サラリーマンのよもやま話

40代独身サラリーマンが思いのすべてをぶちまける!…ってほどの大袈裟なものではなく、ただの日記です。

東京3R 3歳未勝利(ダ2100m)

2018年05月20日 07時56分42秒 | 一口馬主ネタ
愛馬ロイヤルアフェアが出走である。

【出走情報】
古賀慎明調教師「16日に南Wコースで追い切りを行いました。3頭縦列の2番手追走から、直線は真ん中に入れてしっかり追い同入しました。馬体はまずまず仕上がっていますし、息遣いも悪くないのですが、追い切りの終いの手応えが一息でしたね。この一追いでまだ上がってくると思いますが、休養が長かっただけに一度叩いた方が更に良くなってくると思います。地力でどこまでやれるかですが、今回は次に繋がる競馬が出来れば良いと思っています」

【調教】
助 手 5.16 南W良 66.3- 51.1- 38.0- 12.5[6]一杯に追う
  アジュールローズ(古1000万)馬なりの外0.6秒先行同入


前走から7ヶ月ぶり。
骨折休養からの復帰戦となります。

長かった~!!

もう5月も折り返し。
すなわち、未勝利戦もあと3ヶ月余り。
権利の無いお馬はチャンスも残り少なくなって来た。
もうそんな時期。
何とか結果を出してもらいたい。

古賀センセは「次に繋がる競馬」なんて、やや慎重なコメント。
まあ7ヶ月も休んだんやし、「ここは通過点」なんてコメントは出せませんわな。
未勝利戦だけに相手関係も良く分からん。
まあここはアッサリなんて場面も十分あるし、そうあって欲しいとは願っておるのだが…。

ただ、愛読紙日刊スポーツ(大阪版)では本誌◎の評価。
そして本誌含め7名中4名が◎評価。
一応プロである競馬記者さんの目から見てそういう評価をいただけるのは心強いわな。
そんなプロの方々の目が「節穴」では無いってことを証明する意味でも頑張ってもらいたい。

鞍上はウチパク騎手。
これは心強いね。
今日は東京ではオークスが行われる。
関西からもデムーロ、ルメールを筆頭に有力騎手が東上。
でも、このレースには騎乗なし。
だったらここは騎手の腕の差からも十分勝ち負けや。

冒頭でも述べたように、未勝利戦終了まで実質3ヶ月。
権利が取れなきゃあと2走が限界か。
長いようで短い3ヶ月。
何とかここは結果を出してもらいたい。
願わくば優勝を。
最低でも次走の権利を取ってもらいたい。

頑張れ!ロイヤルアフェア!
頼んだぞ!ウチパク騎手!!

(レース回顧)
16頭立て2番人気で12着でした。

アカンかったね…。
でも、レースを見てて薄々分かってはいたよ。
だって向正面で早くもジョッキーの手が動きまくってたもの。
これで最後にお釣りがあればバケモノですよ。

今日は次に繋がる競馬…だったかどうかは微妙だけれど、まあ7か月振りの競馬だ。
次が試金石。
次で今日のような内容だと…ちと厳しいかな


◆◇◆ランキング参加中です◆◇◆
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

タックル問題

2018年05月19日 07時46分31秒 | 時事ネタ
危険タックル ルール無視は競技への冒涜だ

いやー、今週の話題と言えばもうコレに尽きるでしょ。
そう。

日大アメフト部員による悪質タックル問題。

日大と関学大との試合で、関学大選手がパスを投げた約2秒後、日大選手が背後からタックルするという悪質極まりないもの。
関学大選手は怪我はしたものの命に関わるようなものでは無かったのが幸いだ。
でも、無防備な状態の背後からタックルて、一歩間違えたら命に関わるで。

でもまあ言ってしまえば日本ではあまりメジャーでは無いアメリカンフットボールの試合。
しかも学生の試合。
仮にこういうコトが起こっても普通なら報道すらされんやろね。

ほら、サッカーの国際試合において、某半島国家の選手が「日本人になら何をやっても許される」的な発想の元でラフプレーがあったり差別的行動を行ったりしてるやん。
こっちの方も同じような問題やと思うが今回みたいに連日報道されないよね。
(まあ日本のマスコミの中には某半島出身者が多数紛れ込んでいるとのウワサもあるから「報道しない自由」を駆使してる可能性もあるからね)

じゃあ何でこんなに話が大きくなってしもうたんや?
今回の場合はYouTubeに動画がアップされたってのも大きいやろね。
これもネット社会ならではか。
が、ここまで連日報道される要因ではあるが原因では無い。

じゃあ原因は何やろか。

「意図的な乱暴行為を行うことなどは教えていない」
「指導と選手の受け取り方に乖離があった」


もうコレに尽きるね。
こういう言い訳をしちゃいけません。
仮にこの言い訳が本当だったとしても、まずはすぐに「ごめんねごめんね~」と言わないと。(←こんな軽いノリではアカンけどね)

選手が勝手にやった。
指導者は悪く無いんや。


責任者のこういう言い訳、一番アカンやつやもんね。

そんな指導はしていない!選手が勝手にやったんだ!と言うのなら、じゃあなぜすぐに注意をしなかった?
まさにこれは「そういうプレーを容認した」ということでは無いのか?

「反則やるなら試合に出してやる」

なんてことを監督が言ったという話もある。
まあこういうストレートな言い方はさすがにしないだろうけど、こういう主旨の発言する人いるよ。
特に気合と根性だけで生きてきたスポーツバカの人間にはね。(←オレの個人的見解です)
監督にこんなことを言われたら、一生懸命アメフトやってる選手はやっぱりやっちゃうよ。
一生懸命やってる選手であればあるほど試合に出たいのも。

今回の件は「個対個」の出来事ではあったかも知れないけれど、アメフト部という組織で対応しなければならない問題。
それを組織の責任者である監督が問題発覚後一切表に出てきてないっつーのが一番アカン。

責任者が逃げててどうするよ?

