

普段殆どお店の前は通らない場所なのでいつ閉店したのかは知りません。

以前、散歩の途中で見かけた時は確かにお店は開いていて、古本がうず高く積まれた薄暗いお店の奥に年寄りの店主を見掛けた事が思い出されます。

勿論私は一度も、お店の中に入った事も有りませんし、又どんな本が有ったのかも知りません。

先日NHKTVの番組で北海道の或る本屋さんが苦労の末に、今時の客のニーズの応えてお店のフアンを増やして繁盛している姿が報道されました。

然し一般的には町の本屋さんの殆どが苦戦しているのが現状ではないかと思われます。

常盤平の古本屋さん、私にはお店を畳み、閉めたシャッターに張られた自筆のへいてんの四文字が無念の中にも淡々と或る種、堂々の閉店宣言にも見えたのですが・・

洗濯物に囲まれて小さな日本朝顔が一つ咲いています。

 

 

 

コメント

常盤平団地の53年130 伊藤軒の鮎調布

2018-06-24 14:15:58 | 買い物

京北スーパー・kEIHOKUは千葉県の松戸、柏地区を中心とした地域型の食品スーパーで一般のスーパーと一線を画して少々高級な品揃えをしているように見えるお店です。

何でも少々レベルが高いだけに値段も高く、私も比較して全く同じ商品なら他の普通のスーパーで買い求めますが、バイヤー(京北ではお店の仕入係の事をこう呼んでいます)が吟味して仕入れし、売り場に並べていますので、冷やかし専門の私には楽しいお店なのです。

前は贈答用とかで時々買い物をしたのですが、ここ1年余り全くご無沙汰していました。

記憶の片隅に和菓子売り場で伊藤軒の名前が有ったので、散歩の途中に寄って見たのです。

入り口近くの果物売り場は京北が一番力を入れているらしく、今旬のサクランボやバナナも他の店では置いて無いような高級な品揃えがされて、普通なら直ぐ買いたくなるところですが、今日は買う気が無い私には、「良い物が有るな~・・」とジックリ眺めてからの素通りになります。

出口近くのお菓子売り場に矢張り有りました。伊藤軒の名が入った和菓子が・・

何と鮎の和菓子、そうです伊藤軒の鮎調布が、あの聖地霊園売店で一匹しか残って無くて諦めた調布鮎が20匹程置いて有ったのです。

慌てて(なに慌てなくても鮎が売り切れる訳では無いのですが・・)入り口に戻り買い物籠を取り、早速鮎調布を2匹、側に此れも伊藤軒の本葛使用とある葛餅を消費期限を確かめて購入したのです。

残念ながら八つ橋どらは有りませんでしたが私には鮎調布2匹で充分です。

丁度夕方近く鯖の押しずしも値引き価格でしたので、ついで買いしてレジへ向かいました。

支払い前に思い出しました。

「そうだ京北の会員カードが有った筈だが・・」財布入れから1年以上使っていない古い会員カードを探し出して、恐る恐るレジの女店員に・・「コレ使えるのかな~?・・」

チョッと見て店員さん「ハイ大丈夫ですよ」良かった~

現金でお代を払った後で店員さんが何やらブツブツ言って・・・やがて

「ポイントが大分溜っているし、カードも新しくなったので、今迄のポイントを買い物券に替えました。500円券が3枚です、次の買い物の時にお使い下さい。残りはポイント残になります、良いですか?・・」うわっ儲かった!良いも悪いも無い、伊藤軒の鮎調布のお蔭で思わぬ金券の貰い物、ポイントがこんな形で戴けるなんて今日は本当に嬉しく楽しい大儲けの買い物が出来て帰り道ニヤニヤして止まりませんでした。

今度は妻と一緒に京北へ買い物に来て1500円プラスで豪勢な買い物を楽しみたいと思う私です。

 ネットで調べたら調布の謂れは、税を布で納めた所から鮎調布と言われているようですが、謂れは兎も角普通の餡子より求肥が大好きな私です。

翌日、二人で一匹づつ求肥入り鮎調布を美味しく戴いたのは勿論です。ゴチソウサマ

あの日から四日目の今朝梅雨明けの気配です。

 

 

 

コメント