りおんの本棚 Shoji Rion

庄司利音の作品集 詩とイラストと朗読ライブ

詩 「 巨人を見た日 」

2017-03-26 14:43:27 | 
詩 「巨人を見た日」



そのとき、ぼくの左手には
なめかけのハッカ飴があって

ぼくが なめていたのかな?
わからないけど、
いや、きっと、ぼくが なめていたんだ

そのハッカ飴が

生温かいベトベトの
ベトベトの
超高性能な
スペクタクルな
メガトンな
そんな
なんでも見えるレンズみたいで
なんだかすごいことが見えるみたいで
だから、ぼくは
ちょっと覗いてみたんだ
向こうのハッカの世界をね

そしたら、
大人たちはトウシューズを履いたマリオネットで
変ホ長調で
タックタック歩いていて

アンモナイトがごうごうと息巻いて走っていて
一匹、二匹、ぜんぶ数えて八百八十八匹!
大きな手が出てきて、アンモナイトでおはじき遊びをしていたよ

街の向こうには赤土山が背比べして
一列にね
立派そうに並んでたけど
強い風が吹いて、赤土ぜんぶが飛んでいって、
またどこかに赤土山ができるんだ

そこには、巨人が一人で住んでいて
さっきの大きな手のやつだ
風が吹くたび、あっちこっちに移動する赤土山に跨って
ひょいひょいってさ

あれって、
なんだったかな?
そう、どこだったかな?

お父さんと・・・

お父さんは手をつないでくれたけど
離れちゃって

お父さんは
ずんずん歩いて行っちゃって


お父さん!!
置いてかないでよ!
ぼくは、ここだよ!

そしたらお父さんは
ぼくが覗いているのに気がついて
にこにこ嬉しそうに大きな口をニ~ッとひらいてさ
コンパスみたいな長い腕を伸ばして
びらびら手を振っているから
ぼくにね
ぼくに手を振っていた
ここにいる、このぼくに

だから、ぼくも手を振った
ぶんぶんと手を振った
ハッカ飴でべたべたの
細っこい手で
お父さんに振り返した

お~い、お~いって呼び合って、
なんだか、わからないけど、うれしかったな
あっちとこっちがね、
あのときは、なんだか、すごくわかった気がしたんだ

お父さんのこと
ぼくのお父さんのこと

遥か遠く
ハッカ飴が融けた世界の
お父さんのこと

そう、ぼくのお父さんは
巨人だった
そうしてぼくに笑いかけていた・・・

ベトベトの
超高性能な
スペクタクルな
メガトンな

ぼくのお父さんは
笑っていた



詩「春に寝転んで」

2017-03-14 13:01:25 | 
春に寝転んで



地球にもたれて
両手両足の力を預けた

私の眼前には
菜の花の額縁に彩られた澄み渡る青空が掛かっている

ジェット機の白い筆先が走る
この一瞬
淡く儚い未来が行く

それでも、命は力強く目覚める
今、このとき、この瞬間

鳥たちがさえずる

ちりばめられた命、命、命

あぁ
この空気
この輝き

私の躯幹が
絵の中へ吸い上げられていく

始まったばかりの春の展覧会

その第一番目の絵を
私はひとり、楽しんでいる

二度と来ない今、このとき

次の絵は
私が描こう

詩 「こだま」

2017-03-11 13:42:24 | 
こだま


月より高い夜空の途中に
命が ひとつ ありました
背伸びをしても 誰の手も届きません
月の明かりは薄まって 繻子蘭の穂のように
下向きかげんに消えています

ふうーっ
ふうーっ
すうーっ

命の音が眠っています
いつ目を覚ますとも知れず
ただ 今は 眠る時なのです

願っても願っても・・・
命は眠りつづけます
願っても願っても・・・
誰も揺り起こすことはできません

まるで ここには 永遠があるように
一瞬 一瞬が 命の肩にとどまっています
辛いことも 幸せも一瞬です
哀しみも 喜びも永遠です
どこからが境目なのか 一瞬と 永遠と・・・
同じ輪の中で入れ替わり そうして 眠りつづけます

月より高い夜空の途中へ
ふうーっと息を吹きかけたなら
命のこだまが かえってきます

すうっー
すうっー
ふうーっ・・・と