杵屋六郎ブログ

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

パソコン読書

2017-08-31 23:14:13 | 日記

読書はすべてパソコンで行っている。パソコン読書の最大のメリットは拡大できることだ。眼鏡や拡大鏡を見なくても済むことが読書のわずらわしさを解消してくれる大きなポイントになる。もう一つのメリットは本棚のスペースが不要なことだ。週刊雑誌も毎週買っていると保管と廃棄の作業が面倒だ。探すのもパソコンなら簡単に出来る。必要な部分を印刷することも出来る。そしてSurface Studioで作業するようになった今の環境では書き込みが出来るようになったのでパソコン読書が便利になった。マウスを使うよりサーフェイスペンを使う方が有利だ。
コメント

MAJOR CRIMES ~重大犯罪課

2017-08-30 22:29:01 | 日記



残念ながら刑事物の中では面白くない部類に入る。刑事ものでは一番面白いのがクリミナル・マインドだが、ボーンズやCSI等もっと面白い作品と比べると見劣りがする。毎回、刑事のキャラを出すことに演出のパターンが決まっていて飽きが来る。それに重大犯罪と言えないような事件ばかりで面白くない。

アマゾンの商品の説明
内容(「キネマ旬報社」データベースより)
人気ドラマ『クローザー』のスピンオフとなるクライムサスペンスの第4シーズンBOX。重大犯罪課は、ハリウッドヒルズで頻発する強盗に手口が似た殺人事件を調査する。そんな中、サンチェスが復帰し…。全23話を収録。

内容(「Oricon」データベースより)
ロス市警重大犯罪課で元チーフ、ブレンダに代わりチームの指揮を執ることになったシャロン・レイダー警部。司法取引による犯人逮捕の効率化という課の新たな方針の元に配属されたレイダーが、叩き上げのベテラン捜査官たちの反発に苦戦しながらも、巧みな手腕で事件を解決に導いていく…。人気ドラマシリーズ『クローザー』のチームが繰り広げる超一級クライム・サスペンス。

コメント

奇跡のレッスン

2017-08-29 21:48:03 | 日記

NHK奇跡のレッスン「ハーモニーが生きものに変わる瞬間 合唱(前編)」を見た。カール・ホグセットさんによる合唱の指導はヴォイストレーニングにも役立つ内容だった。
興味深いレッスン内容を以下に示す。
〇息を吸ってお腹を膨らませる。
〇胸を引き上げるようにして歌う。
〇歌いはじめはソフトに声を出す。
〇息に声を乗せる。 
〇口をタテに開けると声が響く。
〇ウサギのように鼻を引き上げるように(変顔にして)息を吸う。
〇声を出す練習を通じて自分の声を発見しよう。
〇喉の奥を開けて発声しよう。
〇声の訓練では以下の三点に注意して練習する。
 1.低い音から高い音へと練習する。
 2.高い音をから低い音への練習はファルセットで練習する。
 3.歌う時は流れるようなメロデイを目指そう。

後編の放送
2016年11月27日(日) 午後11時00分(50分)  BS
2017年9月1日(金) 午後10時00分(50分)   Eテレ
2017年9月4日(月) 午前0時45分(50分)    Eテレ再放



NHKによる放送内容奇跡のレッスン「ハーモニーが生きものに変わる瞬間 合唱(後編)」
合唱が盛んなノルウェーから来日したマエストロ、カール・ホグセットさん(75)。カールさんは、声変わりの終わった男子に女声パートを歌わせたり、英語の曲に挑戦させたりとさまざまなハードルを設けてきた。戸惑いながらも必死に努力する合唱部の子どもたちの声が、次第に変わっていく。そして迎えた発表会。子どもたちの歌声は、観客の心を動かせるのか?何かに夢中になったことにあるすべての人に贈る感動のドキュメント。
コメント (1)

君の名は

2017-08-28 21:44:55 | 日記

映画では見なかったが、大ヒットした理由が知りたくてDVDをみた。若者だけでなく多くの人が感動し、大絶賛を巻き起こした理由は見えてこなかった。アニメよりは実写で見たい気がする。ストーリーの展開も予想できるのがつまらない。この映画の魅力を見いだせないまま見終わってしまった。


内容紹介
この奇跡の物語に、世界中が恋をした

「君の名は。」Blu-ray&DVD 2017年7月26日(水)発売!