会社でもいるよ。
普段エラそうにしてる上層部に限ってクレームの時には一切出てこないヤツ。

人間として小さ過ぎるやろ…。

ま、逆に言えば良かったやん。
監督がこういう人間だと分かったという意味では。
選手を守ってやれない監督なんて、ましてや選手に責任転嫁するような発言をするような人間なんて監督でも何でもないわ。
こういう監督の下ではアメフトをやる価値も意味も無い。
人としての価値まで下げられてしまうぞ。
(実際該当選手には世間からかなりの猛バッシングもあるみたいやし、精神的にももうアメフトは続けられんでしょうからね。)

そいういう意味ではTOKIOの山口メンバーの例の事件の時の対応。
発覚後他のメンバーが即会見し謝罪。
正直他のメンバーには関係ないやん!と思ったけれど、こういう過剰とも言える対応のおかげ?で問題は落ち着いた感があったよね。
もっと言えば他のメンバーの仕事に影響出ないで済んだよね。

やっぱり組織はこうでなくちゃ。
特に責任ある立場の人間はまず表に出て謝罪しないと。
今回のケースは監督が初期対応を間違ったせいで日大アメフト部員は試合の出来ない状況にまでなってしまってるやん。
何の罪も無い他の選手にまで影響が及んでいるからね。
どうするつもりや?

が、時すでに遅し。
ここまで問題が大きくなってしまった現状、日大アメフト部の監督はいつどんな形で表に出てくるのでしょ?
おっと、これだけは言っておく。

「責任取って辞めます」

こういうのは責任を取ったのではなく、責任からただ逃げただけやからね。


◆◇◆ランキング参加中です◆◇◆
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

京都5R 3歳500万下(ダ1800m)

2018年05月13日 09時10分58秒 | 一口馬主ネタ
愛馬ベルフロレゾンが出走である。

【出走情報】
高橋義忠調教師「見た感じはそこまで時計が掛かっているような動きではありませんでしたが、前日の雨の影響で馬場がかなり悪くなっていたこともあって、想定していたより時計が掛かってしまいました。その中でも最後まで脚が上がることもなく、しっかり駆け上がってきていたので、動きとしては上々の内容だったと思います。前走は上手く折り合いがついて1,700mの距離にも対応してくれましたが、流れが落ち着く1,800mにどれだけ対応してくれるかがカギになると思います。状態に関しては飼い葉をしっかり食べてくれていますし、休養前より落ち着きも出ているので、心身ともにいい状態で復帰させることが出来そうです」

【調教】
助 手 5.10栗坂稍 56.0- 41.1- 26.8- 13.2 末強目追う


ありゃ?
出走頭数が10頭立てとちょっと寂しい頭数に。
が、10頭立てと言いつつも、ベルフロレゾンを含め7頭が前走未勝利を勝ち上がったお馬。
これは正直大混戦。
どれが勝ってもおかしくは無いな。
すなわち、ベルフロレゾンにも十分チャンスはあるって話なんやけども。

残念なのはここ3戦手綱を取っていた藤岡康太がヴィクトリアマイルに騎乗のため乗り替わり。
藤岡康太もヴィクトリアマイルでのたった1頭の騎乗のために東京か…。
その騎乗馬はクインズミラーグロ。
前日発売終了時点で単勝18番人気の213.3倍。

藤岡康太レベルなら京都で騎乗すれば何頭も依頼があったろうに。
でも、その1鞍を選んで東京へ。
単勝最低人気のクインズミラーグロ、要注意か…。

…おっと、ここはヴィクトリアマイルの予想ではなくベルフロレゾンの応援日記だ。
今はダートの未勝利を勝ったばかりの身であるベルフロレゾン。
でも、この馬の叔母にあたる元愛馬シャトーブランシュも初勝利はダート戦だった。
が、後に芝の重賞マーメイドステークスを勝った。
ベルフロレゾンも来年の今頃がヴィクトリアマイルに出走出来るようなお馬になっていることを願う。

そのためにもまずはここでの勝ちを。
状態も良さそうやし、十分期待はしているで!
500万クラスのレベルでモタモタしてるようならGⅠなんて夢の夢の夢の夢やからね!

鞍上は乗り替わりとなったものの、松山弘平騎手だからGⅠ裏開催の京都としてはまずまずのレベルと言える。
松山騎手ならこの先主戦になるにしても十分期待は出来るジョッキーやからね!

頑張れ!ベルフロレゾン!
頼んだぞ!松山ジョッキー!!


(レース回顧)
10頭立て4番人気で4着でした。

道中は4、5番手あたりを追走。
無理なく追走しているように見える。
この手ごたえならひょっとする!?

最後の直線。
懸命に追い上げるも後方待機から4コーナーで同じような位置まで上がって来た勝ち馬の脚色が上回っていた。
せめて3着に!と思ったけれど最後まで捕らえることは出来なかった。

でも、昇級初戦でこの内容。
悪くは無かったと思う。
こういう競馬ができればそのうち順番が回って来そうだな。


◆◇◆ランキング参加中です◆◇◆
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

最悪の誕生日

2018年05月12日 07時59分54秒 | 独り言
5月10日は何の日でしょう?
ハイ。

ワタクシの誕生日でございます

何歳になった?
それはナイショ(←大体バレてるけど)
まあ精神年齢は14歳でストップしていることは間違いない…

そんな一応?おめでたい誕生日を迎えた今週。
が、そんな誕生日が最悪な1日になったんですよ。

何があった?
ハイ、それは仕事でのことですわ。

話は遡ること3月。
とある商談がまとまり契約をいただき納品したんですよ。
で、月日は流れてGW明け。
厳密には5月8日。
その3月契約の代金が約束の4月末を過ぎてるのに振り込まれていない、と事務方より連絡が。
で、オレは商談窓口となっていた担当者に連絡を入れたんですよ。
その担当者は「お金の管理は全て代表者がやっておりますので代表に確認しておきます」と。

で、翌9日。
その方から代表者に直接連絡を入れて欲しいと連絡があったんですよ。
ちなみにオレは代表者と面識は無い。
なのでどんな人物かも知らないのだが、とにかく教えられた電話番号に連絡をしたんですよ。

で、電話に出た人物にこちらの会社名を告げると開口一番…

「私はね、腹が立っているんですよ!!」

…と。
は?
ちょっと意味が分からない。
理由と尋ねたらこういう言い分だった。

補助金を使って購入しようと思っていたのに補助金は使えないとはどういうことや!
話が違うやないか!
だから金は絶対に払わん!


