団地夫婦の日々

常盤平団地の53年、団地内散歩で気付いた事を時々に

常盤平団地の53年143 明暗 

2018-12-04 13:52:37 | 日記

芋がら?で良いのでしょうか?近所のネギ農家さんの畑で見かけたのですが・・

サツマイモやカボチャの葉っぱ、茎迄食べて戦後を生きて来た私です・・里芋の芋がらも食べたとは思うのですが、自分で料理をしたことが無い悲しさ、頭に調理された味、姿が浮かんでこないのです。

塩害を乗り越えてネギも順調に育っているようですが・・

 直ぐ傍に有る里芋畑、別の農家の奥さんが酷暑に汗だくでアブラムシと格闘しておられて・・その折色々お話させて頂いた畑なのですが、1か月近くなってもこの状態です。素人目にも出来の良く無い状態が窺い知れるのですが・・今年は収穫を諦めたのでしょうか、散歩の途中で眺めては、この里芋畑の主の姿を探すのですが・・・

 

コメント

常盤平団地の53年142 落ち葉三変化

2018-12-03 21:59:23 | 日記

一本の樹の下で、誰かさんが誰かさんがキレイな落ち葉みいつけた!

   

ドッコイ落ちて堪るか!

今日のお昼は焼きそばだ!ゴチソウサマ

 

 

コメント

常盤平団地の53年136 デジカメ

2018-11-25 16:02:21 | 日記

右のポケットにポイッと入れて散歩にでる私、無意識に数打ちゃ当たると言うかカチャカチャと・・「どうせ後で消しちゃえばいいんだ・・」なんて無責任な私です・・デジカメさん・・これからはもっと大事にします・・

天気が良かろうが曇ろうが、暑かろうが寒かろうが・・傘を持つのが億劫な雨降り以外は出来るだけ外へ出る私ですが・・

私の目には「いい天気だな~」デジカメのレンズからは「こんな青空だったのか~」そら~トリミング無しで・・

午前中80才の妻が美容院の帰りにコンビニで買って来たお弁当です。

月一度妻は美容院(一万円位するらしい)私は格安床屋(2000円弱、弱ですよ)です。

夕べも風呂上りに鏡に向かって「こんなに白髪になっちゃって・・」「白髪が流行っているそうじゃ無いか・・

白髪を染めるんなら・・どうしもしないけど・・」と反対の私ですが・・

コンビニで私が好きなオムライスと焼きそばを買って来てくれた妻と過ごす、世間並みの日曜日を過ごす私です。

ラグビーWK戦、ロシヤには逆転勝ちで気分良し・・大相撲は楽日です・・どちらが勝ってもいい・・まして稀勢の里の弟弟子と、貴乃花の元弟子です、優勝に向かってのぶつかり合いの熱戦が楽しみです。

投稿時間イッパイの「待った無しです・・」オムライスゴチソウサマ

コメント

常盤平団地の53年131 業務用

2018-11-20 21:32:35 | 日記

一昨日伊勢市在住の甥っ子から、今年最初のお歳暮が冷蔵宅配便で届きました。

同時に、その甥っ子から家内の携帯にメールが「美味しいから食べて・・」普通なら「お口に合うかしら・・」とか「謙遜するのが常識だろうが・・」と内心思ったのだが・・家内に近い甥っ子だから何も言わず「有り難いね・・」

思い出したが、甥っ子は伊勢の方でホテルのシェフをしていると聞かされていたので、料理人の確かな舌で吟味して贈ってくれたのだろうと・・結果は昨晩の夕食で「きりたんぽがこんなに美味しいのか・・」と食いしん坊がビックリの旨さだったのです・・夕べ久し振りに濁り酒を茶碗一杯飲んで、業務用きりたんぽを堪能して、お蔭で夜も気持ちよくグッスリ寝られて、今朝の目覚めもスッキリでした・・

宅配便の中は、夫々に材料毎に何も書かれていない包装紙に包まれて、比内鶏も牛蒡も、珍しいキノコも、きりたんぽ用の汁も、ネギだけは食べられる形で包丁で切るだけの太い下仁田ネギが・・夫々何の衒いも無く無地の包装紙に包まれて、鍋をコンロに掛ければ、即「きりたんぽ鍋の出来上がり・・」と言う状態で・・真っ白い発泡スチロールの箱にも製造元とかは一切書かれたものは無し、中のきりたんぽさえ御覧の通りです。

これを真の業務用と言うのですね・・改めてご馳走さまでしたと申し上げます。

ところでニッサンの問題・・私如きが云々するには余りにも事と金額がデカすぎて、唖然とするばかりですが・・私もお金は欲しいですが・・

先日、拙ブログでニッサン自動車松戸営業所の営業のSさんが模範的な人だと褒めたのですが・・

ニッサンには優秀な人達が沢山いる筈です、営業員の努力、技術者の支え、優秀な上司と部下、社員皆がこれから会社を創り上げて行くと信じています。

 私の業務用ニッサンウイングロードです、車は古いし、アチコチ傷だらけで、オマケに貴重なマニュアル仕様車ですから他の人は誰も運転して呉れません、私は自分一人で運転して12年間34万km、殆ど仕事でしか使わない私の業務用愛車です、最後まで快調に乗り続けるつもりです。ウイングロード良い車です。