【商品仕様】
○本編107分+特典映像46分
○仕様:本編ディスク1枚
○封入特典:ミニキャラシール
※ミニキャラシールはコレクターズ・エディション、スペシャル・エディションと共通

【本編ディスク(DVD)】
○仕様:片面2層/16:9 ワイドスクリーン
○音声:(1)日本語5.1chドルビーデジタル
(2)日本語2.0ch ドルビーデジタル
(3)英語主題歌版5.1chドルビーデジタル
(4)音声ガイド2.0ch ドルビーデジタル

○字幕 (1)日本語字幕 (2)英語字幕 (3)中国語字幕 (4)英語主題歌版用字幕
○映像特典
・映画公開記念特番「新海誠・日本中がこの才能に恋をする。」
神木隆之介が、新海誠監督&本作を誰よりも熱く徹底解説!
更に、豪華キャストによる濃密トークなど秘蔵映像が満載。
・英語主題歌版本編
北米公開を記念し、RADWIMPS野田洋次郎が新たに英語詞を書き下ろした英語主題歌を使用し、 セリフに英語字幕の付いた本編
・プロモーション映像集(特報・予告・TVスポットなど)
・新海誠監督フィルモグラフィ
新海誠監督がこれまで手掛けた作品をまとめた映像
※仕様、内容は変更になる場合がございます。ご了承ください。
内容(「キネマ旬報社」データベースより)
新海誠監督ほか気鋭のスタッフが集結し、社会現象を巻き起こした大ヒット作。夢の中で入れ替わる少年と少女の恋と運命を圧倒的な映像美とスケールで描き出す。主題歌を含む音楽を人気ロックバンド・RADWIMPSが担当。
コメント

グランプラス

2017-08-28 20:10:45 | 日記


長野の稽古はグリーン車を使っているが、夏休みで席が取れなかったこともありグランプラスに始めて乗った。
座席がゆったりしているのでリラックス出来た。グリーン車より約3000円高くついた。

JRの案内以下の通り。

新幹線のファーストクラス「グランクラス」に乗車する優雅な旅

新幹線のファーストクラス「グランクラス」に乗車する優雅な旅
新幹線のファーストクラスと呼ばれる「グランクラス」は、従来のグリーン車よりもゆとりがあり、リラックスできる上級車両です。専任のグランクラスアテンダントがきめ細かなサービスで迎えてくれる、これまでにない特別なサービスが魅力であり、乗り心地も快適で満足度も高いと話題になっています。「グランクラス」の車内は、1人掛け+2人掛けの3席のシートが6列並び定員はわずか18名。上質でとても落ち着きがある空間です。現在では北海道新幹線H5系(2016年3月開業)、東北新幹線E5系「はやぶさ」(2011年3月開業)他「はやて」「やまびこ」「なすの」の一部列車、北陸新幹線E7系/W7系(2015年3月開業)「かがやき」「はくたか」「あさま」にグランクラス車両が連結されています。 新幹線の上級車両「グランクラス」に乗車して思い出深い特別な旅をしてみてはいかがでしょうか。 (写真:北海道新幹線H5系「はやぶさ」パープルライン)
このページをシェアする



高い快適性を実現した定員わずか18名のシート
北海道新幹線・東北新幹線 グランクラスBC列席
北海道新幹線・東北新幹線 グランクラスBC列席
グランクラス車両の本革表地のシートは、飛行機のファーストクラスや自動車の座席開発などで実績のある、世界的に有名なシートメーカーとのコラボにより、従来の常識を覆すシートが誕生しました。

バックシェルタイプの「電動式リクライニングシート」は、リクライニング角度が45度にもなり、後ろの席に気兼ねすることなく、のびのびとシートを倒すことが出来ます。包み込まれるような居心地の良さであり座り心地も抜群です。シートピッチも広く、足元スペースにもゆとりがあります。窓側の席ですと、お手洗いなどに行くのを思い留まってしまいがちですが、このゆとりならば、そんな心配もないかと思います。

これまでの新幹線車両には見られなかった様々な機能が搭載されたシート周辺には、”電動レッグレスト”や”電源用コンセント”アテンダントを呼ぶための”コールボタン”などが設置。テーブルは座席の横から出てきて広々と使えますので、快適性・機能性を徹底的に追求されています。その他、各種アメニティグッズのご用意や新聞・雑誌・時刻表の貸し出しなどもあります。
これまでにない特別なサービスが魅力
コメント