りおんの本棚 Shoji Rion

庄司利音の作品集 詩とイラストと朗読ライブ

詩 「 脱出ロケットに乗り遅れたから 」

2016-02-21 14:22:22 | 
   詩 「脱出ロケットに乗り遅れたから・・・」





脱出ロケットに乗り遅れたから
わたし、ひとり、置いてきぼり

お父さんも お母さんも
バイバイって 行っちゃった

死にかけの魚の目玉のなかで
小さくなった二人が手を振ってたわ

あれは、誰?
ほんとは誰だったの?

気が付いたら、お父さんだったし
気が付いたら、お母さんだった
そのはずだったけど・・・

脱出ロケットに乗り遅れたから
わたし、ひとり、置いてきぼり

言葉なんて、なんにも意味が無くなったわ
嘘をついても、
だあれも傷つかないし、悲しまない
誰もどこにもいないから

言葉なんて、なんにも意味が無かったわ
わたしの気持ちは
誰にも届かないし、刺さらない
誰もどこにもいないから


そうね、いいわ!
わたしだけに降る雨!
わたしだけに吹く風よ!

わたしのために
わたしがいるの!

宣言!
わたしはこの星を爆破します!
時限爆弾は今から3分後

よたよたと飛ぶ羽虫だわ
あれを見失った直後みたい・・・

バチンと潰せるはずだったのに
こんなはずじゃなかったって
わたし
バグッと胸が止まったわ

これって、こういう結末なの?
これってこういう結末なんだわ・・・

舐めてた飴が、ずるんと喉に落ちちゃった


すっぽ抜けたスニーカーが飛んでって
ほら、放物線のその先に
置いてきぼりにされた私が落ちてるわ
わたし、バイバイッて 手を振るわよ!
バイバイって、ほら
力いっぱい、手を振るわ!

ほら、
こっち、
見てよ!

わたし、ひとり、置いてきぼり
わたし、ひとり、置いてきぼり

真っ白だわ
ギラギラの太陽に向かって目を閉じたときみたい・・・



詩 「 シルクハットは伏せておけ! 」

2016-02-02 14:30:11 | 
         「シルクハットは伏せておけ!」


びろろろろ~ん

びっくり箱の頭が笑う
赤い唇、ぎーらぎら

手品師は どこ行ったぁ?

舞台に残った 白い手袋
東と西を指さして でたらめ並べて しらばっくれる

シルクハットは伏せておけ!
ペテン師、手品師、呼び戻せ!

夢見て眠る観客たち
何も見えない眼(まなこ)を開けて
今がしあわせ
ほんとの怖い怖いは
なかったことにしましょうや

あの顔、この顔、なのなのな
合わせ鏡に挟まれて 
あっちもこっちも 顔のトンネル づるるるる

みんな仲良し
いつまで一緒にお手々繋いで
どこ行くのやら

忘れないよ、
忘れやしないよぉ
口から出まかせ積み上げて
積み木の塔は
必ずおじゃんになるんだよ


さぁさぁ皆さま、
何もかもを喰らいつくし、何もかもを失う今宵
心地の良い ゆりかごの夜

見えないものを見せてあげるよ

びろろろろ~ん
びっくり箱の頭が笑う

舞台の真ん中
スポットライトに照らされて
シルクハットが呼んでるよ

おいで おいで 
こっちへおいで
わたしを冠ってごらんあれ
たちどころにあなたの夢を叶えよう

シルクハットは伏せておけ!
ペテン師、手品師、呼び戻せ!

すでに手遅れ!
バイバイバイ
白い手袋 バイバイバーイ

誰もかれもが おんなじように優しそう・・・
誰もかれもが いい人ばかり
誰が誰にも バイバイバーイ


さぁさぁ、あなた
あなたのそれと引き替えに
それよ、それそれ
あなたの大事な、それ、それだ!

びろろろろ~ん

こっちへおくれ
こっちへおくれ
いい子だ、いい子だ、哀れないい子だ

おまえのそれを、

さぁ、よこせ!