 

 

 

 

コメント

常盤平団地の53年129 布製のグローブ

2018-11-18 11:24:18 | 日記

校庭でグランドで元気な子供達がサッカー、野球にと、楽しそうです。

「いいな~皆がボール一つづつ持って‥これからサッカーやるの?でもゲームの時はボールは一つあれば出来るんだね~・・」

「こちらは野球チームだね、赤いヘルメットは各自一つづつか良いな~」

「君達、自分の用品は大事にしてね・・」君たちのお父さんお母さんが買ってくれた高級な用品だもんね・・

84歳の爺は子供の頃を思い出しました。当時は終戦後で、先ず流行ったのが男の子は皆が野球でした。女の子は何をしたしょうか?女の子の団体競技って無かったんじゃ・・女の子の運動会の服装が眩しくて眩しくて横目でチラチラだったな~・・

学童疎開から帰った頃は、ボク等4年生になっていたな~

戦後空襲で焼野原になった東京の山手高田馬場に私の母校戸塚第三小学校はありました。

バラバラだった同級生がボツボツ集まってバラックの家からバラック建ての小学校へ通うようになった頃は、アメリカ進駐軍の影響で放課後は草野球だったかな~、野球ったってグローブは家の誰かのお手製で皮じゃなくて有り合せの布製の小さい、でも5本指が入れば当時は立派なグローブ・・直ぐボロボロになっちゃって・・僕なんかそれも無くて二つ上の兄の作ったグローブが羨ましくて、でも兄は滅多に僕にそれを貸してもくれなかった・・でも外野は素手でもOKだったから下手な僕はいつもホームベースから遠い外野だったな~・・

子供達は野っパラに五六人も集まれば直ぐに野球の練習を始めたよ・・3角ベースの野球なら5人もいればOKだからね・・両方で10人もいなければ相手に一人貸してくれたもんだ・・グローブやミット等攻守交代の度に貸し合ったりしてね・・

野球は9人でやるのは6大学とかプロ野球のチームだけだと思っていたんだ・・だから3角ベースの野球さ・・ホームベース板は、なんか誰かがブリキ板で作って歪な5角形の奴で・・1塁から3塁いや2塁か?・・それでも誰か詳しいのがいて「塁間が何メートルが正しい」なんて・・

少しづつ人数が殖えて4角ベースで野球が出来る頃は、今度は場所探しで大変だったな~・・同級生の友達に場所探しの旨いのがいて、その子の親は金持ちで野球の道具もシッカリと用意してきて・・と言ってもと矢張り布製のグローブだったけれど、ゴツゴツした新しいゴム製の健康ボール(軟式)もいつも持っていたし、長さの違うバットも2本持っていて、これは助かったね・・

ウエーティングサークルを棒切れで書いて、生意気にそこでバットの素振りなんかしちゃってね、兄弟の多かった僕には同級生に道具を借りる事に、何の拘りも無かったように思うよ、相手のチームは矢張り何処かの少年たちが集まったチームで毎週のように日曜日に何処かの校庭とか、広場とかで野球の試合をやったもんだ・・

或る日の事、試合前の練習中(な~に練習ったって代わり番コに打席でバッティング練習をするんだが、1回空振りすると、そいつの練習はオワリ)・・だからバット持ってる時間も短くて・・

そこへ一人の大人(今考えると20歳位の薄い髭を生やしたメガネ男だったと思う)が寄ってきて、金持ちのキャプテンに何か話しかけている。見るとユニホームも胸に何処かのネームが入っているし、グローブも使い込んだ革製だし、バットを抱えて、足元を見るとスパイクを履いているんだな~・・

キャプテンと小さな声で話していたが、やがてその大人の男はスゴスゴと原っぱの向こうへ去って行ったのさ・・

キャプテンに「如何したの?」って聞いたら「ウン・・こちらのチームに今日だけ参加したいとさ・・お金が、小遣い銭が欲しいらしい・・幾らだとは訊かなかったけど・・入れれば誰かが出られなくなるし、そんな野球ゴロみたいなのはお断りさ・・」流石キャプテンだと思ったね・・

然しその大人の人だって、きっと野球がしたかったのだと思うよ・・今だったら少年野球のコーチとして、子供達の指導をしてたかも知れないね・・

 常盤平団地、黄昏の野球場

学童疎開も一緒で、毎年戸三(戸塚第三小学校)の同窓会では幹事もしてくれていたS君が亡くなったと電話があった時は本当に辛かったな~・・本当に辛かった・・・

 

 

コメント