…と。
え?
ますます意味が分からない。

ちなみに補助金とは国がやってる施策でこの4月から募集が始まっている制度。
なので3月に契約したこの商談の商品では当然適用されません。
そもそも商談がまとまったのが3月やけども、商談してたのは年末から2月にかけてのこと。
当然この時期はそんな補助金があることすら分からない。
なので商談過程において「補助金使えます」なんてことを言うはずもない。

と、当たり前の反論したらますますご立腹に。
「だったら補助金の案内なんか紛らわしいことをするな!」
…と。

何を言ってるんでしょうか。
確かに補助金の案内は担当者の方にしたさ。
それは認める。
が、案内をしたのは4月に入ってから。
なので3月に契約の件とは一切関係が無い。
4月に案内した時に担当者から「先月買った商品に適用できますか」とは聞かれた。
なので当然のことながら「使えません」と答えておいた。
その話が担当者から代表者に伝わる過程において時系列が無茶苦茶になり、代表者の脳内でいつの間にか補助金使える商談だったのにと変換された模様。
そもそも今回契約した商品は補助金を使える対象の商品では無いのだ。
オレが案内したのは担当者に補助金のことを教えてと言われたから一般論として説明しただけなのだ。

なのでもうこの後は言った言わないの水掛け論。
時期的にも商品的にもまったく該当しませんという当たり前の理屈がもう通用しない。
国が出す補助金ってのは当然税金を使ってのもの。
だから適用するにはそれなりに厳しい条件があるのに…。
「欲しいものあったら何でも買いや
みたいな甘いものでは無いのに何を勘違いしているのだ。

オレもだんだん腹が立ってきたので一歩も譲らず。
なので向こうも余計にヒートアップ。
挙句には「不可能を可能にする努力をするのが営業の仕事だろうが!」と。

は?
オレは神様ちゃうねん!
ただの人間や。
人間の中でもさらに凡人の部類や。
不可能なことを可能なんかに出来ますかいな。
それともオレに不正をして補助金をせしめろとでも?

そんなことは断固お断り。

で、結局水掛け論が15分くらい続いた後、向こうが「こちらにプラスの材料を提示出来る様になったら電話して来い!」と捨て台詞を吐いて電話を切った。

一応会社に経緯を報告。
翌10日(オレの誕生日)に社内で対応を検討。
裁判しようか?まで話が出たけれど、まあそこは穏便に。
我が社も一応世間様に名の知れた会社だ。
こっちはまったく悪く無いけれど、コトは穏便に。
まずは直接会って話し合ってみようという結論に。

で、再度電話をかける。
「会ってもええけど、前向きな話を持ってくるんやろな」
と言うので「前向きな話とは何ですか?補助金を使えるようにしますとお答えすることですか?」と聞いてやったら「そうや」と。

「そういうお話は昨日も再三再四申し上げましたように、出来ません」
と言い放ってやったらまた怒りやがんの。
「だったらキャンセルや!商品持って帰れ!そしておたくとはもう取引しない!」
と。

取引しない!?
それはこっちのセリフじゃ!


本来は納品して1ヶ月以上も経ってるし、その間も普通に使ってるので返品なんて本来受け付けないのだが、そこは寛容な心?で返品を受けることに。
ただ、「ハイ、分かりました」と受けるとこっちが負けたみたいでこっちも腹の虫が収まらない。
なので「かかった人件費は請求させていただきますね」と言って電話を切ってやったぜ。

しかし。
思い出しただけでも腹が立つ。
せっかくの誕生日にこの不毛なやり取り。
精神的にもかなり疲れたぜ。
本当はもっと具体的に書いてやりたんだけども、いろいろ特定を避けるためにこの程度にしておく。

世の中には一定数の常識を超越した思考の持ち主がおります。
商売をしているとそういう方々と出会うことが多々あります。
そして商売をしているとそういう方々が「お客」という立場であることがほとんどです。
が、今回のケースの場合で言いますと…

何をゴチャゴチャ言おうが商品を受け取っておきながらカネも払わんヤツは客でも何でも無いんじゃクソがぁ!

…と言うことです。

ちなみに昨日(11日)、オレの上司が直接電話をしたらしいのだが、いろいろ言うてたものの要は初めからカネを払う気なんて無かったようだと言ってた。
何やそれ…。

もしも。
もしも今このブログを読んで似たような経験の心当たりのある方。
すぐに態度を改めて下さい。
世の中「ゴネ得」なんてことがまかり通ることもありますが、それはその時だけの話でいつかご自身に跳ね返って来ますよ。
「そんなことはない!世の中言うたもん勝ちや!」なんて思ってらっしゃるのならオレからもひとこと言わせていただく。

死ねよこのゴミクズ人間


◆◇◆ランキング参加中です◆◇◆
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

東京10R 緑風ステークス(芝2400m)

2018年05月12日 07時49分26秒 | 一口馬主ネタ
愛馬グランドサッシュが出走である。

【出走情報】
武市康男調教師「9日に坂路コースで追い切りました。馬場状態が悪かったので無理はしませんでしたが、動きはまずまずだったと思います。やや急仕上げで、もう1本ほしいというのが正直なところですが、先週末ぐらいから動き・息遣い共にだいぶ良くなっていましたし、この一追いで何とか態勢が整ったと思います。状態的には良い意味で平行線と言えるでしょう。前回はモタれる癖が出てしまいスムーズさを欠いてしまいましたが、左回りでしたらそのようなことはないと思います。ある程度流れてスタミナ勝負になれば、巻き返すチャンスは十分にあると思っています」

【調教】
助 手 5. 9南坂不 57.8- 42.9- 28.8- 14.4 馬なり余力


最近は頭打ち感が否めないグランドサッシュ。
良い意味で平行線?
すなわち、上積み的なものは何も無いと言うことでしょうか…

まあ仕方無いか…。
もう7歳。
いつ引退の声が聞こえてもおかしくは無いもんね。
が、やはりもう一花何とか咲かせて欲しい。
それを持って引退の花道となればいいんやけどな。

