りおんの本棚 Shoji Rion

庄司利音の作品集 詩とイラストと朗読ライブ

シンバルのサル

2019-09-11 14:24:47 | 


さっきまでの音

生きていた音

今はもう失われた音たち・・・


降り積もった巨大な静寂

シンバル

シンバル

シンバルの音が 抵抗している

シンバルのサルが 抵抗している


失速する十字架

投げ落とされた 鉛色の夜の塊

あの一瞬に 殺された街

ねじ切られた セロファンの花束たち・・・


さっきまでの音

生きていた音

今はもう失われた音たち・・・


シンバルのサルよ、シンバルを打ち鳴らせ!

押しつぶされた数億の鼓動

押しつぶされた数億の未来

彼ら一人一人に成り代わり、

シンバルのサルよ、シンバルを打ち鳴らせ!


音が無い、声が無い、耳を持たない静寂に抵抗し

シンバルのサルよ、シンバルを打ち鳴らせ!


二重螺旋の回廊に咲く、次の世代の花束たちへ、

果てることなく注がれるはずだった、やわらかな愛情たちよ・・・


笑うように笑い

詩うように歌い

生きるように生きていた

彼ら一人一人に成り代わり


シンバルのサルよ

シンバルを打ち鳴らせ!


張り詰めたおまえの鼓膜には、彼らの呼吸が 今も 脈打っているはずだから

閉じないおまえの両目には、あの静寂の正体が 見えているはずだから


だから


シンバルのサルよ、

シンバルを打ち鳴らせ!


おまえの打ち鳴らすシンバルが

唯一、彼らの墓標だから


おまえの打ち鳴らすシンバルが

残された者の心に届くから


いつかきっと、

数億の鼓動と、数億の未来と、数億の愛情たちが

再び、ミツバチのように飛び交って

羽音を奏でる 穏やかな春が 来るのだから


いつかきっと、

おまえが 打ち鳴らすシンバルのその音にも

安息のときが 訪れるはずだから


だから

シンバルのサルよ、そのときまで

シンバル・・・

シンバル・・・

シンバルを