今回はこれまで実績のある東京2,400m。
もうこの一点だけが唯一の希望と言っても過言では無い。
もしもここでダメなら…正直もうアカンやろね。

もしくは別路線を目指すか。
この歳で別路線?
そうです。
障害転向です。
この馬と同期の愛馬パドルウィールも今障害練習を頑張っています。
先日試験もパスしました。
障害という意味ではむしろパドルウィールよりもグランドサッシュの方が向いているとオレは思うんだな。
障害なら7歳8歳ならまだまだ現役バリバリで活躍できるもんね。
なのでグランドサッシュも障害転向を視野に入れての今後の路線を模索して欲しいものだ。

…おっと、もう負けること前提みたいなネガティブな内容になってもうた。

今回の鞍上は石川裕紀人騎手。
オレの愛馬に騎乗は初めてだよね?
(違ったらごめんねごめんね~
正直馴染みは無いけれど、オレの中では若手有望株という認識。
今回みたいに人気の無い馬(←おいおい)で実績を挙げて、その名を全国区に轟かせたらよろしいやん!

頑張れ!グランドサッシュ!
頼んだぞ!石川裕紀人騎手!!


(レース回顧)
13頭立て9番人気で3着でした。

今日は久々に最後まで頑張った!
先行集団でレースを進める。
ここ何走かは3コーナーから4コーナーでもう手ごたえが怪しくなってたけれど、今日はまだまだ余力があるように見える。
長い東京の直線、まだまだ頑張る。
さすがに勝ち馬までは捕らえ切れなかったけれど、それでも後続からの追撃は許さず3着でゴールしました。

やっぱり東京のこの条件は走るね!
これが復調の兆しなら良いのだが…。
今日のような走りができるなら、もう一花の可能性も大いにあり。


◆◇◆ランキング参加中です◆◇◆
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

限りなくブラックに近いグレー

2018年05月06日 09時26分52秒 | 独り言
資料作りを部下に命じない…社員が納得できる「職場づくり」が広がる

GW最終日。
皆様、いかがお過ごしでしょうか?
帰省されていた方々は今日お住まいの地域に戻られるのでしょうか。
オレは…今日も1日ダラダラ過ごす。
明日からまた地獄の日々が始まるから。

なぜ地獄の日々なのか。
答えは簡単。

仕事がちっとも面白くないから。

これはほとんどのサラリーマンの共通認識でしょうな。
じゃあなぜ仕事が面白くないのか。
思ってた仕事と違う。
やりたくない仕事をやってる。
理由はいろいろあるだろう。
オレの場合はもちろんそれらもある。
が、一番は職場環境がウザ過ぎるってコトかな。

世間体を気にする我が社。
第三者が聞いたら「何ですばらしい会社なんだ!」と思うことを多々実践してます的な感じになっている。(あくまでも「感じ」ね)
が、実情はまったく違う。
とにかく理屈抜き。とにかく気合と根性が求められる。まさに軍隊。(軍隊の実情は知らんけど)
そんな職場、楽しいワケが無いじゃないの!

そんな心境の中、何気に見つけた冒頭のリンク記事。
ふーん。
世の中には我が社のように「世間体」としては職場環境の改善を進めている会社もあるんだな。
ま、そりゃそうか。
今はネットが進んだ時代。
昔のようなことをやってれば即「ブラック企業」のレッテルを貼られる。
しかもそれがSNSなんかを通じて即拡散だから。

で、そのリンク記事。
読んでみましたがなかなか興味深い。
こういう職場環境ならば、仕事のストレスもある程度は軽減されんだろうなぁなんて思いながら読んでみました。
で、我が社にも当てはめてみました。

全社員が人事部にさまざまな相談をいつでもできる。
我が社にも似たような制度があります。
パワハラ、セクハラ等があった場合はコッソリ相談できる窓口があります。
が、不思議なことになぜか相談したことがバレるんだなぁ。
そして結局対外的には無かったことになってしまうんだなぁ。
なんでだろーなんでだろーななななんでだろー

20代の職員1人が3人の先輩職員から丁寧な指導・育成を受ける。2人は中堅の職員で、日々の仕事を個別指導で教える。3人をつけるのは、1人が不在のときにもう1人が職場にいて指導ができるからだ。
入社後の研修が終われば一切指導も教育も無い。
仕事は教わるもんじゃ無い!身体で覚えろ!
そんな昭和な空気感。

「管理職は率先して休む」では、管理職は年度末に未取得の年次有給休暇が5日を超えた場合、理由を担当役員に報告する。いっそうの取得を促進するためだ。
我が社も管理職は率先して休んでますよ。
そういう意味では我が社も同じ。(さすがに休み獲らなかった理由まで報告は無いけれど)
違うのは俺らみたいな下っ端に対してだけ。
下っ端が有休休暇を申請しようものなら「休むという権利を行使する前に業績達成という義務を果たせ!」なんて温かいお言葉をいただけますもんで、上司が休むのを横目にこっちは日々労働ですわ。

「自分のことは自分でやる」では、所属長は原則として業務上の資料や原稿を自分で作成し、部下に命じないこととした。
毎月毎月当たり前のように上司が出席する会議資料を部下のオレが作成しておりますが何か?
確かに作成を命じられては居ない。
だって部下が作るのが当たり前の空気だから。

「働き方改革」なんて言われておりますが、改革を進めるにはやっぱりまずは「人間の改革」でしょ。
ナンボ会社が声高らかに言ったところで現場の長が昭和的気合&根性論を振りかざしている限り、職場環境の改善なんて進みませんわな。
未だに言うヤツおるもん。

「オレらが若い頃はもっと厳しかったんや!それに比べたら…」

…なんて。
だから?
だからお前らも厳しくても我慢しろってか?
今はそんな時代じゃ無かろうに。

今だに社員間コミュニケーションはお酒の席が一番!なんて風潮もあるからね。
さらにお酒の席では上司にゴマすってナンボ。

あー、マジでウザいわー。

ちなみに。
我が社では今月から「○○部長」とか「○○課長」なんて呼び方を廃止。
相手が社長だろうが何だろうが社員間では全員お互いを「○○さん」と呼ぶことにするんですって。
呼び方をこう統一することで目線を同じにしてより連帯感を増すとかどうとか…。

こんな小手先のことで絶対に何も変わらんて。
バカな上層部の連中の性根が腐っている限り変わらんて。


世間的には良い会社。
でも内情は限りなくブラックに近いグレーな体質の我が社。
そんな腐った会社に明日からまた出勤。
連休最終日の今日一日、心穏やかに過ごしましょ…


◆◇◆ランキング参加中です◆◇◆
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

園田競馬ドキュメント ~2018年GWシリーズで人生初の事件発生!編~

2018年05月05日 10時26分11秒 | 競馬ネタ
GW後半3日目の朝です。
1日と2日を休んだ方々には9連休の8日目。
皆様、いかがお過ごしでしょうか。
オレはぼちぼち憂鬱になり始めています…

さて。
GW後半4連休。
オレは当初の計画どおり、昨日GWシリーズ真っ只中の園田競馬場に出かけてまいりました。



昨日は本当にすごい人。
ナイター開催ってこともあったんでしょうけど、さすがGW。
上の写真は1Rか2Rのパドックの様子。
この時点でこの人ですから。

そもそも14時開門でオレは13時50分ごろ競馬場に着いたんやけど、もう駐車場がほぼ一杯。
こんなの初めてですわ。
しかも、何レース目だったか忘れたけど、競馬新聞の販売所の前を通ったら新聞が売り切れてたからね。
新聞が売り切れなんてあるの!?
オレは長いこと競馬やってるけど、園田競馬も何回目か忘れたけどこんなの初めてですよ!!

…ちなみに、記事のタイトルに書いた「人生初の事件発生」はこのことではありません。

話を戻す。

GWシリーズの園田競馬はイベント盛りだくさん!
ましてやナイター開催。
ましてやこどもの日(の前日)開催。
いろんなイベントが一杯ですわ!

まずはコレ。


快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャーショー!!

快盗戦隊てどんな戦隊やねん!
正義なんだか悪者なんだか…(笑)
まあ子供向けだ。
深い意味なんぞあるまいて。
子供がカッコイイ!!と思えばそれでいいんです。




ちなみにオレはショーの司会のおねいさんが、おねいさんと呼ぶにはビミョー過ぎることが気になった(笑)


競馬場についてほぼすぐにこのショーを見た(子連れ親子に混じって独身のおっさんがショーを見つめる&撮りまくりの姿を周りから見れば違和感があったろう)ので馬券購入は2Rから。
ちなみにハズレました
GW前半に行った京都競馬で全敗という不名誉な結果のリベンジマッチと位置づけた割りには幸先良くないな…。

続く3R、4Rは再びイベントのため購入せず。
そのイベントとは…



園田金曜ナイターマスコットキャラクター「そのたん」とオッズパークイメージキャラクター「マキバオー」とのキャラクターショー!!

…ではありません。
本当はオッズパークPRESENTS…



JRA騎手、岩田康誠騎手&ミルコ・デムーロ騎手によるトークショー!!

話題は先週の天皇賞・春の話や明日のNHKマイルカップの話題など。
さらには前日行われた兵庫チャンピオンシップの話などでした。

天皇賞・春を優勝したお祝いに花束を渡された岩田騎手と、そのプレゼンターとして現れたSKNフラッシュ8リーダー佐藤夢ちゃん。


でもオレが一番テンションが上がったのは岩田騎手でもなけりゃデムーロ騎手でも無い。
ましてや佐藤夢ちゃんでも無い(←失礼



どすん!

どう?超かわいくない?
数年前にグリーンチャンネルで初めて見た時からもう一目惚れですわ。ポッ
もうね、司会進行がこのお方だからこのトークショーを見たと言っても過言ではありません。

え?誰ですの?やて!?
知らんの!?
マジで知らんの!?

このお嬢様はJRAの矢作芳人調教師のお嬢さんでタレントやってる矢作麗ちゃんですよ
さすが卒業生の大半が東京大学や有名大学、医学部に進学する超名門開成高校出身のお父さんの血を引くだけのことはある。
その笑顔からは知性と品の良さがにじみ出ておりますわ!




このイベントには夕方に第2部もありまして。
こちらにはおねいさんが追加投入されました。


最初の写真が衣装を着替えた佐藤夢ちゃんと並ぶ茶色スカートが元NMB48の島田玲奈ちゃん?
次の写真がSKNフラッシュ8の新入りメンバー太田サキちゃん?
まあ詳しいことはオレも分からん。
気になる人はgoogle先生にでも聞いてくれ。

第2部のゲーム対決でスカートがめくれそうになるのも気にせずお尻をふりまくる太田サキちゃん。


続いてのイベントはお笑いライブ!
今回のゲストは…



コロコロチキチキペッパーズ!

この人たち、最近テレビで見る?
オレが見ないだけかな?
でも、ネタは面白かったよ。

最初の戦隊ショーと次のトークショーは写真撮り放題。
何だったらSNSで拡散してね!まで言ってたのに、このお笑いライブだけは撮影禁止やて。
ケチくさ…。
なので遠慮してにこの1枚だけ撮影。(←アカンやろ!)
関係者の皆様、盗撮紛いのことしてごめんねごめんね~
でも、アカンと言われたらやってしまう。(熱湯風呂で絶対に押すなと言われたら「押して下さいの意味」の理論。)
それが関西人。結構みんな撮りまくってたよ。

さてイベント合間の馬券勝負。
5R、7Rを購入するもハズレ…。

ここは陽気なサンバでも見て気分転換…。
(しかし、いつも思うのだが園田競馬とサンバにどのような因果関係が!?)


さあ、ぼちぼち日も落ち始め、ナイター競馬モード突入!


…の意気込みとは裏腹に、とにかく寒い!
昨日は気温が低めだった上に晴れてた思ったら急に雨がパラパラ降ったり風がかなり強かったりで変な天候。
日がある間はまだ良かったが、日が落ちたらその風が体感温度をさらに下げる。
新聞を持つ手が冷たい~!!
ここはそろそろ当てて懐だけでも温かくなりたい!!

10RはB1クラスの特別競走「オッズパーク杯」。
ちなみに開門直後にオッズパークのノベルティを配布してたけどオレも貰ったよ
昨年に引き続きオリジナルボールペンをゲットだぜ!

で、レースの方はまずは当てることを重視。
パドックを見てもちっとも分からん。
なので昨日は金沢から参戦してた吉原寛人騎手の応援の意味も込めて吉原騎手騎乗のラブミーファルコンの複勝1点で勝負。
単勝4番人気ながら複勝でも2倍超付いてたのでこれはオイシイと思ってね。
それにこの日の園田初騎乗となった7Rでも吉原騎手は3番人気の馬で5馬身差の逃げ切り勝ちを決めてたからね。
これは騎手の調子も絶好調だと見越して。

その見立てどおりクビ差ながらキッチリ勝利
複勝2.6倍ゲット!
単勝にしときゃ良かった~!と思ったけれど、まずは当てるのが大事。欲を出しちゃいけませんわな。
これで気分良くメインレースの重賞、兵庫の天皇賞・春とも呼ぶべき「兵庫大賞典」を迎えることが出来るわ。

オッズパーク杯の表彰式。


さあ迎えた兵庫大賞典。
誘導馬のおねいさんも2人体制。
あれ?おねいさん一人代わった?
前はおばさん美熟女だったような気がするが二人とも若いおねいさんだわ…。


あ、代わったと言えばスタンド改修工事中だった園田競馬場。
その一部が工事完了しておりました。

結構小奇麗になっとるわ。


ラジオ大阪の競馬中継ブースもスタンド1階に移動してましたわ。


話を戻して兵庫大賞典。
勝ち馬は2番人気マイタイザン号。



優勝した関係者の皆様、おめでとうございます


ちなみに馬券の方はと言いますと、オレは勝ったマイタイザンを軸に馬連で2頭へ。
が…残念。
1着3着でハズレ
これだったらオレの軸馬でもある勝ったマイタイザンの単勝(最終的には3.8倍付いた)で良かったなと。
2着馬が圧倒的人気のお馬で馬連で2.5倍だったからね。

ま、ええわ。
表彰式も見たし、イベントも楽しんだし、京都競馬の時と違って10Rで馬券も当たったし。
リベンジって程では無かったけど、十分今日は楽しめた。
10Rで的中した馬券を換金して帰ろうーっと

…。

…。

…え?
まさか?
まさか!?
まさかまさか!?

そうなんです。
確かにポケットに入れておいたはずの10Rの的中馬券が…無い。
ポケットの中にはビスケットが一つ…では無く、11Rの兵庫大賞典のハズレ馬券のみが入っておりました…
どうやらどこかのタイミングで落としてしまったようで

コレが記事のタイトルに書いた人生初の事件ですよ。

長いこと競馬やってるけど、こんなことは初めてだわ
換金してたとしてもたかが2600円。
されど2600円。
競馬場の駐車場代とメシ代くらいにはなったのになぁ…。
当たったと思った馬券がマークシート塗り間違いでハズレた時とはまた違ったガッカリ感がありますわ。
まだ救いは高額馬券じゃ無かったことくらいかな。
もう万円単位だと残念すぎて涙さえ出ないだろう。
でも、精神的ダメージは大きい…

楽しかった1日が最後の最後に残念な結果に。
これで園田でも払い戻しを受けられなかったという意味では馬券は全敗
競馬の神様の意地悪!!!

今回の教訓。
的中馬券はすぐに換金しよう。


◆◇◆ランキング参加中です◆◇◆
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

また一人、マスコミに人気タレントが消される

2018年05月04日 07時35分11秒 | 時事ネタ
梅沢富美男、山口達也を叱責「アイドルっていう看板を背負っているんだから許されない」

昨日よりGW後半戦がスタートしとります。
皆様、お出かけ等楽しんでおりますでしょうか?
オレは例によって引きこもりの予定。
唯一の予定としては今日、園田競馬のナイターに出かけるくらいだ。
(誰かデートしておくれよー

で、当然休日に家で引きこもっておりますと、当然テレビを見る時間も増えるってもんです。
で、休みとは言え土日では無い曜日の日中はワイドショー的な番組が多い。
で、今ワイドショーの話題を独占しているのはTOKIOの山口達也メンバーの強制わいせつの話ですよ。

一昨日だっけ?
山口達也以外の4人が会見を開き、それがまた格好のワイドショーのネタに。
昨日は朝からどのチャンネルを見てもほぼ全部コレ。

オレも先月にこのニュースを会社帰りにスマホに表示されたニュース速報を見て知った。
「え!?山口ナニやっとん!?」
と思ったよ。

が。

被害者とは示談が成立した。
検察も不起訴処分とした。


これだけでもう終わった話でしょ。
そもそも4人が会見までする必要ある?
まあ超人気アイドルグループなんだから会見しなきゃ事態が収拾しないってのもあるんだろね。
冒頭のリンク記事で梅沢富美男が言ってることが全て。

「彼らは会見なんかしたくなかったと思う。芸能人という枠の中にいるから、せざるを得なかった。会見しなきゃマスコミが必ず追っかけてきて、下手すりゃ被害者の女の子のところまで行くだろ」

「これだけは言っておくけど、マスコミもこれだけの会見をしたんだから、ダラダラといつまでも(映像を)流すのはやめろよ。でも、日テレがやめたら、TBSが流して、TBSがやめたらテレ朝が流して、テレ朝がやめたらフジが流すんだろうな」とマスコミの報道姿勢を批判した。

ほんまコレに尽きるね。

そもそもマスコミの報道姿勢もおかしいよ。
ほら、去年の今ごろにもあったやん。
人気俳優の小出恵介が17歳の女子高生と飲酒&淫行って話題が。
マスコミは小出が夜にバーに17歳女子高生を呼び出して酒を飲まして無理矢理淫行みたいに報じた。
これだけ聞くと山口達也とほぼ同じ。

でも結局は相手の女は17歳だったけれど高校にも行って無い、普段から飲酒&喫煙。おまけに子持ち。
あげく淫行後に小出に金銭まで要求。
おまけに本人がSNSに「楽しかったよぅ」なんてアップしてるのが発見された。
小出がまるでレイプしたかのようなマスコミ報道とは事実がまったく違ったやん。

マスコミは日ごろ人権ガー!なんて言ってるけれど、マスコミに人権なんて存在しないからね。
オイシイネタにはとことん喰らい付く。骨の髄まで食い尽くす。
まさにピラニア。ハイエナ。某半島の国家みたい。
要はカネになれば話も多少盛っておもしろくしてしまえって話か。
どうせマスコミは責任なんて取らないんだから。

だからね、今回の件も少し懐疑的。
大筋は間違っちゃいないんだろうけど、そもそも一人暮らしの独身男から夜に家に来いといわれてホイホイ行くんかって話。
そもそもホンマに普通の女子高生?
オレからしたら夜に男の家に呼ばれて尻尾振って出かける時点で普通やないけどな。

仮に普通の女子高生やったとして、そりゃ相手は超人気アイドルのTOKIOの山口や。
女子高生としては行きたいに決まっているよ。
が、そこはなぜ親が止めん?
親なら分かるやろ?
夜に独身男が家に若い女子を呼び出すということはどういう目的が含まれているのかが。
「何もせえへんから!絶対に何もせえへんから!」と女子をラブリーなホテルに誘う男が何もしないわけが無かろうて。
それと同じやて。

黙って娘が出て行ってたのだとしたらもう問題外。
完全に日々娘に対する親の教育が悪い。
オレからしたら「どんな教育しとんの?」と娘よりも親に説教したいくらいや。

が、こういう意見にはマスコミは厳しいよね。
被害者を叩くな!
セカンドレイプや!

…とね。

オレかて山口のやったことはアカンと思うよ。
けど、マスコミ(特にワイドショー的なやつ)の話は基本鵜呑みにしないオレ。
今回の件、100%事実を報じてるの?って話。
視聴者にはどこの誰か分からんことをええことに、「関係者の話」として想像部分をまるで事実のように報じてない?

まあ今回の件でオレが一番心配なのはTOKIOの山口が社会的に抹殺された今、TOKIOの人気番組、THE!鉄腕!DASH!!はどうなるの?って話。
特にその中でオレが好きな企画、DASH海岸とDASH島。
この2つは城島リーダーと山口がメインだっただけに、この先どうなるんだろうか…。

オレから日曜夜の楽しみを奪わないでくれ!!(←結局は小さい話


◆◇◆ランキング参加中です◆◇◆
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

京都競馬ドキュメント ~2018年GW編~

2018年04月30日 06時53分51秒 | 競馬ネタ
桜も散り、行楽にはもってこいの季節になりました。
そんな季節にこれまた取って付けたように休みが連なるこの時期。
そうです…

ゴールデンウィーク!!

誰が付けたか、嬉し恥ずかし昭和の和製英語。
外国人が聞いたら「ナンデスカソレ?」的な言葉。
でもいいんです。
誰が何と言おうと連休っつーのは嬉しいもんなのです。
これは出かけねばならんでしょ!

つーことで、まずはGWの前半はほぼ恒例行事となりました競馬観戦に出かけましたよ。
出かけた先は春の天皇賞が行われた京都競馬場!!

緑が鮮やか~


…ですが、行ったのは天皇賞が行われた昨日ではなく一昨日の土曜日ね。
天皇賞当日なんて人が多すぎて競馬を楽しめるなんで状況では無かろうて。
純粋に競馬を楽しむのなら人もそこそこな特に大きなレースも無い土曜日に限る!

でも一昨日はGW初日、しかも行楽日和とあってかかなりのお客で賑わっておりましたよ。


そして例によって1レース目から参戦。
愛馬の出走が無い時に競馬場に来るのは久しぶり。
つか京都競馬場自体も2016年の秋以来やから1年半ぶりか。
これは純粋に馬券を楽しむ1日にしよう

1R 3歳未勝利戦 ハズレ
2R 3歳未勝利戦 ハズレ
3R 3歳未勝利戦 ハズレ

…。



…まあね、こんなもんでしょ。
そんな簡単には当たらないさ。
そんな簡単に当たってりゃ誰も真面目に働きやしませんて。
毎週競馬だけやって生活してますて。

でも、一旦気分転換

勝負事には「流れ」っても大事。
こういう悪い流れをいつまでも引っ張ってちゃいけません。
一旦悪い流れを断ち切るために、少し早いが何か食べましょ。
朝も早起きやったし腹減ったわ。

つーわけで、京都競馬場では4月28日と29日の2日間、「春の人気グルメキッチンカー」なるものが出ているらしい。
よーし!人気グルメとやらを食べつくしてやるか!!



…なんか思ってたんと違う
まだ縁日とかに出ている出店の方が魅力的だわ

つーわけで京都競馬場グルメは…


てんぷらそばとカレー。

行楽っぽくも無けりゃ京都らしくもありません…

さあ!気を取り直して馬券勝負再開。
本気出すのはこれからや!

5R 3歳未勝利 ハズレ
6R 3歳500万 ハズレ
7R 4歳以上500万 ハズレ

…。

…。

…ヤバイ気がしてきた
まさか全敗なんてこたぁあるまいな!?
馬券を純粋に楽しもうなんて思ってたけど、ちっとも楽しくないぞ!

再度流れを変えよう。
こういう時に便利なのが「クイックピック」馬券!
何とコンピュータが勝手に馬券の買い目を決めてくれると言うね。

なので8Rはクイックピックで勝負!
でも1頭くらいは自分で考えたい。
つーことで、たまたま出走していたオレも会員であるシルクのお馬を応援することに。
6番バレーロを1頭決めて後はコンピュータ任せやで!!



…結果、バレーロは4着で馬券圏内に絡まずアウト~
仮に馬券圏内であったとしても当たって無いけどね

ちなみに一昨日は何頭かシルクのお馬が出走してたので現地で応援できなかった出資者の方々に代わってオレが写真を撮っておきましたよ。
(決して馬券を買って応援したワケでは無いという

京都3R ルナステラ


京都6R メジャーレート


京都9R矢車賞 ムーンライトナイト


やっぱり出資してないお馬よりも愛馬の写真を撮るほうが楽しいなぁ…

そんなこんなで迎えた京都9R矢車賞。
ここまで馬券は全敗。

どうする!?
どうするよ!?オレ。
早起きして片道2時間半もかけてわざわざ京都までやってきて手ぶらで帰るつもりかい!?
残すレースもあとわずか。
ここは精神的に自分を追い込んで直感力&集中力を高める作戦です。
悟空が初めてスーパーサイヤ人に覚醒した時の如く!
聖闘士星矢が第六感をも越えたセブンセンシズに目覚めた時の如く!!(←意味不明)

…で、結果ハズレました
見事に全敗です。

まあね、何をやってもアカンという日はありますわな…
もうね、何を買っても当たる気がしませんわ。
つーわけで、ここで完全に心が折れました。
馬券を買うモチベーションが無くなりました。
で、9R終了時点という非常に中途半端な時に競馬場を後にしました…。

ちなみに。
この負の流れは翌日まで継続?
29日の朝、運転免許の更新に出かけようと車に乗ったら…バッテリー切れで動きませんでした。
そういやしばらく乗ってなかったなぁ。
ハイブリッドカーの弱点がモロに出ましたわ。
(でも実はこれが2回目。懲りてねー)
こういう時のために、次に買う車はプラグインハイブリッドにすべきやな(←そしてやっぱり懲りてねー)

そんなこんなで馬券はちっとも楽しめず、久しぶりの京都競馬場の雰囲気のみ楽しんだGW初日。
このリベンジはいつか必ず…では無く、もうすぐに果たさせてもらう!!

次は5月4日に園田競馬のナイターに参戦予定や。
ここでキッチリと取り返させてもらうでー!!
(←返り討ちの予感しかしないのはオレだけ?


◆◇◆ランキング参加中です◆◇◆
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

東京12R 4歳以上1000万下(ダ2100m)

2018年04月29日 06時50分58秒 | 一口馬主ネタ
愛馬ラバピエスが出走である。

【出走情報】
大久保龍志調教師「25日に坂路で追い切りました。3歳未勝利馬と併せて行いましたが、馬場が悪かったというよりは、いつも通りズブさを見せて遅れたものなので、あまり気にしなくていいと思います。前走後は短期放牧を挟んだことで、フレッシュな状態で戻ってきましたし、いつも以上に調子が良さそうですね。左回りなら右回りよりコーナーを上手く立ち回れることもあって、差のない競馬をしてくれるので、前走のようにリズムよく競馬が出来れば良い勝負になると思っています」

【調教】
助 手4.25栗坂不 55.7- 40.7- 26.2- 13.2 一杯に追う
  メモリーコロネット(三未勝)一杯に1.2秒先行0.3秒遅れ


前走は予想以上?の頑張りで2着に。
このクラスではもうダメかも…と思っていた中での激走だっただけに少し希望が持てました。
その前走がまぐれだったのか実力だったのか、今日は試金石と言えるレースでしょう。

が!
ちょっと調教内容がヤバイね。
いや、女子高生たちが使う良い意味での「ヤバイ」じゃないよ。
昔からの本来の意味での「ヤバイ」ですよ。

だってね、1.2秒の先行して最後は0.3秒遅れですよ。
実際のレースで1.2秒も離されたら10馬身以上の差ですよ。
ハッキリ言って楽勝の差ですよ。
これでラバピエスが馬なり、相手が一杯に追ってたってなら話は違うけれど、ラバピエスも一杯に追っての最後は遅れるというこの内容…。
「あまり気にしなくていい」なんて大久保センセはコメントしておりますが、気にするっちゅーねん!
(逆に併走相手だったこのメモリーコロネットっつー馬の馬券、次出走する時買っとこかな!?)

さて。
調教内容は惨憺たるもの?ながらも今回の相手関係は楽では無いかと思ったりする。
前走で馬券に絡んだのはラバピエスを含めて2頭だけ。
つまりこのクラスでは「うーん…」という馬が集まった感じがするね。
だったら前走くらいに走ってくれたら今回も十分チャンスあり。

前走から引き続き中谷騎手なら良かったんやけど、残念ながら中谷騎手は4月10日のレース中の怪我で休養中。
頚椎の怪我のようやからまずは焦らず怪我の完治を、そして無事復帰を願いたいものです。

で、今回は大野拓弥騎手が騎乗。
重賞はしばらく勝って無いけど、GⅠも2勝している騎手。
関東所属ということで東京コースも熟知していることだろうから何の心配も無い。
だとすればやはり最終的には前走の結果がホンモノがどうかになってくる。
これが一番心配や…

頑張れ!ラバピエス!
頼んだぞ!大野ジョッキー!!


(レース回顧)
15頭立て4番人気で4着でした。

内枠だったからか、好スタートを決めると逃げる形に。
向正面あたりまではラバプエスが先頭を走る。
テレビで見る限り、気分良さそうに走っているでは無いの!

途中勝ち馬が先頭に踊り出るものの、その差は十分射程圏。
ラバプエスは2番手追走の絶好のポジション。
相手は逆に脚を使った分最後の最後で脚が鈍ったりするかも。
これはチャンス!

最後の直線。
逃げる勝ち馬のピアシングステアが粘る粘る。
でも、ラバピエスも懸命に追い上げる。
が、結果最後まで逃げた馬の脚は衰えず。
逆にラバピエスは2頭に交わされて4着に終わった。

でも!
前走はまぐれじゃなかった。
今回も最後まで勝ち負け争いできたのは大きい。
連続掲示板級ならそのうちチャンスは巡ってくるよ。
むしろ降級を待って500万クラスをもう一丁!なんてのもアリかもね。
(この世代が降級制度がある最後の世代ですよね!?違ったらすんまそーん)

お疲れさん!ラバピエス!

◆◇◆ランキング参加中です◆◇◆
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加